BACK
2007年1月
2006年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2005年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2004年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2003年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2002年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2001年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2000年1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月



2月28日(水)
そんなワケで、ワンフェスの更新のみに費やした3日間でありました。 初日はイベントの興奮によるドーピングもあってかなり更新できたのですが、その後2日は 目は霞むは全身筋肉痛だわ性欲は増大するわでスピード制限かかりまくり。 よくよく考えればイベントの間中、歩き回って写真撮りまくってれば、いかなHard Edgedな フォトジャーナリストといえども腹減って餓死ですよ(サバイバーモード) 歩き回るのはともかくとして、一番辛かったのが被写体に視線を合わせる際の中腰姿勢。 午後を回った辺りから太ももがきゃんきゃん悲鳴を上げまくり。 ラストの方は完全に手振れの原因になったんじゃなかろうか。 後日の筋肉痛の原因であることは間違いないですが。 つか、下手な運動よりもよっぽど運動になったのは間違いあるまいて。 あと、カメラを支えていた結果で腕も筋肉痛。 一眼レフでファインダーを覗く必要があるから、必ず持ち上げる必要がありますので。 ファインダーを覗くのは一眼の醍醐味でもありますが、腕は疲れるわ目は疲れるわで 色々とダメージを蓄積させるジェノサイドなアイテムであるのも事実なのだわ。 一眼と言えば、今回は前回までのD70ではなく、D80に変わり、レンズもセットの物ではなく AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6Gなるレンズに変えてみましたが やっぱりと言うか当然と言うか、勝手が随分と変わっていて戸惑うことがめっさ多く。 家でブツ撮りをすることはあれど、イベントで撮るとなると、距離感とか安定性が 随分変わるものなので、入場してから数十分は殆ど慣れる為の撮影でしたわ。 とはいえ、ある程度慣れても違和感は残るもので、上手く撮れたかどうかの判別が全く出来ず。 液晶のプレビューはぶっちゃけ大してアテならないので、帰宅後を思うと戦々恐々。 実際、かなりの率で使い物にならないシロモノになっていましたし、それで泣く泣く 掲載を断念した逸品もあったり。 ただ、やっぱりツボにハマった時の鮮明さは中々のものかなと。 D70の時と比べて、やや引き締まったような印象を受けるような。 明らかに分かるような差が無いので、曖昧な表現しか出来ませぬが。 あと、ズームレンズと手振れ補正の恩恵は結構得られたかも。 ちょっと離れたような所からでもズームすれば良い塩梅に撮れますし、疲れてきて腕の 安定性が悪くなってきた時には手振れ補正が生きていたみたいですし(推測) 今回は前述のように、カメラが変わって一枚あたりの容量が上がったので、SDカードを 12GB分(4GB×2 2GB×2)持っていったのですが、実際の使用量は6GB足らず。 前日に慌てて追加した俺の立場は何処へ。 まあ、これで足りなかったら俺の読みの浅さを呪っていたところですが。 要因は多分、画質をRAWではなくFINE(jpg)にしていたからかと。 4GBで1000枚くらいは撮れていたからなあ。 RAWの方が良いかなー、と思ったのですが、後々の編集で地獄を見るのでパスした次第。 ただ、撮影可能枚数が550くらいだったのに、何故1000枚撮れたのかがやや疑問ですが。 4桁は表示されないのかしらん。 ちなみに、今回の撮影枚数は1200枚前後。 前回と同じくらいですな。 一つの作品につき、備えて3〜4枚くらい撮るので、作品数的には300〜400くらいかしら。 バッテリー切れに備えて予備のバッテリーを1つ買っておきましたが、これは正解だった。 閉場まで2時間くらいってところでバッテリーがきゃんきゃん泣き始めたので。 6000円位する高いシロモノですが、撮れない苦痛に比べれば安い安い。 それにしても、ワンフェスってのはやっぱり面白いものですな。 最近は大幅な来場者増、それに伴うマナーの低下など頭が痛い事実も多く、行く前は わりと鬱だったりするのですが、入場して撮り始めれば一気に躁状態。 まるでラッシュを吸ってド淫乱野郎に変獣したかのごとく獲物を漁ってしまう始末。 何が楽しいって、単純に素晴らしき造形物を見るだけでも楽しいですし、その素晴らしい物を 自分にとってブラボーな角度からエクセレントに撮影するのも楽しいですし、こんな物も あるのかと驚くのも楽しいですし(今までで最大のサプライズは『むてきごうりき』)、 なんつーかもうそこら中に武器が溢れているゾンビパラダイスのごとく、そこら中に 楽しいものが溢れているような感覚と言いましょうか。よく分かりませんが。 個人的には前回分からなかった作品がオタ知識の拡充に伴い、分かるようになっているのを 実感するのが実に楽しいですな。 今回で言えば、アルトネリコやマブラヴオルタと言ったところでしょうか。 これはコミケにも当てはまることですが、コミケと違ってジャンルで固まってなかったり、 会場がコミケほど広くなかったりで、多くの作品と巡り合う機会あるがゆえの産物かしら。 あと、帰宅してのレポートとすら呼べない写真掲載が実に楽しい。 殆ど自己満足でしかない徒労とすら言える作業ですが、写真を選別して、切り出して サイズ調整して、サムネイル作って、並べて、アップしてっつー作業が何故か楽しく。 撮ってきたものを並べて見る、見れるようにするってのが単純に楽しいんだろうなあきっと。 つか、そうでもしないとただの死蔵になるばかりですし。 その結果のレポート未満を見た人がちょいとでも会場の空気を感じられたり、楽しんでくれれば 更に幸いだったりしますが。 兎にも角にも、ワンフェス及び、全ての製作者に賛美と感謝を。 あと、会場に赤ん坊連れてきたり、人が撮ろうとしている時に横から手を突っ込んで接写を 開始する輩は摩り下ろされてしまえばいいと思います。
『まんがタイムきららcarat 4月号』『教艦ASTRO@』『キミキス@』購入。
今日の東方SS 『剣を持ったお姫様。』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070227060011 ジョースターさん! こいつはヤバい! 妖夢が可愛すぎてゆゆ様が格好良すぎるッ! 真っ当に恋する妖夢に××ゆゆ様とは―――! あまりにも斬新過ぎる内容に悶えつつも、その妙味に感じ入ったり。 ううむ、乙女な妖夢がこんなにも可愛らしいなんて……! 普段がガチムチもといガチガチの石頭だから余計にそう感じるんだろうなあ。 良き哉。 『恋の呪い』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070216233403 ジョースターさん! こいつはヤバい! 甘さにおいて↑のSS以上だぁッ! あまりの甘さに俺も思わずスピードワゴン化してワンチェンで声優デビューですよ(色々混ざってる) それにつけても甘いにも程がある一昨ゆえ、覚悟して読むべし。 あと、みんな最後のコメントでこーりん殺す殺す言い過ぎ。 俺はそんな無粋な真似はしねぇですよ? アーニャ、ドーンハンマーは使えるか? 無理? じゃあプランBで行こう。 ジャック、こーりんを焼き切れ。
ヘルフレグランスさんのむちむち過ぎるミミズクさんに男起重機が起動 なんというミミズクさん…… これは間違いなく過扇情。 いやでも、イメージとしてはまさにこんな感じだと思うのですよ。 病的に痩せているような印象でしたが、これはこれで! つーわけなので、俺は今から夜の王になりに行ってくる。 そして後半は囚われのヒロインとなって助けられるのを待ちます。 イメージ的には映画版ファントムブラッドのジョナサン。 ああっ! クロちゃんが真っ二つに! ナデガタサーカス内の『Hybrid Insector』が極めて面白い件について SPIRITSに似たポジションの仮面ライダー達の「その後」を描いた二次創作ですが、傾向としては 全くの別ベクトルというか、SIC的なダークさに満ち満ちた作品。 その容赦のない内容に震えつつ、ライダー好きは見ておくべし。 「俺の科学力は完璧だ」 ライダーマン頼りになり過ぎ―――――!? SPIRITSといい、本編を離れたライダーマンはどうしてこうも頼もしいか。 本編だとデスパー編のサナギマンばりに危なっかしいのに。 南極のラーセン棚氷の下から見つかった新種生物の写真いろいろ(BBSより) 体重450キロのイカ捕獲される(BBSより) 始まった! 始まったよ! ああ、こんなのが肉眼ももしくはライブカメラで見れる日が早く来ないかなあ……。 フラクタル図形をした野菜「ロマネスコ」の写真(メールフォームより) これだけは納得いかん嫌いな食い物ってなに?(メールフォームより) 生のトマト。 どうしてボイルドされた状態で生らないのでしょうか。

2月25・26・27日(日〜火)
ワンフェス行って、歩き通し撮り通しの6時間強を過ごしてまいりました。 いつものように、写真をビシバシ掲載していきますので、興味のある方はご覧ください。 ワンフェス更新の追加。 ロボット系とか特撮系とか、その他残りを諸々追加。 http://karakuri-box.com/~vjedogonia/photo/ と思ったら途中でHPの容量不足という大惨事。 お、お、おあぁぁ……(声にならない呻き声) 全部で70MBじゃ全然足りなかったか……。 少なく見積もってもあと20枚くらいは掲載したい写真があったのに……。 この辺をちゃんと見越さなかった俺の認識が甘かったのは事実ですが。ううむ。 とりあえず、ワンフェス更新はこれで一旦は打ち止めということで。 なんとか容量が確保できたら、こっそりと残りを追加したいと思っていたりします。 もうしばらくはクソ重たいトップページのままでいさせて下さい……。 企業のみならず、アマチュアブースでもハルヒは大盛況。 少しずつプレイはしつつも中々終わりまで到達できないキミキスより。 朝からこのような扇情的なまお姉の写真を弄っていると、農耕民族の血が騒いで仕方ありません。 具体的には開墾とか種付けとかそういった方面での。 明日には各地で評判の漫画版『キミキス』が出るので、それで知識を蓄えたいと思います。 ローゼンやハルヒと並んで盛況だったリリカルなのは。 ロボット系やら何やら色々。 企業は相変わらず盛況でしたが、中でもグッスマ連合の強まり具合はバイオレントの一言。 こちらのあずささんのフィギュアは誕生日記念のオフィシャルアイテム。 出来はどんなものかと思っていましたが、これならば相応しかろうということで、即予約。 ちょっと高いアイテムですが、この出来に文句言っちゃいけないぜ。 ハルヒ関連のアイテムは今後もザクザク出る模様。 撮影は禁止でしたが、朝倉、鶴屋さんは発売決定で、ねんどろいどで長門が出る模様。 以上が企業関連のアイテムでした。 ここから下はアマチュアディーラー様のアイテムになります。 まずは人気衰えることを知らないローゼンメイデンから。 一息入れる時にゃ、このロリコンどもめ! 鬼が島の鬼(現代でいうところのモモタロス) ブルマを蒸着させたキノのエロスは国一個分くらいは容易に破壊できると思います。 プレイしたいなと思いつつも、フェスが出るので躊躇っているペルソナ3関連の作品。 前回のワンフェスではシュレリア様もあったとの噂のアルトネリコから。 けしからん先生で無くとも、このKOS-MOSさんには髄に至るまで蕩れてしまいそうです。 来月には載ってくれると嬉しい『棺担ぎのクロ。』より。 寄らばKILL! 今回は殊の外豊作だった東方シリーズより。 まさに当方の世界が権現しておりました。正直、息を呑んだわ。 ナナジンとオウカオーでもあるがぁ―――ッ! 相変わらず作品数の多いFateより。リボルテックセイバーはガチで欲しかったり。

2月24日(土)
今日は明日のワンフェスに備えて色々やっていたので(ガイドブックの購入とか)、更新は 控えめになってしまうものと思われます。 『EN-EL3e リチャージャブルバッテリー』『Transcend 4GBSDカード』購入。 バッテリーおよびSDカードは明日のワンフェスに備えて。 カメラをD80に変えたので、バッテリーの予備は改めて必要になりましたし、一枚辺りのサイズも かなり大きくなってしまったので、念の為にSDカードも買っておいたわけで。 流石にまあ、合計12GB分もあれば事足りるでありましょうて。 実際のところは行ってみて、撮らずにはおれないものがどれほどあるかによりますが。 明日はそれほど早くからは行かない予定。 買いたい物は特にありませんし、撮るだけならば朝一で行く必要性もそれほど高くないので。 あとはノーマナーのビチグソ野郎とかが前回よりも減っていることを祈るばかり。 『Pumpkin ScissorsC』『Pumpkin ScissorsD』『Pumpkin ScissorsE』購入。 アニメから入ったパンプキンシザース、ついつい全巻揃えてしまったり。 漫画から入った人にはアニメ版の評判があまりよろしくないような印象を受けますが 俺としては、どちらも完全にOKなタイプですな。 映像表現(特にATTモードの伍長)に関してはアニメ版の迫力に軍配。 少尉の可愛らしさに関しては漫画版のデレっぷりに軍配。 あと、マーチスはどちらにしても殺す。

2月23日(金)
『ネギま!?』21話。 ネギ先生に好きになってもいいのかと思い、とどまる。 昔から、のどかは私の親友です。 横恋慕なんてしちゃいけねぇです! これからは常に応援を決めこむです! 帰り道、公園のゴミ箱に四つ葉のクローバーを捨てた。 心に食い込む焦燥感が、気をそぞろにする。 畜生、また恋心が溢れてしょうがねぇです・・・ 辺りを見渡す。この都市には広い海がある。 夕映は真っ直ぐに海岸に向かった。 人気のない海の前、夕映はネカネにアドバイスを受け、それに従う。 立ち上がり、海に向かってまっすぐ立つ。 そして腹から大声を張り上げる。 「私は好きです!ネギ先生が大好きです! 誰がなんと言おうともです!」 そしてその場で涙を流し始める。 「好き!好き!好き!」 涙が頬を伝うたび、好きと声を張り上げる。 やり場のない女の気持ちを、全力の叫びで発散させる。 「好き!好き!大好きです!」 目から涙が溢れ出しては零れ落ち、足元のコンクリートの色を変えていく。 ブレザーもスカートも涙でびしょ濡れになってくる。 「くそ!きついです」 溜め込み過ぎ、胸を突き破らんばかりの気持ちを思って言う。 そして、傍らに居たネカネの胸に飛び込んだ。 赤くなった顔は汗と涙で光っている。 「よっしゃ、楽になったです」 そして再び嗚咽を漏らし始める。 誰もいない海に、波の音と夕映の泣き声が延々と響き渡った。 ごく一部の方にはお馴染みの六尺兄貴のテンプレ改変なわけですが、『ネギま!?』21話は まさにこんな感じの内容で、困惑と同時に激しく悶え苦しんでしまったわけで。 それもその筈。 俺のネギまに対する思い入れの実に7割以上を占めるゆえゆえのラブ臭全開の話と あっては、唐突だろうと本筋にあまり関係なかろうと、心底堪らんものであるわけで。 いやでもホント、徹頭徹尾ゆえゆえで眼福耳福心福だったのだわ。 あれだけ人数が居る中、一話丸々割いてくれたスタッフに感謝するばかり。 それにしても、この回のゆえゆえって翠星石に当て嵌めても全く違和感ねえですな。 中の人が同じってこともあるでしょうけど。 つか、翠星石バージョンで妄想しても思いっきり悶え苦しむのですが。 これだから素直になれないキャラってのは本当にもう……! 文々。
お名前: e-mail: URL: 俺はノンケのメールだってネタにしちまう男なんだぜ? こんなこと初めてだけどいいんです……: すまない! ネタにするのはやめてくれないか!:
内容:   


2月22日(木)
かんなぎの太もものEROさは一体なのことなのでしょうか。 これしかないという気すらしてきたわ。 『Pumpkin Scissors@』『Pumpkin ScissorsA』『Pumpkin ScissorsB』購入。

2月21日(水)
つわけで、アンハッピーバースデー俺! そろそろ俺もシュレーディンガーの匣の儀式を受ける必要があるようです。 俺、魔法使いになったら二次元に旅立つんだ……。 そんなワケで、歳をまた無駄に一つ重ねてしまったわけですが、去年の日記とかを見ても 「まるで成長していない……」という呆れ声が内外から沸きあがりますな。 これならば、悪いことをしたら謝るってことを実践したモモタロスさんのほうが ずっと成長してるんじゃないかと思ったり。 何かこう、心機一転するようなことを始めないと駄目かもしれないのだわ。 うーん………物取引とか?(斜めに飛躍の上に危険な香り) せめて株取引なら……(無理っぽい) それはそうと、この前の電王は実によろしかったですな。 前述のモモタロスさんが謝るところは、子供番組として正しすぎるほどに正しい。 特撮番組は教育番組であると、かの宮内洋も言っているわけですし、そーいう志は 全面的にとは言わないけど、必要なものだと思うのですよ。 子供にとっては言わずもがなですし、スレまくった俺達駄目な大人にも効果的かと。 実際、良太郎の「……ごめんなさいは?」は身につまされたしなぁ。 あと、モモタメロスさんのツンデレっぷりは藤巻重三系統。 勝手にしやがれ! って言って喧嘩別れしたと思ったらピンチの良太郎を見て 中の人が出て来んばかりに狼狽したり、モモタロスって呼ばれることにも まんざらではなくなりつつあったりと、2人の愛情育み物語に今後も注目です。 来週からはウラタロス(仮名)も出て来るし。 それはそうと、今週先週はライオン丸Gの人が出てましたな。 キャラがまんま獅子丸で、何の番組か一瞬錯覚。
昨日『ふおんコネクト!』の単行本出るよアイゴー! カラーページ再現っぽいよアイゴー! とのたまっておりましたが、どうやらカラーページの再現は無いようで。 ざら先生「いつものカラー8P書き下ろし」という記述を都合よく解釈してしまった模様。 よくよく考えれば、きららコミックスって、どの作品も最初の8ページ分くらいは カラーだったのよね……。 深く考えずに書き散らす自分に絶望し、謝罪と後悔をしつつローカストの的になってきます。 ああっ! あの柱の影にいるのはセロンガードさん!
『ミミズクと夜の王』『かんなぎ@』『かんなぎA』購入。 『ミミズクと〜』は掲示板(レスが全然できてなくてマジで御免なさい)で薦められたこともあり 電車内の時間潰しになればいいかなって感じで買ってみたのですが、予想完全に裏切られたり。 こんなストレートに良い話は数年ぶりに読んだわ―――――! むかしむかし、あるところにちいさなくにがありました。 りっぱなおうさまと、ゆうかんなきしにおさめられたへいわなくにです。 でも、そのくににはまものがすむもりがありました。 まよいこんだらにどとでてこられないという、おそろしいもりです。 このおはなしは、そんなもりにやってきたおんなのこと、まもののおうの あいとゆうきのおとぎばなしです。 酔った頭で簡素なストーリーを紹介すると、上記のような感じになるんじゃないかと。 捻りも何も無い(いい意味で)、ド直球な話ですが、骨子が物凄い強固なんで 全然陳腐じゃないし、ストレートにゆえに心に突き刺さることゲイボルグのごとし。 内容はそれこそ↑の紹介のように童話か御伽噺か。 そんな内容だけれども、だからこその温かくて切なくて美しい話なのであって。 ああ、もうこのモヤモヤをどう伝えたらいいのか酔いが回った俺には分からねえ! 兎にも角にも、夜の王と少女ミミズクの優しい物語に、心の底からありがとう。 生きるほどに幸せなモノに出会うってことよのう。 あ、あと電車内でしたので必死に堪えましたが、マジで泣くところでした。 最後の方でボディブローのように効いてくるからなあ………。 気合入れて読もうという方は、是非とも自室での静読をお勧め致します。 電撃文庫にしては、珍しく挿絵の一切無い作品でしたが、返って良かったかと。 想像力がガンガンに掻き立てられますし、キャラに対する固定観念も付かないので。 かなりオススメと言える作品なので、本屋で見かけた際はちょっとだけ気にして頂ければ なんとなく幸いです。

2月20日(火)
時間さえあればピニャータアイランドに行ってしまう莫迦ガキこと俺である。 まだ出てきていないピニャータとか、解除してない実績があるってのも大きな理由ですが ホントについついプレイしちゃうんですよね、このゲーム。 もうちょっとやればあのピニャータを合体させられるーとか、あのピニャータの色違いを 集めれば実績が解除できるーとか、そんな感じでプレイしていればあれよあれよという間に 数時間が経過しているという魔性のゲームであり、ヤツらはお菓子の詰まった悪魔や! そして新しい住人も着々と。 ピニャータの種類ごとに名前のパターンを分けているのですが、カメレオン風のピニャータこと ジャメレオンは見ての通りのガチムチなホットガイネームで統一。 彼らの住む地域は当然二丁目と名付けられ、ネオンサインの隙間から手が忍び寄ってきます。 ちなみにピニャータに性別の区別はないっぽいもしくは雌雄同体っぽいので、当然のごとく 上記の組み合わせでも交配もといハッテン可能であります。
『ふおんコネクト!』単行本の作業が終わったみたいだよ(ピニャータ風に) アイゴー!(喜びを示そうとして泣き女化) 色々と追加要素もあるようですし、値段を鑑みるにカラーページも再現されていそうですな。 自分のページで修正版を配布するなど、実にお美事な配慮をされるマス・ざら先生ゆえ 期待で男気が溢れそうであります! あとは、発売時に何かしら店舗特典みたいなのが付けば嬉しいのだわと思いますが、工数が あまり増えても厳しいでしょうし、あったら嬉しいなって感じで。 既にアマゾンで予約は開始されているので、とりあえず一冊ポチリと。

2月19日(月)
ジョジョの映画で絶対に忘れちゃいけないことがありました。 ジョナサンの枕に針仕込んでました。ディオ様。 陰湿ってレベルじゃねーぞもうッ!
『チャンピオンRED 4月号』購入。 付録のクリアファイルのEROTICAっぷりに7割ほどいきり立ち。 かつてのシグルイクリアファイルを彷彿とさせる構図ですが、絡みが野郎同士ではないし モツも無ければ鮮血も無く、謎の汁にまみれるという至極真っ当なエロスに満ち満ちたステキな 一品ですが、やはりチャンピオンREDにはエロスとバイオレンスがよく似会うということで。 つか、『月光のカルネヴァーレ』も買っておかないとなあ。 最近のエロゲー枯渇っぷりはそろそろ深刻なレベルに達しつつありますし。 ただ、問題は買ったとしてもプレイする時間が全然捻出できない一点に尽きますが。 最近は暇さえあればピニャータだのアルトネリコだのロスプラのオンライン対戦だのに うつつを抜かす状態であるがゆえに。 つか、ここまでゲームが楽しくて仕方が無いって気持ちは一体何年ぶりやら。 スーファミやサターン全盛期のあの頃の気持ちが再燃したかのような感覚です。 ゲーム好きの魂に火をくべ燃料を大量投入しやがった箱360にはお恨みとお慕い申し上げます。 さて、今月のチャンピオンREDですが、毎号毎号息が詰まる攻防を繰り広げていた藤木と伊良子の 血戦にもとうとう終止符が打たれた模様。 詳しいことは書きませんが、最後の最後まで壮絶としか言えない一戦。 夕雲の時のように、まだ何かありそうな感じですが、一応の決着というかフラグは成立。 御前試合を待たずしてどちらかが死にかねない試合でしたが、流石にそこまでは。 しかしそんな凄まじい一戦もドスペラードのあまりの酷さ(褒め言葉)に相殺され気味。 「DTFB(童貞フラッシュバック)現象じゃ」 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッッッッ!! 最近のドスペラードの酷さ極まる展開には笑いを堪えるのに精一杯な俺ですが、今回は絶対に 電車内などで読んでは駄目な内容だと思った。 そもそもそんな剛の者はそうそう居るとは思えませんが。 「童貞は過去の恥ずかしメモリー(主に就寝前の布団の中で)思い出し、悶え苦しむ!  それがDTFB(童貞フラッシュバック)現象よ」 お、お、おあぁぁ……(声にならない呻き声) 若い頃の自分のオタ的活動を思い出してもこんな状態に陥ることって、あるよね……。 あーいかんいかん、いかんなあ……こんな……(思い出さんと必死に記憶の奔流を押し留めつつ)
『旋光の輪舞 SP & Rev.X 設定資料集 ピュア・テンパランス 』

2月18日(日)
映画版のファントムブラッド、見てきましたよー。 何はさておき、おぼろげな記憶を頼りにストーリーの流れを書きつつ感想を。 ネタバレ全開なので、その点についてはご注意願います。 まずはトンペティ師と若きツェペリさんの語らいから始まります。 あの予言を告げるところですね。 原作では3年の修行を経た後でのシーンでしたが、映画では最初に訪れたときの 話になっているっぽいです。 まあ、話をまとめるには仕方の無いアレンジといえましょう。 それにしても、小山力也ボイスのツェペリさんはカッコええなあ。 でも、「族長(オサ)! 族長(オサ)!」は入れて欲しかったというのが本音なんだぜ。 タイトルロゴの後は、ダリオ・ブランドーが転落した馬車を見つけるシーンへ。 ここは殆ど原作準拠。 ジョースター卿の歯を抜こうとする描写と「このマヌケめ!」が無かったのが残念。 そして時は流れ、ダリオの墓へ「くずめッ!」と唾棄するディオ。 緑川ボイスはいい感じにハマっていますな。 ただ、この時もあった長々としたモノローグや回想シーンはカット。 異様に多いモノローグや状況描写はジョジョのひとつの魅力なので、個人的には カットしてほしくなかったですが、尺の都合上、仕方ないのかもしれません。 場面は変ってジョースター家に訪れるディオ。 あの数ページ使って馬車から飛び降りるシーンはちゃんと再現してました。 あそこは第一話のキモと言える場面ですから、当然といえましょう。 軽い挨拶の後、馬車から放り出された荷物を運んであげようとするジョナサンですが、 ディオに伸ばした腕を捻りあげられてしまいます。 原作では家に入って挨拶した後のイベントですが、ちょっと前倒しになった模様です。 ジョナサンを放した後、自分を見上げるダニーに何の理由も無く膝蹴りを入れるディオ。 原作の場合は飛び掛ってきたのに驚いたみたいな言い訳してたのに――ッ! どう見てもただのDQN化していますディオ様。 ディオ来訪後はお約束どおりに部屋を荒らされたり、友人を奪われたりとジョナサンは 散々な目に遭います。 ボクシングのシーンがバッサリとカットされていたので、ディオの思惑はよく分からない ままですが、ジョナサン曰く「彼はきっと寂しいんだと思う」とのことです。いい奴だ! そりゃエリナも「優しいのね」ってウットリですよ。 あ、ちなみにエリナは最初からジョナサンのお友達以上の関係として出てきます。 もちろん「ジョジョったらいけないひとッ!」の彫り物も既にありました。 そんなジョナサンを見て我らがディオ様が黙っているわけありません。 ダニー焼却とエリナへのズキュウゥゥゥンベーゼのイベントを同時進行です。 原作だとダニーの件は「犬を始末して屈辱は晴らした」って事になってるのに! DQN度の上昇は留まることを知らないようです。まさに邪悪の化身、DIO! そんなダブル攻撃をカマされれ、怒りのジョナサンはディオに特攻をカマします。 ボクシングのシーンが無いのでカタルシスに少々欠けますが、感じ感じ。 ちなみにこのイベント進行時にはディオの右手には包帯が巻かれています。 なんかの間違いかと思ったら、ダニーに噛まれたらしいです。 ヘンなところで細けぇぇぇ! つか、エリナへの狼藉を敢行する時点で巻いてたんで、その足でエリナへ向ったようです。 ダニーに噛まれた腹いせですか。腹いせなのですか! 話は戻って、怒りのパワーでディオをぶっ飛ばすジョナサン。 「君が、泣くまで、殴るのをやめないッ!」「この汚らしい阿呆がぁ――ッ!」は バッサリとカットされていたションボリ。 つか、次々に頭に浮かんでくるセリフの数々がスルーされるのは寂しいものですね。 原作厨と言われるかもしれませんが、こればかりはどうにもなりませぬ。 あ、スルーと言えば「俺たちに出来ないことを平然と〜」も無くなってました。 ジョナサンから友人を奪ったことを象徴したステキ2人組だったのに……。 時は流れ、ジョナサンたちも大学卒業間近です。 ラグビーのシーンが無かったので、ジョナサンとディオの関係も冷えたままのようです。 ジョースター卿はディオによって盛られた毒物でもう限界だよ状態でしたが、あっさりと ジョナサンに見つかってしまい、ディオ様生涯一の大ピンチです。 「僕は父さんを守るッ!」と豪語したジョナサンは何の説明も無く馬車で何処かへ。 原作を読んでいれば分かりますが、読んでなければただの責任放棄に見えます。 ジョナサンを石仮面で殺害することにしたディオは、何故か夜の街へ。 原作のように酒を呷ったりしてないので、理由が全然分かりませんが、獲物を探す野獣に なっていたものと解釈しましょう。 野獣ディオ様は丁度よくというか、酔っ払いに絡まれます。ただし酔っ払いは1人。 ついカッとなったディオ様は「人体実験だ!」とその酔っ払いに仮面を被せ、持っていた ナイフで酔っ払いを一突きにします。首を。 自分の血で石仮面を発動させた酔っ払いを見てディオ様は言いました。 「即死か。当然だな うん。当然ですね。首を刺したんですから。 で、石仮面を被せた酔っ払いは吸血鬼となってリボーン。野獣暁に死しそうです。 「ちしょうーッ! 最後に見るのがあの太陽だなんていやだ―――ッ!」 とは言いませんでしたが、朝陽に助けられたディオ様が館に戻ると、そこには事実を 突き止めたジョナサンと警官隊が待ち構えていました。 スピードワゴンとか、中国四千年の神秘(飛び蹴り)の人は存在すらしていませんでした。 で、いろいろあって石仮面を被ってディオは吸血鬼になってしまい、館は惨劇の坩堝に。 この辺は特に語るべきところもないのですが、下顎から上を吹っ飛ばされた警察の旦那が 次の場面では首から上がキャベツのように綺麗に切断されていたのが気になりました。 下顎はアカシックレコードとか、そういったものに消されたんだと思います。 あと、ここで館の運命とでも言うべきか、館が炎上するわけですが、炎上の仕方が凄かった。 原作では火をつけたカーテンをディオに投げつけた結果でしたが、映画では 暖炉に投げ込まれたディオが暖炉から出てくる ↓ 気合一発炎を吹き飛ばすディオ様 ↓ 館の穴という穴から爆炎が吹き出る(ハリウッドの爆発よろしく) ↓ 館大炎上 ダイナミックにも程がありますというか、どうしてサイヤ人になってますかディオ様。 石仮面は吸血鬼にするアイテムだった筈なのに、これだと柱の男達すら倒しそうです。 そして、そんな爆発に巻き込まれても無傷のジョナサンはセガール級。 場面は変ってディオをなんとか撃退し、入院中のジョナサン。 スピードワゴンはいないのに、誰がジョナサンを? と思ったらツェペリさんでした。 部屋に活けてあるバラを自分の胸に挿したりと、紳士度が更にアップしているようです。 でも、ベッドに臥してるジョナサンの鳩尾に一撃入れてましたが。 肺の空気を1ccも残さないアレですね。 ちなみにこの時のバラは伏線になります。 ツェペリさんの荒療治で治った腕にジョナサンが感動していると、窓を割って何者かが 侵入してきます。 原作クラッシュ後のシーンなので何が起こっても不思議ではありませんでしたが、侵入者は ディオに毒薬を売っていたワンチェンでした。 あ、ワンチェンはジョースター邸で警官たちに連れられていましたし、火事の後にディオに ズギュンズキュンとやられていました。 さてそのワンチェンですが、ジョナサン達の抹殺が使命かと思ったら 「ディオ様からの伝言ね。ウィンドナイツ・ロットで待っている」 言うこと言った後にすぐさま出て行くワンチェン。 律儀な奴だ! その爪は何のために!? 伝言を受けたジョナサン、すぐに向うかと思いきやそのままツェペリさんとの修行へ。 な、なんかとっても悠長だ―――! 季節が変るくらいの期間の修行を経たジョナサンは顔に傷があったりと、凄みが出ています。 その凄さたるや、岸壁に拳を叩き込んで岸壁の天辺部分を粉砕するほど。 こんな攻撃でポコが落とされたかと思うと恐ろしくてなりません。 つか、波紋って物理的攻撃力はそれほど高くないんじゃ………。 まあ、そんな疑問はさておき、修行を経たジョナサンはディオとの最終決戦に向います。 切り裂きジャックとかブラフォードとかタルカスとかのことは忘れてください。 それがボクの最後の願いです(感動的なBGMをバックに) ウィンドナイツ・ロットに辿りついた2人を待ち受けていたのは、無数のゾンビと生物界の 頂点に達したと妄言もとい宣言をするディオ様。 もちろん、ディオ様は悪役なので高いところに居ます。 そこに向うためにゾンビたちを薙ぎ倒しつつ進む2人。 まるでレベル50小型チェーンソー装備状態のデッドライジングの如く蹴散らされていく ゾンビたちの存在感の無さに軽く涙が出ますが、波紋ド根性だぜ! そんな2人の奮闘ぶりに心を動かされたのか、ディオ様は摩訶不思議なパワー発動。 地割れは起き地面は隆起し、城は変貌し、異空間は出来るわの大盤振る舞いです。 展開に困った作品が陥るような状態の最中、相変わらずゾンビとの戦闘を繰り広げる2人。 えーと、ちょっとは驚いてあげるのが優しさだと思います。 ちなみにこの時、ジョナサンはブラフォードっぽい剣士、ツェペリさんはタルカスっぽい 剣士と戦っていましたが、えと、これは原作ファンへのサービスでしょうか。 あのまんま再現してくれれば、この上ないサービスであると感涙しつつ腕を振り回しますが 波紋疾走一発で溶けちゃうようなタルカスはタルカスちゃう! ただのカスや! あ、ブラフォードっぽいのはいつの間にかいなくなってました。 つか、他のゾンビが当時でいうところの現代の格好をしているのに、何の説明も無しに 鎧兜の剣士2人が出てこられても、その、ただのコスプレにしか。 さて、謎の超パワーによって標高数千メートル(推測)にまで伸び、周りに岩は浮き、内部は アルトネリコでいうところのプラティナのごとく豪奢に変貌したウィンドナイツ・ロット、 いやここは敬意を表して暗黒ディオ様城と呼びましょう、にいつの間にか よく分からない鎖に緊縛されて囚われの身になったジョナサン。 そこへ現れ、吸血鬼のEXTRACTを注ぎ込もうとするディオ。 あーん、ジョナサンが死んじゃうー! と思った瞬間、よく分からない異空間 (マシン空間みたいなものだと思います)を突き抜けてきたツェペリさんがそれを阻止。 ツェペリさんとディオの一騎打ちという、ドリームバトルが繰り広げられるわけですが 心があまり踊らないのは、前日のロスプラ対戦で疲れていたからと思います。 よくよく見ればツェペリさん、何の説明も無く一振りの剣を持っています。 ブラフォードからガメてきたと思しき剣ですが、それにしても何故。 「波紋を剣に乗せて斬ってやる!」と小山ボイスで言っていましたが、り、理由は? 気化冷凍法が分かっていない段階で剣を使う理由は無いので、お父さんのパンツを 箸で摘まむような感覚なんだろうなあと勝手に解釈しておきましょう。 で、攻撃しているうちに気化冷凍法が判明。 波紋は通じず、剣は砕け、ツェペリさん絶体絶命です。 砕けた剣が元に戻っていたりしましたが、投影投影(井の頭五郎口調で) 絶体絶命かと思いきや、胸に挿してあったバラで一矢報いるツェペリさん。 「波紋入りのバラは痛かろう……!」 ひ、人の台詞を!(談・ダイアーさん) ジョナサン入院中にゲットしたバラがこんなところで活きるなんて――――! どれだけタフなバラなんだと思いましたが、波紋波紋(井の頭五郎口調で) カエルの小便よりも下衆な波紋を食らって激昂したディオ様はトロイメントの薔薇水晶っぽい 攻撃(水晶がズガガガーって感じの)でツェペリさんを真っ二つにしたあと、顔を押さえて逃走。 ジョ、ジョナサンは? ジョナサン放置して逃げちゃうの? 真っ二つになったツェペリさんはジョナサンに力を与えて絶命します。 このイベントは、絶命寸前だったジョナサンがツェペリさんに命を与えてもらい、蘇った ジョナサンがタルカスを圧倒的パワーで倒すという、原作では第一部を代表するシーンですが 映画だとジョナサンはただ気絶してるだけっぽいし、蘇生直後に倒す相手もいないんで イマイチ凄さが伝わってこないのがなんともかんとも。 強いて言えば、見た目がケンシロウっぽくなっていたことぐらいでしょうか。 ツェペリさんの命を受け継ぎ、暗黒ディオ様城の頂上でディオ様と雌雄を決するジョナサン。 どんな激しいバトルが繰り広げられるのかと思ったら、右アッパー一発で決着。 気化冷凍法は小細工なしの怒りのパワーで破られました。 火で剣を炙ろうにも、そもそも剣がないですし、手袋に火をつけようにもそもそも上半身裸。 ディオ倒して終わりかなーと思ったのですが、ちゃんとエリナと結婚して船も炎上しました。 大きな違いと言えば、ワンチェンが船員をゾンビ化させていなかったのと、それに伴って エリナが赤ちゃんを連れて逃げなかったことでしょうか。 やった! 第二部完!(リサリサがいなくなるから) この部分はある意味劇場版Zガンダム以上のクラッシュっぷりかもしれん。 ちなみにエリナは気を失っていたところを偶然通りがかった船員に助けられてました。 あと、最後まであの爪を外さなかったワンチェンは三国一の律義者。 完。 なんつか、映画版は「ストーリー上」不要な部分を削った第一部って感じですな。 ただし、この場合のストーリーってのはこの映画におけるものですし、「ジョジョ的に」 必要な部分の大半がなくなっているのは非常に残念と言わざるを得ないかと。 連載から20年くらい経っている今、わざわざ劇場まで見にこようなんて人は相当な ファンと思われるので、この点は非常にネックだと思うのですよ。 これならば最初から最後まで律儀にやらないで、一部を抜粋して、ファンが喜ぶような 作りにした方が良かったんじゃなかろうかと(正しいかどうかは別として) ↑でも書きましたが、原作の台詞がシーンごとに次から次へと浮かぶのに、それが悉く スルーされるのはやっぱり寂しいものなのですよ。 ハルヒみたいに、「おっ、きたきたきましたよ」って喜びがもうちょっとあればなあ。 感覚としては、しつこいくらいにてんこ盛りの料理の筈が何故か出てきたのは点滴だった。 ってところでしょうか。ううむ。 はい、そんなワケでクソ長ったらしい上にまとまりのない感想&ストーリー概要でしたが なんとしても感想を書かなくちゃという気にさせられただけでも1800円分の価値は あったかなと思います。 もし、見ようかなと思っている方は、上記の感想をひとつの参考とした上で劇場に足を 運んで頂ければと思います。 ちなみに、上映終了後の映画館の内部はまるでターミネーター3の時のようでした。 ああ、あの感覚を味わうのは久しぶりだったのだわ。 もう一つの目的であった、一蘭の特濃ラーメンとゴディバのチョコレートドリンクは大変美味。 ラーメンは超こってりの当然替え玉アリで。 その後、ラゾーナに向ってゴディバの店を探し回ってドリンクゲット。 ドリンクというよりはむしろスムージーでしたが、ゴディバらしくスッゲー美味かったです。 また行く時注文させて下さい! ホットが出るスケジュールを見てまたもたれまくってます! ああ、気分はまさにメタボリック!
『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 設定資料集』 恐らく、今年に入って最高に俺の心を捉えているアルトネリコ。 そりゃあ設定資料集も酸素を取り込むが如く購入するってものですよ。 まあ、まだシュレリア様もオリカもクリアしてないんで見るのはまだ先になりそうですが。 畜生、シュレリア様の過去の恋ってなんなんだよう……。 スピカの外伝も気になって仕方ありませんし、封印を解くのが待ち遠しくてなりません。 それにしても、メイメイが描き下ろしテレカに使われていたのは驚きですね。 ↑ガマン出来なくなってちょっとだけ見たらしい アルトネリコって言えば、ドラマCDも結構出ているけど、あれらは買いなのかなあ。 最近、ミュールが気になっている身としては、ジャケットにこっそりいたりするミュールが やけに気になって仕方なかったりするのですが。 服を着るのが嫌い、ってなんて娘なの――――!

2月17日(土)
今日もまたロスプラ魂に火が点いちまったので、夜にホスト立てようと思います。 詳細(といっても今までとそんなに変らず)は後で報告いたします。 本日の21時からホスト立てる予定です。内容はこちらに。 →完了いたしました。皆様お疲れ様でした。 あと、箱つながりとはいえ強引な話題転換ですが、センコロの設定資料集出てたのですな。 アンテナが常に一本程度しか立ってない俺には新鮮極まりない事実。 内容は殆どイラスト本って話ですが、ペルナとか桜子さんの御美姿が拝めるならば良し! つわけで、アマゾンでポチりと。 発送に時間がかかりそうな塩梅ですが、今までの経験だと意外と早く着たりするので。 本当にめっさ時間かかったりする場合もあるから油断できませんが。感じ感じ。
『あつまれ!ピニャータ』 レベル46に達し、ピニャータの数もかなり増えてまいりました。 庭は複数個所持できるので、そろそろ新しい庭を造って、特定のピニャータ楽園を 形成してみようかしらん。 もう野良のピニャータに手塩に掛けて愛でたピニャータを食われるのは辛いわ……。 水場が好きなんで、ニュートガットだらけの庭を形成するってのも、いいな……。 ラッカトードと一緒にすると血みどろの喧嘩祭が始まるので、そこは注意しないと。 あと、大分慣れてきたんで、ピニャの名前も真っ当なものをつけ始めたり。 自分で考える気全くありませんね的なネーミングですが、俺のネーミングセンスたるや オリカには及ばないものの、あの程度なんで、とてもとても……。 愛着どころか自分でシャベル殴打でぶち壊しかねません。 つか、このゲームって、プレイヤーの攻撃の手段がシャベルなんですよね。 普段は地面を耕したり、廃墟を壊したりするのですが、いざとなったらピニャータを 叩き割る恐ろしいアイテムに変貌。 まあ、軍隊でもシャベルは有効な武器として使われますし、理に叶っていると言える訳ですが。 つか、こんなゲームでそんな所が理に叶っているのもそれはそれで問題のような気が。 とまあ、↑のように、どこかで見たような名前をぺたぺたと付けているわけですが、 ワールムのナミコさんはこの庭の最古参組。 運よく餌にならず、リアル時間で10時間以上を生き延びている古強者。 ふおんは初めて訪れたニュートガットですが、なかよしモードにしていざ交配! って段階で 庭に闖入してきた野良バジシクルに相方を食われるという数奇な運命を辿ったり。 ちなみにその相方の名前はゲバルでした。 今頃はきっと故郷の島に還っていることでしょう……。
『オイレンシュピーゲル @』購入。 この前買ってきた、スプライトシュピーゲルと同一の世界の別のお話(?)である とのことですが、まだ中身は見てないので断言は出来ず。 スプライト〜が、やや薄めかなと思う部分はあるにせよ、十分に冲方テイストに満ちた 作品だったので、こちらの方も買ってみた次第で。

2月16日(金)
ジョジョの第一部映画版、気が付けば明日に公開なんですなー。 リアルタイムで一部を見ていた身としては実に気になりますが、出来はどんなもんか 心配でもあったりしますが。 まあ、ヴァニラ・アイスの声が青野武じゃなきゃいいかー。 ※根本的に気にするとこ間違ってます チネチッタで上映するんで、見に行くこと自体は楽なのよね…。 川崎なんで、ついでにラゾーナ内のゴディバでチョコレートドリンクを飲んでみたいし、 行ってみておくかねえ。

2月15日(木)
昨日、オンラインでやったロスプラ凄かったです!ガチムチの色黒兄貴達がオッス連呼で ロケランぶちこまれ命散らしてました。俺もポスト立ててる時に直撃食らい無様に 散華さらしました。VSロケラン出されたときは一瞬引いたけど、兄貴の「いやなら 奪えばいいんだぜ!」の一言で覚悟決め、そのまま返り討ちになりました。 その後、自分・味方もやられてビンビンのポスト、思いっきり奪われ派手にガチムチ 兄貴達に敗北しました。スッゲー男らしく気持ちよかったです。またやるとき カキコして下さい!一晩経ってから落ちてるロケラン見て、また感じまくってます! そんなワケで、昨日はバレンタインを口実にデータポストのロケラン部屋を立ててみましたが データポストのロケランってのは激しすぎるスリルに満ち溢れてますな。 ひらけた所にあるポストを立てようものなら、どんなに離れてても撃ち込まれて死にますし。 ライフルと違ってポストが遮蔽物として使えないってのもスリルに拍車をかけまくり。 逆に相手が立てている時も同じこと出来るんで、楽しくもありますが。 なんにせよ、平日かつ急な告知にも関わらず集まって下さった方々には感謝を。 最近はプレイヤーマッチばかりだから、たまにはランクマッチにも参加しようかしらん。 NEVEC兵のコスチュームは欲しいですし。 そいえば、3/10に追加マップが配信されますな。 2マップで400ゲイツと有料ではありますが、エロバレーやアイマスなどに比べれば楽な 金額ですし、対戦ライフが豊かになると思えば安いものなのだわ。 そいえば、アイマスのイメクラもとい制服はゲイツマネー切れでまだ買ってなかったり。 そろそろ補給しないと……。 ただ、このマップで対戦しようと思ったら、相手も同じようにDLしている必要があるのが ややネックになるかもしれませぬ。 16人でやろうと思ったら、その場の全員がDLしてなくちゃならないわけですし。 ホストだけが持ってればいいならラクなのですが、それで出来たら激戦区も今出来るわけで。 まあ、その辺は仕方ないものとして割り切る所存。 マップと言えば、数多の対戦を経ると、好みのマップとかが出てきますな。 個人的なフェイバリットマップのトップ3は以下の通り(順不同) ・雪賊砦 ・深く静かな街 ・NEVEC訓練施設 狭いマップばかりという結果ですが、ある程度狭い方が相手にすぐ辿り着きますし データポストも奪い合いが白熱して楽しいんですよね。 「お高くとまりやがってこのメスポストが―――!」 「あのポスト、女の顔になってたな……」 「なンでエレクチオンしないのよ――ッ!」(敵が立てたポストだから) 砦とか街はスタート地点で勝敗がある程度決まる傾向にありますが、劣勢を覆すのもまた 楽しみの一つなので、個人的には問題ナッシング。 特に街の地下からのスタートの絶望的っぷりときたら………。 うおォン、俺達はまるでローカストだ! 上側はローカストホールにグレネードを放りまくる憎きグランドウォーカー。 広いマップですと、雪漠が好きですな。 キャニオンみたいに分断されてないから移動が比較的ラクですし、VSがそこら中に 転がってるので、思う存分VS大戦が楽しめるのが吉。 あとはホーミングの奪取戦とか、塔内部のポストの奪い合いが楽しいのもまた吉。 「どけ! 己のホーミングだ!」 「データポスト戦はポストを立てるもの。敵を殺す試合ではござらぬ」 苦手なマップはクラックタワーや大紅河。 何がどう苦手って指摘するのは出来ないのですが、多分性的に苦手。 クラックタワーの聳え立つタンクなんてまるで男根だわ! いやんらしい! 雪漠の塔は先細りなので貴方のオシリスカワイイワ。K(仮称)は既に少し錯乱している!

2月14日(水)
ロストバージンしました。 ラブやんで叩き込まれた先入観よろしく「おっ、おっ、おやびーん!」とか「らめー」と 口走るかと思ったのですが、実際はそのようなことはありませんでした。 イメージ的には耽っている最中、ナポレオンよろしく宇宙空間が広がり、実写版の ジャイアントロボ第一話冒頭の「無限に広がる大宇宙〜」というナレーションが延々と 続いているような感覚といえば分かりますでしょうか(うん、それ無理) まあ、そんな比喩的表現はまどろっこしいので、簡単に言うと腰が砕けそうになりました。 恐ろしい……! これは人間を退廃せしめる悪魔の道具だわ! こんなのを使っていたら駄目になるのは間違いないので週一回に留めないと!(意志薄弱) つか、マジで一回扱くごとに脳細胞が万単位で壊死するような気がするのですが。 デッドライジングとかGOW以上に馬鹿になるんじゃないかしらこれ。 後始末は思ったよりもラクでしたが、始末の最中、居た堪れないことこの上なし。 なんつか、大はしゃぎで出した投稿が掲載されて、それを数年後に見返すような気分。 生きるたびに最悪の光景を見る。それでも生き続ける事をやめられんとは。 それはさておき、俺が買ったのはゲルトモなる商品ですが、これは数ある品々の中でも かなり緩めのモノらしく、何の問題も無くすんなり使用することが出来て僥倖。 意を決して事に到って苦戦したらそれはそれで辛いからなあ。 ただ、緩いゆえに精妙な握力の調整が必要という煩雑さがあったりしますが。 それでも使いやすさとメンテナンスのラクさゆえに、俺と同レベルの初心者もしくは 童貞の方にはオススメできるんじゃないかと。 ロストされたい方は、ぺぺローションと一緒に意を決して踏み込んでみるべし。 ちなみに俺はもう戻れる自信全くありません。 ああ、Uさん、俺は約束を果たしましたですよ――――(西に向かって)
さて、今日の日記にはオブラートに包んだオナホールの使用感想が書いてありますので そーいうのに嫌悪感をもたれる方は注意なさってください ※「遅きに失した」と非難されました。主に俺から。 そんなわけで、昨日書いたとおりにロスプラのホスト立てます(予定) ここで募集してますんで、火がついちまった方は是非どうぞ。 とはいえ、唐突な話なんで、集まらないこと前提で直前までアルトネリコをプレイしてます。 ちょうどオリカルートの第3章に突入してしまい、シュレリア様魂に着火しましたし。 それにしても、第3章は開始時点からシュレリア様祭りだよなあ。 章の切り替えの時点で、オリカ&ミシャのイラストが、シュレリア様の一枚絵に 切り替わってしまう辺りから祭が物凄い勢いで始まっていると断言。 以降はセーブ・ロード画面でも常にシュレリア様が表示されてるし。 つか、あの章の切り替え時のシュレリア様で、驚くと同時にノックアウトされた人も 多いんじゃなかろうか。いくらダイブイベントで中身に感づいていたとしても。 シュレリア様可憐すぎだよシュレリア様。 それはそうと、この前の土曜日に飲んだ時、「シュレリア様のダイブをLV2まで進めたぜ」 と友人から聞かされて途方も無く嫉妬。 お、俺はまだレベル1にすら進めていなかったというのに……くやしい! 今回のプレイではオリカ中心に進めたかったけど、早くもその決意に亀裂が亀裂が。 でも、ハマは俺の娘(性的関係あり)として認めてもらったのでワーイ。 どうしてオタクってのはそんなものを認められて嬉しがるのでしょうか。 きっと、ハマが可愛すぎて心神耗弱になっているのよモルダー。
『スプライトシュピーゲル @』購入。 冲方分を採り込みたいのと、メールフォームにて、「表紙があなたのチンポを狙 い 撃 ち!」 と頂きましたので、まんまと食いついてみたわけで。 あと、飲み会で「ヒロインが全員カトル・カールみたいだった」って言われたので。 そんなステキヒロインが出てくるんじゃ、読まないわけにいかないじゃないか……! 今更だけど、今月のまんがタイムきららは『ふおんコネクト』と『棺担ぎのクロ』が休載で 心に夥しい擦過傷が生まれました。 流石にものっそい楽しみにしている漫画が2本休載ってのは堪えるなあ……。 ふおんは3月の単行本の為の作業だと思いますが、クロは一体どうしたことやら。 クロの2巻の為って可能性もありますが、まだスケジュール出てないしなあ。 ドラゴンマガジンで『ろーぷれぐるぐる』も休載だったし、ちょいと気になるトコ。 この前のGAが休載じゃなかったのが唯一の救いなのだわ。 そいえば、ろーぐるが休載だったことで、ドラマガを『ヘカトンテイル』一本のために 購入したことになってしまったわけで。 8ページの為に一冊ってのは、なんとも無謀な話ですが、読みたいのだから仕方あるまいて。 他にも読めるものがあればいいのですが、イマイチこれってものがないんですよね。 読み続けていればちっとは感覚変わるかしらん。 それにしても、ヘカトンテイルは連載も4回目を迎えて安定してきた感が出てきましたな。 主要なメンツが揃って自然にあーだこーだ出来るようになれば、以降はある程度安心できるんで。 話を戻しますと、クロとふおんが欠けたきららは確かに寂しいのですが、表紙も飾った 『うぃずりず』や『あっちこっち』等など愛読してるのも結構あるんで、買わないっつー 選択肢は出てこない布陣なんだよなあ。 ホンマ、キャラットと並んでコストパフォーマンスに優れた雑誌やで……。
今日の東方SS 『かえせ! 恋心を』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070213134022
チャンピオンRED最新号の付録クリアファイルが真っ当にエロい件について 血まみれモツ出し男2人が絡んでいないなんて信じられません。 お前ら的納豆の食べ方を語るスレ(メルフォムより) 納豆カレーの話が出ていますが、去年北海道で食った納豆のスープカレーは実に美味であった。 スープというよりはむしろ粘液といった方が正しいシロモノでしたが。 今でも店に入った瞬間に鼻をつく納豆の薫りを鮮明に覚えています。 まるで伊良子のよう……!(納豆臭なのか) 知ってしまうと絶望してしまうような雑学を書くスレ(メルフォムより) 知ってるか? 男ってのは朝起きると……

2月13日(火)
気がついてみれば、明日はヴァン・アレン帯ですな。 俺は基本的に貰うくらいならばくれてやるよ的思考の持ち主なんで、むしろ 当方に迎撃の用意あり! と息巻きたいところですが、俺の人生においては肉親以外に 日常的に接するような生物学上、グランドウォーカーのメスに分類される類の 生命体は存在しないと言っても過言ではないので、その決意覚悟も全くの無意味。 つわけで、ティラミスかガトーショコラでも作ってツン俺とデレ俺に分離して バレンタインのひと時を楽しみたいと思う予定であり、予定は未定。 さて、そんな与太話はどうでもいいとして、箱のメッセージで提案されたのですが バレンタインなんで、雪賊同士でチョコをプレゼントし合いまくろうぜ的な 無理矢理な理由でロスプラのオンライン対戦でも開催しようかと。 チョコと言っても主にグレネードだったりロケランだったりしますが。 ああ、ロケランオンリーってのも、いいな……。 最近はわりと頻繁に開催してるんで、どうしようかなあとも思ってますが。 開催することになったらまたここらで告知いたします。
『東方夢終劇』 ステージ4が色々な意味で好き過ぎて橙をキッドナップしてしまいたくなります。 橙を絡めた雑魚戦から始まって、スペルカードを挟んだ後は藍と橙による ツープラトンラッシュ、んでもってトリにはゆかりんファミリーって流れは あの一家が好きで堪らん俺としては色々と最高なわけですよ。 しかも曲がティアオイエツウォン → 夜が降りてくるのコンボだし。 個別でこのステージを極めてしまいたいけど、プラクティスあったかなあ……。 そんな感じでちまちまとプレイしていますが、全タイプでなんとかラスボスまでには 辿りつけましたが、毎回時間切れでお終いというオチばかり。 時間を長くする方法とかあるのかしらん。 ただでさえ、ノーマルにしては圧倒的な弾密度なのにあの2分足らずってのは厳しいわ…。 それよりもむしろ、コンティニューをしないでも辿り着けるようにせにゃ。 タイプとしては、光符がステージ構成的にも好きですが、永夜抄のゆゆ様と妖夢を足して 二で割ったような微妙と言われても仕方ない仕様なのよね……。 範囲はともかくとして、攻撃力の地味さがボス戦で響くことこの上なし。 避けつつも確実に削れると言う利点もありますが、それならばホーミングの方が間違いなく 効率的ですし、マジックミサイルでもそれなりの範囲をカバーできますし。ううむ。 とりあえずは星符とか恋符でクリアするのが先決かしら。 それはそうとして、妹紅が出てくるのは嬉しいのですが、け、慧音は? 慧音は出ないの? 妹紅の相方にゃあけーねだよと主張して数年の俺としては出て来ないのは寂しい限り。 でも、それ以外が充実しまくってるので文句言っちゃいけないぜ。
『あつまれ!ピニャータ』 ピニャータでは、新しいピニャータがやってきたり、何かしらの変化が起こると 教育番組チックなナレーションが音声+文字(時には文字のみ)でなされます。 たとえば 「すごーい! セロンガードがやってきたよ!  じまんのトルクボウでなんでもこなごなにしちゃうんだ!」 そんなローカストどもが集まる庭なんて造りたくもねえ。 きっとヘルパーはマーカスとかベアードとかに違いない。 カーマインは一定時間経つと「弾が出ないんだよ!」と叫んだ後スナイパーにへッドショット。 でもそれがスナイパーが現れる条件でもあったりするので尊い犠牲です。 (ちゃらちゃちゃちゃちゃらちゃーら♪) (ローカストホールから現れるスナイパー) もちろん、ガーデン内の喧嘩も健在です。 <マーカスとドムがケンカをはじめたよ> <病気の人がいるよ>※ケンカに負けた相手は病気になります ドム「ちくしょう……血が止まらねぇ…! ゲームが進めばより強いローカストも。 「たいへん! ラームしょうぐんがきちゃったよ! <キム中尉が食べられちゃうよ> そんな展開の『あつまれ! ローカスト』が拡張パックで出ないものかしら。 その場合は『あつまれ』よりも『くたばれ』が適切っぽいですが。 さて、ピニャータですが、気がつけば数時間が経過している恐ろしいゲーム。 今日はここまで、って区切りを明確にしておかないといつまでもプレイしてしまう 恐るべき仕様でありますが、マジで止め時が無いんですよね。 リアルタイムで色々進行するのが一番の原因でしょうけど、ゲームを進めるにあたって 明確な目標が無いってのが一番大きいかも。 例えば GOWだったらステージをクリアするとか、何回やってもミンチになるとか そーいう理由で止められますが、ピニャータの場合は新しいピニャータが来たら止めようとか 思っていても、気がついたら別のピニャータがなかよしになっていたり、作物が実ってたり ランクがアップしたりと、もうちょっともうちょっとと思っているうちに、朝日が。 あと、禍々しいとしか思えなかったピニャータがガチで可愛く思えてきた。 OPデモとかの擬人的になんかしているのは相変わらずキモいのですが、フツーに動物的な アクションをしている時や、鳴き声は実に愛らしいです。 それこそ名前が「交尾狂い」(バニーコーム)であっても餌にするのが忍びない……ッ! そりゃ交尾狂いを食らった資本主義の犬も即効で売却粛清ですよ。 でも、そんな資本主義の犬も大事な住人であり、多少の罪悪感が。 現在、ガーデンのサイズが最大になって色々とやれることも増えてきたのですが、ジョウロの 買い忘れがあったことが発覚したので、泣く泣くやり直しを決意。 まあ、それなりに進め方は分かってるし、すぐにまた元に戻せるであろうて。 ただ、ダッシュボードからデータを消す必要があるっぽくて、その行為が未体験の俺にとっては ややドキドキパニック。
今日の東方SS 『中の人は魔女』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070207185838 『中の人は瀟洒(前) 』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070211000425 『ある日の大図書館』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070212054609 『八雲さんちのマエリベリー』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070212034109

2月12日(月)
昨日ちょろっと風邪かもと書きましたが、今日になって顕在化。 喉が激しく痛んで、頭痛気だるさ性欲過多といった風邪の諸症状がモリモリと。 仕方ないので、大事を取って今日は家に延々と引き篭もっておりました。 引き篭もりつつ、極彩色も眩しい『あつまれ!ピニャータ』にドハマりしていましたが。 や、このゲームは確かにパッケージから漂うただならぬオーラに圧倒されはしますが ゲームとしての面白さは間違いなく一級品だわ……。 系列としては、シムシティとか、どうぶつの森といったものに近いと思いますが、これは もっとスケールの小さい、ガーデニング的なモノですが、それゆえの箱庭性の強さが なんとも俺の嗜好にガッチリ嵌ってくれやがります。 まだ数時間くらいのプレイなんで、出来ないことや分かってないことも多いですが、単純に 集まってくるピニャータどもを愛でて交尾させて餌にさせているだけでも十分に面白く。 つか、餌にするのが微妙に辛いのが我ながら驚き。 こんなキモい生物どもに愛着が? 愛着が湧いているというのッ!? まるで媚薬を盛られて感じちゃっているのを認めたくないような感覚ですが、俺のガーデンに 一番最初に来てくれたワールムのノダミキ(←名づけ可能)を餌にしなくてはならない あの瞬間の焦燥感ときたら……! でも大丈夫、片割れのトモカネもすぐに行くから……。 でも思ったのですが、愛着の湧くような名前を付けるから駄目なんじゃないかと。 つわけで、今は↓のような愛らしいけど、罪の意識が希薄になる名前でプレイング中。 よっしゃ、楽になった。 基本は××衛門で、気が向いたら資本主義の××みたいな名前で統一しています。 分かり易くていいでしょ(オリカ風に) 名前を付ける際は、この前購入したワイヤレスキーボード大活躍。 ロスプラの招待時にも役に立つし、これは中々に便利な買い物だったようで。 他にはアイマスのアピール文の記入にも使えるかも。 箱360でちょっとした文章を作ることが多目の人は、安めのキーボード(USB)を買うと吉かも。 まあ、そんな感じでピニャピニャ過ごしております。 楽しいのですが、そのせいで意を決して購入したオナホールが未だに試せやしねえ。 単純に、買ったはいいけど踏ん切りがつかないのも3割くらい。 俺にとっては、そう、ロストバージンみたいなものなので………(俯きがちに)

2月11日(日)
やる事がひと段落しましたので、今日の夜にまたロスプラのホスト立てます。 内容とかに関しましては、こちらを参照ください。 →本日の対戦も無事に終わりました。 不甲斐ないホストに代わって場を盛り上げてくださる逞しい色黒兄貴達には毎回 感謝の念に堪えません。 最後はフォックスハンティングもやってみましたが、13対1ってのは恐怖そのもの。 なんつか、蛮族に蹂躙される村一番の器量良しの気持ちが分かった気がします。 次回の開催は未定ですが、要望があるとか気が向くとかしましたら、また開催予定。 今度は4チームによるチーサバとかも面白いかもしれません。
とりあえず、ちょいとジムでいい汗掻いてきます。 →軽いトレーニングに励んできました。 明日も行こうと思っているので、今日は軽めに筋トレをやって、20分ほどエアロバイク。 これだけでも結構汗はかきますし、めっさスッキリするんだよなあ。 本当は朝方にでもトレーニングするのが一日をたっぷり使う秘訣だったりするのですが。 流石に前日が酒まみれだったりするとそうもいかないのが悲しいところ。 あと、微妙に風邪っぽいので明日に悪化しないように気をつけないと……。 つか、早いところストーブに灯油を補給しないとどうしようもないのですが。 外に出て補給するのが億劫なことこの上ないのですよね……。
『烏丸学園ガンスモーキーズ SideB』『烏丸学園ガンスモーキーズ SideA』購入。 そろそろ俺も夏海会長の為に一肌脱がないといけないようですね!(物理的な意味で) つわけで、買ってみましたガンスモーキーズ。 ちょいと前までエロゲー雑誌の雄、テックジャイアンで連載されていた非エロ漫画。 掲載誌に似合わぬガチのアクションラブコメであり、連載時に1回だけ読んで、 かなり気になったものの、定期購読には至らなかったのですが、単行本化されたってことで 喜び勇んで買ってきたわけですが、これがもう大当たり。 連載時にリアルタイムでバックナンバー漁って買っても良かったんじゃないかと思うくらいは 俺的に大ヒットだったわけですが、今はただこの単行本を読み返してニヨるのみです。 ジャンルとしては、帯を参照すると「眼鏡+学園ラブコメ+パンチラ・ガンアクション」と 銘打たれていますが、まあ大体合ってます。 眼鏡の部分に関しては、前後巻の表紙(A=ヒロイン・夏海会長 B=主人公・春介)からして ダブル眼鏡攻撃であり、眼鏡っ娘、眼鏡っ漢に弱い俺としては、この時点でTKOですが メインとなる組織の生徒会や風紀委員、サバゲー同好会も眼鏡率5割突破の桃源郷。 眼鏡であることに特に意味は無いですが、生まれつきの特徴ですから仕方ありませんよね! 学園ラブコメとしては優秀すぎ。 つか、学園ラブコメというよりはむしろ幼馴染ラブコメに傾いている気がしますが、舞台が 学園だから学園ラブコメに属するのかしらん。 つか、ラブコメ対象になっているのは主に春介と夏海会長だったりしますが、この2人が 作り上げる空間の甘ったるさは即糖尿病であり、腎臓移植級のレベル。 鋼鉄のような女傑が見せる素の顔とか弱さってのは極上のスパイスやで……。 思えば、俺が偶然読んだ第6話もヒイヒイ喘ぎたくなるような悶絶話だったなあ。 やっぱり過去話(約束事とか最強)を絡めた2人の空間ってのはいつもクライマックスです。 「もう……大事なことは忘れるクセに、そういうことは覚えてるんだから……」 ハッフゥゥウ〜〜ん!(超興奮) ここのちょっと怒り入ってるけど、それ以上に恥ずかしくてそれ以上に嬉しそうな夏海会長は マジで今すぐそのままキッドナップしてしまいた――――(面一本で失神しました) 途中途中のこっ恥ずかしいやり取りも秀逸ですが、ラストも物凄く恥ずかしくて、それでいて ものっ凄い爽やかに終わっているのがまたナイス。 掲載媒体が18禁なんで、汁気たっぷりの展開になって欲しかったという気持ちも 勿論アリアリですが、ここまで爽やかにされてしまってはねえ……。 描き下ろし部分(?)っぽい『放課後モーニングスター♯2』を見てまた感じまくってます! あ、あと個人的にヘタレ全開と見せかけて物凄く真っ直ぐで男らしい春介蕩れ。 やっぱり主人公はこうでなくてはなあ……。 パンチラ。 夏海会長のパンツ見て……。パンツ見てぇんだよ………。 パンチラ要員か固定だなんて……くやしすぎる!  千川姉の方は実によろしかったですが。スレンダー体型の縞パン。うん、これこれ! でも、こういうのもちゃんと機会均等を適用すべきだと思います! 特に先生とか! 雑用の2人とか! 千川弟とか! 会長とか! 会長とか! でも、会長はスク水スタイルが焚書坑儒レベルのエロさだったのでそれで良しとします。 その気にならなくてもあれだけで10回は致せますよ? ガンアクションと銘打たれてますが、付け加えるとソードアクションもたっぷりです。 むしろガン×ソードと言っても差支えが無いくらい。 で、このアクションなんですが、サイドAの帯でクライマックス全開のトライガン作者の 内藤先生の「こんなに描けるんなら、アシの時に言っといてよ!」の叫びが悲痛です。 そのコメントが全くウソじゃなく、テックジャイアン連載とは思えないほどハイレベル。 よく動くし、構図やポージングのセンスも程良い感じですし、更にダイナミズムにも 溢れている、実に佳きアクション漫画です。 内藤先生のアシだったということもあってか、雰囲気は確かにトライガンちっく。 特に月島先輩のロングコートを着込んでのアクションは和製ヴァッシュ・ザ・スタンピード。 ロングコートにアクションが似合うということが良く分かったよ。 付け加えると、これまた内藤先生のコメントにもありますが、実に分かり易い。 何をやっているんだか全然分からないけどスゲエってアクションじゃなくて、何を やっているかが実に分かり易いアクションなんですよ。 舞台が学園であり、出てくるキャラが超人でもないんで、こーいうのは非常によろしいかと。 つわけで、取りとめも無く書き連ねてみましたが、話自体も特に凄い捻りはないものの 2巻分という短い中でよくまとめてある、良質なアクション+ラブコメであるかと。 値段もバカ高いわけではありませんので、本屋に行った時に見つけたら、ちょっと手にとって 購入を検討してもいいんじゃないかしらと思います。 ああ、まったくもって強くて弱い眼鏡っ娘ってのは世界遺産クラスやで…。

2月10日(土)
『まんがタイムきらら 2007年 03月号』『あつまれ!ピニャータ』購入。 色々と書きたいことはあれど、時間と体力が全然ナッシングなので今日はこれにて。 明日はちゃんと何かしら書きたいと思います。 あ、あと明日は夜にでもロスプラのホスト立てようと画策してます。

2月9日(金)
今日は酒を飲んでぐでんぐでん&慧音×妹紅のネチョSSを読んでちんこの硬化が 全く収まらないのでさっさと寝ると致しますピニャ。

2月8日(水)
今日のロスプラオンライン対戦は22:00から開始致します。 リアルタイムの連絡はこちらに書きます。 なんらかの理由で枠が空いたりした場合は書き込みますので、穴があったら挿れたいという 物好きな方がおりましたら、覗いて頂ければと。 あと、本当は21:00から開始予定だったのですが、狼と香辛料、シャナの新刊を探してたら 結構な時間になってしまったので……申し訳ない限り。 →今日の対戦も無事に完了し、俺たちズリ舎弟の絆を(以下略) やっぱりポストをエレクチオンさせるのは楽しいなあ。 10分だとちと短いかなあと思ったりもしましたが、どんなものかしらん。 次回やるとしたらば、土日のどちらかになると思います。 『DRAGON MAGAZINE 03月号』『灼眼のシャナ M』『狼と香辛料 C』購入。 池くんをピニャータ畑に放り込んでしまいたい(口絵を見て)
『東方夢終劇』 ノーマルですら大苦戦――――! ブランクがややあったとはいえ、難易度は本家よりも若干高めの模様です。 そもそも、雑魚敵が一発で落とせないって時点でややキツめ。 その代わり、ボス戦のスペルカード使用時がちょいと軟い気もしますが。 でも、本家並の東方っぷりを発揮している良きゲームであることも確か。 会話は流石に同人っぽい(アリスが露骨に魔理沙ラブだったり)ですが、 弾幕の実に『らしい』作りには「ホオオ」と感嘆するばかり。 個人的には、藍と橙を同時に使役するゆかりんってのが実によろしいですな。 にしても、輝夜の『輝くトラペゾヘドロン』は壮大極まりねえ(主に名前が) ゲーム的には魔理沙主役で、妖々夢よろしく4パターンの中から選んでスタートって タイプなのですが、パターンによってストーリー(というかステージ)が変わるのが なんとも新鮮ですな。 そのおかげでかなりのバリエーションが楽しめる仕様になっていますが。 ボスの種類も今確認できているだけでも、魅魔からぶんぶんまでと、旧作から 文花帖までの歴代のボスが色々と出ているのも嬉しく。 旧作はプレイすること自体難しいですし、今までの作品のボスも文花帖までの スペルカードを意識したものになってたりと、東方プレイヤーならば口の端を 歪めるような箇所が色々と見られるのもまた嬉しく。 めーりんとかぶんぶんの蹴り技なんかは明らかに文花帖からきてるもんなあ。 文花帖はあくまで「撮る」「避ける」ってゲームだったので、それに類するスペルと フツーに弾幕れるってのも個人的にはマル。 あと、音楽が実によろしいですな。 確認出来いるものは全て今までのアレンジですが、どれもこれもアップテンポで ハードなアレンジがなされつつも原曲の味付けがしっかり残ってる俺好み仕様。 加えて「プラスチックマインド」やら「53ミニッツの青い海」といった 珍しい曲がチョイスされてたり、「夜が降りてくる」がゆかりん戦で使われてたりと 俺としては堪らぬとしか。 特に「夜が降りてくる」は東方で一番好きと言っても過言ではない曲なので。 あと、最近は東方のアレンジに満腹感があったのですが、こーやってゲーム中に 聞くとなるとやっぱり全然印象が変わりますな。 芋夢想の時も同じことを思ったりしましたが、やっぱりゲームミュージックを 楽しむにはゲームをプレイしてこそですな。まあ、例外も多々ありますが。 とりあえず、掴みの感触は万事OKなので、とりあえずはノーマルクリアを目標に。 あと、話はちょっと変わりますが、先月の半ばに読んだ『連射王』のおかげで プレイしている時の楽しさというか、モチベーションが上がること上がること。 特に初見の弾幕をギリギリで避けている時なんか、脳スープで頭蓋内がたぷんたぷん。 ガチムチ兄貴達のように声には出しませんが、内心では腕を振り腰を突き出しての 全身での興奮をアピールしまくりですよ。 それこそ全審査員のテンションを上げてしまうほどの。 連射王は話に聞いてたとおり、ただひたすらにハードカバー二冊分を使って シューティングをしている物凄いストイックな小説でしたが、方法論(弾避けとか)が 図解入りで丁寧に述べられてたり、シューティングをプレイするときの高揚感やら 死んだ時の脱力感やらがビシバシ伝わってきたりと、ゲーマーならばほぼ全編 同意しつつ、かつ感情移入しつつ読める良作でした。 個人的大傑作である『終わりのクロニクル』みたいな破天荒な会話もなければ 血が滾りまくるようなシーンもなく、萌えとかエロスも特にないストイックに 熱い作品なんで、終わクロ的なモノを求めている人には勧めづらいかも。 ただ、前述のように、ある程度のゲーマーならば絶対に楽しめると思いますし シューティングゲームをプレイする前に一読すると凄いことになるかと。 あ、この感覚ってジムに行く前のパンピングアイアン鑑賞と同じかー。 惜しむらくは、読んだ直後に夢終劇をプレイ、もしくは夢終劇をプレイする前に 読んでしまいたかったものですが、半月くらい経った今でも、読んだときの火種は しっかり残っていたようで、弾を避けつつも、「ああ、このタイプの弾幕だったら ざっと全体を見て、あとは自機周りだけで十分だな」とか、「ファーストプレイかつ ノーコンティニューの感覚ってこんな感じかなあ」と色々と浮かんでくるばかり。 今までみたいに本能的にプレイすることが減った感じというか。ううむ。 何はともあれ、シューターもしくはゲーマーの方々には絶対的にオススメ。 値段に圧倒されるとは思いますが、ゲームに夢中になった頃の感覚を味わったり モチベーションを高めたい方には是非とも読んでもらいたいところ。
今日の東方SS 『レミリア様にお豆をぶつけ大会【後】』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070203011410 『小町さぼるさぼる』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070131153244 『紅魔家潰れました』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070201153721 『森に降る雪、人に積もる時』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070206151545

2月7日(水)
ロスプラのオンライン対戦魂に火が点いちまったので、明日の夜にホスト立てます。 前回と同じように、8vs8(可能ならば)のデータポスト戦で行こうかと。 概要はこちらに書いてあります。 まあ、平日の中日なんで、集まらなくて当然っつースタンスで。 VC上等、初心者上等の勝ち負けに拘らないハッテン場になればステキだと思います。 テーマは「まっすぐGO!」でひとつ(意訳・TOKKANせよ! KAMIKAZEせよ!) くびれ箱と言えば、何故か急激に『あつまれ!ピニャータ』が気になってきたり。 日本人の感覚で言えば間違いなくストライクゾーンを外しているであろう、派手というよりは 毒々しい、フィンブルズもかくやのデザインの数々なのに、評判とかを見ているとねぇ……。 特に「しょくもつれんさ」という単語が俺の物欲中枢にクリーンヒット。 こんな毒々しい生物達が覇権を巡って食い合うだなんて……! 漏るです! とりあえず一晩経って、欲しい欲が残ってたらアマゾンでポチってしまう予定。
『東方夢終劇』購入。 俺を東方の世界に引き込んだ人とメッセンジャーで話してて、なし崩し的に通販。 委託販売が開始されるちょっと前には手元にあったのですが、アルトネリコやら GOWやらアイマスやらで醗酵させてしまっていたり。 せめて一回くらいは通してプレイせにゃなあと思い立ったので、今日から開始します。

2月6日(火)
『Wireless Optical Desktop 1000』『eneloop単3形 4本パック』『電池ケース』購入。 つわけで、ちょっと箱360との相性を試してみんとす。 →試そうと思ったものの、アニメ誌のエロポスターを見てて興奮してしまってセンズ(略) このキーボードはワイヤレスゆえ、レシーバをUSBポートにぶっ挿したのち、ドライバを インストールするのが本来の手順なのですが、箱360にドライバを入れることは出来るのかしらと 思って何も考えずにレシーバを挿したらば、何の問題もなく使えてしまって拍子抜け。 テル族の長をあっさり屠った時ぐらい拍子抜け。 まあ、ヘンに動かないよりは数百倍マシなわけですが、便利ですなーこりゃ。 コントローラーのキーで一文字一文字移動させてボタン押して入力することに比べたら 天と地、手のひらサイズと巨乳くらいの差があるですよ。 コントローラーでの入力だと、数文字のゲーマーズタグを打ち込むにも苦労したからなあ。 これで対戦とかに招待するのも随分と楽になりそうです。 つか、フツーにPC用のキーボードしてメインで使っても遜色ないですな。 今使ってるキーボードは大変気に入ってるので、変えようとまでは思いませんが。 打鍵の感触が極上なんだよなあ……。 ロットアップしてるし、後継作も無いみたいなのが心底悔やまれます。 ワイヤレスで今のと同じくらいの感覚で打てるキーボード出ればすぐにでも乗り換えますが。 最近、俺の周りの品もワイヤレス化が進んでて、その便利さに蕩れているからなあ。
HD650に拘束されるメカ進藤さん。 HD650に関連して、開放型ヘッドホンの音漏れについて質問を頂きましたが、音漏れ具合は 密閉型に比べると確かに顕著ではありますな。 聞いている音量にもよりますが、近くだったらば何の曲か判別できるくらいは漏れるかと。 ただ、普通のスピーカーのように、部屋を隔てたり離れてたりしても聞こえるというほどでは ありませんので、常識的な音量で聞いていれば特に問題のないレベルだと思います。 様切に、普段聞いている音量でメカ進藤に被せてみましたが、電車内とかで阿呆みたいな 音量で音漏れさせてる阿呆よりかは静かだと思いました。 結論としては、それほど気にする必要は無いかな、と。 この辺は当人におかれる環境や感覚にもよりますので、なんとも言えないところですが。 俺としては密閉型とあまり変らない感覚で使ってますな。 アルトネリコとか、箱360のゲームは全部開放型のDCL3000でプレイしていますし。 ただ、気が付かぬは当人だけで、ヘッドホンから零れ落ちる音が隣室などにだだ聞こえという 可能性もまた否定し切れなかったりしますが。 オリカやミシャやシュリレア様との恥ずかしい会話が聞かれてるなんて! 漏るです!
最近のアニメ雑誌の付録ポスターがエロすぎる件(メルフォムより) ちんこってこんなに固くなるものなのかと感動すらした。 これはもはや……証拠の残らない凶器! ラーム様万歳! ラーム様万歳!(軽度の錯乱) さて本題。 メガミマガジンの日焼け跡クッキリのハルヒポスターに驚愕し、ついつい買ってしまった 過去をもつ俺でありますが、あれは氷山の一角も一角で、番犬のようなレベルだったのか。 や、番犬というのはちょっと低すぎるので怪人ドゥービーくらいで(更にランクダウン) 特にSHUFFLE!!とゼロの使い魔のエロさは一般紙のレベルを軽く凌駕してるとしか。 つか、一体何度俺を勃起せしめれば気が済むのかと。 まあ、どちらもアニメ本編でも奔放なエロスを発揮してましたから、不思議では無いかも。 でも、このエロスっぷりは………。 あー、いかんいかん、いかんなあ…こんな……(一向に引かない血流を忌みつつ) 上記二作品も大概ですが、個人的にはネギま!?のぱにぽにだっしゅ!譲りの肉感責めに 五点掌爆心拳を食らったような衝撃を。 さすがは肉エロ境地を広げまくったスタッフの仕事やで……。 このネギま責めが俺の勃起持続時間のギネスを更新したと言っても過言ではないでしょう。 ああ、ああ! ゆえゆえの指になりたいよう! なりたいよう! なりっ! たいっ! よう!  (↑強い想いが幼児退行を引き起こしました)

2月5日(月)
箱360用のキーボードを物色しに近所のビックカメラに行ってみましたが、目移りするほど 品揃えが良かったわけではなくてちょいとしょんぼりでしたが、昨日候補に上げたモノは あったので、ちょいと弄ってみましたが、値段を考えるとバランスいいなあと言うことで 『Wireless Optical Desktop 1000』のお買い上げ決定ー。 でも注文したのはアマゾンでですが。 ビックカメラのほうが高かったし、現金持ってなかったし…。 ※K(仮称)さんの所持金は平均1000円前後です ワイヤレスで電池駆動ってことで、エネループ単3×4も追加で注文。 ううむ、気が付いたらエネループの所持数が二桁に昇ってるわ……。 箱360のワイヤレスコントローラーとワイヤレスヘッドホンが主な用途ですが、どちらも わりと消耗が激しいので、数本は予備としておかないといざという時に厳しいのですよ。 特にオンライン対戦中にどちらかの電池が切れただけでも大惨事確定ですし。 ともあれ、キーボードがオンライン対戦のスムーズな進行に一役買えば嬉しい限り。 あー、ロスプラのオンライン対戦ですが、次回は水曜日か木曜にでもやろうかと。 平日に戦ろうってのは少々無茶っぽいので確定じゃないですが。 ただまあ、先々日からのバトルで対戦魂に火が付いてしまったのは疑いようの無い事実で。 日本人ばかりだとラグが殆ど無いってのも魅力的なんだよなあ。
昨日の日記で身の程知らずにもHD650を買ったことを書きましたが、実際は先週の 半ばくらいに購入していまして、その間はエージングに精を出しておりました。 エージングが終わってからの方が感想書き易いかなと思ったのですが、実際のところ エージングの経過を書いた方が良かったかもと思ったり。 んで、HD650の感想 → 透き通っておる…… や、今まではW1000を使ってましたし、天地が逆転するほどの衝撃は無かったのですが 孕石雪千代が藤木源之助を見るような気持ちになってしまう音色や、今までは 聞き取れなかった音まで聞き取れる素晴らしき解像度など、特筆すべき点も これまた沢山あるわけで。 一言で言えば音が篭らない、聞いていて気持ちのいい音だなぁ、と。 特に女性ボーカルの艶っぽさは確実に判るぐらいの向上を見せてます(W1000比) つか、ボーカルがエロくなります。ガチで。 アルトネリコの歌(特にファンタスマゴリア)や、あさっての方向のOPを聞くとすげえ実感。 その他のジャンルの曲も軒並み堪らぬ音になって耳をレイプしまくってくれやがりますが CDから直に、もしくはロスレスの形式で聞かないと魅力は半減するかも。 実際、320kbpsのmp3とロスレスのwmaを比べたらそれと判るくらいに差が出ましたし。 本当はPCで再生すること自体がアウトっぽいですが。 エージングの効果は如実に出ます。 開封した当初はまだまだ音も篭りがちで、悪くは無いなあぐらいだったのですが、 数時間もするとその篭り具合がだんだん解れてきて、20時間くらいを超えてくると 最初の頃とは段違いの解像度や透明感を出してきて、50時間くらいでほぼ完成形かと。 開封時とは別物のようなシロモノに化けます。 印象としては、流れ混む音が固体から液体に転ずるような感覚と言いましょうか。 もしくはオリバの筋肉のように閉じ込められていた筋肉が開放されるような。 この辺は印象でしか語れないので、なんとも抽象的ですが。 密閉型と違って、音が集約されずに自然に広がるってのもポイントかも。 まあ、これはHD650の特徴と言うよりは開放型の特長だったりしますが。 音のインプレッションは簡単ですが、↑のような感じで。 安い買い物じゃないですが、半端な物を買うよりかは確実に満足出来ることうけあい。 これより上のヘッドホンもまだまだありますが、現実的じゃないのでスルー。 音以外のステキポイントで挙げられるのは装着感。 耳全体に覆うと言うより、蓋をするような形ですっぽり収めるような感じなのですが 数時間装着し続けても全く耳が痛くならないのは実によろしいですな。 まあ、パッド部分が耳を圧迫しないどころか殆ど耳に触れない形なんで当然かもですが。 メガネを付けてても痛くならないのだからまたよろしい。 ある意味このヘッドホンの最大のキモと言える部分かもしません。 満足度の高い部分ばかりの一品ですが、質感はもうちょっと良くしてほしかったかも。 実にプラスティッキーでややチープな印象を受けるので。 あのつやつやした感じが駄目なのかしら……。 ちなみに購入先はサウンドハウスの通販にて。 アマゾンにしろ楽天にしろ、わりと高めだったので。 輸入品ってのは販売店によってこうも差が出るものなのねと感じ入るばかり。
ちんこって何歳から猥褻物になるの?(メルフォムより) チンボと呼ばれるクラスにチェンジしたら確実に猥褻物。 獣姦が趣味ですけど質問ある?(メルフォムより) かつてモンゴルの蛮族達は食料兼性欲処理として羊を率いていたと聞きますが、 このスレの1は間違いなく現代に蘇った蛮族。 ただし略奪もしなければ女犯もしない紳士的な蛮族であり、模範囚ならぬ模範蛮族。 それにしても、ニワトリは気持ちいいという話は聞いたことありますが、フナとな。 きっとキノコを最初に食った人類くらいの達成感があったろうなあ……。

2月4日(日)
性懲りも無くという枕詞が良く似合いますが、昨日に続いてロスプラの オンライン対戦をやっちまいたいと思っていたりします。 参戦希望の方は招待枠を設けますので、箱の方にメッセージを下さいませ。 まずありえないですが、人数が超過しましたら、先着順とさせて頂きます。 →てなわけで、今日の対戦も完了致しました。 ありがたいことに、雄野郎が16人集まりましたので、8vs8のデータポスト戦を。 10人程度でやるのも良いですが、やっぱりフル人数でやるのは実に楽しいですな。 この大人数対戦こそがロスプラの醍醐味ともいえますし、広いマップで人数が 少ないと中々白熱することが出来ないですから。 フル人数で深く静かな街みたいな閉塞したマップも楽しいですな。 四方八方から阿鼻叫喚が聞こえてくるから。俺がMVPっぽいですが(阿鼻叫喚の) 相変わらず無口なホストで申し訳ないばかりですが、対戦そのものは非常に 楽しいので、また盛ってみたいとは思っていますが。 その時までには、箱用のキーボードを買っておきたいところ。 招待する際に、フレンド登録していない人はぺちぺちと名前を打ち込む必要が あるので、その時間を少しでも短縮出来るようにしたいと思いまして。 何気にその時間が長くて待っている方々に申し訳ない限りなのです。 『Wireless Optical Desktop 1000』が良い塩梅と聞き及んだので注文する一歩手前。 場所もなんとか確保できましたし、少しでも快適になれば良いなあ。 そんなワケで、参加してくださった方々、ありがとうございました。 枠がパンパンで招待できなかった方々、申し訳ございませんでした。 次回のハッテン機会はいつか未定ですが、またFUCKFUCK言いながら死にましょう。 それにしても、バイクにショットガン付けて通り魔的にファックするのは 実に有効かつ楽しいものですな。 タイミングが合えばハードボーラーも無傷で倒せたりしますし、戦闘力が低めの バイクにはうってつけの装備じゃあないかと。 それで敵陣の真っ只中に突っ込んでみる俺はただの阿呆そのものっぽいですが。 とにかく敵陣にKAMIKAZE特攻を仕掛けたい愚鈍の子で御免なさい…。 静かにチャンスが来るまで潜めるスナイパーってのは本当に凄いわ……。 今日も何回無様にヘッドショット食らって脳漿晒したことやら。
「何でもいいからブチ込め!」 「それでいいの!?」 怪人巨大化して復活 → デンライナーから砲台がバンバン出て砲撃 → 怪人爆死 戦隊モノよろしく怪人を一旦倒した思ったらこんな展開になるなんて……。 どこまでも電王というかモモタロスさんの破天荒っぷりに度肝抜かれまくり。 つか、煎れて貰ったコーヒーにはしゃいだり、思い出したかのように(実際忘れてた) 良太郎に契約を持ちかけたり、ハナに殴られたりと愛くるしすぎですモモタロスさん。 そんな愛されキャラの地位を確固たるものにしつつあるモモタロスさんですが、 ライダーとして戦えるのが楽しくて仕方ないって好戦的な面は第1話から出てましたが ただの戦闘狂ではなく、ちゃんとヒーローしているのも捨て難い。 見間違いじゃなきゃ(眼鏡外してた)轢かれそうになった子供を助けてたし。 (↑見間違いだったらすげえ恥ずかしい) 口は悪いけど、良い兄貴分としてのキャラで確立しそうだなあ。 あと、今回は時間移動ってのが根本にあって、過去の改変がポイントになってくると 思うのですが、良太郎の取った少しだけの行動がなんとも泣かせる。 事象自体は変らないけど、悲しいだけだった過去をほんの少し救いのある形に 持っていったってのは個人的に大いにマル。 まさか2話目にしてグッと来るとは予想もしなかったわ……。 つわけで、年間通して視聴することはほぼ確定。 日曜の朝は辛いけど頑張るぜ……! でも、今日は電王見た後に速攻倒れて昼過ぎまで寝てしまったり。 時間を有効利用したかったのに……! あと、電王は画面の作りとか展開が悉く戦隊モノテイストですな。 特にデンライナーの中の作りの微妙なチープさなんて戦隊モノの秘密基地クラスで堪らん。 しかも着ぐるみキャラとか長官キャラまで用意されてるし。 平成ライダーでここまで子供向きなベクトルってのは珍しいけど、立ち返ったと言えるかも。 少なくとも素直に見れそうってのは良いやね。
このまえの金曜日、スゲーやらしい飲み会したんで報告するっす。 俺は170−70−28でジム週2行って、逆三体形。 短髪で色黒パンツのゴム跡くっきりのヤラシー体してるっていわれる。 その日はすげー胃ががうずいて我慢できなくて、秋葉のうおや一丁へ行った。 胃は空っぽにしてきたんで、座敷席で注文をきめる。 店内は結構混んでたんだけど、予約してたんでゆっくり待つことにした。 胃ん中がじわーって痛くなってきてだんだんキマリはじめたとき、ジャニ系の カッコカワイイ子が手をのばしてきた。 俺はてっきりそいつ飲み物の注文かなって思ったんだけど、メニュー見たら食い物だった。 もちオッケーして店員へ。 「すげーウマソーすね。超タイプなんで注文いいっすか?」 うなずいてそいつの頼んだ茶碗蒸し見たら超デケー!30はかるくこえてたかな。 俺もすげー興奮してきて、夢中になって取り分けるんだけど、口ん中涎でべとべと。 ようやく奴が俺から受け取って、茶碗蒸しにスプーンを入れはじめた。 「やらしー卵料理っすね。プルプルしてるっすよ。」って言いながら掬ってきた。 俺はもう早く食べたくて奴のゴーサインをせがんだ。 「ヴォースゲー!」奴の茶碗蒸し入ってきたんだけど、空腹も超キマッてきて やばいくらい美味い。 そいつ若いからなりふり構わず注文してくるんだよね。 「俺きょう三食抜いてきたから、なかなか満腹にならないっすよ。」 30分くらいガンガンに食わされて、俺も気が狂うかと思うほど。 そしたら奴がメニューを変えて「ドリンクも注文してやろうぜ」って言う。 ビールを日本酒に変えてガンガンに飲んでたら、程なくしてガタイのいい 野郎っぽい奴が入ってきた。 「すげーやらしい飲み会してんじゃん。俺1人だから3人でやろうぜ!」 俺も飲みながら奴の卵焼き食ったらこいつのもでかいのなんの。超美味い。 そうこうしてたら、野郎が卵焼きに大根おろしをぬりたくって「醤油かけようぜ」って言う。 野郎の醤油挿しから俺の卵焼きに生でかけられた瞬間すげーやばいくらい感じた。 卵スープガンガンに吸って「すげーすげー!」1時間くらい三人で盛り合ってたら、 ジャニ系の奴が「やべーもう食えなそう」って言ってテーブルに突っ伏した。 そしたら俺もやばくなって野郎の背中に覆いかぶさった。野郎の奴は更に注文しやがって 「こんどはデザート注文するよ」て言って交代でパフェを食い合った。 またこういう飲み会してー! 内容は殆どウソですが、金曜日は珍しく秋葉で飲み会なんぞをしてました。 久々の飲み会であり、全員ロクでもない話題ばかりの雄野郎ばかりでしたので 心底楽しい時間を過ごさせて頂きました。 こーいう飲み会で3時間くらいしか滞在できない(電車の関係で)ってのは酷だなあ…。 徹夜をすれば間違いなく身体壊すし、ジレンマなのだわ。 それはそうと、みんなアルトネリコ未プレイでサントラ買いすぎ。 アルトネリコ大好きっ漢(こ)の俺としては嬉しくありますが、ゲームのほうも 是非ともプレイしてほしいですと言おうかと思いましたが、みんなして買おうものなら ヘルシング単行本の表紙裏の如き醜い争いが勃発しそうだったのでパス。 「シュレリア様は俺のもんだって言ってんだろうがああぁぁぁぁ!」 「俺、テル族になってリルラに懐かれてくる」 「やべー、スピカおっかねー。俺も早くスピカ団に入れてもらわなくちゃ…」 とか。 あと、やっぱりくびれ箱はゲーム界のチャンピオンREDだと思います。 出る作品の傾向が可愛い女の子かむさ苦しい野郎ばかりという共通点が。 あとモツとか血とか。
ドイツのみなさーん! HD650ですよー!

2月3日(土)
今日の22時〜23時くらいにロスプラのオンライン対戦で盛ろうかと思います。 もしかしたら対戦用の掲示板でもおっ立てて相手を募るかもしれませんので ボコボコにしてやんよ、って意気込みのある方は是非。 22:30頃開始予定ですが、ホストが問題なく立てられるかを確認しつつ準備します。 →終わったー。 つわけで、都合3時間ほど逞しい雄野郎達と盛ってまいりました。 日本人だけっつーのはラグとかが非常に少なくってよろしいですな。 外人の無茶苦茶なシャウトも醍醐味の一つではありますが。 参加してくださった方々、参加表明して下さった方々、ありがとうございました! 頭でっかちのホスト童貞ボウヤでしたが、なんとか仮性くらいまでには到達しました! とりあえずもう少しこの不甲斐ないホストは場を盛り上げる努力をしたいと思います。 折角貰ったヘッドセットが活かせないなんて……雑魚っちい! ただ、大体の仕様は分かったので、明日以降はもう少しスムーズに出来るかも。 気が向けば明日の夜にでもまた開催しますです(←楽しかったらしい) つわけで、明日は電王の日なのですぐに寝ると致します。
『ヤングキングアワーズ3月号』 『よつばと!E』購入。 そろそろ尊敬する人の欄に「ランヌ」の3文字が入ってしまいそうです。 俺も早く甲虫の幼虫を持ち歩くぐらいにならないと……。 それにしても、あの後ろが気になって仕方ない兵士の感覚ってのはロスプラなんかの チームバトルやってる時と同じような感覚ですな。 後ろから敵が来るかもしれないし、味方は誰もいないかもしれないってところが。
今日のオリカさん。 むしろ元々の名前であるエアメタルジャケが可哀想だと思います。 もはや冒涜の域に突入していますが、オリカさんに言われるがままに作成した道具の 名前をつけて言ってしまっている俺も同罪であり、グソクムシ掴み取りの刑。 名前を全部変えてしまうと、そのどうしようもなさに消沈することも事実ですが それよりもむしろ正式名を忘れてしまって、攻略とか見てて何がなんだか全然 分からなくなってしまうという危険が。

2月2日(金)
すっかり忘れていたのですが、メールフォームやプロバイダメールの転送先に 使用していたフリーメールのサービスが1/31で終了していたり。 5年以上は使っていたので、それなりに愛着のあるアドレスであったので 少々残念でもありますが、致し方ありますまいて。 そんなわけで、改めてGmailのアドレスをゲット。 思った以上に使いやすいし、webから見ても非常に軽いので好感触。 指くらいだったら許してもいいかもしれません。 そんな状態でしたので、2/1の0:00から今日の朝まで、メールフォームからの 送信が届かない状態になっていました。 その間に何かしらのメッセージを送って頂いた方には大変申し訳ありません。 もしよろしければ再送頂ければ幸いです。 また、最近は届くメールの大半がスパムメールという忌むべき状況になっていますが 削除メールフォルダの棚卸しをしていたら、メールフォームから送られてきて 件名が文字化けしててて削除フォルダに送られていたメールをやや大量に発掘。OH!! ウィルスバスターで迷惑メール設定をしていたのが逆に仇となったわ……! 1月頭からだから結構あるなあ……ちゃんと読んでおかな。 しかし、フツーに送られてくるのもあるんで、どういう条件で文字化けするかは 今のところ不明だったり。 送信先が変わったらそーいう不具合もなくなるかしらん。 話はわりと変わりますが、箱360のフレンド登録をして頂いた方々、ありがとうございました。 アイマスとかGOWをプレイしているとぺこんぺこん音がしております。 閑古鳥状態だった頃はこの感覚は味わえなかったからなあ。 この際だから連絡用の掲示板でも作ってロスプラとかGOWでも盛ろうかしらん。 今更ですが、XboxLiveのアカウント管理がPCからも出来ることを知ったり。 フレンド登録とかメッセージの送信も出来るんでこれは便利だわー。 ついでにフレンドのオンライン状況も判ったりするわけですがどいつもこいつも アイマス一色で雄臭さの欠片もありゃしねえ。 しわくちゃのアスホールどもめ! と罵りながらアイマスをプレイするASS HOLEことワタクシ。 あと、公開してる人に限りますが、他の人の実績が見れるってのも面白いなあ。 しかも総合点だけじゃなくって、解除した実績、まだ解除してない実績までつぶさに。 おかげで俺も未解除の実績をガンガン解除したい欲が沸きあがって仕方ありませぬ。 ホンマ実績システムはゲーマー泣かせやで……。いい意味で。
今日の東方SS 『レミリア様にお豆をぶつけ大会【前】』 http://coolier.ath.cx/~coolier/l_sosowa/anthologys.cgi?action=html2&key=20070130153021 俺としてはむしろレミリア様のお(レッチだぁ――!) 相変わらずVENI氏の軽快かつムチャクチャなストーリーは読んでて爽快そのものですな。 透き通っておる……(「練り」を繰り返す美鈴を見て) まだメインともいえる後半が残っているので股を濡らして待ちたいところ。 関連リンク・VENI本 上記のSSをはじめとした、数々の名作奇作珍作快作を作り続けるVENI氏のサイト。 今までの作品がずらりと列挙されているので、ブログ共々楽しむべし。 そして今更ながらに冬コミで本を出されていた事に気づいてSHOCKだ! あまりにもショックなのでブーマーをチェーンソーでぶった切ってきます。 マーカスが肉片になりました。

2月1日(木)
WindowsVistaが発売されたり、イタリアの前首相が公式で凄い謝罪をしたりと ここ最近は色々とあったわけですが、俺はというとオナニー疲れで連日ダウンしたり 「スターサファイアちゃん! おっぱい!」『東方三月精』を読み耽っておりました。 明日からの週末は溜まりに溜まったゲーム欲を解消しないと……。 それはそうと、三月精は中々によろしい作品でした。 サニーミルク、ルナチャイルド、スターサファイアの3妖精が繰り広げるイタズラと ちょっとした冒険に満ちた物凄いのんびりした作品でしたが、波乱も万丈もない のほほんとした日常だけの漫画ってのもある意味東方らしいなぁ、と。 それにしても、この3妖精は三月精のオリジナルキャラだったのですな。 てっきり昔の東方作品のキャラだとばかり思っておりましたわ。 個人的には貧乏籤を引きまくるルナチャイルド蕩れ。 あと、前述のおっぱいについては71ページ参照のこと。 ぺったんこではなく、微妙に仄かに僅かにささやかに盛り上がった双丘って――――。 後半には申し訳程度の東方キャラ紹介なんかがあったりするわけですが、誤植が酷い。 酷い誤植と言うべきかもしれませんし、誤植ってレベルじゃないかもしれません。 さしずめfeaturingゲーメスト。 一番ショッキングだったのは↓ うどんげさん……いつの間にこんなに立派になっちゃって……。 ある意味身体を張ったギャグとも言えるので、俺としては逆に楽しかったですが。 キャラ紹介だったら既に『求聞史紀』ってバイブルがあるわけですし。 ただ、これが東方初体験っつー人にとっては非常に酷な仕打ちかもしれませんが。 でも、けーねとうどんげの入れ替わりネタを想起させる誤植であり、適当に妄想を 開始したら、これはこれで堪らぬものがあるかもしれぬと勝手に思い始めたり。
ぬこウォッシングマシーン 「Pet Spa」という単語のなんと白々しいことか―――! っていうか全然洗えてねえように見えますこのマシーン。 この大雑把というか、無意味っぷりが心底堪らないのもまた事実でありますが。


BACK