修正 2009/07/24
Valid HTML 4.01 Strict

この条約は、国際連盟の「道路交通常設委員会 (Permanent Committee on Road Traffic)」(以下「委員会」) での提議に基づいて、1931年3月に開催された欧州道路交通会議において作成されたものです。

そのベースとして、第6回委員会 (1928/11) までの討議内容をまとめた1929/2/1付け報告書 (Revised Report regarding Road Signalling) (以下「1929年報告書」) およびそれに少し補足をした第7回委員会 (1930/5) の報告書 (1930/7/25付け) (一部抜粋) がありますが、これらは、参考資料として別ページに載せました。

1929年報告書には灯火信号や警察官による手信号その他についても記載されていますが、これらは、義務として課す統一案にはいまだ至らず (勧告意見に留まる) ということで、条約からははずされました (当該会議の Final Act を参照)。

条約附属書には標識の様式が与えられていますが、その中で   で囲まれているのは1929年報告書にはなかった標識、   で囲まれているのは1929年報告書にはあるが様式が大きく変更されている標識です。

この条約は、1963年7月30日に公式に失効しました。したがって、現在では、形式的にも (当然、実質的にも) 意味を持ちません。

CONVENTION CONCERNING THE UNIFICATION OF ROAD SIGNALS (Geneva,1931) 道路信号の統一に関する条約 (ジュネーヴ,1931)
  • Prepared by the European Conference on Road Traffic, held at Geneva from March 16th to 30th, 1931.
  • Entered into force on July 16th, 1934, in accordance with articel 11.
  • Ceased to be in force on July 30th, 1963, in accordance with article 15 (4).
  • 1931年3月16日より30日までジュネーヴにて開催された欧州道路交通会議にて作成。
  • 第11条の規定に基づき、1934年7月16日発効
  • 第15条第4項の規定に基づき、1963年7月30日失効

CONVENTION CONCERNING THE UNIFICATION OF ROAD SIGNALS

(Geneva,1931)

道路信号の統一に関する条約

(ジュネーヴ,1931)

The High Contracting Parties,

Desiring to increase the safety of road traffic and to facilitate international road traffic by a uniform system of road signalling,

Have appointed as their Plenipotentiaries:

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Who, having produced their full powers, found in good and due form, have agreed upon the following provisions:

締約国は、

道路信号方式の統一体系を導入することによって道路交通の安全性が高まり、また、国際道路交通が活発化することを希望して、

次の者を全権代表に指名し、

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

その全権代表は、良好かつ妥当であると認められた自らの全権委任状を提示したうえで、以下の規定を協定した。

Article 1.

The High Contracting Parties adopt the international system of road signalling described in the annex to the present Convention and undertake to introduce it, or cause it to be introduced as soon as possible into their territories to which this Convention applies. For this purpose they will adopt the signs set out in the above-mentioned annex as and when new signs are set up or those now in existence are renewed. Signs which do not conform to the international system shall be completely replaced within a period not exceeding five years from the date of the coming into force of the present Convention in respect of each of the High Contracting Parties.

第1条

締約国は、この条約の附属書に述べる道路信号の国際的体系を採用し、この条約が適用される自国の領域に、できる限り速やかに、その体系を導入し又は導入せしめることを約束する。この目的のために、締約国は、道路標識を新たに設置し又は既存の道路標識を更新するときは、上記の附属書に規定する道路標識を採用する。上記の国際的体系と合致しない道路標識は、各締約国においてこの条約が発効する日より5年以内に完全に置き換えなければならない。

Article 2.

The High Contracting Parties undertake to replace, or cause to be replaced as soon as the present Convention comes into force, signs which, although they have the distinguishing features of a sign belonging to the international system, are used with a different meaning.

第2条

締約国は、この条約に定める国際的標識体系に属する標識と同種とみなせるような特徴を有するにもかかわらずそれとは異なる意味で使用されている標識があるときは、この条約の発効後できる限り速やかに、そのような標識を置き換え又は置き換えさせることを約束する。

Article 3.

1. The signs described and illustrated in the annex shall, as far as possible, be the only ones placed on the roads for the regulation of traffic.

第3条

1. 附属書に記述・図示されている標識以外のものは、可能な限り、交通規制のために道路上に設置されることがあってはならない。

2. Should it be necessary to introduce some other sign, it shall conform to the classes mentioned in the annex as regards its general shape and colour.

2. 附属書にあるもの以外の標識を導入する必要が生じたときは、それは、附属書に述べる種別に応じてその形状や色彩が適合するようなものにしなければならない。

Article 4.

1. The High Contracting Parties will prohibit the posting on a public highway of any boards or notices of a description which might be confused with the approved signs or make these more difficult to read. The High Contracting Parties will also, so far as in their power lies, prevent any such boards, or notices, from being placed in the vicinity of a public highway.

第4条

1. 締約国は、法定の標識と混同したり又は法定の標識を判読し難くする虞のある看板又は掲示板の類が公道に掲げられることを禁止する。締約国は、さらに、その権限の及ぶ範囲において、そのような看板又は掲示板の類が公道の近辺に設置されることがないようにする。

highway というのは、高速道路ではなく「公道」という意味 (British English) です。例えば、日本の「交通の教則」にあたるものは、英国では Highway Code といいます。

2. The High Contracting Parties, with a view to rendering the system of signals as efficacious as possible, will endeavour to limit the number of approved signs to such as may be strictly necessary.

2. 締約国は、標識・信号の体系をできる限り実効性のあるものとするために、法定の標識の種類の数を真に必要とされるものだけに限定するよう努力する。

3. The High Contracting Parties will prohibit any irrelevant notice from being affixed to an approved sign if in their opinion that notice is such as to obscure the sign or interfere with its character.

3. 締約国は、標識の意味を不明確にしたり又は標識の意図と相容れないと考えるような不適切な掲示板については、それを法定の標識に添えることを禁止する。

Article 5.

Should a dispute arise between any two or more High Contracting Parties concerning the interpretation or application of the provisions of the present Convention, and should such dispute not be settled directly between the Parties, it may be submitted to the Advisory and Technical Committee for Communications and Transit of the League of Nations, for any advisory opinion.

第5条

二以上の締約国の間でこの条約の規定の解釈又は適用に関して紛争が生じ、かつ、その紛争が関係当事国間の直接交渉により解決されないときは、国際連盟の通信交通に関する諮問・技術委員会に対して、その紛争に関しての勧告意見を求めることができる。

Article 6.

1. Any High Contracting Party may, at the time of signature, ratification or accession, declare that, in accepting the present Convention, he does not assume any obligations in respect of all or any of his colonies, protectorates and overseas territories, or territories under suzerainty or mandate; and the present Convention shall not apply to any territories named in such declaration.

第6条

1. 締約国は、この条約の署名、批准又は加入に際し、自国の植民地、保護領及び海外領土、又は自国が宗主権若しくは委任統治権をもつ領域のうちその全部又は一部について、この条約に基づく義務が波及しない旨を宣言することができる。この場合においては、この条約は、その宣言において指定された領域には適用されない。

2. Any High Contracting Party may give notice to the Secretary-General of the League of Nations at any time subsequently that he desires that the Convention shall apply to all or any of the territories which have been made the subject of a declaration under the preceding paragraph, and the Convention shall apply to all the territories named in such notice six months after its receipt by the Secretary-General.

2. 前項の宣言をした締約国は、その後いかなる時でも、前項の宣言によって条約不適用とした領域の全部又は一部についてもこの条約を適用する旨を国際連盟事務総長に通告することができる。この場合において、この条約は、事務総長が当該通告を受領した日より6箇月経過した後に当該領域において効力を有することとなる。

3. Any High Contracting Party may, at any time after the expiration of the period of eight years mentioned in Article 15 declare that he desires that the present Convention shall cease to apply to all or any of his colonies, protectorates and overseas territories, or territories under suzerainty or mandate and the Convention shall cease to apply to the territories named in such declaration one year after its receipt by the Secretary-General.

3. 締約国は、第15条 (第1項) にいう8年の期間が経過した後のいかなる時でも、自国の植民地、保護領及び海外領土、又は自国が宗主権若しくは委任統治権をもつ領域のうちその全部又は一部においてこの条約の適用を終了させる旨を宣言することができる。この場合は、事務総長が当該宣言を受領した日より1年を経過し時に、この条約は、当該宣言をされた領域において効力を失う。

4. The Secretary-General shall communicate to all the Members of the League of Nations and non-member States mentioned in Article 7, all declarations and notices received in virtue of this article.

4. 事務総長は、この条の規定に基づいて受領した宣言及び通告のすべてを、国際連盟の全加盟国及び第7条 (第2項) に掲げる非加盟国に通報する。

Article 7.

1. The present Convention, of which the French and English texts are both authentic, shall bear this day's date.

第7条

1. この条約は、仏文及び英文によるものをともに正本とし、本日の日付がこれに付されるものとする。

要するに、この条約に正確に言及するときは、Convention concerning the Unification of Road Signals of March 30th, 1931 とせよ (Geneva は、入れなくてもよい。) ということですね。

なお、蛇足ながら、日付における年月日の順序についてです。ラテン文字系言語の国では、月-日-年の順序の国 (米国系) と日-月-年の順序の国 (欧州系) の2通りがあり、現在の国連の公式文書では、本部がニューヨークにあるにも係らず (関係ないか?) 欧州式の日-月-年です。ところが、国際連盟の英文公式文書では、本部がジュネーヴにあった (しかも、米国は国際連盟に加盟していなかった) にも係らず、米国系の月-日-年でした (例えば、この条約を作成した会議のFinal Actを参照。ただし、仏文では、例えば1926年条約の本文にも見るように、欧州式でした。)。

2. Until September 30th, 1931, it may be signed on behalf of any Member of the League of Nations or non-member States represented at the Conference which drew up this Convention or to which the Council of the League of Nations shall have communicated a copy of the Convention for this purpose.

2. 国際連盟の加盟国又は非加盟国であってもこの条約を作成した国際会議に代表を派遣した国若しくは国際連盟理事会が署名のためにこの条約の謄本を送付した国は、1931年9月30日までは、この条約に署名することができる。

Article 8.

1. The present Convention shall be ratified.

第8条

1. この条約は、批准を必要とする。

2. The instruments of ratification shall be deposited with the Secretary-General of the League of Nations who shall notify their receipt to all the Members of the League of Nations and non-member States referred to in Article 7.

2. 批准書は、国際連盟事務総長に寄託され、事務総長は、その批准書を受領した旨を国際連盟の全加盟国及び第7条に掲げる非加盟国に通告する。

Article 9.

1. As from October 1st, 1931, the present Convention may be acceded to on behalf of any Member of the League of Nations or non-member State referred to in Article 7.

第9条

1. 1931年10月1日以降は、国際連盟の全加盟国及び第7条 (第2項) に掲げる非加盟国は、この条約に加入することができる。

2. The instruments of accession shall be transmitted to the Secretary-General of the League of Nations who shall notify their receipt to all the Members of the League of Nations and non-member States referred to in that article.

2. 加入書は、国際連盟事務総長に送付され、事務総長は、その加入書を受領した旨を国際連盟の全加盟国及び第7条 (第2項) に掲げる非加盟国に通告する。

Article 10.

Each High Contracting Party may render his ratification or accession conditional on the ratifications or accessions of any one or more Members of the League of Nations and non-member States named in the instrument of ratification or accession.

第10条

締約国は、批准又は加入にあたり、一又は複数の国際連盟加盟国又は非加盟国の名称を批准書又は加入書に記載して、自国の批准又は加入がその名称を記載した国の批准又は加入を条件とするものであるとすることができる。

Article 11.

The present Convention shall come into force six months after the receipt by the Secretary-General of the League of Nations of ratifications or accessions on behalf of five Members of the League of Nations or non-member States. No ratification or accession to which any conditions are attached in accordance with preceding article shall count for this purpose until those conditions are fulfilled.

第11条

この条約は、国際連盟の加盟国又は非加盟国であるかを問わず5箇国から批准書又は加入書を国際連盟事務総長が受領したとき、その5番目の受領日より6箇月経過した時に発効する。この場合において、前条の条件を付された批准又は加入でその条件が満足されていないものについては、5箇国の数の計算に算入しない。

Article 12.

Each ratification or accession received after the entry into force of the Convention shall take effect six months after its receipt by the Secretary-General of the League of Nations or six months after the fulfilment of the conditions attached to it in accordance with Article 10 as the case may be.

第12条

この条約の発効後になされた批准又は加入は、国際連盟事務総長がその批准書又は加入書を受領した日より6箇月経過した時から効力をもつ。ただし、第10条の条件が付されている場合には、その条件が満たされることとなった日より6箇月経過した時からとする。

Article 13.

Each High Contracting Party may at any time propose any alterations or additions which he may consider necessary in the Annex to the present Convention. The proposals shall be communicated to the Secretary-General of the League of Nations and by him to all the other High Contracting Parties, and if it is accepted by all the High Contracting Parties (including those High Contracting Parties which have deposited ratifications or accessions which have not yet become operative), the Annex to the present Convention shall be amended accordingly.

第13条

締約国は、必要と認めるときは、この条約の附属書の修正又はそれへの追加を提案することができる。当該提案は国際連盟事務総長に送付されるものとし、事務総長は、他の締約国すべてにそれを送付する。すべての締約国 (批准書又は加入書を寄託済であるが未発効の国も含む。) が当該提案を受け入れたときは、この条約の附属書は、当該提案に従って改正されたものとされる。

Article 14.

1. Revision of the present Convention may be requested by not less than three High Contracting Parties at any moment after it has been in force for a period of eight years.

第14条

1. この条約の発効後8年を経過した後は、いかなる時でも、三以上の締約国によるものであれば、この条約本則の改訂を要請することができる。

2. The request mentioned in the preceding paragraph shall be addressed to the Secretary-General of the League of Nations, who will notify the other High Contracting Parties and inform the Council of the League of Nations of the request made.

2. 前項の要請は、国際連盟事務総長に送付されるものとする。事務総長は、他の締約国に当該要請のあった旨を通告し、また、国際連盟理事会にその旨を報告する。

で、その改訂要請がどう処理されるのかという規定がないみたいです... ???

Article 15.

1. After the expiration of eight years from the date of its entry into force, the present Convention may be denounced by any High Contracting Party.

第15条

1. この条約の発効後8年を経過した後は、締約国は、この条約を廃棄することができる。

2. Denunciation shall be effected by a notification in writing addressed to the Secretary-General of the League of Nations who shall inform all the Members of the League of Nations and non-member States referred to in Article 7 of the denunciation made.

2. 前項の廃棄は、国際連盟事務総長に書面により通告されなければならない。事務総長は、この廃棄通告を国際連盟の全加盟国及び第7条 (第2項) に掲げる非加盟国に通知する。

3. The denunciation shall take effect one year after the date of its receipt by the Secretary-General and shall operate only in respect of the Member of the League or non-member State on whose behalf it has been made.

3. 前項に基づきなされた廃棄は、事務総長がその通告を受領した日より1年を経過した時に効力をもち、その範囲は通告をなした国に限定される。

4. If, as the result of simultaneous or successive denunciations, the number of the Members of the League or non-member States which are bound by the provisions of the present Convention is reduced to less than five, the Convention shall cease to be in force.

4. 廃棄が同時に又は相続いてなされることの結果としてこの条約の拘束を受ける国の数が五を下回ることとなったときは、この条約は失効する。

In faith whereof the above-mentioned Plenipotentiaries have signed the present Convention.

以上の証拠として、冒頭に掲げた全権代表は、この条約に署名した。

Done at Geneva, this thirtieth day of March, nineteen hundred and thirty-one, in a single copy, which shall remain deposited in the archives of the Secretariat of the League of Nations, and certified true copies of which shall be delivered to all the Members of the League and non-member States referred to in Article 7.

1931年3月30日にジュネーヴで本書一通を作成した。その原本は国際連盟事務局の文書保管部門に寄託され、その認証謄本が国際連盟の全加盟国及び第7条 (第2項) に掲げる非加盟国に配布される。

ANNEX

附属書

The international system of road signalling shall comprise the classes of signs described below. When the colours to be used are optional, it is understood that throughout each country they must always be the same for any one signal, save when used for an exceptional purpose.

道路標識の国際的な体系は、以下に述べるように分類された標識より成る。使用される色彩が随意とされている標識であっても、ある標識について一の国内において使用される色彩は、例外的な目的で使用される場合を除いて、その全域にわたって同一でなければならないと理解される。

I. Danger Signs.

Signs of this class must be triangular. Their purpose is to warn drivers of the approach of danger. They comprise:

I. 警戒標識

この種類の標識は、その形状を正三角形としなければならない。その目的は、運転者に危険が迫っていると注意を促すことにあり、次に掲げるとおりの標識より成る。

英文では三角形 (equilateral triangle) とはなっていませんが、表1の例示から判断してその意でしょうし、後記 (1) で言及される1926年の自動車交通に関する条約には「原則として正三角形」とあります。

後出で、full triangle というのがありますが、これは、「三角形の内部すべても含んでいる」の意です。

例えば circle (普通は「円」) というと、それはまるい曲線のみを指してその内部は含まれず、内部も含むときは disc (「円板」が普通でしょうね。) と言わなければなりません。(ただし、日本語では、「円」のみで disc を指すことも多いですが、その場合でも、正確さを気にするなら「中実の円」とでも言うべきでしょう。) ところが、三角形のときは、circle に相当する単語、すなわち3本の線分のみを指す triangle はあるのですが、その内部も含めた disc に相当する単語が (日英とも) ありません。そこで、内部も含めたものを full triangle と言っているわけです。訳としては、「円板」に合わせて、「三角形板」ということになるでしょうか。

なお、やはり後出ですが、三角形板 (full triangle) の中心部をくり抜いたものは、もはや full とは言えず、hollow triangle となります。訳だと、「三角形板をくり抜いたもの」でしょうね。

この警戒標識については、色彩の指定がありません。これは、この条約作成の時点では、国によって異なる色彩が使用されていたため、統一することができなかったためのようです (1929年報告書を参照)。

Table I. Danger Signs. 表1. 警戒標識

11_1

Uneven road.

路面悪し

21_2

Sharp turn.

急カーブ

31_3

Cross-road.

交差点

41_4

Guarded level-crossing.

遮断機付き踏切

51_5

Unguarded level-crossing.

遮断機なし踏切

61_6

Dangers other than those indicated by signs 1 to 5 of the present table.

図1から5までの標識が示すもの以外の危険

71_7

Alternative sign indicating danger, to be employed when atmospheric conditions do not permit of the use of a full sign.

警戒標識の別形で、完全なものが使用できない状況で使用する (中央白地の部分はくり抜き)

8 1_8

Sign concerning right-of-way.

優先関係に関する標識

注記: 1 から 5 までおよび 7 は、1926年の自動車交通条約で既に規定されている。

1 から 8 まですべてについて明暗も含めて色彩の指定はないが、7, 8 にある黒帯になっている周は、赤色を想定していると思われる (1929年報告書を参照)。

8 の「道を譲れ」標識は、1929年報告書の後の第7回会議で提案されたものです。

(1) Signs established by the International Convention relating to Road Traffic of April 24th, 1926 (figures 1 to 5 and 7, Table I).

(1) 1926年4月24日の自動車交通に関する国際条約において定められた標識 (表1中の1より5まで及び7)。

英文の Road Traffic (道路交通) は、おそらくは原文である仏文からの翻訳時のミスで、Motor Traffic (自動車交通) となるべきものです。

同じ24日に、RoadMotor単語のみ異なる2つの条約が作成されていますが、道路標識に言及されていたのは Motor Traffic の方です。

仏文では、それぞれ、 la circulation routière (道路交通) および la circulation automobile (自動車交通) ですが、実際に、この項 (1) の仏文は、国際連盟の文書 (見づらいですが、⇒ こちら) では、la circulation automobile となっています。

(2) A sign denoting other dangers than those referred to in paragraph 1 above. This sign consists of a full triangle with the point upwards, with a vertical bar in the middle (figure 6, Table I).

(2) 上記(1)に掲げたもの以外の危険を表示する標識。この標識は、正三角形の板でその一の頂点を上向きとし、中央に縦棒を置いたものとする (表1中の6)。

When a full sign cannot be used on account of atmospheric conditions, the triangle may be hollow. In this case, it need not have the vertical bar (figure 7, Table I).

設置場所の気象条件のため標識を完全な板 (中実板) にすることができないときは、正三角形板をくり抜いたもの (中空板) とすることができる。この場合は、縦棒を描く必要はない (表1中の7)。

The sign must be placed perpendicularly to the road at a distance of not less than 150 metres and not more than 250 metres from the obstacle, unless this is impossible on account of local conditions. When the distance between the sign and the obstacle is considerably less than 150 metres, special arrangements must be made.

この標識は、障害物等の危険な箇所の手前 150 m 以上、250 m 以下の地点に、道路と直角の向きに設置しなければならない。ただし、該当する場所での状況からこのような設置が不可能である場合には、この限りでない。危険箇所から設置地点までの距離が 150 m を著しく下回る場合には、設置方法に特段の配慮がなされていなければならない。

ここにある When a full sign ... および The sign must ... で始まる2つのパラグラフは、この条約附属書の文脈構造上は (2) の第2, 第3パラグラフであり、したがって、ここにある「中空可」および「150 m 以上、250 m 以下...」という規定は (2) の標識にのみ適用されるものです。しかし、(1) の標識については、その (1) で言及している1926年条約の第9条にこれらと同じ規定があります。つまり、「中空可」および「150 m 以上 250 m 以下」の規定は、(1), (2) に共通して、つまり1から6までの標識すべてに適用されるものです。(次の (3) にある 8には適用されません。8 は、適切な距離だけ手前です。)

(3) A sign for priority of passage (figure 8, Table I). This sign, consisting of a full triangle with the point downwards, informs the driver that he must give way to vehicles moving along the road to which he is coming. This sign must be placed at a suitable distance from the junction of the two roads to be decided by the special circumstances of each case.

(3) 通行の優先関係に係る標識 (表1中の8)。この標識は、正三角形の板でその一の頂点を下向きとし、これから到達する交差道路上を進行している車両に道を譲らなければならないことを運転者に知らせるものである。この標識は、個々の交差点の状況に応じて決定されるべき適切な距離だけ当該交差点の手前に離れた位置に設置しなければならない。

Signs placed in the immediate vicinity of level crossings (St. Andrew's Cross, etc.) to which the provisions of the Convention do not refer, are not affected by the preceding provisions.

これまでの規定は、前記の道路交通に関する国際条約において触れていない踏切の直前に設置される標識 (X 形の標識等。) に何ら制約を加えるものではない。

II. Signs Giving Definite Instructions.

Signs of this class must be circular. They indicate an order, which may be either in the nature of a prohibition or of an injunction, issued by the competent authorities.

II. 命令を指示する標識

この種類の標識は、その形状を円形としなければならない。その目的は、権限ある当局により出された命令 (これには、その性質上、禁止と義務との2種類がある。) を表示することにある。

Table II. Signs Giving Definite Instructions. 表2. 命令を指示する標識

Signs Prohibiting Passage. 禁止を表示する標識

12_1

Closed to all vehicles.

全車両通行禁止

22_2

One-way road or entry prohibited.

一方通行出口又は進入禁止

32_3

Motor vehicles prohibited.

自動車通行禁止

42_4

Motor cycles prohibited.

自動二輪車通行禁止

52_5

All motor vehicles prohibited.

動力車両通行禁止

62_6

Weight limit.

重量制限

72_7

Motor vehicles weighting over five and a half tons prohibited.

重量5.5トンを超える自動車通行禁止

82_8

Maximum speed.

最高速度

92_9

Waiting prohibited.

待機禁止

102_10

Parking prohibited.

駐車禁止

Signs Indicating an Obligation. 義務を表示する標識

112_11

Direction to be followed.

進行方向指定

122_12

Stop near customs house.

通関事務所につき一時停止

注記: 色彩については、11以外の赤色、9, 11以外の内部の白色 (淡黄色でもよい) 及び9の内部の青色が指定されている。

A. Signs Prohibiting Passage.

For these signs, the colour red must clearly predominate and must be used so as to bring into relief the general contour of the sign. The other colours to be used are optional except in the following cases.

A. 禁止を表示する標識

この種類の標識では、色彩は、赤色が明らかに支配的であるようにして、標識の輪郭を浮かび上がらせるようになっていなければならない。赤色以外に使用する色彩は、以下でそれに言及する場合は除いて、随意とする。

この A. にあるのは禁止の標識で、その様式は、以下にあるように、「赤色の円板の中央に記号を描くことにし、その記号部分の下地は白色で丸く塗る。」ですが、これは、1929年報告書に2種類掲げられた様式を足して2で割ったようなものと言えます。

現行 (1968年標識条約) の様式である「白色の円板の周を赤色で太く (wide red border) 塗る (さらに、場合によっては赤色の斜め帯も引く)。」と同じことを違う表現にしているだけのようにも読めますが、表2に見るように、また、次のパラグラフにもあるように、全体としての雰囲気は現行のものとはだいぶん異なります。

タイトルは、直訳すれば「通行禁止の標識」ですが、表2の 8 以降 (下記では (e) 以降) は「通行禁止」とは言えませんので、上記のように訳しました。 仏文版のタイトルは Signaux Marquant une Interdiction となっていて、おそらく仏文版がオリジナルでしょうから、英訳がおかしいと言うべきでしょう。B. とも対比すれば、Signs Indicating a Prohibition とすべきでしょうね。

(a) Road closed to all vehicles: A red disc with a round white or pale yellow centre (figure 1, Table II).

(a) 全車両通行禁止: 赤色の円板とし、その中心を白色又は淡黄色で丸く塗りつぶす (表2中の1)。

(b) One-way road or entrance prohibited: A red disc with a white or pale yellow horizontal bar (figure 2, Table II).

(b) 一方通行 (出口) 又は「進入禁止」: 赤色の円板とし、その中に白色又は淡黄色の棒を水平に描く (表2中の2)。

(c) Passage prohibited for certain classes of vehicles: The sign (a) above is to be used but must indicate, by means of a suitable figure placed in the white or pale yellow centre, the class of vehicle to which prohibition refers (figures 3 to 5, Table II).

(c) 車種別の車両通行禁止: 上記の標識 (a) を使用し、禁止の対象となる車種をその中心にある白色又は淡黄色の部分に適切な絵文字を描くことによって表示する (表2中の3から5まで)。

(d) Weight-limit: In order to prohibit the passage of vehicles exceeding a certain weight, a figure expressing the weight-limit in tons must be inscribed on the white or pale yellow centre of signs (a) or (c) above (figures 6 and 7, Table II).

(d) 重量制限: ある値を超える重量の車両の通行を禁止するためには、制限重量値をトンで表示した数字を上記の標識 (a) 又は (c) の白色又は淡黄色の中心部分に記入しなければならない (表2中の6及び7)。

(e) Speed-limit: In order to prohibit driving in excess of a certain speed-limit, the figure expressing this limit in kilometres (miles) per hour must be inscribed on the white or pale yellow centre of sign (a) above (figure 8, Table II).

(e) 速度制限: ある値を超える速度での運転を禁止するためには、その制限速度を毎時のキロメートル (又はマイル) で表示した数字を上記の標識 (a) の白色又は淡黄色の中心部分に記入しなければならない (表2中の8)。

(f) Waiting prohibited: This sign shows that waiting is prohibited at the side of the public road where it is placed. The centre of the disc must be blue, surrounded by a wide red border with a diagonal red stroke (figure 9, Table II). It may bear inscriptions giving information as to the hours during which waiting is prohibited, etc.

(f) 待機禁止: この標識は、道路のこの標識が設置されている側では車両を待機状態にしておくことが禁止されていることを示す。標示板円板の中央部は青色で、幅広の赤色の周で囲まれ、赤色の斜め帯が入っていなければならない (表2中の9)。この標識には、待機が禁止される時間その他の事項についての表記があってもよい。

(g) Parking prohibited: Red disc with circular centre in white or pale yellow bearing the letter P, with a diagonal red stroke (figure 10, Table II).

(g) 駐車禁止: 赤色の円板とし、その中心を白色又は淡黄色にて白く塗りつぶして P という文字を書き込み、さらに、赤色で斜線を引く (表2中の10)。

ここでは「待機」及び「駐車」と訳しましたが、waitpark との意味の違いは、よくわかりません。1929年報告書の外務省訳では双方とも「駐車」とされていますが、ニュアンスとしては、wait の方がより広義 (現在の「停車」も一部含まれる) であるようです。

現在 (1968年標識条約) では、(f) の Waiting prohibited 標識が「駐車禁止」標識になっており、(g) のParking prohibited 標識は使われていません。

B. Signs Indicating an Obligation.
B. 義務を表示する標識

(h) Direction to be followed: This sign shows, by means of an arrow, the direction to be followed by vehicles in accordance with regulations (figure 11, Table II). The choice of colours is optional, provided that red shall never predominate. That colour should be entirely excluded if the ground of the disc is blue (in order to avoid any confusion with signal (f) above).

(h) 進行方向指定 (指定方向外進行禁止): この標識は、交通規制により車両が進行してもよい方向が限定されているとき、その進行方向を矢印により表示するものである (表2中の11)。色彩をいかに選択するかは随意とするが、赤色が支配的であってはならない。円板の地色を青色とするときは、上記の標識 (f) と混同することを避けるため、赤色を一切使用してはならない。

(i) Stop near a Customs-house: This sign indicates the presence of a Customs-house, in the vicinity, at which the traveller has to stop.

(i) 通関事務所につき一時停止: 直近の場所に通関事務所があり、そこで旅行者は停止しなければならないことを表示する標識である。

The sign is a red disc with round centre of white or pale yellow with a dark horizontal stroke. The word Customs must appear on the disc in the languages of the frontier countries or at any rate in the language of the country in which the sign is placed (figure 12, Table II).

この標識は、赤色の円板の中心を白色又は淡黄色で円状に塗りつぶし、その塗りつぶされた円内に濃色の横棒を描く。標識の円板上には、「通関」という意味の単語が周辺国の言語で、少なくとも当該標識の設置場所が属する国の言語で、記載されていなければならない (表2中の12)。

III. Signs Giving Indications Only.

Signs of this category should be rectangular in shape. The choice of colours is optional, it being understood that the colour red should never predominate.

III. 表示の意味しかない (規制とは無関係な) 標識

この種類の標識は、その形状を矩形であるべきとする。色彩の選択は随意とするが (一部は指定されています。)、赤色が支配的なものであってはならない。

Table III. Signs Giving Only One Indication. 表3. 表示の意味しかない標識

1 3_1

Sign indicating authorised parking place.

駐車許可場所を示す標識

2 3_2

Sign recommending caution.

注意喚起の標識

4 3_4   5 3_5

Place sign and direction sign.

現在地を示す標識及び目的地の方向を示す標識

3 3_3   3bis 3_3.2

Signs showing place at which a first-aid station can be found. (as an example)

救急施設の所在を示す標識 (例示)

注記: 色彩が指定されているのは、1の地色 (青色)、2, 3, 3bis の中央部 (白色又は淡黄色) 及び3, 3bis の周 (白色) のみ。

2, 3, 3bis にある この地色 は、暗色と指定されているもの。

4, 5には、明暗も含めて色彩の指定はない。

なお、3bis は赤新月 (Red Crescent; イスラム圏で赤十字 (Red Cross) に代えて使われているもの) のつもりでしょうが、左右反転になっています (ミスだと思います)。例示であって、「こうせよ」ではないですからまあいいんですが...、現在なら、ひと悶着ありそうな...。

(a) Sign indicating authorised parking-place: This sign shows the place where vehicles may be parked. Rectangular plate, blue for choice, bearing the letter P. It may also have inscriptions giving further information such as the period during which parking is allowed (figure 1, Table III).

(a) 駐車が許可されている場所を表示する標識: この標識は、駐車が認められている場所を示す。矩形の標示板を青色に塗り、P という文字を書き込んだものとする。この標識には、さらに、駐車制限時間その他の事項を記入してもよい (表3中の1)。

(b) Sign recommending caution: This sign shows that drivers of vehicles must take particular care by reason of the danger which may be caused to other users of the road (for instance, when approaching a school, a factory, etc.).

(b) 注意喚起の標識: この標識は、車両の運転者に対し、他の道路使用者に危険を及ぼす虞がある (例えば、学校、工場その他の施設に接近している場合。) ため特に注意をしなければならない旨を示すものである。

The sign consists of a rectangle, the body of which is of a dark colour, on which is shown a white or pale yellow equilateral triangle (figure 2, Table III).

この標識は、暗色に塗られた矩形の板とし、その上に白色又は淡黄色で正三角形を描いたものとする (表3中の2)。

The purport of the sign may be shown by a notice in writing or a figure.

注意内容として意味するところは、その旨の掲示又は絵文字により示すことができる。

(c) Sign showing place at which a first-aid station can be found: This sign indicates that there is a first-aid station in the neighbourhood, organised by an officially recognised association. It is recommended that it should consist of a rectangle, the shorter (horizontal) side of which should measure two-thirds of the longer side, the body of the plate being of a dark colour, surrounded by a white stripe, and the centre of the plate bearing an appropriate emblem within a white square, the sides of which are not less than 0.30 metre in length (see, as an example, figures 3 and 3bis, Table III).

(c) 救急施設の所在を表示する標識: この標識は、公的に認可された組織による応急施設がその近辺にあることを表示する。標示板として勧告されるものは、その形状を短辺 (水平方向とする。) の寸法が長辺の寸法の 3分の2 である矩形とし、その地を暗色で塗装して周を白色の帯で囲み、その中心に一辺の長さを 0.30 m 以上とする正方形を白色で塗りつぶして置き、その正方形の中に適切な紋章を描いたものとする (一例として、表3中の3及び3の2を見よ。)。

(d) Place or direction signs: These signs either indicate a place or else the direction of one or more places with or without specifying the distance. When they indicate direction, one of the shorter sides of the rectangle may be replaced by an arrow-head (see as an example figures 4 and 5, Table III).

(d) 現在地又は目的地の方向を表示する標識: この標識は、現在地を表示するか、又は、ある目的地への方向 (その地点までの距離も表示する場合もしない場合もある。) を表示するものである。目的地の方向を表示する標識では、矩形の標示板の短辺の一方を矢の先頭状に変形させてもよい (一例として、表3中の4及び5を見よ。)。

Participants (in order of the dates of ratifications/accessions)

国名署名批准・加入書寄託日廃棄通告日1949年標識議定書の批准・加入
Monaco1932/1/191953/5/181951/9/25
Portugal1932/4/181957/6/61957/2/15
Spain1933/7/181958/2/281958/2/13
Italy1933/9/251953/5/291952/12/15
Netherlands1934/1/161952/12/261952/9/19
Poland1934/4/51958/10/291958/10/29
France1934/10/111954/10/191954/8/18
Switzerland1934/10/19
Romania1935/6/191961/5/261961/1/26
(Algeria)1935/7/22
Union of Soviet Socialist Republics1935/7/231961/4/261959/8/17
Luxembourg1936/4/91954/11/301952/10/17
Austria?1936/8/211956/5/21955/11/2
Turkey1936/10/15
Hungary1937/1/81962/7/301962/7/30
Sweden1938/2/251952/3/311952/2/25
Latvia1939/1/10(1940年ソ連に併合)
(Netherlands India)1940/1/29
Egypt1940/6/101957/5/28
Belgium1954/4/23
Czechoslovakia1950/11/3
Free City of Danzig(1939年ドイツに併合)
Denmark1959/7/1
Germany
Yugoslavia1956/10/8