修正 2008/01/07
Valid HTML 4.01 Strict

1949年にジュネーヴで作成された道路交通に関する条約の附属書です。本則はこちらのページにあります。簡単な説明を本則ページの冒頭にしてありますので、まずそこをお読みになってください。

ANNEXES to the CONVENTION ON ROAD TRAFFIC (Geneva,1949) 道路交通に関する条約 (ジュネーブ,1949) 附属書

Annex 1. Additional provision concerning definitions of motor vehicle and cycle

附属書1. 自動車及び自転車の定義に関する追加規定

Cycles fitted with an auxiliary internal combustion engine having a maximum cylinder capacity of 50 cm3 (3.05 cu. in.) shall not be considered as motor vehicles, provided that they retain all the normal characteristics of cycles with respect to their structure.

総排気量 50 cm3 (3.05立方インチ) 以下の内燃機関を補助エンジンとして装備する自転車は、その構造において自転車のすべての本来の特性を保有する限り、自動車と認めないものとする。

附属書1については、各加盟国が採用拒否することを認めています (本則第2条)。各加盟国の採否状況は、こちらの表をご覧ください。

Supplement to Annex 1 by the European Agreement:

Cycles fitted with an auxiliary motor will not be considered as motor vehicles provided that they have the normal characteristics of bicycles as to their performance.

欧州協定による附属書1への補足:

補助動力を備えた自転車は、その性能が通常の自転車の特質を有するものである限りにおいて、自動車とはみなさない。

Annex 2. Priority of passage

附属書2. 優先通行権

1. When any two vehicles are simultaneously approaching a road intersection by roads of which one does not enjoy priority over the other, the vehicle approaching from the left in countries where the direction of traffic is on the right, and from the right in countries where the direction of traffic is on the left, shall yield the right of way to the other vehicle.

1. 二の車両が、いずれの一方の道路も他方の道路に対して優先権を有しない二の道路から、同時に接近したときは、右側通行の国にあつては左方から接近する車両は、左側通行の国にあつては右方から接近する車両は、他方の車両を優先させなければならない。

2. The right of priority shall not necessarily apply in the case of tramcars and trains on roads.

2. 優先権は、路面電車及び道路上の列車には、適用しないことがある。

附属書2についても、各加盟国が採用拒否することを認めています (本則第2条)。各加盟国の採否状況は、こちらの表をご覧ください。

Annex 3. Registration number of vehicles in international traffic

附属書3. 国際交通における車両の登録番号

1. The registration number of a vehicle shall consist either of figures or of figures and letters. The figures shall be in Arabic numerals as used in United Nations documents and the letters in Latin characters. When other numerals or characters are used, they shall be repeated in the numerals or characters of the types mentioned above.

1. 車両の登録番号は、数字又は数字及び文字から成るものとする。数字は、国際連合の文書に使用されるアラビア数字とし、文字は、ラテン文字とする。他の数字又は文字を使用するときは、前記の数字又は文字による表示を添えるものとする。

日本のナンバープレートは、この基準にあっていません。したがって日本で登録した車両の国外での使用は、たとえ附属書4の識別記号をつけても、不可ということになります。ここの規定に合った海外渡航用のナンバーに付け替える必要があります。

1968年条約では、ほぼ同じ基準ですが、文字がラテンの文字に限定されるようになりました。

2. The number shall be legible in normal daylight at a distance of 20 m (65 feet).

2. 登録番号は、晴天の昼間において 20 m (65フィート) の距離から識別することができるものでなければならない。

3. When the registration number is displayed on a special plate, this plate shall be fixed in a vertical or nearly vertical position and in a plane perpendicular to the longitudinal axis of the vehicle itself. When the number is fixed to or painted on the vehicle itself, this shall be done on a vertical or nearly vertical surface at the back of the vehicle.

3. 登録番号を特定の標板上に表示するときは、この標板は、車両の中心面に対して直角となるように、鉛直の又は鉛直に近い状態で固定しなければならない。登録番号を車両自体に固定し又は塗書するときは、その番号は、車両の後面の鉛直の又は鉛直に近い表面に固定し又は塗書しなければならない。

4. The rear registration number shall be illuminated as prescribed in Annex 6.

4. 後面の登録番号は、附属書6に定めるとおりに照明しなければならない。

Annex 4. Distinguishing sign of vehicles in international traffic

附属書4. 国際交通における車両の識別記号

1. The distinguishing sign shall be composed of one to three letters in capital Latin characters. The letters shall have a minimum height of 80 mm (3.1 in.) and their strokes a width of 10 mm (0.4 in.). The letters shall be painted in black on a white ground of elliptical form with the major axis horizontal.

1. 識別記号は、三字以内のラテン大文字から成るものとする。文字は、縦の長さが少なくとも 80 mm (3.1インチ)、太さが少なくとも 10 mm (0.4インチ) のものとする。文字は、横長の楕円型の白地に黒色で塗書するものとする。

2. If the distinguishing sign is composed of three letters, the dimensions of the ellipse shall be at least 240 mm (9.4 in.) in width and 145 mm (5.7 in.) in height. The dimensions may be reduced to 175 mm (6.9 in.) in width and 115 mm (4.5 in.) in height if the sign carries less than three letters.

2. 識別記号が三字から成るときは、楕円の大きさは、横の長さが少なくとも 240 mm (9.4インチ)、縦の長さが少なくとも 145 mm (5.7インチ) のものとする。識別記号の文字が三字より少ないときは、楕円の大きさは、横の長さが少なくとも 175 mm (6.9インチ)、縦の長さが少なくとも 115 mm (4.5インチ) のものとする。

As regards the distinguishing signs for motorcycles, the dimensions of the ellipse, whether the sign is composed of one, two or three letters, may be reduced to 175 mm (6.9 in.) in width and 115 mm (4.5 in.) in height.

二輪の自動車の識別記号については、楕円の大きさは、識別記号が一字、二字又は三字のいずれから成る場合にも、横の長さが少なくとも 175 mm (6.9インチ)、縦の長さが少なくとも 115 mm (4.5インチ) のものとする。

3. The distinctive letters for the different States and territories are as follows:

3. 各国及び各領域の識別記号は、次のとおりとする。

AUSAustraliaオーストラリア
AAustriaオーストリア
BBelgiumベルギー
CBBelgian Congoベルギー領コンゴ
BGBulgariaブルガリア
RCHChileチリ
CSCzechoslovakiaチェッコスロヴァキア
DKDenmarkデンマーク
FFranceフランス
FAlgeria, Tunis, Morocco, French Indiaアルジェリア、テュニス、モロッコ、フランス領インド
SASaarザール
INDIndiaインド
IRIranイラン
ILIsraelイスラエル
IItalyイタリア
RLLebanonレバノン
LLuxembourgルクセンブルグ
NLNetherlandsオランダ
NNorwayノールウェー
PIPhilippinesフィリピン
PLPolandポーランド
SSwedenスウェーデン
CHSwitzerlandスイス
TRTurkeyトルコ
ZAUnion of South Africa南アフリカ連邦
GBUnited Kingdom連合王国
GBAAlderneyオールダニー
GBGGuernseyガーンジー
GBJJerseyジャージー
ADNAdenアデン
BSBahamasバハマ
BLBasutolandバストランド
BPBechuanalandベチュアナランド
BHBritish Honduras英領ホンデュラス
CYCyprusサイプラス
WAGGambiaガンビア
GBZGibraltarジブラルタル
WACGold Coastゴールド・コースト
HKHong Kong香港
JAJamaicaジャマイカ
JOJohoreジョホール
KDKedahケダー
KLKelantanケランタン
EAKKenyaケニア
SSLabuanラブアン
SSMalaccaマラッカ
FMMalaya (Negri Sembilan, Pahang, Perak, Selangor)マラヤ (ネグリ・センビラン、パハン、ペラク、セランゴール)
GBYMaltaマルタ
MSMauritiusモーリシアス
WANNigeriaナイジェリア
NRNorthern Rhodesia北ローデシア
NPNyasalandニアサランド
SSPenangペナン
PSPerlisペルリス
SSProvince Wellesleyウェルズレー州
SYSeychellesセイシェル
WALSierra Leoneシエラ・レオーネ
SPSomalilandソマリランド
SRSouthern Rhodesia南ローデシア
SDSwazilandスワジランド
EATTanganyikaタンガニイカ
TUTrengganuトレンガヌ
TDTrinidadトリニダッド
EAUUgandaウガンダ
Windward Islandsウィンドワード諸島
WGGrenadaグレナダ
WLSt Luciaセント・ルシア
WVSt Vincentセント・ヴィンセント
EAZZanzibarザンジバル
USAUnited States of Americaアメリカ合衆国
YUYugoslaviaユーゴースラヴィア

背景が着色されているところは、その上にある国の植民地です (本則第28条を参照。)。この条約ができたのがいまだ『大英帝国』の存在したころのことであるのがよくわかります。

ただし、英国部分最初の3箇所は、少し違います。これらは、Channel Islands (海峡諸島) と呼ばれており、英仏海峡の大陸 (ノルマンディー) からすぐのところにある島々です。地理的に見て本来なら仏領たるべきことは明らかで、実際ノルマンディーの一部だったのですが、そのノルマンディーの領主 (Duke of Normandy) が1066年に (前国王から王権の禅譲を受けたとして) 英国に侵入、新国王 (→ William I; 現在の英王朝の祖とされている。) となった時、手土産に持って来た島々ということらしく、したがって、植民地とはみなされていません。むしろ、大ブリテイン島が海峡諸島の植民地と言うべきかもしれません。興味のある方は、1066 Hastings で検索してみてください。

DJ とは、この条約作成時点では、未使用です。D については、1926年の条約でドイツに割り当てられていたので除外されたのでしょうが、J については、日本への配慮があったのでしょうか。(日本は、1926年条約には参加していませんし、また、識別記号に何か希望があるかという照会もあったのですが、それにも回答していないようです。)

Any State which has not already done so shall on signature or ratification of, or accession to, this Convention, notify the Secretary-General of the distinctive letters selected by that State.

識別記号をまだ通告していない国は、この条約の署名若しくは批准又はこれへの加入に際し、自国が選択した識別記号を国際連合事務総長に通告するものとする。

というわけで、日本は J です。

4. When the distinguishing sign is carried on a special plate this plate shall be fixed in a vertical or nearly vertical position and in a plane perpendicular to the longitudinal axis of the vehicle itself. When the sign is fixed to or painted on the vehicle itself, this shall be done on a vertical or nearly vertical surface at the back of the vehicle.

4. 識別記号を特定の標板上に表示するときは、この標板は、車両の中心面に対して直角となるように、鉛直の又は鉛直に近い状態で固定しなければならない。識別記号を車両自体に固定し又は塗書するときは、その記号は、車両の後面の鉛直の又は鉛直に近い表面に固定し又は塗書しなければならない。

Annex 5. Identification marks of vehicles in international traffic

附属書5. 国際交通における車両の証明記号

1. The identification marks shall comprise:

1. 証明記号は、次のものから成る。

(a) in the case of a motor vehicle:

(a) 自動車については、

(i) the name or the trade mark of the maker of the vehicle,

(i) 車両の制作者の名称又は商標

(ii) on the chassis or, in the absence of a chassis, on the body, the maker's identification or serial number,

(ii) 車台又は車体 (車台のない場合) につけた製作番号又は制作者の一連番号

(iii) on the engine, the maker's engine number if such a number is placed thereon by the maker,

(iii) 制作者が原動機に製作番号をつけるときは、その製作番号

(b) in the case of a trailer, either the information referred to in (i) and (ii) above or an identification mark issued for the trailer by the competent authority.

(b) トレーラについては、(a)(i) 及び (ii) に掲げる事項又は権限のある当局が当該トレーラに付与した証明記号

2. The marks mentioned above shall be placed in accessible positions and shall be in a form easily legible and not capable of being easily removed or altered.

2. 前記の証明記号は、見やすい場所につけられなければならず、また、識別が容易であり、かつ、容易に消し又は改変することができないものでなけばならない。

Annex 6. Technical conditions concerning the equipment of motor vehicles and trailers in international traffic

附属書6. 国際交通における自動車及びトレーラの装置に関する技術上の条件

I. Braking

(a) Braking of motor vehicles other than motor cycles with or without sidecars

I. 制動装置

(a) 二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) 以外の自動車の制動装置

Every motor vehicle shall be equipped with brakes capable of controlling the movement of and of stopping the vehicle in an efficient, safe and rapid way under any conditions of loading on any up or down gradient on which the vehicle is operated.

自動車は、これを運行する上り又は下りの坂道において、いかなる積載状態においても有効に、安全に、かつ、迅速にその走行を制御し、及びこれを停止させることができる制動装置を備えなければならない。

The braking shall be operated by means of two devices so constructed that, in the event of failure of one of the braking devices, the other shall be capable of stopping the vehicle within a reasonable distance.

制動装置は、一方の装置が作用しないときに他方の装置により妥当な距離内において車両を停止させることができる構造の二系統の装置により操作されるものでなければならない。

For the purpose of this Annex, one of these braking devices will be called the service brake and the other one the parking brake.

この附属書の適用上、これらの制動装置の一方を「常用制動装置」、他方を「駐車用制動装置」という。

The parking brake shall be capable of being secured, even in the absence of the driver, by direct mechanical action.

駐車用制動装置は、運転者が不在の場合にも、機械的作用のみによつて、作動した状態に保持されることができるものでなければならない。

Either means of operation shall be capable of applying braking force to wheels symmetrically placed on each side of the longitudinal axis of the vehicle.

いずれの制動装置も、車両の中心面の両側の対称な位置に取りつけられた車輪に制動力を及ぼすことができるものでなければならない。

The braking surfaces shall always be connected with the wheels of the vehicle in such a way that it is not possible to disconnect them otherwise than momentarily by means of a clutch, gear box or free wheel.

制動面は、クラッチ、ギヤ・ボックス又はフリー・ホィールにより瞬間的に分離される場合以外は分離されることができない方式により、常に車輪と接続させておかなければならない。

One at least of the braking devices shall be capable of acting on braking surfaces directly attached to the wheels of the vehicle or attached through parts not liable to failure.

制動装置の少なくとも一方は、車輪に直接に取りつけられ、又は制動装置の機能を損ずるおそれのない部分を通じて取りつけられている制動面に作用することができるものでなければならない。

(b) Braking of trailers

Every trailer having a permissible maximum weight exceeding 750 kg (1,650 lbs.) shall be equipped with at least one braking device acting on wheels placed symmetrically on each side of the longitudinal axis of the vehicle and acting on at least half the number of wheels.

(b) トレーラの制動装置

許容最大重量が 750 kg (1,650ポンド) をこえるトレーラは、車両の中心面の両側の対称な位置に取りつけられた車輪に作用し、かつ、半数以上の車輪に作用する少なくとも一系統の制動装置を備えなければならない。

The provisions of the preceding paragraph shall be required, however, in respect of trailers if the permissible maximum weight does not exceed 750 kg (1,650 lbs.) but exceeds one-half of the unladen weight of the drawing vehicle.

この規定は、許容最大重量が、750 kg (1,650ポンド) をこえないが、牽引する車両の空車状態における重量の2分の1をこえるトレーラにも適用する。

The braking device of trailers with a permissible maximum weight exceeding 3,500 kg (7,700 lbs.) shall be capable of being operated by applying the service brake from the drawing vehicle. When the permissible maximum weight of the trailer does not exceed 3,500 kg (7,700 lbs.) its braking device may be brought into action merely by the trailer moving upon the drawing vehicle (overrun braking).

許容最大重量が 3,500 kg (7,700ポンド) をこえるトレーラの制動装置は、牽引する車両の常用制動装置を操作することにより作用させることができるものでなければならない。許容最大重量が 3,500 kg (7,700ポンド) をこえないトレーラの制動装置は、牽引する車両にそのトレーラが接近することにより作用するもの(慣性制動装置)とすることができる。

The braking device of the trailer shall be capable of preventing the rotation of the wheels when the trailer is uncoupled.

トレーラの制動装置は、そのトレーラが連結を解かれているときに車輪の回転を防止することができるものでなければならない。

Any trailer equipped with a brake shall be fitted with a device capable of automatically stopping the trailer if it becomes detached whilst in motion. This provision shall not apply to two-wheeled camping trailers or light luggage trailers whose weight exceeds 750 kg (1,650 lbs.) provided that they are equipped in addition to the main attachment with a secondary attachment which may be a chain or a wire rope.

制動装置を備えるトレーラは、走行中に分離したときにそのトレーラを自動的に停止させることができる装置を備えなければならない。この規定は、二輪の宿営用トレーラ又は重量が 750 kg (1,650ポンド) をこえる貨物用の軽量のトレーラで、主連結装置のほかに鎖又はワイヤ・ロープの副連結装置を備えるものには、適用しない。

(c) Braking of articulated vehicles and combinations of motor vehicles and trailers
(c) 分節車両及び自動車とトレーラとの連結車両の制動装置
(i) Articulated vehicles

The provisions of paragraph (a) of this Part shall apply to every articulated vehicle. A semi-trailer having a permissible maximum weight exceeding 750 kg (1,650 lbs.) shall be equipped with at least one braking device capable of being operated by applying the service brake from the drawing vehicle.

(i) 分節車両

(a)の規定は、分節車両にも適用する。許容最大重量が 750 kg (1,650ポンド) をこえるセミトレーラは、牽引する車両の常用制動装置を操作することにより作用させることができる少なくとも一系統の制動装置を備えなければならない。

The braking device of the semi-trailer shall, in addition, be capable of preventing the rotation of the wheels when the semi-trailer is uncoupled.

セミトレーラの制動装置は、さらに、そのセミトレーラが連結を解かれているときに車輪の回転を防止することができるものでなければならない。

When required by domestic regulations a semi-trailer equipped with a brake shall be fitted with a device capable of stopping automatically the semi-trailer if it becomes detached whilst in motion.

国内法令により要求されるときは、制動装置を備えるセミトレーラは、走行中に分離したときにそのセミトレーラを自動的に停止させることができる装置を備えなければならない。

(ii) Combinations of motor vehicles and trailers

Every combination of a motor vehicle and one or more trailers shall be equipped with brakes capable of controlling the movement of and of stopping the combination in an efficient, safe and rapid way under any conditions of loading on any up or down gradient on which it is operated.

(ii) 自動車とトレーラとの連結車両

自動車と一又は二以上のトレーラとの連結車両は、これを運行する上り又は下りの坂道において、いかなる積載状態においても有効に、安全に、かつ、迅速にその走行を制御し、及びこれを停止させることができる制動装置を備えなければならない。

(d) Braking of motor cycles with or without sidecars

Every motor cycle shall be equipped with two braking devices which may be operated by hand or foot, capable of controlling the movement of and of stopping the motor cycle in an efficient, safe and rapid way.

(d) 二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) の制動装置

二輪の自動車は、手又は足によつて操作することができ、有効に、安全に、かつ、迅速にその走行を制御し、及びこれを停止させることができる二系統の制動装置を備えなければならない。

II. Lighting

II. 燈火装置

(a) Every motor vehicle other than a motor cycle with or without sidecar and capable of exceeding 20 km (12 miles) per hour on the level shall be equipped with at least two white or yellow driving lights, fitted in front, capable of adequately illuminating the road for a distance of 100 m (325 feet) in front of the vehicle at night time in clear weather.

(a) 二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) 以外の自動車で平たん地における速度が 20 km (12マイル) 毎時をこえることができるものは、晴天の夜間においてその前方の道路を 100 m (325フィート) の距離まで十分に照明することができる少なくとも二個の白色又は黄色の走行燈を前面に備えなければならない。

(b) Every motor vehicle other than a motor cycle with or without sidecar and capable of exceeding 20 km (12 miles) per hour on the level shall be equipped with two white or yellow passing lights fitted at the front of the vehicle and capable when necessary of adequately illuminating the road at right in clear weather in front of the vehicle for a distance of 30 m (100 feet) without causing glare or dazzle to other road users whatever the direction of the traffic may be.

(b) 二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) 以外の自動車で平たん地における速度が 20 km (12マイル) 毎時をこえることができるものは、晴天の夜間においてその前方の道路を 30 m (100フィート) の距離まで、他の道路使用者 (交通の方向のいかんを問わない。) を眩惑させることなく、必要に応じ十分に照明することができる二個の白色又は黄色のすれ違い燈を前面に備えなければならない。

Passing lights shall be used instead of driving lights in all cases when the use of lights causing no dazzle or glare is necessary or compulsory.

すれ違い燈は、他の道路使用者を眩惑させることのない照明が必要とされ又は義務づけられるすべての場合において、走行燈の代わりに使用しなければならない。

これら(a), (b)から、自動車のヘッドライトは、次のような名前になっています。

  • driving light = 走行燈 = いわゆるハイビーム
  • passing light = すれ違い燈 = いわゆるロービーム

パッシング (ライト) という言葉を別の意味に使う人が多いですが、やめるべきでしょうね。 なお、現行の保安基準では、「走行用前照灯、すれ違い用前照灯」とされています。

(c) Every motor cycle with or without sidecar shall have at least one driving light and one passing light conforming to the provisions of (a) and (b) of this Part. However, motor cycles with an engine of a maximum cylinder capacity of 50 cm3 (3.05 cu. in.) may be excluded from this obligation.

(c) 二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) は、(a)及び(b)の規定にそれぞれ適合する少なくとも一個の走行燈及び一個のすれ違い燈を備えなければならない。ただし、総排気量が 50 cm3 (3.05立方インチ) 以下の原動機を有する二輪の自動車については、この義務を免除することができる。

(d) Every motor vehicle other than a motor cycle without sidecar shall be equipped with two white position (side) lights at the front. These lights shall be clearly visible at night time in clear weather at a distance of 150 m (500 feet) from the front of the vehicle without causing any glare or dazzle to other road users.

(d) 二輪の自動車 (側車付きのものを除く。) 以外の自動車は、二個の白色の車幅燈を前面に備えなければならない。これらの車幅燈は、晴天の夜間においてその前方 150 m (500 フィート) の距離から確認することができるものでなければならず、他の道路使用者を眩惑させないものでなければならない。

The part of the illuminating surface of these lights from the longitudinal axis of the vehicle shall be as near as possible to and in no case further than 400 mm (16 in.) from the extreme outer edges of the vehicle.

これらの車幅燈の照明部のうち車両の中心面から最も遠い部分は、車両の最外側にできる限り近くなければならず、いかなる場合にも、その最外側から 400 mm (16インチ) 以内になければならない。

Position (side) lights shall be shown at night time in all cases when the use of such lights is compulsory and at the same time as the passing lights if no part of the illuminating surface of the lamps of the passing lights is within 400 mm (16 in.) of the extreme outer edges of the vehicle.

車幅燈は、夜間、その使用が義務づけられているすべての場合において点燈していなければならず、また、すれ違い燈の照明部のいかなる部分も車両の最外側から 400 mm (16インチ) 以内にないときは、すれ違い燈と同時に点燈していなければならない。

(e) Every motor vehicle and every trailer at the end of a combination of vehicles shall be equipped at the rear with at least one red light visible at night time in clear weather at a distance of 150 m (500 feet) from the rear of the vehicle.

(e) 自動車及び連結車両の最後部にあるトレーラは、晴天の夜間においてその後方 150 m (500フィート) の距離から確認することができる少なくとも一個の赤色燈を後面に備えなければならない。

(f) The registration number displayed at the rear of a motor vehicle or a trailer shall be capable of illumination at night time in such a manner that it can be read in clear weather at a distance of 20 m (65 feet) from the rear.

(f) 自動車又はトレーラの後面の登録番号は、晴天の夜間において後方 20 m (65フィート) の距離から識別しうるように照明されることができなければならない。

(g) The red rear light or lights and the light for the rear registration number shall be shown at the same time as any of the following: position (side) lights, passing lights or driving lights.

(g) 赤色の尾燈及び後面の登録番号燈は、車幅燈、すれ違い燈又は走行燈のいずれとも同時に点燈していなければならない。

(h) Every motor vehicle other than a motor cycle without sidecar shall be equipped with two red reflex reflectors preferably of other than triangular form, fitted symmetrically at the rear and on opposite sides of the vehicle. The outer edges of each of these reflectors must be as near as possible to and in no case further than 400 mm (16 in.) from the outer edges of the vehicle. These reflectors may be incorporated in the rear red lamps if these lamps comply with the above requirements. These reflectors shall be visible at night time in clear weather from a distance of at least 100 m (325 feet) when illuminated by means of two driving lights.

(h) 二輪の自動車 (側車付きのものを除く。) 以外の自動車は、二個の赤色の反射器 (なるべく三角形以外の形のもの) を後面において両側の対称な位置に備えなければならない。それぞれの反射器の車両の外側に近い外縁は、車両の最外側にできる限り近くなければならず、いかなる場合にも、車両の最外側から 400 mm (16インチ) 以内になければならない。これらの反射器は、赤色の尾燈が前記の条件に適合する場合には、その赤色の尾燈に組み込むことができる。これらの反射器は、二個の走行燈により照明された場合に、晴天の夜間において少なくとも100 m (325フィート) の距離から確認することができるものでなければならない。

(i) Every motor cycle without sidecar shall be equipped with a red reflex reflector preferably of other than triangular form, fitted at the rear of the vehicle, either incorporated in, or separate from, the rear red lamp and shall comply with the conditions of visibility mentioned under paragraph (h) of this Part.

(i) 二輪の自動車 (側車付きのものを除く。) は、一個の赤色の反射器 (なるべく三角形以外の形のもの) で、(h)にいう確認についての条件に適合するものを、赤色の尾燈に組み込んで又は別個に、後面に備えなければならない。

(j) Every trailer and every articulated vehicle shall be equipped with two red reflex reflectors, preferably triangular in shape, fitted symmetrically at the rear and on opposite sides of the vehicle. These reflectors shall be visible at night time in clear weather from a distance of at least 100 m (325 feet) when illuminated by means of two driving lights.

(j) トレーラ及び分節車両は、二個の赤色の反射器 (なるべく三角形のもの) を後面において両側の対称な位置に備えなければならない。これらの反射器は、二個の走行燈により照明された場合に、晴天の夜間において少なくとも 100 m (325フィート) の距離から確認することができるものでなければならない。

When the reflectors are triangular in shape, the triangle shall be equilateral, with sides of at least 150 mm (6 in.) and shall be upright in position. The outer corner of each of these reflectors shall be as near as possible to and in no case further than 400 mm (16 in.) from the extreme outer edges of the vehicle.

反射器の形が三角形である場合には、その三角形は、一辺が少なくとも 150 mm (6インチ) の正立の正三角形でなければならない。それぞれの反射器の車両の外側に近い頂点は、車両の最外側にできる限り近くなければならず、いかなる場合にも、車両の最外側から 400 mm (16インチ) 以内になければならない。

(k) With the exception of motor cycles, every motor vehicle and every trailer at the end of a combination of vehicles shall be equipped with at least one stop light at the rear showing a red or amber light. This light shall be actuated upon application of the service brake of the motor vehicle. If the stop light is red in colour and is either incorporated in, or associated with, the rear red light, its intensity shall be greater than that of the rear red light. The stop light shall not be required on trailers and semi-trailers when their dimensions are such that the stop light of the drawing vehicle remains visible from the rear.

(k) 二輪の自動車以外の自動車及び連結車両の最後部にあるトレーラは、少なくとも一個の赤色又は橙色の制動燈を後面に備えなければならない。この制動燈は、自動車の常用制動装置を操作した際に点燈するものでなければならない。制動燈が赤色であり、かつ、赤色の尾燈に組み込まれ又はこれと兼用されているときは、その光度は、赤色の尾燈の光度より大きくなければならない。牽引する車両の制動燈の後方からの確認が可能であるような大きさのトレーラ又はセミトレーラは、制動燈を備えることを要しない。

(l) When a motor vehicle is equipped with direction indicators, such indicators shall be one of the following:

(l) 自動車が方向指示器を備えているときは、その方向指示器は、次のいずれかのものでなければならない。

(i) a moveable arm protruding beyond each side of the vehicle and illuminated by a steady amber light when the arm is in the horizontal position;

(i) 車両の両側から外方に突出する可動腕木で、その腕木が水平の位置にあるときは光度が変化しない橙色の燈火によつて照明されるもの

(ii) a constantly blinking or flashing amber light affixed to each side of the vehicle;

(ii) 車両の両側に取り付けられた橙色の燈火で、周期的に点滅し又は光度が増減するもの

(iii) a constantly blinking or flashing light placed at each side of the front and rear of the vehicle. The colour of such lights shall be white or orange towards the front and red or orange towards the rear.

(iii) 車両の前面及び後面の両側に取りつけられた燈火で、周期的に点滅し又は光度が増減するもの。その燈火の色は、前面のものは白色又は橙色とし、後面のものは赤色又は橙色とする。

(m) No lights, with the exception of direction indicators, shall be flashing or blinking lights.

(m) 方向指示器を除くほか、いかなる燈火も、周期的に点滅し又は光度が増減するものであつてはならない。

(n) If a vehicle is equipped with several lights of the same kind, they shall be of the same colour and, except in the case of motor cycles with sidecars, two of these lights shall be placed symmetrically to the longitudinal axis of the vehicle.

(n) 車両が同一の目的に使用される二以上の燈火を備える場合には、それらの燈火は、同色のものでなければならず、側車付きの二輪の自動車における場合を除くほか、そのうちの二個は、車両の中心面にに対して対称な位置になければならない。

(o) Several lights may be incorporated in the same lighting device provided each of these lights complies with the appropriate provisions of this Part.

(o) 二以上の燈火がそれぞれこの II の関係規定に適合するときは、それらの燈火を同一の燈火装置に組み込むことができる。

III. Other conditions

(a) Steering apparatus

Every motor vehicle shall be equipped with a strong steering apparatus which will allow the vehicle to be turned easily, quickly and with certainty.

III. その他の条件

(a) かじ取装置

自動車は、容易に、迅速に、かつ、確実に自動車を転回させることができる堅牢なかじ取装置を備えなければならない。

(b) Driving mirror

Every motor vehicle shall be equipped with at least one driving mirror of adequate dimensions so placed as to enable the driver to view from his seat the road to the rear of the vehicle. However, this provision shall not be compulsory for motor cycles with or without sidecar.

(b) 後写鏡

自動車は、運転者がその席から車両の後方の道路を確認することができるような位置に、適当な大きさの少なくとも一個の後写鏡を備えなければならない。ただし、この規定は、二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) には、適用しない。

(c) Warning devices

Every motor vehicle shall be equipped with at least one audible warning device of sufficient strength which shall not be a bell, gong, siren or other strident toned device.

(c) 警音器

自動車は、十分な音響を発する少なくとも一個の警音器を備えなければならない。ただし、警音器は、ベル、鐘、サイレンその他不快な音響を発する装置であつてはならない。

(d) Windscreen wiper

Every motor vehicle fitted with a windscreen shall have at least one efficient windscreen wiper functioning without requiring constant control by the driver. However, this provision shall not be compulsory for motor cycles with or without sidecars.

(d) 窓ふき器

前面ガラスを有する自動車は、運転者が常に操作していなくても作用する有効な少なくとも一個の窓ふき器を備えなければならない。ただし、この規定は、二輪の自動車 (側車付きのものを含む。) には、適用しない。

(e) Windscreens

Windscreens shall be made of a stable substance, transparent and not likely to produce sharp splinters if broken. The objects seen through this substance shall not appear distorted.

(e) 前面ガラス

前面ガラスは、変質しない、透明な、かつ、破壊の際にも鋭利な破片を生じない物質を用いたものでなければならず、また、これを通して見る物体が変形して見えるものであつてはならない。

(f) Reversing device

Every motor vehicle shall be equipped with a reversing device controlled from the driver's seat if the weight of the motor vehicle when empty exceeds 400 kg (900 lbs.).

(f) 後退装置

空車状態における重量が 400 kg (900ポンド) をこえる自動車は、運転席から操作される後退装置を備えなければならない。

(g) Exhaust silencer

Every motor vehicle shall have an exhaust silencer in constant operation to prevent excessive or unusual noise, the working of which cannot be interrupted by the driver while on the road.

(g) 消音器

自動車は、過度の又は異常な音響を防止するため、継続的に作用する消音器で運転者が運転中にその作用を中断させることができないものを備えなければならない。

(h) Tyres

The wheels of motor vehicles and their trailers shall be fitted with pneumatic tyres, or with some other tyres of equivalent elasticity.

(h) タイヤ

自動車及びそのトレーラの車輪には、空気入りタイヤ又はこれと同程度の弾性を有するタイヤを取りつけなければならない。

(i) Device to prevent a vehicle from running down a gradient

When travelling in a mountainous region of a country where it is required by domestic regulations, any motor vehicle of which the permissible maximum weight exceeds 3,500 kg (7,700 lbs.) shall carry a device, such as a scotch or chock, which can prevent the vehicle from running backwards or forwards.

(i) 斜面における車両の暴走を防止するための器具

許容最大重量で 3,500 kg (7,700ポンド) をこえる自動車は、山岳地方を通行するにあたり、その山岳地方が存在する国における国内法令の定めに従い、車輪止めその他車両が前方又は後方に暴走することを防ぐための器具を備えなければならない。

(j) General provisions

(i) In so far as possible the machinery or accessory equipment of any motor vehicle shall not entail a risk of fire or explosion, nor cause the emission of noxious gases or offensive odours or produce disturbing noises, nor be a source of danger in case of collision.

(j) 一般規定

(i) 自動車の機械装置又は附属品は、可能である限り、火災又は爆発の危険がなく、有害なガス又は不快な臭気を発散せず、騒音を発生せず、また、衝突の際に危険をもたらさないものでなければならない。

(ii) Every motor vehicle shall be so constructed that the driver shall be able to see ahead, to the right and to the left, clearly enough to enable him to drive safely.

(ii) 自動車は、運転者が、安全に運転することができるために、前方及び左右を十分に確認することができるような構造を有しなければならない。

(iii) The provisions relating to braking and lighting shall not apply to invalid carriages which comply with the domestic regulations in the country of registration as regards brakes, lights and reflectors. For the purpose of this paragraph invalid carriage shall mean a motor vehicle whose unladen weight does not exceed 300 kg (700 lbs.), whose speed does not exceed 30 km (19 miles) per hour, and which is specially designed and constructed (and not merely adapted) for the use of a person suffering from some physical defect or disability and is normally used by such person.

(iii) 制動装置及び燈火装置に関する規定は、制動装置、燈火及び反射器についての登録国の国内法令に適合する身体障害者用車両には、適用しない。この(iii)の規定の適用上、「身体障害者用車両」とは、空車状態における重量が 300 kg (700ポンド) をこえず、速度が 30 km (19マイル) 毎時をこえない自動車であつて、身体上の欠陥又は機能障害がある者が使用するように特に設計され、製作され (単に改造されることを含まない。)、かつ、本来そのような者に使用されるものをいう。

IV. Combination of vehicles

IV. 連結車両

(a) A combination of vehicles may be composed of a drawing vehicle and one or two trailers. An articulated vehicle may draw a trailer, but if such articulated vehicle is used for the carriage of passengers, the trailer shall have not more than one axle and shall not carry passengers.

(a) 連結車両は、牽引する車両及び一又は二のトレーラで構成することができる。ただし、分節車両を人の輸送に用いるときは、その分節車両が牽引するトレーラは、二以上の車軸を有するものであつてはならず、また、人の輸送に用いられてはならない。

(b) Any Contracting State may, however, indicate that it will only permit that one trailer be drawn by a vehicle and that it will not permit an articulated vehicle to draw a trailer. It may also indicate that it will not permit articulated vehicles for the transport of passengers.

(b) もつとも、締約国は、車両による一のトレーラのみの牽引を認める旨及び分節車両によるトレーラの牽引を認めない旨を表明することができる。締約国は、また、分節車両を人の輸送に用いることを認めない旨を表明することができる。

V. Transitional provisions

The provisions of Parts I, II and paragraph (e) of Part III of this Annex shall apply to any motor vehicle first registered at any time subsequent to a date two years after the entry into force of this Convention, and to any trailer drawn thereby. The said provisions shall apply five years after the entry into force of this Convention to any motor vehicle first registered at any time previous to a date two years after the entry into force of this Convention, and to any trailer.

V. 暫定規定

この附属書の I、II 及び III (e) の規定は、この条約の効力発生後2年を経過した後に最初の登録を行なつた自動車及びこれによつて牽引されるトレーラに適用する。この条約の効力発生後2年を経過する前に最初の登録を行なつた自動車及びトレーラについては、これらの規定は、この条約の効力発生後5年を経過した後に適用する。

In the meantime the following provisions shall apply:

それまでの間は、次の規定を適用する。

(a) Every motor vehicle shall be equipped with either two systems of brakes, independent of each other, or one system of brakes with two independent means or operation, of which one means of operation will function, even if the other fails to function, provided that in all cases the system used is really effective and rapid in action.

(a) 自動車は、相互に独立した二系統の制動装置を備え、又は二つの独立した操作装置を有する一系統の制動装置であつて、その一方の操作装置が作用しない場合にも他方の操作装置が作用するものを備えなければならない。これらの制動装置は、いかなる場合にも、十分有効に、かつ、迅速に作用するものでなければならない。

(b) Every motor vehicle travelling alone shall, during the night and from sunset, be fitted in front with at least two white lights placed one on the right and the other on the left, and, at the back, with a red light.

(b) 自動車は、単独で通行する場合には、日没から夜を通じて、前面に少なくとも二個の白色燈を、一個は右側に、一個は左側に備え、及び後面に一個の赤色燈を備えなければならない。

For motor cycles unaccompanied by a sidecar, the number of lights in front may be reduced to one.

二輪の自動車 (側車付きのものを除く。) については、前面の燈火を一個とすることができる。

(c) Every motor vehicle shall also be equipped with one or more devices capable of effectively illuminating the road for a sufficient distance ahead unless the two white lights prescribed above already fulfil this condition.

(c) 自動車は、その前方の道路を十分な距離まで有効に照明することができる一又は二以上の装置を備えなければならない。ただし、前記の二個の白色燈がこの条件を満たす場合は、この限りでない。

If the vehicle is capable of proceeding at a speed greater than 30 km (19 miles) an hour this distance shall not be less than 100 m (325 feet).

30 km (19マイル) 毎時をこえる速度で走行することができる車両については、この距離は、100 m (325フィート) 未満であつてはならない。

(d) Lamps which may produce a dazzling effect shall be provided with means for eliminating the dazzling effect when other users of the road are met, or on any occasion when such elimination would be useful. The elimination of the dazzling effect shall, however, leave sufficient light to illuminate the road clearly for at least 25 m (80 feet).

(d) 眩惑効果を有する燈火は、他の道路使用者と行き違う場合又は眩惑効果の除去が有用である場合に眩惑効果を除去するための装置を備えなければならない。ただし、眩惑効果を除去した場合にも、道路は、少なくとも 25 m (80フィート) の距離まで十分に照明されなければならない。

(e) Motor vehicles drawing trailers shall be subject to the same regulations as separate motor vehicles in so far as forward lighting is concerned; the rear red light shall be carried on the back of the trailer.

(e) トレーラを牽引する自動車は、前面の燈火に関する限り、単独の自動車に適用される規定と同一の規定に従わなければならず、当該トレーラは、後面に赤色の尾燈を備えなければならない。

Annex 7. Dimensions and weights of vehicles in international traffic

附属書7. 国際交通における車両の寸法及び重量

1. This Annex applies to highways designated in accordance with Article 23.

1. この附属書は、第23条の規定に従つて指定される道路に適用する。

2. On these roads the permissible maximum dimensions and weights, unladen or with load, provided that no vehicle shall carry a maximum load in excess of that declared permissible by the competent authority of the country in which it is registered, shall be as follows:

2. 前記の道路においては、許容最大寸法及び許容最大重量は、車両が積車状態にあると空車状態にあるとを問わず、次のとおりとする。ただし、車両は、登録国の権限のある当局が宣言した最大積載量をこえて積載をしてはならない。

MetresFeet

(a) Overall width

2.50
8.20

(a) 全幅

(b) Overall height

3.80
12.50

(b) 全高

(c) Overall length:

(c) 全長:

Goods vehicles with two axles

10.00
33.00

二の車軸を有する貨物用車両

Passenger vehicles with two axles

11.00
36.00

二の車軸を有する乗用車両

Vehicles with three or more axles

11.00
36.00

三以上の車軸を有する車両

Articulated vehicles

14.00
46.00

分節車両

Combination of vehicles with one trailer1

18.00
59.00

トレーラが一台の連結車両1

Combination of vehicles with two trailers1

22.00
72.00

トレーラが二台の連結車両1

1 The provisions of Part IV of Annex 6 concerning combinations of vehicles shall also apply to the combinations of vehicles mentioned in this Annex.

1 連結車両に関する附属書6 IV の規定は、この附属書に掲げる連結車両にも適用する。

(d) Permissible maximum weight:

Metric tonslbs.

(d) 許容最大重量:

(i) Per most heavily loaded axle2

8.00
17,760

(i) 最大荷重の車軸につき2

2 An axle weight shall be defined as the total weight transmitted to the road by all wheels the centres of which can be included between two parallel transverse vertical planes 1.00 m (40 inches) apart extending across the full width of the vehicle.

2 車軸に加わる荷重とは、車両の外側に達する 1.00 m (40インチ) の間隔の二の平行な横断鉛直面の間に中心があるすべての車輪を通じて道路に加わる重量の総体をいうものとする。

(ii) Per most heavily loaded tandem axle group (the two axles of the group being at least 40 inches (1.00 metre) and less than 7 feet (2.00 metres) apart)

14.50
32,000

(ii) 最大荷重のタンデム車軸群 (一群中の二の車軸の間隔が 1.00 m (40インチ) 以上 2.00 m (7フィート) 未満のもの) につき

(iii) Per vehicle, articulated vehicle or other combination:

(iii) 車両一台又は分節車両その他の連結車両一単位につき:

Distance, in metres, between the extreme axles of a vehicle, articulated vehicle or other combination

車両又は分節車両その他の連結車両の両端の車軸間の距離 (単位 m)

Permissible maximum weight, in metric tons, of a vehicle, articulated vehicle or other combination

車両又は分節車両その他の連結車両の許容最大重量 (単位 t)

From 1 to less than 2
From 2 to less than 3
From 3 to less than 4
From 4 to less than 5
From 5 to less than 6
From 6 to less than 7
From 7 to less than 8
From 8 to less than 9
From 9 to less than 10
From 10 to less than 11
From 11 to less than 12
From 12 to less than 13
From 13 to less than 14
From 14 to less than 15
From 15 to less than 16
From 16 to less than 17
From 17 to less than 18
From 18 to less than 19
From 19 to less than 20
—     14.50
—     15.00
—     16.25
—     17.50
—     18.75
—     20.00
—     21.25
—     22.50
—     23.75
—     25.00
—     26.25
—     27.50
—     28.75
—     30.00
—     31.25
—     32.50
—     33.75
—     35.00
—     36.25

Distance, in feet, between the extreme axles of a vehicle, articulated vehicle or other combination

車両又は分節車両その他の連結車両の両端の車軸間の距離 (単位フィート)

Permissible maximum weight, in lbs., of a vehicle, articulated vehicle or other combination

車両又は分節車両その他の連結車両の許容最大重量 (単位ポンド)

From 3 to less than 7
From 7 to less than 8
From x to less than x+1
From 64 to less than 65
—     32,000
—     32,480
—     840 * x + 26,600 (x = 8, 9, ..., 63)
—     80,360

(iv) If in respect of any vehicle admitted to international traffic the permissible maximum weight under the part expressed in metric units of the table set out in subparagraph (iii) differs from the permissible maximum weight under the part expressed in feet and pounds, the higher of the two figures shall be adopted.

(iv) 国際交通を認められた車両に対し、(iii)に掲げる表のメートル法単位で表示される許容最大重量がフィート及びポンドで表示される許容最大重量と異なるときは、その二つの数値のうち大きい方の数値をとるものとする。

この (iv) の公定訳は、誤訳というか、...、珍訳というか...。フィート及びポンドで表示される重量はないでしょうが。アホか...。

… (iii)に掲げる表のうち長さをメートル、重量をメートルトンで表示している部分 (このページでは上にある表) を使って決まる許容最大重量が、長さをフィート、重量をポンドで表示している部分 (このページでは下にある表) を使って決まる許容最大重量と異なるときは、大きいものの方が許容最大重量とされる。

ということでしょうよ。expressed がかかっているのは、weight ではなく、part でしょうよ。

一般には、1 foot = 0.3048 m, 1000 lbs. = 0.4536 t (metric ton) ということになっています。 したがって、たとえば軸間距離 2.4 m = 7.87 feet の車両では、上表によれば 15.00 t、下表によれば 32,480 lbs. = 14.73 t、よって上表による15.00 t が許容最大重量となりますが、軸間距離が少し伸びて 2.5 m = 8.20 feet となると、上表では変わらず 15.00 t、下表では 33,320 lbs. = 15.11 t となりますから下表による 15.11 t が許容最大重量となります。

つまり、軸間距離欄の区切りとフィート・メートル換算とのからみも許容最大重量の決定に関係しているわけですから、フィート・ポンドの表を使って決まる重量なのであって、単純にポンドで表示される重量のことじゃないんですよ。

まあ、原文の英語も?ですけどね。そもそも、「2つの表によって得られる重量値が同じになることは決してないのだから、if ではないだろうよ。」という突っ込みができますし、また、figure というのは、本来は「数」ではなく「数」のことですから、「ちょっと用語が不適切じゃないの。」とも言えますし。

3. Contracting States may conclude regional agreements increasing the permissible maximum weights beyond those in the list. It is suggested, however, that the permissible maximum weight per most heavily loaded axle should not exceed 13 metric tons (28,660 lbs.).

3. 締約国は、第2項の表に掲げる数値をこえる許容最大重量を設定する地域的協定を締結することができる。ただし、最大荷重の車軸の許容最大重量は 13 t (28,660ポンド) をこえないことが望ましい。

4. When any Contracting State designates roads to which this Annex shall apply, it shall indicate the maximum dimensions or weights provisionally permissible for traffic on such roads:

4. 締約国は、この附属書の適用を受ける道路を指定する場合において、その道路が次のような道路であるときは、その道路における交通について暫定的に許容される最大寸法及び最大重量を明示しなければならない。

(a) where they have ferries, tunnels or bridges which would restrict the passage of vehicles of the dimensions and weights permitted in this Annex;

(a) この附属書において許容された寸法又は重量の車両の通行を制限している渡船施設、トンネル又は橋を有する道路

(b) where their character or condition calls for the restriction of the circulation of such vehicles on them.

(b) その性質又は状況により前記の車両の通行を制限する必要がある道路

5. Specific traffic authorizations for vehicles or combinations of vehicles exceeding the maximum dimensions or weights given herein may be issued by any Contracting State or subdivision thereof.

5. 締約国又はその下部機構は、寸法又は重量がこの附属書に定める最大寸法又は最大重量をこえる車両又は連結車両について、交通の特別許可を与えることができる。

6. Any Contracting State or subdivision thereof may limit or prohibit the operation of motor vehicles upon any designated road to which this Annex shall apply or impose restrictions as to the weight of vehicles to be operated upon any such road for a limited period, whenever any such road by reason of deterioration, heavy rain, snow, thawing or other unfavourable climatic conditions would be seriously damaged by vehicles of the weights normally permitted.

6. 締約国又はその下部機構は、この附属書の適用を受けるいずれかの指定道路が、破損又は豪雨、降雪、雪解けその他好ましくない気象状況のため、通常許容される重量の車両によつて著しく損壊されるおそれがあるときは、一定期間を限り、その指定道路における自動車の通行を制限し若しくは禁止し、又はその道路を通行する車両の重量を制限することができる。

Annex 8. Conditions to be fulfilled by drivers of motor vehicles in international traffic

附属書8. 国際交通において自動車の運転者が満たすべき条件

The minimum age for driving a motor vehicle under the conditions set out in Article 24 of the Convention shall be eighteen years.

第24条に規定する条件に従つて自動車を運転することができるための最低年齢は、18歳とする。

Any Contracting State or subdivision thereof may, however, recognize the driving permits issued by other Contracting States to drivers of motorcycles and invalid carriages of a lower age than eighteen years.

もつとも、締約国又はその下部機構は、他の締約国が18歳未満の者に対して発給した二輪の自動車又は身体障害者用車両のみに係る運転免許証を認めることができる。

Annex 9. Model driving permit

附属書9. 運転免許証の様式

見出しに domestic という言葉が明示的に入ってはいませんが、国内運転免許証 (domestic driving permit) の様式です。国内運転免許証という名称であっても、この様式に合致したものであれば、締約国のどこででもそのまま通用することを原則としています (本則 第24条 参照)。しかし、現実問題としての偽造・変造防止のため、この様式の国内運転免許証を発給している国は、現在では、ないと思います。

「道交法107条の2にいう国際運転免許証」とは、「日本国以外の締約国が発給した附属書9又は附属書10の様式に合致した運転免許証」のことですから、この様式の免許証があったとすれば、それは、「(日本以外の) 発給国では国内運転免許証」であっても「日本では、道交法での用語に従えば、国際運転免許証」ということになります。

Dimensions:74 x 105 mm
Colour:Pink
寸 法縦 105 mm、横 74 mm
色 彩淡紅色

1. The permit will be drawn up in the language(s) prescribed by the legislation of the State.

1. 運転免許証は、発給国の法令で定める言語で作成する。

2. The title of the document Driving Permit will be written in the language(s) prescribed in 1 above and will be followed by the translation in French Permis de conduire.

2. 運転免許証の「運転免許証」という標題は、第1項に規定する言語で記載し、かつ、フランス語による訳語 Permis de conduire を併記する。

3. The inscriptions should be written (or at least repeated) in Latin characters or in so-called English script.

3. 記入事項は、ラテン文字又はいわゆる英国風の筆記体文字で記載する。他の文字を使用するときは、前記のいずれかの文字による記載を添えるものとする。

4. The additional remarks, if any, by the competent authorities of the issuing country will not apply to international traffic.

4. 発給国の権限のある当局が附記する事項は、国際交通には、適用しない。

5. The distinguishing sign as defined in Annex 4 shall be inscribed in the oval.

5. 楕円形の中には、附属書4に定める識別記号を記入する。

以下にある様式は、原典 (United Nations, Treaty Series 125 (1952) pp 86, 88) にある図を下絵にしてトレースしたものです。ところが、その原図の縦横比はメチャクチャいい加減で、以下のものもそのいい加減さをそのまま反映しています (外側、内側のページというのは、1枚の紙の表と裏を示すものです。) ので、冒頭で指定されている寸法を青色数字で記載しておきます。

Outside pages – (H 105 mm / W 74 x 3 = 222 mm) – 外側のページ
DDP_outside

Name of country

DRIVING PERMIT

Reserved for endorsements by the competent authorities of the issuing country and including periodic renewal.

国名

運転免許証

発給国の権限ある当局の備考欄 (定期更新を含む。)

最右側部分にある楕円の中には、第5項に「識別記号を記入する」とあるにもかかわらず、Treaty Series では、Seal or stamp of authority という字句が印刷されています。たぶん Treaty Series のミスでしょうが、そこに印刷されているとおりにしています。なお、公定訳 (様式図–略) では、空欄に訂正されています。

Inside pages – (H 105 mm / W 74 x 3 = 222 mm) – 内側のページ
DDP_inside

* Father's or husband's name may be inserted.

** Or approximate age on date of issue.

*** If known.

**** Or thumb impression of holder.

この内側のページの記載事項は、次の附属書10の様式にあるものとほとんど同じですので、和訳は、省略しています。なお、Treaty Series では、最右側部分は「別途に拡大図を与える」という形になっていますが、ここでは、その拡大図を組み込んでいます。

次の附属書10でも当然同じですが、運転できる車両区分のうち B 区分の定義文はたぶんミスです。(→附属書10末尾の注を参照。)

Annex 10. Model international driving permit

附属書10. 国際運転免許証の様式

日本国政府の下部機構たる都道府県公安委員会がこの附属書10の様式に従って交付する INTERNATIONAL DRIVING PERMIT は、日本ではしばしば「国外運転免許証」と呼ばれていますが、この呼称の意味 (由来) をきちんと認識せずに使われている場合が非常に多いようです。

「国外運転免許証」という呼称は、道交法の (不必要なカッコ書き部分は除いています。)

第107条の7 免許を現に受けている者は、内閣府令で定める区分に従い、当該免許で運転することができることとされている自動車等に対応する条約附属書10に規定する自動車等に係る条約第24条第1項の運転免許証で公安委員会が発給するもの(以下「国外運転免許証」という。)の交付を受けることができる。

という条文 (かなり変な条文ですが、それについてはここではパスしときます。) で与えられているものです。つまり、それは、長い語句になってしまった「内閣府令で定める区分に従い、…運転免許証で公安委員会が発給するもの」以降の条文で簡潔に言及するための略称 (もともと「国外」という字句はないところなので、略称というのは語弊があるかもしれませんが。) でしかありません。契約書などで使用される「山田太郎 (以下「甲」という。) は、…」の「甲」とまったく同類のものです。

したがって、この略称が有効なのは道交法の中のこの部分 (107条の7第1項) 以降のみであって、道交法の外および道交法の中でも107条の6まででは、それは、何の意味もない言葉です。(107条の7より前の107条の2に「第107条の7第1項の国外運転免許証」という文言がありますが、この場合は、略称有効の範囲外ですから、「第107条の7第1項の」という修辞が必須なわけです。)

ところが、驚いた (呆れた) ことに、この「内閣府令で定める区分に従い、…運転免許証で公安委員会が発給するもの」について、「正式には 国外運転免許証という。」などと書いてあるものを見かけることがあります。ということは、山田太郎さんにむかって「あなたの本名 (正式名) は、甲ですね。」なんて言うんだろうか。あるいは、「表面に『運転免許証』と記載されているカードですが、正式には 免許証というのが正しいです。」とでも言うんだろうか。

第92条 免許は、運転免許証(以下「免許証」という。)を交付して行なう。(以下略)

全国の都道府県警のホームページを見てみると (すべてを見たわけではありませんが)、「国外運転免許証」の正確な意味がわかっているのか疑問なところも多いです。

Dimensions:105 x 148 mm
Colours:cover: grey
pages: white
寸 法縦 148 mm、横 105 mm
色 彩表 紙  灰 色
各ページ 白 色

Pages 1 and 2 shall be drawn up in the national language or languages.

第1ページ及び第2ページは、発給国の一又は二以上の国語で作成する。

The entire last page shall be drawn up in French.

最終ページは、フランス語で作成する。

Additional pages of the International Driving Permit shall repeat in other languages the text of Part I of the last page. They shall be drawn up in the following languages:

国際運転免許証の追補ページには、最終ページの第1部の本文を他の言語で記載する。追補ページは、次の言語で作成する。

(a) language(s) prescribed by the legislation of the issuing State,

(a) 発給国の法令で定める言語

(b) the official languages of the United Nations,

(b) 国際連合の公用語

(c) at the most six other languages, chosen at the discretion of the issuing State.

(c) 発給国が任意に選択する最大限六のその他の言語

The authoritative translation of the text of the permit in the different languages shall be communicated to the Secretary-General of the United Nations by Governments, each one in the language which concerns it.

運転免許証の各国の言語による本文については、各政府が、自国の言語による公定訳文を国際連合事務総長に通知するものとする。

The written remarks shall be written in Latin characters or in so-called English script.

記入事項は、ラテン文字又はいわゆる英国風の筆記体文字で記載する。

次にある様式も United Nations, Treaty Series 125 (1952) pp 90, 92 からトレースしたものです。この原図の縦横比もまたいい加減で、下図もそのいい加減さをそのまま反映しており、ここでも、冒頭で指定された寸法を青色数字で記載しています。

Page 1 (Cover) – (H 148 mm / W 105 mm) Page 2 (Inside cover) – (H 148 mm / W 105 mm)
IDP_page_1 IDP_page_2
Page 1 (Cover)

(Name of Country)

International Motor Traffic

INTERNATIONAL DRIVING PERMIT

Convention on International Road Traffic of .....

Issued at .....

Date .....

1 Signature or seal of authority / or / Signature or seal of the Association empowered by the authority.

第1ページ(表紙)

(国 名)

国際自動車交通

国際運転免許証

..... の道路交通に関する条約

発給地.....

発給年月日.....

当局の署名若しくはシール / 又は / 当局から権限を与えられた団体の署名若しくはシール

第1ページの記載内容には、かなり変なところがあります。

  • Convention on International Road Traffic of ..... というのは、Convention on Road Traffic of 19 September 1949 とすべきものです。
    公定訳 (様式図–略) では、International については訂正されていて対応する字句はありませんが、19 September 1949 については未記載のままです。
  • 1 Signature or seal of authority / or / ... という文には、冒頭に 1 とありますが、この 1 は常識的に判断して脚注番号であり、「当局のシール又はスタンプ」の位置を示す ○ の左上にポツンと 1 とありますから、この文は、そのポツン 1 の箇所についての脚注と読むべきです。
    つまり、1 で始まる文は、枠内に記載すべきものではなく、「そのポツン 1 の場所に、発給部署の担当者が署名する」という趣旨 (日本での「担当者印」欄にあたるもの) であると思います。また、Signature or seal は、単に Signature だけであるべきだと思います。(1926年の条約 (附属書E)、1968年の条約 (附属書7) にある様式を参照。)
    なお、公定訳 (様式図–略) では、○ 左上および脚注文冒頭の 1 が脱落しています (見落としだと思います)。この見落としのためだと思いますが、日本で発給する国際運転免許証では、取得した経験のある方はご存知でしょうが、○ スタンプ (印刷) の下側に、都道府県公安委員長のローマ字署名が印刷された形式になっています。これは、おかしいと思うのですが…。
Page 2 (Inside cover)

This permit is valid in the territory of all the Contracting States with the exception of the territory of the Contracting State where issued, for the period of one year from the date of issue, for the driving of vehicles included in the category or categories mentioned on the last page of this permit.

第2ページ (表紙の裏面)

この運転免許証は、すべての締約国の領域 (これを発給する締約国の領域を除く。) において、発給の日から一年間、この運転免許証の最終ページにおいて特定する種類の車両の運転について有効とする。

[ Space reserved for a list of the Contracting States (optional) ]

[ 締約国名表 (任意) のための空欄 ]

It is understood that this permit shall in no way affect the obligation of the holder to conform strictly to the laws and regulations relating to residence or to the exercise of a profession which are in force in each country through which he travels.

この運転免許証は、その所持者が自己の旅行する各国において施行されている居住又は職業に関する法令を遵守する義務にいかなる影響をも及ぼさないものとする。

Last page – (H 148 mm) – 最終ページ
Part I – (W 105 mm) – (第1部)     Part II – (width unspecified) – (第2部)
IDP_page_last

Particulars concerning the Driver:

運転者に関する事項

Surname
Other names*
Place of birth**
Date of birth***
Permanent place of residence


名*
出生地**
生年月日***
住所

Vehicles for which the permit is valid:

この運転免許証で運転することができる車両

A

Motor cycles, with or without a sidecar, invalid carriages and three-wheeled motor vehicles with an unladen weight not exceeding 400 kg (900 lbs.).

二輪の自動車 (側車付きのものを含む。)、身体障害者用車両及び空車状態における重量が 400 キログラム (900 ポンド) をこえない三輪の自動車

B

Motor vehicles used for the transport of passengers and comprising, in addition to the driver's seat, at most eight seats, or those used for the transport of goods and having a permissible maximum weight not exceeding 3,500 kg (7,700 lbs.). Vehicles in this category may be couples with a light trailer.

乗用に供され、運転者席のほかに 8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物輸送の用に供され、許容最大重量が 3,500 キログラム (7,700 ポンド) をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。

C

Motor vehicles used for the transport of goods and of which the permissible maximum weight exceeds 3,500 kg (7,700 lbs.). Vehicles in this category may be couples with a light trailer.

貨物輸送の用に供され、許容最大重量が 3,500 キログラム (7,700 ポンド) をこえる自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。

D

Motor vehicles used for the transport of passengers and comprising, in addition to the driver's seat, more than eight seats. Vehicles in this category may be couples with a light trailer.

乗用に供され、運転者席のほかに 8人分をこえる座席を有する自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。

E

Motor vehicles of categories B, C or D, as authorized above, with other than a light trailer.

運転者が免許を受けた B、C 又は D の自動車に軽量の被牽引車以外の被牽引車を連結した車両

Permissible maximum weight of a vehicle means the weight of the vehicle and its maximum load when the vehicle is ready for the road.

Maximum load means the weight of the load declared permissible by the competent authority of the country of registration of the vehicle.

Light trailers shall be those of a permissible maximum weight not exceeding 750 kg (1,650 lbs.).

車両の「許容最大重量」とは、運行することができる状態にある車両の重量及びその最大積載量の和をいう。

「最大積載量」とは、車両の登録国の権限のある当局が宣言した積載物の重量の限度をいう。

「軽量の被牽引車」とは、許容最大重量が 750 キログラム (1,650 ポンド) をこえない被牽引車をいう。

* Father's or husband's name may be inserted.

** If known.

*** Or approximate age on date of issue.

**** Or thumb impression of holder.

* 父又は夫の姓を併記することができる。

** 判明している場合

*** 又は発給当日におけるおよその年齢

**** 又は所持者のぼ印

附属書9にある様式でも同じでしたが、運転できる車両区分のうち B 区分の定義文はたぶんミスです。「乗用の車両では乗車定員 9人以下、貨物用では許容最大重量 3,500 kg 以下」となっていますが、これでは、「貨物用で 3,500 kg 以下なら、乗車定員 10人以上でもよいのか?」とつっこまれてしまいます。

1968年条約では、「(乗用・貨物用という言及はせずに) 許容最大重量 3,500 kg 以下、かつ、乗車定員 9人以下の車両」と改められています。

2008/01/07 国際運転免許証 (附属書10) の様式を整備。