ブナ林便り
20160920
体調安定せず、15年つづけたHP毎日更新をやめ Twitter (ここをクリックしてください) に きりかえました
2016.09.09
緊急入院をくりかえし、体調安定せず ブナ林便り。15年毎日更新をあきらめ ときおり発信に、変えざるをえません

 2001年4月開始した この乱世世界史を瞥見する試みです。いま欧米中心主義の終わりを
私たちは 目の当たりにしています。この世界史の転換を しかと記録に刻んでいきたいと
思います。
 欧米式の近代化・殖民帝国作り の優等生だった日本が 最大最強の世界帝国になろうと
していた米国に 無謀にも挑戦し敗れ 世界を一極支配できる野蛮な米帝国の最も忠実なポチ
に成り下がる 終わりの終わりの 始まり でもあったのです。
 1980年代の早くから三木亘は、いわゆる近現代は軍事的・差別的・抑圧的メタ文明である
欧米文明(維新後の日本はそれに倣った優等生)の一極支配、多元共存破壊のいわば
闇の世界史を創ってきた、と批判し、多元共存再生の新しい世界史を夢見ました。今まで教えられきたのは<悪としての世界史>です。
遅れて板垣雄三は、欧米が世界に広めた近代・近代性は実はイスラームから学んだものであり、
欧米中心主義の世界が潰れる今、日本はどう変わればいいのだろうかという問題を考え
はじめました。華厳思想・宋学・タウヒード、いわゆるスーパーモダニティ復興という課題。
そして、長野イスラム世界勉強会を創り、闇の世界史を終わらせる学習拠点づくりを
試みはじめました。
ブナ林便り開始から15年、事態はどう変わったか。<一銭五厘の詩>が示すように、
万事が戦前に逆行、防衛予算は戦後最高となり、武器輸出に大企業・政府懸命。独裁政権は三分
の一与党にアグラを書き、庶民の命、福祉など眼中にない。改憲・戦争は目の前だ。いや、狂気の時代にある。
 2001年以降の宗主国の末期的戦争帝国化の下、かねて構造的差別下に全島軍事基地の
戦後史に苦しみ怒れる沖縄の民とともに、2011年以降、原発災害に怒れるフクシマの女
(東北の鬼)とともに、われらの近代史はじめての<始まりの始まり>が開始されています。
そういう<戦国乱世>にわれらは生きているのです。うその平和にうかれ。ハローインなどに酔いしれる時ではありません。
 2015年,欧米中心主義の世界、そして三つの殖民国家(米・イスラエル・日本)の沈下は
はっきりしてくるでしょう。その大転換に気づかず覚れぬわが国は,どういう反動に見舞われる
のでしょうか。
 国民・市民の目覚めと立ち上がりを阻む,我らに根ざす欧米中心主義+日本イデオロギーの
克服・脱却は,これからの困難な課題です。 
その先にしか明るい未来はありません。
 3.11から6年経っても見えない現場、小出裕章さんは 大人たちは福島原発事故の責任を
取れ と最終講義しました。 
 石牟礼道子さんは、3・11後、こんな句を詠みました。 
/ 毒死列島身悶えしつつ野辺の花 / 
★ 石牟礼さんは、日本はいま、「絶滅と創成が同時に来た」時期にあると考えています。
その通りです。わたしたちは存続の岐路に立っているのです。
ブナ林便りでいう 終わりの終わりと始まりの始まり の 同時展開 です。
 日本・世界・人類の大転換期にあることにいちはやく気づいたのは、all 沖縄でした。本土庶民
より早く、戦後70年の平和・自立を求める正義の闘いのなかで、沖縄の人々は欧米中心主義+
日本イデオロギーの克服と脱却を自明の理として体得しつつあります。

吉田悟郎
1921年2月8日生まれ。1945年から官許世界史との蟷螂の斧の戦いを続けてきました。今は16世紀以来の近現代世界の構造が崩壊しつつあります。新しい世界の目覚めが始まっています。この乱世世界史の中で日本は取り残されつつあります。
著書に『世界史学講義上下』(お茶の水書房)『自立と共生の世界史学』(青木書房)等。2016年2月95歳を迎え、ラストメッセージを発信し、,終わりの終わりと始まりのはじまりとを記録し続けています。この乱世世界史(日本史)の語り部たらんと努力しています。過去の記録『ブナ林便り・転』(孫娘がつくってくれた)と毎日の補注としてツィート[吉田悟郎pi」をあわせお読みください。

 

朝霞市立図書館    Google 
北方史を描く愉しさ... その一
    北方史を描く愉しさ. 第二話 ナナイとの出会い、「鎖国」の抜け穴―山丹交易、 山丹人、「松林」.
ナナイの村を訪ねて 三王昌代  朝鮮五葉松への旅 世界史学とともに 世界史の詩、原爆の詩  北海道の朝鮮五葉、アフガンの松の実
サイードの"a people"ー 「民族の問題」  吉田悟郎-インタビュー記事・記録(上越教育大「歴史教育史研究・第4号」) ある編集者の歴史   (その1からその12、結びまで まとめて収録)   
  チェチェン学習  21世紀の「モロ戦争」  グルジア・パンキシ渓谷と米軍   
インティファーダーパレスチナ人のたたかいー
   イスラエル人の目覚めー軍務拒否   
イエメンと平和    中高生の心   02.09.11テロ(三木亘・田中宇)   チェチェン学習   世界史教科書の検定体験
★★★エキサイト 翻訳  「みんなの翻訳」
FORUM高校生新聞 ある編集者の歴史 その一~その十一 そのこぼれ話→ある編集者の歴史 
吉田悟郎Twitterのユーザーアカウントは
吉田悟郎pi フォローしてみてください。
ブナ林便り・転 ブログ http://pinuskoraie.cocolog-nifty
全国高校生新聞 http://kousinren.cocolog-nifty.com/pen/


乱世世界史の今日、明日   
1日本列島
Peacephilosophy Centre  
●浅井基文 21世紀の日本と国際社会  

辺野古浜通信 

海鳴りの島から   目取真俊
田中龍作ジャーナル
二谷貞夫  新白樺湖通信  NO907


●大沼安史
●色平哲郎・藤永茂のウエブ
●ちきゅぅ座

二  東アジア
ハンギョレ

3  にゅーす

デモクラシーナウ日本語版

●孫崎浮ツィート

●金子勝ツィート

田中宇の国際ニュース解説  

●東京外国語大学「日本語で読む世界のメディ

2016.1123