全日本学生新聞連盟 Since Feb.5,1999.Japanese only
全日本学生新聞連盟関連史料
(Documents of the Union of All Japan Student Press)
-配列は年度順-



全日本学生新聞連盟規約(1952年6月6日第4回大会で決定)

第6回定期全国大会・大会宣言(1953年6月7日)

北大新聞の統一を要望する決議(1953年11月5日)

加盟新聞名簿(1954年1月)

われわれ連盟の歴史-今後の発展の資料として(1954年1月10日)

第7回定期全国大会・一般報告(1954年6月18日)

特別報告・早稲田大学新聞の活動報告(1954年10月31日)

第8回定期全国大会・決議文(1955年6月27日)

第9回全国委員会・一般報告・学生新聞(1956年4月20日)

第10回定期全国大会・一般報告・連盟の意義と役割(1957年6月)

第11回定期全国大会議案・総括報告(1958年6月13日~16日)

第15回全国委員会招請状(1959年4月9日)

第15回全国委員会議案・学生運動について(1959年4月17日~19日)

第12回定期全国大会議案・活動総括(1959年6月26日~29日)

第16回全国委員会議案・学生運動の動向といくつかの問題について(1959年11 月27日~29日)

第16回全国委員会議案・学生新聞運動論(1959年11月27日~29日)

第13回定期全国大会議案・活動総括(1960年7月1日~4日)

第19回全国委員会議案・学生運動の理念と現状(1961年4月14日~16日)

第16回臨時全国大会議案・活動総括(1962年7月13日~14日)

第25回全国委員会議案・活動総括(1964年4月26日~28日)

第18回定期全国大会における緊急共同提案(1964年7月3日~6日)

学生新聞運動論 その現状と課題(1964年12月18日)

ベトナム戦争に関する声明(1965年5月17日)

加盟新聞名簿(1966年)

原水禁大会全学新共同デスク討論基調(1967年8月6日)

羽田闘争に関する声明(1967年10月11日)

都学新常任委員会「第23回全学新大会へ向けての問題提起」(1967年11月5日 付)

第23回定期全国大会議案・活動総括・学生新聞運動論(1967年11月23日~25日 )

第23回全国大会に関する教育大学新聞の記事(1967年11月25日付)

全国学生新聞「共同新聞創刊アピール」(1968年4月20日付)

教育大学新聞署名論文「全学新第25回大会によせて」(1970年11月10日付)



(追記)
 その後の全学新について、京大新聞史編集委員会編「権力にアカンベエ! 京都大学新聞の六十五年」(1990年、草思社刊)に記述があると、 岡山大学新聞会OBの方(土屋勝氏) から教えていただいた。京都大学新聞社の吉澤潔氏が最後の全学新委員長であり、彼ら当時の書記局メンバー4人がのちに「UPU」なる就職情報会社を創業したということである。しかし、同書には、全学新消滅の事情について「1970(昭和45)年12月、全学新は第25回大会を京都大学で開いたのを最後に、その後、全国大会を開くことができず、自然解体した。第25回大会は、委員長校に京都大学新聞を選出しているから、京都大学新聞社は『最後の委員長』ということになる」とあるのみで、「自然解体」の具体的な状況は明らかでない。もう少し、詳細な事情を知りたいところである。(そのため、この追記を記述の際、吉澤氏の会社宛に問い合わせのメールをしてみたが、部下が無視したのか、本人に回答する気がなかったのか不明だが、返信はなかった。)
 ところで、この本の中では全学新の名が正確に表記されていない。ある場所には「全国学生新聞連合」とあり、また別の場所には「全国学生新聞連盟」とある。いずれも誤りであって「全日本学生新聞連盟」が正しい。また最近、原理研系の学生新聞の全国組織である「全国学生新聞連合」(略称を「全新連」というらしい)というものがあるようだが、これと「全学新」とはもちろん無関係である。念のため。

(注)「全日本学生新聞連盟」の英語表記について
 「全日本学生新聞連盟」の英語表記については、規約上特に定めていなかった。しかし、「全学新」として取材を行う場合、記者は「UPU」という腕章をつけることがあった。これは“University Press Union”の略であって、前記の「UPUなる就職情報会社」もこれに由来すると思われる。したがって「全学新」の英語表記は“University Press Union of Japan”でも良いかとも思われるが、1956年に開かれた第9回全国委員会は、エニウェトックでの核実験に対し、アメリカ合衆国大統領に宛てて抗議文(英文)を送っており、そこでは「全学新」を“Union of All Japan Student Press”と表記している。外国に対して組織名を英文ではそのように表示していたわけで、このページのタイトルはこの表記にしたがって記述した。


東京教育大学新聞会OB会