環境負荷の低減と優れたコストパフォーマンス          革新技術は世界を拓く
新改質燃料     株式会社 環境クリエイト

                           〒279-0011 千葉県浦安市美浜4-9-20        TEL: 047-306-3060 / 090-3144-5902 
  ohya-01@jcom.home.ne.jp 
      

改質燃料改質燃料 新改質燃料 加水燃料 







化石燃料は不純物や空気中の酸素との結合不足などを原因として、燃焼が阻害され20~30%が不完全燃焼となり、エネルギーのロスとともに環境や健康に悪影響を及ぼす大気汚染物質のNox、Sox、PMなどを大気中に排出します。
この近年、急速に進む地球温暖化現象は、燃焼時に排出されるCO2(温室効果ガス) の影響が主因
と言われ、なかでも大量消費される化石燃料は1997年のCOP3での「京都議定書」に始まり、その後も多くの国が参加して削減の具体的数値を目標として定めるほか、技術先進国ではCO2排出量の少ない代替エネルギーの開発が進められています。
しかし、重要なエネルギー源である化石燃料の削減は、産業を衰退させ経済発展を阻害する恐れもあ
り、先進国と発展途上国との足並みは揃わず、また、CO2の排出権売買も実質的な削減とはならな
いばかりか、資金力により企業間、国家間の格差拡大を助長することも懸念されます。
一方、温室効果ガスの排出量が少ない代替エネルギーとして、太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイオ燃料や水素ガスなどの新技術に期待が集まりますが、安定供給、経済性、品質、投資効果などの課題が残り、まだ化石燃料に取って代わる決め手とはなっていません。

このような状況の中、喫緊の有効な手段として、
化石燃料の改質技術に再び関心が高まっています。
新改質燃料は、化石燃料の優れた性能と多様性を維持し、環境負荷の低減と経済性を両立する、従来では類を見ない完成された改質技術として、産業の発展に寄与、貢献いたします。





ホーム加水燃料加水燃料の条件新改質燃料とは改質の推論

Copyright© 2015 Kankyo Create Co., Ltd. All Right Reserved.