「創聖のアクエリオン」 

公式HP テレ東HP

←戻る

 

26話<世界のはじまりの日>
あ、シリウス死んでなかったw
しかもトーマに裏切られたことで、再びアクエリオンに搭乗って、都合よすぎじゃねえかと。
戦いの果て、トーマを倒すも生命の樹の崩壊は止まらず。
復活させる太陽の翼の覚醒のためには、アクエリオンに堕天使が搭乗してることが条件だと気づいたトーマが、レイカとチェンジして生命の樹にアポロとシリウスを引き連れて突入ですって。
シルビアがいがみ合う三人のつなぎとなって合体は成功し、太陽の翼が覚醒。
彼らが贄となることで、生命の樹は見事活力を取り戻し、人間も堕天使も共存する道を歩むことで未来が切り開けますってよ。
はいはいめでたしめでたし。
捨て回の突拍子なさ以外は見所皆無のアニメでしたね。
まあ、その無駄がすべてといっても過言じゃないわけで。
最終回も、レイカとリーナがテレポートしてきた無人機に搭乗し、復活したピエールと三人で合体して無意味に出番作ったりね。
あと、菅野よう子が担当したOPや音楽はめちゃくちゃいい出来だったと思いますよ。
見逃しも多かったけど、その穴をレンタルなりで埋める気にはならなかったなぁ。

25話<決戦!!アトランディア>
つぐみOUT→ピエールINで、戦いの舞台はアトランディアへ。
レイカを想う心で正気を取り戻したグレンなんかが道を切り開き、アポロたちは敵の本拠地へ。
指令が言うには、堕天使を、生命の樹を滅ぼすことは、人間の世界も二度と生命の誕生しなくなってしまうらしい。
なんでそんなことを知ってる…というよりは、なんでそれがわかってるのに戦い続けるのか意味不明。
連れ去られたシルビアは、とち狂ったシリウスに監禁されて、アポロとシリウスの戦いを「やめて」とか言いながら見物。
そして、1万2千年前の因縁の答えが、シリウスとシルビアはもともとアポロと恋仲だった一人の人だったとか、アポロの生まれ変わりはアクエリオンとか。
アポロに見せ付けるようにシルビア殺そうとしたのは人間としての彼女の意思の覚醒によって未然に防ぐも、あちらに偏重していたシリウスは死亡した?
見てる側としては、いまさらシリウスが死んだところでどうってことないので、後付け設定に感謝するべきなのかなw

23話<翼、儚く>
グレンっていう奴に駄天使の羽移植してまで戦わせるディーヴァってどうよ?って話。
駄天使の羽を内包して動揺してるシルヴィアをめぐって、こんなとこにいるなと同胞として迎え入れようとするシリウスと、人として彼女を必要としてるアポロの争いって感じ。
結局シルヴィアはアポロ選ぶんだけど、半分は駄天使なのばれちゃったのに居場所あるのかね?
サイボーグ化しちゃったグレンなんかより、人としての自覚持ったままのシルヴィアは戦力としては有効だと思うけど、問題はそういうこっちゃないんだろうし。

22話<見えない翼>
シリウスがアクエリオンの機体ごと堕天使側に亡命した影響のお話。
自分のせいだと思い悩むレイカ、解任の危機の指令、シルヴィアも堕天使側に誘われたり、ピンチだねぇ。
シリウスやシルヴィアの秘密なんかが、他の隊員にも知らされたりするわけですが、視聴者的にはいまさらですんで。
最後には新型アクエリオン登場したけど、これにもなにやら裏があるようで…、最終回に向けてかなりシリアス路線です。

21話<紅い道>
前回駄天使の子供実験材料にして殺したことで、メンバー(特にシリウス)の邂逅とディーヴァに対する疑念、それに駄天使の復讐劇って感じですかね。
自分も駄天使だってことバレて、シリウスは敵さん側に鞍替えですよ。
いつもしたり顔ですべてを心得てますって風な指令が、こういう肝心なときに何にもしないってのはなんなんだ?
遊びもなかったし、チェンジ後のシルビアの裸以外見るべきところないよ…。

20話<天翅の翅音>
殺意なく殺戮を繰り広げる子供の堕天使を、偶然ちょうど出来たばかりの捕獲システムで捕まえようって話。
仲間にアポロって名前貰った特別な日をじゃまされたので、やたらイライラしてるアポロが違和感ありすぎ。
捕まった堕天使、結局献体として殺されちゃうし…、今までの遊び回とのギャップがすごいね。
お願いだから、伏線はちゃんと張っておいてくださいよ…。

19話<けがれなき悪戯>
敵の創りだした世界にアクエリオンごと引き込まれ、自らは誰かと思案させられる話。
引き込まれた世界で、キャラの顔から背景から色調から…っていうか、まとめて絵が全部違う!
「風人物語」のキャラを不細工にした感じw
ストーリー無視して、これだけ面白い回だとは思わなかったです。
というか、完全に作品自体がネタ化するのを決定付けたな、こりゃ。

18話<魂のコスプレイヤー>
OP・ED変更。
前の方が印象的だったけど、新しいのも悪くないと思います。
人の気持ちを理解するために、まず形からってことでコスプレです。
どいつもこいつも…馬鹿だろw
精神的ブラクラ多すぎだし、考えたら負けなんだけどもorz
結局三者三様ってなことを認めるのが大事、ってことらしい。
コスプレあんま意味ないし…。

17話<食べたくて合体>
女性陣ダイエットブームで、それを察知した堕天使族が基地の周りの食べ物すべて消しちゃってさあ大変と。
どいつもこいつも意志弱すぎ、っていうか普段より顔が長かったような?
崩した顔が多かったからかもしれんけど。
しかし、兵糧作戦とは随分地味なw
理由はどうあれ、女子だけの合体見れたからいいけどね。

16話<黒い瞳>
吸血鬼のホラー映画見てリーナに相似する点があり、疑惑を一人が口にすると俺も俺もと地を吸われたっぽい状況が報告され、リーナに対する疑惑は恐怖へと変わっていく。
自分の中に敵の血が流れていることを隠しているシルヴィアは、ありのままの自分を受け入れてくれてくれたアポロに助けを求める。
そんなときに現れた創世獣は、リーナの巨大化した姿で…。
結局創世獣はみんなの恐怖心が作り出したってことなんだけど、リーナも本当に吸血鬼でしたってオチ。
吸血鬼だろうと受け入れるって体制はいいんだけど、秘密主義で台無しにしてるよね。
驚いたときの表現とかで、やたら顔崩したりしてたのが印象的でした。

15話<初恋のアクエリオン>
合体依存症になったピエールが、それをどう克服するかって話。
そこはまあいいとして、とにかくピエールが再びアクエリオンに登場しなきゃならない状況を作るために、メンバーが乗ってはやられを繰り返してるところが最高に面白かった。
あと、人に支えてもらいたいって弱い心のせいで依存症になったってことになったらしいんだけど、ピエールがいままで頼ってきた人≒女性遍歴の回想に、フィギュアとか猫とか…。
なんでもありですか!?

14話<光る影>
シルヴィアが夢の中でアポロの過去を追体験したり、アポロが昔のこと思い出したりする話し。
合体すると気持ちいいってのは、意識の共有が出来るかららしいです。
今回も地味な面子で戦ってるなと思ったら、途中で全とっ換え。
主力部隊になったところでピンチになるのはお約束として、シルヴィアがアポロに同調して理解していく姿はちょっとかわいかった。
妹にフラれてショック受けてるシリウスもなかなかに笑えました。
ED変更。

13話<一万二千年のラブレター>
1話で敵に取り込まれた友達をだしに基地内に潜入してきたり、その友達があっさり死んだり、生き返らせてやるから今の仲間を差し出せって言ってきたり、前世からの因縁があるプライドの高いはずの敵なのに随分と姑息な手を使って攻めてきた。
昔に何があったのか結構語られたのと、地味な面子でのアクエリオンの合体があったので面白い回でした。

8話<はじめてのがったい>9話<夢のかよいじ>10話<空に星、地に花>11話<水底のしあわせ>12話<琥珀の時>
5話も続けて見ると(ry
まあ共通の見所は、合体時のエロさと馬鹿みたいな必殺技の名前ですかね。
ラブコメ風味なところと、過去姓とかの戦ってる理由なんかが味付け。
とにかくロボ搭乗者が大量にいるので、その組み合わせに終始してるかな。
同じ理由からキャラの裏表がほとんどなく、一つの個性をとことん貫いてる感じ。
嫌いじゃないんだけど、本筋のストーリーがどうしようもないので…。

7話<深紅の薔薇の騎士>
精神攻撃するのが今回の敵。
「嫉妬もエネルギー」ってタママの嫉妬玉かw

5話<地価迷宮の王>6話<想い彼方へ>
人類の敵に対抗するロボットを操縦するために集められた少年少女、どうやら前世の因縁なの度も関連してきて…。
あまりに基本な設定なのでまじめにやられたら即切りだったんだけど、合体シーンがエロかわいかったり音楽がよかったりネタとして面白かったんで見続けて今に至る、と。
っていうか、馬鹿すぎだろコレ!

←戻る