ロゴNO!!小型核兵器(DU)サッポロ・プロジェクト病院の親子

こどもたちの未来に、劣化ウラン弾は要らない
目次
最初のページ
 
プロジェクトについて
 
劣化ウラン弾とは
 
MLへの参加
 
活動報告
 
関連リンク
 
サイトマップ
 

>>リンクについて

原則としてリンクフリーですが、メールでご一報ください。
なお、リンクはトップページにお願いします。

画像などには著作権・肖像権がありますので、無断の転載はお断りします。

※サイト内で使用している画像は、主に、『NO!!DUヒロシマ・プロジェクト』よりいただいたものです。

フレームご利用のサイトでは、リンクターゲットは新規ウィンドウでお願いします。

>>連絡先

このサイトに関するご意見・ご質問などの連絡は、下記宛にメールにてお願いいたします。

連絡先 : Webmaster

【最終更新日】 2005年9月10日

劣化ウランは危険ですか?
YES!
劣化ウランが自然界に存在する天然ウランの6割しか放射能を持っていないとしても、「劣化ウランは安全だ」という根拠にはなりません。放射性物質であることに変わりはなく、放射線被曝にはASAP(As Small As Possible)の原則があります。少なければ少ないほど良いのです。
特に劣化ウラン弾は、何百トン単位で極めて短期間に特定の地域に対して使用され、塵や飲料水・土壌などによって放射性物質が体内に直接取り込まれます。
ウラン兵器禁止を求める署名国際キャンペーン

当プロジェクトで集約した署名は、現在下記のようになっています。

 2005年1月時点の集計 2112筆
 【合計】 2112筆

ご協力いただいた皆さまにお礼申し上げます。
2005年2月15日が第一次集約でしたが、現在も署名活動は続けております。

こちらから署名用紙をダウンロードしていただけます。(PDF)

ウラン兵器禁止国際連合(ICBUW)では、オンラインによる署名活動を行っています。
近くに活動団体がなく、署名に参加しにくいという皆さんも、ぜひ、
下記のアドレスによるオンライン署名にご参加ください。

<http://www.bandepleteduranium.org/>

※トップページ右側の"Petition"から入れます。


日本はウラン兵器と無関係?
NO!

日本の原子力発電所は、ほとんどの核燃料を海外から濃縮ウランの形で輸入しており、濃縮の過程でできる劣化ウランは海外の濃縮工場に残されます。
日本向け核燃料の廃棄物だからといって、それらが兵器転用されないという保証はありません。


since 2004/4/1
お知らせ

9・11 ピースウォーク

日本には、人権・生活・命にかかわる緊急課題が山積みです。平和のための投票を!
詳細は >こちら

2005/9/9

国際キャンペーン

世界中で「ウラン兵器禁止を求める署名国際キャンペーン」を行っています。
詳細は >こちら

2004/9/23


NO!!DU sapporo webteam
- all rights reserved -