偏見そして自慢(blog)

「柏おどり」歌い継がれ33年

大月みやこの歌う「柏おどり」が市内各地の夏祭りに流れ、それに乗って33年間も踊り継がれてきた。拡声器のすごい音量が降りそそぎ、それに合わせた強烈な太鼓の響き、歌詞など頓着することなく、ひたすら踊る。



歌詞は三氏の合作、大月みやこが歌う

「柏おどり」の前に「京北音頭」があった。今でも両方踊られているが、「京北」に歌われた当時の柏の姿が一変、「もっと明るく伸びる柏の晴れ姿」を象徴する歌詞を募集(柏市民新聞社)したのが、昭和46年のことである。

120数編の応募があり、3編が選ばれたが、入賞作を決定することが難しく、「それぞれの歌詞に織り込まれた郷土史的な描写や情緒、新時代的な感覚や表現をつなぎ合わせる合作」とし、さらにキングレコードの作詞家が筆を加えて発表したという。

難産というか、これを当時売り出していた白石十四男が作曲、大月みやこによってレコーディングされ、7月3日に披露会が行なわれている。振り付けは松若寿恵由。

さて、「京北音頭」で歌われた、柏の姿に合わないことが、「柏おどり」では、払拭されて新しい柏市の「晴れ姿」が浮かんできたかと言うと、そうかなあ、と思わざるをえないけれど。歌詞よりもまず踊り! かしわでシャンシャン!



柏おどり

柏おどりはヨー 春来てひらくヨー
利根の舟歌 曙山の
花にいななく 放れ駒
若い柏の芽が育つ ソレ

シャン、シャン、シャン と打って かしわで シャン
シャン シャン シャン と打って かしわで シャン


柏おどりはヨー 夏来てひらくヨー
かわいあの娘が 合いの手いれりゃ
葦の蛍が来てとまる
紅のたすきに 桔梗笠 ソレ

柏おどりはヨー 秋来てひらくヨー
ビルに 工場に 二人の家に
夢がひろがる 小金原
映せ未来を 手賀の月 ソレ


柏おどりはヨー 冬でもひらくヨー
愛の豊四季 メトロでつなぐ
ここは都の奥座敷
雪の眺めの筑波山 ソレ
PR: まごまご・・・孫?孫へのプレゼント、何がいい? 粋だね!江戸時代大好き!ブログ リビングに日本を飾る洋風のリビングにも映える日本を感じるオブジェ おうちでお仕事パソコンの悩み事を解決!