聖マリアンナ医科大学病院臨床研修教育関連施設
 
相模原市の内科、小児科、消化器科 
医療法人 大塚内科 大 塚 内 科 医 院
 
夜間休日急病の方は、相模原市医療情報センター   042-756-9000
子供さんの具合が悪くなったらまず、、、当院リンク集の”こどもの救急-おかあさんのための救急&予防サイト”をご利用下さい!
 http://members.jcom.home.ne.jp/ootsukanaika/homepage/sp/index.html
スマホ版はこちら、またはクリニック外観写真をクリックして下さい。^^)

基本健診を受けられる方、御予約は不要です。朝、食事をしないでいらして下さい。(一応保険証もお持ち下さい。)同時に検便(大腸がん検診)を希望される方は、あらかじめ容器を取りに来ていただけると幸いです。ご不明な点は、御遠慮なくお問い合わせ下さい。

         

9月30日  大口病院で7月以降約二ヶ月で48人が死んでるって、、全体で85床の病院でですよ!、、異常に気づけよなあ。
 昨日はお昼に横浜のベイクォーターでラーメンと餃子を食べて、ふらっと歩いていたらマックで月見バーガーのポスター!まさか立ち寄らないだろうなぁ~と思ったのですが、気づいたらセットで注文していました。マックなんてめったに食べないのですが、月見バーガーだけは惹かれてしまうのですよね。満月月見バーガーが売り切れていましたが、満月月見って普通の月見バーガーと何が違うんでしょうね。それにしても昨日は食欲がおかしかった...あたし、妊娠かしら?(^_^;)
 ポケモンGoでの迷惑話があちこちで話題になっていますが、東尋坊にめずらしいポケモンがよくでるらしく、自殺者がゼロになっているそうです。朝も晩も人がたくさんいるかららしいのですが、そういうことなら、自殺の名所すべてに集中させてしまえばいいと思ったのは私だけ?たとえば富士山のふもとの青木ヶ原の樹海にうじゃうじゃ出現させれば、、、そうすると見つけに行った人が帰って来れないか。
 あ...もう9月が終わる。

9月28日  一ヶ月くらい前に当院にかかったことの無い高齢者を看ている遠方の御家族から匿名のお電話をいただいて、 「食事をしない、床ずれが出来てきている、あちこち痛がるので往診をして欲しい。」 という依頼を受けたので、 「御家族の方でいいので一度保険証を持ってこちらにいらして、詳しく話を聞かせて欲しい。」 と最終的には申し上げたのですが、そこに行きつくまでに電話で20分以上、、、。待合室の患者さんをお待たせしてしまうし、普段のかかりつけの先生に相談されてみては?とか、他の往診医をご紹介しますとか、ケアマネさんに相談をしたら?とか、ヘルパーさんを入れて...とか、高齢者支援センターに相談をとか、何をおすすめしても、 「そんなことしてもむだだ!」 とか言って聞き入れてもらえず、結局 「遠いけど、私が診ますから一度来て下さい。」 で終わったのですが、それだけお話して往診依頼までたどり着いたのに、匿名のままで誰だかわからないし、その後も誰も御家族が来ないということがありました。
  「具合が悪くなって救急車で入院したのかな?」 と思っていたら、昨夕、 「K病院に入院したら母がひどい目に合っている。先生と話したい。」 という電話。お名前は?とか往診依頼ですか?とか事務で聞いても 「そんなこと言って何になる!先生と話したい!普段かかりつけの先生に相談に行ったら自費で○○円取られたから頭にきている!」 とも。そのかかりつけの先生が一か月前の先生と同じだったのと、横柄な態度から 「あの人だ!」 とピンときて、昨日は電話に出ずに事務で 「入院中は、その病院の相談室にご相談ください。また、入院中は原則的に他の医療機関には保険ではかかれないので、自費診療でご相談に乗りますので、こちらにいらしてください。」 と事務方でお断りしたら、怒りまくって電話を切ったそうです。
 なんかねぇ、、個人情報とか権利だとか言うけど、こちらも人間なのでねぇ。名前も住所もお勧めする全ての意見にも耳を貸さず、無料で待合室の患者さんを長々と待たせてまで他の病院の待遇の相談をしたいと言われてもねぇ。日本の医療が安いのは良いですけど、相談無料とか思っている人が多いし、まして、電話は”いくらでもかけ放題!”みたいなわけの分からない人が多くて困っています。(話の内容からして、その人はただのクレーマーなんですけどね。)((+_+))
 
9月27日  大口病院の消毒液混入事件。安全であるはずの病院に入院していてこういう目にあってしまった患者様には、本当にお気の毒で、医療従事者の一人として心よりご冥福をお祈りいたします。
 病院に昨日いらした患者さんに点滴しようとしたら、 「これ、消毒液入ってませんよね?」 とか聞かれてしまうし、困ったものです。こういう事件や事故が起こるたびに薬や点滴の管理が厳しくなって、ただでさえ忙しい看護業務や薬剤業務がより一層複雑で大変な仕事になってしまいます。
 4階だけでいろいろな事件が起きているなら、犯人は4階の関係者なのか?はてまた医療従事者?まさか患者さん?特定の人間ではなく、無差別に患者さんが亡くなって得する人間が犯人だとしたら、亡くなった患者さんに対する個人的な恨みではなく、病院の名を汚したい人間なのでしょうか、、、。とすると、病院に恨みを持つ人間?とするとやっぱり職員とか元職員なのでしょうか?
 でも、看護師さんなどの専門職の人が犯行に消毒液を使うのかなあ、、、。知識があるのだから、ちゃんと医薬品を使うのでは?あ、でも、薬品だと犯人探しでターゲットが絞りやすくなるから、わざと一人一人のためにできている薬品アンプルではない消毒液のボトルを使ったのか?
 犯罪や事故から安全な薬品の管理や検査方法が厳しくなることは患者さんにとっては良いことですが、医療費削減でどんどん医療報酬が下げられている中で、安全のためのコストを増やさなければならないことは病院の経営にとってはものすごく負担になることで、ただでさえ患者さんが増えているのに収入が減っているこの異常な業界にとっては、こういう事件は本当に迷惑な事件です。一日でも早い事件の解決と、国に対しては、安全のための医業収入の確保を切にお願いしたいものです。

9月26日  家族がどうしても観たほうが良いというので行ってきましたよ、 「君の名は」 、、、。
 客席は日曜の午後一番という事もあって満席でした。不思議なのは、老若男女揃い踏みであらゆる世代の人が観に来ているところでした。これだけいろいろな世代の方が揃って興味を示す映画ってなかなかないですよね。
 私は映画やテレビドラマでは松方弘樹並みの泣き虫で、大概の映画で(映画”ドラえもん”ですら泣きましたからねぇ...)涙するのですが、昨日は涙なしでした。
  「君の名は」 が好きな方には怒られちゃうと思いますが、基本的には”タイムスリップ”と”男女入れ代わり”というヒット作の王道の良いとこどりで、そもそも大ヒットを狙っているストーリー作り(でも映像が綺麗なのは認めますけど)でした。
 内容は、(医者だからそう見えちゃうのか)同じ精神疾患を患っていて、記憶障害の症状も顕著な2人がたまたま出会って恋に落ちる...みたいな。これ以上言うと観ていない人に悪いので言いませんが、私の感想はかなり人の感想とズレているのでネタ晴らしにはならないと思いますが、なんかねぇ、、中高生がカップルで観に行くには夢があって良いとは思いますけど、夢も希望も枯れ果てたおっちゃんが観るには、非現実的すぎて無理でしたなぁ、、、。
 我が家はこれで全員鑑賞したのですが、やはり女性陣には評価が高かったですねぇ。どうしたんだろう...俺、長澤まさみの声だけには萌えちゃったんだけど(#^.^#)、、本当に心が枯れちゃってるのかなあ。((+_+))

9月24日  行きつけのラーメン屋さんで並んだ時、4人座れるベンチに作業着を着た若造くんが二人で大股を広げてどっかりと、、、。私も座ろうとして若造くんに向けてギロッと目を合わせましたが、無視、、(やぎ座のA型は怖くないんだろうなあ)(^_^;)。
 その後来た赤ちゃん連れの御家族も立ちんぼ。彼らが順番で呼ばれたらみんなが座れたという...。
 若造くんたちも恐らく自分がそういう事をされたら怒るんだろうなあ、、と思いつつ、そういう事をされたら怒る気持ちはあるのに、そういう事を他人にはしてしまう気持ちが理解できなくて、、、。おまけにそういう人を注意すると、こっちが殴られたり殺されたり。
 犯罪者がそうですよね。自分が暴力を振るわれたり殺されたりしたら嫌なのは分かっているけど、人にはしてしまう...。嫌なことであることは想像できてはいるだろうけど、理性で押さえられない。
 おまけにそういう日に限って、いつもよりラーメンのスープが水っぽくて、、。あっ!こういう時に弱い人間だったらお店にクレームを言って憂さを晴らすんだろうなぁ...などと想像してみたり。
 道端で倒れた人を助けていると声をかけてくれたり、手を貸してくれたりするのも連鎖。嫌な目にあって、自分より格下の立場にある店員さんにクレームを言って憂さを晴らすのも連鎖。麻疹なのにコンサート会場にでかけて拡散するのも連鎖、おまけに連鎖球菌なんていう菌もあるし、、、(>_<)
 何が言いたいかというと、良い連鎖ばかりの世の中になればいいのになぁ...と思う、外では睨みをきかせてもダメなのに、予防注射の時に子供にだけは怖がられるおじさんでした、、、。

9月23日  朝晩冷え込みますねぇ、、。こういう季節の変わり目には風邪を引く方が増えてきますので、ぜひ気をつけてください。
 テレビで、とっくの昔に分かれた旦那さんが孤独死をしたので、行政の方から元の奥様のところで遺骨を引き取って欲しいと言われて、それをすんなり引き取ったという話を放送していました。女手一つで子供を育てたのに、嫌で分かれた旦那の遺骨を引き取って埋葬するなんて、できた人だなあ...と思ってなんとなく観ていました。
 そばに我が家の奥様がいたので 「もしとっくに離婚していて、俺が孤独死して行政から引き取り手が無いから引き取って欲しいと言われたらどうする?」 と聞いてみよう!などという欲求が。
 男はロマンチストなので、 「そんな悲しいこと言わないで!」 とか言ってくれることを期待しちゃうものなのですが、いざ勇気を出して聞いてみたら、 「大塚家の墓に入れるんじゃない?」 とあっさり15文字のゴミの仕分けのような返答。
 ...いや、それが出来たら行政も困らないと思うんだけど、、(^_^;) ...というか、それだけ?、、。((+_+))
 男はいくつになってもロマンチスト、女はあんなに恋愛ドラマとか好きなくせに現実的なんだなあ...ということをあらためて学んだ、心が風邪気味な秋分の日でした。
 
9月21日  筋肉量を増やすことで得られる6つのこと、1.ストレスから身を守れる (ストレスにより生じるキヌレニンという物質を解毒する酵素が生じます。キヌレニンはうつ病や精神疾患の原因物質とされています。)、2.老化プロセスを遅らせる (有酸素運動をするとミトコンドリアの活性が高まります。)、3.代謝を高める (筋肉量が多ければ、当然基礎代謝が増えて体重が増えにくくなります。)、4.姿勢が良くなる (体幹の筋肉を鍛えれば、背骨が安定します。逆に体幹の筋肉が衰えると、猫背や肩こり、腰痛、疲労感などの症状が出て様々な健康への悪影響が増えます。)、5.見た目が良くなるので魅力的に見える (私を見てください!、、、(+o+))、6.ジムが必要なくなる (最近家でも筋トレやスクワットをしているので、ジムに行けない日が続いても体型が維持できています?(-.-))
 以上、ネット記事からの引用ですが、お医者さんって体力勝負な所があるので、勉強ばかりしていて身体が細くて弱々しいと思われがちですが、私の周りでも成功している先生方はストレスも多いせいかおのずと何かしら身体を鍛えていて、かえって普通のお仕事をされている方よりも筋肉が多くてがっちりしている人が多いような気がします。
 、、、以上、夏休みとシルバーウィークで増えた体重と戦っている大塚先生でした。(T_T)

9月20日  真田丸、、男から見ても草刈正雄ってかっこいいなあ、、と思う朝。
 最近、坊主バーというものが何軒かあって人気急上昇らしいですね。メニューもお店によっては、般若湯、良寛、一遍などのお酒や、極楽浄土、無間地獄、愛欲地獄、灼熱地獄などのオリジナルカクテルもあるそうです。
 本物のお坊さんが経営、運営していて、一日二回、お経を唱えた後に説法タイムがあり、 「読経と説法のライブハウス」 という呼ばれ方も。興味がある人は真剣に耳を傾けて、まったく興味が無い人は聞いていなくてもおとがめなしなので、お坊さんとの適度な距離感が受けているようです。
 近くにあれば行ってみたいけど、気分良く飲んでる時にお経が流れてくるとどんな気持ちなのでしょうね。酔っ払うと説法にも異論を唱えてしまいそう、、、。(^_^;)
 悩み多き現代人や若い人たちにとっては、気軽に相談できて仏様の教えを請う事が出来るバー、仏教に気軽に触れることができるバーという点では、こういうバーの存在は有り難いかも知れませんね。

9月17日  世間は今日から三連休ですね。私は今日の午後3時まで診療してからは一応フリーですが、このところ在宅で診ている方が具合が悪くて、いつ呼ばれても良い体制にはしておかないと、、。
 最近は在宅診療専門クリニックがたくさん出来てきて、24時間365日いつでも訪問できます!...的なところが増えてきたので、私のような普段の診療をしながらの孤軍奮闘のタイプはだんだん淘汰されてきています。以前は常に50人以上の在宅患者さんを診ていたのですが、今は20人くらいでしょうか、、。休みの日でもいつ呼ばれるかわからない常に緊張感をぬぐえない日々というのはあまり身体によくないので、減ったことが悲しいとかではなくて、かなりきつかったのでそういうクリニックが出来てむしろ助かったと思っています。
 病院から在宅へという政府の意向はそもそも医療費の削減なので、 「収入は減らしますよ!でも24時間闘ってね!」 という目標のため、現場は本当に大変です。
 でも、そう考えると産婦人科のクリニックの先生はもっと大変ですよね。24時間365日いつ生まれるか分からないから、常に呼ばれてもいいようにしていなくてはいけなくて、そんな生活を強いられているにも関わらず、医療訴訟が一番多い診療科なのですから。産婦人科を選ばない医者が増えるのは当たり前ですね。
 医者とか介護職とか、もうちょっと待遇を良くしてくれないと、これからくる超高齢化社会に対応できないのですけどねぇ。医療費などの社会保障費が足りないと言うわりには、テレビを付ければオリンピックや築地の話では豪華てんこ盛りで、、、。政治家に良い思いをさせる仕事であればお金も流れてくるのね、、、。(-_-;)
 
9月16日  コインパーキングの表示ってややこしいですよね。24時間最大800円とか書いてあったから 「お、安い!」 と喜んでしっかり一晩停めて、翌朝取りに来たら、請求額が1600円、、なんで?と思ったら、小さく 「当日内」 としっかり書いてあったなんていう経験ありませんか?
 日本だけなのでしょうか?大事なことをバレないようにしたいのか、小さく書きますよね。たとえば、ダイエット食品や運動機器などは、画面右下に小さく、 「個人の感想であり、効果を保証するものではありません。」 というような書き込みがあったり、、、。
 逆に、食べ放題などでは、メニューに分かるように大きく 「食べ残した場合には、相当の金額をいただきます。」 なんていう、お店の利益に関わるような時には必死の様相を呈します。
 最近、情けないことに老眼が進んできて、小さな文字を読むのが大変なので、どうか大事なことは一番わかりやすい位置に、分かりやすく大きな文字で書いていただきたいのですが、、、って、誰に言えばいいんだろう?

9月14日  隣のアパートに住んでいる、近所の知らない子でも悪いことをすると叱り飛ばす今どき珍しい頑固爺さんが最近すっかり足が衰えてしまって、一緒に清掃範囲を私と取り合っていた朝の外掃除もできなくなってしまって、今朝もビニール傘を杖代わりにつきながらゴミ出しのためにゆっくりと歩いていたので、当院の2年以上誰も取りに来ない忘れ物の杖を差し上げてしまいました。
 患者さんの忘れ物の傘を勝手に使っていたら、偶然(?) 「かさどろぼう」 という絵本を寄進していただいたのに続き、今日から 「つえどろぼう」 という絵本が届かないかと、びくびくしています。 、、、でもすごく嬉しそうだったなあ。
 
 昨日は、往診の途中でローソンに寄って、野菜を摂らねばと思ってレタスサンドと、疲れていたのでカツサンドとエナジードリンクを買うためにレジに行ったら、 「このレタスサンド、朝の10時までの商品になっておりまして、お売りすることができませんけど、よろしいでしょうか?」 とのこと。
 棚にあった最後のレタスサンドだったのを知っていたので、そんなセリフを言われたことがなかったのと、野菜を摂りたかったのに 「よろしいでしょうか?」 と言われて普通に諦めるのもくやしいので、浮かんだ言葉が 「じゃあ、ただで下さい、、。」 (近所のローソンだったのに、勇気ある医者っ!)
 で、、、「それはできません。」 との返事。だったら 「よろしいでしょうか?」 って聞かないでくれぇ~!、、てか、売れないものを棚にならべとくなぁ~~~!

9月13日  高畑の示談ってなんで?金で解決したの?そんなんでいいの!そもそも茶番だったの?と思う朝、、、。
 昨日はテレビ周りのリフォームをしたのですが、ああいうテレビとDVD機器とケーブルテレビの機械を繋ぐ作業って、昔は黄色と白と赤の3色コードを使って繋いだのに、今はHDMI端子というのがあって、それ一本で画像も音声も繋がっちゃうんですよね。
 そのHDMI用のコードが手元になくてとりあえず三色コードで繋いでみたら、昔のテレビの映像レベルって観るに堪えないですね。デジタルの時代になって人の肌のキメまではっきり見えるようになると、以前の画像の汚いこと、、。
 それが当たり前と思って見ていると当時はそれで良かったものが、それより良いものを手に入れてしまうと、もう質の悪い頃には戻れないものですね。
 VHSの頃の画像なんて、なんじゃこれ?の世界だし、ベータって今はどこいっちゃったんだろ?日本の技術の高さに感謝するとともに、昨日の作業で以前に戻れない自分に驚いてしまいました。
 昔は銀行に行かないでお金のやり取りができるなんていう時代が来るなんて想像すらしませんでしたが、今ではそれが当たり前になったので、今に、画面に手を入れると、実際に感触が分かったり、それが手に入る時代になるかも知れませんよね。
 
9月12日  昨日は夕方5時から夜の11時までメディカルセンターの当番医でした。いつも19:00くらいになると30分だけ休憩をとって夕食を食べていたのが、昨日は 「食べられるときに食べておいてください。」 と。 「え?いつからそうなったの?」 と聞くと、 「ここにいらした市民から、患者を待たせて食事をするとはなにごとだ!」 と市側にクレームをいただいたそうです。
 今までも、状態の悪そうな方がみえたり、すごく混雑していると、たとえ食事の時間であっても診察を優先していたのですが、”患者を待たせて食事をするとはなにごとだ!”と言えば聞こえが悪いのですが、言い換えれば、 「医者は飯も食わずに休日もひたすら働け!」 ということでしょう?そのクレームに応えてしまう市や医師会も呆れますけど、休日や夜間にいつでも診察してもらえる施設があるというこの有り難さ。ここまでくるのに先代の先生方が市と交渉して、どれだけ頑張ったか、、、。それが当たり前になってしまうと、医者の30分の食事の権利にまで、、人の欲というのは天井知らずですよね。
 そうそう、今は医療機関もネット上で口コミがあって、あるサイトではうちは5点満点中2.29、他のサイトでは満点!いずれも一件ずつの書き込みだけだったのですが、レストランなどで美味しいと思えるお店の基準はだいたい3.5前後なので、2.29はかなり美味しくない、どちらかというと苦情が絶えないお店です。(#^.^#)
 2.29の方は、「風邪で行ったのに薬を6種類も出すなんて!」 という苦情??でした。なんとなく見た中でその2件だけの口コミでしたが、休日や夜間にも頑張っている人が偉いのか、ネット上や市役所に悪口を言っている人が偉いのか分かりませんが、せっかく生まれてきたのですから、お互いが気持ちよくなるような言葉が飛び交う世の中になると良いなあ...。((+_+))


インフルエンザワクチン
診療理念
プロフィール
ご案内
フォトギャラリー
肥満
ビタミン・ミネラル
コラム
増田屋
アフター5
楽しい週末
リンク集
Access Count:
Last updated: 2016/9/30
twitter: @takokamakura
Copyright Tako Allrights Reserved 2001.
著作権は医療法人大塚内科にあります。無断にての転用を固く禁じます。
 

ootsukanaika@jcom.home.ne.jpメールはこちらまで。