クリーニングwebsite

クリーニングwebsite
性質 処理方法
油溶性 シミ部分にタオルなどの布を当てて、生地の裏側から油溶溶剤(ベンジン、シンナーなど)で叩き出す様に処理します。
シミ部分に当てた布に、シミが移らなくなるまで繰り返します。
色素が残留した場合は漂白処理します。

アセテート、アクリル系、ナイロン、ポリ塩化ビニルなどは、使用する溶剤によっては、繊維が溶けてしまうので注意が必要です。
この種のシミが付いてしまったら、他の衣類に移染しない様に気を付けて、クリーニング店に依頼して下さい。
機械油
口紅
ボールペン
油性インク
マニュキュア
バター
卵黄
etc.
水溶性 多くの場合、中性洗剤溶液で落ちます。
落ち難い場合は、アンモニア水を同時に使用します。

水性インクは、シミ部分にタオルなどの布を当てて、生地の裏側から中性洗剤溶液で叩き出す様に処理します。
シミ部分に当てた布に、シミが移らなくなるまで繰り返します。
色素が残留した場合は漂白処理します。
チョコレート
あめ
キャラメル
アイスクリーム
水性インク
etc.
タンニン
(水溶性)
シミが付いてすぐなら、中性洗剤溶液とアンモニア水で処理すれば落ちます。
時間が経つと落ち難くなりやすいので、早めにクリーニング店に依頼して下さい。
タンニン処理の後、漂白します。

コーヒー
ケチャップ
果汁
ワイン
ビール

etc.
蛋白質
(水溶性)
シミが付いてすぐなら、中性洗剤溶液で処理すれば落ちます。
時間が経つと酸化して変色しやすいので、早めにクリーニング店に依頼して下さい。
水溶処理の後、蛋白質分解酵素で処理します。
色素が残った場合の漂白には過酸化水素を使用すると効果的です。
醤油
血液
卵白

尿
味噌汁
牛乳
etc.
不溶性 不溶性のシミは、できるだけ信頼のおけるクリーニング店に依頼して下さい。

特に「泥はね」は、何も処理しないで洗濯すると繊維の中に入り込んで落ちなくなります。
カビは、カビの種類によって処理が異なりますが、塩素系の漂白が必要な場合が多いので、色柄物にカビが生えてしまったら絶望的です。
サビは、弗化水素で落ちます。
泥はね
かび
サビ
etc.
その他(特殊なシミ)
ガム ガムは油溶性ですが、固形物なので処理が異なります。

家庭では、ビニール袋に氷水を入れて付着部分に当て、ガムが硬くなったらゆっくり剥がして下さい。
繊維に擦り付けてしまったら、クリーニング店に依頼して下さい。
ドライクリーニングの溶剤に溶けます。
墨は水溶性(蛋白質)ですが、そう簡単には落ちませんし、漂白も効きません。

墨が乾く前に洗い流さないと、乾いてしまったら、水溶処理で多少薄くはなりますが、完全には落ちません。
接着剤 接着剤は油溶性の物が多いですが、水溶性の物もあります。

木工用ボンドなどは、熱に弱い為、完全に乾いてから、熱湯処理で剥がれます。
瞬間接着剤は、ジメチルホルムアミドで処理しますが、この薬品の使用は、繊維も溶かす事が多いので、特に注意が必要です。
朱肉
クレヨン
朱肉やクレヨンは油溶性ですが、水溶成分も含んでいます。

油溶処理の後、水溶処理を行い、その後、漂白します。
ペンキ ペンキは油溶性の物が多いですが、ペンキの種類によっては落ちない物もあります。

油溶性のペンキは、シンナーで溶けます。
何のシミか分からない時
油溶→水溶→タンニン→蛋白質→漂白

何のシミなのか分からない場合は、まず油溶処理します。
次に水溶処理をし、タンニン処理、蛋白質処理、漂白します。
水溶性のシミにも油膜がはっている場合がある為、油溶処理から行います。
蛋白質処理には温度をかけますので、タンニン処理を先に行います。
色素が残った場合に漂白します。

洗濯屋さんのホームページ