「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」内 

IMAGINE GALLERY 
★ 

「情報を集め・考え・行動する」はイマジン IMAGINE!

英文論評は英語ページGlobal IMAGINE

トップページに戻るBack to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home


「戦争は一人、せいぜい少数の人間がボタン一つ押すことで一瞬にして起せる。平和は無数の人間の辛抱強い努力なしには建設できない。このことにこそ、平和の道徳的優越性がある」(丸山真男『自己内対話』)

★ 本コーナーは、「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」内の、2001年9月11日の対米同時多発テロと、10月7日に始まった米英軍によるアフガン報復・制裁戦争、及び日本政府・市民の対応についての、情報提供ページです。基本的立場は、上の丸山真男の言葉からも明瞭ですが、皆さんが「情報を集める」「考える」「行動する」一助になれば幸いです。ニュースも逐次リンクしイマジン反戦日誌に時系列で保存しますが、ここには、IMAGINE、および保存用■IMAGINE DATABASE 2001の論説・資料・行動リンクを受けて、ジョン・レノン「イマジン」やそのスピリットに連なる歌・音楽・詩・エッセイ・絵画・写真・映像・などを集めていきます。皆さんからの情報・御意見はkatote@ff.iij4u.or.jp へ(高橋優子さんデザインの左右のポスターは田口裕史さんHPより、バナーは転載自由)


 

John Lennon♪"IMAGINE"

日本語訳は一番下へ、「イマジン・アート」へ)

Imagine there's no Heaven  it's easy if you try

No Hell below us  Above us only sky

Imagine all the people  Living for today

Imagine there's no countries  It isn't hard to do

Nothing to kill or die for  And no religion too

Imagine all the people  Living life in peace

You may say I'm a dreamer  But I'm not the only one

I hope someday you'll join us  And the world will live as one

imagine no possessions   I wonder if you can

No need for greed or hunger  A brotherhood of man

Imagine all the people  Sharing all the world

You may say I'm a dreamer  But I'm not the only one

I hope someday you'll join us  And the world will be as one
IMAGINE!へ、イマジン反戦日誌へ、■IMAGINE DATABASE 2001へ、

英語ページ■Global IMAGINEへ、■Back to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home 

 

IMAGINE! もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。その村には──

 57人のアジア人
 21人のヨーロッパ人
 14人の南北アメリカ人
 8人のアフリカ人がいます
 
 52人が女性です
 48人が男性です 
 
 70人が有色人種で
 30人が白人
 70人がキリスト教以外の人で
 30人がキリスト教
 
 89人が異性愛者で
 11人が同性愛者
 
 6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍
 
 80人は標準以下の居住環境に住み
 70人は文字が読めません
 50人は栄養失調に苦しみ1人が瀕死の状態にあり
 1人はいま、生まれようとしています
 1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
 そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています
 
(英文原文 "A Village of 100 People Representing the World "、日本語訳はなかの・ひろみさん目良誠二郎「『100人の地球村』の誕生」によると、原作はDonella Meadows[1941 - 2001]のWho Lives in the "Global Village"?) 
 

IMAGINE!へ、イマジン反戦日誌IMAGINE DATABASE 2001へ、英語ページ■Global IMAGINEBack to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home


IMAGINE! 今日もまた、35,615人の子供たちが飢餓で死んだ。
 
犠牲者:35,615 (FAO)
場所:この惑星の貧しい諸国で
特集号:なし
新聞論説:なし
共和国大統領のメッセージ:なし
非常召集:なし
連帯の表明:なし
黙祷:なし
犠牲者追悼式:なし
フォーラムの開催:なし
教皇のメッセージ:なし
株式市場:変わらず
ユーロ相場:回復
警戒水準:変わらず
軍隊の移動:なにもなし
犯罪を識別する推測:なにもなし
可能性のある犯罪の委任者:豊かな諸国家

 

IMAGINE!へ、イマジン反戦日誌IMAGINE DATABASE 2001へ、英語ページ■Global IMAGINEBack to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home 


 

この3枚の写真からイマジンできるものは?

 

IMAGINE!へ、イマジン反戦日誌IMAGINE DATABASE 2001へ、英語ページ■Global IMAGINEBack to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home


<イマジンからimagine artsへ!>

英語は上へ、日本語訳は一番下へ)

 

music 

ジョン・レノンのイマジンはコピーレフトな世界を歌った歌

池澤夏樹「ジョン・レノン・ラスト・インタビュー」

ジョン・レノン・ミュージアム ホームページ

★オノ・ヨーコさん、レノンの「イマジン」NYタイムズ紙に掲載

テロでジョンの「イマジン」にリクエスト急増

街に「イマジン」流れ、痛みかみしめる米国民 

ジョンの誕生日10/9NY Timesの広告「アメリカは世界を平和と公正に導くことができるか?」

オノ・ヨーコ「ビジット・イン・ピース・イベント」 

★滋賀の高校生と先生方の「イマジンを1万人で合唱する実行委員会」記録

imagineとは?

SMAP「世界にひとつだけの花」

「平和のビートで世界を変えよう!緊急ライブ&トーク」の記録

音楽家斉藤忠光さんの「天命」(cosmic Manifesto)

★ピアニストウォン・ウィンツァン「世界平和へのヴィジョン」

まんじろんさんの非暴力の祈り"Sol Tierra Y Viento"

Musicians United to Win without War! (万国の音楽家、反戦せよ!)

坂本龍一さん公式サイトの"Non Violence"&「祈りの瓦礫」(祈りの名前をクリック)

坂本龍一「報復しないのが真の勇気」、「私たちはこの惑星の上に生き残れるか?」

  喜納昌吉&チャンプラーズ公式サイト「すべての武器を楽器に!」

佐野元春「光」──「爆発の夜、僕は歌を書いた、売り物用ではない歌を」

宇多田ヒカルさんHP「Message from Hikki: 21世紀が泣いている」[正しい戦争なんてない!]

渡辺潤「テロと音楽の力」

生田卍さん作詞・作曲反戦歌「強き者の祈り−アメリカへ」

「テロと報復の悪循環を断つバラード」(Alter Net

11/11 ワールドワイド・グローバルピースデイ のよびかけ!♪

京都の大学生たちのドリーマープロジェクト「『ワタシ流イマジン』がCDになりました♪」

Yasemin Chiharu Uetsuki ヤスミン植月千春 イラクへの道 

そして音楽が始まる『風に吹かれて』〜ボブ・ディラン

桑田佳祐「ROCK AND ROLL HERO」

平沢進「殺戮への抗議」


poem 

枝廣淳子さんHPから「今日もまた、35,615人の子供たちが飢餓で死んだ」

広島の高校生山崎文可さんのサイト「平和を愛する道路標識」

村本詔司さんHPからティク・ナト・ハン「平和の安らぎ」&トム・グリーニング「祈り」

吉田悟郎さん「ブナ林便り」からバハール・サイードの詩3篇など

ハワイの藤森宣明さんからパブロ・ネルーダ「静止する事」

詩人佐川亜紀さんHP「21世紀の色」「反戦詩のコーナー」

S O K I A- art page wishing peace -(平和のための投稿ページ)

目良誠二郎さん「『100人の地球村』の誕生」

石川逸子さん「ダアーちゃん」

ガンジーが遺した言葉「弱者の非暴力と強者の非暴力」

加藤千代「中国の反戦詩1


literature

日本ペンクラブ声明「テロ対策法案について」

作家宮内勝典「海亀通信」HP 「海亀日記」第12・13・14章

池澤夏樹 連載「新世紀にようこそ」「Cafe IMPALA」

天台寺住職・寂庵庵主  瀬戸内寂聴「断食祈願」

澤地久枝「私は、絶望したくないの」

星川淳「われわれの胸の奥底に疼く希望」星川 淳@屋久島発 インナーネットソース

小田実「『武装勢力』は『和解と平和』をつくらない」

中澤英雄「宇宙飛行士の言葉はなぜインターネット上にないのか

信太一郎 よしなしごと 日記のようなもの

演劇人の「女の平和」プロジェクト


photograph

Luke Powell, "The Afghan Folio"(写真集)

Douglas R. Powell, "Images of Afghanistan in 1976-78"(写真集)

久保田ひろのぶさん「Afghan Children in Pakistan」(写真集) 

A・ラファエレ・チリエロ「Postcards from Hell」(写真集)

アフガニスタン女性と子どもの写真展

写真家今岡昌子さんHPIEメッセージ

Afghanistan has already been destroyed by bombs. No more killing!

Global Candlelight Vigil for Peace: Sunday, March 16,2003

「イラクの子どもたちに平和を!」イラク写真パネル  

ウェブ・パトローネ

広河隆一 HIROPRESS

Pictures of Destruction and Civilian Victims of the Anglo-American Aggression in Iraq

This Is War

イラク戦争が始まった直後からの写真映像 毎日更新 THE MARCH FOR JUSTICE The " Shock & Awe " Photo Gallery  <テロリズムは凝視するものの目に宿るーニダル・サクル>

カリフォルニアの市民団体 BARING WITNESS に寄せられる世界各地での平和の人文字 

じゅごんの家日誌 2003年 沖縄からの反戦写真報告


cinema

映画『カンダハール』監督モフセン・マフマルバフの「アフガン・レポート(英文)」

映画「梅香里(メヒャンニ)」監督西山正啓さん声明ほか

映画『スパイ ゾルゲ』

シネマ観客席/ボウリング・フォー・コロンバイン

マイケル・ムーア「オスカー賞授賞式での、僕のスピーチに対する反響「僕はローマ法王に感謝したい

ビデオ・アクト・反戦プロジェクト

藤原紀香日記 STOP THE WAR!!!


picture

キッズ・ゲルニカ

西垣内江春「書を奏でる」

911-Ground Zero

Posters for Peace: Respond to the September 11th tragedy!

Steven Lyons Peace Posters

Progressive Printers Network

いわさき・ちひろ美術館「こどもたちを戦火にさらさないで!」イラクの子どもたちを戦火にさらさないで」

丸木美術館「原爆の図」

三鷹の森ジブリ美術館

もの想う空間 沖縄『佐喜眞美術館』──「沖縄戦の図」 

関西平和美術展ホームページ

桐生市大川美術館所蔵ゲオルギ・グロス「ゴールデン・シティ」(1940頃!)


cartoon

"オサマ・ビンラディンNo where to run-no where to hide"(音声付きアニメ)

マッド・アマノさんHP「週間蜃気楼」パロディ

Kevin Mooreの"ZNET TOONS"ほか"ZNet political cartoons "(政治漫画)

Tom Tomorrow's cartoon "This Modern World"(連載)

★エジプト紙Al-Ahram Weekly OnlineのCartoon(政治漫画)

POLITICAL CARTOONS 


folklore

トーマス・バニヤッカ起草「ホピ平和宣言」

アフガン格言百選

日本のこどもたちのサイト"KID'S PEACE"

日本の大学生400人は対米テロをどう受けとめたか(アンケート、「特別室 大学生平和ニュース」

日本の高校生は対米テロ・アフガン報復をどう受けとめたか(アンケート、「特別室 高校生平和ニュース」

津田塾大学主催高校生エッセーコンテスト「キング牧師への手紙」

Io ちいさな声「アメリカのテロ事件に関して:それぞれの思いを伝えあいませんか」

 


IMAGINE!へ、イマジン反戦日誌IMAGINE DATABASE 2001へ、英語ページ■Global IMAGINEBack to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home 

John Lennon♪"IMAGINE"イマジン)

英語は上へ、「イマジン・アート」へ)

天国なんてないと思ってごらん。やってみれば簡単なことさ。

僕らの下には地獄なんてないし、僕らの上には空しかない。

すべての人々が今日のために生きているんだと思ってごらん。

国境なんてないと思ってごらん。難しいことなんかじゃない。

殺し合う理由なんてないし、宗教なんてものもない。

すべての人々が平和の中で生きているんだと思ってごらん。

君は僕のことを夢想家だというかもしれない。でも僕は一人じゃない。

いつか君も僕らの仲間に加わって、世界がひとつになればいいと願っている。

財産なんてないと思ってごらん。君にできるかな。

貪欲も飢餓もなく、人間はみな兄弟。

すべての人々が全世界を分ちあっているのだと思ってごらん。

君は僕のことを夢想家だというかもしれない。

でも僕は一人じゃない。いつか君も僕らの仲間に加わって、

世界がひとつになって生きていければいいと願っている。 

(韓国の読者Son. Dug-sooさん"Peace-Mother"から送られたきた「平和の一輪」)
全リンク記録は時系列で■イマジン反戦日誌

論説保存用は■IMAGINE DATABASE 2001

いますぐ行動したいあなたは、■「Peace Weblog」、■「CHANCE!平和を創るネットワーク」「プレマ(PREMA)21ネット」「反戦・平和アクション」「ANTI-WAR」「高校生平和ニュース」大学生平和ニュース」へ直行!


IMAGINE!

イマジン反戦日誌

IMAGINE DATABASE 2001

英語ページ■Global IMAGINE

Back to 「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」Home

皆さんの情報・御意見はkatote@ff.iij4u.or.jp