我が家の自転車と愛用グッズ

 せめて趣味の世界では、速度重視、能率重視から脱却したいと思っている。ロードレーサーやマウンテンバイク全盛の昨今だが、どちらも本来レースで勝つために開発された自転車だ。写真を撮りながらのんびり走りたい身にとっては、キャリアとバッグがほしい、オフロードでかっ飛ばしたりしないからサスはいらない、というふうに改造する必要がある。すると、行き着く先はツーリング車になるようだ。だったら最初からツーリング車を入手した方が、お買い得というものだ。


ミニベロ


 「ミニベロがほしいなあ、でも良さそうなのは安いのでも15万円か?」と思っていたところに、ビアンキから発売された自転車。定価74000円が税込み69000円あまり。クロモリフレームがほしいところだったが、そこまでは贅沢を言っていられないということで、購入してしまった。タボ穴もあるが、輪行を考えてドロヨケは付けていない。写真はデフォルトの状態だが、現在はランドナーバーに変更、フロントキャリアを付けてある。


通勤用スポルティーフ

   

 「通勤用スポルティーフもどき」を壊してしまったので購入した自転車。汗かきで荷物を背負いたくないので、大きめのサドルバッグを使っている。足りないときは、フロントバッグ。カンチブレーキだと前に荷台がつくので助かる。折り目を付けたくない書類があるときは、秘密兵器を使う。この秘密兵器は便利で、書類の他に雨具やウインドブレーカーなどを入れることもできる。この他に、リアキャリアを装着するタボ穴、フロントフォークにもサイドバッグキャリアを装着するタボ穴があり、キャンピングに近い使い方も想定して作られているツーリング車だ。


通勤用スポルティーフもどき




 ブリジストンの自転車。ロードタイプのフィットネス車といった位置づけだろうか。タイヤは700×23c。雨の日も自転車通勤なので、もちろん泥よけ付き。安くて性能のいい点が気に入っていたが、夜の走行時、突然現れた車止めに衝突し、フロントフォークが曲がってしまった。4万円の自転車で、リムもすり減り、BBもハブも交換時期だったので廃棄にすることにした。


ランドナーもどき




cherubimツーリング車。現代パーツで組んだランドナーだ。650×38Aで泥よけ付き、現在はランドナーバーとブルックスの革サドルにしてある。カンチブレーキにDIACOMPEのブレーキレバーだが、駆動系コンポはシマノのTIAGRA。フロントキャリアはサイドバッグも取り付けられるが、直進安定性のいい自転車で、ふらつくことはない。この直進安定性のよさのためか、長距離を乗っても疲れは少ないのだが、車重がけっこうあり、登り坂にはちょっと弱い自転車だ。


妻のクロスバイク


自転車など全然好きではない女房に買ったのは、ビアンキのNYALAーL。体の小さい妻には純正のフラットバーではハンドルが遠かったのと、前傾の乗車姿勢はイヤだというので、ママチャリハンドルに変更してある。泥よけをはずしてフロントキャリアをつけてみた。


キャノンデールM800

 2台目のスポーツ自転車。山が好きだし、マウンテンバイクかな、と、短絡的に購入。かっ飛ばさないし、担ぎやすく軽いもの、ということでフルリジッド。未舗装路を走る際の性能は申し分ないのだけれど、ツーリングでは乗車姿勢がつらいと感じて、現在は元同僚へ譲ってしまった。


2代目通勤用自転車


 初代通勤号はクロスバイクだったが、中国へ行く前に、元同僚にあげてしまった。これは帰国後に通勤用として購入したもの。クロスバイクは泥よけが半端で、雨の日に弱いということ、フラットバーは長時間乗ると疲れるということで、スポルティーフにした。快適だったが、勤務先から帰る途中、横の駐車場から出てきた車につっこまれて、お釈迦になってしまった。人間が無事だったのは不幸中の幸い。身代わりになってくれたのね^^;
 写真は、泥よけをはずしたもの。


手作りフロントバッグ


 うめ吉さんの掲示板で、自転車の収納スタンドを手作りされた方がいらっしゃった。「すごいなぁ」ということで、自分でも何か作ってみようと、思い立った。革のフロントバッグなんてあったら、格好いいのではないか? と。
 しかし、実はレザークラフトなど全く経験もなく、「小物をいくつも作ってみて、最終的にできればいいや」という気持ちで、大和駅前にあるユザ○ヤで工具とキットのセットを買ってきた。そのキットの小さなコインケースを作ってみて、
「ふむふむ。。。で、次は?」
と、またユザ○ヤへ行き、レザークラフトの本をぱらぱらめくっていると、
「仕事じゃないんだからさ、できなくたって、笑って済ませばいいことじゃないか!」
という無謀な声が聞こえてきて、
「ふむふむ。。。。」
と、いきなり革と必要な工具、バックルや金具を買ってきて、型紙も作らずに革を切り始めた。
で、できたのが上の写真。後ろ側から見ると。。。。



一応、後ろに縦長のポケットを付けてみた。昔のタイプのフロントバッグにはよくあるタイプ。ハンドルバーからはずすと、こんな感じ。



ハンドルバーに取り付ける革ベルトは、古いフロントバッグから付け替えてある。



真横から見るとこんな感じ。サイドにポケットがあってもいいかと思うのだが、幅を広く作りすぎてしまった。中はこんな感じ。



手作り輪行袋入れ

 だいぶ前に作ったので汚れも出てしまっているが、輪行袋を入れるサドルバッグ。側面はCDを使って円を描いたので、CDの大きさになっている。ちょうど輪行袋を入れるのにいい大きさにできる。

  


携帯用工具入れ

 友達へのプレゼント用として作成。普通は予備チューブ、アーレンキー、タイヤレバー、ゴムパッチ、ゴム糊、ニップル廻しあたりを携行すると考え、それが入る大きさで作ってみた。

 

 ロードバイク用のチューブを入れてこの通りなので、MTB用はちょっと入らないかもしれない。いびつになってしまったが、素人の手作りのご愛敬だ。左の写真、左下のキノコマークが私の作品のマーク^^


便利なサドルバッグ

 サドルバッグの使い勝手が今ひとつで、いいものを探していたときに出会ったバッグ。デイパックなのだが、サドル下にアタッチメントを付けて、取り付けられるのだ。アタッチメントもかなり強度がありそうで、量も入る優れもの。背面にヘルメットホルダーもある。メイン気室の入れ口のファスナーの開きが狭いのが玉に瑕だが、ワンタッチで取り外しでき、非常に便利だ。サドルよりタッパがあるので、乗るときに足を引っかけないように注意が必要^^;

 

 同じメーカーで、カメラバッグタイプのものもある。ウレタン製のクッションが効いていて、サイクリングと写真を両方とも、という人にはぴったり。ウレタンの仕切もあり、カメラ本体、レンズ3本くらい持っても余裕だ。私は通勤に使っているが、ポケットもたくさんあり、職場に着いたらパッと外して持っていけるのでとても便利だ。

 


妻のショルダーバッグ


 上のバッグを妻がやたらとほめるもので、ついうっかり「じゃ、バッグを作ってやる」と言ってしまった。うまくやられているわけだ。自転車とは関係ないが、せっかく作ったのでアップ。


 外観はこんな感じ。内側は・・・・



豚革を貼ってみた。鞄職人になるには、まだまだだ。



デイパック


 今度は、デイパックを作ってみました。曲線が多いので苦労しました。柔らかい皮を使ったので強度がどうか。。。。


 色合いはなかなか気に入っています。


自転車の部屋トップに戻る
トップに戻る