Double+Cross the 3rd Edition
 
劉玄徳益州入リニ邪鬼妖魔暗躍スルノ事
Introduction

あの赤壁の戦いから時は流れ、劉備ら一行は新天地を求め益州の地を目指していた。
しかし、その陰で劉備らを抹殺せんと暗躍する、妖物達の魔手が。
彼らを守りぬこくことが、此度君達に言い渡された任務なのだ!

Handout

PC1“撃剣”単福 ハンドアウト

故あって、曹魏の下に身を置いている君。
そんな君の下に、劉備の危機が告げられる。
内通者の手引もあって、曹魏を抜け出した君は、一路劉備の下へ向かうのだった。
そこにかつての同門達と、邪悪の罠が待ち受けていると知りながら。
シナリオロイス:劉備

PC2 “桃花水月”劉鵬 ハンドアウト

君は、劉備とともに旅を続けていた。
住む地を追われ、新たな天地を求める果てどない旅。
そんな最中、深刻な顔をした劉備の天幕に呼び出される。
『もし、自分の身に何かがあったら』と。
シナリオロイス:劉備

PC3 “遁甲屋”瑞樹 ハンドアウト

旅の途中、君は軍人・民間人が入り乱れた奇妙な大集団を見掛ける。
何気なく卦を立ててみたところ、現れたのは果てしのない混沌。
こういう卦が立つ時は、大抵邪仙が関わっているものだ。
君は、その一団に紛れこむことにした。
シナリオロイス:劉備

PC4 “蛇姫”答己 ハンドアウト

旅の途中、君は妙な男と出会った。
上手く言えないのだが、妙に人を引き付ける雰囲気を持っている。
その彼の周りに居るのも、一癖以上ありそうな傑物ばかり。
興味を惹かれ、君は彼らと同じ道を行くことにした。
シナリオロイス:劉備

■プリ・ プレ イ 〜自己紹介

GM  うし。ちょっと待ってて下さい……。

劉鵬  はーい
GM  失礼……では(五体投地から起き上がる)
劉鵬  立ち上がっ た……!
GM  このセッションは、実在の三国志の人物と、性格・年齢・性 別等が違う事がありますが、そういうものだと御了承下さい。
劉鵬  はい〜 
瑞樹  了解。ここできっちり 三国志を勉強させていただきます。
GM  あと、IRCの表示上、名前の字が違ってる人物が何人かい ますが、仕様なので気にしないでください。
GM  では、三国志の人物と同姓同名の変態達が跋扈するセッショ ンへようこそ!

 
単福  「──今の私は、欲望の 残骸に過ぎない」
単福  「──過去も、名も、こ の顔も。今更、明かす必要も理由も 無い」
単福  “撃剣”単福 外見20 歳 182cm 男性
単福  顔上半分を仮面で隠した 男性。性格は冷静でどこか皮肉めい た言葉を使う。
単福  劉備の事を知っているよ うなそぶりではあるが……?
単福  戦闘スタイルは背中に背 負った飛剣による剣術と妖気による “術”。
単福  ウロボロス ピュアブ リード IV6 侵食39% 妖怪仙 人/仮面の剣士
単福  シナリオロイス“劉備玄 徳”に対しては■誠意/□後悔  「……劉備殿も此処まで来られたか」
単福  PC間ロイス“桃花水 月”劉鵬に対しては■懐旧/不安 「……劉鵬殿も相変わらずのようだ。色んな意味で」
単福  PLは炎舞です。懲りず に史実PCですが何か(きりっ。) よろしくお願いします

劉鵬  「私は劉鵬、桃 姫と申します」
劉鵬  「お父さまは寄 る辺のなかった私を拾ってくださり、まるで 本当の娘のように扱ってくださいました」
劉鵬  「この乱世を鎮 め、泰平の世を作る。お父さまの手によっ て。 それをお手伝いするのが私の……」
劉鵬  表の経歴はタク 郡タク県の人あらざるモノ。字は桃姫。
劉鵬  身寄りなく彷 徨っていたところを玄徳に拾われ、養女とな る。
劉鵬  その実、
劉鵬  桃園で神木とし て崇められていた桃の木が、この場所で義を 誓った三英傑の願いを叶えるために生み出した存在
劉鵬  仙界での教育の 後、正式に下界へ降り劉玄徳の養女となる。
劉鵬  仄かに薫る桃の 香りから桃姫と名付けられ、古の虞姫に勝る とも劣らないほどの舞姫。
劉鵬  その舞は幻想的 で水に浮かぶ桃の花、水面に映った月のよう に朧なもの、”桃花水月”と呼ばれる。
劉鵬  諱を呼ぶのは失 礼らしいので劉桃姫、または桃姫と呼んでく ださると嬉しいです!
劉鵬  “桃花水月”  劉鵬桃姫
劉鵬  【シンドロー ム】エンジェルハイロゥ/モルフェウス  【ワークス/カヴァー】妖怪仙人B/劉備の養女
劉鵬  【行動値】19 【HP】23【基本侵食率】44% 戦闘支 援型
劉鵬  PC間ロイス: “遁甲屋”瑞樹さんに ■有為/口隔意
劉鵬  「私も卦を立て ることができればお父さまの不安を少しでも 取り除くことができるのでしょうか」
劉鵬  シナリオロイ ス:劉備さまに ■心酔/口不安
劉鵬  「御身に何か あった時……では、なく御身に危険が及ばない ようにするのが私達の役目ですのに」
劉鵬  PLは夕凪で す。 不束者ですがよろしくお願いします!

瑞樹  「私の名は瑞樹。気に 入ってないけど、字は門兼。自分で言 うのもなんだけど、狡い占いで食いつないでる、ケチな占師よ」
瑞樹  「『遁甲屋』って名前 で店を開いてるから、見かけたら寄っ てって。『さーびす』するから。……ところで、でくす。『さーびす』って何?」
瑞樹  裏路地にいそうな占い 師。気の向かない相手にはいい加減な 事を言うが、基本的には真っ当に占う。
瑞樹  仙人とはほとんど名ば かりで、それほど仙術を修めてはいな い。そのおかげで邪仙や妖物に目を付けられにくいのかもしれないが。
瑞樹  「仕方ないなぁ、 ちょっとだけだからね」──厄介事に巻き 込まれると決まってこう言う。が、『ちょっと』で済む事は稀。
瑞樹  シンドローム:オルク スピュア HP:27 IV:9 基 本侵食率:35%
瑞樹  PC間ロイス “蛇 姫”答己 ■連帯感/□無関心
瑞樹  ■「“蛇姫”とは、旅 の途中何度か会ったことがあるわ。あ ちこちに知り合いがいるみたいで、無縁一人旅の私よりは苦労してないみたい」
瑞樹  □「まあ。言ってしま えばお互い顔を知ってるってくらいだ し。その程度の知り合いよ」
瑞樹  シナリオロイス 劉備  ■好奇心/□不安
瑞樹  ■「中々面白い星を 持ってる人物ね。おまけに龍持ちとは。 たしかに混沌の卦が出るだけあるわ。これからどうなるんでしょ、この人」
瑞樹  □「過去にも未来に も、火の気配か。過去のは良い結果が出 たみたいだけれど、未来の方はあまり良い気配がしないわね」
瑞樹  以上、PLはルシェイ ドです。女キャラとか人生初ですが、 よろしくお願いします。

登己  「ふぅん。なかなかに 面白い集団がいるんじゃないかい。またちょっくら遊びに出てみようかねぇ」
登己  “蛇姫”答己
登己  年齢不詳の女性仙人。 気怠げな雰囲気と目線を持った姉御 肌。
登己  気に入った相手には老 若男女声をかけてちょっかいを出すが、相手が迷惑がっていると解れば適当に手を引く。
登己  人付き合いの機微が好 きで、単に反応をおもしろがってるだ けらしい。
登己  シンドローム:エグザ イル/バロール Dロイス:変異種 (エグザイル)所持
登己  HP:34 IV:4  基本侵蝕率:33%
登己  PC間ロイス・シナリ オロイスともども後述で。
登己  以上にて、宜しくお願 いします。

劉玄徳益州入リニ邪鬼妖魔暗躍スルノ事
Opening phase 1
Scene Player “撃剣”単福
Scene:仙界 登場:不可

   単福登場侵蝕:39→49%

GM  あなたは今、『やむにやまれぬ事情』があって、 曹魏に居た。
GM  『本当にどうしようもない理由』だったのだが、 今の状況に満足しているわけではない。
GM  そんな折、あなたの下を訪ねて来た者がいた。
姜維  「やあ、いるかい、単福さん」
単福  「……(ぺら、ぺら」机 の上に脚を投げ出した格好のまま書物を読みふけってる。
GM  歳の頃、13〜4くらいか。生意気そうな印象の ある少年だ。性を姜、名を維、字を伯約といった。
単福  「──……入る時は、連 絡ぐらい入れろといつも言ってるはずだが……?伯約殿」
姜維  「この天才的な僕が、天才的に、君にいい話 を……聞けよぉ!」地団駄
単福  「……で、その天才の伯 約殿が、俺如きに何か用かな?」
姜維  「はぁ……はぁ……。君は、やはり相変わらず失 礼だな! 嫌がらせは天才的だよ! もぅ!」
単福  聞いている、と軽く手だ け振って。
姜維  「うん、劉備殿の事だよ」
単福  ぴくっ、と眉を動かし て。視線を書物から姜維へと。
姜維  「我が君が、彼の地を攻めたのは知ってるよね。 そして今は流浪のみ……」
姜維  「そんな彼らが益州に身を置こうとしてるらしい んだけど……もちろん、それを快く思わない奴らがいる」
単福  「──それで?」
姜維  「そいつらが、人外の者と聞いたら、君はどうす る?」
姜維  「うん、まあ、ぶっちゃけたこと言うと、僕の天 才的な耳に、妖物が彼の命を狙ってるって情報が入って来たんだけど」(マテ)
単福  「──……手段は選ばず に来たか」
単福  がたん、と脚を机から下 ろす。
姜維  「彼の下には、今、臥竜・鳳雛の両名が揃って るって聞いたけど、それでも相手が悪いだろうね」
姜維  「それでも、君が彼の危機に駆け付けたいという のなら……天才的な僕が天才的に脱出の手引をしてもいいよ」
単福  「──何」立ち上がっ て、手引きをするという少年を見下ろす。
姜維  「勿論、只じゃない。そうだね……諸葛亮先生 に、よろしく言っておいてくれないかな」
姜維  「曹魏に、天才的な姜伯約ありってね」ソワソワ
GM  まあ、諸葛亮に懸想してる節が窺えます。本人は 隠してるつもりっぽいけど(笑)
単福  「──……諸葛亮の印象 を得るのが、曹魏に背くことより、益がある、と」
単福  いいのだな? と姜維を 見て
姜維  「いずれ、僕と天才的にあいまみえる事があるか もしれない相手だし。それに、仙界に恩を売っておくのも悪くないしね」
単福  「──……あいつに会う とは限らんぞ」
姜維  「僕と先生は、天才的に出会う運命なんだよ」
姜維  「それに僕も、妖物が人をどうこうするのは気に 入らない」
姜維  「君の立ち位置が、丁度いいって言う計算だっ て、ちゃんとあるんだ」
姜維  「って言うか、もう君が肯くつもりでばっちり準 備してきちゃったし」(マテ)
単福  「──……やれやれ」
単福  溜息をひとつついて。
姜維  「多分、君が彼に合流する頃は、綿竹の辺りに着 いてるだろうね」
単福  「──……伯約殿。その 合力、ありがたく利用させてもらう」
姜維  「いいって、いいって。とにかく、諸葛亮先生に よろしく!」
GM  (鳳統先生はどうでもいいようです)(笑)
単福  「──……わかった」書 物を投げ出し、かつて彼らとの旅路で使った装備を取り出して。
単福  「──……劉備殿」一 瞬、懐かしむような目になったあと、仮面を付け直して
単福  「──“瞬”」とん、と 部屋から消え去る。
姜維  「…………。……あ、あれ? 僕の、天才的な手 引きの意味は?」
単福  ひらひら、と紙をひと つ。
単福  『俺がこの場に居る事に してくれ』
GM  その後、彼が事後処理に東奔西走することになる が、それはまた別の話である(笑)
単福  あ、GMついでに装備調 達もしといてOK?
GM  内容を申告してください。
GM  あと、状況的に修正入るって、確か言ったよね?  言ってなかったとしたら、今言う(マテ)
単福  UGNボディーアーマー 相当。サラシというか、鎖帷子というか。中に着込むタイプ。
GM  とは言え、劉備に合流前なら、修正なく取れると 思う(笑)判定どうぞ。
単福  ……オリジン:レジェン ド+無形の影。OKでしょうか?
GM  どうぞ。
単福  では。#6r10+10 +1=28
単福  問題なく成功。55%ま で上昇。
GM  了解。

Opening phase 2
Scene Player “桃花水月”劉鵬
Scene:劉備軍天蓋 登場:不可

劉鵬  2でお願いしま す……!
   桃姫登 場侵蝕:44→49%

 君は、劉備と共に旅を続けていた。
 住む地を追われ、果てどない旅路。
 そんな中で出会った仲間達に背を押され、彼は益州を得るために兵を挙げた。
 そんなある日、君は劉備の天幕に呼び出された。

劉鵬  「桃姫、参りま した」 到着して呼びかけてみます
劉備  「すまんな、桃。突然来てもらって」
GM  天幕の中では、劉備が一人、共も付けずに座って いた。
劉鵬  「いえ、お会い できるというだけで嬉しゅうございますから」にこっと 顔色はどうですか?
劉備  「明日よりいよいよ、綿竹に入る。その前に、話 しておきたい事があってな」
GM  顔には、疲労が色濃く出ていますね。
劉鵬  「(大義のため とはいえ、同族……本当にお優しい方です。)」 少し暗くなるものの
劉鵬  「何でございま しょうか?」
劉備  「だから今、人払いをしておいた。と、他に誰も 居ないなら、これはいいな」
GM  そう言って、兜を外す。
GM  と、ピョコンと飛び出す『ウサ耳』。
劉備  「……ふぅ」
劉鵬  今更ですけれど  年齢とか性別はどうなのでしょう、劉備さま──!?
GM  普通におじさんだよ。『ウサ耳』が生えてるけど (笑)
GM  大丈夫、劉鵬にとっては、最初からわかってる普 通の事だから(笑)
劉鵬  ああ、そうでし たか。急に生えてきたのかと思いましたよ 妖のせいでw では、微笑ましく? 見守ります
劉備  「話しておきたいのは、これからの事だ。此度の 戦いは、激しい物となろう。どれだけの人命が失われるか。或いは、私とて」
劉備  「いや……おまえ相手に言葉を飾る必要は無い な。阿斗の事だ」
劉備  「私に何かあったら、阿斗の事を、よろしく頼 む」
劉鵬  「お父さま、弱 気な事を仰られないでください……お父さまは皆の……私達の希望。必ずや御守りいたします」
劉備  「ちなみに、『後の事』と『阿斗の事』をかけた わけではないぞ」(マテ)
劉鵬  「まぁ……」  真剣な顔が崩れて思わず口元を綻ばせます
劉鵬  「(お父さまも 大変なときに、私の心を和ませようと……)」と感謝しつつ。
GM  そんな事を話していたら、天幕の外に誰か近付い て来た気配が。
阿斗  「お父様、おられますか?」
GM  兜に偽装しているが、やはりウサ耳を生やした少 女が、中に入って来た。
阿斗  「あ、桃姫姉さまも、おられたのですね」
劉鵬  「ええ」 に こっと 「少しお話をしていたの」
劉備  「阿斗。いや、阿兎。なにかあったのか?」
阿兎  「はい。士元様がお呼びです。それと、孔明様か ら、伝言が……『此度の戦い、邪仙の気配が感じられる』そうです。正直、なんのことかよくわかりま せんが……」
劉鵬  「まぁ、邪 仙……」 和らいでいた表情が一気に真剣に
GM  この伝言は、どちらかというと劉鵬がここに居る と察して、あなた宛に届けられた節がありますね。
劉鵬  劉備さまは分 かってない?
GM  いや、劉備はわかってます。これと言って対策で きないけど(エキストラ故)
劉鵬  なるほど〜
劉鵬  「あまり、よい 占いではないようですが、注意していれば吉と成すこともできるでしょう」作り笑顔で阿兎さんに
阿兎  「そうですか……。……あの、姉さま!」
阿兎  「此の度の戦い、私にも手伝えることがありまし たら、是非お申し付けください!」
劉鵬  「ありがとう」 にこっと。「その時はお願いね? 頼りにさせてもらうから」
阿兎  「は、はい!」
劉鵬  「お父さま、そ れでは私はこれで失礼致します。災厄は……きっと桃の花の香りが祓うでしょう。お父さまもご心配なさらないでくださいね」
劉鵬  裏もなさそう な、ただの慰め?のような調子で ただ決意を込めて
劉備  「うむ。……桃も、あまり危険な真似はするでな いぞ」
GM  そう言うと、兜を締め直し、軍議の場へと出向い た。
GM  では、シーンを切ります。

Opening phase 3
Scene Player “遁甲屋”瑞樹
Scene:益州 登場:不可

   瑞樹登 場侵蝕:35→40%


 日が日長、適当に旅を続けるあなた。
 そんなあなたは、益州まで来たところで、奇妙な一団を見掛けた。
 軍人・民間人が入り乱れ、気を凝らせば仙道まで何人かいる気配すらあった。
 その珍妙な一団に興味を惹かれたあなたは、なんとなく卦を立ててみたら……表れたのは、果てしのない混沌。
 そして、こういう卦が立った時は、邪仙が関わっている事を、あなたは経験から知っていた。

瑞樹  (……? 難民……に しちゃ数も多いし、ごちゃ混ぜとはいえ最低限の統率も取れている。何かしらね)ぼんやり。興味が引かれたので、適当に占って みたりする。
   「不吉じゃな……」
GM  いつの間にか隣に立っていた謎の爺が呟く(マ テ)
瑞樹  「あら、ご老人。あな たも一緒に?」自分もいたよ、的な体で。
   「今、かの者が倒れる事があったら、この世はさ らなる混沌に包まれることになるじゃろう……」
   「ということで、瑞樹よ! お主はあの一団に紛 れこみ、劉玄徳を護るのじゃ!」(ビシッ!)
瑞樹  「そうですね、こんな 戦乱の続く世、早く鎮まってくれればいいのに……」適当に合わせる。まあ時期的に、こんな集団が発生する理由なんて知れてい るし。
   「……ツッコミどころか、リアクションも無し か? というか、ワシじゃよ、ワシ。元始天尊じゃよ」
   「お主、『見知らぬ爺が、なんか戯言言ってる よ』とか思っていたじゃろ!」
瑞樹  「いやぁ、『道』その もの、最高峰がこんなところで難民っぽい集団に紛れて私に話しかけるとか。ないわー」苦笑い。
元始天尊「うむ。実は、今回は対応が遅れての。人材を現 地調達して追ってところじゃ」(マテ)
元始天尊「まあ、そういうことで、お主に伝えておこうと 思ってな」
瑞樹  「お前それでいいの か……などという反応はともかくとしても。劉玄徳、ですか。中々に噂の人物が出てきましたね」
元始天尊「今回、裏で四凶が動いている様子があるの じゃ」
元始天尊「うむ。かの者は、この後時代を動かす一人とな る予感があるのじゃ」
元始天尊「だから、ここで死なれては困ったことになろ う」
瑞樹  「四凶! 本当に無視 できない名前まで。これはちょっと『しりあすもーど』に入らないといけないか。仕方ない、ちょっとだけですからね」
元始天尊「ワシは、もう少し人材を探してみるのじゃ。も し困ったら、孔明を訪ねるとよいじゃろう。きゃつは、こちらの事情を知っておるでな」
元始天尊「それでは、任せたぞ、瑞樹よ。…………そこの 君、やらないか?」(マテ)
GM  そんな事を言いながら、元始天尊は人混みに紛れて行ってしまいました。
瑞樹  (デクス「大事になっ たな」瑞樹「ま、ハナから首を突っ込む気ではあったけれどね」)こうなると、放っておく訳にはいかない。デクスと念話しつ つ、ともかくまずは、集団に紛れ込んで、劉玄徳に近づく機会を窺う事にした。
GM  それでは、シーンを切ります。

Opening phase 4
Scene Player “蛇姫”答己
Scene:劉備軍拠点地 登場:不可

   登己登 場侵蝕:33→42%
登己  ぐは。


 君は、旅の途中、奇妙な男と出会った。
 上手く言えないのだが、妙に人を惹き付ける雰囲気を持っている。
 そんな彼の周りには、やはり一癖も二癖もある者達が集まっていた。
 興味を引かれた君は、彼らと道を同じくしたが……彼の名が劉備という事を知ったのは、つい最近の事だった。


劉備  「答己殿、こちらにおられたか」
登己  「おや旦那」その声に は軽く笑みを以って応え。
劉備  「我らは、明日よりいよいよ綿竹へ進軍すること になった」
劉備  「これまで、あなたと旅が出来て楽しかっ た。……が、ここより先は、戦争となるだろう」
登己  「あら、何か悲しいこ と言ってくれるね。これでお別れって言うのかい?」
劉備  「危険だから、少し離れていた方がいい。それを 言いに来た」
登己  「つれない事は言いっ こなしで行こうじゃない。ここまで同行した誼。アタシもその戦につきあわせておくれよ」
登己  「これでもあんたやそ のお仲間を護るくらいの事は出来るつもりだよ?」些か怪しげに笑い、手を相手の頬に滑らせる。
劉備  「いや、気持ちはありがたいが、これは言葉を 飾ったところで、ただの侵略。故に、関わるようなことではない」
劉備  「次は、平和になった世で会いたいものですな。 それでは、失礼する」
GM  その手を振り払うように離れると、足早に去って いく。
登己  「義だとか悪だとかは アタシにはどうでもいいのさ。アンタ達の事が面白いと思うからついてきてるんだからね」ひら。と手を振って、まぁ追うでもな く背中に声をかけて見送った。
孔明  「…………と、玄徳様はおっしゃってますけど」
GM  と、入れ替わりにいきなり背後に現れる小柄な少 女(笑)
登己  「おや」その声に驚く でなく振り向いて。
孔明  「はっきり言ってしまいますけど、あなた、仙道 に連なる方ですよね」
登己  「そうよ。あんたも関 係者かい? 可愛いお嬢ちゃん?」
孔明  「…………ずっといましたよ。あなたが同行する より早く……」少しいじけた様に
登己  「おや、そうだったか ねぇ? 細かくて目に入らなかったのかねぇ」けらけら笑いつつ。
孔明  「…………コホン。それはともかく……」
登己  わしわしとその頭を片 手で撫でてあげよう。偉い子とか気にしません!
孔明  「そういう事はしないでください! これでも、 軍師なんです!」
登己  はいはいと軽くあし らって手を放し。
孔明  「……ともかく、これは私独自に調べた事なので すが……」
登己  軽く壁に寄りかかって 話を聞き体制に入る。
孔明  「四凶が、玄徳様の御命を狙っております」
登己  「あらまぁ。それは大 変だねぇ」
孔明  「おそらく、表立っての行動はしないでしょう が、仙界としてもそれを表立って動いて阻止できない立場です」
登己  「そんな剣呑なものに 狙われるとは、あの長耳の旦那も大層なこと」茶々を入れつつ、その言葉を聞き。
孔明  「だから……あなたの様な立場の人にお願いをし たいのです。……玄徳様を、助けてください」
登己  「いいよ」
孔明  「……あ……。ありがとうございます!」
登己  「あの旦那とアンタた ちはなかなか興味深い。こんなところで無くすのも惜しいからねぇ」にこりと、笑いを見せる。素直では無い笑みだが。
孔明  「とりあえず、方々伝手を辿って、あなた以外に 三人、何とか協力得られそうです」
登己  「おやおや、ちまいの に頑張ったんだね。お嬢ちゃん」えらいえらい。と再度かいぐり。
孔明  「明日、またこの場に来て下さい。その時に、他 の皆さんを紹介しますから……」
孔明  「や、やめて下さいってば! これでも、軍師な んでしゅから!!」
孔明  「…………噛みました」orz
登己  「言葉までちまいのが 残ってるよお嬢ちゃん」可愛いねぇー。とほっぺをむにーと両手で押しつぶし。
登己  「まぁ、アンタが指揮 を取ってくれるなら心強いってことでしょ。頑張んなさいな、軍師様」ぱっと手を放し、再度頭をぽむぽむと軽く叩くと、彼女を 残して集団の中へ消えて行った。
GM  それでは、シーンを切ります。

Middle phase 1
Scene Player All
Scene:劉備軍天蓋

   単福登 場侵蝕:55→58%
   桃姫登 場侵蝕:49→59%
   瑞樹登 場侵蝕:40→41%
   登己登 場侵蝕:42→50%

GM  展開としては、単福以外の三人が、諸葛亮に密か に呼び集められた感じですね。
GM  単福は、好きなタイミングで登場して下さい。で は。
GM  夜半過ぎ、あなた達は密かに孔明に呼び集められ ました。

孔明  「わざわざ来ていただいて、すいません。皆さん は、大体どのくらいまで事情を聞いているでしょうか?」
劉鵬  「軍師殿から阿 斗に伝えられた伝言から推察できる程度。でしょうか」
瑞樹  「四凶の気配より貴女 の主を守れ、と、『さるお方』から聞いた……という程度ね」
登己  「さぁ。何かおっかな い奴に大将が狙われてるくらいかしらねぇ」
登己  おもしろげに場に集 まった連中を見回す。
劉鵬  優雅に拱手?を 返します
孔明  「そうですか……。では、こちらで把握している 事は、大体わかっているようですね……」
瑞樹  ちなみに瑞樹、蛇姫さ んには何度か会った事もあるので挨拶済み。他の二人とは初対面のつもりです。
登己  はいはいさ。
単福  まあ、劉鵬は、顔を見れ ば思い出すかもしれない。(現状仮面ですが)
孔明  「四凶……彼らは、恐るべき怪物です。理由はわ かりませんが、この国全体を争乱に巻き込みたい様子が窺えます」
孔明  「そのためには、手段を選ばない……。私も、一 度殺されかけました」(マテ)
孔明  「ただ、表立って動くのを避けているようでもあ りますね。人を使って、事を起こすのが主です」
孔明  「それを阻止する側……仙界の方々もそれは同じ ようでして」
孔明  「なので、皆さんの様に人に紛れ、仙術の理を 知っている方々に、御協力いただきたいのです!」
孔明  「今日、ここに集まっていただいたのは、皆さん に軍に紛れて動きやすくなるため、事情を知る方々に面通しをしておこうと思いまして……」
劉鵬  「仙界と四恭が 直接戈を交えるような事態になれば、それはこの乱世を上回る破壊と悲しみを齎すでしょう。それを回避するためにも、そしてお父さま のため……微力を尽くすつもりでございます」
登己  「ふぅん。──なら、 ここに集まったアタシを含めた面子に、大将を狙ってるやつが紛れている事も考えられるんじゃないかい」技と煽る様な事を言い つつ、改めて面子を見回す。
孔明  「そろそろ、来られると思いますが……」
GM  何故か、僅かに言葉を濁す。
単福  蛇姫の視線の先、孔明の 背後の影に仮面の男が一人居る。
登己  「ほら。そこにも怪し い奴があんたの背後にいるよ、お嬢ちゃん」
登己  孔明の背後に立った人 物を指して笑う。
単福  「…………」仮面の下の 目がじろり、と孔明へ。
孔明  「え? ……はわーーーーーーーーーっ!?」
劉鵬  「まぁ」
瑞樹  「……相変わらずね、 蛇姫さん。わざわざ怖がらせるような言い方……」
登己  「からかうと面白いん だよ、この子」さらっと瑞樹には返し、目線で青年に軽く挨拶。
孔明  「は、わ、え、ど、どなたで…………あれ?」
単福  「……相変わらず驚いた 時に叫ぶ癖治した方がいいぞ……(ぼそ」聞こえるか聞こえない程度で。
孔明  「…………元直さん?」
単福  「──誰の事だ?」知ら ないな、と肩をすくめて。
劉鵬  「とても懐かし い香りが致します。大分お変わりに成られたので少々戸惑いましたが……お久しゅうございますね」
孔明  「え? でも……ああ、はい。はじめまして、仮 面の方」
孔明  「……えーと……この怪しい仮面の方は、怪しい 方ではないので大丈夫です」(笑)
単福  「──俺は、単。まあ、 故あって字やらはは乗れないが。流浪の仙道……といったところだ」
劉鵬  「そうでござい ますか……では、なんとお呼びすればよろしいのでしょうか? 前軍師さま」
単福  「──だから、誰と勘違 いしているんだ?」溜息ついて、この場に居る事がどういうことか察しろよ! みたいな視線で劉鵬を見る
劉鵬  「あらあら……  では、単と呼ばせていただきますね」にこっと。分かってないのか分かってるのか
単福  「──こほん。話は先程 聞かせてもらってた」
単福  「俺としても、四凶とや らは放って置けない存在でね、協力させてもらう」
瑞樹  (何だか良く分からな いけど)「貴方たちの知り合いで、この件に関しちゃ味方の人なのね。よろしく、単」
登己  「で、この面子がお嬢 ちゃんが集めた精鋭ってことかい?」
孔明  「ええ、まあ、集めたと言いますか、集まったと 言いますか……」
GM  と、言いかけたところで、何人かこちらに向かっ て来る気配が。
劉鵬  「よろしくお願 いいたします」ぺこり
登己  頼りない言い方だ ねぇ。と呟いたところで近付く気配に意識を向けた。
??? 「HAHAHA、お待たせしてしまったヨーです ね。孔明サン!」
GM  というか、声が(マテ)
登己  誰だよ(何)
単福  「短い間だが、宜しく頼 む……げ」
孔明  「静かに来て下さいって言ったのに……これだか ら文長さんは、いまいち信用できないんです……」ガックリ
劉鵬  「魏将軍でい らっしゃいましたか。今晩はよい月でございますね」
単福  「苦手な部類だな、あれ は」ちょっと距離をとりつつ
GM  そして、やって来たのは、一際騒がしい金髪の大 男、妙にオドオドした美少年、大弓を背負った10代前半くらいの少女、そして阿兎の四人。
瑞樹  (特別な星の周りに は、特別な人間が集まるか。……特別の意味が違う気もするけど)そんな事を考えつつ、やって来た四人を見ている。
孔明  「もう……。では、紹介しますね。こちら が……」言いかけて、言葉が止まる。
孔明  「……あのー、なんで阿兎さんが? それに、黄 中さんはどうされました?」
劉鵬  「まぁ、阿兎」  少なくとも他の面子を見たときよりもはびっくり
??? 「御爺様は、先刻ポックリ逝ってしまいました!  なので、私が今日から黄中の継いだのです!」(マテ)
黄中  「うちの家系は、代々最も弓に長けた者が黄中の 名を継ぐ決まりなのです! なので、改めてよろしくお願いしますなのです!」
孔明  「……ああ、はい、そうなんですね、わかりまし た」何かを悟ったような顔で、棒読みに(笑)
単福  あの子があんなに大きく なったのか、と慈愛の目で阿兎をみて。
単福  「──……ふむ。差し詰 め、魏延、趙雲、黄忠の名を継ぐ者、あたりか」
劉鵬  「まぁ、黄将軍 が……戦までにはお戻りになられるといいのですけれど」
阿兎  「ごめんなさい、姉さま、孔明様……。士元様よ りお話を聞きまして、私でも少しはお役にたてると思いまして……」
趙雲  「あ、はい。僕は趙子竜です……。こんばん は……」と、オドオドした少年が答える
魏延  「そして、私が魏ブンチョーデース! よろしく デース! HAHAHA!」
劉鵬  「阿兎……」
登己  「この面子がお嬢ちゃ んが選んだ精鋭かい?」
孔明  「皆さんには、こちらのどなたかの配下に紛れ て、動いていただくことになります」いろいろ悟った調子で進行に徹する孔明の図(笑)
単福  「──……相も変わらず 部下にアレなのが多いな。……此処に、雲長と益徳が居ないだけまだマシだが」(ぁ
劉鵬  「無茶はしちゃ 駄目ですよ? 貴方はまだ戦には慣れてないのだから」
孔明  「事情を話せる方は、どうしても限られるんで す……。て言うか、こちらの黄中さんと阿兎さんは、私が呼んだんじゃないんですけどね……」
阿兎  「わかっています、姉さま……。決して、無理は 致しませんから……」
瑞樹  (濃い面子ではあるわ ね……実物は伝聞とは違うというけれど、これだけ噂と違うのも珍しい気もする。孔明って子も大変ね)必死に進行役として場を 回そうとする彼女に同情の視線(何)
登己  まぁいいけどねぇ。 と、にわかに騒がしくなった面々を見回し。
単福  「──……。とりあえ ず、話を続けてもらえるか? 4人それぞれこの4人の隊に分かれて、という事だな?」
孔明  「はい。四凶が、何処からどのような手段で狙っ てくるかはわかりませんので、なるべく分散していただいた方がいいと思いまして」
劉鵬  「魏将軍、趙将 軍、黄……将軍。普通とは少し変わった戦となるでしょうけれど……よろしくお願いいたしますね」 
孔明  「御一方は、私の下に付いていただくつもりでし たけど……阿兎さんと共に本体に付いてもらうといいですね」
趙雲  「が、頑張ります」黄中「任せるのですよ!」魏 延「私はノープロブレムデース!」
劉鵬  背景で阿斗さん の近くによって元気付けておきます
単福  「……俺は本体以外のど れか、だな」仮面の男なんて胡散臭いやつが本隊に居るのは士気に影響があるだろう、と。
GM  魏延が一緒なら、目立たないよ!(マテ)
登己  だそうですよ(何)
単福  ちょっと考えさせて(
登己  アタシは興味深げにお どおどしてる少年を見てようかね。からかい甲斐がありそうだ。
GM  孔明だって、『信用できる元直さんが魏延を見 張って』……もとい、『勇将たる魏延様と行動を共にしていただけるなら』と思ってるかもしれない(マ テ)
単福  それはあれですね。体よ く押し付ける気満々というやつですね。
GM  GMとしては、どういう組み合わせでもOKです と言っておく。
登己  単は魏延で決定で(き ぱ)
単福  ひでぇ。まあ、いいです けど(ぁ
魏延  「oh……レディが三人もいて、仮面サンデス か……。ひょっとして、『仮面の下は美少女』というパターンはありませんか?」(マテ)
劉鵬  「魏将軍、単さ まはとても頼りになりますから。いろいろと相談なされるといいと思いますよ」にこっと 
登己  アタシは趙少年を貰っ た。おねーさんが遊んであげるよ(えがお)
趙雲  「よ、よろしくお願いします……」
登己  「かわいいねぇ、アン タ。おねぇさんが色々教えてあげるから頑張りな」うふん。笑いつつぎゅむっと抱きしめてあげるね。
孔明  「趙将軍は、我が軍でも一騎当千の御方ですか ら……。この間の長坂の時も……」
単福  「……孔明、馬鹿言って る奴を殴る権利はアリだと思うか?」
単福  魏延をさして(
孔明  「殴ったくらいでおとなしくなってくれるな ら……。益徳さんがいくら殴っても、ちっとも……」沈痛な顔で(笑)
登己  殴り過ぎたんじゃない かいそれ(何)
劉鵬  叩きすぎると きっと 我……戦ウ とか言い出すように
単福  「──……そうか」一瞬 遠い目。
瑞樹  「私の専門は卜占。安 請け合いはしないけれど、支援は存分にさせてもらうわ。人員の運用も軍師の仕事だっけ? 私を上手く使って頂戴な」と、孔明 に。
孔明  「はい。ですが、思ったより人数が増えたので、 私は密かに四凶を釣り出す策を練ってみようと思います」
単福  「──良いだろう。もっ とも、連携というのは少々厳しいな」将軍的な意味で。
劉鵬  「将軍の方々は どなたも一騎当千のつわもの、心配はしなくても大丈夫だと思いますよ」にこっと
孔明  「皆さんも、明日は各将軍様方と上手く連携して 動いてください」
GM  そして、孔明の言葉受け、将軍達は三々五々去っ ていく。
孔明  「皆さんも、ありがとうございます。今夜はゆっ くり休んで、明日に備え……」
GM  そう言いかけたところで、轟音と共に何かが降っ て来た。
GM  砂埃が舞い立つ中心に立つのは、どうやら人型を しているようだが……。
瑞樹  (な、何……?)訝し げに見つめる。
??? 「孔明!! このような重要な場にワシを呼ばん とは、水臭いではないか!!」
劉鵬  こほこほ  「まぁ、鳳雛先生もいらっしゃったようですね?」
GM  そこに居たのは、何故かポーズを決めて立つ、筋 骨隆々の益荒男。
士元  「鳳士元、ここに推・参!! うむ、お主らが仙 界の者だな!!」
単福  「…………」距離を置く (
登己  「おやおや。またごつ いのが現れたねぇ」少年ぎゅむりつつ。
士元  「と、そこの仮面の男は、元直ではないか! 久 しぶりだな!!」
士元  「相変わらず、頭脳を磨いているようで、何より だ!」とか言いながら、何故か力瘤を作る(マテ)
瑞樹  「これは……さっすが に私も返答に詰まるわ……」通り名のイメージが吹っ飛んだ。『雛』的要素どこ行った!? とか突っ込みかけるのを必死に押し 留める。
劉鵬  「鳳雛先生は蜀 を得る策を練るのでお忙しいと思ったのでお声をかけなかったのではないでしょうか? それと、今は単さまと仰るのですよ」 空気を 読んで指摘
士元  「ん? なるほど! 確かにこの場は空気を呼ん で、元直の事は単福と呼べばいいのだな!」
登己  ぜんっぜん解ってない ですねこの方(何)
劉鵬  「はい、その通 りでございますよ。さすが鳳雛先生ですね」 にこっと
士元  「わかったぞ、元直! では、これからは元直の 事は単福と呼ぼう! 再びおまえと共に戦える事を嬉しく思うぞ、元直! いやさ、単福!」(マテ)
単福  (ごめしゃぁっ
単福  「──……少し黙ってい ただけるかな?鳳雛殿」(にこり
士元  「いい突きだな、単福。変わって無いようで、安 心したぞ」鼻血出しながら笑顔
登己  「ちょっとお嬢ちゃん よ。あの脳筋が『軍師』ってこの軍はどう言うことだい?」
登己  取り敢えず疑問に思っ たことは孔明に突っ込んでおく(何)
孔明  「…………何故……なんでしょうねぇ……」なん だか泣きそう(笑)
瑞樹  軍師としての能力どう のはともかく、何かとても残念な人だと言う事は、この人たちの事情を知らない瑞樹でも良く分かります(何)
単福  「──……はぁ。……変 わらんな、お前も」あきらめて。
士元  「うむ。我らは水鏡先生の下で、『力の士元、技 の単福、知の孔明』を呼ばれたものだ。懐かしい」
単福  微妙な顔で孔明を見る。 呼ばれてたっけ、と
GM  黙って首を横に振る(笑)
劉鵬  「そのうち二人 を得る事ができれば天下を制することができる。と水鏡先生は仰っておいででしたね
瑞樹  (うっわ、その『水鏡 先生』とやら一度拝んでみてぇ)とか考えている瑞樹。
単福  「──ちなみにだ、水鏡 先生は人徳者だ」其処の占い師に釘を刺すように。
瑞樹  「あらら、失敬」単福 さんに、ばつが悪そうに笑う。けど普通の人なら皆こんな事思うよ? とは付け加えたが。
士元  「ともかく、明日よりはよろしく頼むぞ、皆の 者! ワシも、この頭脳を持って、玄徳殿をお守りする所存だ!」
GM  そう言って、頭突きのポーズを取る(マテ)
登己  正しいな(何)
単福  それ、脳は使わないだろ う
GM  脳が鋼の筋肉かもしれないじゃないか(マテ)
GM  まあ、特に言ってやりたい事とか(笑)が無いな ら、このシーンは切れます。
劉鵬  「頼もしい限り ですね」 にこにこしつつエンドでOKで…… 一応調達を
GM  士元を殴るための大鎚ですね(違)申告お願いし ます。
単福  脳筋かよ(
劉鵬  それは元直さん に任せて……w 12のUGNボディアーマー相当の衣を。だめもとなわけですが #1r10=2 失敗!
瑞樹  自分もUGNアーマー 相当で調達を試みたいです。
GM  どうぞ。
瑞樹  取ってもダメージ+ 10のDロイスには焼け石に水か、それとも首の皮を残す切り札になるか……#4r10+1=8
瑞樹  そもそも取れませんで した。失敗。
単福  じゃあ、チャレンジして みようか。調達屋使用で、UGNアーマーと
GM  どうぞ。
単福  #4r10+1=19  OK.んで、瑞樹にパスと。
登己  私は特になしで。
瑞樹  あら、自分ですか?  持つのは蛇姫さんの方がいいのでは? 前線に立ちますし。
単福  ん、そっか。ならそっち にパスー。
登己  こっちは既にアーマー 持ちなので重ね着出来ませんのですよ。
瑞樹  あ、間違えた。桃姫さ んだった。
単福  三度パース(
劉鵬  わたしは全力で 回避に入りますし、使われるのなら?
単福  私も回避タイプだけど、 自前で調達終わってるのでー。
劉鵬  ですか、ではあ りがたく装備させていただきます!
孔明  「…………これだから、士元さん抜きで話を進め てたのに……」
GM  そんな孔明の呟きが、夜風に紛れて消えていくの だった。
GM  では、シーンを切ります。



劉鵬  落鳳頗でラスト も素敵ですねw
単福  まあ、何処かで孔明と話 せるシーンがあるとなぁ。EDとかでもいいんですけど(きらきらきら
単福  まあ三国志シリーズ地味 に難所ですな。
GM  まあ、元ネタがあるキャラは、単純に特徴を反転 させるだけでも、だいぶ酷い事になりますからね。
GM  孔明と話すシーンより、文長や士元と話すシーン が多くなる罠(マテ)
劉鵬  やっぱりラスト に引止めに来るとかw
単福  とりあえず、シリアスさ んは何処かに用意したい。だめ?(ぁ
GM  あわわ軍師が出ると思った奴、残念だったな! (マテ)
登己  諦めろと仰っている。 世界が。 <シリアス
GM  まあ、綿竹抜けたら、多少フリーダムタイムが取 れるから、やりたい事があったら考えておくといいよ(笑)(『フリータイム』ではないらしい)
劉鵬  馬超さんを降ら せにいってもOKってことですね!
単福  OK
劉鵬  やりたい事…… なにかあるかなぁ 劉備さまの前で舞でも……w
GM  四凶とか、散々言われてるのに、まだ影も出て来 てないしな……(笑)
登己  全くだ……。
単福  おれ、劉備が出るシーン には出ないつもりです!(ぁ
GM  そして、エンディングまで出ない! 新しい! (マテ)
劉鵬  天幕が一つ大破 したのはきっと四凶の仕業です
瑞樹  とりあえず、もっと予 習しておかないとダメだという事だけは良く分かりました。もっと色々調べて来ます。
GM  実は士元が四凶の変装だったとか言っても、きっ とだれも驚かない(マテ)
登己  ああうんですね(何)
GM  いや、私が驚く! 美少女じゃないとか、ありえ ない!(マテ)
登己  黙れ(何)
劉鵬  あれはあれでい いと思います……よ?w
GM  まあ、あと登場する史実キャラは、劉障軍の連中 が少々と……あとは……(ニヤリ)
単福  まあ、一瞬ババア口調の 美少女を創造したけど……まあ、あれはあれで(ぁ<鳳雛

Middle phase 2
Scene Player All
Scene:綿竹

   単福登場侵蝕:
58→63%
   桃姫登 場侵蝕:59→69%
   瑞樹登 場侵蝕:41→50%
   登己登場侵蝕:50→56%

 綿竹へ向けて行軍の最中、前線で騒ぎが起きました。
 何事かと思っている内に、皆さんは諸葛亮に呼び集められました。

孔明  「すすすすすいません! 一大事でしゅ!」
登己  「なんだい、慌てて。 また言葉が幼児化してるよお嬢ちゃん」撫で繰りつつ事情を待つかね。
孔明  「いつ間にか陣が乱され、玄徳様が綿竹へ先行し た揚句、誰も綿竹に入れなくなりました!」
劉鵬  「まず軍師さま が一大事のようでございますね──!?」その言葉を聴いて一層深刻に。
瑞樹  「あら……それは確か に一大事。慌てるのも分かるわ」
登己  「大将だけが向こうに かい? それは穏やかじゃないねぇ。これは敵に取り込まれたかねぇ」
単福  「──……結界、か。 ──他の陣の状況は把握してるのか?」ふむ、と。
孔明  「すー……はー……(深呼吸)……コホン。何 分、前線での乱れた情報ですので、はっきりした状況はわかりませんが……」
孔明  「おそらく、妖術の類によるものだと思います。 まだ、状況が全軍に知れ渡っていないので、大きな混乱にはなっていません」
孔明  「なので、皆さんは手筈通り、各軍と共に綿竹へ の進入を試みてください」
孔明  「私は、術の解除が出来ないか、いろいろ試して みるつもりです」
瑞樹  「『誰が』『どんな』 『どうするべき』結界なのか調べないとね。向こうもいよいよ手を出し始めたって事か」
登己  「了解。ともあれ大将 が取り込まれちゃ、アタシ達もここにいる意味がないしねぇ」
劉鵬  「承知いたしま した。速やかに……!」
登己  「こっちでの手筈はお 嬢ちゃん、任せたよ」
単福  「──……分かった。術 に関して孔明の方が造詣が深い。任せる」一瞬微妙に表情が変化するが。

登己  今の今まで忘れていま したが、シナリオロイス:劉備に ■感服/偏愛 の PC間に単福に ■好意/不快感 でロイスを申請しておきます。

GM  ということで、これよりFS判定を開始します。

  ・目的:劉備と共に、無事に綿竹を抜ける。
  ・終了条件:5ラウンド経過。
  ・判定:交渉 難易度:10 最大達成値:40

GM  では、開始前に、全員1D6を振ってください。
単福  ころころ。10面ダイス じゃない、だとっ #1d6=1
瑞樹  おや、何だか久しぶり に見たダイス。#1d6=6
劉鵬  #1d6=5
登己  #1d6=4
GM  む、あまり面白くない出目だな……(マテ)
GM  今振った数字は、皆さんの各進入路になります。
劉鵬  Σ
瑞樹  進入路、ですか。
GM  1〜6は数字順に隣り合ってるものとし、1と6 は繋がっているものとします。各数字の間は、15m離れているものとします。数字が離れている間 は、支援判定や射程:視界のエフェクトは効果が無い物とします。
劉鵬  綺麗にストレー トがw
登己  つまり今のところは誰 の支援も受けられないということですね。
GM  そして、皆さんは各武将と行動を共にしているわ けですが、趙雲:肉体 黄中:感覚 魏延:精神 阿兎:社会 上記に対応した能力に関する判定に関 し、ダイスボーナスが3個付きます。
瑞樹  武将効果凄いですね。
GM  その他、会話等は何故か繋がってたりしても構い ません(笑)
劉鵬  きっと伝令が 走ってるんですね
単福  魏延が何で精神……あ あ。納得した、(ぁ
劉鵬  前3人はともか く、阿兎さんが納得行かない……っ 
登己  王女様ですから社会が 高くても!
GM  それでは、まず前線でなにが起こっているか情報 を集めるという形で……FS判定を開始します。
瑞樹  確か昨日、趙雲クンを 愛でる蛇姫さん、阿兎さんについていく桃姫さん、そして魏延さんを押し付けられた(何)単福さん、みたいになってましたっ け。
登己  かな。
単福  うむ。
GM  そして余った黄中(笑)
単福  弓の人は、瑞樹ちだね。
瑞樹  まあ、一行内では唯一 将軍連中と面識ないのが瑞樹ですから。逆に言えば、因縁無いから誰とでも一緒になれる。弓の人了解です。
*GM_N-O topic : 単福1、劉鵬5、瑞樹6、答己4
GM  おお、すまん。全員行動値の宣言をお願いしま す。
登己  4ざます。
瑞樹  瑞樹、9です。
単福  10だね。
劉鵬  19でございま す
GM  では、セットアップ
登己  何この格差社会(何)

FS開始

●1ラウンド

GM  まず、ハプニングチャート #1d100=60
GM  いきなり難易度が上がった。どれだけ混乱してる んだ、前線(笑)
単福  OK大した問題じゃな い。
劉鵬  まてあわてるな 孔明の罠だ とか言ってるんですね きっと
GM  #1d10= 1 うむ、大して混乱してないようだ (笑)ということで、難易度が11になりました。
登己  クリティカル必 須……!
劉鵬  10でもどうせ 必須ですし……
単福  味方が味方を罠にはめて どーする


●桃姫

劉鵬  ダイス5 技能 なしだったりするのですけれど どうしましょう
単福  劉鵬ー社会不安なら待機 してもいいかも?
劉鵬  他の方の状況 は?
登己  社会? 2ですが何 か?(爽)
瑞樹  一応EF持ちという事 で、5Dで振れます。
単福  我に秘策あり(きりっ
瑞樹  ウロボロス便利だ なぁ……
劉鵬  では、待機して おきましょうか。もっとも、肉体精神は2個なわけですが……
単福  感覚の時にがんばればい いよ! きっとあるだろうし。
劉鵬  なんとかなりま すよね!
阿兎  「こ、こういうときは、落ち着くのが肝要なんで すね……」オロオロ
劉鵬  「そうよ阿兎。 気を落ち着けて……貴方が慌てたら混乱に拍車をかけることになるもの」
劉鵬  ということでパ スしますw


●単福

単福  では。MNで、オリジ ン:レジェンド MJで、無形の影+CR:ウロボロスにて判定!
劉鵬  ぉぉー
GM  どうぞ。
単福  侵食は、71%まで上 昇。
単福  「──……まずは、この 綿竹の地理と状況を調べるか──“観”」#10r7+1+11-1=32
GM  進行度4に。
劉鵬  すごーい
瑞樹  おおー。
GM  では、進行度が3超えたので、判定をした単福、 1D2を振ってください。奇数がといい事が、偶数だと悪い事が(笑)
単福  #1d2=1
登己  お。吉報。
単福  よきかな。よきかな。
GM  兵士達を上手く統率することで、混乱が収まりつ つある。難易度−3。
登己  おー。
単福  おー。
魏延  「HAHAHA! これがミーの統率力デー ス!」(マテ)
単福  単福は魏延をスルーし た。(
GM  GMもスルーした(マテ)


●瑞樹

瑞樹  了解。では交渉+《ア ニマルテイマー/領域調整》で、侵食は57%に。奈々市瑞樹はデクスに言う事聞かせられないから忘れかけてた……
GM  どうぞ。
瑞樹  「それじゃ、でくす。 一っ走り辺りを探ってきて頂戴な」(OK。ボクに任せな)#7r8 +1=17 半端だな……17ですか。
GM  進行度6。5を超えたのでイベント。

 邪仙の力で結界が張られている事がわかった。これより、決壊の破壊を試みる。
 判定技能がRCに、難易度が12に変更。

瑞樹  事態が進みました か……
GM  決壊を破壊してどうする(笑)


●答己

登己  RCねぇ……2しか振 れないのですが(爽)
単福  今、下がってるから成功 する可能性はあるかな?
登己  2Dでも8出れば行け るか……一応ではやってみますかね。
登己  エフェクトは特にな し。RCレベル+1で参ります。
GM  どうぞ。
登己  #2dr10+1=8  無理でした(しょんぼり)


●桃姫(待機後行動)

劉鵬  ダイス2個に何 を求めますか いきます>< #2r10=17 !?
登己  出てるし(笑)
GM  ちなみに、ハプニングで+1、イベントで−3だ から、実難易度は9ですよ、念のため。
単福  11−3で、8で成功し てるかな? 違う、だめか。
劉鵬  ハプニングの威 力ですね
GM  これで、進行度8。ここでイベント。

 決壊の作成者がそちらの意図に気付いた。なにやら対抗策を練ったようだ。
 判定を行ったキャラは、1D10HPダメージを受ける。

劉鵬  きゃー
瑞樹  逆ハック食らいました か。
単福  ふむ。
劉鵬  「これは……  相手の方も相当の……」
GM  というところで、1ラウンド目終了。あと、実難 易度10だったね(笑)

●第2ラウンド

GM  ハプニングチャート #1d100=19
瑞樹  ……!?
単福  ……おおう。
GM  ほほう……。次の進行度判定に失敗した場合、進 行度が0になります。
登己  厳しいな……
劉鵬  さて、このR度 はお休みですね!
単福  え? じゃあ、私がやろ う。
GM  まあ、イベントは継続してるので、実難易度は9 です。
単福  GM……次の判定だから 1回やれば問題ないですよね?
GM  ですね。


●桃姫

劉鵬  難易度9なんて 私の手にかかれば……ということで慌てず騒がず 《待機》
阿兎  「こここここう言う時こそ、おおおお落ち着くの が肝要ですよね、姉さま!?」(笑)
劉鵬  「ええ、その通 りよ阿兎」にこっと 「一つお父さまに近づいたわね」


●単福

単福  では。MJにて《 ディメンションゲート/CR:ウロボロス》
単福  イージーフェイカーでウ ロボロスのエフェクトとしてとってるから問題はないはず!
GM  イージーエフェクトは他のエフェクトと組み合わ せて使えませんよ。それ以前の意図もはっきりしませんが。
単福  ああ。そっか……。
単福  うん、空間を捻じ曲げ て〜とあったから、その段階で、結界を捻じ曲げれないかな、と。失礼しました。
単福  素直に《無形の影/CR ウ ロボロス》いきます(ぺこ)侵食は77%まで上昇。
GM  イージーエフェクトをどう使うかはGMに申告し て、OK貰ってから使おうね。《無形の影》はどうぞ。
単福  はーい。「──…… “破”」飛剣にて結界を切り裂く #10r7+10+2=38
登己  おー。
劉鵬  すごーい
単福  ダメージ #1d10=10 ダメージは10点通す。
瑞樹  ファイアウォール痛い ですね……
劉鵬  「結界が……さ すが単さま、見事なお手前ですね」にこっと
GM  進行度12に。10でイベント。

 まず、統率による難易度変化が消滅。
 そして、綿竹内部に敵が潜んでいる様子。伏兵を発見せよ。技能を知覚に、難易度を10に変更。

GM  そして、全員1D10を振ってください。
単福  #1d10=8
登己  #1d10=1
劉鵬  先手必勝!  #1d10=7
瑞樹  何だろう……  #1d10=3
GM  実は、これは目が小さい方が有利だったり。
単福  まあ。仕方ないね。何か ありますか?
GM  綿竹にある妖気の影響で、認識がおかしくなって いる。出目の半分(端数切り上げ)、判定の達成値がマイナスされる。
単福  OK.問題ないね。
劉鵬  きゃー
登己  おや。ではアタシは −1か……桃姫と単が痛いね。
劉鵬  -4程度……!  致命傷ではないです
瑞樹  とはいえ、両方オリジ ン持ち……状況と能力が合えば打ち消し可能か。


●瑞樹

瑞樹  っと、自分ですね。
黄中  「策敵は、射手には必須技能! 任せるです よー!」
瑞樹  ルール的に、《コンセ ント/アニマルテイマー》のみって出来ましたっけ?
GM  無理ですね。両方共、技能はシンドロームなの で。
登己  アニマルテイマーはも うひとつエフェクトがないと無理すな。
瑞樹  了解。なら、普通にア ニマルテイマーのみ。達成値ペナルティは−2。「ならこの子を連れて行って。黄将軍の役に立つかもよ」
登己  いや待って。
瑞樹  おっと?
劉鵬  それも駄目です
登己  アニテイ自体が単独で は無理す。他に《シンドローム》以外のエフェクトが必要。
瑞樹  あれ、そうなのです か。では素振りですね。
瑞樹  では、普通に行きま しょう。黄将軍の活躍に期待っ #5r10-2=11 活躍してくれまし たね。
登己  よっし。
GM  進行度14に。


●答己

登己  このラウンドではこの ままじゃ進行度を消しかねません。パスで。
単福  えっと。進行度が減ると かのは消えてなかったっけ? 次の判定だけで、ラウンド中じゃなかったはずだから
劉鵬  進行度ってどれ くらいまであるのでしたっけ
瑞樹  進行度消滅効果は、単 福さんの成功で打ち消されてませんでしたっけ。
登己  ラウンドイベントは継 続ではないのですかね。
単福  ラウンド中〜と書かれて ないから……っというのは根拠の判断にならない?
瑞樹  『次の判定に失敗した 場合』らしいので、そのラウンド中最初に判定した人間に乗っかる効果だと思ったのですが。
GM  『次の』判定なので、一度判定したら、効果は消 えます。あと、完了値は20で設定しています。
劉鵬  はーい
登己  ああ、ではこっちの勘 違いですね。
GM  ……『あと』って打つと、いちいち『阿兎』が出 て来てめんどくさいな!(笑)
登己  ではやるだけやってお きますか。行動破棄宣言は取り消します。
GM  どうぞ。
登己  「ちょっとはやる気を 見せたいところだけどねぇ。どうなるやら」はふりと息を吐いて。素振りで。技能も特になし。#2r10-1=13 お。突 破。
劉鵬  これで技能が変 わりそうな気がひしひしと
GM  進行度16に。15でイベント。

 伏兵を発見。しかし、綿竹内部は射撃に向かない構造だった。倒すには、直接殴るしかない。
 技能を白兵に、難易度を13に変更。

劉鵬  ……お疲れ様で したっ
登己  こっちの方が得意だっ た!(笑)
瑞樹  お疲れさまでしたー (何)
単福  あれー。


●劉鵬(待機後行動)

劉鵬  いくら見直して もどうしようもない……と。いきます #2r10+1-3=2 失敗……


●第3ラウンド

GM  ハプニングチャート #1d100=57
GM  伏兵が沢山いたようです。難易度+1D10  #1d10=2
登己  さっきからありがとう (笑)
GM  出目が低いな……。難易度15に変更。
単福  んー……答己まで待機か なぁ?


●劉鵬

劉鵬  ぁ 待機を


●単福

単福  待機ー。侵食率が厳し い><


●瑞樹

瑞樹  支援が飛ばせれば…… といっても妖精のみですが。何にせよ、まずは待機します。


●答己

登己  「さぁて、趙少年。出 番だよ。精々その武力をおねえさんに見せとくれ」にこりと傍らの少年の笑いかけ。白兵判定行きます。とはいっても組み合わせ がダメージのみなのでエフェクトが使えない罠。さすがに攻撃力上昇エフェクト使用は邪道ですよな。
GM  使ってもいいよ。敵を倒すんだし。
登己  おお。ならば《漆黒の 拳/CR:バロール》を組みます。侵蝕は+5%
GM  どうぞ。
劉鵬  ふぁいとです!
登己  侵食上昇は判定後です ので先ずはこれだけ。#9r8+3-1=39
単福  おー。
瑞樹  おおっ。
登己  1点惜しかった!  39で突破。
GM  進行度20に。FS判定完了。

趙雲  「敵が、こんなにたくさん……ふ、ふふ……」
登己  おやん。とトリップし 始めた少年を振り仰いだ。
趙雲  「…………我は、常山の趙子竜! 逆賊共め、成 敗してくれる!」そして、無双モードに(マテ)
劉鵬  それでこそ趙雲 様!
登己  「……ほどほどで戻っ ておいでよ少年。大将を確保が先決だからね」
登己  多少面喰いつつも声だ けは掛けておく(何)
瑞樹  あはは……狂戦士属性 持ちでしたか……(何)
単福  うわぁ(
GM  では、無事劉備を発見し、出口も見つけました。
GM  全員、合流したものとします。
GM  しかし、さすがにそこに伏兵を配置していない 程、敵も間抜けでは無かった。
単福  あ、自分は劉備を確認し たら、最後尾に下がります。顔合わせたくない(
GM  待ち受けるは、劉障配下の将、冷苞。
単福  って、伏兵か(
劉鵬  冷苞!
登己  おや。雑魚に無双して いる少年は……任せておいた方がいいかねぇ、これは。
冷苞  「ふははは、見つけたぞー……劉備ー……」
劉鵬  「お父さ ま……!」
瑞樹  「あっちゃー、見つ かっちゃったか。まあ、当然っちゃ当然か。こいつをどうにかしないと、任務達成、とは行かないみたいね……」
冷苞  「窮奇様より頂いた力で、貴様を…………殺 す!」
登己  「四凶は人を使う。と いう話だったねぇ。アンタがそのひとりかい」
GM  ちなみに、データ的な戦闘は行わないので、演出 で恰好よく戦うといいよ(笑)
登己  つまりエキストラ (何)
単福  じゃあ、任せるかな。3 人に(他人任せぁ
登己  まてやPC1(何)
瑞樹  「窮奇! 四凶が一 つ……これでもう完全に確定ってことか。上司の名前を出してくれる辺り、何だか三下っぽいけれど」
冷苞  「全国の冷苞さんには申し訳ないが、俺が窮奇様 配下の冷苞だ!」
劉鵬  「蜀の猛将と名 高い。冷苞に窮奇の力……侮れない相手かもしれませんが」
単福  「──……あれなら俺が 態々出る必要無いよな。他の雑魚やるんであと宜しく」
冷苞  「そして、俺の名前が“冷”苞だからって、サラ マンダーだとか安易に思うなよ……!」
登己  「全国って誰だい。と いう突っ込みはさておき。アンタごときに大将はやらせないよ」アタシはまぁ、劉備の大将を護る方向で。前線は頼む!
GM  そして、彼が手をかざすと、辺り落ちていた岩や 木片、打ち捨てられた武器などが浮き上がり、皆を襲う。
劉鵬  「まぁ、意外 性」
登己  「おっと、通さない よッ!」演出《孤独の魔眼》で刺青の蛇を実在化。無数の飛び道具を自分へと集中させる。
劉鵬  「でも、やらせ てさしあげるわけにはいきませんから……」 舞いを披露し 突如桃の花びらが舞い散り攻撃を吹き飛ばします
単福  「っと」自分に来た分は ステップして避ける。
冷苞  「見たか! これぞ、窮奇様より頂いた力、『や ●だの術』だ!」(マテ)
劉鵬  やまだ?
単福  また、微妙に古いねた を……
登己  申し訳ないですが元ネ タが解らにゃい……
黄中  「こっちも必殺ですよー! 『魏延バリ ヤー』!!」(マテ)
登己  NPCが一番ひどいこ とやってる現実はどうなんだ(何)
劉鵬  あの魏延さんな らきっと麒にしない……!
瑞樹  「おおっ、頭良いわね 黄将軍っ」自分も便乗して盾にさせてもらう(何)
劉鵬  冷苞さんと一騎 打ちしたい人ー?w
登己  アタシ、カウンター系 でして(何)
冷苞  「やるではないか……! だが、地に武器がある 限り、俺の攻撃は終わらんぞー!」
登己  直接戦闘は出来る人に お任せ!
単福  「ああ、ついでにバリ ヤーのついでにもう一つ働いてもらおうか?」黄中の弓を指して
黄中  「む? 『魏延カタパルト』ですかー?」(マ テ)
単福  「其処は、必殺必中も入 れないとな。魏延的な意味で」
劉鵬  やっぱりここは 魏延さまに捕らえてもらうべきですか?
劉鵬  それです!w
登己  PCでやりましょうよ (何)
単福  えー。
劉鵬  近接できる人は 元直さんしかいないという。魏延カタパルトします?
登己  誰もやらないならアタ シがはっ倒しに行くが(何) 白兵いるでしょ。
単福  「──……まあ、冗談は ともかく。仕方ない……やるとしようか」
GM  とりあえず、なにもしないと冷苞さんが延々『や ●だの術』を使い続けます(笑)
単福  「──……対象とする術 の効果範囲も分かったし、な」冷苞の居る場所へと駆け出す。
冷苞  「む? 俺の『や●だの術』が、接近すれば使え ないとでも思ったかー!」
単福   「──……いや?だが。──“飛ばす物が無ければ意味は無いな”────“斬”」
単福   飛刀を古い、奴の周りの辺り落ちていた岩や木片、打ち捨てられた武器などを全て吹き飛ばす。
単福   まっさらな、何も無い場所を作り出す。
冷苞  「き、貴様ー……! 武器を画面外に捨てれば、 意味が無いというこの術の弱点を、何故知っているー!」(マテ)
桃姫   「今は単さんをアップですもの」劉備さまを避難誘導しようとしつつ
単福   「──……ふん。そんなの知らなくても、推測出来るさ、これくらいは、な。もっとも──孔明と士元ならもう少しスマートにやぶるだろうよ」冷苞の 至近距離までよっている
冷苞  「『や●だの術』を破ったからって、俺にはま だ、白兵戦用の技もある! マッハチョップ!!」ペチペチ
単福   「──……」
単福   「──”れいほう”なら龍尾嵐風脚ぐらい使えるようにしておけ」刀を振るって地面にたたきつける。
冷苞  「げろろんぱ」
GM  それが、冷苞の最期の科白だった(マテ)
単福   「──ふん」
桃姫   「お見事でございます。単さま」にこっと
瑞樹   「風景が一瞬ドット絵に見えた戦闘だったわね……」安全になったのを見計らって出てきた。
登己   「やるねぇ。初めから手を出してくれれば手間かからなかったのに。焦らすでないよ」は。と笑い。具現化した蛇を身に戻す。
単福   「──別に俺じゃなくても倒せただろうに。あんまり表には出たくないんでね」
桃姫   「そうだったとしても……倒したのは単さまでございますよ」 劉備様の様子は?
GM  多少傷は負っていますが、大事ないようですね。
登己   「ま、ともあれ大将も取り敢えずは無事。さっさと目的地に向かうかねぇ」倒れた敵に興味がないとばかりに。桃姫に場を譲ってアタシは趙少年でも迎 えに行くよ(退場)
桃姫   「お父さま、よかった…… 戻りましょう。皆さま心配なされてますよ。 阿兎も……」 来てますよね?w
単福   「──……。桃姫、瑞樹、劉備殿の介抱は任せる」とん、と周囲を見回りに消える。(退場
GM  NPCは基本背景だったので、いるだけはいます よ(笑)
劉備  「すまない、桃。しかし、これは邪仙が本気で動 き出したということか……」
桃姫   「そのようでございますね。しかし、それだけお父さまの存在が大きく、恐れているという事でしょう」
瑞樹   「桃姫さん、再会もいいけれど、まずは貴女の主の安全を確保できる場所に移りましょう」
劉備  「だが、私は止まるわけにはいかない。益州の地 を手に入れるまで、もう少し……いましばらく、力を貸してくれ、桃」
桃姫   「もちろんです。お父さまが乱世を終わらせ、泰平を齎すまで……。微力を尽くさせていただきます。 さ、戻りましょう?」

GM  かくして綿竹を抜けた一向。残る難所は、落鳳 坡。
GM  では、シーンを切ります。

Middle phase 3
Scene Player “遁 甲屋”瑞樹
Scene:劉備軍 登場:

   瑞樹登 場侵蝕:57→59%


GM  昼間の綿竹での戦闘が効いたのか、何処か士気が 下がっている様子の劉備軍。
GM  そんな中で、妙に元気な爺がいた。
GM  元始天尊だった(マテ)

元始天尊「んー……なんじゃか皆元気が無いのぅ……(ム シャムシャ)。昼の戦い、確かにワシの目から見ても妙な感じはあったが……(グビグビ)」
元始天尊「お、兵隊さん。お茶をもう一杯」
瑞樹  「三清の一人ともあろ う方が空気読まない人だった……帰りたい。好き放題ですね、元始天尊さま」
元始天尊「『兵糧が少ない』? ケチケチすんな、お茶の 一杯くらい。老い先短い爺に対して」(マテ)
元始天尊「ん……? おお、瑞樹か。……首尾はどう じゃ?」
瑞樹  「まあ、ボチボチです わ。とはいえ結構危機的だったのは事実で……」と、劉備が誘い込まれ、結界での封じ込め寸前だったこと、現場の混乱振りなど 報告。
瑞樹  「おまけに冷苞とかい う敵武将から、『窮奇』の名まで出てきたとなれば。いよいよもって、という感じです」
元始天尊「窮奇か……」
元始天尊「…………」
元始天尊「……喉元まで出かかっているのじゃが、どんな 奴だったかのぅ……」(マテ)
   登己登 場侵蝕:6168%
登己  「耄碌したのかい、こ のクソ爺もとい天尊サマ? 茶で良ければアタシがお酌してやろうじゃないか?」登場と同時。背後から元始天尊サマの後頭部を 胸で挟むようにして抱え込んじゃる。
元始天尊「い、いや、待つのじゃ! 情報:仙界辺りで振 れば、何か思い出すかもしれん!!」(マテ)
瑞樹  「『いえす』なツッコ ミね蛇姫さん。けどそれ、この耄碌爺にはご褒美なだけだから」
登己  「おや、ご褒美だとい うならこんな爺さんにはもったいない話だねぇ」ぱっと手を放し。
GM  まあ、情報:仙界で判定可能です。
瑞樹  情報:仙界。ではまず 自分が振ってみましょう。宣言は、情報+《CR:オルクス/領域の声/アニマルテイマー》で。侵食は+7で66%に。
登己  では待機を。
GM  どうぞ。
瑞樹  コネ:仙界を忘れて た……無論追加。幾らなんでもこれだけ振れば…… #11r8+1 =17 11Dでこれだよ! 17。
GM  【工作兵】とか無いから、充分足りてます。で は。

●窮奇

 バロール/オルクス
 四凶の一人で、不吉の象徴。他者に不幸を与えるのを好む。
 トウゴツ程ではないが、かなりの脳筋という話がある(マテ)

GM  以上。
登己  脳筋多いな……
瑞樹  (デクス『という奴ら しいよ』)という話を聞いて説明後「……ってデクスが言ってた」(おい)
元始天尊「おお、思い出した。そんな奴じゃった。しか し……」
登己  「確か人間を使うのが 得意って聞いた気もするんだけどねぇ。脳筋にそんな絡め手が出来るのかねぇ」話を聞いて、ふぅん。と腕を組みつつ。そこんと こどうなのさ。と天尊サマを見る。
元始天尊「そんな脳筋に、策など練れるかのぅ……。或い は、もう一人くらいいるかもしれぬな」
瑞樹  他の三人が絡んできて いないことを祈るだけです……が、いるんだろうなぁ。「確かに、脳筋というなら、自分から出てくるでしょうしね」
GM  ちなみに、トウゴツは赤壁の時の戦いで死んでい ます(笑)
元始天尊「なんにせよ、もう一当てして来る可能性が高い じゃろうな……」
元始天尊「脳筋であれば、上手く誘き出せるかもしれぬが の」
登己  「さっきのじゃあまり に噛ませだったからねぇ。──大将を囮にして手っ取り早く的の頭を取りたいものだよ」
瑞樹  「囮かぁ。ま、それが 一番簡単な手でしょうね。桃姫さんあたり、強く反対しそうだけど」
登己  ところで。と瑞樹を見 て。「アンタの占いで次は誰が操られてくるのか見当つかないのかい?」からかうように笑んで言ってのける。
元始天尊「念のために言っておくが、玄徳殿が死んだら、 他の何処で勝っても、総合的には負けじゃからな」
瑞樹  「分かってますよ。後 で孔明さんも交えて、皆で相談してみましょ」元始天尊と蛇姫の言葉に返し。
登己  「勿論大将は殺させる のは論外さね。ま、国を背負う傑物は、多少は他人より苦労していただきたいとこだがねぇ」
元始天尊「お主らは死んでもいいが、玄徳殿だけには死な れるなよ!」(ビシィッ!)
登己  「──……あんたに言 われると何か腹が立つねぇクソ爺?」こめかみに拳を当てて梅干しぎりぎり(何)
元始天尊「あ、あ、もっと」(マテ)
登己  まさかのマゾだった (何)
瑞樹  で、GM。蛇姫さんが 言ったような内容で占うとか、判定としてアリ? それとも演出としてならアリです?
GM  この先の事を占うのならどうぞ。見たいものが見 られるとは限らないですが。
瑞樹  んではまあ、一応。 占ってみましょ#6r10+6=21 意 外にくるり。21。
登己  おお凄い。
GM  では、落鳳坡によくない卦が出ています(言われ るまでもないというツッコミは置いといて(笑))
GM  それと、孔明に不吉な影が掛っているのが見えま すね(いつもの事ではというツッコミは置いといて(笑))
登己  卦(GM)がさっさと そこへ行けと申している(何)
瑞樹  「……というわけで。 『やな事あるけど早よ進め』という結果が出たわね」(何)
登己  「虎穴に入らんば虎子 を得ず、かねぇ」この表現が時代に合ってるかはさておき(何)
瑞樹  「そもそもが『混沌の 卦』だからね。見えただけマシだと思って」肩を竦める。
登己  「ま、まかり間違って アンタの占いに出た孔明が乗っ取られたとかという結果は勘弁だねぇ。──アタシは大将のところへ戻るとするよ。その万が一が あると厄介だしねぇ」
登己  「その爺さんの世話は アンタに任せるよ」じゃね。と手を振って、聞くことは聞いたとばかりに場を離れる。
瑞樹  「はいはい。と言って も、私もこの話を伝えに戻らないと。あまり周りに迷惑掛けないで下さいよ? 元始天尊さま」
元始天尊「わかっておるよ。ところで瑞樹さんや、飯はま だかのぅ?」(マテ)
瑞樹  「やですよお爺さん、 飯作んのはあんたの仕事でしょ」(何)それじゃね、と手をひらひらさせて、自分も場を離れます。
GM  それでは、シーンを切ります。

Middle phase 4
Scene Player None
Scene: 登場:不可

??? 『ふむ……綿竹では危ういところだったな……』
??? 『あの仙道共……想像していたより厄介な連中な のかもしれん……』
??? 『が……まあ、いい。我が策は、まだ修正するに は至らぬ』

Middle phase 5
Scene Player  “撃剣”単福
Scene:劉備軍天蓋 登場:

   単福登 場侵蝕:77→80%

GM  夜も更ける頃、明日はまた出陣だと言うのに、孔 明は一人仕事を続けていた。
孔明  「……ふぅ……こっちはこれでよし。……あと は……アレとアレも済ましておきましょうか」
単福  「……ふむ。もう全部隊 の収拾と編成はもう済んだか、早いな」背後に。
孔明  「ん〜…………ふぅ。……はぅぁあっ!?」
GM  ドンガラガッシャーンッ!
単福  「……っと、驚かせた か」ひょいっと孔明をひっぱりあげて
孔明  「た、単福さん! あなたは昔から! 普通に登 場できないんですか!?」
単福  「これでも気を使ったつ もりだぞ? ……仮面の男が軍師殿の所に入り込むのを見られたら色々面倒だろう?」軽く息を吐いて。ひょいっと、竹筒を投 げる。
GM  受け取り損ねて額にぶつける(マテ)
孔明  「あぅっ!? なにするんですか、さっきか ら!?」(マテ)
単福  「とりあえず、飲まず食 わずでさっきまで仕事してただろ? 少しぐらい休め」
孔明  「まったく、もう……」埃を叩いてから、竹筒の 中身を飲み干す
単福  「……もう少し身体鍛え とけよ……まもっとも。お前さんの場合は、それを補って頭脳労働でこの軍を支えてるから十分かもしれんが、な」中身は蜂蜜 と檸檬を混ぜて水で薄めて飲みやすくしたもの。
孔明  「運動神経の事は放っておいてくだしゃい。…… んくんく……」
単福  「……しっかしまぁ、殿 の軍もあの頃に比べたら、大分将も兵も増えたよなぁ」自分の分も軽く口をつけつつ。
孔明  「今は民が半数くらいいますけどね……。玄徳様 のお人柄と、地道な活動の成果です」
単福  「──俺は、それに加え てお前さんと士元の功績がでかいと見るがね」
単福  「──……殿に推挙して おいてよかったよ、まったく」
孔明  「私は何も……。まだ、玄徳様に下に着いて日が 浅いですし、よく迷惑をおかけしてますし……」
GM  士元については、特に触れない(笑)
単福  「後はその自信の無さを どうにかしないと、な。そうすれば、これからもお前さん達で殿を支えられるさ」
孔明  「それは、まぁ、おいおい……」
孔明  「それより、元直さん……コホン……単福さん は? ここにこうして来られたってことは、お母様は無事だったのですよね?」
孔明  「玄徳様も気にされてましたし、席は空けてある と、よくおっしゃられてますよ……」
単福  「──……おかげ様で な。もっとも、赤壁の前に老衰で逝ったけどな」
孔明  「それは……」
単福  「──そう、本来なら母 が死んだ時、縛るものは無くなった。此処に戻ってくる事も出来た」
単福  「──だが、戻らず俺は 留まった」
孔明  「でしたら、いつ戻って来られても。玄徳様だっ て、お喜びになられますよ」
単福  「──……なあ、孔明。 お前は、本当に俺が『母親の為にだけ』曹操の所に向かったと、思うのか?」
単福  とん、と孔明に背を向け て
孔明  「え? え?」
単福  「──……俺は其処まで 高潔な人間じゃねぇよ」
単福  「──あの頃、俺はお前 を殿に推挙したばかりだったよな」
単福  「……最初は純粋に、不 遇だったお前さんを助けたいという気持ちもあった。けどな」
単福  「──……それは、直ぐ に変わった。……水鏡先生のときにも感じてた、“軍師”としての力量の差って奴をな」
孔明  「そんな、力量の差だなんて……」
単福  「──……それは、俺が 居ない間、此処まで殿の軍を育てた事が証明している」俺には出来なかった、と。
単福  「──そして、曹操から 手紙が来た時……殿に背く事になるのか、と迷った。……だが、同時にこうも思った。好機である、と」
孔明  「それは、私の力では無く、玄徳様の人徳こそ が……」
単福  「──……殿の人徳もあ るだろう。だが、その人徳を世に、将に知らしめる手段、時間。それを考えてやったのはお前だ」話を続けるぞ、と。
孔明  「それは……でも」言いかけたところで機先を制 され、黙りこむ。
単福  「──……曹操は“唯才 是挙”を掲げ、あらゆる知識、力を集めていた」
単福  「──……それを自分の 者に出来れば、お前を超える事が出来る」
単福  「──……だから、俺 は、曹操の下に降った。…………もっとも」
単福  「その結果が、これだ が、ね」孔明に振り向いて、仮面に手を掛けて……はずす。
孔明  「……────!?」
単福  其処には、火傷のように 見えるが、それよりも黒く、暗く、闇のように蠢いている何かがあった。
単福  「──……あらゆる知識 を吸収し、様々な術式、外法を己に掛けた結果が、これさ。──俺は、人ですらもう、無い」
単福  「話は戻るが、これが理 由さ。────同士に嫉妬し、己の為に、主君を見限り、人ですらない欲望の残骸となった俺は殿の──劉備殿の傍にいる資格 など、無い」
孔明  「玄徳様は、そんなこと……人であるか無いかな んて、気にされる方ではありません!」
孔明  「元直さんを……元直さんだから、待っておられ るんですよ!」
単福  「そうだな。殿なら、そ うは言ってくれるかもしれないな……」はは、と力なく笑いながら。
単福  「──……だが、俺が俺 自身がそれを許せそうに無いんだよ。……孔明」
孔明  「自分を本当の意味で許せるのは、確かに自分だ けかもしれません……ですけど!」
孔明  「それでも私は許します! 士元さんだって!  玄徳様だって! 他の、皆々も……」
単福  「……孔明……」
単福  心に走る痛みが、元直の 顔を上げさせる。
単福  ──……何かを堪える様 に。すでに流れる事が無くなったものを堪えるように。
単福  「──……嘘でもそう 言ってもらって嬉しかったぞ……有難う、孔明」ぽんぽん、と孔明の頭を撫でて
孔明  「……元直さんは、いつまで経っても、そうやっ て私を子ども扱いするんですね────」
単福  「……え、いや。すま ん……。いつもこうしてたからな……」ぽり、と頬をかいて
単福  「──……ま、これで最 期になるだろうから、許してくれ……な?」
孔明  「最後だなんて、言わないでください。私達は、 いつでも────いつまでも、待っていますから……」
単福  「──……それじゃ、俺 は戻るな。──最後の締めの前に変な話をして悪かったな。……だが、孔明、お前に話せて……良かったよ」仮面を被りなお す。
孔明  「おやすみなさい。また…………明日」
単福  「──……ああ、おやす み。ゆっくりと寝ておけよ……」ぱさっと、天幕の布をあけて。
単福  そして、出た所で星空を 見上げて──。
単福  ……GM,諸葛亮孔明に 対するロイスを、Sロイスへと変更します。OK?
GM  どうぞ。
単福  「──……そういや、姜 維の事説明するの忘れてたな……ま、いいか」
単福  姜維に対して□有為/■ 忘却にてロイスを取得します(お前
GM  どうぞ。
単福  「──……ま、全ては明 日……それからだな」ざっざっ、と周囲の見回りへと歩き出す。
GM  では、シーンを切ります。

Middle phase 6
Scene Player None
Scene: 登場:不可

「…………元直さん」
 独りになった部屋で、去ったばかりの名を呟く。
 その顔は、憂いに満ちていたが、頭を一振りして、それを振り払う。
「さて、そろそろ寝ないと、明日に響────」

 グシャ
 
 「孔明……おまえに動かれると、少し面倒だからな……そのまま、ゆっくり寝ていろ」

Middle hase 7
Scene Player “桃 花水月”劉鵬
Scene:劉備軍天蓋 登場:可

   桃姫登 場侵蝕:69→74%

劉鵬  そして、シーン 開始前に調達をお願いします。目標7のギター相当 胡弓を #2r10=6
劉鵬  失敗……フレー バーでお願いします><
GM  だから、振る前に許可は取れと。まあ、調べてみ た限り、シーンの最初でもできるみたいだから、かまいませんが。


GM  夜、そろそろ皆が眠ろうと言う頃、あなたは劉備 の天幕を訪ねていた。
GM  阿兎はよほど疲れたのか。既にスヤスヤと寝息を 立てておりちょっとやそっとでは起きそうにない。
GM  劉備にも大分疲れが見えているが、彼はそれを周 りに見せまいと努めているようだ。
劉鵬  「明かりが点い ていたのでもしや……と思ったのですけれど。まだお休みに慣れていなかったのでございますね」
劉備  「桃か……。……少々、気分が高揚しているよう でな……」
劉備  「やはり、大きな戦があると、気が落ち付かない ようだ」
劉鵬  一瞬止まるもの の 「そう……でございますか?」 劉備さまの心遣いを無にしたくないので気づかない方向で 「大分お疲れでしょうに」 
劉備  「そうだな……あの綿竹というのは、妙な気が充 満していたというか……いつもより疲れた気がするな」
劉鵬  「私もここを越 えればお父さまの理想の礎となる地が手に入ると思うと……」にこっと
劉備  「理想か……いつの間にか、大きくなってしまっ た物だな……」
劉備  「最初はそれこそ、私と雲長、益徳、それに桃が 普通に暮らせれば、それだけでよかったものだったが……」
劉備  「守りたいものが、こんなにも増えた。無論、投 げ出すつもりなど、毛頭ない」
劉鵬  くすっと笑って  「ありがとうございます」 気取らない これでこそ……劉備玄徳 
劉備  「私は実は、酷く欲張りな男なのかもしれない な……」クスリと笑う
劉鵬  「はい、そうい う意味ではとってもお父さまは欲張りなのかもしれませんね」 
劉鵬  「でも、そうい うお父さまだからこそ。叔父上や麋竺さま、軍師さま……そしてたくさんの民がお慕い申し上げるのでしょう」
劉鵬  「理想は、人が 表してこそ……でございますから。 汝南で散った劉辟さまや……軍師さまに後を託して北へと去った前軍師、徐庶さまも」
劉備  「これは、そのための大きな一歩……か。……ふ ふ……」
劉備  「桃も、言うようになったものだな」
劉鵬  くすくす 「そ うでございますか? お父さまや皆さまに学んだのでしょうか」
劉備  「せっかくだか、久しぶりに一曲やってくれない か。ただし、阿兎が起きない程度の大きさで、な」
劉鵬  「喜んで。実は そう仰ってくださるのではないかと」と、どこからか胡弓を取り出し
劉鵬  と、いうことで 実は技能がないものの演奏します! Dロイス万歳 #19r10+10=18 回らず……!?
劉鵬  達成値は回らな かったものの どこか桃の花を思い起こさせるような曲を奏でます。 
GM  そうして寛いだ時を過ごしていると、伝令が慌て た様子で飛び込んで来た。
GM  伝令「恐れながら、急ぎ申し上げたい事がござい ます! 的慮号が、何者かに盗まれた御様子です!」
劉鵬  丁度胡弓の弦が ぷつんと 「お父さまの……的蘆が?」
GM  伝令「それと、孔明様が、急ぎ申し上げたい事が あると……」
劉備  「わかった、行こう。桃」
劉鵬  「はい。次は成 都で……奏でさせていただきますね」 真剣味を帯びて 続きます
GM  では、シーンを切ります。

Trigger phase
Scene Player All
Scene:劉備軍天蓋

   単福登 場侵蝕:80→90%
   桃姫登 場侵蝕:74→76%
   瑞樹登 場侵蝕:66→74%
   登己登 場侵蝕:68→74%


GM  それぞれ伝令から連絡を受けたのか、一同が孔明 の天幕の前に集う。
GM  そこでは、孔明(影武者)が、慌てた様子で待っ ていました。
孔明(影)「ひぃぃぃぃぃっ! み、皆さん、大変でござ いますぅぅぅぅっ!!」
登己  「落ち着きなよ。アン タ。一体どうしたんだい、慌ててさ」
単福  「──……あいつはもう 寝たはずなんだが……どうした?」
劉鵬  「落ち着いて状 況をお話ください」
GM  ちなみに、こいつは『見かけ幼女だと軍師として 箔が付かない』ということで、表向きに孔明として活動している男です。詳しくは、前話参照(笑)
孔明(影)「と、とりあえずこちらへ……」
瑞樹  「何か急ぎの用があ るって聞いたんだけれど……」なるほど、それで(影)ですか。
劉鵬  そういえば今回 まだ出てませんでしたねーw
登己  まぁ促されて続こうか ね。
単福  「…………」促されるま まに中へ。ただ、嫌な予感だけが頭を離れない。
瑞樹  自分も続く。
GM  孔明(影)に連れられ天幕の中に入ると、陥没し た柱と、大量の血。そして、倒れ伏す孔明の姿が。
単福  「────孔明!」
劉鵬  「軍師さ ま……!?」
瑞樹  「っ!?」息を呑む。 そして自分の占いを思い出したが……まさかこんな形で実現するとは。そう思っている。
単福  だっ、と駆け出して孔明 の傍に寄って、容態の確認を行う。
登己  ──おや。と小さく呟 き。駆け寄る面々と部屋を一歩引いた位置で見やる。
GM  出血は酷かったようですが、既に傷は塞がってい るようです。
単福  息は!?
GM  幸い、今は意識が無いだけで、命に別条はなさそ うです。
劉鵬  「よかった……  しかし、誰が…… 心当たりは?」 影の人に
GM  声をかけ続けると、やおら目を覚ましました。
劉鵬  そしてどさまぎ で劉備さまにSロイスを
単福  「──……命の方は大丈 夫、のようだ、な」安堵の息を吐きつつも、悔やむ表情を。おそらく自分が此処を出たあとだろう、と。気づけなかった自分に 向けて。
孔明(影)「いえ、私は何も……」ブンブンブンと首を盛 大に横に振って。
GM  まあ、こいつは《ワーディング》されたら気付け ないしね(笑)
単福  「──……孔明!!」現 在、彼女を抱き寄せてる。
単福  違う、抱えているね。
孔明  「…………はっ?(キョロキョロ)士元さん…… 士元さんは!?」
劉鵬  「よかった、気 が付かれましたね。……士元さまが何か?」
孔明  「とりあえず、今の状況を教えてくだしゃい!  ……ある程度は、推測できますけど……」
孔明  「何か……もう一つ騒ぎが起こってるんじゃない ですか?」後頭部を擦りながら
単福  「──……よし、分かっ た。説明しよう」(指パッチン)
劉鵬  「騒ぎといえ ば、お父さまの的蘆号が何者かに……」
孔明  「的盧が……やはり、そういう事ですね……」
単福  「──……士元は……」 今この場にはいない?
登己  「何か心当たりでもあ るのかい?」
孔明  「まず初めに言いますが、これは士元さんの仕業 です」柱を指さして
劉鵬  「まぁ……何故 副軍師さまが?」
孔明  「多分、自分の策を実行するのに、私の策と競合 されたくなかったのでしょうけど……」
単福  「……どういう事だ?」
単福  「──っ!まさか!」
孔明  「多分、気絶させるつもりで蹴ったんだと思いま す。ただ、“自分の肉体基準”で」
登己  「…………ぁぁ」呻く 様に納得した(何)
瑞樹  「…………流石は『力 の士元』ね」不意に頭痛(何)
孔明  「あの人の基準で蹴られたら、私の頭なんて石榴 と一緒ですよ! いつもいつもそんなんですから!」
登己  「アンタも大変だった ねぇ、お嬢ちゃん」急に憐れんでなでくり(何)
劉鵬  「それで……軍 師さまで本当によかった……のでしょうか」
単福  「──……あいつらしい といえばそれまでだが……」
孔明  「さすがに今回は、士元さんのロイスをタイタス にして蘇生しました……」(マテ)
登己  まぁ懸命だねぇ。と手 を放し。
単福  「──……仕方が無い、 が。お前を気絶させてまで通す策だから──……つまりそれは、お前が必ず止めようとするような策、だよな?」孔明に確認し て
孔明  「そして、行方不明の的盧……おそらくあの人 は、『自分が玄徳様の振りをして、敵をおびき寄せる策』を思いついたのだと思います」
劉鵬  「そんな……」
単福  「──向かった先は── 落鳳破か」
孔明  「おそらくは。あの地は、待ち受けるに適した地 形ですから」
瑞樹  (私の見たものはこれ か……)孔明さんの話を聞いて、納得したらしい。
孔明  「さて、ここで質問です……。この中に、士元さ んが玄徳様の振りをできると思われる方は……いますか?」一同を見まわす(マテ)
登己  「……」無言を以って 応えた(何)
単福  「──……孔明、その質 問は意味を成さない」(ぁ
瑞樹  「……いやぁ、どう答 えて良いモノなのか……」目を逸らす(何)
孔明  「とにかく、今は士元さんを追いましょう! 成 功するかどうかは置いといて……士元さんを失うのは、大きな痛手でしゅから!」
劉鵬  「はい……!」
単福  「──……そうだな」ぽ ん、と頭を撫でて。噛んだ事に対するフォロー(
登己  「解ったよ。じゃ、行 こうかねぇ」
瑞樹  「まったく、本当に人 騒がせな人物ね」ともかく、準備を整え。
GM  それでは、シーンを切ります。

Middle phase 8
Scene Player None
Scene: 登場:不可

「ふははははははっ!! ワシこそが、劉玄徳じゃあっ!!」
 的盧号の上に仁王立ちになり疾走する鳳統。
 落鳳坡に差し掛かったところで、飛来した矢がその胸を貫く。
 堪らず落馬する。が、その矢を筋肉の膨張だけで抜き去り、叫ぶ。
「この程度の矢で、ワシの策を覆せるものか! フハハハハハッ!!」(マテ)



「おい、聞いたか? 劉備が、単独で落鳳坡に突入したらしいぞ。なんでも、張任の矢を弾き返したらしいけど……これはチャンスだろ。今なら、あたしらが直 接手を出したって、ばれやしないよ! さ、行くよ!」
 そう言うと、傍らにいるもう一人の手をグイグイ引っ張る。

「いや、どう考えても偽物だろ……それ……」
 もう一人は、力ではかなわないのはわかっているのか、成すがままに引きずられながら、諦めたように呟いた。

Climax phase
Scene Player All
Scene:落鳳坡

   単福登 場侵蝕:90→92%
   桃姫登 場侵蝕:76→83%
   瑞樹登 場侵蝕:74→79%
   登己登 場侵蝕:74→75%

GM  あなた方が落鳳坡に入り、鳳統を見つけた辺り で、逆方向からこちらに向かってくる二人組を見かけました。
窮奇  「見ろ、いたぞ! 劉備だ!」
??? 「いないいない。劉備なんていない。あれは劉備 じゃない。って言うか、標的の顔くらい覚えてろよ……」
登己  「……どうやら向こう も能筋というのは正しい様だねぇ」あれを大将と信じるかと。
窮奇  「なんだよ、ノリが悪いぞ、渾沌」
渾沌  「ノリの問題じゃないってーの!!」
GM  どうやら、漫才コンビの様だ(違)
登己  納得した(何)
単福  「──士元と、後ろに二 人。恐らく頭が悪そうなのが窮奇だろう」木々の間を、移動しながら
劉鵬  「窮奇とその連 れの方……ですね」
瑞樹  「渾沌……そう聞こえ たね。四凶が二人、か」
劉鵬  「副軍師さまを お父さまだと本気で間違えるなんて……」
登己  「とまれ、まぁ、あの 二人を何とかすれば、後は人間同士の戦さね。仙人は仙人で派手にやらかして後は見守るとしようじゃないか」
士元  「ふははははははっ!! かかったな、四凶!!  私は劉備殿では無い!!」
登己  ばらすなよ勘違いされ てんだから(何)
窮奇  「な、なんだってーっ!?」
瑞樹  何ですかもうこの二人 (何)
単福  「──……そうだな。奴 らさえ倒せば、俺達の役目は此処で終わりだ」
渾沌  「ああ、帰りたいよぉ。この場にいるってこと は、私だって結果的に引っ掛かったのと一緒じゃないか……」
劉鵬  「その反応は本 気で間違えていたようでございます」 桃の士気が5ぽいんと あがった
登己  「……ちょっと、単。 あの味方の能筋、アンタの同門なんだろ」何とかおしよと押し付けた(何)
単福  「──……俺達(孔明 含)だけでどうにかなったら、あんな奴にはならなかった」(ぁ
劉鵬  「……まさか、 ここまで読んでの策……。しかし……」ぶんぶん
瑞樹  「桃姫さん、あんまり 深く考えない方が良いわよ。損した時間と虚無感しか残らない気がする」
渾沌  「おい、窮奇。仙道共も来たぞ」
窮奇  「なに、罠か!?」
劉鵬  鳳統さまに ■ 感服/隔世 でロイスを申請しておきますw
GM  どうぞ。
登己  「ああそうかい」投げ やりに言って、見つかった様なら寧ろ存在を誇示してやるかね。
単福  「──そうだな」月下の 下に躍り出る。
渾沌  「こんなのを罠と呼びたくない」
登己  「全く同感だよ。アン タとは気が合いそうだね。そこのもうちょっとましな方」ひらと手を振って意識を向けさせる。
劉鵬  「そう……でご ざいますね。不本意なようですが……お父さまの敵。退場していただきましょう」
窮奇  「罠なんて、食い破ればいいのさ! あたしの あったが運の尽き……不吉の象徴、窮奇様とはあたしの事だよ!」
渾沌  「……私は、名乗らんよ」
単福  「──四凶の一人、渾沌 とお見受けするが」
瑞樹  「さっき横の窮奇が しっかり貴方の名を呼んでたから、大丈夫よ」名乗らんよ、と言われ。
窮奇  「なんだよ、やっぱりノリ悪いな、渾沌! ま あ、いいや。いつもの頼むよ、渾沌!」
登己  「混沌とアンタの相棒 が言っていたのを聞いていたよ。遠慮せずに覚えておいてやるさ」
渾沌  「名乗らんって言ってるのに、連呼するな、お馬 鹿! ああ、もう! そうだよ! 私が四凶の混沌だよ!」
登己  ちょっと混沌を同情的 な目で見たかもしれない。寧ろ ■同情/憐憫 で混沌にロイス申請したいくらいに(何)
渾沌  「現れ出でよ、死人共! あとは窮奇、責任持っ てあんたが戦いなよ! 私は帰る!」
GM  そう言うと、渾沌は《瞬間退場》でシーンから退 場します。
劉鵬  「窮奇と渾 沌……。ご丁寧にどうもありがとうございます。私は劉桃姫と申します」
窮奇  「こんばんは。そして、サヨナラだ!」
GM  そして、渾沌が地面に投げた礫は、やがて人型を 取っていき、そして……。
??? 「我は……我こそは……」
単福  「──貴様等に名乗る名 も意味も無いな」飛刀に手をかけ
??? 「我こそは……袁本初なり!」
袁紹  「来い、我が忠実なる僕! 顔良、文醜、沮 授!」
GM  かの北方の名将、袁紹の姿を取る。
劉鵬  「袁本初……あ の曹操に破れ、病に倒れたという」
瑞樹  「外面だけ良くて、中 身はまた残念なお人だったと噂には聞くけど。実際はどうだったのかしら。……まあ、死人となった今は関係ないか」
登己  「死してなお、かい。 大変だねぇ。多少なりと力を持ったヒトは」
GM  そして、もう一つは……。
??? 「ハイヨー!! 知馬亜!!」
??? 「人馬、一体!! 公孫伯珪、推参!!」
GM  同じく北方の猛将、公孫賛の姿を取る。
劉鵬  「白馬陣で名高 い、公孫伯珪まで……」
単福  「──劉備殿と同門の、 公孫賛か」
瑞樹  「……これって」
劉鵬  「お父さまと誼 があるお二人を蘇らせ、使役するなんて……」
公孫賛 「む? 貴様は、袁本初……」
公孫賛 「…………」
公孫賛 「何か貴公に恨み事があったような気がする が……思い出せぬという事は、大したことではないな!」(爽)
登己  ……(何)
単福  「……阿呆だ」(ぱん、 と
登己  「また能筋が増えたか い」
袁紹  「うむ。共に手を携え、渾沌様の敵を討とう ぞ!」
劉鵬  「貴方は易京で 袁紹軍に破れ……自害して果てられたと伺っておりますよ? お父さまは貴方の死を……」
瑞樹  お前ら、それでいいの か……(何) 瑞樹、もうため息しか出ない。
GM  早過ぎたんだ、腐ってやがる。
瑞樹  それいつ喚んでも腐っ てませんか?(何)
登己  「言っても無駄だよ桃 姫さん。さっさと地に返してやるのが手っ取り早いさ」色々面倒な気分になった。投げやりに言ってやる。
単福  「──彼らはかつての英 傑であり、そしてかつての英傑ではない、という事だ」
単福  前者は、英傑としての能 力を。後者は英傑のパーソナリティを指す。
劉鵬  「そう……でご ざいますね」
窮奇  「なんか、あいつの呼びだす死人って、いつもど こかおかしいんだよなぁ」
窮奇  「まあ、いいや。これで、数の上ではあたし達の 勝ちだ! さあ、始めようか!」
単福  「英傑を選ぶ感性が足り ないな」
GM  そう言うと、妖気を辺りに撒き散らす(《ワー ディング》)

戦闘開始

GM  では、衝動判定をお願いします。難易度は、普通 に9。
単福  #9r10+1+1=13
単福  #2d10+92=98
単福  OK! 100行ってな い! 成功の98%

劉鵬  耐えて……  #4r10+4=20
劉鵬  完璧  #2d10+83=87
劉鵬  素敵です! 成 功して87%

瑞樹  #6r10+1=7
瑞樹  #2d10+79=84
瑞樹  暴走、84%に。

登己  #3r10+1+1=7
登己  おや? #2d10+75=85
登己  まぁともあれ失敗の 85%と。


GM  では、説明を。
GM  エンゲージ状態
   (窮奇、袁紹、 伯珪、従者×3)6m(PC達)
GM  以上となっています。
GM  勝利条件は、敵の全滅。敗北条件は、PCの全 滅。
GM  では、行動値の宣言をお願いします。
登己  結構多いねぇ。行動値 は防具修正で4。
瑞樹  行動値は9です。
劉鵬  19です〜
単福  10
   劉鵬19→従者 18→窮奇17→単福10→袁紹10→瑞樹9→伯珪8→答己4
GM  では、戦闘開始。

Round 1

●セットアップ

単福  無し。
劉鵬  いまはなしで!
登己  《虚無の城壁/生命の 海》宣言。ガード+9、HP5D上昇で92%へ。
GM  袁紹&従者は無し。
瑞樹  早速行きます。EF 《ルーラー》発動、侵食+6で90%に。全ての敵のあらゆる判定に−5Dします。
GM  伯珪《スタートダッシュ》&《サポートデバイ ス》でダイス増やしつつ、そちらのエンゲージに突入。
劉鵬  いやぁぁ
登己  HP上昇分振ります ぜ。よろし?
GM  どうぞ。
登己  #5d10+34=65 おし。平均より上。HP65へ。
GM  そして、窮奇が《コズミックインフレーション/ 灰色の庭》で、そちらの行動値を全員−9。
登己  おお。マイナスになっ た(爽)
単福  1まで下がるな。
劉鵬  ……それをする ならこちらもセットアップいいでしょうか? さっきなしって言っちゃったのですけれど
GM  どうぞ。
劉鵬  ありりです> < 《ミラーイメージ》 87+4%です 辺りに桃の花びらが舞い始めます


●従者達

登己  その前に冒頭イニシア ティブプロセスで先ほどの混沌のロイスを昇華。暴走解除。「──さぁて。遊んでる場合じゃないからねぇ」些かずれた笑いを納 め、平常心へと戻す。
沮授  「袁紹様! 私めに策があります!
袁紹  「うむ。よきにはからえ」
GM  ということで、一斉待機。バッドステータス解除 は了解。


●窮奇

GM  マイナー《ダークマター》メジャー《コンセント レイト:バロール/黒の鉄槌/インビジブルハンド/因果歪曲/停滞空間/魔神の心臓》対象:PC全 員
瑞樹  ぶっ!? 一応、割り 込んで《ジャミング》。
窮奇  「不幸になりなよ、あんたら全員!」
瑞樹  −4D入れてくださ い。侵食は+4で94%に。
GM  合計−9個か……。
劉鵬  結構えげつない ですねw
GM  #6r7+4=16 うむ。16。ペナ等特に無 し。
GM  ちなみに、ダメージは無いけど、命中するといろ いろ酷い事になります。
劉鵬  《神の眼》 の みで 知覚で回避します。 91+2%
登己  そういうことならも らっておくよ。《孤独の魔眼》にて対象はアタシ一人に収束。
GM  どうぞ。
劉鵬  と、そうですか
登己  桃姫さんも避けなくて いいよ。
単福  ありがとー。
劉鵬  では、お願いし ますー
瑞樹  あ、待って!
単福  回避振るー?
登己  侵蝕は96%。白兵 だったら《暗黒螺旋/自動触手》で実ダメージを40点バックする。……と、何か?
瑞樹  いえ、《支配の領域》 を『無駄撃ち』しようかと。
登己  では改めて《孤独の魔 眼》でその攻撃は自分へと収束。その上で素回避を選択します。
GM  どうぞ。
瑞樹  ではそこに、回った出 目2のほうに《支配の領域》発動、侵食はぴったり100%に。
GM  どうぞ。
登己  目標は14と。 #8r10+1=39
登己  ……
登己  回避りました(爽)  侵蝕は96%で……。
単福  はっはっは(
瑞樹  ……凄い。
劉鵬  すごーい……w


●袁紹

単福  えっと。桃ちゃんが、同 値じゃないかな?
GM  ああ、そうだった。−10してた。(マテ)
劉鵬  高くてよかった 行動値!


●劉鵬

劉鵬  マイナーで《オ リジン:プラント》 91+2% 感覚達成値に+10 辺りには桃の木が生えます。
劉鵬  「劉桃姫の 舞……お見せしましょう」
劉鵬  舞・桃花爛漫  [射撃]+《コンセントレイト:エンジェルハイロゥ/小さな塵/光速の剣/ペネトレイト/スプリットアタック》
GM  《ジャミング》宣言。ダイス−5個。
劉鵬  きゃー
単福  対象5体までですが、誰 を除外?
GM  あと、攻撃対象6人いるんで、誰を含まないか宣 言してください。
劉鵬  っと、 対象 は……誰はずします? 
単福  行動終わってる、窮奇?
劉鵬  やっぱりそうで すよね ボスさん削れないのは悲しいですけれど
単福  一応、フォールンの効果 載せといて?
登己  窮奇はダメージ入れて おいた方がいいと思うな……
劉鵬  むー……
単福  じゃあ、従者どれか?
登己  ですね。
劉鵬  じゃあ、文醜さ んを……かしら。沮授さんはなんだか残しておくと嫌な感じ
登己  その辺は好みで。
瑞樹  策が、とか言ってまし たしね、沮授さん。
GM  大丈夫。従者だから、なんだかんだで実際は一人 芝居(笑)
劉鵬  っと、その前に 武器の能力を使ってリアクションに+1して
劉鵬  文醜さん以外を 狙います。#11r7+24=47 あんまり回らず……でも、がんばりましたよねきっと
瑞樹  最後のダイス、出目3 のものに《妖精の手》宣言。
劉鵬  感謝です! え い #1r7+54=56
劉鵬  ゴメンナサイ
瑞樹  これは仕方ない。
劉鵬  辺りを桃の花が 舞い散り、視界を覆います
登己  充分高いですよ。
単福  うむ
瑞樹  さらにダメージに《力 の法則》宣言。先程のと合わせて侵食は108%に。ダメージダイスを+7Dします。
単福  まずは回避見てからじゃ ないかな?
劉鵬  ですね
瑞樹  あ……すみません。 うっかりしてました……
GM  従者はリアクション無し。
GM  袁紹も、無いな。
GM  伯珪は回避。《リフレックス:ハヌマーン/残 像》
GM  といっても、いろいろペナが入ってるから……。  #10r8+4=39 命中。
GM  窮奇はガード。《グラビティガード/歪みの領 域》宣言。
GM  ダメージどうぞ。
劉鵬  がんばり過ぎで すw では、法則をいただいて
単福  ガード……出来ないよ ね?
劉鵬  ぁ、装甲、ガー ド無視です
GM  了解。では、ダメージどうぞ。
劉鵬  えい。 #13d10+10=78
単福  ここで、《力の法則》か な?
劉鵬  ぁ、もう足して あります
登己  いえ。これは足してま すね。
瑞樹  あ、ありがとうござい ます。
登己  本当は振る前に宣言で す。
劉鵬  さすがに素でこ の威力はないです。ごめんなさい
劉鵬  花吹雪の中、た だ一人舞う。 そして、それと呼応するかのように花びらが劉備さまの敵に突き刺さる
単福  えーと……78の装甲無 視、ガード不可、かな。
劉鵬  はい、78点の 装甲無視・ガード不可です
GM  まず、窮奇が《隆起する大地》宣言。自エンゲー ジのダメージを16点減らす。
GM  で、伯珪が《波紋の方陣》を窮奇に対するダメー ジ使う。#4d10=17
GM  これで、窮奇には45点、袁紹&従者には62 点。伯珪は78点。
GM  そこで、従者が各、窮奇、袁紹、伯珪へのダメー ジを《ディビジョン》で半分引き受け。
GM  都合、窮奇に23点、袁紹に31点、伯珪に39 点ダメージが行きます。
GM  攻撃対象となった従者は消滅。対象外の従者は健 在。
GM  窮奇は、【拒絶の結界】効果でノーダメージ。
GM  以上、処理終了。


●袁紹

袁紹  「名家の指揮を受けるがよい!」
GM  マイナー《赫き剣/破壊の血》メジャー《狂戦士 /導きの華/紫電の刃/ポイズンフォッグ》
GM  自エンゲージを強化して、行動終了。
GM  残りお三方は、行動値が0になっているので、順 番に行動どうぞ。
単福  ん、はっけーは。
単福  あと、自分は1.
GM  ごめん、地味だから忘れてた(マテ)
登己  GMヒドイ(汗)
GM  いかんな、どうしても10引いてる……(マテ)


●伯珪

GM  マイナー《ヴィークルモーフィング》メジャー 《コンセントレイト:モルフェウス/エースドライバー/電光石火/ナイトライダー/獣の魂/疾風迅雷 /ギガノトランス》対象:PC全員 #17r7+4=28 低いな(笑)28。
劉鵬  今回のダイスは わたしたちの味方ですw
単福  む。8を支配すれば回避 できるかも。
瑞樹  確かに。ではそうしま しょう。2段目の出目8を支配、侵食は114%に。
GM  《疾風迅雷》の効果で、ドッジ不可です。
単福  ああ、そうか。
劉鵬  はうあ
瑞樹  って、え!? と、取 り消します。
単福  ドッジできないのか。
登己  ああ。では此方でまと める。《孤独の魔眼》宣言。
GM  シーン攻撃なので、無理です。
登己  おっと。シーンか。
登己  ではカバー欲しい人を 受け持つよ。誰かいるかい。
単福  ガード宣言。私はこっち でどうにかするので他の人カバーしてください
瑞樹  食らえば確定で落ちま す。ちとガード欲しいですね。Dロイス【導く者】効果のため、ロイス消費は抑えたい。
劉鵬  これって特殊効 果あります?
登己  じゃ、瑞樹を《崩れす の群れ》でカバー。侵蝕は先ずは98%へ。
GM  いや、馬で轢きつぶすだけなので、普通のダメー ジだけです。
劉鵬  取るべきは全知 でしたか……っ わたしはこのまま轢かれます
GM  #3d10+9=27 27点、防御装甲有効。
単福  ……装甲で8点、ガード で3点。現在HPが20/30
劉鵬  生き残った!  ボディアーマーありがとうございます……
単福  残りHP4!
劉鵬  装甲で8点  HP:4/23
登己  これ白兵攻撃かな。
GM  白兵攻撃になります。ヴィークルモーフィングで 乗り物作成して轢き潰す射撃攻撃って何よ(笑)
登己  了解。なら《暗黒螺旋 /自動触手/インペリアルガード》+《フォールンシールド》にて40点を対象に返す。
GM  生きてる。
単福  《レネゲイドアブソーブ /背徳の理/破滅の渦動》を起動します。
GM  どうぞ。
登己  で、ダメージ減少は。 と#2d10+12+133=31 31点弾くので ノーダメ。
単福  侵食は+11%で、 109%。これ以降、判定に+12d、装甲無視付加です。
登己  侵蝕は108%へ。
GM  では、1で単福どうぞ。
単福  待機。行動1なんで、ど の道待機している従者より先に動きます、が。
GM  では、0になってるお二人どうぞ。
登己  では此方から。
登己  マイナー《骨の剣》→ メジャー《漆黒の拳/コンセントレイト:BL》の超シンプル張り手攻撃。対象はさっき引きかけてくれた伯珪。
GM  どうぞ。
登己  #9r7+3-1= 38
瑞樹  妖精の手は使われます か?
登己  38と。いや、いいん じゃないかな。大物に使ってください。
瑞樹  了解。
GM  こちらが先だ。三回目の9に《支配の領域》で1 に。7に【時使い】で−1。これでそちらの達成値は28になります。
登己  ではそれで確定で。
GM  で、回避。《リフレックス:ハヌマーン/残像》  #10r7+4=20
登己  (笑)
単福  あらあら。
瑞樹  おおー。
GM  6に時使いだな。これで7になる。 #1r7=2
単福  ……26?
GM  26だから、これでも当たったな(笑) ダメー ジどうぞ。
登己  なんてこと(笑)
劉鵬  わぁw
単福  何だろう。凄い得した気 分
GM  【時使い】は変に取っといても、使い所失うだけ だから(笑)
登己  「雑魚が。お呼びでな いんだよ!」手首の返しを効かせて相手の横っ面をぶちのめす。#3d10+8=24
登己  まぁこんなものだ ねぇ。何気に装甲無視で24点。
GM  だいぶHP減ってるからな。そのダメージは、 《空蝉》で打ち消す。
劉鵬  でも、時使いの 使いどころとしてはかなりいいところでしたよね
登己  一枚切っただけ良しだ ね。行動は以上で。侵蝕は116%へ。


●瑞樹

瑞樹  自分ですが、桃姫さん に攻撃、避けてもらって、彼女に《朧の旋風》を使ってもらう、という案が出たのですが。これはアリですか?
GM  ルール的にできるかどうかという質問であれば、 可能です。
瑞樹  了解。ではこれでいき ます。桃姫さんもよろしいですか?
劉鵬  もちろん!
単福  素手で殴ればOKですね
劉鵬  そっか、そうで すよねw
GM  あ、ごめん。結果変わらないけど、【時使い】の 効果って、自分の判定だけでした。
登己  おや。まぁダメージも 一緒ですし。今回はそれで。
GM  どっちしても、当たってたし、《空蝉》使ってた だろうから、問題おきませんが(笑)
登己  1回分GMが得したっ てことで。
瑞樹  では、瑞樹。まずはマ イナーで暴走を解除。
瑞樹  しかし、素手で殴るっ て、身も蓋もないですね(何)「貴女の舞、もう一度見せて頂戴な」ということで、桃姫さんに<白兵>で攻撃。
GM  どうぞ。
単福  肩を叩く程度でいいん じゃない? 励ましとか
GM  それをかわすとか、なんて外道(笑)
登己  そしてスルーされる (笑) なんてぎすぎすした関係!
瑞樹  何にせよ、妙な絵だこ と(何) #4r10=9
劉鵬  ご、ごめんな さーいw
劉鵬  高い…… 素で 回避は難しすぎますw
瑞樹  回らなかっただけマ シ……ということで。本当回らんで良かった。
単福  無双があるじゃない(
劉鵬  《神の眼》  105+2% で回避
登己  どうせダメージ1d- 5しか喰らわないので素回避でいいのでは。
登己  倒れるなら一緒かと。
劉鵬  朧って回避に成 功しないと
単福  ああ、回避成功、か。
登己  ああ、成功が必須。な るほど。
劉鵬  えい  #22r9+23=66 !?
登己  +23って何(笑)
瑞樹  おっそろしい固定 値!?
劉鵬  オリジンで+ 12 Dロイスで+10 知覚で+1 ですw
登己  それは本気でエフェク トを使う必要あるので?? ってああ、知覚回避か。
劉鵬  感覚にしないと 全部意味がないという
単福  まあ、強いよねー(
登己  ともあれ、行ってくだ さい!
劉鵬  では、《朧の旋 風》 105+2+10%! 手は届かず、そのまま舞続けますw
劉鵬  舞・桃花爛漫  [射撃]+《コンセントレイト:エンジェルハイロゥ/小さな塵/光速の剣/ペネトレイト/スプリットアタック》 対象は……今度は 全員入りますよね?
登己  入りますね。
GM  残り4人だし、そちらのレベルも上がってるだろ うし。
劉鵬  そういえばそう でした! 行きます
GM  でも、窮奇が《時の棺》宣言。
劉鵬  いやーw
瑞樹  強制失敗ー!?
単福  あー(
劉鵬  105+12%  終了で…… ホウ統さんのタイタスを使って蘇生します


●単福

単福  「──……ふむ。大体は 見せてもらった」仮面に手を掛け、MN:《オリジン・レジェンド/氷の回廊》にて、飛行状態で6m前進。
単福  AAで、《万象の虹》を 使用。桃姫の《光速の剣》を取得。120%まで上昇。
GM  どうぞ。
単福  MJ白兵:《無形の影 /CR:ウロボロス/光速の剣》対象・従者
GM  【守護者】宣言。対象は伯珪に変更されます。
単福  ふむ。射程は問題ないよ ね ?こっちの武器射程至近だけど。
GM  そう言えば、射程の事書いてないな、これ……。 近接のみですか?
単福  近接のみだね。
GM  じゃあ、効果が無いと考えるのが妥当ですね。
単福  えーと、従者殴って OK?
GM  どうぞ。
単福  「────」仮面を投げ 捨てると同時に、どす黒い妖気が溢れだして、その闇の中に単福が消える。 #21r7+4+12=50 確定、かな。
瑞樹  50ありますしね。
GM  《砂の結界/砂の祝福》で伯珪が従者をカバー。 ダメージどうぞ。
単福  装甲無視。#6d10+ 9=51 51点の装甲無視。
GM  落ちる。《魂の錬成》宣言。
単福  「────“貫”」ざ しゅっ、と伯珪の影の中から刃が飛び出し、その躯を貫く。
単福  そして、ゆらり、と窮奇 の後ろへと現れる。


○待機後行動

○従者

GM  マイナー無し、メジャー《コンセントレイト:ブ ラム=ストーカー/闇夜の呪い/堕ちる絶望/災厄の呪い》
GM  さらに、【マジカル☆リクエスト】で得た【ライ トサーバー】使用。
GM  #16r6+28=62
劉鵬  わぁ
瑞樹  くう、重い……!
GM  62、意志でも対抗可。シーン攻撃。
劉鵬  と、いっても回 避するしかありません
登己  せめて侵蝕的に重い桃 姫さんを庇っておくかね。《崩れずの群れ》宣言。対象は桃姫さんに。
単福  GM,《ルーラー》修正 は入ってますよね?
GM  おっと失礼。では、振り直し。 #11r6+28=93 上がった(笑)
劉鵬  あがった……
単福  ……がふっ。
登己  上がってる上がってる (笑)
瑞樹  何だそりゃぁ!?
瑞樹  これ、支配しても焼け 石に水だな……
劉鵬  でも、やってみ るしか…… 
劉鵬  [知覚]+《リ フレックス:エンジェルハイロゥ/神の眼》
瑞樹  ……まあ、仕方ない。 最後から2番目の出目6を支配。お願いします。
GM  了解。70になるかな。
劉鵬  感謝です! そ れで回避できるといいな……えい #22r6+23=87 やた
瑞樹  無双ぱぅあー凄い!
劉鵬  無双万歳! 支 配万歳……!
単福  ……《浄瑠璃の鏡 /RE:ウロボロス》 #21r7+2+12=47
瑞樹  妖精乗せますか?
単福  んー……お願いします。
登己   おや。ならこっちは瑞樹を庇っておくかね。
桃姫   ぁ、こちらで鏡します……?
単福   いや、1回回ればチャンスがある。
桃姫   ですか、ふぁいとです!
瑞樹   まずは妖精、行ってみましょう。最後の出目に加護を。
単福   #1r7+54=666666 ぐおっ……。
瑞樹   【導く者】で底上げ……いや、いくらなんでもコストに見合わないか。
登己   いや、侵食上昇が絡んでくるからここは意味がある。
単福   ……いやっ。窮奇にロイスを取得。即タイタス化で達成UP
GM  どうぞ。
単福   #1d10+66=68686868 がふっ。
登己   うぁー
桃姫   えーw
瑞樹   ぐう!? なら、こちらも奥の手か。Dロイス【導きし者】の効果。
瑞樹   自分のタイタス2つを消費し、S効果として他者に与える……使われます?
単福   侵食率大丈夫……?
瑞樹   現在118%。シナリオ1回の切り札ですが、侵食的には問題無しです。
登己   ……いや、その効果はちょっともったいない。
桃姫   そこまでするなら、鏡しますか……? と、いっても確実ではないのですよね……
登己   寧ろアタシが此処は庇おうかね。瑞樹は自力で何とかしておくれ。
単福   ん……すみません、お願いできますか?
登己   《命のカーテン/崩れすの群れ》で単福をカバー。ダメージは此方に適応を。侵蝕は先ずは122%、と。
瑞樹   ふむ、了解。自身の復活なら、タイタス1個で充分。
GM  瑞樹は放棄でいいのかな?
瑞樹   はい。蘇生確定なのでダメージ下さい。
GM  #10d10+15=8484 84点防御装甲 有 効。対決に負けたPCは、さらに難易度15の衝動判定の発生。
登己   せめて多少なりとダメージ返したらぁ。《暗黒螺旋/インペリアルガード》+《フォールンシールド》で18点実ダメージ反射。
GM  射撃攻撃の上、自爆技なんで死ぬんですが(笑)
登己   その上で何処まで減らせるか……ああ、じゃ、《暗黒螺旋》は取り消す。
桃姫   文醜さーん!?w
登己   ダメージ入らない場合は衝動無しですっけ。命中したら無理か。ともあれダメージ減少で。#2d10+18+13-84=-37
登己   37点か。使い潰しておこう。リアクティブアーマー起動。これでIVは6に戻る。#2d10-37=-29 29点貰って残り46点と。
登己   その上で衝動。#5r10+1+1=18181818
登己   #2d10+126=143143 これで処理完 了。成功の143%へ。お待たせしました。
桃姫   あら……妖精の手は……あと何回です?
瑞樹   あと3回ですね。
単福   瑞樹の処理ですね?
瑞樹   自分ですか。ではまず、意志判定から。#8r10+1=1010 失敗、また暴 走。
瑞樹   次に侵食率増加。#2d10+118=134134 134%に。 ダメージは窮奇にロイスを取って昇華、S効果扱いでHP全快です。以上かな?
GM  S効果扱いは1シナリオ1回ですが、そこで使っ てしまっていいんですね?
単福   ちょまち。なら、通常復活でいいのでは?
瑞樹   いえ、Dロイス【導きし者】の効果で、昇華したタイタスは種類に関わらずSとして扱う……というGMオリジナルDロイスなのですが。
登己   導きし者の効果は此処で使わない方がいい。
単福   Sロイスの効果を他社に付加するのが1シナリオ1回では?
桃姫   他人に〜 が一度ではなく、S効果そのものがなのです?
登己   効果を適用して初めてSになるという効果みたいですよ、GMの発言からして。
GM  そんなわけあるかい(笑)Sロイス扱いが1シナ リオ1回ですよ。
登己   つまり瑞樹さんは取ればSが2個あったと同様になったと。
瑞樹   あら、他者に付与がシナリオ1回だと解釈していたのですが、勘違いでしたか。では通常復活。HP11に。
GM  いくらなんでも、全部のロイスがSロイス扱いに なったら強すぎるわ!(笑)
登己   ただそう読める文章ではあったな……
瑞樹   ……って、自分Sロイス申請忘れてたッ!?(何) 後の祭りー(踊る)
GM  ん、ちょっと待てよ……。 #1d10=7 あ ぶねぇ……。事によっては、今までの展開が覆ってた……。
単福   電光石火あたりかな


●クリンナップ

GM  まあ、こちらは無し。
瑞樹   ありません。
登己   無しです。
桃姫   なしでーす
単福   なし。

Round 2

●セットアップ

単福  無し。
登己  《虚無の城壁》宣言。 侵蝕は145% ガード値+12。
GM  伯珪「真・人馬一体!」《スピードスター》宣 言。
瑞樹  EF《ルーラー》宣 言。レベルアップして、あらゆる判定に−6Dを敵全体に。侵食は140%。
袁紹  「沮授! 沮授?」
登己  「さて、そろそろしん どいねぇ……前線が何とかしておくれよ!」
袁紹  「ええい、何処に行ったのだ、使えん奴め!」
袁紹  「ならば……逢紀よ!」
劉鵬  《ミラーイメー ジ》 121+4% 
GM  と、《従者の行進》《赤色の従者》宣言。
単福  「──腹を、決めるか」
劉鵬  わぁ
GM  窮奇は、《虚無の城壁/赤方偏移世界/小さき魔 眼/力場の形成/万色の檻》宣言。
登己  また増えたか……
単福  ちょいまち。
単福  ああ、いやいい。どうぞ
GM  では、19の劉鵬どうぞ。
劉鵬  「さすが天下に 名高き華北の雄……」
GM  じゃないよ。《赤方偏移世界》使ったから、窮奇 が一番早いよ(笑)
劉鵬  よかったw 
劉鵬  いえ、よくない ですけど!
登己  良くない良くない。
GM  マイナー《ダークマター/螺旋撃》メジャー《コ ンセントレイト:バロール/黒の鉄槌/インビジブルハンド/因果歪曲/停滞空間/魔神の心臓》対 象:劉鵬、瑞樹、答己
劉鵬  またいっぱーい
瑞樹  怖っ! もちろん、 ジャミングを宣言。
瑞樹  レベルアップして、 −5D付与。
登己  それは範囲だね。なら こっちがまとめるよ。《孤独の魔眼》宣言。ダメージはは此方に。
GM  #11r7+4=65 65、リアク ションクリ ティカル+1。
瑞樹  く……支配のラストに 行くべきか。1つが多く回ってるし、行こう。
GM  ダメージはありませんが、いろいろ付与されま す。
登己  リアクションはガード 宣言。
瑞樹  ダメージ無し……?  ガード宣言だと、どうしよう……使ったほうがいいのでしょうか、この場合……?
登己  侵蝕は149%の。ダ メージがないなら支配は要らない。
GM  だから、ダメージ発生しないんだってば、これ (笑)あと、射撃攻撃だからね。
瑞樹  あう、了解。では支配 はなし。
登己  あいよ。《自動触手》 で18点実ダメージ持ってけ。侵蝕はこれで151%
GM  だから、【拒絶の壁】があるんだってば(苦笑)
登己  ああそれ忘れてた。ん じゃ取消しで149%ね。
GM  命中すると、解除するまで行動値が0になって、 ラウンド間11個ダイスペナが付きます。
登己  ああ。それなら特に問 題ない。
GM  なお、《停滞空間》と《魔神の心臓》の効果はマ イナーで解除できます。
登己  はいさ。「ほら、直接 殴れる輩が頑張っておくれよ」
劉鵬  ……わたしだっ たらタイタス?
GM  いや、これはバッドステータスでは無いので、大 丈夫です。


●桃姫

劉鵬  では、今度こそ
劉鵬  舞・桃花爛漫  [射撃]+《コンセントレイト:エンジェルハイロゥ/小さな塵/光速の剣/ペネトレイト/スプリットアタック》
劉鵬  「私も、お父さ まも……副軍師さまも。今、散る訳にはいかないのです」
劉鵬  対象は敵全員。 えいっ #17r7+26=60
瑞樹  妖精、使われます?
登己  あるなら上げておいた 方がいい。
劉鵬  余裕があれ ば……
登己  先ず結界を破らないと どうしようもない。
単福  うん
瑞樹  了解。妖精、最後の出 目1を10に変換。
GM  ガード不可だと、リアクションできる奴が今いな いんだ(笑)
劉鵬  #1r7+66 =67 ……ゴメンナサイ (本日二度目
登己  ぬ、段階上がって無い な……まぁ結果論ですし仕方ない。
単福  力の法則入れられます?
瑞樹  よくある事、ですよ なぁ……ともあれ。《力の法則》乗せましょう。
劉鵬  感謝です!  えっと……+7Dですね。いただきますっ
GM  まあ、リアクションは無い。ダメージどうぞ。
劉鵬  いい目……出 て! #14d10+10=112
登己  よっし。いいダメージ 出た!
瑞樹  おおっ!!
単福  うおう。
劉鵬  わーい!  112点 装甲無視 ガード不可! 桃の花吹雪が四凶とその僕を襲います! 中心点にはただ舞う姿。
GM  伯珪さん……カバーできる味方がいない(笑)
伯珪  「友情……フォーエバー!」
GM  伯珪落ち。
袁紹  「友情……フォーエバー!」
GM  袁紹落ち。実はこいつ、復活系エフェクト持って ないんだ(笑)
登己  なんだと……
単福  従者も落ちるよね、こ れ。
GM  もちろん従者も落ちる。そもそも本体がいなくな るし(笑)
劉鵬  「公孫将軍、袁 将軍……!」
GM  で、窮奇が《黒星招来》宣言。ダメージを消す。
劉鵬  ぁぅぅ……w  ですよねー。ぁ、侵食率は125+12% です。
登己  となるとまだ拒絶の結 界が残ってるか……うっとおしいな。
GM  ぶっちゃけたこと言えば、通したら一撃死だよ (笑)
登己  頑張って単。
劉鵬  「さすが四 凶……私の舞の中で平然と」
単福  やるだけやってみる。
劉鵬  「しかし、道は 開きました。 軍師さま……っ」 思わず
単福  「────……だが、だ いたい分かった」


●単福

単福  MN《ライトスピード/ 極光螺旋5》 MJ《RC:散滅の腕/CR:ウロボロス》+《白兵:無形の影/CR:ウロボロス》
単福  先に、白兵の方を打ちま す。白兵に+光速の剣。
GM  どうぞ。
単福  CRでー4の、ライトス ピードで+1、フォーるんブレイドの効果でCr−1します。命中 「──任せろ」桜吹雪の中、駆ける一筋の黒光。 #22r7+14=39
単福  妖精の手、もらえます か?(ぁ
瑞樹  では、ラスト出目5に 《妖精の手》起動します。
単福  #1r7+44=50
劉鵬  素敵です!
登己  よっし!
単福  ダメージあがる!
瑞樹  お見事!
GM  ダメージが上がったね(笑)
単福  装甲ガード無視  #6d10+9+30=68 68点の、装甲ガード貫通
GM  《隆起する大地》宣言。16点軽減。52点通し の、【拒絶の壁】消滅。《ワームホール》宣言。52点を返します。
登己  ん、流石にそれは肩代 わり出来ませんよね。
GM  なんかエフェクトありました? カバーならでき ませんよ。
登己  では無理。
単福  まあ、覚悟はして る。……姜維のロイスをタイタス化。復活します。で、二発目いきます。こっちはガード可能RC #22r8+12+2=45
瑞樹  こちらにも乗せましょ うか?
単福  ん……お願いします。
GM  エフェクト構成はなんですか?
単福  《散滅の腕/CR:ウロ ボロス》
GM  なら、こっちか。《グラビティガード/歪みの領 域》で受け。ダメージどうぞ。
瑞樹  では、これで打ち止め 《妖精の手》、ラスト出目1を10に変換。侵食はついに160%か……凄い世界だ。
劉鵬  エフェクトレベ ルアップですね!
単福  #1r8+54=68
単福  命中時点で、パッシブ以 外のEF解除。 装甲無視 #7d10+30=66 66点装甲無 視。149%まで侵食率上昇。
GM  #4d10=23 23点軽減して、43点受 領。……あれ、ピッタリ死んでるじゃん。
登己  おお……!
瑞樹  !!
劉鵬  
単福  「──その結界、破壊さ せてもらうぞ──」妖気に染まる腕で結界事、握りつぶす!
GM  まあ、《歪みの領域》分の20点はくらっておい てください。
単福  とりあえず倒れておきま す。
窮奇  「ただで、死ねる……か……!」
劉鵬  「軍師さま!」
単福  「──……相討ち、か。 まあ、悪くは無い、結果、か」前にゆっくりと倒れていく。
窮奇  「くそ……渾沌め……! もう少し、ましな死者 を呼べよな……!」
GM  敵全滅。戦闘終了。

瑞樹  「──お疲れ様」深い 深い息を吐き。
登己  「何とか……終わった かねぇ」はふりと息をつき、具現化した蛇を身に戻して。単福を肩に担ぐ。
単福  いい笑顔で担がれてま す。
登己  「良くやったね、こい つは。……さて、あとは人の領域だ。アタシ達は戻ろうかね」
渾沌  「いやー、お帰りかい?」大したもんだねーと、 手を叩きながら。
劉鵬  「皆さま、お疲 れ様でございました」 舞いを止め
登己  おや。と聴こえてきた 声に足を止めた。
劉鵬  「渾沌……戻っ ていらしたのですね」緩みかけた緊張を復活させて。
瑞樹  「!?」切れかけた緊 張の糸を手繰り寄せようとするが……駄目。ぐらつく。
渾沌  「ああ、私の事は気にしないでおくれ。そいつの 死骸を回収に来ただけだから」
登己  「ああそうかい。なら 任せたよ」回収に来た。との言葉にはひらと手を振って応えた。始末に困らなくていい。
渾沌  「今回も、私らの負けだよ。それでいいだろ?  まあ、戦いは嫌いだけど、どうしてもって言うなら……」
劉鵬  「信用してもよ ろしいのでございますね?」 では、窮奇さんの遺体を……持てそうならそれで引き渡します
渾沌  「こちらの今の手札は、もう私自身の身体だけで ね。もう流れは止められないよ」
劉鵬  「それはようご ざいました。どうぞ」にこっと。
渾沌  「それじゃあ、アバヨ。また、“混沌”の淵で会 おう」
GM  そう捨て台詞を残すと、渾沌は窮奇の死骸を担い で消えました。
単福  「────」中指1本だ け立てて。
登己  ふん。と鼻を鳴らし。 興味なさげに一瞥した後は何も言わず陣営へと歩を進める。
劉鵬  「あまり……お 会いしたくはありませんが……」
登己  …………そういえば何 か忘れている気もしたが気のせいだとしておこう(何)
瑞樹  「癪に障る……見逃さ れたという事実に。何より、邪に見逃された事を一瞬でも安堵した自分に」今は戻るしかない。ともあれ、目的は果たしたのだか ら。
GM  劉備が益州を平らげ、蜀を建国するのは、それか ら間もなくの事であった。
GM  では、シーンを切ります。

BackTrack

GM  ここまでは終わらせないと安心できないって、 じっちゃんが言ってた!(マテ)
GM  というわけで、まずEロイスを。
GM  【ありえざる存在】【拒絶の結界】【超越活性】 【ありえざる存在】【ありえざる存在】【妄念の姿】【マジカル☆リクエスト】計7個。いまいち機能 しきらなかったのもあるけど。
劉鵬  リクエストと結 界くらいしか表に出ませんでしたしね
単福  ……あれ、多くない?
劉鵬  超越活性とかあ りえざる存在は……言われないと気づきません。
GM  ということで、7D10浸食率を下げられます。
単福  使いますけど。 #7d10-149=-102 ……あれ。結 構下がる?
瑞樹  ではまず、Eロイス分 を#7d10-160=-129
登己  ともあれ使わせていた だきます。#7d10-149=-118
劉鵬  使わないわけに は #7d10-137=-105
GM  では、あとは申告後振ってください。

単福  102% Dロイス1、 ロイス3、Sロイス1、タイタス2。このまま4つ振ります。#4d10-102=-85 85%通常振り で帰還です。
登己  ええと、118%のロ イス4、D1、タイタス1の、開き枠に桃姫さんに ■好奇心/無関心 のロイスで5個。素振りで行きます。 #5d10-118=-88 88%帰還で す。
劉鵬  105% Dロ イス:1 Sロイス:1 ロイス:3 タイタス:1 空き:1 でしょうか。タイタスに……は申し訳ないのでこのままいきますか。 #4d10-105=-81 無難に81%!
瑞樹  現在129%。Dロイ ス1個、タイタス1個、ロイス4個、空き枠に単福さんを■好奇心/□無関心で取りましょう。自分は2倍振りするので、帰還判 定で10個振るということですか。さて? #10d10-129=-88 2倍振り、 88%にて帰還と相成りました。
単福  おかえりー。
瑞樹  皆様お帰りなさいま せ。そして自分にただいま。
GM  最後はわりと揃いましたね。生還おめでとうござ います。
登己  お帰りなさいませ。
単福  全員おかえりー

Ending phase
Scene Player All
Scene:劉備軍陣営

 益州を手に入れ、直後のゴタゴタが片付いた頃、君達は一室に集められた。
 なんでも、士元から重大発表があるとか言う話だが……。
 その発表とやらが全然ないまま、話題はあの戦いの時の事にシフトしていた。

孔明  「……釈然としませんけど、あの時は結局、ほと んど士元さんが描いた絵筆通りに展開しました」
孔明  「四凶が、直接手を下さないように動いてた事。 である以上、どういう手で玄徳様を狙ってくるか……」
孔明  「それを読み切って、自軍の士気高揚に利用しま した」
孔明  「…………私の頭を潰される理由は、何処にもな いんですが……」(笑)
登己  「言われてみればそう だったねぇ」持ち込んできた祝い酒を手酌でひとり、ちびちびやりながらそれには相槌を。
劉鵬  「結果が全 て……ということでございましょうか」釈然としない顔で。
士元  「うむ! そことで、皆に話したい事があ る!!」
士元  「ワシは……この国を出ようと思う」
士元  「此度の策、上手く行ったとは言え、ワシは邪仙 に対する力不足を認識した」
単福  「──……どういうこと だ?」ようやく傷が癒えたばかり。まあ、士元はすでに仕置きしたけど(ぇー)
登己  「へぇ」多少意外そう に声を上げた。考える能はあったのかコイツ(何)
士元  「そこで、本格的に仙道を学び、裏から皆を支援 したいと考えたのじゃ」
士元  「幸い、ワシの代わりに、元……もとい、単福も 戻って来た事だしな!」
瑞樹  (なるほど。この人は この人なりに考えていたって事ね。……まあ、やっぱり基準は自分なんでしょうけれど)
士元  「止めてくださるな、劉備殿! いずれ、パワー アップしたパーフェクト士元となって再びお会いしましょうぞ! では、さらばじゃ!!」
劉備  「いや、士元殿!?」
劉鵬  「お父さ ま……」 と劉備さまの返事を
単福  「──……おい、いや ちょっと待て。何勝手に決めてやがる!」
GM  しかし、人の話を聞かない彼は、あっと言う間に 何処かへ消えてしまった(マテ)
瑞樹  「……で、何か自己完 結して行っちゃったんだけど、彼。いいの?」
登己  「…………別に誰も止 める輩はいなかったと思うけどねぇ」消えたその姿に、ぽつりとつぶやき。
単福  「──……アイツ、俺が 此処に居る事が出来ないの分かってていってるのか……」
孔明  「……単福さんの事を『戻って来た』って言った ら駄目じゃないですか……。て言うか、私の頭を潰した理由と繋がっていないのですけど……」
GM  止める間もなく去って行ってしまった士元に、し ばし呆然としていた劉備だったが、諦めたように椅子に座り直す。
劉備  「…………まあ、士元殿なりに考えての事であろ う。それはともかく、今回は皆に助けられた。改めて、感謝を申し上げる」
登己  「それはあんたの頭を カチ割ったのは、アレにとっては想定内の動きだったからだろう?」まぁどうでもいいけどー。
孔明  「だから、止める為に頭を潰す理由が無いじゃな いですか!!?」
劉鵬  「ご無事だった 事ですし……ね? 軍師さま」
単福  「──……アイツの場 合、気絶させる程度の力加減だったはずなんだろうよ……」仮面を抑えつつ、ため息。
登己  「『動きを止めたい』 から頭をカチ割った。アレには理にかなった動きだったのだろうさ」災難だったねーお嬢ちゃん。と頭を撫で繰りつつ。
劉備  「その上で、もし皆がこの国に留まるつもりがあ るのなら、それなりの場を用意しようと思う。どうだろうか?」
劉鵬  「お父さまがそ う仰るのなら…… 副軍師さまの旅路の光暈を祈らせていただきましょう」
登己  「有り難い申し出…… だけどねぇ。アタシは組織に入るのはごめんこうむるよ。元々アンタ達が此処に入るまでの道づれでしかないからねぇ」ひら。と 劉備の申し出には手を振って応えた。
劉備  「そうか……。答己殿、今まで楽しかった。あり がとう」
GM  劉備としても、無理に止めるつもりは無いようで す。
瑞樹  「私も、遠慮しておき ます。私はただのしがない占師。そんな自分だからこそ、民の身近な悩みに接する事も出来ますわ」と、ちょっと建前分多めに。 正直宮仕えとか面倒だしなんて言えない。
劉備  「瑞樹殿、あなたにも世話になった。次は、平和 な時代でお会いしたいものです」
劉鵬  「残念……でご ざいますね」
登己  「こちらこそ、だよ。 アンタ、簡単に死ぬんじゃないよ」
登己  それには笑って、頃合 いだとばかりに立ち上がった。
登己  「じゃ、良い切りだし アタシはこれで失礼するよ。何れ縁があったならまた会おうじゃないか」
登己  言うだけ言って一人、 勝手に場から姿を消した。
瑞樹  「貴方がたが、己の望 む平和に辿り着けるのを祈っていますわ。……折角ですし、最後に占など一つ。火にお気をつけ下さいませ」劉備にそう言い、一 礼。そして自分も退出。
劉鵬  「ありがとうご ざいました。どうか前途に花が咲き誇っていますように」
単福  「──……俺は ──……」躊躇う必要は無いはずではあるが。諸葛亮に視線をやる。
GM  孔明は、何かを期待するような目で見ている! (笑)
単福  「──……」仮面を深く 被る様に。
単福  「──……ちっ。士元が 居ない間だけ、表舞台には出ない事を条件に、だ」
劉備  「そうか、ありがとう、単福殿。孔明殿、単福殿 を部屋に案内してあげてくれ」
単福  「──……士元の代わり なんざ勤まらない……が。少しぐらい負担を受け持ってやる」
劉鵬  「単さ ま……!」 表情はぱっと明るく
孔明  「わかりました! 単福さん、こっちで しゅ!!」手を掴むと、引っ張るようにして部屋を出る。
劉鵬  「改めて、よろ しくお願いいたしますね」にこっと 見送ります。
劉備  「……ふふ……。孔明殿は、余程、元直殿が残っ た事が嬉しいようだな」
劉備  「っと、単福殿、だったな」
劉鵬  「同門で並び称 されたほど近しいそうですもの。それに、お父さまもとっても……」
劉備  「……劉鵬」
劉鵬  「はい、お父さ ま」
劉備  「私達の夢は、大きく前進した。しかし、これは 同時に、一歩前進しただけでもある」
劉備  「だから……これからも、共に────よろしく 頼む」
劉鵬  「……」 思わ ず跪礼を取って 「はい、どこまでも」


*   *   *
   
孔明  「〜♪ はぅっ!?」
GM  単福の手を引いていた孔明は、何もないところで 躓き、ひっくりこける。
単福  「──……っと」こけそ うになった孔明を片手でキャッチ。
孔明  「あ、あぅ……ありがとうございましゅ……」
単福  「──……気をつけろ よ……。ったく」何でああ言ってしまったんだろう、とか思いつつ。
孔明  「やっぱり私は、まだ単福さんがいないと駄目駄 目な子なんですよ」
孔明  「あ、まだ単福さんとお呼びした方がよろしいで すか? それとも────」
単福  「──……公の場ではそ ちらで頼む。俺は、本来此処には居ない、からな」
単福  暗に、誰も居なければ ──……という意味でもある。
孔明  「えへへ────わかりました、元直さん」
GM  『今は、誰もいないだろう』と、仄めかして。
単福  「──……言っとくが、 士元が居ない間だけだからな。本当なら、俺は此処に居ちゃ──」
単福  「──……ああいや。此 処でそれを言うのは野暮、か」軽く息を吐いて、甘い自分に辟易しつつ。
単福  「──……まあ、何だ孔 明」
単福  ぽり、と。笑顔で言われ た自分の字が恥ずかしくて。
単福  「──……まだ、自分が 許せそうには無いが──……少しがんばってみようと思う」
GM  孔明はニコニコしながら、黙ってそちらの言葉を 待っている。
孔明  「はい。時間は、いくらでもあります。ゆっくり と、その時が来るまで……」
単福  「──だから、その── 何だ。宜しく頼む」ぽむっと、頭を撫でようとする。
孔明  「頑張って行きましょう。一緒に────」
単福  「……ああ、そうだ ──」そして、ちょっと撫でようとした所で止まる。前子供扱いした事でいろいろ言われたのを思い出す。
GM  脳内フィルターを通して見れば、孔明の顔は、何 かを期待してるように見えなくもない(笑)
単福  「──……ふむ」孔明の 傍に膝をついて、その手をとる。
孔明  「ふぇ……?」
単福  その小さな手の甲にキス を。
孔明  「…………」
単福  それは、彼女に誓いを立 てるように。
単福  傍に居て、支えようとす る騎士のように。
孔明  「……はぅっ!?」(ボンッ)
孔明  「(プシュー)(パタン)」
単福  「って、これくらい で……やれやれ」姫様を抱えるように。
単福  「──……ああ。……こ れだから目が離せない」今回の件で自覚した、嫉妬以上の感情にため息をついて。
単福  「──……とりあえず、 部屋で休ませるか」姫様抱っこをしたまま、歩いていく。




GM  柱)_-)(…………

GM  柱)_-)(HAHAHA

GM  柱)_-)(ニヨニヨ

GM  柱)_-)(魏延様が見ている



『劉玄徳益州入リニ邪鬼妖魔暗躍スルノ事』

GM:Nオレンヂ 
PC1 “撃剣”単福(炎舞)
PC2 “桃花水月”劉鵬(夕凪)
PC3 “遁甲屋”瑞樹(ルシェイド)
PC4 “蛇姫”答己(たつき)
(敬称略)

2011.02.07〜2011.02.11

ログ編責 たつき
Double+Cross the 3rd Edition
 劉玄徳益州入リニ邪鬼妖魔暗躍スルノ事

END