てぃんくの家
 
 は行 

葉(は)

フランスの葉言葉です。

葉言葉(黄色の葉)は、一緒になりましょう
葉言葉(緑の葉)は、私は愛に生きています
葉言葉(深緑の葉)は、秘密の愛
葉言葉(枯葉)は、恋の痛み

[←先頭へ]


パースリー

パセリ

[←先頭へ]


ハーツイーズ

 ハーブです。

花言葉は、幸せな考え

[←先頭へ]


ハーデンベルギア Hardenbergia violacea

マメ科ヒトツバマメ属

 和名は、小町藤(こまちふじ)。

花言葉は、過去の愛

小町藤(こまちふじ)

[←先頭へ]


ハート葛(かずら) Ceropegia linearis subsp. woodii

ガガイモ科セロベギア属

 葉がハーとの形をした蔓性の多肉植物です。愛の鎖、ラブチェーンとも呼ばれます。

花言葉は、協力・助け合う

[←先頭へ]


バーバスカム

ゴマノハグサ科バーバスカム属

 別名、にわたばこ、もうずいか。

花言葉は、大きく育つ

[←先頭へ]


パープルスター

ボリジ

[←先頭へ]


バーベイン Verbena officinalis

クマツヅラ科

 和名は、くまつづら、ばべんそう。
 昔から魔法薬の材料として有名なのだそうです。
 花嫁が自分で摘んだヴァーヴェインをブーケに混ぜると、永遠の愛が手に入ると言われています。

花言葉は、魔法

馬鞭草(ばべんそう)馬鞭草(くまつづら)

[←先頭へ]


バーベナ Verbena

クマツヅラ科バーベナ属

 別名、美女桜。

バーベナ全般の花言葉は、家族の和合・家族愛・柔和・魔力・魅惑する・魅了する
       所縁の日は、6/24・6/27・7/18(6/24を除いて誕生花としてOK)
バーベナ(淡紅)の花言葉は、家族の和合
バーベナ(赤)の花言葉は、一致協力
バーベナ(紫)の花言葉は、迷信
バーベナ(白)の花言葉は、私のために祈ってください

美女桜(びじょざくら)

[←先頭へ]


葉薊(はあざみ)

アカンサス

[←先頭へ]


梅花空木(ばいかうつぎ) Philandelphus coronarius

ユキノシタ科バイカウツギ属

 属名Philadelphusは、エジプトのフィラデルフス王に由来するそうです。
 和名は、花が梅に似ていて、枝がウツギのように中空になるところから名付けられました。
 別名、さつまうつぎ。

花言葉は、気品・品格・思い出・あなたはきっと幸福になるでしょう・私を忘れないで
所縁の日は、5/18(誕生花としてOK)

薩摩空木(さつまうつぎ)

[←先頭へ]


バイカル金鳳花(きんぽうげ)

キンポウゲ科

 英名、pilewort。

花言葉は、来るべき喜び

[←先頭へ]


ハイドランジア Hydrangea arborescens

ユキノシタ科アジサイ属

ハイドランジア全般の花言葉は、辛抱強い愛情
ハイドランジア(青)の花言葉は、高慢・辛抱強い愛情
ハイドランジア(白)の花言葉は、移り気・冷淡

西洋紫陽花(せいようあじさい)

[←先頭へ]


パイナップル Ananas comosus

パイナップル科アナナス属

 「鳳梨(あななす)」ともいい、俳諧では、ともに夏の季語です。

 パイナップルにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、あなたは完璧・完全無欠
所縁の日は、12/20・12/28(いずれも誕生花としてOK)

鳳梨(あななす)

[←先頭へ]


パイナップルセージ Salvia elegans

シソ科

 別名、サルビア・エレガンス。

花言葉は、家庭的

サルビア・エレガンス

[←先頭へ]


パイナップルリリー

ユーコミス

[←先頭へ]


ハイビスカス Hibiscus

アオイ科フヨウ属

 別名、扶桑花(ぶっそうげ)。

 ハイビスカスにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ハイビスカス全般の花言葉は、私はあなたを信じます・常に新らしい美・繊細な美・新しい恋
         所縁の日は、8/12・11/10
ハイビスカス(赤)の花言葉は、新しい恋・勇敢
          所縁の日は、7/23・8/25
ハイビスカス(白)の花言葉は、艶美・繊細な美
          所縁の日は、8/31・11/15

いずれも誕生花としてOK

扶桑華(ぶっそうげ)

[←先頭へ]


這柏槇(はいびゃくしん) Juniperus chinensis var. procumbens

ヒノキ科ネズミサシ属

 別名、ソナレ。

はいびゃくしん(木)の花言葉は、援助・保護

矮檜(そなれ)

[←先頭へ]


貝母(ばいも) Fritikkaria verticillata Willd var. thunbergii (Miq.) Baker

ユリ科

 別名、あみがさゆり・ははくり。

 貝母にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、威厳・才能・人を喜ばせる
所縁の日は、4/25・4/28・6/11(全て誕生花としてOK)

母栗(ははくり)編笠百合(あみがさゆり)

[←先頭へ]


ばいもゆり

花言葉は、威厳・凛とした姿
所縁の日は、3/29(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


バウエラ Bauera rubioides

ユキノシタ科バウエラ属

 別名、あいのかんざし、エリカもどき。ツツジ科のエリカに似ています。
 バウェラは学名でもあり、植物画家バウアー兄弟にちなんで名付けられました。

花言葉は、可憐

[←先頭へ]


ハウスリーク Sempervivum tectorum

ベンケイソウ科

 和名は、やねばんだいそう。英名、houseleek。

花言葉は、活発性・勤勉・家の経済

屋根ばんだいそう

[←先頭へ]


羽団扇豆(はうちわまめ)

ルピナス

[←先頭へ]


蝿地獄(はえじごく) Dionaea muscipula Elis

モウセンゴケ科ハエジゴク属

 別名、はえとりそう。英名、Benus fly trap。

花言葉は、嘘

蝿取草(はえとりそう)

[←先頭へ]


蝿取草(はえとりそう)

蝿地獄(はえじごく)

[←先頭へ]


ハエマンサス

眉刷万年青(まゆはけおもと)

[←先頭へ]


萩(はぎ) Lespedeza

マメ科ハギ属

 属名は、アメリカフロリダ州知事だったV・M・デ・セスペデス(Cespedes)にちなみますが、誤植によりLespedezaとなったそうです。
 別名、やまはぎ。
 ハギは「生え芽(はえき)」の意味で、古株から芽を出すことから名付けられたそうです。
 万葉集で歌われている草花の中では141首でTOPです。
 俳諧では、「鹿鳴草(しかなぐさ)」「そとな草」などとともに秋の季語です。

 ハギにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、思案・前向きな恋・想い・内気・物思い
所縁の日は、10/1・10/15(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


パキスタキス Pachystachys

キツネノマゴ科パキスタキス属

花言葉は、慈愛

[←先頭へ]


パキスタキス・ルテア Pachystachys lutea

キツネノマゴ科

 比較的新しい花のため、ギリシャ語で「太い穂」を意味する学名のままで呼ばれています。

花言葉は、美しい娘

[←先頭へ]


馬棘(ばきょく)

駒繋・馬棘(こまつなぎ)

[←先頭へ]


パキラ Pachira aquatica

パンヤ科パキラ属

花言葉は、快活・運を導く

[←先頭へ]


白山千鳥(はくさんちどり) Orchis aristata

ラン科ハクサンチドリ属

花言葉は、間違い・誤解・素晴らしい・美点の持主・陽気
所縁の日は、4/15・5/19・5/20・10/11(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


はくせん

ミカン科ハクセン属

 学名は、ディクタムヌスOrigamun dictamnus。英名は、Dittany of crete, white。
 白いヤマアジサイの一種にも「ハクセン」という名前の花があります。
 サボテン科の植物にも「ハクセン(白閃)Cleistocereus hyalacanthus Goss.」と呼ばれるものがあります。

花言葉は、あふれる思い

[←先頭へ]


白丁花(はくちょうげ) Serissa

アカネ科ハクチョウゲ属

 和名は、丁字咲きの白花の意味で名付けられました。
 属名は、インド名で、18世紀のスペインの植物学者セリッサの名にちなむそうです。セリッサは、この花の別名でもあります。

花言葉は、純愛

セリッサ

[←先頭へ]


白蝶草・白鳥草(はくちょうそう)

山桃草(やまももそう)ガウラ

[←先頭へ]


白梅(はくばい)

花言葉は、気品

[←先頭へ]


白熊の木(はぐまのき)

スモークツリー

[←先頭へ]


白木蓮(はくもくれん) Magnolia denudata Desr.

モクレン科

花言葉は、崇敬・自然な愛情・恩恵・自然への愛・高潔な心

[←先頭へ]


白楊(はくよう)

ヤナギ科ハコヤナギ属

 別名、ハコヤナギ、ヤマナラシ。別名の方が知られていると思います。ヤマナラシは葉が風にゆれて音を出すことから、ハコヤナギは箱をつくるのにこの植物の材を用いたことから名付けられました。

花言葉は、時間

山鳴(やまならし)箱柳(はこやなぎ)

[←先頭へ]


葉鶏頭(はげいとう) Amaranthus tricolor

ヒユ科アマランサス属

 園芸上アマランサスとも呼ばれます。英名はアマランスです。
 葉の付け根に、花弁がなく萼だけの淡緑色の小さな花が咲きますが、鑑賞用にはなりません。

 俳諧では、「雁来紅(がんらいこう」「かまつか」などとともに秋の季語です。

花言葉は、情愛、不老不死、見栄坊、気取り屋
所縁の日は、9/16・9/28・9/30(誕生花としてすべてOK)

アマランサス

[←先頭へ]


箱根空木(はこねうつぎ) Weigela coraeensis Thunb.

スイカズラ科

 名前には「箱根」とついていますが、箱根にはないそうです…何故?

花言葉は、移り気

[←先頭へ]


バコパ Bacopa monnieri

ゴマノハグサ科

花言葉は、小さな強さ

[←先頭へ]


繁縷(はこべ) Stellaria media

ナデシコ科

 学名Stellariaはラテン語の「星stella」が語源です。花が星型に見えることから名付けられました。

 俳諧では「はこべら」「あさしらげ」とともに新年の季語とする説と春の季語とする説とがあります。

 はこべにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、ランデブー・追想・集合・愛らしい・私と逢っていただけますか
所縁の日は、1/9・1/25・1/30(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


箱柳(はこやなぎ)

白楊(はくよう)

[←先頭へ]


ハコリス

花言葉は、悲しき思い出
所縁の日は、11/15(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


羽衣草(はごろもぐさ) Alchemilla vulgaris

 英名、lady's mantle。

花言葉は、ファッション

レディースマントル

[←先頭へ]


羽衣(はごろも)ジャスミン Jasminum polyanthum

モクセイ科ソケイ属

花言葉は、愛らしさ

[←先頭へ]


榛(はしばみ) Corylus avellana

カバノキ科ハシバミ属

 俳諧では、「蓁栗」とも書き、秋の季語です。

 ハシバミにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、仲直り・調和・一致・和解
所縁の日は、10/6・10/16・11/13(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


芭蕉(ばしょう) Musa Basjoo Sieb. et Zucc.

バショウ科

 芭蕉にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、燃える想い

[←先頭へ]


バジリコ

花言葉は、好意

[←先頭へ]


走野老(はしりどころ) Scopolia japonica Maxim

ナス科

 和名は、地下茎がオニドコロに似て猛毒があり、中毒すると走りまわって苦しむといわれるところから名付けられました。

 ハシリドコロにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、沈黙

[←先頭へ]


バジル Ocimum basilicum

シソ科

 スイート・バジルとも呼ばれます。和名は、目箒木(めぼうき)です。
 バジルは、芳香が高貴で王侯にふさわしいとされ、ギリシャ語の「バジリウス王Basileus」から派生したという説や、バジルの花冠の形が、一睨みで人を倒すという伝説の怪竜「バジリスカスBasiliscus」あるいは「バジリスクBasilisk」に似ているので、その短縮語で呼ばれたという説などがあります。
 バジルの種を水に浸しておくと表面がゼリー状になります。日本では、それを使って目に入ったごみをとったので、メボウキ(目箒)という和名がつけられました。

 バジルにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、好意・愛・憎しみ

スイートバジル目箒(めぼうき)

[←先頭へ]


蓮(はす) Nelumbo nucifera Gaertn.

ハス科ハス属

 俳諧では「はちす」「紅蓮(べにはす)」「白蓮(しらはす)」「蓮池」などとともに夏の季語です。

 蓮にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

はす全般の花言葉は、遠くに去った愛・沈着・休養・雄弁
     所縁の日は、7/8・9/26
はす(黄)の花言葉は、純粋・優しさ
      所縁の日は、5/8
はす(葉)の花言葉は、撤回
はす(花)の花言葉は、信用・離れる愛
はす(根)の花言葉は、雄弁
はす(実)の花言葉は、あなたを思うとせつなくて眠れない(中国)

いずれも誕生花としての記述なし

[←先頭へ]


紅包樹・野漆樹・黄櫨・櫨(はぜのき) Rhus succedanea

ウルシ科(ハゼノキ科)

花言葉は、真心
所縁の日は、11/16・11/19(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


爆ぜ花(はぜばな)

蜆花(しじみばな)

[←先頭へ]


パセリ Petroselinum crispum

セリ科パセリ属

 別名、オランダゼリ・パースリー。

 俳諧では、夏の季語です。

 パセリにまつわる話については、「花物語」参照して下さい。

花言葉は、お祭り気分・勝利・祝祭・愉快な気持ち・死の前兆・不和
所縁の日は、10/4・10/8(いずれも誕生花としてOK)

パースリー和蘭芹(オランダぜり)

[←先頭へ]


バタフライブッシュ Buddleja davidii

フジウツギ科フジウツギ属

 英名、Butterfly bush。別名は、ブッドレア。

花言葉は、魅力

[←先頭へ]


薄荷(はっか) Mentha arvensis L. var. piperascens Malinvaud

シソ科

花言葉は、徳・貞淑・美徳・効能
所縁の日は、3/16・3/19・5/28・12/21(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


バッカリス

キク科

花言葉は、開拓
所縁の日は、11/29(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


パッシフローラ

トケイソウ科トケイソウ(パッシフローラ)属

 別名、時計草。

花言葉は、宗教・信仰する

時計草(とけいそう)

[←先頭へ]


パッションフラワー

時計草(とけいそう)

[←先頭へ]


初恋草(はつこいそう) Leschenaultia spp.

クサトベラ科レケナウルティア属

 初恋草は通称です。属名のレケナウルティアでも呼ばれます。

花言葉は、秘密・約束を守る

レケナウルティア

[←先頭へ]


初雪葛(はつゆきかずら) Trachelospermum asiaticum cv.Hatuyukikazura

キョウチクトウ科テイカカズラ属

花言葉は、化粧・素敵になって

[←先頭へ]


初雪草(はつゆきそう) Euphorbia marginata

トウダイグサ科ユーフォルビア属

 別名、ユーフォルビア。

花言葉は、祝福

ユーフォルビア

[←先頭へ]


ハトノキ

ハンカチの木(はんかちのき)

[←先頭へ]


鳩麦(はとむぎ) Coix lacryma-jobi var. ma-yuen

イネ科ジュズダマ属

花言葉は、普及

[←先頭へ]


花葵(はなあおい)

立葵・蜀葵(たちあおい)ラバーテラ

[←先頭へ]


花薊(はなあざみ)

ドイツ薊(あざみ)

[←先頭へ]


はなアナナス

花言葉は、たくわえる

チランジアチランドシア

[←先頭へ]


花亜麻(はなあま)

 別名、シュッコンアマ(宿根亜麻)

花言葉は、緩慢・私はあなたの親切を感謝する

[←先頭へ]


花藺(はない)

ハナイ科

 姿が藺草(いぐさ)に似ていて可憐な花をつけるところから名付けられました。

花言葉は、信じて疑わない
所縁の日は、10/22(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


花瓜草(はなうりぐさ)

トレニア

[←先頭へ]


花槐(はなえんじゅ)

マメ科

 別名、ローズ・アカシア、ロカスト。

花言葉は、純愛・上品
所縁の日は、3/28(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


花海棠(はなかいどう) Malus halliana

バラ科リンゴ属

 別名、かいどう(海棠)、すいしかいどう。

花言葉は、友情・温和・美人の眠り
所縁の日は、3/26(誕生花としての記述なし)

垂糸海棠(すいしかいどう)海棠(かいどう)

[←先頭へ]


花笠石楠花(はながさしゃくなげ)

カルミア

[←先頭へ]


花酢漿草(はなかたばみ)

オキザリス

[←先頭へ]


花簪(はなかんざし) Helipterum roseum

キク科ヘリプテルム属

 別名、アクロクリニウム。

花言葉は、明るい性格・思いやり

アクロクリニウム

[←先頭へ]


花冠(はなかんむり)

 フランスでは、花に関連するものにも花言葉があります。

花冠の花言葉は、恋をつないでください(仏)、又は、花冠に用いた花の意味に従った友情(仏)

[←先頭へ]


花桐草(はなぎりそう)

アキメネス

[←先頭へ]


花麒麟(はなきりん) Euphorbia milii var. splendens

トウダイグサ科トウダイグサ属

 和名は、サボテンのモク(杢)キリンに形が似ていて、花を周年つけるところから名付けられました。
 英名は、クライストプラント、クライストソーン(「キリストのいばら」の意味です。)

 スリランカでは、畑にまで繁殖してしまい、駆除のために火炎放射器まで使われたそうです。

花言葉は、独立
所縁の日は、1/24(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


花金鳳花(はなきんぽうげ)

ラナンキュラス

[←先頭へ]


はなくわい

花言葉は、神の心

[←先頭へ]


花言葉

 日本語では、古くから「花詞」と書き、最近では「花ことば」「花言葉」と書きます。
 花の特質に基づいて特定の意味を持たせたものです。

 古代から花は、各民族・宗教等によって、様々な象徴や標章(emblem)に用いられてきました。花言葉(英語ではthe language of flowers)は花に意味を持たせて人に贈る風習あるいは風流な遊びです。フランスでは「花言葉」の他に「寓意の花束」「無言の言葉」等とも呼ばれます。

 花言葉は、一つの花に対して一つとは限りません。また、花言葉の存在しない花もあります。そのうちに花言葉ができることもあるでしょう。科学でつくられた花にも花言葉が添えられるかもしれません。その花言葉もきっと遊びや潤いになることでしょう。

[←先頭へ]


花ざくろ

花言葉は、安息

[←先頭へ]


花サフラン

花言葉は、悔いなき青春

秋咲き(あきざき)クロッカス

[←先頭へ]


花忍(はなしのぶ) Polemonium spp.

ハナシノブ科ハナシノブ科

 英名は、グリークバリリアン、ジェイコブズラダー(天国に届く「ヤコブのはしご」の意味です。)、チャリティー。
 和名は、葉の形がシダ類のシノブに似ているところから名付けられました。

 花忍にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、おちぶれる・君を待つ・来て下さい、降りてきなさい(英)、戦争(仏)
所縁の日は、4/6・4/11(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


花芝(はなしば)

芝桜(しばざくら)

[←先頭へ]


花縮砂(はなしゅくしゃ)

ショウガ科シュクシャ属

 別名は、ジンジャー、ジンジャーリリーなど。

花言葉は、あなたを信頼します・無駄なこと・淡い恋心

ジンジャー

[←先頭へ]


花菖蒲(はなしょうぶ) Iris ensata var. hortensis

アヤメ科アヤメ(イリス)属

 ハナショウブは野生のノハナショウブを改良したもので、日本の園芸植物の代表的存在です。国外ではジャパニーズアイリスの名で呼ばれています。

 花菖蒲の名は、ショウブ(菖蒲:サトイモ科)の葉に似ていて、美しい花をつけることからついたそうです。


 「いずれがあやめかきつばた」…カキツバタ(杜若),ハナショウブ(花菖蒲),アヤメ(菖蒲)の見分け方

 端午の節句に菖蒲湯に使うショウブは、サトイモ科です。但し、花が咲いていない状態では花菖蒲となかなか区別がつきません。ショウブは5月上旬にほとんど目立たない花を株元近くに付けます。葉は一般的な花菖蒲とほぼ葉幅が同じで、ショウブ独特の芳香があるのが特徴です。

 カキツバタは、湿地に生息し、5月中〜6月上旬に青紫のほか、紫、白、絞りなどの花を咲かせます。花弁の弁元に白い目型模様があるのが特徴。葉は一般的な花菖蒲よりやや幅広で、葉の主脈は目立ちません。

 ハナショウブは、半乾燥地に生息し、6月上〜7月上旬に紅紫,紫,白,絞り,覆輪などの花を咲かせます。花色や花形が変化に富みますが、すべて花弁の元に黄色い目型模様があるのが特徴です。園芸種には葉幅の広いものから細いものまでさまざまですが、葉の主脈が葉の中央に表に一本、裏に二本、はっきりと突出します。

 アヤメは、乾燥地に生息し、5月上〜下旬に紫まれに白の花を咲かせます。花弁の弁元に網目状の模様があるのが特徴です。葉はハナショウブに比べて細く、葉の主脈はほとんど目立ちません。

 花で整理しますと、花びらの基のところに、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別出来るそうです。

花菖蒲全般の花言葉は、優雅な心・伝言・優しい心・あなたを信じます・熱心
      所縁の日は、5/8(誕生花としてOK)
花菖蒲(白)の花言葉は、信頼
花菖蒲(紫)の花言葉は、優遇
花菖蒲(水色)の花言葉は、しとやか
花菖蒲(絞り)の花言葉は、信頼

綾目・文目・菖蒲(あやめ)菖蒲(しょうぶ)杜若(かきつばた)

[←先頭へ]


花蘇芳(はなずおう) Cercis chinensis Bunge.

マメ科ケルキス(ハナズオウ)属

 和名は、花の色が蘇枋染の紅紫色に似ているところから名付けられました。
 別名、ユダ・ツリー。

 ハナズオウにまつわるお話については、「花物語」を参照してください。

花言葉は、質素・裏切り・エゴイズム・不信仰・目覚め
所縁の日は、3/16(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


花滑りひゆ(はなすべりひゆ) Portulaca

スベリヒユ科スベリヒユ属

 別名、ポーチュラカ。
 学名のPortulacaは、「小さな扉」を意味する言葉だそうです。

花言葉は、いつも元気

ポーチュラカ

[←先頭へ]


花大根(はなだいこん) Hesperis matronalis

アブラナ科

 別名、スイート・ロケットsweet rocket、Dame's violet、night rocket、nightodorous stock、summer lilac、eveweed、rougue's(queen's) gillofers。

花言葉は、競争

[←先頭へ]


花種付花・花種漬花(はなたねつけばな) Cardamine pratensis

花言葉は、熱意

[←先頭へ]


花煙草(はなたばこ) Nicotiana

ニコチアナ

[←先頭へ]


花丁子(はなちょうじ)

ゴマノハグサ科

 花の形がフトモモ科の丁子に似ているところから名付けられました。

花言葉は、旅立つのは今

[←先頭へ]


花爪草(はなつめくさ)

芝桜(しばざくら)

[←先頭へ]


花唐辛子(はなとうがらし)

五色唐辛子(ごしきとうがらし)

[←先頭へ]


花虎尾(はなとらのお) Physostegia virginiana

シソ科フィソステギア属

 別名、フィソステギア、はなとらのお。

 花穂が虎の尻尾に見たてて名付けられました。

花言葉は、十分望みを達した・達成感
所縁の日は、6/20(誕生花としてOK)

フィソステギア

[←先頭へ]


花菜(はなな)

菜の花(なのはな)油菜(あぶらな)

[←先頭へ]


花韮(はなにら) Ipheion uniflorum Raf.

ヒガンバナ科イフェイオン属(またはユリ科イフェイオン属)

 別名、アイフェイオン、イフェイオン、西洋アマナ、ブローディア。
 和名は、花が美しく、傷つけるとネギ臭があるところから名付けられました。
 星の様な可愛い花びらが特徴で、英語ではspring star flowerと呼ばれています。
 以前は花壇に植えられていましたが、繁殖力が旺盛なので、現在では野生化しているものもあります。

花言葉は、卑劣・恨み・別れの悲しみ・星への願い

西洋あまなアイフェイオンイフェイオンブローディア

[←先頭へ]


花木(はなのき) Acer pycnanthum K. Koch

カエデ科

 和名は、花が紅色で美しいため、また新葉の頃に木全体が桃色に染まったように見えるところから名付けられました。(モクレン科のシキミの別名にもハナノキというのがありますが、こちらは花の代わりに墓や仏前に供えたことから名付けられました。)
 自然状態の自生地は少なく、絶滅危急種に指定されています。

花言葉は、信仰

[←先頭へ]


花鋏(はなばさみ)

 フランスでは、花に関連するものにも花言葉があります。

花鋏の花言葉は、二つの心の神聖な結合

[←先頭へ]


花薄荷(はなはっか)

オレガノ

[←先頭へ]


花菱草(はなびしそう) Eschscholzia californica

ケシ科ハナビシソウ属

 別名、カリフォルニア・ポピー。
 和名は、花の形が花菱紋に似ているところから名付けられました。
 属名は、探検家コツエブーのアメリカ太平洋岸探検や世界周遊に同行したロシア人の医師エッショルツに因んで名付けられました。

花言葉は、希望の持てる愛・私の希望をいれて下さい・私を拒絶しないで、相思相愛
所縁の日は、3/11・3/24(いずれも誕生花としてOK)

カリフォルニア・ポピー

[←先頭へ]


花枇杷(はなびわ)

バラ科

花言葉は、完治

[←先頭へ]


花水木(はなみずき) Cornus florida

ミズキ科ミズキ属

 和名は、花の目立つミズキの意味で名付けられました。

 花水木にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、私の想いを受けてください・返礼
所縁の日は、4/23(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


はなむぎ

花言葉は、清らかな愛情
所縁の日は、2/29(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


花桃(はなもも) Prunus persica

バラ科サクラ属

花言葉は、恋のとりこ・よい気立て
所縁の日は、3/3(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


花八手(はなやつで)

ウコギ科

花言葉は、分別

[←先頭へ]


花柚子(はなゆず)

ミカン科

 別名は、一才柚子。
 普通の柚子の3分の1くらいの大きさです。1〜2年でたくさん花をつけ、実がなります。

花言葉は、花嫁の喜び・清純

一才柚子(いっさいゆず)

[←先頭へ]


花嫁花(はなよめばな)

マダガスカルジャスミン

[←先頭へ]


花林檎(はなりんご)

クラブアップル

[←先頭へ]


花輪菊(はなわぎく) Chrysanthemum carinatum

キク科キク属

花言葉は、愛情

[←先頭へ]


ハニーサックル

忍冬(すいかずら)

[←先頭へ]


バニーテール

イネ科ラグラス属

バニーテールの花言葉は、はずむ心

[←先頭へ]


母栗(ははくり)

貝母(ばいも)

[←先頭へ]


母子草(ははこぐさ) Gnaphalium affine D. Don

キク科

 別名、ほうこぐさ。
 俳諧では、「ほうこぐさ」「御形蓬(ごぎょうよもぎ)」とともに春の季語です。

花言葉は、いつも思う・やさしい人
所縁の日は、4/25(誕生花としてOK)

御形(ごぎょう)

[←先頭へ]


バビアナ Babiana

アヤメ科ホザキアヤメ(バビアナ)属

 和名は、穂咲菖蒲(ほざきあやめ)。

花言葉は、離れる愛

穂咲菖蒲(ほざきあやめ)

[←先頭へ]


パピルス Cyperus papyrus

カヤツリグサ科

 和名は、かみがやつり。

 パピルスにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、愛の手紙

紙蚊帳釣(かみがやつり)

[←先頭へ]


パフィオペデルム Paphiopedilum

ラン科パフィオペディルム属

 和名、トキワラン。英名、レディス・スリッパ。
 学名のPaphiopedilumは、美の女神アフロディーテのキプロスでの呼び名と、ギリシャ語で「スリッパ」を意味する言葉を組み合わせたものです。
 和名は、長持ちするところから名付けられました。

花言葉は、思慮深さ・変わりやすい愛情・変わり者
所縁の日は、1/18・12/28(いずれも誕生花としてOK)

レディス・スリッパ常盤蘭(ときわらん)

[←先頭へ]


馬鞭草(ばべんそう)

バーベイン

[←先頭へ]


葉牡丹(はぼたん) Brassica oleracea var. acephala

アブラナ科アブラナ(ブラシカ)属

 英名は、Flowering cabbage。

 俳諧では、冬の季語です。

花言葉は、利益・祝福
所縁の日は、11/27・12/4・12/9(11/27を除いて誕生花としてOK)

[←先頭へ]


パボニア

アオイ科

 和名は、矢の根梵天花(やのねぼんてんか)。

花言葉は、慎重

[←先頭へ]


浜万年青(はまおもと)

クリナム浜木綿(はまゆう)

[←先頭へ]


浜簪(はまかんざし)

 別名、アルメリア。

花言葉は、心づかい・同情・可憐・共感・滞在・思いやり
所縁の日は、2/29・3/31(いずれも誕生花としてOK)

アルメリア

[←先頭へ]


浜菊(はまぎく) Chrysanthemum nipponicum

キク科キク属

 俳諧では、秋の季語です。

花言葉は、友愛・単純な美

[←先頭へ]


はましおん

花言葉は、追憶

[←先頭へ]


はまぢしゃ

蔓菜(つるな)

[←先頭へ]


浜梨(はまなし)

バラ科

 別名、はまなす。

花言葉は、照り映える容色
所縁の日は、9/1(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


浜梨(はまなす) Rosa rugosa

バラ科バラ属

 浜梨(はまなし)ともいいます。
 英名は、ジャパニーズ・ローズ、ルゴーサ・ローズ。
 皇太子妃雅子様のお印の花です。

 俳諧では、夏の季語です。

 ハマナスにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、見映えの良さ・香り豊か・美しい悲しみ
所縁の日は、7/5(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


浜昼顔(はまひるがお) Calystegia soldanella

ヒルガオ科ヒルガオ(カリステギア)属

 俳諧では、夏の季語です。

花言葉は、絆・交誼・休息・夜・賢くやさしい愛情
所縁の日は、7/16(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


浜弁慶草(はまべんけいそう) Mertensia maritima

ムラサキ科ハマベンケイソウ属

花言葉は、不変・貞淑

[←先頭へ]


浜木綿(はまもめん)

花言葉は、どこか遠くへ

[←先頭へ]


浜木綿(はまゆう) Crinum asiaticum

ヒガンバナ科

 花が白く、木綿(ゆう。昔、コウゾの木の繊維でつくった細く割いた糸。)が垂れたように見えることから名付けられました。また、葉がオモトに似ているところからハマオモト(浜万年青)とも呼ばれます。

 俳諧では、花は夏の、実は秋の季語です。

花言葉は、あなたを信じます・汚れがない
所縁の日は、7/6・8/2(いずれも誕生花としてOK)

浜万年青(はまおもと)

[←先頭へ]


はま百合

百合(ゆり)

[←先頭へ]


薔薇(ばら) Rosa hybrida.

バラ科バラ属

 フランスでは、贈る花の数にも意味があるそうです。10本以下の花を贈る場合は必ず奇数にすること、感謝の気持ちを表す場合は12本、礼儀・優雅を演出したい場合は24本、愛の告白は36本だそうです。

 俳諧では、「そうび」「しょうび」ともいい、ともに夏の季語です。

 バラにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

バラ全体の花言葉は、愛・美・嫉妬・あなたを尊敬します・愛情・美・温かい心・照り映える容色・私はあなたにふさわしい・内気な恥ずかしさ・恋
     所縁の日は、5/7・6/4・6/19・7/15・7/23(全て誕生花としてOK)
 
バラ(白)の花言葉は、あなたを尊敬する・私はあなたにふさわしい・尊敬
      所縁の日は、7/17・7/19(7/19を除いて誕生花としてOK)
バラ(赤)の花言葉は、愛情・熱烈な恋
      所縁の日は、5/28・6/19(いずれも誕生花としてOK)
バラ(黄)の花言葉は、愛情の減退・やきもち・嫉妬・君のすべてが可憐・美
      所縁の日は、6/7・7/21・7/29(全て誕生花としてOK)
バラ(桃)の花言葉は、一時の感銘・わが心君のみが知る・温かい心・満足・輝かしい・愛を待つ
      所縁の日は6/1・6/4(いずれも誕生花としてOK)
バラ(淡紫)の花言葉は、気まぐれな美しさ
バラ(薄橙)の花言葉は、無邪気・爽やか
バラ(濃い赤)の花言葉は、内気な恥じらい
バラ(ベージュ)の花言葉は、成熟した愛
バラ(帯紅)の花言葉は、私を射止めて
       所縁の日は、6/1(誕生花としての記述なし)
バラ(淡色)の花言葉は、美少女
バラ(赤に白斑)の花言葉は、戦争・いさかい

バラ(しおれた赤バラ)の花言葉は、はかない
バラ(しおれた白バラ)の花言葉は、束の間の印象
バラ(枯れた白バラ)の花言葉は、潔白を失ったために死を望む                
バラ(婚礼の生花)の花言葉は、幸福な愛
バラ(一重咲き)の花言葉は、淡白・単純・素朴・純真
バラ(一重咲きの白バラ)の花言葉は、素朴・純粋
             所縁の日は、6/17(誕生花としての記述なし)
バラ(八重咲き)の花言葉は、心の誇り・プライド・優美
バラ(日本種の白バラ)の花言葉は、美しさはあなたの唯一の魅力です。

バラ(つぼみ)の花言葉は、恋の告白
バラ(白いつぼみ)の花言葉は、少女時代・愛するには若すぎる
バラ(白バラのつぼみ)の花言葉は、心にもない恋
バラ(赤いつぼみ)の花言葉は、純粋と愛らしさ
バラ(苔バラのつぼみ)の花言葉は、恋の告白
バラ(とげばらのつぼみ)の花言葉は、飾り気のない心
バラ(白バラと赤バラの花束)の花言葉は、調和
バラ(満開の花)の花言葉は、秘密
バラ(満開の花とつぼみ2つ)の花言葉は、秘密
バラ(3つのつぼみの上に満開のバラ)の花言葉は、お互いに永遠に秘密にしておこう
バラ(草束にバラ1輪)の花言葉は、何でも望む物を友達から受けることができる
バラ(折れた白バラ)の花言葉は、純潔を失い死を望む

バラ(トゲのないバラの株)の花言葉は、初恋・少女の愛情
バラ(野生のバラの株)の花言葉は、孤独または素朴な美           
バラ(葉)の花言葉は、あなたは希望を持ち得る
バラ(赤バラの葉)の花言葉は、無垢の美・貴方の幸福を祈る
バラ(花冠)の花言葉は、報徳・美徳の報酬
バラ(皮)の花言葉は、貴方の不快が私を悩ます
バラ(とげ)の花言葉は、不幸中の幸い
                
バラ(アールスメールゴールド)の花言葉は、何をしても可愛らしい・希望
バラ(アスパイヤー)の花言葉は、内気なあなた
バラ(アタッシェ)の花言葉は、一時の感銘
バラ(アップルティー)の花言葉は、愛らしい乙女ごころ
バラ(アメジスト)の花言葉は、特別の功績
バラ(アモーレ)の花言葉は、独立心
バラ(イエロードット)の花言葉は、君を忘れない
バラ(イエローユニーク)の花言葉は、君のすべてが可憐
バラ(イシス)の花言葉は、女神
バラ(エグランタイン(野バラ))の花言葉は、詩・痛手の回復
バラ(エスキモー)の花言葉は、感謝の気持ち
バラ(エスタースプレイ)の花言葉は、愛情
バラ(エリザ)の花言葉は、大恋愛
バラ(オーストラリアン)の花言葉は、あなたは愛すべきもののすべてです・芸術は愛
             所縁の日は、7/15(誕生花としての記述なし)
バラ(オーバーナイトセンセーション)の花言葉は、平和な未来
バラ(オレンジデュカット)の花言葉は、恋愛の達人
バラ(カーディナル)の花言葉は、思いのまま
バラ(カラメラ)の花言葉は、普遍的な愛
バラ(カリプラ)の花言葉は、燃え上がる恋
バラ(カロライナ)の花言葉は、恋は危険です
バラ(カンパニオン)の花言葉は、私の愛を受けるのみ 
バラ(キャベージ)の花言葉は、愛の使節
バラ(グェルダー)の花言葉は、冬・年
バラ(クリーミーピンク)の花言葉は、輝かしい
バラ(クリスマス)の花言葉は、不安をしずめる
バラ(ゴールデンゲート)の花言葉は、容姿端麗
バラ(サープライズ)の花言葉は、初デート
バラ(さくら)の花言葉は、プライドの高い人
バラ(サターン)の花言葉は、信頼
バラ(サフィーア)の花言葉は、淡い思い出
バラ(サフィーヤ)の花言葉は、愛情
バラ(ザ・スィー)の花言葉は、甘い関係
バラ(サリー)の花言葉は、無邪気・爽やか・魔法のような…
バラ(ジェルファルレイ)の花言葉は、悠悠自適
バラ(シフォン)の花言葉は、新鮮・斬新
バラ(シャネル)の花言葉は、美人薄命
バラ(シンフォニー)の花言葉は、逃げない
バラ(スイートネス)の花言葉は、輝かしい
バラ(スイートハニー)の花言葉は、寛大
バラ(スウィートユニーク)の花言葉は、わが心君のみが知る
バラ(スターライト)の花言葉は、終わりなき戦い
バラ(ソールネス)の花言葉は、はじめの愛情
バラ(ソニア)の花言葉は、私を射止めて
バラ(ダマスク)の花言葉は、照り映える容色・輝かしい表情・美しい姿
         所縁の日は、6/4(誕生花としての記述なし)
バラ(チャーミング)の花言葉は、離さない
バラ(ヂュオユニーク)の花言葉は、一本気
バラ(ヂュカット)の花言葉は、行動力
バラ(チャイナ、ベンガル)の花言葉は、常に新しい美
バラ(ディープ・レッド)の花言葉は、内気な恥じらい
バラ(ティネケ)の花言葉は、私はあなたにふさわしい・尊敬
バラ(デイリー)の花言葉は、楽しみと苦痛
バラ(テネシー)の花言葉は、愛嬌
バラ(デュカット)の花言葉は、友情・愛の告白
バラ(デリーラ)の花言葉は、気まぐれな人・気まぐれな美しさ
バラ(テレサ)の花言葉は、笑いを呼ぶ人・あなたを尊敬します
バラ(ドッグ)の花言葉は、あなたの微笑を熱望する
バラ(トロピカルアマゾン)の花言葉は、正義・誠実
バラ(ドロレス)の花言葉は、献身的な愛
バラ(ニコル)の花言葉は、魅力
バラ(ニューハーフ)の花言葉は、希望がかなう
バラ(ニューミラクル)の花言葉は、勇気
バラ(ノブレス)の花言葉は、温かい心・満足・感謝
バラ(バーガンディ)の花言葉は、無意識の美
バラ(パステルクリーミー)の花言葉は、愛を待つ
バラ(ハニーホワイト)の花言葉は、努力の人
バラ(パリジェンヌ)の花言葉は、気位の高い人
バラ(パレオ90)の花言葉は、無償の愛・美・慈愛
バラ(バレリーナ)の花言葉は、やんちゃ
バラ(ハンドレッド・リーブド)の花言葉は、誇り・自慢
バラ(ビアンカ)の花言葉は、お山の大将
バラ(ピノキオ)の花言葉は、空想の世界へ
バラ(ビビアン)の花言葉は、あなたに夢中
バラ(ファイヤーボール)の花言葉は、明朗
バラ(ブライアーローズ)の花言葉は、楽しみと苦痛
             所縁の日は、10/27(誕生花としての記述なし)
バラ(ブライダル)の花言葉は、幸福な愛
バラ(ブライダルピンク)の花言葉は、愛してる
バラ(ブラックティー)の花言葉は、恥ずかしげな
バラ(フリスコ)の花言葉は、人生の転換期
バラ(プリティーウーマン)の花言葉は、かわいい人
バラ(ブルーキュリオーサ)の花言葉は、都会の恋
バラ(フレアー)の花言葉は、無垢
バラ(マイデン・ブラッシュ)の花言葉は、あなたが私を愛するならば、その効き目があります
バラ(マスク(麝香))の花言葉は、移り気な美
バラ(マスク・クルスター)の花言葉は、チャーミング
バラ(マッシャル・ニエル)の花言葉は、心臓も魂もあなたのものです
バラ(マダム・ビオレ)の花言葉は、背徳
バラ(マニッシュ)の花言葉は、キューピット・愛情いっぱい
バラ(マリアンナ)の花言葉は、あきらめない
バラ(ミーディン・ブラッシュ・ローズ)の花言葉は、我が心、君のみぞ知る
バラ(ムルチフロラ)の花言葉は、恩恵
バラ(ムンディ)の花言葉は、変化
バラ(ユニーク)の花言葉は、私を美しくないと言わないで下さい
バラ(ヨーク・アンド・ランカスター)の花言葉は、戦い・戦争
                   所縁の日は、7/23(誕生花としての記述なし)
バラ(ラブリーレディア)の花言葉は、可愛らしい人
バラ(ルレット)の花言葉は、青春の輝き
バラ(レーザー)の花言葉は、気まぐれな恋
バラ(レオニダス)の花言葉は、あふれる情熱
バラ(ローズユミ)の花言葉は、豊かな想像力
バラ(ローテローザ)の花言葉は、熱烈な恋
バラ(ローテローゼ)の花言葉は、美・愛情
バラ(ロジータベンデラ)の花言葉は、甘い恋心を呼び覚まして!
バラ(ロディオ)の花言葉は、円熟した愛
バラ(ロマンティックキュリオーサ)の花言葉は、感激
バラ(ワイルド)の花言葉は、魅力のある素朴
バラ(苔バラ)の花言葉は、特別の功績・愛の告白・尊敬・崇拝
        所縁の日は、7/18・10/16(10/16を除いて誕生花としてOK)
バラ(苔バラのつぼみ)の花言葉は、愛の告白
                       
フランスの花ことばは少し違います。国によって違う例として載せておきます。
フランスのバラ(全体)の花言葉は、無邪気・爽やか・清新                              (白)の花言葉は、純潔・柔軟・怠惰
       (しおれた白バラ)の花言葉は、純潔をなくすくらいなら死んだ方がましです
       (黄)の花言葉は、恥・誠意のないこと
       (ポンポン)の花言葉は、綺麗・やさしい
       (雑色)の花言葉は、裏切られた愛
       (麝香)の花言葉は、気まぐれ・気まぐれな美しさ
       (苔バラ)の花言葉は、快楽・あなたが現れるとわたしは快楽に酔う
       (ベンガル)の花言葉は、完全な信頼
       (四季咲き)の花言葉は、いつみても優美です・輝かしい通りすがりの美しさ
       (トゲのないバラ)の花言葉は、誠実な友情
       (トゲのない満開のバラ)の花言葉は、人をひきつける美しさ
       (つぼみ)の花言葉は、処女
       (トゲのついた満開のバラ)の花言葉は、結婚
       (トゲのないつぼみ)の花言葉は、恋を知らない心・私はあなたを愛する
       (トゲのついたつぼみ)の花言葉は、心配の混じった恋の希望

プリンスホテルのクッキー缶

[←先頭へ]


薔薇樅(ばらもみ)

針樅(はりもみ)

[←先頭へ]


葉蘭(はらん) Aspidistra elatior

ユリ科ハラン(アスピディストラ)属

 かたつむり(蝸牛)やナメクジによって花粉が運ばれる蝸牛媒花(かぎゅうばいか)です。
 観葉植物として庭園に植えられます。葉は生花の材料や料理を盛るのに用いられます。

花言葉は、平癒

[←先頭へ]


はりえにしだ Ulex europaeus

マメ科

花言葉は、変わらぬ愛情・怒り・耐える愛・四季を通じての愛
所縁の日は、4/8(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


針槐樹(はりえんじゅ) Robinia pseudo-acasia L.

マメ科

 属名は、パリの園芸家ロビンが1600年にこの木をアメリカから輸入し、息子がヨーロッパに広めたのを記念してつけられました。
 別名、ニセアカシア。
 葉は、一つの葉に小葉が奇数枚ついている奇数羽状複葉で、エンジュによく似ています。葉の付け根に鋭いとげがあります。
 最近の街路樹に使われているのは、とげの退化したトゲナシニセアカシアという変種だそうです。

花言葉は、慕情、プラトニックな愛(仏)、友情(英)
所縁の日は、3/28(誕生花としてOK)

ニセアカシア

[←先頭へ]


はりのき

榛木(はんのき)

[←先頭へ]


ハリマツリ

デュランタ

[←先頭へ]


針樅(はりもみ)

マツ科

 別名、ばらもみ。

花言葉は、昇進・高尚

薔薇樅(ばらもみ)

[←先頭へ]


バルーンバイン

風船葛(ふうせんかずら)

[←先頭へ]


春黄金花(はるこがねばな)

山茱萸(さんしゅゆ)

[←先頭へ]


春咲きグラジオラス

花言葉は、のんびりした

[←先頭へ]


春山茶花(はるさざんか)

ツバキ科

 さざんかは常緑の花木で、普通は晩秋から冬にかけて花を咲かせますが、春山茶花といわれるグループは1〜3月頃に開花します。

花言葉は、つつましやかな人

[←先頭へ]


バルサム

鳳仙花(ほうせんか)

[←先頭へ]


春紫苑(はるじおん) Erigeron philadelphicus

キク科ムカシヨモギ属

花言葉は、追想の愛

[←先頭へ]


波斯菊・春車菊(はるしゃぎく) Coreopsis tinctoria

キク科ハルシャギク属

 ハルシャギクはペルシアぎくの意味だそうですが、ペルシアには原産していないそうです。
 別名、コレオプシス・くじゃくそう・じゃのめそう。
 学名のCoreopsisは、果実の形が南京虫に似ているところから、ギリシャ語の「南京虫」を意味する言葉と「似る」を意味する言葉を組み合わせたものとなっています。

 「たばこの煙で花色が変わる」(中山草司著「花ことばミニ事典」(大泉書店)より引用)
 くじゃくそうの花の下から、たばこの煙を近づけると、黄色い花弁が一瞬のうちに美しい緋色に変わります。マジックみたいですが、たばこの煙に含まれるニコチンガスに花弁のフラボン色素が強い反応を起こすものです。ちょっと目をそらしているうちに花色を変えてしまうと、だれでも驚くにちがいありません。

花言葉は、つねに上機嫌・陽気・常に快活・清い心・愉快
所縁の日は、4/13・4/24・7/26(7/26のみ誕生花としてOK)

コレオプシス孔雀草(くじゃくそう)蛇の目草(じゃのめそう)

[←先頭へ]


春蓼(はるたで) Polygonum persicaria

タデ科タデ属

 ハルタデにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、回復

[←先頭へ]


春楡(はるにれ) Ulmus davidiana

ニレ科ニレ属

 ハルニレはアキニレ(秋楡)に対する名前で、春に花が咲くことを示しています。アキニレは秋に花を咲かせます。
 ニレの英名は、エルムです。

花言葉は、威厳

[←先頭へ]


春の七草

芹(せり)・・・・・セリ科
薺(なずな)・・・・アブラナ科
御形(ごぎょう)・・キク科
はこべら・・・・・・ナデシコ科のハコベ
ほとけのざ・・・・・キク科のコオニタビラコ。春の七草では仏の座と呼ばれています。
菘(すずな)・・・・アブラナ科の蕪(かぶ)。春の七草ではスズナと呼ばれています。
清白(すずしろ)・・アブラナ科の大根(だいこん)

[←先頭へ]


バルム

シソ科

 別名、西洋山はっか。

花言葉は、冗談

西洋山薄荷(せいようやまはっか)

[←先頭へ]


春竜胆(はるりんどう)

リンドウ科

花言葉は、高貴

[←先頭へ]


馬鈴薯(ばれいしょ)

じゃがいも

[←先頭へ]


バレリーナツリー

バラ科リンゴ属

 姫リンゴの一種。実は小型ですが生食できます。

花言葉は、一途な心

[←先頭へ]


バレリアン Valeriane officinalis

オミナエシ科

 和名は、西洋鹿子草(せいようかのこそう)。

 人や動物を引き寄せるような独特な匂いがあります。
 ハーメルンの笛吹き男はヴァレリアンを用いたのではないかとも言われています。

花言葉は、気のおけない性質

西洋鹿子草(せいようかのこそう)

[←先頭へ]


バロータ

ヒガンバナ科

 英名は、Scarborough lily。

花言葉は、忍耐

[←先頭へ]


ハンカチの木(はんかちのき) Davidia involucrata Baill

オオギリ科ダヴィディア属

 別名、ダヴィディア、ハトノキ。

 ハンカチの木にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、清潔

ダヴィディアハトノキ

[←先頭へ]


ハンカチの花(はんかちのはな) Mussaenda philippica

アカネ科ムッサエンダ(コンロンカ)属

花言葉は、増すばかりの愛

[←先頭へ]


バンクシア Banksia

ヤマモガシ科バンクシア属

 ドライフラワーになります。

花言葉は、勇気ある恋

[←先頭へ]


半夏生・半化粧(はんげしょう) Saururus chinensis

ドクダミ科サウルラス属

 名前の由来には、夏至の頃に上部の葉が白くなるから半夏生という説や、上部の白い葉と下部の白い葉から半化粧という説などがあります。

花言葉は、内に秘めた情熱

[←先頭へ]


パンジー Viola tricolor

スミレ科スミレ属

 和名は、三色菫(さんしきすみれ)。英名、ワイルド・パンジーwild pansy。

 パンジーにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

パンジー全般の花言葉は、平穏・私を想ってください・物想い・純愛・心の平和
       所縁の日は、2/2・5/25(5/25を除いて誕生花としてOK)
パンジー(紫)の花言葉は、思慮深い・誠実・忠実
パンジー(黄)の花言葉は、思慮深い・つつましい幸せ
パンジー(白)の花言葉は、温順
パンジー(芳香性)の花言葉は、貞淑・慎み深い
パンジー(アプリコット)の花言葉は、天真爛漫
パンジー(コロッサス)の花言葉は、甘えん坊

三色菫(さんしきすみれ)

[←先頭へ]


パンジー・オーキッド

ミルトニア

[←先頭へ]


パンジーゼラニウム

フウロソウ科

花言葉は、あなたを深く尊敬します

[←先頭へ]


半鐘蔓(はんしょうづる)

キンポウゲ科センニンソウ属

花言葉は、心の美しさ

[←先頭へ]


バンダ Vanda

ラン科バンダ属

 着生ランの一種。名前は、この植物が木の枝などに着生し、樹皮から栄養を吸収して育つところから、サンスクリット語で「まとわりつく」を意味するバンダカという言葉に由来しています。

花言葉は、エレガント・身軽
所縁の日は、1/19・11/17(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


万代草(ばんだいそう)

ベンケイソウ科

 和名は、この草がどんな日照でも枯れないところから名付けられました。

花言葉は、快活・陽気な振るまい
所縁の日は、2/6(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


半纏木(はんてんぼく)

百合木(ゆりのき)

[←先頭へ]


パンドレア Pandorea jasminoides

ノウゼンカズラ科パンドレア属

 和名は、ソケイノウゼン、ナンテンソケイ。

花言葉は、飾らない美しさ

素馨凌霄花(そけいのうぜん)南天素馨(なんてんそけい)

[←先頭へ]


半日花(はんにちばな)

シスタス

[←先頭へ]


ハンネマニア Hunnemannia fumariifolia

ケシ科ハンネマニア属

 別名は、チューリップポピー
 英名は、Mexican tulip poppy、golden-cup。

花言葉は、承認

[←先頭へ]


榛木(はんのき) Alnus japonica

カバノキ科ハンノキ属

 別名、ハリノキ。
 俳諧では、花が春の季語です。

 ハンノキにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、荘厳・不屈の心・剛勇
所縁の日は、12/16(誕生花としてOK)

はりのき

[←先頭へ]


パンパスグラス Cortaderia selloana

イネ科シロガネヨシ属

 属名Cortaderiaはアルゼンチンでの呼び名コルタデラ(切断の意)に由来しています。
 種名selloanaはドイツの園芸家で植物採集家のゼローにちなんで名付けられました。
 別名、しろがねよし。

花言葉は、光輝・人気
所縁の日は、8/9・11/25(いずれも誕生花としてOK)

白銀葦(しろがねよし)

[←先頭へ]


パンヤ

カポック 1

[←先頭へ]


ビー・オーキッド Ophrys apifera

ラン科オフリス属

 英名、bee orchid。

花言葉は、過ち、勤勉

[←先頭へ]


ヒース

蛇の目(じゃのめ)エリカエリカ

[←先頭へ]


ピーマン Capsicum annuum L. var. grossum Sendt.

ナス科

 和名は、トウガラシを意味するフランス語のpimentに由来しています。

花言葉は、海の恵み

[←先頭へ]


風信子(ヒアシンス) Hyacinthus

ユリ科ヒアシンス属

 学名のヒアシンスは、ギリシャ神話の、スパルタの王子ヒアキントスに由来しています。
 学名の読み方の違いからヒヤシンスとも呼ばれます。
 和名として「風信子」とか「飛信子」と、ヒアシンスをもじった漢名で呼ばれていました。

 ヒアシンスは球根から栽培するのが普通です。花が枯れた後そのままにしておくと種ができますが、その種を蒔いて育てると、花が咲くまでに6年以上もかかるそうです。

 俳諧では、「風信子(ふうしんし)」「夜香蘭」とも呼ばれ、ともに春の季語です。

 ヒヤシンスにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ヒアシンス全般の花言葉は、スポーツ・遊戯・悲哀・遊び・ひかえめな愛
        所縁の日は、4/11
ヒアシンス(黄)の花言葉は、あなたとなら幸せになれる・勝負
         所縁の日は、1/16
ヒアシンス(桃)の花言葉は、私は悲しい・嫉妬
ヒアシンス(淡桃)の花言葉は、スポーツ
ヒアシンス(青)の花言葉は、変わらない愛情
ヒアシンス(紫)の花言葉は、遊び・私は悲しい
         所縁の日は、1/13
ヒアシンス(赤)の花言葉は、嫉妬・遊び心
         所縁の日は、1/7
ヒアシンス(白)の花言葉は、しとやかな愛らしさ・悲哀・心静かな愛・目立たない愛らしさ
         所縁の日は、1/2・1/4・1/26
ヒアシンス(紫藍)の花言葉は、競技・遊び・悲哀

1/13以外誕生花としてOK

ヒヤシンス

[←先頭へ]


柊(ひいらぎ) Osmanthus heterophyllus P.S. Green

モクセイ科モクセイ(オスマンサス)属

 節分の日に鰯の頭を枝葉に挿して門口に飾り、魔除けにする事で有名です。
 ある村に迷い込んだ空腹の鬼が、鰯のにおいのする家の中を見ようとして、入り口にあった柊の葉の鋭い刺に刺されてて逃げ出したという話から生まれた習慣だそうです。
 その柊の葉ですが、50年〜100年と歳をとるに従って鋭い鋸歯が円くなっていくそうです。悪魔除けの霊験があるのは若木のうちだけなのでしょうか?

 西洋ひいらぎと同じように葉に刺がありますが、西洋ひいらぎ(クリスマス・ホーリー)の特徴である、あの赤い実は付けず、柊の実は黒系です。葉の形は似ていても、日本のひいらぎはモクセイ科、西洋ひいらぎはモチノキ科の植物です。

 漢字で柊と書きますが、正しくは疼痛木だそうで、疼はひいらぐ、痛むという意味があり、葉の刺に触れると疼痛を起こすことからの命名だそうです。

 俳諧では、秋の季語とする説と冬の季語とする説があります。

 柊にまつわるお話については、「花物語」を参照してください。

花言葉は、機智・剛直・先見・用心
所縁の日は、2/3・11/8(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ひいらぎかし

りん木(りんぼく)

[←先頭へ]


柊南天(ひいらぎなんてん) Mahonia japonica DC.

メギ科

 和名は、鋸歯のある葉がナンテンに似ているところから名付けられました。
 属名は、19世紀のアメリカの植物学者マホンにちなんでいます。

花言葉は、激しい感情

[←先頭へ]


柊黐(ひいらぎもち)

モチノキ科

柊黐(実)の花言葉は、清廉

ホーリー

[←先頭へ]


飛燕草(ひえんそう)

キンポウゲ科ヒエンソウ(デルフィニウム)属

 別名、ラークスパー。

 俳諧では、「千鳥草(ちどりそう)」ともいい、ともに夏の季語です。

ひえん草全般の花言葉は、自由・軽快・野の喜び・高貴・尊大・清明
       所縁の日は、4/19・5/21(いずれも誕生花としてOK)
ひえん草(桃)の花言葉は、気まぐれ
ひえん草(紫)の花言葉は、傲慢
ひえん草(青)の花言葉は、高慢
ひえん草(赤・白・緑・紫・黄)の花言葉は、清明・慈悲
ひえん草(淡色)の花言葉は、気まぐれ・浮気者
ひえん草(ブルースプレー)の花言葉は、軽やかさ

ブルースプレー千鳥草(ちどりそう)ラークスパー

[←先頭へ]


檜扇・桧扇(ひおうぎ) Belamcanda chinensis

アヤメ科ヒオウギ属

 別名、烏扇(からすおうぎ)。英名、ブラック・ベリー・リリー。

 葉が、公家の持っていた桧扇を広げたように見えるところから名付けられました。この花の種子は艶のある黒色で烏羽玉(うばだま)、野羽玉(ぬばたま)と呼ばれ、和歌の黒い色に掛かる枕詞になっています。別名や英名は、この種子から名付けられたと思われます。

花言葉は、誠実
所縁の日は、8/25(誕生花としてOK)

ブラック・ベリー・リリー烏扇(からすおうぎ)ヘリコニア

[←先頭へ]


檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)

アヤメ科アヤメ属

 花がアヤメに、葉がヒオウギに似ているところから名付けられました。
 文仁親王妃紀子様のお印の花です。

花言葉は、伝統

[←先頭へ]


檜扇水仙(ひおうぎすいせん) Crocosmia aurea

ワットソニア

[←先頭へ]


ビオラ

スミレ科スミレ属

 小型のパンジーのような花です。

ビオラ全般の花言葉は、私を想って下さい
ビオラ(ペニーオレンジ)の花言葉は、努力の勝利
ビオラ(ライトブルー&ホワイト)の花言葉は、リーダーシップ
ビオラ(ライラックアイス)の花言葉は、いたわりの心

[←先頭へ]


日陰雪の下(ひかげゆきのした)

花言葉は、気楽

[←先頭へ]


彼岸桜(ひがんざくら) Prunus subhirtella Miq.

バラ科

 桜の中でも早く咲く品種で、彼岸頃に咲くので名付けられました。枝垂桜は彼岸桜の垂れたものです。

花言葉は、精神美・優れた美人
所縁の日は、2/21(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


彼岸花・石蒜(ひがんばな) Lycoris radiata

ヒガンバナ科リコリス(ヒガンバナ)属

 彼岸花は夏から秋にかけて、先ず花茎が伸びて花が咲き、それから葉が出てくるというおもしろい性質を持っています。古い時代に中国から渡来してきた植物です。
 彼岸花以外に、曼珠沙華(マンジュシャゲ)・死人花シビトバナ(シニビトバナ)・幽霊花(ユウレイバナ)・ステゴバナ・テンガイバナ等と各地で色々な呼び名があるようです。あまりいい意味の名前がないのは、昔中国で、葉と花を同時につけないものを嫌う習慣があり、それが花とともに日本に伝わって来たからだそうです。

 特に曼珠沙華という名は、赤い花を意味する梵語(赤い花が天から降る慶事の兆しという仏教の経典による)で、葉が出ないうちに先ず花を咲かせるという「先ず咲き」を仏教と結びつけ、法華経の「摩訶まんだらげ曼陀羅華まんじゅしゃげ曼珠沙華」から文字をあてたそうです。

 英語では、spider lily(蜘蛛百合)と呼んでいます。

 山口百恵という名の引退した歌手が「マンジューシャカ、マンジューシャカ」と歌っていたような…
 
 ヒガンバナは有毒植物で、ネズミなどの害を防ぐため、お墓の周りや、田圃の畔に植えられたそうです。アルカロイドの一種であるリコリンを含むので、食べると吐き気、下痢をおこします。ただし、薬草としての効果もあり、茎を乾燥し、すりおろしたものを患部に張り、肩こりや膝関節などの水腫れをとる事に利用されます。鎮咳作用もあるそうです。

 デンプンの含量が高く、昔は水洗いして毒を除いてから食用としたそうです。中国から渡来した理由は、縄文時代に、飢饉の時に使う救慌植物だったからだと考えられています。

 ヒガンバナはおしべの花粉に問題(3倍体)があるため、基本的に種子をつくりません。

 ヒバンバナにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、悲しき思い出・恐怖・陽気な気分・再会
所縁の日は、9/20 9/23 (誕生花としてOK)

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

[←先頭へ]


緋桐(ひぎり)

クマツヅラ科

花言葉は、幸せになりなさい

[←先頭へ]


ピグミーランタン

ミカン科

花言葉は、的確

ボロニア

[←先頭へ]


ひぐるまぎく

チトニア

[←先頭へ]


髭撫子(ひげなでしこ) Dianthus barbatus L.

ナデシコ科ナデシコ属

 和名は、萼の下にひげ状の小苞があるところから名付けられました。
 別名、美女撫子(びじょなでしこ)。

花言葉は、器用・ていねい・義侠・細やかな思い・伊達男・勇敢・鋭敏、機敏・巧妙(英)
所縁の日は、5/31・6/10・6/11(全て誕生花としてOK)

美女撫子(びじょなでしこ)

[←先頭へ]


肥後菫(ひごすみれ) Viola chaerophylloides f. sieboldiana

スミレ科スミレ属

 葉が深く裂けているのが特徴です。

花言葉は、つのる思い・努力

菫(すみれ)

[←先頭へ]


平江帯(ひごたい)

 別名、エキノプス。

花言葉は、鋭敏

エキノプス

[←先頭へ]


緋衣草(ひごろもそう) Salvia splendens Ker

サルビア

[←先頭へ]


美女桜(びじょざくら)

クマツヅラ科バーベナ属

美女桜全般の花言葉は、誘惑されますよ
美女桜(白)の花言葉は、私の向上に御力添え下さい
美女桜(淡紅)の花言葉は、一家団欒
美女桜(濃紅)の花言葉は、団結いたしましょう

バーベナ

[←先頭へ]


美女撫子(びじょなでしこ)

美女ナデシコ全般の花言葉は、純粋な愛情
美女ナデシコ(赤)の花言葉は、長く続く愛情

髭撫子(ひげなでしこ)

[←先頭へ]


ビスカリア Lychnis coelirosa

ナデシコ科ビスカリア属

 和名は、コムギセンノウ、ウメナデシコなど。

花言葉は、熱心

[←先頭へ]


ヒソップ Hyssopus officinalis

シソ科ヤナギハッカ属

 和名は、やなぎはっか。
 ヒソップの語源は、ヘブライ語で「聖なる草」を表す言葉だそうです。

 ヒソップにまつわるお話については「花物語」を参照してください。

花言葉は、清潔

柳薄荷(やなぎはっか)

[←先頭へ]


ヒッペアストラム

アマリリス

[←先頭へ]


日照草(ひでりそう)

ポーチュラカ松葉牡丹(まつばぼたん)

[←先頭へ]


ビデンス Bidens leavis

キク科ビデンス属

 別名、きくざきせんだんぐさ、ウィンターコスモス。

花言葉は、忍耐

ウィンターコスモス

[←先頭へ]


ひとえぐさ

ヒトエグサ科ヒトエグサ属の海藻?

花言葉は、永久

[←先頭へ]


一人静(ひとりしずか) Chloranthus japonicus Sieb.

センリョウ科

 和名は、フタリシズカに似ていて花穂が1本のため、また、シズカは静御前にちなんで名付けられました。
 俳諧では、「吉野静」「眉掃草」ともいい、春の季語です。

 ヒトリシズカにまつわるお話は「花物語」を参照してください。

花言葉は、隠された美・愛にこたえて
所縁の日は、1/9(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


雛桔梗(ひなぎきょう) Wahlenbergia marginata

キキョウ科ヒナギキョウ属

 別名、ワーレンベルギア。
 属名Wahlenbergiaは、スウェーデンの植物学者ヴァーレンベルグG. Wahlenbergにちなんで名付けられました。

花言葉は、少女の媚び

ワーレンベルギア

[←先頭へ]


雛菊(ひなぎく)

デージー

[←先頭へ]


雛罌粟(ひなげし) palaver nudicaule L.

ケシ科

 別名、ポピー・虞美人草。

 ひなげし(虞美人草)にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、七色の愛・慰め・乙女らしさ・感謝
所縁の日は、2/23・8/3(いずれも誕生花としてOK)
シベリアンひなげしの花言葉は、慰め

ポピー虞美人草(ぐびじんそう)

[←先頭へ]


緋合歓(ひねむ)

カリアンドラ

[←先頭へ]


檜(ひのき) Chamaecyparis obtusa

ヒノキ科ヒノキ属

ひのきにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、不死・不滅
所縁の日は、12/31(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


檜葉(ひば)

翌檜(あすなろ)

[←先頭へ]


ビバーナム Viburnum opulus

スイカズラ科ガマズミ属

花言葉は、落胆

[←先頭へ]


ビバーナムティナス

スイカズラ科ガマズミ属

花言葉は、さわやかな恋

[←先頭へ]


ヒペリカム Hypericum

オトギリソウ科ヒペリカム属

 和名は、びようやなぎ。

花言葉は、きらめき

美容柳・未容柳(びようやなぎ)

[←先頭へ]


ヒベルティア

ビワモドキ科

花言葉は、無邪気

[←先頭へ]


ヒポエステス Hypoestes

キツネノマゴ科ヒポエステス属

花言葉は、全ての人々への優しさ

[←先頭へ]


ヒポシルタ Nematanthus spp.

イワタバコ科ネマタンサス属

 ネマタンサス属とヒポシルタ属は1973年に合併されました。
 別名、ネマタンサス、キンギョノキ。

花言葉は、敬慕

ネマタンサス

[←先頭へ]


ヒマラヤ杉 Cedrus deodara Loud.

マツ科

 ヒマラヤシーダーともいいます。

花言葉は、強さ・あなたのために生きる
所縁の日は、2/15・9/27・9/30(2/15のみ誕生花としてOK)

杉(すぎ)

[←先頭へ]


ヒマラヤ山法師(やまぼうし) Benthamida capitata

ミズキ科ベンタミダ属

花言葉は、安心感

[←先頭へ]


ヒマラヤ雪の下(ゆきのした)

ユキノシタ科

花言葉は、秘めた感情

ベルゲニア

[←先頭へ]


向日葵(ひまわり) Helianthus

キク科ヘリアンサス属

 別名には、日車(ひぐるま)、日輪草(にちりんそう)、天竺葵(てんじくあおい)等があります。 
 ひまわりはコロンブスの新大陸発見後、中米からヨーロッパに伝えられました。
 ひまわりは、ロシアの国花でした。

 ひまわりにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ひまわり全般の花言葉は、あこがれ・熱愛・あなたを見つめる・愛慕・光輝・敬慕・敬老の日・情熱・輝き
       所縁の日は、7/6・7/9・8/15・8/22(全て誕生花としてOK)
ひまわり(白)の花言葉は、程よき恋愛
ひまわり(紫)の花言葉は、悲哀
ひまわり(小輪)の花言葉は、光輝・愛慕
ひまわり(大輪)の花言葉は、偽りの富、にせ金持ち
ひまわり(黄の大輪)の花言葉は、にせ金持ち・憧れ
ひまわり(長性)の花言葉は、高慢・傲慢・光輝
ひまわり(矮性)の花言葉は、敬慕・崇拝・憧れ
ひまわり(イタリアンホワイト)の花言葉は、あなたを思い続けます
ひまわり(ココア)の花言葉は、冷静な判断
わまわり(サマーチャイルド)の花言葉は、元気な子供
ひまわり(サンリッチオレンジ)の花言葉は、未来をみつめて
ひまわり(サンリッチレモン)の花言葉は、願望
ひまわり(ソニア)の花言葉は、太陽の恵み
ひまわり(東北八重)の花言葉は、活気がある
ひまわり(のぞみ)の花言葉は、自由な愛
ひまわり(フロリスタン)の花言葉は、負けない
ひまわり(モネのひまわり)の花言葉は、人情

[←先頭へ]


姫アンスリウム

花言葉は、粋で可愛い

[←先頭へ]


姫茴香(ひめういきょう)

キャラウェイ

[←先頭へ]


姫空木・姫卯木(ひめうつぎ) Deutzia gracilis

ユキノシタ科ウツギ属

花言葉は、秘密

[←先頭へ]


姫踊子草(ひめおどりこそう)

花言葉は、愛嬌

[←先頭へ]


姫菊芋(ひめきくいも)

[←先頭へ]


姫金魚草(ひめきんぎょそう) Linaria

リナリア

[←先頭へ]


姫コスモス(ひめこすもす)

ブラキカム

[←先頭へ]


姫早百合(ひめさゆり) Lilium rubellum Baker

ユリ科ユリ属

花言葉は、飾らぬ美・純潔

百合(ゆり)

[←先頭へ]


姫紫苑(ひめじおん)

キク科

花言葉は、清らかな愛

[←先頭へ]


姫射干(ひめしゃが)

花言葉は、悲しみ

[←先頭へ]


姫沙羅(ひめしゃら) Stewartia monadelpha

ツバキ科ナツツバキ属

花言葉は、得をする

[←先頭へ]


姫釣鐘柳(ひめつりがねやなぎ)

ペンステモン

[←先頭へ]


姫蔓蕎麦(ひめつるそば)

タデ科

花言葉は、愛らしい・気がきく

[←先頭へ]


ひめつるにちにちそう

ペリウィンクル

[←先頭へ]


ヒメノカリス Hymenocallis

ヒガンバナ科ヒメノカリス属

 英名、スパイダーリリー。
 学名のHymenocallisは、ギリシャ語で「膜」を意味する言葉と「美しい」を意味する言葉を組み合わせたものです。

花言葉は、虚勢

スパイダーリリー

[←先頭へ]


姫野牡丹(ひめのぼたん) Heterocentron elegans

ノボタン科ヒメノボタン属

花言葉は、優雅

[←先頭へ]


姫萩(ひめはぎ)

ヒメハギ科

花言葉は、隠者・隠者・信じる恋
所縁の日は、4/28(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


姫花忍(ひめはなしのぶ)

ギリア

[←先頭へ]


姫柊(ひめひいらぎ) Leiognathus elongatus

モチノキ科モチノキ属

花言葉は、あなたを守る

[←先頭へ]


姫檜扇水仙(ひめひおうぎすいせん) Tritonia crocosmaeflora

アヤメ科

 別名、モントブレチア。

花言葉は、心配

モントブレチア

[←先頭へ]


姫向日葵(ひめひまわり)

姫ひまわりの花言葉は、愛慕う心
姫ひまわり(ゴールデンピラミッド)の花言葉は、輝かしい未来
姫ひまわり(陽光)の花言葉は、涙もろい人

ヘリアンサス

[←先頭へ]


姫百合(ひめゆり) Lilium concolor Salisb. var. partheneioni Bak.

ユリ科

 英名、Star lily。

花言葉は、変わらぬ愛らしさ・可憐な愛情

百合(ゆり)

[←先頭へ]


姫林檎(ひめりんご)

バラ科リンゴ属

花言葉は、名声

[←先頭へ]


ピメレア Pimelea

ジンチョウゲ科ピメレア属

花言葉は、早熟・愛の芽生え・喜びをください

[←先頭へ]


紐鶏頭(ひもげいとう) Amaranthus caudatus

ヒユ科

 英名、love-lies-bleeding。

花言葉は、私はあなたのために赤面します・心配御無用・不死・不滅・変わり者・希望はないが情けがないわけではない
所縁の日は、9/20・9/28(いずれも誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


紐仙人掌(ひもサボテン)

金紐(きんひも)

[←先頭へ]


柏槇(びゃくしん)

伊吹(いぶき)

[←先頭へ]


白檀(びゃくだん) Santalum album L.

サンダルウッド

[←先頭へ]


百日草(ひゃくにちそう) Zinnia elegans

キク科ジニア(ヒャクニチソウ)属

 属名Zinniaは、この花の発見者のジンにちなんで名付けられました。
 和名は、花の寿命が長く、夏の間花を咲かせ続けるところから名付けられました。
 別名、ジニア。

花言葉は、遠くの友を思う・別れた友への思い・幸福、不在の友を思う(英)、注意を忘れずに(仏)
所縁の日は、8/6・12/22・12/29(12/29を除いて誕生花としてOK)

ジニア

[←先頭へ]


百里香(ひゃくりこう)

タイム

[←先頭へ]


ヒヤシンス

風信子(ヒアシンス)

[←先頭へ]


日向水木(ひゅうがみずき) Corylopsis pauciflora

マンサク科トサミズキ属

花言葉は、思いやり

[←先頭へ]


瓢箪(ひょうたん) Lagenaria sicerarita

ウリ科ラゲナリア属

 和名は、「瓢」はひさご、「箪」は竹製で目のつまったかごのことで、果実を容器として用いるところから名づけられました。

 ひょうたんにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、繁栄・利得・夢・かさばり・ふくらみ
所縁の日は、7/31・9/3(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


瓢箪草(ひょうたんそう)

釣浮草(つりうきそう)フクシア

[←先頭へ]


美容柳・未容柳(びようやなぎ) Hypericum chinense

オトギリソウ科オトギリソウ属

 別名、ヒペリカム。

 俳諧では、「金糸桃(きんしとう)」「未央柳」ともいい、夏の季語です。

 ビヨウヤナギにまつわるお話については、「花物語」を参照してください。

びようやなぎ全般の花言葉は、有用・薬用
      所縁の日は、6/30(誕生花としてOK)
びようやなぎ(黄)の花言葉は、辛い

ヒペリカム

[←先頭へ]


非沃斯(ひよす) Hyoscyamus niger

ナス科

花言葉は、不完全

[←先頭へ]


鵯上戸(ひよどりじょうご) Solanum lyratum Thunb.

ナス科

 この植物の赤い果実をヒヨドリが好んで食べると思われることから名付けられました。猛毒(神経毒)のある果実を食べるのはヒヨドリくらいだろうと名付けられたという説もあります。

花言葉は、真実

[←先頭へ]


鵯花(ひよどりばな) Eupatorium chinense

キク科

 和名の由来には、ヒヨドリが鳴く頃に咲くからという説や、葉をヒヨドリの翼に見たてたという説があります。

花言葉は、期待・延期・清楚
所縁の日は、9/23・11/6・11/11(11/11を除いて誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ピラカンサ Pyracantha angustifolia Schneid.

バラ科ピラカンサ属

 和名は、ときわさんざし、たちばなもどき。

花言葉は、傷つけないで・慈悲

常磐山査子(ときわさんざし)

[←先頭へ]


ピラミッド紫陽花(あじさい) Hydrangea paniculata

ユキノシタ科ハイドランジア(アジサイ)属

 ノリウツギの別名。お花屋さんでは、この名前で呼ばれることもあります。

花言葉は、同士

糊空木(のりうつぎ)紫陽花(あじさい)

[←先頭へ]


ビリーボタン

花言葉は、永遠の幸福

[←先頭へ]


昼顔(ひるがお) Calystegia japonica Choisy

ヒルガオ科

 俳諧では夏の季語です。

 昼顔にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

昼顔全般の花言葉は、和やかさ・絆・拘束する
     所縁の日は、7/17(誕生花としてOK)
昼顔(桃)の花言葉は、優しい愛情・絆・賢くて優しい情愛
      所縁の日は、6/25(誕生花としての記述なし)
昼顔(淡紅)の花言葉は、きずな・交諠
昼顔(青(小輪))の花言葉は、休息・夜
昼顔(青(大輪))の花言葉は、失望

[←先頭へ]


昼咲月見草(ひるざきつきみそう)

エノテラ

[←先頭へ]


ヒルベリー

花言葉は、反抗心

[←先頭へ]


ピレア Pilea

イラクサ科ピレア(ミズ)属

花言葉は、少女の恥じらい・救われる人々

[←先頭へ]


ピレスラム

キク科

 別名、除虫菊。

花言葉は、忍ぶ恋

[←先頭へ]


鰭玻璃草(ひれはりそう)

コンフリー

[←先頭へ]


ビロードアオイ

アオイ科

花言葉は、情深い・慈悲
所縁の日は、2/22(誕生花としての記述なし)

マシュマロウ

[←先頭へ]


天鵞絨毛蕊花(ビロードもうずいか) Verbascum thapsus

ゴマノハグサ科

 別名、にわたばこ。英名、マレイン。

花言葉は、すべてのものをあなたに捧げる

マレインにわたばこ

[←先頭へ]


広葉の連理草(ひろはのれんりそう) Lathyrus latifolius

マメ科

 英名、Broad-leaved everlasting pea。別名、宿根スイートピー。

花言葉は、面会を取りつけなさい

宿根(しゅっこん)スイートピー

[←先頭へ]


広葉花簪(ひろははなかんざし)

ローダンセ

[←先頭へ]


ひろははなやすり Ophioglossum vulgatum

ハナヤスリ科

 英名、adderstongue、adder's spear、Christ's spear。

花言葉は、嫉妬

[←先頭へ]


広葉向日葵(ひろはひまわり)

チトニア

[←先頭へ]


広葉昼顔(ひろはひるがお) Calystegia sepium

 英名、hedge bindweed。

花言葉は、頑固さ

[←先頭へ]


ヒロムスポピー

花言葉は、七色の愛
所縁の日は、2/23(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


枇杷(びわ) Eriobotrya japonica Lindl.

バラ科

 ビワにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、治療
所縁の日は、6/27(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ビンカ

日々草(にちにちそう)

[←先頭へ]


ビンカマジョール

蔓日々草(つるにちにちそう)

[←先頭へ]


ピンキー・モス

 一輪咲きの白またはバラ色の花が咲きます。

花言葉は、人生は気持がよい(英)

苔(こけ)類

[←先頭へ]


ピンクッション

ヤマモガシ科レウコスペルムム属

花言葉は、成功

リューコスペルマム

[←先頭へ]


ピンクッションフラワー

スカビオサ松虫草(まつむしそう)

[←先頭へ]


ブーゲンビリア Bougainvillea

オシロイバナ科イカダカズラ属

 別名、いかだかずら。
 属名の由来となるブーゲンビルは1766年に類15世の命を受けて未知の大陸発見に出かけたフランス探険船の艦長の名です。同行した博物学者のコメルソンがリオデジャネイロで未知の植物を採集し、艦長の名を冠した新属をつくりました。

 マレーシアではマレー語でブンガ・クルタス(紙の花)と呼ばれています。

ブーゲンビリア全般の花言葉は、情熱・熱心
          所縁の日は、8/16
ブーゲンビリア(桃)の花言葉は、情熱・魅力いっぱい
           所縁の日は、7/23・7/26
ブーゲンビリア(白)の花言葉は、熱心
           所縁の日は、7/29
ブーゲンビリア(濃桃)の花言葉は、あなたは魅力に満ちている

全て誕生花としてOK

筏葛(いかだかずら)

[←先頭へ]


ブータン茉莉(まつり)

イソマツ科

花言葉は、いたずら心

[←先頭へ]


ファセリアカンパニュラリア

プリンスホテルのクッキー缶

[←先頭へ]


ファレノプシス Phalaenopsis cvs.

ファレノプシス(ウェディングマーチ)の花言葉は、幸福が飛んでくる
ファレノプシス(サタサワット)の花言葉は、時の共有
ファレノプシス(ジェシカ)の花言葉は、有能
ファレヒプシス(プチケーキ)の花言葉は、誘惑に負けない
ファレノプシス(ブラナグリーン)の花言葉は、 我が道を行く

胡蝶蘭(こちょうらん)

[←先頭へ]


フィーバーフュー

 ハーブです。

花言葉は、健康・温かみ・あなたは私の人生を明るくする

[←先頭へ]


フィカス・プミラ Ficus pumila

クワ科フィカス(イチジク)属

 単にプミラとも呼びます。

花言葉は、あなたは私を元気づける

プミラ

[←先頭へ]


フィソステギア Physostegia virginiana

シソ科ハナトラノオ属

 属名Physostegiaは、「フィーサ(袋状組織)」と「ステゲ(覆い)」に由来します。
 和名は、はなとらのお、かくとらのお。

花言葉は、十分望みを達した・達成
所縁の日は、7/20・7/27(いずれも誕生花としてOK)

角虎尾(かくとらのお)花虎尾(はなとらのお)

[←先頭へ]


フィットニア Fittonia

キツネノマゴ科アミメグサ属

 和名、網目草(あみめぐさ)

花言葉は、うらやましい

網目草(あみめぐさ)

[←先頭へ]


フィビギア Fibigia

科は不明。(新種?)

 ロマンシールドRoman shieldsなどの種類があるようです。

花言葉は、前進あるのみ

[←先頭へ]


富貴菊(ふうきぎく)

サイネリア

[←先頭へ]


風船葛(ふうせんかずら) Cardiospermum halicacabum

ムクロジ科フウセンカズラ(カルディオスペルマム)属

 英名は、バルーンバイン、ハートピー、ハートシード、ウィンターチェリー。

 つる性の植物で、花は、淡緑白色で小さく観賞価値はありませんが、特徴は何と言っても風船状の実でしょう。西洋での俗名は、バルーン・ヴァイン(風船蔓草)で、風船葛の名はそれに基づいています。

 属名のCardiospermumは、心臓と種子を意味し、風船のような果実の中にある真っ黒い豆状の種子に、真っ白いハート形の大きなへそがあることからつけられたものです。

花言葉は、あなたとともに・あなたと飛び立ちたい・多忙
所縁の日は、6/17、9/17 (誕生花としてすべてOK)

バルーンバイン

[←先頭へ]


風船玉の木(ふうせんだまのき) Gomphocarpus

ガガイモ科

 フウセントウワタ(風船唐綿)の別名。
 昭和初期に日本に初めて紹介された時はこの名前でした。

花言葉は、繁栄

[←先頭へ]


風船唐綿(ふうせんとうわた) Gomphocarpus

ガガイモ科ゴンフォカルプス属

花言葉は、いっぱいの夢

[←先頭へ]


風知草(ふうちそう) Hakonechloa macra Makino

イネ科

 和名は、葉を用いて風(台風)の来る日を占ったことから名付けられました。
 別名、裏葉草(うらはぐさ)。葉の表裏が逆になるところから名付けられました。

花言葉は、未来

裏葉草(うらはぐさ)

[←先頭へ]


風蝶草(ふうちょうそう)

フウチョウソウ科

 別名、すいちょうか・クレオメ。

花言葉は、あなたの容姿に酔う

酔蝶花(すいちょうか)クレオメ

[←先頭へ]


風蘭(ふうらん) Neofinetia falcata Hu

ラン科フウラン属

 着生ランの一種。

花言葉は、真の魅力・霊感・神通

[←先頭へ]


風鈴草(ふうりんそう) Campanula medium L.

キキョウ科

花言葉は、念願・抱負

乙女桔梗(おとめぎきょう)カンパニュラ

[←先頭へ]


風鈴躑躅(ふうりんつつじ)

更紗灯台(さらさどうだん)

[←先頭へ]


風露草(ふうろそう)

フウロソウ科

花言葉は、変わらぬ信頼・陽気
所縁の日は、6/29・7/27(いずれも誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


フェイジョア

フトモモ科フェイジョア属

花言葉は、実りのある人生

[←先頭へ]


フェスッカ

イネ科

花言葉は、秘かな想い

[←先頭へ]


フェニックス

ヤシ科フェニックス属

 別名、ロベレニー。

花言葉は、躍動感

[←先頭へ]


フェンネル

セリ科ウイキョウ属

別名、ウイキョウ。

花言葉は、背伸びした恋・精神的強さ・賞賛の価値

[←先頭へ]


笛吹水仙(ふえふきすいせん)

水仙(すいせん)

[←先頭へ]


フォックスグローブ

花言葉は、孤独・不誠実

狐の手袋(きつねのてぶくろ)ジギタリス

[←先頭へ]


フォックステール

キャッツテール

[←先頭へ]


フォックスフェース

ナス科

 別名、つのなす、きつねなす。

花言葉は、偽りの言葉

きつねなす角茄子(つのなす)

[←先頭へ]


深見草(ふかみぐさ)

 牡丹の別名。
 奈良時代には牡丹と書いてフカミグサと読ませていたと「出雲国風土記」に残っているそうです。

花言葉は、はじらい

牡丹(ぼたん)

[←先頭へ]


蕗(ふき) Petasites japonicus Maxim.

キク科ペタシテス属

 属名Petasitesの語源は、ラテン語のぺタソス(日覆い帽子)です。
 フキやフキノトウにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

蕗全般の花言葉は、公平・公正な裁き
    所縁の日は、11/17(誕生花としてOK)
ふきのとうの花言葉は、愛嬌・処罰は行わねばならない・私を正しく認めなさい・正義がなされることでしょう
      所縁の日は、2/16(誕生花としてOK)

ふきのとう

[←先頭へ]


蕗菊(ふきぎく)

サイネリア

[←先頭へ]


蕗桜(ふきざくら)

サイネリア

[←先頭へ]


蕗蒲公英(ふきたんぽぽ) Tussilago farfara

キク科フキタンポポ属

 英名、コルツフットcoltsfoot。漢名、款冬(かんとう)。

花言葉は、公平な裁き
所縁の日は、11/17(誕生花としての記述なし)

款冬(かんとう)コルツフット

[←先頭へ]


ふきのとう

 フキやフキノトウにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

蕗(ふき)

[←先頭へ]


フクシア Fuchsia hybrida

アカバナ科フクシア属

 属名Fuchsiaは、ドイツの植物学者フックスにちなんで名付けられました。英語圏ではフュージャというそうです。
 別名、つりうき草・ひょうたん草・ふくしゃ・ほくしゃ・ホクシア。

 花びらに見える部分のうち、反り返った4枚は萼で、垂れている部分が本当の花びらです。

フクシア全般の花言葉は、味わう・交友・激しい心・好みの良さ・上品な趣味・恋の予感・センスのよさ
       所縁の日は、5/2・5/19・5/22・7/11(5/19を除いて誕生花としてOK)
フクシア(白)の花言葉は、奥ゆかしい
フクシア(赤)の花言葉は、迷い・趣味
フクシア(紫)の花言葉は、熱烈な恋

ほくしゃふくしゃ釣浮草(つりうきそう)瓢箪草(ひょうたんそう)ホクシア

[←先頭へ]


ふくしゃ

釣浮草(つりうきそう)フクシア

[←先頭へ]


福寿草(ふくじゅそう) Adonis ramosa Franch

キンポウゲ科フクジュソウ属

 俳諧では、新年の季語です。

 福寿草にまつわる話については花物語にあります。

花言葉は、悲しき思い出(西洋)・永久の幸福・回想・思い出・幸福を招く(日本)・祝福
所縁の日は、1/1・1/3・2/26・4/6(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ふくらしば

冬青(そよご)

[←先頭へ]


ふくろなでしこ Silene pendula

 別名、シレネ、サクラマンテマ。

花言葉は、欺瞞

さくらまんてまシレネ

[←先頭へ]


房(ふさ)アカシア

マメ科

花言葉は、秘密の恋

[←先頭へ]


房咲水仙(ふさざきすいせん)

日本水仙(にほんずいせん)水仙(すいせん)

[←先頭へ]


房須具利・房酸塊(ふさすぐり) Ribes sativum Syme

ユキノシタ科スグリ属

 カランツの和名。

花言葉は、珍しさ・目新しい
所縁の日は、7/7・7/15(いずれも誕生花としての記述なし)

カランツ黒房須具利・黒房酸塊(くろふさすぐり)

[←先頭へ]


房藤空木(ふさふじうつぎ) Buddleja davidi

ブッドレア

[←先頭へ]


藤(ふじ) Wisteria floribunda

マメ科フジ属

 学名のウィスタリアは、ペンシルバニア大学のキャスパー・ウィスタリア博士にちなんで名付けられました。

 日本に自生している藤には、ノダフジ(野田藤)とヤマフジの2系統があります。
 ノダフジの蔓は右巻きで、ヤマフジの蔓は左巻きです。
 野田藤は、昔、藤の名所であった摂津国の野田(現大阪市)にちなんで名付けられました。

 花にはビタミンが多く含まれているので、中国・満州では食用にされていたそうです。

 俳諧では、「藤房」「藤の山」「藤浪」「藤棚」「藤見」などとともに春の季語です。

 藤にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

藤全般の花言葉は、歓迎・恋に酔う・ようこそ美しき未知の方・佳客
    所縁の日は、5/8・5/31(いずれも誕生花としてOK)
藤(紫)の花言葉は、懐かしい思い出・恋に酔う
藤(白)の花言葉は、歓迎

[←先頭へ]


節黒仙翁(ふしぐろせんのう) Lychnis miqueliana

ナデシコ科リクニス属

 属名Lychnisは、ギリシャ語で「ランプ」を意味します。

花言葉は、転機・転職
所縁の日は、9/14(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


五倍子木(ふしのき)

→塩麩子(ぬるで)、 塩麩子・白膠木(ぬるで)

[←先頭へ]


藤袴(ふじばかま) Eupatorium japonicum

キク科ヒヨドリバナ属
 
 袴は帯びるもので、花の色が藤色を帯びるところから藤袴と名付けられたそうです。

 全草にクマリン誘導体を含み、もむと香気があるので漢名を蘭草といいます。
 薬用としては利尿・通経・黄疸などに用い、浴用剤・芳香剤にも用います。

 俳諧では、古くから秋の季語です。

 藤袴にまつわるお話については、「花物語」を参照してください。

花言葉は、あの日を思い出す・遅延・躊躇
所縁の日は、9/28・11/6(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


藤牡丹(ふじぼたん)

華鬘草(けまんそう)

[←先頭へ]


仏手柑(ぶしゅかん)

ミカン科

 別名、シトロン。

 ミカンの一種ですが、果実の下部が分裂して成長し、仏像の手のように見えます。皮が厚く果肉はほとんどないので主に観賞用に栽培されます。

花言葉は、美しい性質

シトロン

[←先頭へ]


豚草(ぶたくさ) Ambrosia artemisiifoila

キク科

 和名は、英名のhog weedの直訳から名づけられました。

 ブタクサにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、愛の告白

[←先頭へ]


二葉葵・双葉葵(ふたばあおい) Asarum caulescens Maxim.

ウマノスズクサ科

 山地に自生する多年草。2枚のハート型の葉が相対し、その茎の間に淡紅色の花をつけます。賀茂葵ともいいますが、アオイ科の植物ではありません。

 徳川家の紋「三つ葉葵」は、フタバアオイの葉を図案的に3枚組み合わせたもので、ミツバアオイという植物は存在しないそうです。

花言葉は、細やかな愛情

[←先頭へ]


二葉蘭(ふたばらん)

ラン科

花言葉は、あなたを尊敬します
所縁の日は、10/29(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


二人静(ふたりしずか) Chloranthus serratus Roem. et Schult.

センリョウ科

 和名の由来としては、ヒトリシズカに似ているが花穂を2本出すからという説、謡曲「二人静」にちなむという説、実の形を静御前の持つ長刀に見たてたという説などがあります。

 フタリシズカにまつわるお話は「花物語」を参照してください。

花言葉は、静御前の面影

[←先頭へ]


富貴草(ふっきそう)

吉祥草(きちじそう)

[←先頭へ]


扶桑華(ぶっそうげ)

ハイビスカス

[←先頭へ]


ブッドレア Buddleja davidii

フジウツギ科フジウツギ(ブッドレア)属

 学名Buddlejaは、イギリスの植物学者バドルにちなんで名付けられました。
 和名、房藤空木(ふさふじうつぎ)。英名、バタフライ・ブッシュ。

 フジウツギの園芸種で、花の芳香が強くて蝶が集まるところからバタフライブッシュとも呼ばれていますが。植物全体にサポニンというアルカロイド系の毒を含んでいます。葉をすりつぶして池に入れると魚が死んで浮き上がるそうです。また、死んだ魚も有毒なので食べてはいけないそうです。

花言葉は、魅力
所縁の日は、7/14(誕生花としてOK)

房藤空木(ふさふじうつぎ)

[←先頭へ]


プテリス Pteris

ワラビ科プテリス属

花言葉は、平凡な心

井の許草・井口辺草(いのもとそう)

[←先頭へ]


太藺(ふとい) Scipus tabemaemontani Gmel.

カヤツリグサ科

 イグサに似ていて太いところから名付けられました。
 古くは「大藺草」「丸菅(まるすげ)」ともよばれ、別名を「唐藺」ともいいます。
 俳諧では、夏の季語です。

花言葉は、肥大・品位・無分別
所縁の日は、9/12(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


葡萄(ぶどう) Vitis vinifera

ブドウ科

 和名は、漢名の葡萄に由来しています。ウズベキスタン地方の言葉でブダウbudawaが中国に伝わり、プタオ(蒲桃、蒲陶)と呼ばれ、のちに葡萄となったそうです。
 俳諧では、秋の季語です。

 ぶどうにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ぶどうの花言葉は、酔いと狂気・慈善・好意・信頼・陶酔・思いやり・親切
    所縁の日は、9/4・9/11・10/17(全て誕生花としてOK)
ぶどう(野生)の花言葉は、慈善・人間愛
        所縁の日は、10/17(誕生花としての記述なし)
ぶどう(蔓)の花言葉は、酩酊
ぶどう(木)の花言葉は、陶酔・忘却
ぶどう(葉)の花言葉は、好意・親切

[←先頭へ]


椈(ぶな) Fagus crenata Blume

ブナ科

 ブナの漢字は一般には「木へん」に「無」です。

 材は耐久性に乏しいのですが、家具・器具・ベニヤ・パルプなどに用いられる重要な材木の一つです。

ぶな全般の花言葉は、繁栄・幸運
ぶな(木)の花言葉は、隆盛・繁栄

[←先頭へ]


ブバリア

アカネ科

 別名、ブバルディア。和名、管丁字。

ブバリア全般の花言葉は、交わり・夢・交友
ブバリア(白)の花言葉は、羨望
        所縁の日は、11/6(誕生花としてOK)
ブバリア(桃)の花言葉は、知性的な魅力・清楚
        所縁の日は、11/10(誕生花としてOK)
ブバリア(赤)の花言葉は、情熱的な恋

管丁子(かんちょうじ)ブバルディア

[←先頭へ]


ブバルディア Bouvardia hybrida

アカネ科ブバルディア属

 種名hybridaは「交配種の」という意味です。ブバルディアは数種の植物を交配して人工的につくられた植物です。
 別名、ブバリア。和名、管丁字。
 名前は、フランスのルイ13世の従医でパリの王室庭園の園長でもある植物学者シャルル・ブバールに因んで名付けられました。
 つぼみが蟹の目に似ているので、蟹の目とも呼ばれるそうです。

ブバルディア全般の花言葉は、交わり・夢・交友
ブバルディア(白)の花言葉は、羨望
ブバルディア(桃)の花言葉は、知性的な魅力・清楚
ブバルディア(赤)の花言葉は、おめでとう・ミステリアス

ブバリア管丁子(かんちょうじ)蟹の目(かにのめ)

[←先頭へ]


ブプレウルム

セリ科ブプレウルム属

花言葉は、初めてのキス

[←先頭へ]


プミラ

フィカス・プミラ

[←先頭へ]


冬咲きベゴニア

クリスマス・ベゴニア

[←先頭へ]


冬桜(ふゆざくら)

花言葉は、冷静

[←先頭へ]


冬珊瑚(ふゆさんご) Solanum peseudocapsicum

ナス科ナス属

 別名、ソラナム、タマサンゴ、タマヤナギ。

花言葉は、あなたを信じる・愛情

玉珊瑚(たまさんご)玉柳(たまやなぎ)ソラナム

[←先頭へ]


冬牡丹(ふゆぼたん)

ボタン科

花言葉は、高貴

[←先頭へ]


芙蓉・木芙蓉(ふよう) Hibiscus mutabilis L.

アオイ科フヨウ属

 和名は、漢名の「木芙蓉」の音読みの略です。英名は、Cotton rose。
 俳諧では、秋の季語です。

 芙蓉にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、しとやかな恋人・繊細美・微妙な美しさ
所縁の日は、10/17・11/6・11/10(全て誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ブライダル・ベール Gibasis

ツユクサ科ギバシス属

花言葉は、幸福・願い続ける

[←先頭へ]


ブラキカム Brachyscome iberidifolia

キク科ブラキカム(ヒメコスモス)属

 和名は、姫コスモス。

花言葉は、優美

姫コスモス(ひめこすもす)

[←先頭へ]


ブラキスコメ

キク科ブラキスコメ属

 読み方が違うだけでブラキカム(姫コスモス)と同じ植物です。

花言葉は、いじらしい

[←先頭へ]


ブラシの木(ブラシノキ) Callistemon speciosus

フトモモ科カリステモン(ブラシノキ)属

 別名、キンポウジュ。

花言葉は、素直な気持ち

金宝樹(きんぽうじゅ)

[←先頭へ]


ブラジリアン・サンセット

花言葉は、相互理解

[←先頭へ]


プラタナス Platanus orientalis

スズカケノキ科スズカケノキ属

 別名、すずかけのき。
 プラタナスは葉が大きいことから、ギリシャ語の「広い」という言葉に由来しています。

 プラタナスにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

プラタナス全般の花言葉は、天稟・天才・非凡
        所縁の日は、12/21・12/23(いずれも誕生花としてOK)
プラタナス(新緑)の花言葉は、天才・叡智

鈴懸木(すずかけのき)

[←先頭へ]


フラックス

アマ科アマ属

 和名は、アマ。

花言葉は、家事熱心・私はあなたの親切を感じる

亜麻(あま)

[←先頭へ]


ブラックベリー

花言葉は、かわいらしさ・嫉妬・羨望・同情(英)、不正・羨望・心配・苦労(仏)

[←先頭へ]


ブラック・ベリー・リリー

檜扇・桧扇(ひおうぎ)

[←先頭へ]


プラティーナ

キク科

 別名、クッション・ブッシュ、カロケファルス。

花言葉は、律儀

クッション・ブッシュカロケファルス

[←先頭へ]


フラミンゴプラント

アンスリウム

[←先頭へ]


プラム

バラ科

花言葉は、独立

[←先頭へ]


フランス菊 Leucanthemum vulgare

キク科

 英名、オックス・アイ・デージー。別名、ホワイト・ウィード、ムーン・デージー。

花言葉は、寛大・忍耐
所縁の日は、5/24・5/27(いずれも誕生花としての記述なし)

ホワイト・ウィードムーン・デージーオックス・アイ・デージー

[←先頭へ]


ふらんすしょうろ

 別名、テュバー・エスティビウム。

 スパイスとして用いられます。

花言葉は、驚き

[←先頭へ]


フランネル草(ふらんねるそう)

ナデシコ科

 和名は、水仙翁(すいせんのう)。
 全体が白い細かい毛に覆われています。

花言葉は、誠実

酔仙翁(すいせんのう)

[←先頭へ]


プランバーゴ Plumbago auriculata

イソマツ科ルリマツリ属

花言葉は、縁の下の力持ち

[←先頭へ]


フリージア Freesia reflacta Klatt

アヤメ科フリージア属

 和名は、アサギズイセン(浅黄水仙)。
 フリージアの名前の由来は19世紀のイギリスの植物学者H・フリーズ氏にちなんだものといわれます。

 気温が15〜20℃、湿度が50〜70%で、日光が当たる時が特に強く香るそうです。

フリージア全般の花言葉は、あどけなさ・無邪気・純潔・慈愛・親愛の情・親愛・清香
        所縁の日は、2/11・8/20
フリージア(黄)の花言葉は、純潔・無邪気
         所縁の日は、2/14
フリージア(赤)の花言葉は、愛想の良さ・純潔
         所縁の日は、2/22
フリージア(白)の花言葉は、あどけなさ・無邪気・純潔・慈愛・親愛の情・親愛
         所縁の日は、2/2
フリージア(紫)の花言葉は、憧れ
フリージア(濃紫)の花言葉は、親愛の情
フリージア(淡紫)の花言葉は、感受性
フリージア(アジェンタ)の花言葉は、清らかな心
フリージア(サーニア)の花言葉は、挑戦
  
誕生花としてすべてOK

浅黄水仙(あさぎずいせん)

[←先頭へ]


ブリオニア

ウリ科ブリオニア属

花言葉は、拒絶・断念・自制
所縁の日は、11/3(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


フリチラリア Fritillaria imperialis

ユリ科フリティラリア(バイモ)属

 和名は、瓔珞百合(ようらくゆり)。瓔珞は珠玉や貴金属に糸を通して作った仏教の装身具です。
 英名は、帝王の冠Crown Imperial。
 フリティラリアの仲間にチェックの模様をつけた花の咲く種類があるので、ラテン語で「チェッカー盤」を意味する言葉fritillusに由来して名付けられました。
 花が下向きにつくので、「キリストの死後、いつも泣いていたので頭を垂れている」と言い伝えられているそうです。

 フリチラリアにまつわるお話については、「花物語」を参照してください。

花言葉は、威厳・人を喜ばせる

瓔珞百合(ようらくゆり)百合(ゆり)

[←先頭へ]


フリティラリー Fritillaria melagris

ユリ科フリティラリア(バイモ)属

 英名、fritillary。

花言葉は、迫害

[←先頭へ]


プリムラ Primula

サクラソウ科サクラソウ属

プリムラ全般の花言葉は、運命をひらく・可憐・美の秘密・永続する愛情
       所縁の日は、1/25
プリムラ(赤)の花言葉は、自力の強み・独立
プリムラ(白)の花言葉は、神秘な心
プリムラオブコニカの花言葉は、幸福感・富貴
          所縁の日は、3/1
プリムラオブコニカ(桃)の花言葉は、青春の美しさ・少年時代の希望・永続きする愛情
プリムラオブコニカ(紫)の花言葉は、青春の美しさ
プリムラポリアンサスの花言葉は、可憐・可憐な生き方
           所縁の日は、2/19
プリムラポリアンサス(桃)の花言葉は、無言の愛
プリムラポリアンサス(紅)の花言葉は、美の秘密
プリムラポリアンサス(ライラック色)の花言葉は、信頼(英)
プリムラマラコイデスの花言葉は、気どらない愛・素朴
           所縁の日は、2/12
プリムラヴァイリーの花言葉は、希望・青春
プリムラオブコニカタッチミーライトレッドの花言葉は、ずっと青春
プリムラシネンシスの花言葉は、永続する愛情
プリムラジュリアンの花言葉は、永続する愛情
プリムラジュリアン(ジュリエット)の花言葉は、温和な性格・夢の中
プリムラポリアンサセブンティーの花言葉は、昼寝気分・気配り上手
プリムラポリアンサセブンティーンの花言葉は、夢見る少女

乙女桜(おとめざくら)化粧桜(けしょうざくら)常盤桜(ときわざくら)四季咲き桜草(しきざきさくらそう)乙女小桜(おとめこざくら)穂咲桜草(ほざきさくらそう)

[←先頭へ]


プリムラ・オーリキュラ Primula auricula

厚葉桜草(あつばさくらそう)

[←先頭へ]


プリムローズ Primula vulgaris

サクラソウ科

 和名は、いちげさくらそう。

花言葉は、哀しみ・青春のはじめと悲しみ・人間嫌い

いちげさくらそう西洋桜草

[←先頭へ]


プリンスホテルのクッキー缶

 プリンスホテルのオリジナル・クッキー缶「ファンシースィート」は、白地に花の絵がついています。カードにそれぞれの花言葉がのっているので記しておきます。

 古い時代から花には、それぞれ特別な意味が与えられていました。昔の人々は、花言葉を使って思いを伝える「花コミュニケーション」という素敵な会話をもっていたのです。それぞれの花に思いをこめてプリンスホテルから、くつろぎのひとときにおいしさの花束をお届けいたします。

ばらの花ことばは、美・愛情・無邪気・幸福な愛・爽やか・清新

カーネーションの花ことばは、純粋な愛情・誠実・感動・時には競争相手

ゼラニウムの花ことばは、尊敬・信頼・恋わずらい・婚礼のおくりもの

ガーベラの花ことばは、神秘・富・豊富・ためらわないで

アマリリスの花ことばは、すばらしく美しい・誇り・内気・華奢

ファセリアカンパニュラリアの花ことばは、おしゃべり・感謝・熱望・悲哀

やぐらざくらの花ことばは、魅力のある優美・恋の望み・希望・青春の最初の春

ディエラーマプルケルリマの花ことばは、雄弁・吉報・やさしい心・希望

ネモフィラメンチーシィの花ことばは、愛情の不変・従順・柔和・エレガンス

まつばぎくの花ことばは、私はあなたを愛する・長寿・幸福・真実

やぐらざくらディエラーマプルケルリマファセリアカンパニュラリアカーネーションガーベラゼラニウム松葉菊(まつばぎく)ネモフィラメンチーシィ薔薇(ばら)アマリリス

[←先頭へ]


ブルー・エルフィン

クマツヅラ科

 和名は、弁慶臭木(べんけいくさぎ)。

花言葉は、大きな希望

弁慶臭木(べんけいくさぎ)

[←先頭へ]


ブルー・クローバー

マメ科

花言葉は、約束

[←先頭へ]


ブルーサルビア

シソ科

 別名、化粧サルビア。

花言葉は、尊重

化粧(けしょう)サルビア

[←先頭へ]


ブルースター Oxypetalum caerleum

ガガイモ科オクシペタルム属

 別名は、オキシペタルム。和名は、瑠璃唐綿(るりとうわた)。

花言葉は、信じ合う心・望郷

瑠璃唐綿(るりとうわた)オキシペタルム

[←先頭へ]


ブルースプレー

飛燕草(ひえんそう)

[←先頭へ]


ブルーデージー Felicia amelloides

キク科ルリヒナギク属

 和名は、瑠璃雛菊(るりひなぎく)。

花言葉は、幸福・恵まれている・協力

瑠璃雛菊(るりひなぎく)

[←先頭へ]


ブルー・ファン・フラワー Scaevola aemule 'Blue Wonder'

クサトベラ科スカエウォラ属

 小さな扇(ファン)型の花を咲かせます。片手を広げたような形の花です。
 学名は、古代ローマの英雄マキウスの呼び名の「左手の人」に由来します。マキウスは、敵王の暗殺に失敗して捕らえられた時に、火あぶりの刑を拒否して自分の右手を焼いて勇気を示したことから「左手の人」と呼ばれました。

花言葉は、可能性

スカエボラ

[←先頭へ]


ブルーベリー

ツツジ科コケモモ(スノキ)属

ブルーベリー全般の花言葉は、知性・いつどんなときも
         所縁の日は、8/21
ブルーベリー(実)の花言葉は、思い続ける
所縁の日は、8/30

[←先頭へ]


ブルーボール

瑠璃玉薊(るりたまあざみ)

[←先頭へ]


ブルーボンネット

マメ科ルピナス(ハウチワマメ)属

ブルーボンネットの花言葉は、母性愛

[←先頭へ]


ブルーム

金雀枝・金雀児(えにしだ)

[←先頭へ]


ブルーレースフラワー Trachymene caerulea

セリ科トラキメネ属

 別名、ディディスカス。

花言葉は、無言の愛・優雅なたしなみ

ディディスカス

[←先頭へ]


プルヌス

バラ科

花言葉は、困難・邪魔
所縁の日は、12/27(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


ブルビネラ Bulbinella spp.

ユリ科ブルビネラ属

花言葉は、陽気・上機嫌

キャッツテール

[←先頭へ]


プルメリア Plumeria

キョウチクトウ科プルメリア属

 別名、インドそけい。

花言葉は、陽だまり

インドそけい

[←先頭へ]


プルモナリア

花言葉は、気品

[←先頭へ]


フレーズ Fragaria vesca L.

バラ科フラガリア(オランダイチゴ)属

 和名は、エゾヒビイチゴ(蝦夷蛇苺)です。
 (ヘビイチゴはダチェスネア属Duchesneaで、別属になります。)
 英名は、ワイルドストロベリーWild strawberryです。

花言葉は、長寿

[←先頭へ]


プレクトランサス Plectranthus

シソ科プレクトランサス属

花言葉は、友情

[←先頭へ]


フレンチ・マリーゴールド Tagetes patula

キク科

花言葉は、嫉妬・大人びた配慮
所縁の日は、11/3・11/7(いずれも誕生花としての記述なし)

万寿菊(まんじゅぎく)孔雀草(くじゃくそう)

[←先頭へ]


フレンチラベンダー

シソ科

花言葉は、私に答えてください

[←先頭へ]


ブローディア Brodiaea californica

ユリ科ブローディアエア属

 ブローディアの名は、スコットランドの植物学者ブローディアに因んで名付けられました。
 古い分類ではトリテレイア属やハナニラ属などに属する種もブローディアと呼ばれていたため、園芸上では今でも習慣的にこれらをブローディアと呼んでいます。
 和名は、姫アガパンサス。
 英名は、カリフォルニアヒアシンス。

花言葉は、守護・淡い恋
所縁の日は、7/2(誕生花としてOK)

花韮(はなにら)

[←先頭へ]


プロスタンテラ

ミントブッシュ

[←先頭へ]


フロスフラワー Ageratum houstonianum

キク科アゲラタム属

 和名は、オオカッコウアザミ。英名は、フロスフラワー。
 アゲラタムの名前で流通しています。

花言葉は、安楽

[←先頭へ]


フロックス Phlox spp.

ハナシノブ科フロックス属

 ハナシノブ科の一属名ですがフロックス属の植物の総称となっています。ききょうなでしこ、おいらんそう、しばざくら等の種類があります。

フロックス全般の花言葉は、一致・合意・温和・協調・火焔・同意・不活発・あなたの気に入れば幸せです
        所縁の日は、4/25・7/2・7/14・7/22(全て誕生花としてOK)
フロックス(赤)の花言葉は、私の胸は燃えています
フロックス(絞り)の花言葉は、私の手紙を焼いて下さい

芝桜(しばざくら)桔梗撫子(ききょうなでしこ)花魁草(おいらんそう)

[←先頭へ]


プロテア Protea

ヤマモガシ科プロテア属

 プロテアは変異種が多いので、自分の姿を自由に変える能力を持つギリシャ神話の海神プロテウスの名に因んで名付けられたそうです。

プロテア全般の花言葉は、自由自在。
プロテア(ピンクアイス)の花言葉は、華やかな期待

[←先頭へ]


ブロワリア Browallia

ナス科ルリマガリバナ属

 和名、たいりんるりまがりばな。英名、サファイア・フラワー。
 学名Browalliaは、スウェーデンの司教兼植物学者のブロヴァルに因んで名付けられました。

花言葉は、祈り

大輪瑠璃歪花(たいりんるりまがりばな)

[←先頭へ]


ペーパーカスケード

キク科ヘリクリサム属

 学名のヘリプテラムはギリシャ語で「太陽の翼」を意味します。

花言葉は、小さな思い出

[←先頭へ]


ヘーベ Hebe spp.

ゴマノハグサ科ヘーベ属

 ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの妻で永遠の命と青春の女神ヘーベの名に因んで名付けられました。

花言葉は、永遠の命・青春

[←先頭へ]


ベアグラス

ユリ科

 別名、しまかんすげ。

花言葉は、物静か

[←先頭へ]


ベイ(月桂樹)

ベイ(木)の花言葉は、栄光
ベイ(葉)の花言葉は、私は死んで姿を変える

[←先頭へ]


瓶子草(へいしそう)

サラセニア

[←先頭へ]


屁糞葛(へくそかずら) Paederia scandens

アカネ科パエデリア属

 属名Paederiaは、ラテン語の「パイドル(悪臭)」に由来しています。
 和名は、茎葉に悪臭があるところから名付けられました。
 別名には、ヤイトバナ・サオトメバナ等があります。別名のヤイトバナは、花芯の赤みを灸(やいと)のあとに見たてたもの、サオトメバナは、花の可愛らしさから名付けられたものです。

 良く熟した果実をつぶしてハンドクリームに混ぜて、しもやけに用いたそうです。
 俳諧では、夏の季語です。

花言葉は、人嫌い
所縁の日は、9/9(誕生花としてOK)

早乙女花(さおとめばな)灸花(やいとばな)

[←先頭へ]


ベゴニア Begonia

シュウカイドウ科ベゴニア(シュウカイドウ)属

 別名、しゅうかいどう。

 ベゴニアという名前は、フランス領カナダ総督などを歴任したフランス人植物学者 ミシェル・べゴンにちなんでつけられました。
 
 球根ベゴニアの他に木立ち性ベゴニア(矢竹型・叢生型・多肉茎型・つる性型)、四季咲きベゴニア、根茎性ベゴニア等があります。

ベゴニア全般の花言葉は、愛の告白・片思い・ていねい・親切
       所縁の日は、12/17
ベゴニア(赤)の花言葉は、片思い・公平、所縁の日は、11/17
ベゴニア(白)の花言葉は、親切、所縁の日は、11/29

誕生花としてすべてOK

クリスマス・ベゴニア四季咲き(しきざき)ベゴニア球根(きゅうこん)ベゴニアリーガース・ベゴニア秋海堂(しゅうかいどう)レックスベゴニア

[←先頭へ]


ベゴニア・センパフローレンス

シュウカイドウ科ベゴニア属

花言葉は、片思い・告白

[←先頭へ]


ベゴニア・ラブミー

花言葉は、あなたについていく・初恋

[←先頭へ]


糸瓜(へちま) Luffa cylindrica

ウリ科

 俳諧では、秋の季語です。

 糸瓜にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、剽軽な・悠々自適
所縁の日は、8/26(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ペチュニア Petunia hybrida Vilm

ナス科ペチュニア(ツクバネアサガオ)属

 属名は、花が同じナス科のタバコの花に似ているため、ブラジルの原住民の言葉でタバコを意味するpetumに由来します。
 和名のツクバネアサガオは、花の形をつくばね(羽根つきの羽根)に見たてて名付けられました。

ペチュニア全般の花言葉は、あなたといると心が休まる
ペチュニア(桃)の花言葉は、自然な心
         所縁の日は、5/14(誕生花としてOK)
ペチュニア(白)の花言葉は、和らぐ心
         所縁の日は、5/10(誕生花としてOK)
ペチュニア(桃の八重)の花言葉は、変化に富む
ペチュニア(絞り)の花言葉は、じゃまもの・恋の手紙を遮断された
ペチュニア(パープルペイン)の花言葉は、追憶
ペチュニア(ピュアホワイト)の花言葉は、淡い恋
ペチュニア(ブライトパープル)の花言葉は、人気者
ペチュニア(ブルーペイン)の花言葉は、ためらう気持ち
ペチュニア(ペチュニアピンク)の花言葉は、繁栄を極める

衝羽根朝顔(つくばねあさがお)

[←先頭へ]


ベッセラ

ユリ科

花言葉は、優雅

[←先頭へ]


ペティ

ナス科カリブラコア属

 住化農業資材が扱っているカリブラコアの一品種。

花言葉は、素直

[←先頭へ]


ヘデラ

ウコギ科

 アイビーと呼ばれる常緑の木蔦です。

花言葉は、結婚・誠実・友愛

アイビー

[←先頭へ]


ベトニー Stachys officinalis

シソ科カッコウソウ属

 和名は、かっこうそう、かっこうちょろぎ。

花言葉は、驚き

かっこうそう1かっこうちょろぎ

[←先頭へ]


ペニーロイヤルミント Mentha pulegium

シソ科

 別名、めぐさはっか。英名、pennyroyal。

花言葉は、逃亡

[←先頭へ]


紅団扇(べにうちわ)

アンスリウム

[←先頭へ]


紅菊(べにぎく)

花言葉は、愛

[←先頭へ]


べにくじゃく

花言葉は、夜の美人

[←先頭へ]


紅合歓(べにごうかん)

カリアンドラ

[←先頭へ]


紅紫檀(べにしたん)

コトネアスター

[←先頭へ]


ベニジューム Venidium

キク科ベニジューム属

 別名、寒咲き蛇の目菊(かんざきじゃのめぎく)。

花言葉は、美は常に新しい

寒咲き蛇の目菊(かんざきじゃのめぎく)

[←先頭へ]


紅李(べにすもも)

紅葉李(べにばすもも)

[←先頭へ]


紅丁子(べにちょうじ)

ミソハギ科

 別名、クフェア、メキシコはこやなぎ。

花言葉は、熱情

メキシコ花柳(はなやなぎ)クフェア

[←先頭へ]


紅吊舟(べにつりふね)

インパチエンス

[←先頭へ]


紅苦菜(べににがな)

カカリア

[←先頭へ]


紅葉李(べにばすもも)

バラ科

 別名は、べにすもも、あかばざくら。

花言葉は、忠実・貞節・誠意

紅李(べにすもも)赤葉桜(あかばざくら)

[←先頭へ]


紅花(べにばな) Carthamus tinctorius

キク科カルタムス属
 
 別名、スエツムハナ・サフラワー。
 別名のスエツムハナは、開いた花の先だけを摘み取ることから名付けられました。

 俳諧では夏の季語です。

紅花全般の花言葉は、区別・包容力・熱狂・夢中・装い・差別
     所縁の日は、8/26(誕生花としての記述なし)
紅花(橙)の花言葉は、情熱的・装い
      所縁の日は、10/1(誕生花としての記述なし)
紅花(すえつむはな)の花言葉は、装い・化粧
           所縁の日は、6/11(誕生花としてOK)

末摘花(すえつむはな)サフラワーカルサムス

[←先頭へ]


紅花馬酔木(べにばなあせび) Pieris japonica

ツツジ科アセビ属

花言葉は、静かな主張

[←先頭へ]


紅花忍冬(べにばなすいかずら)

花言葉は、愛の絆

忍冬(すいかずら)

[←先頭へ]


紅花詰草(べにばなつめくさ)1 Trifolium incarnatum

マメ科

ストロベリーキャンドル

[←先頭へ]


紅花詰草(べにばなつめくさ)2

ハナシノブ科

 別名、こけまんてま。

[←先頭へ]


紅花常磐万作(べにばなときわまんさく)

マンサク科ロロペタルム属

花言葉は、私から愛したい

[←先頭へ]


紅波璃(べにはり)

リビングストンデージー

[←先頭へ]


紅姫竜胆(べにひめりんどう)

花言葉は、あなたの夢は美しい

エキザカム

[←先頭へ]


紅紐木(べにひものき)

榎草(えのきぐさ)キャッツテール

[←先頭へ]


紅弁慶(べにべんけい)

 カランコエの別名。カランコエは品種改良されて桃・赤・黄などの色もあります。

花言葉は、幸福を告げる

カランコエ

[←先頭へ]


ペパーミント

シソ科

花言葉は、熱烈・気分の温かさ

和蘭薄荷(オランダはっか)

[←先頭へ]


蛇苺(へびいちご) Duchesnea chrysantha

バラ科ヘビイチゴ属

 属名は、フランスの植物学者A・N・デュシェスにちなんでいます。
 和名は、小さくて味がほとんどないので、こんなものを食べるのは蛇ぐらいだろうということで名付けられたという説や、中国名の「蛇苺」をそのまま訓読みにしたものだという説があります。実際には蛇は食べません。
 俳諧では、夏の季語です。

花言葉は、可憐
所縁の日は、7/13(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


蛇不登(へびのぼらず) Berberis Sieboldi Miq.

メギ科

 属名は、果実についたアラビア名berberysに由来します。
 別名、とりとまらず。
 和名は、枝に棘があるので蛇も登らないという意味でつけられました。

へびのぼらず全般の花言葉は、いじわる・気むずかしや・気むずかしさ
         所縁の日は、11/22(誕生花としてOK)
へびのぼらず(木)の花言葉は、鋭い・辛辣な

とりとまらず

[←先頭へ]


ペペロミア Peperomia argyreia

コショウ科サダソウ(ペペロミア)属

 属名Peperomiaは、ギリシャ語で「ペペリ(胡椒)」と「ホミオス(似た)」を組み合わせたものです。

花言葉は、かわいらしさ・艶やか・片思い
所縁の日は、1/30・11/24(いずれも誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ヘムロック conium maculatum

毒人参(どくにんじん)

[←先頭へ]


ヘメロカリス Hemerocallis

ユリ科ヘメロカリス(ワスレグサ)属

 この属の植物を総称して「かんぞう」と呼んでいます。
 英名は、デーリリーです。

 学名のヘメロカリスは、個々の花の寿命が1日しかないことから、ギリシャ語の「一日」を意味する言葉と「美」を意味する言葉を組み合わせたものです。英名のデーリリーも「一日」と「ユリ」の組み合わせです。

花言葉は、コケットリー・媚び・しな
所縁の日は、3/13(誕生花としての記述なし)

萱草(かんぞう)

[←先頭へ]


ベラドンナ

ナス科

 英名は、Deadly nightshade。
 有毒植物です。
 根などに瞳を開かせる成分が含まれています。

花言葉は、人を騙す者の魅力

[←先頭へ]


ベラドンナリリー

ヒガンバナ科アマリリス属

 日本ではホンアマリリスと呼ばれている花です。園芸上のアマリリスとは別物です。
 ナス科のベラドンナには瞳を開かせる成分が含まれていますが、この植物にも同様の作用があるためにヨーロッパではベラドンナリリーと呼ばれています。

花言葉は、私の裸を見て・沈黙

[←先頭へ]


ペラルゴニウム Pelargonium grandiflorum hybrids

フウロソウ科テンジクアオイ属

 和名は、天竺葵(てんじくあおい)。
 ハンガリーの国花です。

花言葉は、君ありて幸福

天竺葵(てんじくあおい)

[←先頭へ]


ヘリアンサス Helianthus salicifolius

キク科ヘリアンサス属

 和名、ひめひまわり、こきくいも。

花言葉は、崇拝・誘惑
所縁の日は、9/7(誕生花としてOK)

小菊芋(こきくいも)姫向日葵(ひめひまわり)

[←先頭へ]


ペリウィンクル

キョウチクトウ科

 和名は、ひめつるにちにちそう。

花言葉は、楽しい思い出・揺るがぬ献身

ひめつるにちにちそう

[←先頭へ]


ヘリオトロープ Heliotropium arborescens

ムラサキ科ヘリオトロピューム(キダチルリソウ)属

 別名、きだちるりそう、においむらさき。日本に最初に入ってきた香水の香りだそうです。
 ヘリオトロープの名は、花が太陽の動きに合わせて回ると信じられていたことから、ギリシャ語で「太陽」を意味する言葉と「回転」を意味する言葉を組み合わせたものとなっています。
 また、種名arborescensは、「高い木にも似ている」という意味だそうです。

 ヘリオトロープにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、献身的な愛・熱望・献身・永遠の愛・誠実
所縁の日は、1/27・5/24・5/27(全て誕生花としてOK)

木立瑠璃草(きだちるりそう)匂紫(においむらさき)

[←先頭へ]


ヘリクリサム Helichrysum spp.

キク科ムギワラギク(ヘリクリサム)属

ヘリクリサム全般の花言葉は、永遠の思い出
ヘリクリサム(白)の花言葉は、悲しみ・寂しさ
ヘリクリサム(赤)の花言葉は、楽しかった思い出
ヘリクリサム(黄)の花言葉は、旅の思い出

麦藁菊(むぎわらぎく)貝殻草(かいがらそう)

[←先頭へ]


ヘリコニア Heliconia spp.

バショウ科ヘリコニア属

 和名、おうむばな。
 英名、ロブスター・クロー、フォールス・バード・オブ・パラダイス。
 学名のHeliconiaは、ギリシャ神話の芸術を司る女神ムーサが住んでいるといわれるヘリコン山にちなんで名付けられました。(同じバショウ科にムーサ属があるので、ムーサの住処の山の名になったそうです。)

花言葉は、注目

鵡花(おうむばな)檜扇・桧扇(ひおうぎ)

[←先頭へ]


ペリストロフェ

キツネノマゴ科

花言葉は、不思議

[←先頭へ]


ベルガモット1 Monarda didyma

シソ科

 別名、モナルダ。
 和名、たいまつばな。

 香りがイタリア産のベルガモット・オレンジに似ています。

 別名のモナルダは、スペインの植物学者ニコラス・モナルデに因んで名付けられました。
 和名は、茎の先に赤い花の一群をつける様子を松明に見たてて名付けられました。

花言葉は、感受性豊か

モナルダ松明花(たいまつばな)

[←先頭へ]


ベルガモット2 Citrus bergamia

ミカン科

 ベルガモットは、この木が最初に栽培されたイタリアの小都市ベルガモの名にちなんで名付けられました。

 茎・葉・果皮にベルガモット油を含みます。強い香気を持ち、オーデコロンの香料に用いられます。また、果実からクエン酸がとれます。また、紅茶のアールグレイの香りつけにも用いられます。

 シソ科のタイマツバナ(柑橘系の香りがある)にもベルガモットと呼ばれるものがあるようですが、全く別のものです。

 ベルガモットにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、戦い

[←先頭へ]


ベルゲニア Bergenia stracheyi

ユキノシタ科ベルゲニア(ヒマラヤユキノシタ)属

 属名Bergeniaはフランクフルトの医師兼植物学者のベルゲンに、種名stracheyiはヒマラヤでの植物採集家のストレイチーにちなんでいます。
 別名、ヒマラヤユキノシタ。

花言葉は、順応する
所縁の日は、3/23(誕生花としてOK)

ヒマラヤ雪の下(ゆきのした)

[←先頭へ]


ベルジアン・アザレア

花言葉は、愛の楽しみ

[←先頭へ]


ペルシャ菊

キク科

花言葉は、競争心
所縁の日は、4/13(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ベルティコーディアー Verticordia

フトモモ科ウェルティコルディア属

 英名は、feather flower。
 流通名は、フェザーフラワー、ベルティコルディア等。

 オーストリア原産の非耐寒性常緑低木。
 鳥の羽根のような小さな花を咲かせます。

花言葉は、憐れみの愛

[←先頭へ]


べるてっせん

花言葉は、精神的な愛

[←先頭へ]


ベルフラワー

カンパニュラ

[←先頭へ]


ヘルメットフラワー

花言葉は、美しい輝き

[←先頭へ]


ヘレニウム Helenium autumnale

キク科ヘレニウム属

 和名は、だんごぎく。花の芯が半球状に盛り上がっているところから名付けられました。

花言葉は、寛容な心・派手
所縁の日は、10/2(誕生花としてOK)

団子菊(だんごぎく)

[←先頭へ]


ヘレボラス(クリスマスローズ) Helleborus niger L.

キンポウゲ科クリスマスローズ(ヘレボラス)属

花言葉は、共に楽しむ

[←先頭へ]


ヘレボラス(レンテンローズ) Helleborus orientalis Lam.

キンポウゲ科クリスマスローズ(ヘレボラス)属

花言葉は、固い愛情

[←先頭へ]


ヘレボルス

キンポウゲ科ヘレボルス属

 別名、クリスマスローズ、レンテンローズ

花言葉は、慰めを求める

[←先頭へ]


ベロニカ Veronica spp.

 ベロニカにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ベロニカ全般の花言葉は、堅固・女性の貞節・人のよさ・忠実・貞節
       所縁の日は、6/20・8/13・8/30(全て誕生花としてOK)
ベロニカ(オオイヌノフグリ)の花言葉は、神聖・清らか・微笑みをもって
               所縁の日は、8/30(誕生花としてOK)
ベロニカ(ルリトラノオ)の花言葉は、女性の真心
             所縁の日は、6/15・6/20(6/20は誕生花としてOK)

瑠璃虎尾(るりとらのお)大犬陰嚢(おおいぬのふぐり)

[←先頭へ]


ベロペロネ Beloperone guttata

キツネノマゴ科ベロペロネ属

 属名Beloperoneは、ギリシャ語の「ベロス(矢)」と「ペロネ(帯)」に由来しています。
 別名、小海老草(こえびそう)。英名、シュリンプ・プラント。

花言葉は、ひょうきんな
所縁の日は、3/19(誕生花としてOK)

小海老草(こえびそう)

[←先頭へ]


弁慶臭木(べんけいくさぎ)

ブルー・エルフィン

[←先頭へ]


弁慶草(べんけいそう) Sedum erythrosticum MIq.

ベンケイソウ科セダム属

 和名は、切り取って数日つりさげておいてから土にさしても根付きがよく強いことを弁慶にたとえて名付けられました。
 俳諧では、秋の季語です。

花言葉は、静穏・平穏無事・信じて従う
所縁の日は、9/26(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ベンジャミナ・スターライト

クワ科フィカス(イチジク)属

花言葉は、気楽な仲間

[←先頭へ]


ベンジャミン Ficus benjamina

クワ科フィカス(イチジク)属

花言葉は、融通のきく仲間

[←先頭へ]


ペンステモン Penstemon hybrid

ゴマノハグサ科イワブクロ属

 別名、ひめつりがねやなぎ。
 ペンステモンという名前は、ギリシャ語の「pente(5)」・「stemon(おしべ)」に由来します。5つのおしべがありますが、そのうちの一つは仮おしべ(形は残っているけれども、退化して花粉を作らなくなったおしべ)です。

花言葉は、勇気・あなたに見とれています

姫釣鐘柳(ひめつりがねやなぎ)

[←先頭へ]


ペンタス Pentas lanceolata

アカネ科ペンタス属

 和名は、草山丹花(くささんたんか)。

花言葉は、誠実・博愛心・願い事

草山丹花(くささんたんか)

[←先頭へ]


ヘンベイン

 ハーブです。和名は、ヒヨスです。

花言葉は、打破・不完全

[←先頭へ]


ぺんぺんぐさ

薺(なずな)

[←先頭へ]


変葉木(へんようぼく)

クロトン

[←先頭へ]


芸香(ヘンルーダ) Ruta graveolens

ミカン科

花言葉は、軽蔑・同情

ルー

[←先頭へ]


ホースラディッシュ Armoracia rusticana

アブラナ科セイヨウワサビ属

 和名は、わさびだいこん、西洋山葵(せいようわさび)。

花言葉は、刺激的

西洋山葵(せいようわさび)

[←先頭へ]


ポーチュラカ Portulaca spp.

スベリヒユ科ボーチュラカ属

花言葉は、自然を愛する

日照草(ひでりそう)松葉牡丹(まつばぼたん)花滑りひゆ(はなすべりひゆ)

[←先頭へ]


ホーリー Ilex aquifolium

モチノキ科モチノキ属

 属名Ilexは西洋ひいらぎのラテン名に由来するそうです。
 別名、西洋ひいらぎ・ひいらぎもち。

花言葉は、魔術・悩殺・魅力・永遠の輝き・先見・用心・不滅の輝き
所縁の日は、12/11・12/25(いずれも誕生花としてOK)

西洋柊(せいようひいらぎ)柊黐(ひいらぎもち)

[←先頭へ]


ポインセチア Euphorbia pulcherrima

トウダイグサ科ユーフォルビア(トウダイグサ)属

 別名 ショウジョウボク(猩猩木)、クリスマスフラワー
 赤く色づいて花のように見える部分は、「苞」と呼ばれるもので、中央の黄色の豆状の部分がほんとうの花です。

 ポインセチアにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ポインセチア全般の花言葉は、祝福・私は燃えている
         所縁の日は、11/22・12/5
ポインセチア(赤)の花言葉は、私の心は燃えている
          所縁の日は、12/25
ポインセチア(白)の花言葉は、祝福・慕われる人
          所縁の日は、12/29
ポインセチア(桃)の花言葉は、慕われる人
ポインセチア(マーブル)の花言葉は、祝福する 
誕生花としてすべてOK

ポインセチア(スノーキャップ)の花言葉は、堅実
ポインセチア(ビートイ)の花言葉は、あふれる愛情

猩々木(しょうじょうぼく)

[←先頭へ]


箒木(ほうきぎ) Kochia scoparia

箒草(ほうきぐさ)

[←先頭へ]


箒草(ほうきぐさ) Kochia scoparia Schrad.

アカザ科ホウキギ属

 別名、コキア・箒木(ほうきぎ)。
 学名のKochiaは、ドイツの植物学者W・D・コッホに因んで名付けられました。

 この果実を加工したものは「とんぶり」と呼ばれ、畑のキャビアとして出まわっています。

花言葉は、私はあなたに打ちあけます

コキア箒木(ほうきぎ)

[←先頭へ]


帽子花(ぼうしばな)

露草・鴨跖草(つゆくさ)

[←先頭へ]


鳳仙花(ほうせんか) Impatiens balsamina

ツリフネソウ科ホウセンカ属

 別名、バルサム、爪紅(つまくれない)。

 俳諧では、「つまくれない」「つまべに」「染指(せんし)草」などとともに秋の季語です。

 鳳仙花にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ほうせんか全般の花言葉は、私に触れないで・性急な解決・心を開く・短気
        所縁の日は、9/8・9/18・10/19
ほうせんか(紅)の花言葉は、繊細・そっとして・私に触れないで
         所縁の日は、10/19
ほうせんか(黄)の花言葉は、せっかち・短気
ほうせんか(白)の花言葉は、私にふれないで
ほうせんか(赤)の花言葉は、私にふれないで
ほうせんか(雑色)の花言葉は、軽蔑する感情
ほうせんか(紫絞り)の花言葉は、私にふれないで

バルサム爪紅(つまくれない)

[←先頭へ]


宝鐸草(ほうちゃくそう) Disproum sessile

ユリ科

 お寺に吊るされている宝鐸に似ているところから名付けられました。

花言葉は、よきライバル

[←先頭へ]


鳳莱蕉(ほうらいしょう) Monstera deliciosa

サトイモ科

 別名、モンステラ。

花言葉は、うれしい便り

モンステラ

[←先頭へ]


菠薐草(ほうれんそう) Spinacia oleracea

アカザ科

 属名Spinaciaは、ラテン語の「スピナ(とげ)」に由来しています。種子にとげがあります。
 種名oleraceaは、「食用野菜の」という意味です。
 「菠薐」は原産地ペルシャの意味です。
 俳諧では、春の季語です。

 ほうれん草にまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、活力・健康
所縁の日は、12/12

[←先頭へ]


酸漿・鬼灯(ほおずき) Physalis alkekengi var. franchetii hort.

ナス科フィサリス属

 学名のPhysalisは、果実が萼に包まれているところからギリシャ語で「胞」を意味します。

 俳諧では、秋の季語です。

 ほおずきにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、いつわり・欺瞞・たよりない・半信半疑・自然美・不思議
所縁の日は、8/27・12/22・12/29

[←先頭へ]


朴の木(ほおのき)

モクレン科

花言葉は、誠意ある友情

[←先頭へ]


ホクシア

アカバナ科フクシア属

花言葉は、激しい心

ほくしゃフクシア

[←先頭へ]


ほくしゃ

ホクシアフクシア

[←先頭へ]


牧場の花

花言葉は、実用・従順
所縁の日は、7/21(誕生花としての記述なし)

[←先頭へ]


牧草(ぼくそう)

牧草の花言葉は、従順・服従
   所縁の日は、2/17
牧草の花の花言葉は、実利・効用
     所縁の日は、7/13

いずれも誕生花としての記述なし

[←先頭へ]


木瓜・貼梗海棠(ぼけ) Choenomeles speciosa Nakai

バラ科ボケ属

 学名Chaenomelesは、ラテン語で「裂けたリンゴ」を意味します。熟した果実に裂け目が生じることから名付けられました。属名lagenariaは、「瓶型の」を意味します。こちらは果実の形から名付けられました。

 木瓜酒をつくったことがありますか?とてもいい香りがします。でも、ほんの2、3ミリの果実を一口かじってみたら…香りからは想像も出来ない味がしました。試さない方がいいと思います。

 俳諧では、花は春の、実は秋の季語です。

ボケにまつわるお話については、「花物語」を参照して下さい。

ボケ全般の花言葉は、熱情・平凡・妖精の輝き・魅感的な恋
     所縁の日は、2/2・2/4・2/5(全て誕生花としてOK)
ボケ(朱)の花言葉は、指導者
ボケ(白)の花言葉は、先駆者・早熟
ボケ(桃)の花言葉は、平凡

[←先頭へ]


穂咲菖蒲(ほざきあやめ)

バビアナ

[←先頭へ]


穂咲桜草(ほざきさくらそう) Primula vialii

 別名、プリムラ・ヴィアリー。

プリムラ

[←先頭へ]


星孔雀(ほしくじゃく) Rhipsalidopsis rosea

サボテン科リプサリドプシス属

 イースターカクタスの別名。

花言葉は、恋の年頃

[←先頭へ]


細葉百日草(ほそばひゃくにちそう)

キク科

 別名、ジニア・リネアリス。これは英名をそのまま日本語にしたものです。

花言葉は、友への思い

ジニアリネアリス

[←先頭へ]


菩提樹(ぼだいじゅ)

シナノキ科

 別名、リンデンバウム。シューベルトの歌曲「菩提樹」に出てくるのは西洋シナノキです。
 釈迦が木陰で悟りを開いたと伝えられるのはクワ科イチジク属のインドボダイジュです。

 俳諧では、花は夏の、実は秋の季語です。

 菩提樹にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

菩提樹全般の花言葉は、結ばれる愛・結婚・熱愛・夫婦の愛
      所縁の日は、7/9・7/30・8/23(全て誕生花としてOK)
菩提樹(木)の花言葉は、夫婦愛
菩提樹(花)の花言葉は、結婚・情熱の恋

西洋菩提樹(せいようぼだいじゅ)

[←先頭へ]


蛍草(ほたるぐさ)

露草・鴨跖草(つゆくさ)

[←先頭へ]


蛍袋(ほたるぶくろ) Campanula punctata Lam.

キキョウ科ホタルブクロ属

 和名の由来には、子供がこの花につかまえた蛍を入れるからという説、蛍の出る頃に咲くからという説、花が「火垂る袋(ほたるぶくろ。提灯(ちょうちん)のこと。)」に似ているからという説などがあります。

花言葉は、愛らしさ・誠実・忠実・正義・悲しい時のきみが大好き
所縁の日は、6/5・6/10・11/21・11/26(すべて誕生花としてOK)

[←先頭へ]


牡丹(ぼたん) Paeonia

ボタン(キンポウゲ)科ボタン属

 中国では、花王、花神と呼ばれます。丹い(あかい)色が最上で、株分けで増やすことから牡(おす)の木であると考えられていたことから牡丹と名付けられました。和名は、漢名の牡丹を音読みしたものです。
 俳諧では、「ぼうたん」「富貴(ふうき)草」とともに夏の季語です。

 牡丹にまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ボタン全般の花言葉は、壮麗・恥じらい・高貴・富貴
      所縁の日は、1/17・5/3・5/7(すべて誕生花としてOK)
ボタン(桃)の花言葉は、風格ある振る舞い
ボタン(濃赤紫)の花言葉は、王者の風格

深見草(ふかみぐさ)

[←先頭へ]


牡丹蔓(ぼたんづる) Clematis apiifolia DC.

キンポウゲ科

 和名は、つる性で、葉の様子が牡丹ににているところから名付けられました。

花言葉は、安全・休息

[←先頭へ]


牡丹菜(ぼたんな)

花言葉は、愛を包む

[←先頭へ]


ボッグ・アスフォデル Narthecium ossifragum

ユリ科キンコウカ(金光花)属

 英名、bog asphodel。

花言葉は、私の後悔は世界の終わりまであなたについて行きます

[←先頭へ]


ボックス Buxus sempervirens

ツゲ科ツゲ属

 英名、box。

花言葉は、おしゃべりしたい気分

[←先頭へ]


ポットマム

キク科

 ポットマムは、鉢植え用の矮性(わいせい)品種の総称です。

花言葉は、高潔

[←先頭へ]


ポットマリーゴールド

和名は、きんせんか。
ハーブとしてはこちらの名前が多く使われます。

金盞花(きんせんか)

[←先頭へ]


忽布(ホップ) Humulus lipulus L.

クワ科

 和名は、西洋からはなそう。

 アメリカでは、「Hop」といえば麻薬、特に「アヘン」を指す言葉だそうです。

 俳諧では、「ホップ摘み」とともに夏の季語です。

花言葉は、希望・信じる心・天真爛漫・不公平・不義不正・不法
所縁の日は、10/4・10/8・10/28

西洋唐花草(せいようからはなそう)唐花草(からはなそう)

[←先頭へ]


布袋葵(ほていあおい) Eichhornia crassipes

ミズアオイ科ホテイアオイ属

 英名は、ウォーター・ヒアシンス。

 水生植物の中でも根以外が水面に浮いている浮水植物です。水面に浮くのはふくらんだ葉柄に空気をためているからで、このふくらんだ葉柄がを布袋様のおなかに見たてて名付けられました。地上で鉢植えにして育てると、ふくらんだ部分がなくなるそうです。

 水中に繁茂する藻類のミネラル塩を搾取するため、藻類の繁殖を抑制できます。また、重金属を取り込んで水をきれいにします。水質浄化に役立つ有用植物とされる一方、暖地では農業などの障害となる有害植物として駆除されます。陸性化して繁殖することもあります。
 繁殖力が強く群落状になり、熱帯では舟の障害物になることもあります。
 アメリカでは除草剤を空中散布して除草することもあるそうです。

 俳諧では、夏の季語です。

花言葉は、恋の悲しみ・恋の愉しみ
所縁の日は、7/13(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ポテンティラ Potentilla spp.

雉筵(きじむしろ)

[←先頭へ]


ポトス Epipremnum aureum Bunting

サトイモ科エピプレムナム属

 ポトスの名は、旧属名のPothosに由来します。1880年に誤ってポトス属に分類されたものを園芸家が使い続けたためにこの名が定着しました。現在の属名は「黄金色の」という意味です。
 別名、黄金葛(おうごんかずら)。

花言葉は、華やかな明るさ

[←先頭へ]


ポトス・ライム Epipremnum aureum cv. Lime

サトイモ科エピプレナム属

花言葉は、美しさの象徴

[←先頭へ]


杜鵑草・時鳥草(ほととぎす) Tricyrtis hirta

ユリ科ホトトギス属

 和名は、花被片の斑点をホトトギスの胸の斑点に見たててつけられました。
 俳諧では秋の季語です。

 ホトトギスにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、永遠にあなたのもの
所縁の日は、10/9(誕生花としてOK)

紀伊上臈(きいじょうろう)ホトトギスの花言葉は、あなたの声が聞きたくて
(和歌山県西牟婁郡すさみ町観光協会が日本全国からの公募により決定)

[←先頭へ]


ポニーテール Beaucarnea recurvata

リュウゼツラン科トックリラン(ベスチョルネリア)属

 和名は、トックリラン。

花言葉は、多くの才能

徳利蘭(とっくりらん)

[←先頭へ]


ポピー

雛罌粟(ひなげし)

[←先頭へ]


ポプラ Populus nigra var. italica

ヤナギ科ハコヤナギ属

 ポプラにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

ポプラ全般の花言葉は、悲嘆・愛惜・時・敏感・哀歌・勇気・度胸
      所縁の日は、1/28・3/12・3/27(全て誕生花としてOK)
ポプラ(白ポプラ。ウラジロハコヤナギ)の花言葉は、時間・復活・勇気・女性的原理
ポプラ(黒ポプラ。ヨーロッパヤマナラシ)の花言葉は、勇気・無関心

[←先頭へ]


ポポー Asimina triloba

バンレイシ科アシミナ(ポポー)属

 ポポーは英名をそのまま用いています。漢名も泡泡です。

花言葉は、健康
所縁の日は、11/15(誕生花としてOK)

[←先頭へ]


ホヤ

宿木・寄生木・冬青(やどりぎ)

[←先頭へ]


ホヤ・カルノーサ Hoya carnosa

ガガイモ科ホヤ(サクララン)属

 和名は、サクララン。英名、wax plant。

花言葉は、思いがけない出逢い

桜蘭(さくららん)

[←先頭へ]


ポリアンサス

花言葉は、富貴・神秘な心

[←先頭へ]


ボリジ Borago officinalis

ムラサキ科ルリチシャ属

 和名は、るりちしゃ。別名、パープルスター。

 ボリジの葉、花、種は気分を高揚させる効果があるとされていました。ラテン語の詩文に「われはボリジ、常に勇気をもたらす」という記述があり、出陣の際、兵士の杯に浮かべられました。
 また、画家達は聖母マリアの衣を描くのにこの花の汁を用いマドンナブルーという色を出しました。

花言葉は、勇気・鈍感・心がわり

瑠璃萵苣(るりちしゃ)パープルスター

[←先頭へ]


ホリホック

立葵・蜀葵(たちあおい)

[←先頭へ]


ホルトソウ Euphorbia lathyris L.

トウダイグサ科

 ホルトソウにまつわる話については、「花物語」を参照して下さい。

花言葉は、見せかけ

[←先頭へ]


ボロニア Boronia spp.

ミカン科ボロニア属

 別名、ピグミーランタン。

 学名のBoroniaは、イタリアの植物採集家フランチェスコ・ボローニに因んで名付けられました。

ボロニア全般の花言葉は、芳香
    所縁の日は、5/13(誕生花としてOK)
ボロニア(紅)の花言葉は、印象的

ピグミーランタン

[←先頭へ]


ボロニア・ピナータ Boronia pinnata

ミカン科

花言葉は、愛嬌・心が和む・印象的

[←先頭へ]


ほろびんそう

松葉牡丹(まつばぼたん)

[←先頭へ]


ホワイト・ウィード

フランス菊

[←先頭へ]


ホワイト・オーク

花言葉は、独立

[←先頭へ]


ホワイト・ブライオニー Bryonia dioica

ウリ科ブリオニア属

 英名、white bryoney。

花言葉は、繁栄

[←先頭へ]


ホワイト・ポプラ Populus alba

 英名、white poplar。和名は、うらじろはこやなぎ。

花言葉は、復活・勇気・時間・女性的原理

うらじろはこやなぎ

[←先頭へ]


ホワイト・マスタード

白辛子(しろがらし)

[←先頭へ]


ホワイトレースフラワー Ammi J.magus

セリ科ドクゼリモドキ属

 別名、どくぜりもどき。

花言葉は、ほのかな思い

レースフラワー

[←先頭へ]


ポンポンダリア

キク科

花言葉は、感謝・行動力

[←先頭へ]


Wordsworth - Version2.6.0 (C)1999-2002 濱地 弘樹(HAMACHI Hiroki)