Red Worm Sanatorium 虫療養所)


menu  [ top ] - [ sitemap ] - [ news ] - [ column ] - [ scinario ] - [ archive ] - [ nonmythos ] - [ links ] - [ profile ]


This web site is established to support "Call of Cthulhu" .

Red Worm Sanatoriumこと赤虫療養所は、Chaosium社のテーブルトークTRPG "Call of Cthulhu"
(もしくはクトゥルフの呼び声、コール オブ クトゥルフ d20、クトゥルフ神話 TRPG、CoC、CoCd20、CoCBRP、d20クトゥルフ、d100クトゥルフ…etc.)
を応援するために設立されております。

2016.04.17NEWS更新 ・ コンベンション参加された皆様おつかれさまでした ・ “コール オブ クトゥルフ d20”および“クトゥルフ神話 TRPG”発売中


NEWS (Article) ★ 




■(2016.04.17)■【ivent】ログインTRPGコンベンション終了報告と初心者体験会開催について
情報ソース ログインTRPGコンベンション ホームページ

 昨日の4月16日(土)に開催されたログインTRPGコンベンションに、キーパー参加させていただきました。このコンベンションはログインテーブルトークRPGから発売されているTRPGの公式体験会で、主催は株式会社KADOKAWA様。盛況だったのは何よりです。

 開催場所は都内のKADOKAWA富士見ビル。私だけ会場の場所を勘違いして集合時間遅刻(〈ナビゲート〉基本成功率0%)だったのですが、プレイ開始には間に合ってことなきをえました。コンベンション会場はキレイでしかも広い! テーブル間が広くて全然隣が気にならないのは素晴らしいと思いました。格安で貸して欲しいなあ(妄想)。さて当日は計12卓が立ち、うち“クトゥルフ神話TRPG”は8卓。全体的に初心者の方が多かった印象です。

 探索者作成も含めてプレイ時間は4時間しかなく、短めのシナリオを用意しました。私がプレイしたのは伝統の1920年代アメリカ。先月末に発売されたばかりの“クトゥルフ神話TRPG キングスポートのすべて”を意識して、アーカム→キングスポートを巡る展開にしました。プレイの方は探索者勢の出目がよく、あぶなげなく全員クリアという展開に。せっかくの狂気イベントが若干の不発気味でしたが、楽しんでいただけたようでした。

 公式コンベということで、休日に裏方のスタッフさんも大変だったかと思います。ただそのおかげもあっての成功でしょう。次回も開催されることを願っております。

 P.S. ひとつ告知忘れが。ロール&ロールステーション 秋葉原店様主催の第12回「クトゥルフ神話TRPG初心者体験会」が、4/23の土曜日に開催されます。もうプレイヤー募集は終わってしまっているのですが、ベテランキーパーが集まって同じ現代日本シナリオをプレイします。私は当日仕事で参加できない(悲)のですが、信頼できる方にピンチヒッターをお願いしてありますのでご安心ください。参加される方はよろしくお願い申し上げます。


■(2016.03.03)■第25回Co-Con終了報告
情報ソース クトゥルフオンリー・コンベンション(Co-Con) ホームページ
当日の卓割&タイムスケジュール

当日の卓割&タイムスケジュール

 先日開催されたクトゥルフオンリー・コンベンションは無事終了しました。ありがとうございました。当日の詳細は情報ソース先のレポートにある通りです。トラブルもなく終わったのはキーパーの皆様、お手伝いいただいた方、そして何よりプレイヤー参加下さった方々のおかげだと思います。

 立卓したのは今回も会場スペースぎりぎりな12。内訳は現代日本メインで、各時代卓があるといった概要。戦国時代や幕末、1950年代といった変わり種もありました。最初は落ち着いていた卓も、クライマックスに向かうに従ってヒートアップしていたのはどこも一緒。初心者の方も歴戦のベテランも一緒に楽しくプレイされていたのが嬉しく、コンベスタッフ冥利に尽きる一日でありました。セッション後の閉会式ではキーパーによるプレイ報告の他、豪華プレゼントの当たる抽選会も行われました。ご提供いただいた方には千の感謝を。ありがとうございます。なお、今回は久しぶりにパンフレットのほか“クトゥルフ・ダークエイジ”再販記念シナリオ冊子の配布も実現できました。シナリオをご提供下さった伊織さんありがとうございます。

 さて、次回はというと全く未定です。ここ最近はさまざまなコンベンションで“クトゥルフ神話TRPG”を遊ぶ機会も増えたと思います。会場の問題もありますが、当然我々も次につなげようと思っていますので、気長にお待ちください。告知できる段階になりましたら情報ソース先に詳細が掲載されると思います。その際にはよろしくお願い申し上げます。



■(2016.02.20)■第25回クトゥルフオンリー・コンベンションは明日開催
情報ソース クトゥルフオンリー・コンベンション(Co-Con) ホームページ
会場地図

会場地図。今回の部屋割りも画像と違い、1&4となります。

 明日はゲームマーケット2016神戸ですね。『1/10スケール・クトゥルフ神話TRPG』を用いた『クトゥルフ神話TRPG』体験会もあるようです。

 ところでコンベンションの告知です。参加予定者の皆様におかれましては、当日よろしくお願い申し上げます。今日の首都圏はあいにくの雨でしたが、明日は晴れの予報です。万一の際の告知等は、情報ソース先または公式Twitterアカウントで流します。確認できる方は、フォローいただけると幸いです。

 明日は道案内として、開会式前から四谷三丁目駅2番地上出口前にCo-Conスタッフがエルダー・サインの案内用ボードを掲げて立っております。当コンベンションがお初の方・自信のない方はご案内いたします。なおJR四谷駅ではありませんのでご注意を。私はスタッフ兼予備キーパーとして参加予定です。

 毎回のお願いで恐縮ですが、キーパーとしてご参加くださる方々におかれましては、当日お気をつけてご来場下さい。ご参加いただく皆様方におかれましても、当コンベンションの一員です。円滑な運営に何卒お力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。




■(2016.01.01)■新年のご挨拶
宇宙開発の殉教者

実在したリスザル、ゴード

 あけましておめでとうございます。本サイトの更新はスローなマイペースです。申し訳ありませんが、今年も継続第一&無理をしない方針でいきます。そのためたまに覗きに来る位で充分です。

 今年の干支は申年なので色々考えた末、画像は1959年に宇宙飛行したリスザルのゴードに。Chaosium社の1950年代アメリカを舞台にしたシナリオ集“Atomic-Age Cthulhu”からのイラストです。史実ではゴードはロケットに打ち上げられた後、行方不明となっています(詳しくはここ参照)。しかしシナリオ‘The Return of Old Reliable’ではひそかに海軍が回収しており……というB級ホラー的展開が素晴らしいです。黒幕は○○○○協会と●●●だし、ラストも燃える展開に誘導されてていいですね。

 それと今年はホビージャパン刊行の旧版“クトゥルフの呼び声”が発売されて30年です。実質日本語版30周年。何か30周年記念製品が発売されたり記念コンベンションが開催されたりすればいいなあ(夢)。

 あとは個人的にCoCのキャンペーン・シナリオでも催そうかと思っています。去年からずっとやろうと思って準備していた“Horror on the Orient Express”です。1年プレイしてどのくらい進んだかは来年をお楽しみに。

 さて、今年も次のソースブックやさまざまなゲームイベントでCoCが楽しめることを願っております。クトゥルフオンリー・コンベンションも2月に開催されるので、こちらもよろしくです。RWSを訪問くださる全ての方々へ、今年もよろしくお願い申し上げます。





rws@jcom.home.ne.jp※メールアドレスクリック不可
RWS管理人へのご意見・ご感想メールは、お手数ですが上記アドレスを手入力頂き、お送り下さいますようお願い申し上げます。

もしくはTwitterなぞやっております。メールは敷居高いという方はお気軽にリプライをどうぞ。
たまにCoC関係の落穂拾い的なことをつぶやくことがあります。