A.P.J.
Acoustic Progressive Jazz


事の発端は???

難波弘之氏・・・
初めて
氏のAcoustic Pianoを聞く

ウムムッ・・

麗しい・・城が見える・・

大阪のガチャガチャした土地に
生まれた私にとっては
かつてない薫りだ

これは
私の上品な音楽性に
合うではないかいな・

あぁコリャコリャ


ダハハハッ!!


なんといいましょうか
難波氏のPianoは
        今までに出会わなかった品なんですね        

というわけで

大阪生まれの粗雑な水野と
高貴なる気品を漂わす難波氏とで
興味津々のTrioが生まれました


Member
Acoustic Piano難波弘之Progressive界の貴公子がJazz界へやってくる
Electric Upright & Fretless Bass水野正敏仕掛け人妖怪・・・ガハハハハハッ!!
Drum(前)山木秀夫日本が世界に誇るDrummer・・知られている以上に強烈なるDrum
Drum(現)池長一美世界を股にかけた旅芸人という呼び名ピッタリくるほど欧米での評価が素晴らしい!!

Recording迄の短い道程
Recording終了!!
A.P.J.曲解説
NHK-FMセッション505〜報告!!
変則A.P.J.大阪〜東京Tour〜報告!!
2001/3/24(Sat)新宿PitInn〜報告!!
13日間ノンストップTour〜報告!!
01/10/17(Wed)A.P.J.@京都RAG〜報告!!
02/02/06(Wed)A.P.J.@六本木PitInn〜報告!!
A.P.J.2nd CD Rec直前Tour〜報告!!
A.P.J. 2nd Recording 報告〜!!
02/10/11(Fri)A.P.J.+寺井尚子(vl)@澁谷JZ Brat〜報告!!
A.P.J.2nd“Labyrinthos”曲解説〜!!
A.P.J.“Labyrinthos”発売記念Live&Tour〜報告!!
A.P.J.“Labyrinthos Live”@吉祥寺Star Pine's Cafe〜報告!!
03/04/10(Thu)A.P.J.@戸塚G.Clef〜報告!!
A.P.J.8/4〜8/6,9 A.P.J.夏のShortTour〜報告!!
03/08/24(Sun)A.P.J.@水戸Bubble〜報告!!
03/12/11(Thu)A.P.J.@戸塚G.Clef〜報告!!
05/05/17(Tue)A.P.J.@戸塚G.Clef〜報告!!
05/05/30(Mon)A.P.J.@目黒Blues Alleyf〜報告!!
06/01/18(水)
A.P.J.@戸塚G.Clef〜報告!!

A.P.J.3rd"e"CD発売記念Live&Tour〜報告!!
A.P.J.3rd"e"曲解説〜!!
04/16(Sun)A.P.J.@第20回オール学習院の集い〜報告!!
07/02,07A.P.J.@NHKセッション2006〜報告!!
06/10/01(Sun)〜04(Wed)A.P.J.2006秋のTour〜報告!!
06/10/08(Sun)A.P.J.@横浜ジャズプロムナード〜報告!!
06/11/01(Wed)A.P.J.@目黒Blues Alley〜報告!!
07/02/09(Fri)A.P.J.@横浜DOLPHY〜報告!!
07/07/01(Sun)A.P.J.@横浜DOLPHY〜報告!!
A.P.J.@2007真夏の陣〜報告!!
08/01/20(日)A.P.J.@新宿PitInn〜報告!!
08/03/14(Fri)A.P.J.@横浜DOLPHY〜報告!!
08/08/06(水)A.P.J.@横浜DOLPHY〜報告!!
08/10/18(土)A.P.J.@銀座SwingCity〜報告!!
09/01/24(土)A.P.J.@荻窪Rooster〜報告!!
09/02/14(土)A.P.J.@横浜DOLPHY〜報告!!
09/05/23(土)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
(大阪・名古屋・浜松・新宿)A.P.J.@久々MiniTour〜!!
09/08/06(木)A.P.J.@代官山晴れたら空に豆まいて〜!!
09/09/01(火)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
09/12/26 (土)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
年末特別企画いつもより多めにしゃべりまSHOW〜開演19:30!!

10/02/03(水)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
新年も多めにしゃべりまSHOW〜開演19:30!!

10/03/26(金)A.P.J.@横浜DOLPHY〜!!
いつもどおり多めにしゃべりまSHOW〜!!

10/05/28(金)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
10/07/08(木)〜11(日)A.P.J.@阪神高速Tour〜!!
10/07/16(金)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
10/12/17(金)A.P.J.@荻窪Rooster〜!!
11/01/28(金)A.P.J.2011@横浜DOLPHY〜!!
11/04/15(金)A.P.J.@江古田Buddy〜!!
11/06/04(土)難ちゃん正ちゃんの漫才演奏会!?@千歳烏山J-Mood〜!!
11/07/16(土)A.P.J.@横浜DOLPHY〜!!
11/09/09(金)A.P.J.@荻窪Rooster〜!! >>>>NEW!!

Recording迄の短い道程!?


あれは・・

fragileのLiveに
Guest参加してもらった時だった

難波氏の
AcousticPianoに遭遇

何故か
氏の後ろに
西洋のお城が見える

???

あの高貴なる音色
知的なる暴れ方?
カラカラと音を立てている頭脳

プログレ界だけでは
もったいない

さて

時を同じく
山木氏と出会う
今までの氏の評価&代名詞は

天才
完璧
激忙

StudioやSupportに於いて
右に出るもの無し!
・・とまで評価されている

一般的レベルでの話だが

Jazz屋はStudio屋に対し
新しい音楽に
コンプレックスはあっても
Jazzにおいては
プライドを持っている

ところが

      このオッチャンは何だ!!      

強烈だ・・

イヤホンマ

というわけで

難波氏と山木氏と私とで
Albumを作ってしまえ
・・・と

内容は?

難波氏の昔からある4曲に
書き下ろし曲1曲
私の書き下ろし曲3曲

難波氏と言えば
Synthesizerギンギンのプログレ

それを

Acoustic Pianoだけで
演るとどうなるか?

私にも分からん

ガハハハハハッ!!

とりあえず

キングの大槻氏に相談・・
水野の安易な発想と企画なのに
暗躍の如く会議を通してしまった

恐ろしい

・・がッ!!

オモロイ

乞うご期待!!



A.P.J. top



Recording終了!!



Recording第1日目

この日が初めて!?

      顔合わせのことじゃ〜〜!!      

いつもの
Mizuno Produce
・・の恐ろしさじゃ

その上

山木氏が風邪で
ダウン・・

なんと前日に
「とてもじゃないがRecordingは無理だ」
・・と私に相談しようとしていた・・
見た目よりもきつい症状なのだ

もちろん

山木氏の体を
第1優先に考慮し
Recordingは無理と判断して

何事も気合い!!

・・と、
Recordingを強行

ガハハハハハッ!!

(失礼!)

笑い事ではありませんが
なんとか

Pro Groove
Jellyfish Garden
Amoeba In Maze

以上の3曲を収録

時間は
13:00〜18:00
という
いつもの山木氏方式の

短期集中型

録音後はホントに
体のことを考え
早々と帰宅してもらった

もちろん

その後は
難波氏と共に
明日のRecordingのための下準備

というのも明日は・・
歌って踊って大変拍子大会
・・なのです

Clickを使用するにも
普通のClickでは
Recording不可能

ドヘッ!


Recording第2日目

治らん・・

この日も山木氏は
かなり悪い
頑張ってちょうだい祈るしかない

なんせ

今日は前日の3曲より多い
4曲録り!!

薔薇と科学
Dimetra
オーニソブター
阿梵(Ah bon)

私の阿梵(Ah bon)以外は

難波難曲揃い踏み!!

ダハハハハハッ!!

もう笑うしかない
・・と言いながらも

なんと!!

13:00〜20:00
・・でほぼ完成

私達は巧いのでしょうか?

イヤホンマ


Recording第3日目

Duo!!

今日は難波氏と二人で
Duo曲を収録

百家争鳴

難波氏が打ち込み相手に
1人で奮闘したことのある
オーケストラVersion!!

それを

Duoで演ろうと・・

いつもながらの
水野の発想は
無責任・・イヤホンマ

しかし

成功しましたなぁ

Duoだからというのではなく
オーケストラを
Acoustic Piano Dubbing!!
・・が功を奏す

ホントに素晴らしいものが
出来ました

難波・山木・水野の
個人的ファンを越えた
A.P.J.ファンが増えるでしょう

イヤホンマ

Album解説は後日報告です
乞うご期待!!



A.P.J. top



A.P.J.
 1st Album 
<A.P.J.>

A.P.J.


2000/11/22 Release!!

KICP-757
KingRecord
¥2,800(税込)


このAlbumは
個人それぞれを知っているファンのみならず
飽きがこない良質BGMとしても成立するという
いろんなオーディエンスに受け入れられる

不思議な名盤が完成しましたわ
イヤホンマ


TITLECOMPOSERTIME↓↓
1薔薇と科学Namba---詳細
2Jellyfish GardenMizuno---詳細
3DimetraNamba---詳細'
4Amoeba In MazeMizuno---詳細
5百家争鳴Namba---詳細
6ProgrooveNamba---詳細
7阿梵(Ah bon)Mizuno---詳細
8オーニソプターNamba---詳細


♪♪♪♪♪♪♪♪
薔薇と科学
♪♪♪♪♪♪♪♪


Progressive・・・

どこともなく
Acoustic Pianoの
16分7連&5連が漂い出す

このCDが出来る
切っ掛けとなった曲と
言っても過言ではない

CDジャケットのお城を見ながら
聞いてもらうと
雰囲気が伝わるのではないかなぁ・・

A.P.J.の特徴を
よく表した始まりでもあります

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Jellyfish Garden
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


Piano二重奏〜!!

Backing Pattern
・・と
Melody Line
・・の

Pianoが絶妙に絡んでいる曲だ

まるで

水野が作ったとは思えない
Pianistが作ったような華麗な曲が
久々に出来たなぁ・・・

イヤホンマ

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪
Dimetra
♪♪♪♪♪♪


変拍子〜!!

難波氏と言えば
変拍子の大家
・・というより

変拍子のご飯を
いつも食べているようなもの

ガハハハハハッ!!

ああ来てこう来て
何処へ行く〜〜??

・・てな

変拍子のオンパレ〜〜〜ド!!

キモはなんといっても
変拍子モントゥーノという
Rhythm隊が屁こいて帰るという代物

なんと!!

山木氏は
全曲初見という状態で
水野はいつもの如く
      練習せずじまいでのRecording突入・・ドヘッ      

うまくいくのでしょうか?

大成功〜〜〜!!

よかった・よかった

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Amoeba In Maze
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


3X3?

なかなか3X3っぽい曲だなぁ
Weather Report風の
Cord Progressionで展開していく

このMemberで
こういう風な曲を演るのも
非常に面白いぞ!!

アメーバは
迷路の中でも
必ず正解の短路を辿るという

そういう意味の曲名なのだ・・・

・・な、わけない

ダハハハハハッ!!

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪
百家争鳴
♪♪♪♪♪♪


Duo!?

この曲をDuoで演るとは
難波氏と私はキレてます

というのも

原曲は
Orchestrationされているもので
どのPartもMelodyとして存在している

ということは
全Partを録り込まないと
曲として成立しない

そこで

今回のAcoustic Pianoの
多重が生きてくるんですな

どうなったかは
聞いてからのお楽しみ!!

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪♪
Progroove
♪♪♪♪♪♪♪


Namba Jazz!!

Acoustic Progressive Jazzと
言っておきながら
今更、Jazzとは?

この曲は
難波氏が初めて挑戦した
Jazz曲なのです

それだけに

難波ファンとしては
面白い貴重な曲になると
思われます

3人その日が初見の初演

Session的な雰囲気と
一発録りの妙味を
味わってちょうだい

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪♪♪
阿梵(Ah bon)
♪♪♪♪♪♪♪♪


Emo Deado!?

さて
この上記のタイトルを見て
ピン!?・・と来た人は凄い

読み方は
「エーモデード」
逆さまから読むと
「どーでもエエ」

???

昔、俳優の渡辺裕之氏を
音楽Produceしていた時に
演っていた曲でしてね

どうしても
新曲を書かないと
ダメな時がありまして

急いで作曲したものの
なかなかこれが良い曲でして・・

しかし

自分としては結果的に直ぐに出来上がった
「演っても演らんでも、どうでもエエか」
・・てな感じだったのでタイトルを決定

ガハハハハハッ!!

未だどのCDにも収録されていない
・・ということと
ちょうどA.P.J.にハマっている曲
・・と判断したんですわ

今回も結果的にいうと
なかなか好きな曲に
なってしまいました

↑Listに戻る↑


♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーニソプター
♪♪♪♪♪♪♪♪♪


純粋プログレ!?

そうですな
原曲はVocal入りで
かなりお城が見えるプログレになってます

これをA.P.J.で演ると
また違った趣があるのは当たり前

歌入りを
Instrumentalで演る際
一つ弊害がありましてね

それは

Melody Lineに
歌詞が聞こえきてしまうという・・
良い意味でも悪い意味でも
演奏に耳が集中できない

あえて歌詞を無視したとしても
間抜けなMelody Lineに聞こえる・・とか?

しかし

A.P.J.の演奏では
歌詞がない状態でも
新曲として成立するという良い見本

もっとも

この曲自体が
素材として素晴らしかったことは
いうまでもありまへん

楽しんでね!!

↑Listに戻る↑