Double+Cross THE 2nd EDITION
 
ロシアンルーレット 〜惨劇の村〜
Introduction

深い、深い森の中
その村はあった

彼らがその村にやってきたとき

惨劇の幕が上がる────



ラディカルドライブ・シナリオクラフトより、「ロシアンルーレット」

犯人は、この中にいる……

プレサージ

GM       というわけで、ロシアンをやります(何)
PL-Ta    おういえあ。
GM       プレサージを作ったら、
GM       全員、UGチルドレンでした(何)
PL-Ta    おやや。
PL-Kr    ひゃっほう(何
PL-Hr    UGNの内紛かなんかか(何)
PL-Kr    遠足なんだよ(何)
GM       誰がボスになるかはクライマックスのお楽しみです(何)
GM       なおボスになった方には、特例ですが、参加経験点を7点満点をさしあげることを約束します。
GM       さて、グランドOPでの施設の場所と研究目的を決めなければ……
GM       #1d10
   (DICE) teki:1d10=6(6)= 6
GM       #1d10
   (DICE) teki:1d10=1(1)= 1
GM       「山中の廃村でジャームを治療する」
GM       ……雛見沢?(何)
PL-Ta    なんと(何)
PL-Kr    なんでだ(何
PL-Ar    しゅーくりーむでも備えておきましょうか(何

 ここで改めてPLさんを募集。真夜中の突発にも関わ らず、6名が挙手。

PL-Ar    ……と言うか、ところで何のSCを行うのでしょう?(何
GM       ロシアンです(何)
PL-Kb    ろしあん(だんだん!)るぅれーっ!(だんだん!)←布袋風(何)
PL-Ar    おおお!? すげぇ、やるんだ!!(笑
PL-Ta    敵さんやりたがってましたしね(笑)
GM       それでは、ボスになった方にはもれなく経験点の満点7点をプレゼント。なお、ボスになったPCは「実は別人だった」ということにします。
PL-Ta    はーい。了解ですー。
PL-Kb    はいさー(笑)
GM       さあ、好きなPCを1人、ご提出ください!(何)
GM       そのPCがボスになってもGMは知らないぜ!(何)
PL-Ta    …………こ、皓出していいかな(どきどき)
PL-Kb    じゃあ鳥越で(即レス)
PL-Ta    早(何)
GM       やっぱり(笑)
GM       では、お2人は決定、と(何)
PL-Ta    ぉぅぃぇ。ありがとうございます(わぁい)
PL-Kb    わぁいw
PL-Wk    まあ、そいつらと渡り合えそうなやつってことで鮫娘で。回避ないからボスになったら雑魚コースですが(何
PL-Ta    時の棺に獣の王は素直に脅威ですよ(汗)
GM       絶対命中を3つも持ってるのに(何)
PL-Kb    何とかしてくれますよ、ボスを偏愛するプレサージが(何)
GM       あとのお2人は、冴先生と詠魅さんで。
PL-Ar    うみ、此方は教師で了解ですーと言うかコイツしか出せまs(ry
PL-Kr    んじゃ。らで駆穂で行っておきます。
PL-Ta    来た(笑)
PL-Kr    T氏いるので別にいいかなと(何
GM       やっぱり来たか(何)
PL-Kb    いいんじゃないかなと思います(何)
PL-Ta    まぁ順当ですよね。
PL-Kb    我々ビジネスライク(?)ですし。
PL-Kr    職務から逃げた美鈴でも構いませんが(何
PL-Kb    自由への逃亡(何)
PL-Kr    ぱぱに全責任押し付け中(何
PL-Ar    ……大変なんですね、支部長さん……(さめざめ
GM       なお、今回は取得経験点の関係で、冴先生と詠魅さんがボスになった場合は120%エフェクトを1個だけ使用して良いことにします。
PL-Ta    いえっさ。
PL-Ar    おあ、了解っす。
GM       ……鳥越さんがボスになった場合は、皓さんにすべてを任せます(何)
PL-Ta    ここでタイマンフラグ立てなくても……!(何)
PL-Kb    偽物という話だと思うのですが!(何)
PL-Ta    T氏の場合は本物とか?(何)
PL-Kb    ちょ(何)
PL-Kb    むしろ、かるぼーの偽物を手に入れた方が(何)
PL-Ta    まぁ冗談です。ジャムっちゃ困ります(何)
GM       け、経験点の差で、皓さん以外の2名では戦闘が辛いなという意味だったんですが……タイマンがいいです?(何)
PL-Ta    ああ、そういうことですか。……タイマンはかんべんしてくださいまじにしねますから(ぼーよみ)
PL-Ta    比良坂さんはどのPCで参加ですん?
PL-Hr    テッド分補給して良いですか(何
GM       どうぞどうぞ(何)
GM       では、PC番号は皓さん、詠魅さん、鳥越さん、冴先生、テッドさん、駆穂さんの順番で
PL-Kb    はい。
PL-Hr    うぃうぃ
GM       PC間ロイスは通常通りに。
GM       ハンドアウトもその順番です。というか、ハンドアウト、みんな同じ……(汗)
PL-Hr    殺人事件の容疑を晴らさなければならない。(何)
GM       あ、プレサージを発表しなければ。

・「ヒロイン」金本瑠美子
 UGチルドレン/いつも寂しげに見える/寂しさに心を閉ざす/海が 見たい/同胞意識
・「ライバル」神城三郎太
 UGチルドレン/常にスタイリッシュ/任務のために冷酷非情 /PC1の入手/偏愛
・「協力者」長谷部竜馬
 UGチルドレン/黒ずくめのサングラス/常にビジネスライク/PC に協力する/敵愾心

PL-Ta    シナリオロイスはどうすれば……? 後述?
GM       シナリオロイスは、「連続殺人犯」でお願いします。
GM       あ、PC1だけ、ライバルから偏愛で見られてますのでよろしくお願いします(何)
PL-Ta    げげ(何)
PL-Hr    うほっ(何
PL-Ar    に、逃げてー(さめざめ
PL-Ta    相手男……!(何)
GM       とはいえGMが偏愛なんてロールできないので、「執着」に変更します(何)
PL-Kb    ちょ、女キャラ鮫っ子しかいないし(何)
PL-Ta    敵さんなら出来ますよ(何) 百合が出来るんですから(違)
PL-Ta    やってほしくはないですが!
GM       自分、百合は下手の横好きだから無理(何)
PL-Kb    百合になったら、Taさんが相方を務めてくれるそうですよ(何)
PL-Ta    しねぇ(何)
GM       ……それは悩むな(何)
PL-Hr    百合のつもりで偏愛すれば良いんですよ(違
GM       いくら皓さんが女子学生服を着たことがあると言ってもそれは……!(何)
PL-Ar    (……爽やかな笑顔で距離を取りつつお茶啜r(何


 まぁともかく。そんなこんなでプレサージ&参加PC が決定しました。


GM       準備できた方から、ニックの変更を。なおPCが6人なので、ボスは2人とさせていただきます。人狼ゲームみたいなもんですね(違)
         あぁ、確かにイメージってそんな感じですよな。余りやった事無いですg(ry
GM       あと、経験点の関係で、皓さん、鳥越さん、駆穂さんがボスタッグを組むことは許可できません(何)
劉斗       ほいー(何)
         了解です(笑) 
駆穂       というか何そのデンジャー組(何
詠魅       シナリオロイスは、殺人犯だっけ?
GM       ですね。「連続殺人犯」
駆穂       ほい。
劉斗       連続殺人犯=PCですか?(何)
GM       それでは、はじめます!
駆穂       おねがいしまーす

■プリ・ プレ イ 〜自己紹介

GM       自己紹介をお願いします


         「おはよう。さて、今日も元気に行ってみようか!」
         「……え? 殺人……って。何だよそれ。しかも……ええ??」
         津嶋皓。楽観主義で、元気がとりえの高校2年生。
         なんだか色々それなりの目に遭っていながら、あんまり気にした風もないお気楽君。
         呼び名は“正位置の太陽(Sun of Arcana)”。ただ、自分がその様に呼ばれている自覚とかはさほどない様子。
         シンドローム:ハヌマーン/サラマンダー Dロイス:白兵《伝承者》
         HP:30、IV:25/26、基本侵蝕率:33%。
         PC間ロイス:此代詠魅さんに 好奇心/■隔意
         「あまり話したことない子。だね。…………彼女もUGNの……そうなんだ」
         シナリオロイス:連続殺人犯に 執着/■憤懣
         「周囲で迷惑なんだよ……一体なんだっての?」
         以上です。宜しくお願いします。


詠魅       「……此代 詠魅……です」
詠魅       「……今回はあの人と一緒……」
詠魅       「……ええと、もういいかな?」ぼー
詠魅       やる気、覇気といった言葉からほど遠い性格をしている。
詠魅       一応戦闘要員で仕事はそれなりだが、既にして人生を達観しているかのよう。もしくは何も考えていないかのよう。
詠魅       時間が許すかぎり水の中で過ごしている。
詠魅       戦闘時には巨大なサメとなり、宙を泳ぎジャームを喰らう。
詠魅       シンドローム キュマイラ・バロール
詠魅       ワークス:UGチルドレンC カバー:UGチルドレン
詠魅       基本侵蝕値45 IV11(13) HP28
詠魅       Dロイス:実験体
詠魅       PC間ロイス:鳥越 劉人 P:■慕情 N:□不安
詠魅       「…………」ぷいっと目を逸らす
詠魅       シナリオロイス:連続殺人犯 P:□近親感 N:■猜疑心
詠魅       以上、よろしくお願いします。


劉斗       「Russian roulette.──負けを素直に認め、天井に向けて引き金を引くことも可」
劉斗       「“どうでもいい”ゲームであるならば、意地を張っても仕方有るまい」
劉斗       UGN登録名:“烈火の仮面”鳥越 劉斗(とりごえ・りゅうと)
劉斗       各務グループ研究部門に所属。高収入・高学歴・高身長と三拍子揃った厭な奴。
劉斗       ポーカーフェイスが誤解を招く元かもしれないが、本人は気にしていない。
劉斗       ノイマン/サラマンダー HP:34 IV:30〜 基本侵蝕率:30% Dロイス:起源種
劉斗       シナリオロイス:連続殺人犯に、□有意/■憐憫
劉斗       「殺しが趣味か? だとしたら随分とつまらん奴だな」
劉斗       PC間ロイス:“蒼茫たる世界” 神無月 冴に、□有為/■無関心
劉斗       「生徒を守るには近場に居るのが最良か。黒羽には守らずとも構わんような生徒も多いが」
劉斗       以上です。よろしくお願いします。


         「あなたのお手伝いがしたかった。ただ、それだけですから」
         「れ、連続殺人犯? ……物騒な、世の中となりましたよね」
         “蒼茫たる世界” 神無月 冴
         教師職につく傍ら、イリーガルとして活動している。
         穏やかな性格で、余り荒事は得意じゃない……と言う割には、白兵の戦いを基本としている。
         SR:オルクス/サラマンダー
         HP:20/侵食:35%/IV:8
         PCロイス:テッドさんに■連帯感/□不安
         「と、ともかく頑張って帰還しましょうね……」
         シナリオロイス:殺人犯に□好奇心/■脅威
         以上です、お願い致します。


テッド     「……ん、またお仕事……さつじんじけん?」
テッド     「コード、“Trialy Exception type-D”、テッド。出頭しましたあ」
テッド     「ちゃんとやるよ、ちゃんと。……苦しいのは嫌だからね」
テッド     どこかの組織に所属していた暗殺者。
テッド     薬物による強化を施されていたため、今も定期的に薬を服用しないと生活できない。
テッド     とある事件を切っ掛けに、現在はUGNに世話になっている。
テッド     終始ぼーっとした顔で、無気力な言動が多い。
テッド     シンドロームはノイマン/オルクス。HP12、IV27、基本侵食率42%
テッド     シナリオロイス→連続殺人犯 □好奇心/■厭気
テッド     「……めんどくさいなー」
テッド     PC間ロイス →久継駆穂 ■好奇心/□無関心
テッド     「かるぼーは、“かるぼー”って存在な気がするよね。変なの〜」
テッド     以上です。どうぞよろしくお願いします〜。


駆穂       「死が連鎖して」 
駆穂       「狼が羊を喰らう。良くある事さ」 
駆穂       UGNに属するチルドレン。
駆穂       少女とも間違うような中性的な顔立ちの黒髪の少年。
駆穂       賢者の石の力を使役出来る適合者たる蒼炎使いのオーヴァード。“世界の繰り手”。ブライメント。
駆穂       感情を出さぬその表情に反して瞳に昏い憎悪の炎を宿す。
駆穂       侵蝕率基本値:40% HP:40 イニシアティブ値:30
駆穂       ※サプリメント導入によりシンドローム:サラマンダー/モルフェウスに変更
駆穂       PC間ロイス:津嶋 皓 P:□有為/N:■無関心
駆穂       →「──頑固でね。彼の“道”は」 軽く肩を竦める。
駆穂       シナリオロイス:“殺人犯” P:□好奇心/N:■無関心
駆穂       →「──」 
駆穂       以上です。宜しくお願いします。


GM       では、始めます。

ロシアンルーレット 〜惨劇の村〜
Opening phase 1 グランドオープニング
Scene Player All
Scene:ナキミ村UGN施設・食堂

劉斗       #1d10+30
   (DICE)劉斗:1d10+30=3(3)+ 30= 33
テッド     #1d10+42
   (DICE)テッド:1d10+42=1(1) +42= 43
駆穂       #1d10+40
   (DICE)駆穂:1d10+40=3(3)+ 40= 43
         #1d10+35
   (DICE)冴:1d10+35=8(8)+ 35= 43
テッド     (ぐっ)
         #1d10+33
   (DICE)皓:1d10+33=5(5)+ 33= 38
詠魅       #1d10+45 登場
   (DICE)詠魅:1d10+45=7(7)+ 45= 52
GM       もう52かい!w
劉斗       さすがRD実験体(何)
テッド     たけえwww
詠魅       てへ
テッド     42なんて序の口ですね(何
GM       で、では……

 登場侵食率トリプル43に一言。

         43が一杯だ (何
駆穂       犯人はこの三 人の中に……(何
         な、なんだっ てー!(AAry
駆穂       迷ったらてっ どん簀巻きにしたらいんじゃね(何)
テッド     (わー)(ご ろろ)
劉斗       なるほど。消去法ですね(違)

 え、一体何がどうなって消去法?(何)


 ここは日本のとある山中にある、名前もない村。通称、“ナキミ村”。
 そこは陸の孤島で、道も何もなく、ヘリを使って来訪しなければならない場所だ。
 そこでUGNは、ジャームを治療できないかという実験を繰り返していた。
 この“ナキミ村”に君らが来たのは、実験に関連したためである。

 そう依頼されてやってきたのが、昨晩。
 そして、翌日の朝。
 UGN研究員が、1人、惨殺されていた──


GM       という報せを、あなたがたは共同食堂で知りました。
GM       村のみんなはひそひそとあなたがたを見てますね。
詠魅       「FHからの間者……?」実験としてかかわることとなったみんなに、呟く。
         「……惨殺? ってか、何か周囲の視線が痛いんだけど……」手にパンを。口に運ぶのも躊躇われ。
劉斗       「この村では珍しいようだな」言い、冷ましたスープを口に含む。
         「珍しいも何も……“普通”殺人って非日常の最たるものですよ?」一応反論しつつ。
テッド     「ねえここオレンジジュース無いの?」お茶すすりつつ(何
駆穂       「────」軽く目線を下げて。
         「気にしない……と言うにも限度がありますかね」 視線を合わせないようにカフェオレ啜り。
詠魅       各務印のレネゲイドラーメン(かっぷめん(Code:CR参照))をすすりつつ。
劉斗       ちらり。見慣れたマークの入ったカップラーメンを見る(何)
GM       そう言っている君らに、チルドレンの女の子が1人、やってくる。
GM       「ごめんね、気分悪いでしょう?」
GM       茶色の髪の毛を横で縛った、少しおとなしそうな女の子──金本瑠美子。
詠魅       「わたしたちが犯人と思われてる……?」
瑠美子     「うん、そういうことになるかな……」 心苦しそうに。
瑠美子     「この村はずっと外とは隔離されてたから、ここにいるチルドレンや研究者も、外の人を“よそ者”って呼ぶの」
         「余所者には違いありませんからね……閉鎖的な場所であれば、矛先は余計外部に向きやすいのも仕方在りませんよ」苦笑しつつ。
         「んー、まぁ、仕方ないよ。こういう場所じゃ、よそ者が色眼鏡で見られるものだしね」苦笑しつつ瑠美子さんに笑う。
劉斗       「好奇や疑惑の視線には慣れているが」
駆穂       「────」どうでもよさそうに。ただ一息。
テッド     「外から鬼がきたー、ってとこ? あんまり間違ってはないけど」ああお茶がしぶい。と顔しかめ。
瑠美子     「ごめんね、せっかく来てもらってるのに。ここ遠くて、不便だったでしょ?」
GM       紛らわすように、努めて明るく。
         「確かに、多少移動の不便はありますが……自然が多くて、良い場所だと思いますよ? 星空も綺麗でしたしね」
GM       で、そこにさらに別の声がやってくる。  「貴様……津嶋皓!」
         「たまには風の変わったところも楽しいよ。瑠美子さん。君たちこそ、いきなりこんなに押しかけて迷惑じゃ……え?」声に振り返り。
瑠美子     「そう言っていただけると、恐縮です……ん?」 冴の言葉に頭を下げつつ
テッド     声の方を見やる。
詠魅       誰だ、と思い声の主へと視線を。
GM       食堂の入り口に、こんな廃村には似合わないスタイリッシュな服装の少年が、ピリピリした空気を纏って立っていた。
劉斗       「知り合いか?」
GM       皓は知っている。UGチルドレンの神城三郎太。
GM       以前、君と組んで任務をし、その際に手違いで戦闘を行ってしまい、見事、皓に敗北した男。
         「あ、ええ。まぁ、知ってます。けど」どこか歯切れ悪く劉斗さんには応えてみる。
GM       三郎太はズカズカズカと皓に近づき、「……本当に来ていたとはな。書類でお前の名前を見たとき、印字ミスじゃないかとさえ疑ったぞ」

 プレサージの結果、行動目的が『PC1の入手(感情:偏愛の おまけ付き)』となったライバル・神城三郎太。
 GMさんのロール困難宣言により感情は『執着』となりました。が。

テッド     偽三郎太「印字ミスじゃないかとさえ疑ったぞ」(ぽっ) とか すれば偏愛になるよGM(いいから)
劉斗       頬赤らめるの はやめれw

 ……ひじょーにいたいたしいですかんべんしてください。


         「いや、僕も君がここにいるって知らなかったんだけど……」
         「……えーと。まだ……怒ってる、のかなぁ」むー。と困ったように声を。
三郎太     「あのときの屈辱……俺は忘れはしない」 皓の言葉を流して、とにかく言う(何)
         うぁぁん(何)
詠魅       で、だれ? という視線を皓に送る
         「ん、と。君たちと同じチルドレン……だったよね?」詠魅さんの目線には応えておこう。
三郎太     「殺人事件が起きようが起きまいが、あのときの雪辱を注ぐことさえ出来れば関係ない。肝に銘じておけ!」
GM       それだけ言うと、来たときのようにズカズカズカと去っていった。
         「って、えええ? えと……参ったなぁ」そのまま去った彼を止める事も出来ず。
テッド     「……皓もってもてー」怠そうに神城を見送り。
GM       瑠美子は頭を抑えて、「……神城三郎太。私たちと同じチルドレンです。すいません、見ての通りの馬鹿で」
駆穂       「──────」眼前で行なわれていた事件には興味もなさそうに。渡されていた資料を読み直す。
瑠美子     「多分、あれでも、津嶋くんのことは疑ってないって言いたいんじゃないかな?」 苦笑。
         「そ、そうなのかな? ならいいんだけど……」はは。とため息混じりでも。とにかく笑って。
詠魅       GM,ちなみに金本と神城、ふたりとも黒巣のチルドレン?
GM       いえ、所属的には違うところのチルドレンです。黒巣にいるチルドレンとは面識があってもOKと考えてください。
詠魅       じゃあ金本とは知り合いで、神城はしらんということにしよう(何
GM       了解です。
劉斗       「それよりも、我々にはこの事件の潔白を証明する、自由と権利は持ち得ているのか?」食事の手を止めて金本に問う。
瑠美子     「あ、はい……調査するおつもりなんですか?」 少し驚いた顔をする。
劉斗       「封鎖されたこの村に、滞在するだけというのも詰まらん話だ」
         「確かにね。じっとしているのが性に合う面子でもないでしょうし」同意の頷きを。
詠魅       ちろと鳥越の顔をみて
詠魅       「かけられた嫌疑は、自力で晴らす?」
劉斗       「……まるで俺が犯人のような言い方にも取れるな、それは」詠魅を見返す顔には動揺も苦笑も無く。
テッド     「鳥さんやる気〜」だらだらしつつ。
         「まだ暫くの間は帰れそうにも無いですしね……それならば、多少でも時間を有意義に使った方が良いでしょう」 苦笑しつつ、同意。
         「どうせ実験も出来ないし、かと言って返してくれる雰囲気もないみたいだし。だったら動いた方がいいよ。多分ね」
瑠美子     「皆さんの行動を束縛するような材料は、今のところありません。お渡ししたスケジュール以外の自由時間で何をなさっても、大丈夫だと思います」
GM       瑠美子ははっきり頷く。
劉斗       「そうか」金本の返答に頷いて、食べかけのパンを千切る。
テッド     「解決したら帰れるのかな」のろりと起きあがり。
駆穂       「──────……」ぼんやりと資料を読んでいた目を。──ゆるりと上げる。
駆穂       「────……」もう一度。皆を“見た”。

劉斗       こう、犯人フ ラグを多く踏んだ人にボスの確率が上がるとかどうかな(何)
         SCダイスは どこに(笑)
GM       じゃあ鳥越さ んがボスフラグをたててくれたので、このへんでカットしますね(笑)
劉斗       え、ちょ (何)

 正に、墓穴。

駆穂       そして開始し て一時間ぐらいたっているのに一言も喋っていないかるぼー(何
劉斗       かるぼーだか ら驚かないぜ(何)
         駆穂君もフラ グが1本立ったような(何)
駆穂       さぁ。立って もウキウキする(何
テッド     こぞってフラグを立てる僕たち(何
劉斗       犯人じゃなさそうなのが実は犯人ですよね(何)

 となるとこの面子では……(周囲を見渡 す)


 こうして。
 鬱々な朝食の時間が終わり。
 第2の事件が始まった……

Opening phase 2 EventChart

GM       というわけで固定イベントです。
GM       誰が殺されるかをダイスで決める、ひどいチャートです(何)
テッド     あーあー(何)
劉斗       PCが殺される(何)
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=9(9)= 9
GM       「PC3の敵」
GM       ……誰だよ(何)
         PC3の敵……誰(何)
GM       鳥越さん、死んで欲しい人、います?(何)
劉斗       ……え、俺?(何)
駆穂       いるな(何
         ぱぱんとか(何)
テッド     つええwwww
劉斗       DNA相似者。
GM       この村にはいないようなので、振り直します(何)
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=6(6)= 6
GM       「UGN本部の監査官」
         ああ、監査官がー(ぼーよみ)
         妥当な辺りで落ち着きましたな(何
GM       妥当なところ、かな。
駆穂       かんさいーん。
劉斗       となると、アッシュですね(何)
         鹿目では(何)
劉斗       じゃあ鹿目で(何)
         マジ(何)
テッド     あーあ(何
劉斗       黒巣市で失敗してこんな村に飛ばされたんですね(何)
         良いんですか(笑
         まぁ、公式は止めときましょう……(笑)
GM       じゃあ鹿日という男で(何)
劉斗       鹿日なら問題ないですね(何)
GM       シーンプレイヤーは、固定イベントなので全員で。

Opening phase 2 第2の殺人
Scene Player All
Scene:ナキミ村UGN施設

劉斗       #1d10+33
   (DICE)劉斗:1d10+33=8(8)+ 33= 41
         #1d10+36
   (DICE)皓:1d10+36=10(10) +36= 46
テッド     #1d10+43
   (DICE)テッド:1d10+43=3(3) +43= 46
         #1d10+43
   (DICE)冴:1d10+43=4(4)+ 43= 47
駆穂       #1d10+43
   (DICE)駆穂:1d10+43=6(6)+ 43= 49
詠魅       #1d10+52 登場
   (DICE)詠魅:1d10+52=6(6)+ 52= 58


 お昼。
 ある者は検査、ある者は書類書き、ある者はのんびりと昼食を楽しんでいたとき。
「し、死んでる──!!」
 その声が挙がった。


         けほ。と声に食べていた昼食を詰まらせかけ、咽る。「……な、え? 死んでる??」
詠魅       声に漢字の書き取りを中断し、顔を向ける。
劉斗       「──二人目だそうだ」携帯したモバイルPCのウィンドウを閉じる。
         「え、一体何で……見てきます」
         立ち上がり、声のした方向に向かおうと。
GM       ある民家を改造した研究棟で、1人の研究者がその死体を発見した。
GM       白衣の研究者は死体を指さし、「鹿日さんがッ、本部監査官の鹿日さんが死んでるぞー!!」
         「そんな……今朝から数時間も経っていないと言うのに……」 短い時間で2人の死者が出た事に唖然としつつ。
劉斗       作業を済ませて、現場へと。
詠魅       午前中のみんなの行動を思い返しつつ、様子を確認しようと現場へ向かう。
GM       うぃ。見に来た人は分かるけど、パリッとしたスーツを着込んだ男が、頭をコンピュータのキーボードに叩き付けられて殺されているのが分かる。
         「監査員……って、それ、問題がありすぎじゃ……!?」唖然としつつも、現場に。
研究者A    「なんで、いきなり今日に限って……」
研究者B    「まさか、FH?」
研究者C    「ばかな。この10年、やつらがやってこれたことも、きたこともない。ましてや、村の人間の仕業じゃ……」
テッド     「……なんかあったのー?」ざわつき始めた気配に外からやってきて。
         「二人目らしいです、テッドさん」部屋の奥に軽く指を向けて示す。
テッド     「ふーん……早いね」めんどくさそうに呟いて、一応現場を見ておく。
テッド     モニタになんか映ったりしてないかな、お約束っぽく(何
         「これはまた……一体、此処で何が起こっているとでも言うのですか……」 何処と無く顔を蒼ざめさせながら、現場を見。
劉斗       戸口に立って、現場の状態を「記憶」する。
         「確かにおかしいよ……なんで、こうも連続して……?」
駆穂       「──────………」
駆穂       ──ぽつん。部屋に気配が一つ。現れた声にかき消されるようにも。
GM       そんな風にざわめく現場に、「静かにしたまえ!」という声が強く響く。
テッド     のぞき込む顔を上げて。
GM       そちらを向くと、サングラスを掛けた黒ずくめの男がいる。チルドレンたちのリーダー、長谷部竜馬だ。
竜馬       「UGN施設で死体が2つ、それも明らかに他殺──この場合、対応すべきことは何だ?」
GM       と、言葉にいる面々に目を向ける。
GM       そして、チルドレンである詠魅へ視線を止めた。
詠魅       「……犯人を見つけて叩き潰す」
詠魅       「それとも、実験を優先する?」それはないだろう、と思いながらも、一応はたずねる。
竜馬       「それも正解のひとつだろう。だが、混乱は避けなければならない。閉鎖状態のパニックは、ここのジャームたちを簡単に刺激する」
劉斗       「ダブルクロス」小さな呟き。口角を僅かに上げた、密やかな笑みと共に。
駆穂       半ば場で語られる議論を無視したかのように。目線を死体に。──“見る”。
竜馬       「さらに、本部から来た査察官の死亡という事態は由々しきことだ。本部へ連絡を取らなければならない」
GM       だが、と竜馬は言葉を途切らせ、皓たち“よそ者”を見た。
竜馬       「この場で最も殺害犯の嫌疑が掛けられるのが誰か、それは分かっているだろう?」
竜馬       「自由な行動はけっこうだが、余計な火種はごめん被りたい」
GM       それだけだ、と言って、竜馬は死体の処理を指示しつつ、その場を去ろうとする。
         「…………それは、まぁ、ね。でも不愉快だな。ずっと色眼鏡で見られ続けるのってさ」流石に憮然として。しかし頷く。
劉斗       「釘を刺されたな」小さく肩を竦めて、死体の傍に屈み込む。
テッド     「でも控える気ないんでしょー」
テッド     かがみ込む様子に。
劉斗       「当たり前だ」背中からの声に答え、遺体の所見を行う。
         「せめて、その目を回避するくらいの行動は取ってもいいでしょう?」去ろうとする背中に声を。
GM       竜馬はわずかに足を止め、「……目で見えないものなら、な」とだけ返す。
         「むしろ見つけてやろうって気になりません? あそこまで挑発されると。……ええ。では追わせていただきますよ。“見えない”位置でね。竜馬さん」に。と 笑い。軽く手を振って見送る。
駆穂       するすると手を伸ばし。死体に軽く触れる。
駆穂       そして周囲を“確認”して。軽く肩を竦める。
         去っていく長谷部さんを見送った後で、自分もその場から静かに蒼い顔で立ち去る。──多少、気持ちが悪くなったらしく。
テッド     「……。……二人、かあ」のんびり呟いて。
テッド     「早く見つけて早く帰りたいね」付け足した。
劉斗       遺体と付近の状況を一通り確認。立ち上がり、一同の顔を見渡した。
駆穂       もう一度。皆の顔を“見た”。

駆穂       そして完全無視です。wkwkしながらフラグ立ててます(何)
駆穂       いい加減一言ぐらい喋るベキなんだろうか(何
GM       リサーチイベントでシーンが回ってくるかも知れませんから、そのときにどうぞ (何)
駆穂       いいや。無音劇にする。今回(何
GM       弁士がいりますね(何)
GM       恭平さんの説得結界をかぶせた、駆穂さん動画って無いかな(何)

 それは見たいですね! もの凄く!(身を乗り出しつつ)

Middle phase 1 EventChart

GM       では、リサーチイベントに入ります。まずはイベントチャートからいきます。
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=10(10)= 10
GM       「さらなる惨劇」
テッド     ふえた(何
         まだ贄を欲すると言うんですかダイス神(何
GM       誰か振りたい人ー(何)
駆穂       #1d10
   (DICE)駆穂:1d10=7(7)= 7
駆穂       これでいいのか(何)
テッド     らいばる重傷(何
GM       「ライバルが重傷」
         おろ。
劉斗       襲われた(何
GM       では、シーンプレイヤーは皓さんでお願いしますw
         いえぁー。

Middle phase 1 更なる惨劇 〜神城襲撃〜
Scene Player “正位置の太陽”津嶋 皓
Scene:ナキミ村・郊外 登場:

         #1d10+46
GM       登場お願いします
   (DICE)皓:1d10+46=5(5)+ 46= 51
         51%


 ※ここで手違いがあり、皓PL(編者)はこの登場侵 食を考慮に入れず、この先のセッションを進行しています。
 間違いに気づいたのがセッション終了後であり、GM に申告の後、今回はそのまま5%を無視した進行で決着しました。
 今後はこの様なミスが無い様気をつけます。ご迷惑お かけしました。


 2人目の犠牲者が出た後、村をあてどもなく散策していた。
 そして、見つける。
 村の少しはずれ、今は放置された畑の一角にある木の根本に横たわった、その男を。
 ──UGチルドレン・神城三郎太を。

詠魅       犯人は皓か (何
         しまった。フ ラグが(何)
テッド     じわじわと(何
劉斗       犯人は太陽君 じゃないかと思い始めてきた(何
劉斗       なるほど。自 然ですね(何)
テッド     複製体(何)
         しまった、適 切な奴がいた(何)
         つまりボスの 際は、其方のデータを使うと言う事ですか(何
         まぁボスに なったら太陽君になるよ僕!(何)
劉斗       太陽君のシー トもありますしね(何)
テッド     (わー)(何)

 勢いではなくかなりマジでしたけどねこ の時(こく)

         「…………ぇ?」
         小さく。その姿を視界に止めて。
GM       腹部から血をだらだら流し、糸の切れた人形のように手足を放り出している。
         「……三郎太君!?」驚きに声を上げ、駆け寄る。
三郎太     「……ぅぁ」
         「嘘だろ、何で君が……いや、動かないで!」
三郎太     「く、そ。俺とした、ことが……」
         上着からハンカチを取り出し、止血の応急処置を。半ば見よう見真似だけど……とにかく血は止める。
GM       悔しそうに唇を動かそうとするが、それさえも辛いようだ。
         「いきなり襲われた……いや、理由は後でいい。待って、人を呼ぶから」携帯を片手に施設に連絡を。
詠魅       でようかね(何
GM       どうぞ(何)
詠魅       #1d10+58 登場
   (DICE)詠魅:1d10+58=5(5)+ 58= 63
詠魅       「………」ではどこから現れたのか、その二人のいるところにやってくる。
         「……詠魅さん?」
詠魅       「………これは………あなたが……?」疑惑の目(何
         「……え?」
         「ちょ、ち、違うよ!」流石に慌てて否定(何)
詠魅       疑わしき視線をしつつも、もう一人に息があることに気づく
詠魅       「救護班を呼びましょう」
詠魅       「あなたは……何もしないで」
         「ま、まぁ、とにかく……連絡はしたから。三郎太君。ちょっと待ってて」
三郎太     「つ、津嶋……待て、伝えたいことが……」
GM       息も切れ切れに、そう訴える。

テッド     つ「実は前からお前のことが……」 (何
劉斗       っ「今日の下着の色は白」(何)
         ローズ好きな方が多いと(めもめも

 取り敢えずこれが『オトナの時間(丑三つ時過ぎ)』って奴ですか(違います)

駆穂       「お前のボスフラグは現在32%です」(何)
テッド     スカウターwww
テッド     まぁ、ネタには乗るべきだろう?(何
         乗るべきですな(待
         とりあえずネタは正義だ!(何
テッド     うむす(何

 満場一致。

         「え……?」
GM       と、ここで情報判定です。三郎太の伝えたい内容も、それで変わります。
GM       情報技能はUGN、ウェブ、学問、噂話。目標値は8。
         「……いや、後でいい。ちょっと楽にして。巧くいくかはわからないけど」言い様手を翳し。《気功》使用します。侵食は48%へ。
         先に回復しますね。 #7r10
   (DICE)皓:7r10=12(10 (8,1,1,6,1,9,10)+2(2))= 12
         #1d10
   (DICE)皓:1d10=2(2)= 2
         とりあえず、2点。低かったな……三郎太君へ。
詠魅       #2r10+1 UGN
詠魅       #2r10+1
   (DICE)詠魅:2r10+1=23(10 (10,5)+10(10)+3(3))+1= 24
詠魅       えへ(何
GM       おい!w
         で、情報。噂話で。#3r10+1
   (DICE)皓:3r10+1=7(7 (7,1,1))+1= 8
         一応出ました。8。
GM       では、気功で意識を取り戻した三郎太は、「犯人、そう、犯人は……」
詠魅       「しゃべらないで、もうじき救護班がくるわ」と止めよう(何
GM       では、シーンプレイヤーの皓がプライズチャートを振ってください。
         おおう。 #1d10
   (DICE)皓:1d10=2(2)= 2
         ……あれ?(何)
GM       犯人の狙いは、PC1かもしれない(何)
         何か狙われてますか僕(何)
GM       まあ、これはあとで多数決で決まるので、今は曖昧なままで(何)
GM       そして三郎太は詠魅に止められ、力尽きて頭を垂らす。
GM       皓のエフェクトもあるから、今すぐ運べば命は取り留めることが分かる。
         「……まぁ、ともかく」
         彼の腕を取り。背負い。
         「行くよ。暫く辛いかもしれないけど……頑張って、三郎太君」
GM       借りが増えちまった……耳元に、その呟きだけが最後に残った。
詠魅       じゃあ重力をつかって重量を軽減しよう。
         励ましの声をかけ。負担にならないようなるべく振動をかけず。それでも早足で。
詠魅       それと、皓が怪しい行動をしないように監視を(何
GM       なんて職務に忠実な人なんだ(何)
         「……ん?」微かに軽くなったそれに。「ありがとう、詠魅さん」その視線には気づかず素直に笑いかける。


GM       プライズポイント:3点ゲット。

Middle phase 2 EventChart

GM       では、第2イベント。
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=9(9)= 9
GM       ……振り直す(何)
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=7(7)= 7
GM       「さらなる惨劇」 惨劇チャート振りますね。
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=3(3)= 3
GM       「実験体逃亡! エネミーチャート!」
テッド     エネミーは(何
GM       此のメンツだと瞬殺される。
GM       だから振らない(何)

   GMさん即決でした(笑)

GM       情報収集したいひとだけ出てください(何)

Middle phase 2 更なる惨劇 〜実験体逃亡〜
Scene Player “天空を泳ぐもの”此代 詠魅
Scene:UGN施設内 登場:

詠魅       #1d10+63 登場
   (DICE)詠魅:1d10+63=2(2)+ 63= 65
劉斗       #1d10+41
   (DICE)劉斗:1d10+41=2(2)+ 41= 43
         #1d10+47
   (DICE)冴:1d10+47=3(3)+ 47= 50
テッド     #1d10+46
   (DICE)テッド:1d10+46=10 (10)+46= 56


「実験体が暴走したぞー!!」

 という叫び声が研究棟に響く。
 そこに通りかかっていた詠魅たちに、脱走したジャーム数体が襲いかかった。


詠魅       「………ジャーム……これまでのことは、こいつらの……?」
詠魅       「……でも、ジャームにしては……手際が………」考えつつも迎撃を。
テッド     「………」居合わせたのか。怠そうにベンチから立ち上がって。とりあえず適当に撃つ。(何
GM       PAN! 頭を吹き飛ばされるジャーム(何)
テッド     「………」尚もトリガーを引き続け。目に付くジャームから穴を空けていく。
劉斗       「制御担当者も負傷、やむを得ん。停止させる」背後から近づいてきたジャームを振り向き様に一閃。
         「調べる暇も、休む暇も与えないとでも言いたいんですか、これはっ!」 氷の鎌を振るいつつ、微妙に泣き言を。
GM       ズシャン……長年の実験で疲弊していたジャームたちは、その攻撃で崩れ去る。
GM       鎮圧には、そう時間はかからなかった。
GM       ただ、非戦闘員の研究者に負傷者がかなり出たようだ。
GM       救護班が忙しく走り回っている。きみたちを腫れ物に振れるかのように対応しながら。
テッド     「鬱陶しいなあ、もう……」伸びをして。事態の収拾に奔走する人々を見やる。
劉斗       「被害は?」皆と合流し、刃の血を払って鞘に収める。
GM       「死者は0。しかし負傷者多数です……確かにここはジャームの数がそれなりにいますが、今まで脱走したことは一度も……」
GM       と救護班の人間が言う。
詠魅       「……いったい、誰が……」周囲をうかがうも、それらしき情報は手に入らない。
駆穂       #1d10+49
   (DICE)駆穂:1d10+49=1(1)+ 49= 50
劉斗       「脱走は此だけか? ──其方はどうだ?」現れた“影”を見遣り。
駆穂       「──────……」無手。僅かに見える糸には血の雫。
駆穂       終わった、と目で告げる。
         「非戦闘員の方々の負傷が酷いようですね……しかし、本当に肩身の狭い……」 視線やら何やらに気づき、溜息を漏らし。
駆穂       小さく息を吐き。夜空を見る。
劉斗       返答に頷きで答えて、せわしなく行き交う人波を見つめる。管制室に行きたいところだが。
GM       そんな早期に事件を解決したい君たちに、情報判定をプレゼント(何)
GM       情報技能はUGN、ウェブ、学問、噂話。
詠魅       #2r10+1
   (DICE)詠魅:2r10+1=4(4 (4,2))+1= 5
詠魅       こんどh
テッド     #8r10
   (DICE)テッド:8r10=19(10 (6,3,1,6,7,1,10,9)+9(9))= 19
テッド     UGNで19かな。
劉斗       #12r10
   (DICE)劉斗:12r10=18(10 (7,6,10,5,3,4,6,9,1,5,10,7)+8(8,7))= 18
劉斗       学問で18。
         #6r10+1 噂を素振りで。
   (DICE)冴:6r10+1=16(10 (5,2,4,10,6,3)+6(6))+1= 17
駆穂       #11r10
   (DICE)駆穂:11r10=17(10 (1,5,1,1,1,3,7,3,4,10,2)+7(7))= 17
駆穂       17でUGN。
         皆凄いなぁ。
GM       では、プライズポイント:2点を獲得しました。
GM       そしてシーンプレイヤーである詠魅さん、プライズチャートを振ってください。
詠魅       #1d10
   (DICE)詠魅:1d10=2(2)= 2
詠魅       え、あれ(何
テッド     またも(何
         刻々と(何)
GM       「犯人の狙いはPC1ではないか」
         僕逃げた方がいいですか(何)
テッド     今丁度一人だぜ(何
詠魅       これでT氏がぼすだと(何
劉斗       謀ったように(何)
         がぁん(何)
GM       面白いことになったので、ここでシーンを切りますね(何)

Middle phase 3 EventChart

GM       イベントチャートいきます
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=7(7)= 7
GM       「飛び交う噂と陰」
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=10(10)= 10
テッド     ktkr
         全滅フラグ(笑)
GM       「みんなが殺されるという噂」
詠魅       みなごろし(何
         (隅っこでがくぶる
GM       もっともなものが出た(何)
劉斗       一人、また一人……と(何)
GM       ちなみにプライズポイントは、今回は7点を設定していますので、あと2点です。
         これで達成しそうですな……今回面子ですと。

Middle phase 3 飛び交う噂と噂 〜皆殺しの恐怖〜
Scene Player “烈火の仮面”鳥越 劉斗
Scene:UGN施設・ガンルーム 登場:

劉斗       #1d10+43
   (DICE)劉斗:1d10+43=2(2)+ 43= 45
テッド     #1d10+56
   (DICE)テッド:1d10+56=6(6) +56= 62
         #1d10+48
   (DICE)皓:1d10+48=8(8)+ 48= 56
         #1d10+50
   (DICE)冴:1d10+50=1(1)+ 50= 51
詠魅       #1d10+65 登場
   (DICE)詠魅:1d10+65=5(5)+ 65= 70


 夕方、もうすぐ夜が来る。
 その黄昏の中、“ナキミ村”は怯えていた。
「今夜、みんな殺されるんじゃないか?」
 誰もがそんな噂を耳にし、押し黙る。しかし噂の流れは止められない。
 よって、鳥越の耳にも、その噂は簡単に入っていった。


劉斗       「客人、という立場も面倒なものだな」銃の手入れをしながら率直な感想を漏らす。
         「何か物騒な話になってきてますよね……」三郎太君を医務室に収容中の事態の顛末を聞き。
テッド     「……」近くのベンチで横になってる。
詠魅       「………変な噂が流れてるね。これも犯人の思惑なのかな?」
         「『人の口に戸は立てられぬ』とはよく言ったものですね……」 辺りの不安に多少押されながら、頭を押さえ。
劉斗       「恐怖は在りもしない妄想を膨らませる」
劉斗       「その上、夜が来る。姿が見えないとなれば尚更だ」窓の外に広がる黄昏の“赤”。
         「それにしても、何故今このときにこの場所で、なんでしょうね? ……皆殺し、でしたっけ? 皆が話してるのって」
劉斗       「ああ。何処から出た噂話か」
詠魅       「でも、皆殺しは無理でしょう。わたしたちがいるんだから」淡々と、ただ真実のみを語る。
テッド     「僕らも死なない訳じゃないよー」目を閉じたまま声だけ。
GM       では、ここで最後(たぶん)の情報収集を行ってください。
詠魅       #2r10+1 情報:UGN
   (DICE)詠魅:2r10+1=9(9 (8,9))+1= 10
テッド     #8r10
   (DICE)テッド:8r10=13(10 (7,4,2,10,7,7,9,1)+3(3))= 13
テッド     UGNで13かな。
         振る必要が……まぁともかく。 #3r10
   (DICE)皓:3r10=8(8 (6,8,2))= 8
劉斗       《天性のひらめき》使用。侵蝕率49%に。#12r8
   (DICE)劉斗:12r8=33(10 (6,4,5,5,8,9,8,9,5,3,8,9)+10(10,4,7,5,9,2)+10(2,9) +3(3))= 33
テッド     33www
GM       うお、プライズポイント満たされた!
劉斗       UGNで33ということにしておく。
GM       では鳥越さん、プライズチャートを振ってください(笑)
劉斗       「──気に喰わんのは、肝心な事は秘せられたままということだ」
         「確かに理由がよく解りません。誰が、何の目的で。でしょうね」むん。と言葉に首を傾げつつ。
劉斗       #1d10
   (DICE)劉斗:1d10=9(9)= 9
劉斗       9。
GM       「犯人は、PCの誰かに偽装したジャーム」
劉斗       よし来た(何)
GM       それでは目標値8をクリアした人は、その情報を手に入れます。先ほどの、「狙いは津嶋皓」という情報と共に。
         「…………ぇ?」きょと。と示された情報に目を瞬かせる。
テッド     「……もてもてだねえ」のそりと起きあがり。
駆穂       #1d10+50
   (DICE)駆穂:1d10+50=10 (10)+50= 60
駆穂       ──ことん。“影”は静かに鞄を置いた。
         「……昨日のような静かな夜を、今夜は過ごせそうに無いですね」 昨日と同じ、暮れて青に染まる空を眺めつつ。
劉斗       「選出された事自体に理由……そう言えば、先程怪我を負ったとかいう奴は何か言っていたのか?」
劉斗       確かお前が運んだのだろう? 目線で皓に問い掛ける。
         「解りません。何か言いたげでしたけど……様子から、止めましたから」首を振り。
劉斗       「そうか」
劉斗       夜は嵐のように激しく荒れ狂う方がいい。夜明けの静寂に、鼓動を確認するために。
駆穂       場を“見る”。ただ肩を竦め。

GM       シーンプレイ ヤーは鳥越さんだというのは秘密だ(何)
劉斗       工作員の能力 で隠匿します(何)
GM       いつのまにD ロイスを!(何)
詠魅       いつのまに FHに(何
劉斗       無いから隠せていませんが(何)

 何かあってもおかしくないんですけど ね。

Trigger phase EventChart

GM       トリガーイベントのチャートです。
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=5(5)= 5
GM       「ライバルが殺される」
テッド     あーあ(何
         さ、三郎太君……!
         ……ドラマ好きーめ!(何
GM       なお、このシーンが最後のミドルとなり、ボスを決める侵蝕値はここで判定します。

Middle phase 6 真相の開陳 〜神城殺害〜
Scene Player All
Scene:UGN施設・医務室

詠魅       #1d10+70 登場
   (DICE)詠魅:1d10+70=1(1)+ 70= 71
テッド     #1d10+62
   (DICE)テッド:1d10+62=10 (10)+62= 72
テッド     ぶ(何
詠魅       ぬかれた(何
劉斗       #1d10+49
   (DICE)劉斗:1d10+49=6(6)+ 49= 55
         #1d10+51
   (DICE)冴:1d10+51=7(7)+ 51= 58
         #1d10+56
   (DICE)皓:1d10+56=5(5)+ 56= 61
駆穂       #1d10+60
   (DICE)駆穂:1d10+60=8(8)+ 60= 68


 夜の治療室
 昼間に怪我を負ったUGチルドレン、神城三郎太が眠るベッド。
 そこに、陰が立っている。
 人影だ。数は、2つ。

 そして、ポス、という気の抜けた音。三郎太の体が跳ねた。
 消音器つきの拳銃だ。射手は息の根を確認する。まだ、息がある。
 第2弾を放とうと、その人影が引き金に指をかけた。


駆穂       「────」
駆穂       「そこまでだ」
駆穂       ──ゆらり。闇より“影”が一つ。
駆穂       音も無くワイヤー──“糸”が周囲に張られる。

GM       あ、喋った (何)
劉斗       ついにかる ぼーが喋った(何)
テッド     かるぼーが! (何
         おお(しゃ べった)
見学者R  どんなクララですかい。(何
見学者G  TRPGで喋っただけで大騒ぎってすげえよな(何)

 全くです。


テッド     「……おかしいな。音はしなかったのに」
劉斗       「“皆殺しは無理でしょう。私達がいるんだから”── 成程。確かにその通りかもしれん」別所より、更に声。銃口を向けつつ。
         「────三郎太君!?」遅れて部屋に着きつつ、ベッドに広がる血に目を見張り。
テッド     「こいつ襲ったときの“エミ”のは上手いリードだと思ったのになぁ……。ばれちゃうの早いよ」詰まらなさそうに息を吐き。
詠魅       「……残念」ぼす、という重い音と共に、三郎太の胸に大きな穴が開く
詠魅       部屋の隅より、ゆらり、と姿を現す。
         「……ちょ」黒い穴。立ち竦み。“向こう”の二人を見た。
駆穂       「────」
詠魅       「……どこでわかったのかな」
駆穂       ちらりと三郎太の様子を見て。肩をすくめ。
駆穂       「死体から記録を読み取った」
         「……一つ質問を。 誰もが思うことなのですけども……本物のテッドさん達は、何処に?」 溜息を漏らしつつ、血の臭いに顔しかめ。
テッド     「さて? 自分で探してみたらどうだい?」くすくす
詠魅       「本物の“天空を泳ぐもの”は、今頃東京湾で………」くすくす
         「……まぁ、彼らのことですから、偽物が居ると知らずにいるだけだとは思いますけど」
         「……冗談。三郎太君……」周囲には耳を貸さず。ベッドへと歩み寄ろうとして。
         ────血の臭いと、黒い影に再度止まった。
詠魅       「さてと、ばれちゃったし、さっさとターゲットを始末しようか。ここじゃ狭いね、場所を変えよう」といい窓を突き破って外へ。
テッド     「これでも模倣してるから、しょうがないなあ……」割れた窓の外を眺め。肩をすくめる。
         「……此処に至るまでに偽物と見抜けなかった不甲斐無さを嘆くのは、後回しにしないといけませんか……」
劉斗       「此処に居ない者に裂く意識など無い。目前の“ダブルクロス”を始末する。行くぞ」
劉斗       声を掛け、風の吹き込む窓の桟に手を掛け、一足先に飛び越えた。
         「行きましょうか。今はただ──夜の静寂を再び取り戻す事だけを」
         続き、窓の外へと飛び降りて。
駆穂       「津嶋」
         「……え、あ……何?」軽く頭を振り。呆然とした様子で返答。
駆穂       「──“それ”は即席創生した偽物(ダミー)だ。神城三郎太は“ここ”にいる」
テッド     「おや」
         「……え?」
駆穂       自分が横に持っていた古びた鞄。鍵をガチャリと開けると中から寝こけた人間。
テッド     「あっはは! 君、面白いね」鞄の中身に手を叩いて笑い。
         「あ。ああ。そうなんだ。良かったよ……はは」やっと理解し。笑った。どこかぎこちなく。
駆穂       「夜襲をかけるなら暗視スコープぐらい用意するべきだ」
駆穂       「だから即席でも騙せる。──児戯だ」
テッド     「ご忠告どうも。まあ、目撃者を消すのももう無意味だし……いいんじゃないかな」
テッド     行こうか? と窓の外を指す。
駆穂       「そうだね。狙いが津嶋ならほおっておいてもいいんだ。僕は」
         「それが解らないんだ。何で、僕が……まぁ、いいや。狙う側の心理なんて解らないものだよね」
駆穂       「知ってもいいが意味のない事だ」
         「目的が自分なら、むしろ気が楽だよ」
         「存分に……仕返しできるしね」
         言って。やはり窓の桟に手を。そのまま飛び降りる。
駆穂       さぁ、ね。と肩をすくめて。手を振って空間の中に鞄を格納する。
駆穂       ──さて。ここまでは、という所か。
駆穂       忽然と姿を消す。

Climax phase “ダブルクロス”
Scene Player All
Scene:ナキミ村

劉斗       #1d10+55
   (DICE)劉斗:1d10+55=3(3)+ 55= 58
         #1d10+58
   (DICE)冴:1d10+58=5(5)+ 58= 63
         #1d10+61
   (DICE)皓:1d10+61=1(1)+ 61= 62
駆穂       #1d10+68
   (DICE)駆穂:1d10+68=5(5)+ 68= 73
劉斗       こんなにやる気のない侵蝕率でのCX登場は初めてです、58%(何)

GM       テッドさんと詠魅さんも、侵蝕値をあげてください。
詠魅       #1d10+71 登場
   (DICE)詠魅:1d10+71=4(4)+ 71= 75
テッド     #1d10+72
   (DICE)テッド:1d10+72=9(9) +72= 81
GM       その値に、+50%してください。
GM       そして《ヴァイタルアップ》と、好きなエフェクト1レベルを差し上げます。
         ここで9を出すてっどんがステキ(何)
テッド     うふふ(何

GM       あと、ジャームを決めます。
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=10(10)= 10
GM       #1d10
   (DICE)GM:1d10=9(9)= 9
GM       ……アンノウンが3体?
         ……え、アンノウン?
テッド     俺らよりつええよ(何
詠魅       Kbさんが作った超アンノウンが3体も(マテ
         なんてこと(何)
劉斗       ちょ、待って今から作るから(何)
GM       今からかい!w
テッド     今からwww
         マジデスカ(笑
GM       人数あわせのために入れるだけだから、アンノウンは2体に変更。ボスの指揮下に入ります。
テッド     まもってねー(何
GM       ごめん、カバーエフェクト無い(何)
テッド     無念(何
詠魅       ひー
詠魅       まあ攻撃でHP削ってもらおうよ(何
GM       なおボスを倒せば、戦闘は終了します。
テッド     俺らすぐ死にそうだよ(何
テッド     (むしろ俺が)
駆穂       100%越えたら

戦闘開始

GM       ま、まあ、とにかくIVを申告してください(笑) アンノウンは21
劉斗       今のところ30。
駆穂       IV30です。
テッド     はええよwwwwwwww。27。
         25。100%で26。
         ……一桁で御免なさい、8です。
詠魅       IVは13かな
詠魅       っと、ボス化してるから、こっからさきは侵蝕ふえないのかな?
GM       残念ながら、ボスの侵蝕値は固定です。
   鳥越(30)=駆穂 (30)>ボステッド(27)>皓(25/26)>アンノウン(21)>ボス詠魅(13)>冴(8)
GM       では、PCおよびエネミーはエンゲージひと塊。マイナー距離。それでいいですか?
劉斗       こちらはそれでOKです。
テッド     了解。


GM       PCの皆さんは衝動判定をお願いします。
駆穂       #12r10+4
   (DICE)駆穂:12r10+4=9(9 (3,3,1,6,5,5,4,6,9,8,1,6))+4= 13
駆穂       #2d10+73
   (DICE)駆穂:2d10+73=8 (5,3)+73= 81
駆穂       成功の81%に。

劉斗       #12r10+1
   (DICE)劉斗:12r10+1=9(9 (9,9,6,5,3,7,6,4,3,8,1,8))+1= 10
劉斗       #2d10+58
   (DICE)劉斗:2d10+58=13 (4,9)+58= 71
劉斗       成功して71%に。

         #7r10
   (DICE)皓:7r10=18(10 (8,10,7,6,10,2,1)+8(3,8))= 18
         #2d10+62
   (DICE)皓:2d10+62=15 (6,9)+62= 77
         成功の77%で。

         #5r10+1
   (DICE)冴:5r10+1=17(10 (1,10,10,2,4)+7(7,5))+1= 18
         #2d10+63
   (DICE)冴:2d10+63=6(3,3) +63= 69
         成功の69%で。


詠魅       しかし、T氏とか皓とかかるぼーとかの火力で耐える自信はまったくないぜ(何
GM       大丈夫、アンノウンがメジャーを消費してカバーするから(何)
テッド     つーわけで俺、エンゲージはエミちんの後ろに居たいです(何
劉斗       ち(何)
GM       おお、では [PC] [テッド・ アンノウンA] [詠 魅・アンノウンB] という布陣ですね
GM       それでは、戦闘開始!

Round 1

●セットアップ

GM       アンノウンは《ヴァイタルアップ》を宣言。
詠魅       ……っと。こちらもバイタルアップで。
劉斗       無し。
テッド     同じく《ヴァイタルアップ》。
         無しでする。
         有りません。
駆穂       《ルーラー》使用。対象:シーン。ラウンド中PC側を除く対象の行動すべてに−[4]Dペナルティ。侵食率は86に。
GM       おお、ラディカルのエフェクト!
駆穂       カウントは3から2に。
駆穂       「“歪め”」
詠魅       「……こんな小細工ももってるんだね」
駆穂       空間を支配し。己の外敵を駆逐する『王国』を形成する。
テッド     「面白いなあ……」
GM       ところで、先手はPC側なんですが、鳥越、駆穂のどちらから行動を?
駆穂       鳥越で。
劉斗       了解。


●劉斗

駆穂       「出番だ。『鳥越』」
劉斗       結界に重ねるよう、付近一帯に《ワーディング》を張って、マイナー。
劉斗       《ホットダッシュ/氷剣》 侵蝕値+4→75%
劉斗       左手の先には冷気を操り、鋭き剣を精製。エンゲージ………しつつ。
劉斗       射撃4+《支援射撃》 侵蝕値+4→79%
劉斗       対象:侵蝕率の都合で駆穂以外の3人、目標値:9
劉斗       #8r8+4
   (DICE)劉斗:8r8+4=21(10 (10,5,6,4,5,3,5,9)+10(10,1)+1(1))+4= 25
劉斗       成功。3人に4DB。もう少しすると5DBになる。
         感謝。


●駆穂

駆穂       ──瞬歩。
駆穂       マイナー:《高速練成/インフィニティ・ウェポン/ダブルクリエイト》 エンゲージ。
駆穂       #19r7+3 メジャー:《物質合成/錬成の掟》  目標値;18 侵食率:103
   (DICE)駆穂:19r7+3=51(10 (5,9,7,8,10,3,10,7,2,6,7,2,5,7,3,3,3,5,7)+10 (10,6,9,5,10,6,10,4,1)+10(8,8,3,7)+10(10,2,7)+10(7,3)+1(1))+3= 54
駆穂       練成終了。
駆穂       並びに行動終了。


●テッド

テッド     「あは! なんだい、それ?」楽しげに言って
テッド     「……俺は作るのが苦手だからこういう事しかできないんだよね」言いつつ。マイナーなし。
テッド     メジャーで射撃+《オウガバトル/シューティングシステム/マルチウェポン/バイオウェポン/急所狙い/バイオブースト/オーバーロード/要の陣形/完全 なる世界》
テッド     対象はPC全員。防御Cr+1
テッド     #29r7+6
   (DICE)テッド:29r7+6=51(10 (3,4,10,9,1,3,4,10,1,9,1,2,4,3,5,5,9,3,7,2,7,1,3,10,3,9,8,4,9)+10(9,1,9,8,3,9,7,8,8,4,1)+10(8,2,10,3,5,3,5)+10(5,8)+10(7)+1(1))+6= 57
テッド     57。
         避けません。食らいます。
GM       他の3人は?
         ダメージ貰います。
劉斗       白兵14+《戦士の知恵/氷盾/灼熱の結界/業炎/融解》 侵蝕値+10→90%
劉斗       支援込み、Cr+1込み。
劉斗       #19r8+14+6+2+5
   (DICE)劉斗:19r8+14+6+2+5 =36(10 (7,3,1,10,6,1,8,9,9,10,10,3,7,8,5,10,8,1,4)+10(8,5,4,5,4,5,6,9,4)+10(10,8)+6(3,6))+14+6+2+5= 63
劉斗       受けには成功。
         受けてる……!
テッド     受けられた(何
駆穂       #17r8+41 《炎神の怒り/ブレインコントロール/灼熱の結界/氷盾/フォームチェンジ》 侵食率:113
   (DICE)駆穂:17r8+41=41(10 (7,1,10,10,5,7,10,8,2,7,7,2,10,7,6,4,3)+10 (10,8,4,10,7)+10(9,6,10)+10(9,4)+1(1))+41= 82
駆穂       受けた。
テッド     おまえらwwwwww
         この人たち……
テッド     「いいな、いいなぁ……楽しいなあ、君たち!」手にした“模倣”の武器を破壊する。フルバースト。
テッド     #6d10+44
   (DICE)テッド:6d10+44=35 (6,6,3,7,6,7)+44= 79
テッド     79点装甲有効。
詠魅       「本当に楽しそうだね」くすくす
         当然リザレクト。#1d10+77
   (DICE)皓:1d10+77=6(6)+ 77= 83
         #1d10+69 リザレクト。
   (DICE)冴:1d10+69=7(7)+ 69= 76
GM       79点を防ぎきるのか…
劉斗       とはいえ《リザレクト》。装備きちんとしておけばよかった(何)
劉斗       #1d10+90
   (DICE)劉斗:1d10+90=9(9)+ 90= 99
劉斗       99%
詠魅       ちっ(何
駆穂       #2d10  53点受け。更にリアクティブアーマーを使い捨てる。
   (DICE)駆穂:2d10=8(3,5)= 8
駆穂       61をざっぴいて18通し。22点の残り。
駆穂       侵食値は113.
テッド     「そうでなくちゃ……退屈だよ……」くっくっ、と笑う。


●皓

         「……っ、あー、もう、やり辛いなぁ……!」ぺ。と血を吐き。折れそうになった膝をかろうじて耐えて。
         とりあえず詠魅さんの後まで待機します。


●アンノウン(2体)

GM       では、アンノウン2体も待機。


●詠魅

詠魅       んー、待機すっかな


●冴

劉斗       PC支援ダイスボーナスは5DBです、現在。
         マイナーで《ホットダッシュ/氷剣》
         《要の陣形/ブレインコントロール/バイオウェポン/アニマルテイマー/バイオブースト》を……テッドさんとアンノウンAで。
詠魅       あー、エンゲージ別だから攻撃ならこっちにかな
テッド     RCだから届いちゃう?
詠魅       射撃攻撃?
GM       いや、白兵攻撃ですね
劉斗       白兵かと。攻撃可能なのは鮫っ子とB。
テッド     白兵か。(目が霞んでいるようだ)
劉斗       サラオルの白兵ですよ(珍しく)(何)
GM       オルクスの白兵は珍しい
         あれ、エンゲージ別でしたか。失礼(汗)ならば鮫さんとBさんで。
GM       前衛の詠魅さんのエンゲージを突破しない限り、テッドさんのエンゲージには接近できません。
         うみ、了解です。
         侵食は94%で。
         ……訂正、この際なんで《冷気の鎌》も込めます。 96%。防御に2個のダイスペナルティを。
         #18r8+2
   (DICE)冴:18r8+2=16(10 (7,7,3,6,5,4,2,1,3,6,5,10,5,8,2,10,8,2)+6 (6,2,4,3))+2= 18
詠魅       竜鱗。
GM       アンノウンBが素回避を。 #7r10+2
   (DICE)GM:7r10+2=9(9 (5,1,2,6,8,9,3))+2= 11
GM       命中。ダメージを。
詠魅       回避ないのかy(何
GM       回避エフェクトがないんだよ!w
テッド     ないな(何
         #2d10+10
   (DICE)冴:2d10+10=12 (10,2)+10= 22
         装甲有効の22で。
詠魅       かきーん
GM       装甲値5点を引いて、17点受領。
詠魅       「くすくす、その程度?」
         「余り腕力には自信が無いんですよ」 苦笑しつつ。

GM       では、待機組。皓と、アンノウンと、詠魅かな。
         宣言通り。詠魅さんの後まで待機します。
GM       ううむ、了解。
詠魅       じゃあ、耐えると信じて攻撃いくかな。
GM       では、詠魅からどうぞ。


●詠魅(インタラプト)

詠魅       ■マイナー:《ハンティングスタイル/完全獣化/破壊の爪》 侵蝕:10
詠魅       人間の殻を裂くように、内側から皮をふきとばして巨大な鮫の姿をとる(そこまでまねなくても(何
詠魅       Dpいくつになってるっけ?
GM       4つでしたっけ?
駆穂       5に。100%超えましたからの。
GM       おお、失敬。
詠魅       メジャーは■咬撃 : 《魔王の理/漆黒の拳》
詠魅       ターゲットは……#1d3
   (DICE)詠魅:1d3=2(2)= 2
詠魅       鳥越か
詠魅       #17r7+4
   (DICE)詠魅:17r7+4=26(10 (10,6,1,9,7,1,2,9,10,6,10,2,10,6,2,10,3)+10 (3,3,9,1,3,6,5,8)+6(6,5))+4= 30
詠魅       30(何
駆穂       30病(何
詠魅       うつった!(何
GM       うるさい(何)
劉斗       悩ましいな(何) こちら、リアクションはせず。ダメージを。
詠魅       #4d10+11
   (DICE)詠魅:4d10+11=24 (2,5,9,8)+11= 35
劉斗       《リザレクト》#1d10+99
   (DICE)劉斗:1d10+99=1(1)+ 99= 100
詠魅       おし(何
GM       1点かい!w
テッド     ジャストww
詠魅       「あれ……食いちぎれたと思ったのになぁ」
劉斗       鋭い歯に肉を削がれるも、武器は取り落とさずに。
テッド     「気をつけて? “エミ”にかかると本当に村人全員殺されかねないからね……」くすくす
劉斗       支援射撃は続行。ダイスボーナスは6Dとなります。

GM       では、皓のインタラプト?
         入れます。
GM       了解、どうぞ。


●皓(インタラプト)

駆穂       「────………」嵐のような銃弾を“障壁”で受けきり血に染まったその手を振るい。『剣の結界』を。
駆穂       「──“やれ”。津嶋」
         「OK。……ああ、もう。でも知った顔ってやり辛いよ。ホントにさ」
         片手の得物を再度構え。──刃のないその場で振り抜く。風の太刀。
         白兵18+《炎の加護》→《音速攻撃/炎の剣/さらなる波/獅子奮迅/かまいたち/業炎》 侵食率99%
         DB込み。射撃攻撃により対象はテッドのエンゲージへ。#22r8+18
   (DICE)皓:22r8+18=34(10 (9,2,10,5,6,6,2,7,7,6,1,6,3,5,9,9,7,6,7,10,3,6)+ 10(10,10,3,7,10)+10(9,4,8)+4(4,4))+18= 52
         52で。
テッド     かまいたちいやん(何
GM       カバーいる?
テッド     一応避けます
テッド     射撃+《守りの弾/シューティングシステム/オウガバトル》
テッド     #23r7+6
   (DICE)テッド:23r7+6=46(10 (9,5,8,8,7,1,5,9,6,2,8,7,3,8,1,4,1,9,1,6,7,3,2) +10(8,4,8,9,3,6,7,8,1,4)+10(5,8,3,10,8)+10(2,3,10)+6(6))+6= 52
テッド     うはwwww
GM       おお!
         避けてる? むん。
GM       #8r10+2
   (DICE)GM:8r10+2=8(8 (2,1,5,5,4,8,2,3))+2= 10
GM       アンノウンAは無理。ダメージを。
テッド     「悪く思わないでよ? ……あの方が君にはいたくご執心でね。詳しい事情は知らないけど」
テッド     銃弾で衝撃波を散らす。
         「……なんだよ、それ」
         #6d10+15 不快に眉を顰めつつも。見えない太刀でもう片方を“斬る”
   (DICE)皓:6d10+15=42 (9,5,6,9,8,5)+15= 57
         57点装甲有効。
GM       受領。52点のダメージ
         「……まだもつのかぁ。意外としぶといね」心底驚いた表情で。


●アンノウン(インタラプト)

GM       まずテッドのいるAが《オールレンジ/死神の針/クリスタライズ/ギガンティックモード/ギガノトランス》
GM       #8r8+4 対象はシーン全体。
   (DICE)GM:8r8+4=24(10 (9,6,10,3,5,4,4,10)+10(9,1,7)+4(4))+4= 28
GM       低いな、28。おっと、相手の防御行動に4個のDP
劉斗       来ましたね、この時が(何)
テッド     ひぃ
劉斗       とりあえずこちらリアクションは無し。
         リアクション放棄。ダメージください。
         普通に受けます。
GM       駆穂は?
駆穂       #16r10+23  《灼熱の結界》 侵食率:115
   (DICE)駆穂:16r10+23=16 (10(8,6,2,7,3,2,10,5,9,9,4,8,4,5,7,10)+6(6,6))+23 = 39
GM       #3d10+10
   (DICE)GM:3d10+10=27 (10,9,8)+10= 37
GM       37点の装甲無視
         リザレクトはまだ使えるのだ。最後だが! #1d10+99
   (DICE)皓:1d10+99=9(9)+ 99= 108
         108% 高(汗)
         #1d10+94 リザレクト。
   (DICE)冴:1d10+94=5(5)+ 94= 99
GM       99%が好きですね皆さん(何)
駆穂       29点受け。そして8点通し。14点残り。
駆穂       「────」面倒そうに溜息をつく。

劉斗       こちらはHPが0に。[昏倒]
GM       って、やるんですか、鳥越さん(何)
劉斗       《ラストアクション》宣言。
GM       やっぱりきたー!
劉斗       射撃4+《炎神の怒り/マルチウェポン/炎の剣/ブレインコントロール/ラストアクション》 侵蝕率は+11の111%に。
劉斗       対象は、後衛エンゲージ(範囲)
テッド     っち(何
劉斗       サブマシンガン使用、自己支援込み。
劉斗       #22r7+4
   (DICE)劉斗:22r7+4=45(10 (6,7,7,7,1,8,2,2,10,2,6,1,4,9,1,8,9,10,5,1,2,1)+ 10(5,6,3,10,6,9,8,8,3)+10(9,2,6,1)+10(7)+5(5))+4= 49
テッド     「……なんだ、意外とあっさり………!?」不意の攻撃に目を見開き。
テッド     射撃+《守りの弾/シューティングシステム/オウガバトル》
テッド     #23r7+6
   (DICE)テッド:23r7+6=43(10 (6,4,4,10,8,5,3,3,1,4,8,3,9,5,7,2,8,7,7,1,8,7,2)+10(2,10,3,7,3,10,3,3,7,9)+10(3,8,3,7,2)+10(1,10)+3(3))+6= 49
テッド     同値おおくね?(何
劉斗       空気読もうよ(何)
テッド     ふひひ(何)
GM       #8r10+2
   (DICE)GM:8r10+2=19(10 (9,3,9,1,4,10,7,3)+9(9))+2= 21
GM       でもこっちは命中!
劉斗       テッドの偽物にロイスを取得。即タイタス化して達成値を上昇。
GM       うお!
テッド     ぬ(何
劉斗       感情は、有意/■食傷
劉斗       #1d10+49
   (DICE)劉斗:1d10+49=7(7)+ 49= 56
劉斗       達成値56。
テッド     ちぃ
劉斗       ダメージ。
劉斗       #6d10+24
   (DICE)劉斗:6d10+24=25 (8,1,3,7,4,2)+24= 49
劉斗       49点装甲有効
GM       アンノウンAは《透過》を宣言。ダメージをキャンセルしつつ回復。 #3d10
   (DICE)GM:3d10=7(4,1,2) = 7
テッド     回避失敗でダメージ上乗せもあるので生き残れません。《復讐の領域》宣言でダメージを返します。
劉斗       了解。では、更に。2撃目。
劉斗       射撃4+《炎神の怒り/マルチウェポン/炎の剣/ブレインコントロール/ラストアクション》
劉斗       侵蝕値+11→122% 対象は同一。
詠魅       ん、これで
詠魅       3発目撃てる?
劉斗       いや、これで終了。途中成長しなかったら(何)
テッド     おま(何
         (笑)
劉斗       #22r7+4
   (DICE)劉斗:22r7+4=23(10 (3,5,2,10,3,5,10,3,4,2,5,7,1,7,8,1,8,10,4,2,9,4) +10(3,3,9,9,6,6,3,8)+3(3,3,3))+4= 27
GM       お?
劉斗       27。
テッド     射撃+《守りの弾/シューティングシステム/オウガバトル》
GM       #8r10+2
   (DICE)GM:8r10+2=14(10 (4,8,2,3,4,10,2,1)+4(4))+2= 16
テッド     #23r7+6
   (DICE)テッド:23r7+6=52(10 (2,5,9,4,4,4,6,7,3,9,4,7,7,5,6,6,2,5,6,7,7,2,4) +10(8,5,8,7,3,10,7)+10(5,8,8,8,3)+10(9,1,5)+10(7)+2(2))+6= 58
テッド     やった!(何
GM       アンノウンAにのみ命中! ダメージを!
劉斗       #3d10+24
   (DICE)劉斗:3d10+24=21 (9,7,5)+24= 45
劉斗       45点装甲値有効。で、昏倒。
GM       透過の回復量が大きければ生きてたのに! アンノウンAはつぶれた。
テッド     「……はは! 何……ムキになっちゃってんの! そいつ差し出せばいいだけのことじゃんよォ!」猛攻に怯えを滲ませ。

劉斗       てっどん(の 偽物)が、今
劉斗       言うてはなら んことを言ったな(何)
テッド     言ってみた(何
テッド     空気読めません><
劉斗       GM、途中成 長します(嘘)
テッド     (がたがたぶるぶる)
         (合掌

 何かものごっつい地雷だった様です。南 無。

GM       では、あらためてアンノウンBの行動。
GM       《餓鬼玉の使い+レーザーファン+光の裁き+不可視の矢+全知の欠片+器官爆弾》 #8r8+4
   (DICE)GM:8r8+4=14(10 (10,1,6,2,7,3,5,8)+4(4,3))+4= 18
GM       近接に範囲。
GM       避けには4個、それ以外の防御行動には2個のDP。
         うみ……貰います。
GM       4ラウンドの間、クリンナップに3点の実ダメージ。
駆穂       えーと。自分も回避必要ですね。
詠魅       かるほんがカバーするって手もあるよ(何
GM       ボス詠魅さんにエンゲージしてる全員に攻撃です。
駆穂       侵食やべぇので勘弁してください(何)
GM       でも達成値18だから、駆穂は技能値だけで避けている(何)
駆穂       #8r10+20 素で避けます。
駆穂        #8r10+20
   (DICE)駆穂:8r10+20=9(9 (2,1,5,2,9,5,7,3))+20= 29
駆穂       29で回避(ずずい)
         すげー(笑)
劉斗       いいな、回避w
テッド     20(何
         ダイスペナルティをものともしてない(Σ
GM       そりゃ技能値が20もあればね(何)
駆穂       まぁ。WDの苦しみの具現化だ(何)
         ぎ、技能値って大事だ!(何
詠魅       あれは極端すぎる例だ(何
テッド     とりあえず次……はクリンナップか?
         セカンド、セカンド(汗)
詠魅       さらっとセカンドなくそうとするてっどんすてき(何
テッド     いや、だって進まないから(何
GM       いや、ダメージいきます。冴先生が回避放棄してるので。それとも、挑戦します?(何)
         諦めます(何
GM       では #2d10+16
   (DICE)GM:2d10+16=15 (8,7)+16= 31
GM       31点の装甲有効
         #1d10+99 最後のリザレクト。
   (DICE)冴:1d10+99=5(5)+ 99= 104


○セカンド

GM       アンノウンはなし!
駆穂       宣言。
         宣言します。
詠魅       せんげんしましょう
         ありません。
テッド     うわぁん怖いよ宣言する(何
劉斗       宣言。
劉斗       犯人へのロイスをタイタス、昇華して復活。
GM       おお、では復活した鳥越さんからどうぞ。


○劉斗

劉斗       倒れ伏す寸前、肘で体を支え、二丁のFN P90を再び敵にターゲッティング。
GM       アンノウンBが《フラッシュゲイズ》判定に3DPをプレゼント
劉斗       了解。
劉斗       射撃4+《シューティングシステム/マルチウェポン/炎の剣/ブレインコントロール/デュアル・デュエル/抜き打ち/達人の業》
劉斗       侵蝕率:15→139% リアクションに15DP
テッド     ちょまwwww
GM       多いよ!w
劉斗       131%突破により、支援射撃のダイスボーナスは7Dに。IVは36。
劉斗       #24r7+4
   (DICE)劉斗:24r7+4=54(10 (10,1,3,3,2,7,5,7,4,7,2,3,9,8,10,6,10,7,3,9,7,2,5,6)+10(6,6,10,2,7,8,7,4,7,2,9)+10(10,4,8,4,10,8)+10(2,8,4,8)+10(10,6)+4(4))+4= 58
劉斗       58。
GM       対象は、ボステッド?
劉斗       偽テッドです。
テッド     ち(何
テッド     射撃+《守りの弾/シューティングシステム/オウガバトル》
テッド     #2r7+6
   (DICE)テッド:2r7+6=5(5 (3,5))+6= 11
テッド     むりむりむり
GM       すがすがしいなw
劉斗       #6d10+28
   (DICE)劉斗:6d10+28=38 (9,10,8,1,7,3)+28= 66
劉斗       「臆したな──」装甲値有効66点。
劉斗       サブマシンガンの一斉掃射が再度、見舞われる。
テッド     「なっ……ん……!」更なる攻撃に恐れをなし、動きを止め。
テッド     HP0、戦闘不能です。
詠魅       「あーあ、つかえないなぁ」


○駆穂

GM       どうぞ
駆穂       ……ちょっと計算。……微妙だな。
駆穂       うーむ。やはりセカンド行動放棄。
駆穂       (すいません)
GM       了解
GM       では、皓のセカンド。
駆穂       再行動宣言。
GM       駆穂のセカンド取りやめをキャンセル、了承。
GM       あらためて、駆穂のセカンドアクション。
駆穂       #28r7+20 《炎神の怒り/ブレインコントロール/炎の剣/ペネトレイト/ダブルモーフィング/スプリットアタック》 侵食率:134 対象:アンノウンB・偽詠魅 
   (DICE)駆穂:28r7+20=55(10 (6,6,9,2,10,9,6,3,9,1,4,4,7,4,7,4,8,9,6,9,10,6,6,6,4,6,8,7)+10(6,10,1,10,8,5,10,5,5,10,9,9)+10(9,4,1,8,1,2,6)+10(9,6)+10(10)+5(5))+20= 75
駆穂       75。ペナルティは無し。
GM       避けられるかあ!w アンノウンB回避放棄!
詠魅       ごめん、それ棺で消させてください
駆穂       時棺宣言により[失敗]に。
駆穂       「────」
詠魅       「くすくす、悪いけどそれは止めさせてもらうね」
駆穂       残身を残したまま。
駆穂       「そうかい」
駆穂       手元に漆黒の日本刀を顕現化させる。
駆穂       行動終了。


○皓

         白兵18+《音速攻撃/炎の剣/吼え猛る爪/獅子奮迅/かまいたち/業炎/クロスバースト/リミットリリース/疾風迅雷》 侵食率134%
         範囲射撃攻撃装甲無視 伝承者宣言 DB7個込み #22r6+18
   (DICE)皓:22r6+18=44(10 (3,3,5,10,10,4,6,8,8,1,2,5,5,8,9,4,4,5,7,9,10,6) +10(1,4,3,8,7,6,6,10,9,6,5)+10(8,1,2,4,3,7,10)+10(5,8,5)+4(4))+18= 62
         #3d10+62
   (DICE)皓:3d10+62=20 (2,9,9)+62= 82
         82で。
詠魅       さ、さしみにされr
GM       無理無理無理(汗)
詠魅       まあ、回避放棄で
GM       同じく放棄
         #9d10+25
   (DICE)皓:9d10+25=32 (2,5,1,5,3,3,1,4,8)+25= 57
         あれ(汗)
詠魅       おしいな(何 ばったり
         52点装甲無視で……倒れた??
GM       アンノウンBは《光の守護》で打ち消す……が、詠魅が倒れたので、自然に消滅する。
詠魅       じゃあ倒れますね。
         よ、良かった(汗)
詠魅       ばっさりと刺身になって盛り付けられます(何
GM       戦闘、終了──……

自律判 定

GM       各自申告の後、判定のほどお願いします。
テッド     ボスの二人は判定無しでよろしいのですか?
GM       はい。ボスの方々は免除です。
テッド     了解。


劉斗       最終侵蝕率は139%。皓にロイスを取得。■連帯感/□隔意を。ロイス4、Dロイス1、タイタス2。
劉斗       まずは二倍振りで。#8d10-139
   (DICE)劉斗:8d10-139=34 (4,4,2,2,8,10,3,1)-139= -105
GM       おしい……
劉斗       三倍振り。#4d10-105
   (DICE)劉斗:4d10-105=25 (10,2,9,4)-105= -80
劉斗       80%で帰還。
GM       残念でしたが、帰還、おめでとうございます!

         んーと。最終侵食率134%。ロイス5、空きに、冴先生■敬意/不安 駆穂君 誠意/■隔意で取得。これで6……なんですが、詠魅さんへのロイスは切りで すかねこれは?
GM       いえ、本物へのロイスなので大丈夫です。
         了解です。……まぁ、安全牌を振っておきます。倍で(申し訳ない)
         #12d10-134
   (DICE)皓:12d10-134=58 (4,1,2,3,6,5,7,2,9,4,8,7)-134= -76
劉斗       おかえりなさい。
         倍でよかった。76%帰還ですー。
GM       おかえりなさいませ!

         ならば最終104%のロイス5、殺人鬼のロイスをタイタスに変更します。
GM       冴先生は初期ロイスで帰還できるよ(何)
         111が出る可能性って0じゃないんですよ(何 それはそれで美味しいけd(ry
         最終的にロイスは4、通常で。
         #4d10-104
   (DICE)冴:4d10-104=20 (8,5,4,3)-104= -84
         84%で帰還です。
GM       おかえりなさいませ!

駆穂       えーと。テッドに取得して5個。Dロイス2。2倍振りで10個。現在値134。
GM       どうぞー
駆穂       #10d10-134
   (DICE)駆穂:10d10-134=49 (2,6,7,6,5,3,8,1,1,10)-134= -85
駆穂       85%で帰還。
劉斗       おかえりなさい。
         おかえりなさいませ。
         おかえりなさいませー。
GM       では、全員、帰還を果たしましたね。

Ending phase  何れの約束
Scene Player All
Scene:ナキミ村・UGN施設前

 バババババババ

 ヘリのローターが激しい音を立てて、君らを運ぼうとする。
 時間は次の日の朝。
 ナキミ村から連絡を受けた本部が、至急、輸送用のヘリを数機送ってきた。
 きみたちはそのうちの1機で、黒巣に帰還することになった。


詠魅       「…………………ふあぁ〜あ…………」眠そうに大きなあくび
GM       見送りに来たのは、チルドレンのリーダー・長谷部竜馬と、チルドレンの金本瑠美子。
竜馬       「無事な帰還を祈る」
瑠美子     「ごめんね、一昨日来てもらってもう帰らせることになって」
詠魅       ふるふるふると首を振り
詠魅       「………結構楽しかった………」ぼそり、と呟く。
劉斗       「────」一足先に乗り込んで、座席の一つを占拠。
劉斗       見送りには興味無く、来た時と同じようにモバイルを開いて、残してきた部下達からの報告に返信作業を行う。
         「いや、迷惑かけたのってこっちだし……」応えつつ。周囲を見回し。もうひとりの姿を探す、けど。無理か。と嘆息して。
GM       では瑠美子がそれに気付き、「津嶋さん、三郎太に何か言伝をしましょうか?」
         「……あ。うん。そうだな……」頷き、しばし考えて。
GM       「……その必要はない」と、ヘリのローター音にまぎれて声が。
         「──……ええと……あれ?」
GM       見れば、包帯だらけの三郎太がゆらゆらとこちらにやってきていた。
駆穂       「──────」
駆穂       フゥと一息ついて。
駆穂       皆を見渡して何処かへと消える。手には古びた鞄。そして刀。
         「三郎太君……大丈夫なの?」歩み寄り。
三郎太     「……借りが出来たな」
GM       渋々と、そう言う。救護班の人がすごい心配そうな顔で三郎太を見ていた。無理を押してここに来たようだ。
         「いや……借りなんかじゃないよ。むしろ、ごめん」
         ぺこり。深々と頭を下げて。
三郎太     「何を謝る」
         「いや……君が怪我したのって、僕がここに来たそれこそが原因だし」
         「……迷惑かけちゃったなって。反省してる。だから、ごめん」
三郎太     「そんなことは無関係だ」
三郎太     「俺がしくじったのをお前のせいにするほど、俺はまだくさっちゃいない」
GM       そんなことより、と彼は言う。
三郎太     「この傷が癒えたとき、俺は貴様に挑戦する。首を洗って待っていろ」
GM       ふらふらなくせに、その言葉と視線だけは強く。
         「────」
         「解った。その時は僕も手加減しない。君のそれを待ってる」
         言葉に。只笑って頷き。手を差し出す。
GM       「……」
GM       包帯が巻かれた手で、渋々と、握る。
竜馬       「──三郎太、時間だ」
         「じゃ、またね」そのまま、此方は強く握り返し。
三郎太     「ああ……また、な」
         手を放し。頷いて。軽くそれを振った。
         「……若いと言うのは良い事ですね……」 ヘリ内部から。何を喋っているかまでは聞こえないにしろ、窓から見た青春の一こまっぽい場面を笑顔で見ながら。
テッド     「まあみんなお疲れ様ー」呑気に運転席。


 そして、隔離された村からヘリは飛び立つ。
 森の中に埋まるように存在する小さな廃村が、眼下にあった。
 誰かが手を振っていた。そしてそれも、森の中に消えていく。
 ヘリは黒巣へと戻っていった──……



『ロシアンルーレット 〜惨劇の村〜』

GM:敵の敵 
PC1 “正位置の太陽”津嶋 皓(たつき)
PC2 “天空を泳ぐもの”此代 詠魅(わかば)
PC3 “烈火の仮面”鳥越 劉斗(こびと)
PC4 “蒼茫たる世界” 神無月 冴(風翼)
PC5 “試験的特例”テッド(比良坂)
PC4 “餓狼の王” 久継 駆穂(風翼)

(敬称略)

2007.11.17〜2007.11.24

ログ編責 たつき
Double+Cross THE 2nd EDITION
 ロシアンルーレット 〜惨劇の村〜

END