脳梗塞について


2003年7月22日
午後2時すぎ目が覚めたら
右手、右足が動かなかった。
それと、失語症になった。
3時頃救急車で志村の板橋中央総合病院へ行った。
神経内科、原由紀子先生。鈴木美紀先生の治療を受ける。
右麻痺、失語症、脳梗塞。

2003年7月22日〜9月5日

板橋中央総合病院
http://www.ims-itabashi.jp/

F館の2階 救急病棟 7月22日〜7月28日


A館の5階 7月28日〜9月5日
看護師の顔は分かるが名前が分からない。
失語症の為に確認が出来なかった。

 
リハビリテ−ション A館1階
言語療法(ST) 河之口さん。
理学療法(PT)わすれた




月1回の通院
血液検査と薬を貰う。
2003年12月 神経内科 原由紀子先生
2004年1月〜2004年3月 神経内科 鈴木美紀先生 
2004年4月〜2005年8月 神経内科 中原広明先生
2005年9月〜2009年9月 神経内科 内山由美子先生

2009年10月〜神経内科 津成美先生


---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

 心房粗動


2007年10月11日
月一度の神経内科医 内山由美子医師の検診を受けた時、心不全の
恐れ有り。検査時の脈拍が異常に速過ぎ、ER室へ移動した。
「心房粗動」と診断された。

10月12日〜17日まで入院(D館)
その日に、中島博医師(心不全・不整脈)。によるカテーテルを用いた。
電気シュックにより、脈拍145を70前後にした。

2007年10月23日〜29日入院(D館)
心不全・不整脈科医 内藤勝敏医師。中島博医師。
カテーテルアブレーションの方法、心腔内に挿入し、カテーテル先端より
熱(45度〜60度)をし焼灼する。脈拍が70前後に落ちついた。
手術室には、看護師 南雲師長、コンピューター関係者10名ぐらい居た。





D館入院




------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

自然気胸


2013年(平成25年)5月6日〜7月1日

2013年5月6日午後4時頃救急車で板橋中央総合病院へ行った。
5月6日〜5月8日まで、F館の2階 救急病棟
胸腔ドレーン挿入した。
酸素吸入装置をつけられた。

5月8日看護師、渡辺さんが、迎えに来てくれた。
A館3階、個室へ案内された。

5月10日〜6月15日 二人部屋、案内された。
青砥さん、酒本さん
酸素吸入装置はつけられたままでした。


2013年5月13日手術を受ける。
川野亮二医師
主治医 江間俊哉医師
(髭男爵 !! お似合です)

江間俊哉医師
明理会中央総合病院に、2014年3月移動。

私は、明理会中央総合病院、2014年3月〜6月まで、
2014年6月10日で、私は終了です。








「手術」 胸腔鏡併用右肺部分切除、胸腔内洗浄。


1.右肺炎、自然気胸、 膿胸が合併している病状です。胸腔内の
肺損傷部位を修復し、胸腔内を洗浄する手術が望ましいと考えます。

2.胸腔鏡併用右肺部分切除、胸腔内洗浄を予定します。胸腔鏡という
カメラを用いて胸腔内を観察するとともに、開胸し、肺の損傷部位を同定し、
損傷部位を修複します。また、胸の中に膿がたまってる状態と思われます。
胸腔内を十分に洗浄します。


-----------------------------------------------------------

看護師

5月27日 ドレーン挿入、2本目を付ける 痛かった。中田さんが、
大声だした自分の腕を、つかんだなままであった。

6月8日 ドレーン2本が、深夜に抜けた。下茂さんが、 ”あ〜ぁ” と、言い。
(じぇじぇじぇ)と。
江間医師を呼ぶと云い、自宅は病院の側だった為に呼びだした。
江間医師には感謝するのみです。ドレーン1本ぬく

6月15日 隣人の、いびきが凄く。草野さんの指示で、部屋を変わった。

6月15日 江間医師と藤咲さんが、ドレーン1本抜きに来た。
「ごほん」て咳きをして下さいと言われたのに。
"ゴホン・ゴホン"て言ったなら、笑われた。

中野さん、林さん、福田さん検査時系列報告書
中野さんは、麻酔のプロ。林さんは、元気な声で、ありがとうございますと言い。
福田さんも、元気が良かった。

太田さんは、指がきれいと言ってくれた。元山さんは、お米飯の減り具合の検査。
根本さんは、遠くにいてもご挨拶してくれる。

準看護師、 太田さん、竹山さん、杉村さん、坂梨さんは、タオルを持って来て身体を
拭いてくれた。シャンプーもです。それと、二日に1回、レントゲン室との往復。

二ヶ月間入院していると、看護師の性格もわかる。
皆さん、礼をつくし、元気が良かった。


---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

2003年9月5日〜11月28日

都立豊島病院

http://www.toshima-hp.jp/
リハビリテ−ションのために転院した。

フジテレビ 8チャンネル
「ナ−スのお仕事 3」
観月ありささん
ドラマの撮影場所




財団法人東京都保健医療公社 豊島病院

担当医 神経内科 鈴木先生
看護師高橋さん


この病院は、ひと部屋4人で快適だった。


理学療法 PT 矢野さん
作業療法 OT 合田さん
言語療法 ST 相馬さん
リハビリ 学生 大山さん


車椅子から杖になった。


病院案内(7枚) に僕を載せてくれた。




看護師のうち名前を覚えているのは
新井田さん
福田さん
吉田さん
学生 中村さん


左が私、右は福田さん



5階5B 10号室 4人部屋


----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
2003年12月1日〜2004年3月30日

慈誠会 徳丸病院

http://www.device-net.com/tokumaru-hp/





理学療法 (PT) 小室さん、山口さん
作業療法 (OT) 斉藤さん
言語療法 (ST) 酒井さん

-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------
2004年4月5日〜2005年12月1日

慈誠会 東武練馬中央病院

休院のお知らせ。
工事は、
平成17年12月から開始し、平成19年2月完成を予定しております。



言語療法 (ST)
2004年4月4日〜2005年2月 岩淵さん
2005年3月〜5月 小林さん
2005年6月〜12月 寺原さん
毎週(月曜日)(水曜日)

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
2006年1月

慈誠会記念病院

http://www.jiseikai.or.jp/kinen
新病院は、西台に完成した。

(C)醍醐聡

内科 柴田美香先生
-----------------------------------
リハビリテーション

言語療法(ST)
2006年1月〜3月  茂木さん
毎週(月曜日)(水曜日)

2006年4月〜5月 小林さん
2006年4月〜2007年4月 中島さん
2007年4月〜2008年1月 榊原(茂木)さん
2008年1月〜2009年4月 小林さん
毎週月曜日

2009年5月〜 角田さん
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
2004年8月14日
成増
小林病院


(C)醍醐聡
http://www.kobayashibyoin.com/

リハビリテーション

作業療法 (OT) 2004年8月〜2014年3月 鷲見潤さん(スミ)
毎週(木曜日)(土曜日)

2014年4月〜 高橋美0さん
毎週(土曜日)



戻る
戻る