agenda 2001-12(下旬)

違和感を再認識する12/31

公開
2002年12月31日

ウェブサイトにとって最も重要なのは、伝えること、あるいは伝わることである。表現可能性が気に食わないからといって文法を無視した異常なマークアップをするのは、正に本末転倒。物事を考える人間にとって「本末転倒」ほど恥ずかしいことは無い。ある視覚的な表現形式そのものをも伝えたいのだとしたら、HTMLという道具を使うのは、無知であるかあるいは、WWWに感謝の無い証拠である。その「感謝」について。

「文法なんて無視してもいいじゃん。自由じゃん。」という己の不誠実さを平気で、しかも WWW上で暴露するのを、野蛮な、侵略者の暴言として私は見ている。

だってさ、"仕様"ってのは守るべきルールとして決められているものであって、それは(建前上)守ってしかるべきものであると思うんだけど。「一般的にこういう(本来仕様で定められていない)使い方が一般化している以上、仕様に即していない使い方だが認めてもいいのではないか」などという議論が出てくること自体なんかヘンだよ。

管理人のコラム6 より

まっとうな人間なら、当然感じるであろうこのような違和感を、私も(恐らく人より)強く感じるのである。インターネットの仕組みをタダで利用している一ユーザーとして。

文法違反を釈明するにしても、無断リンク禁止を正当化するにしても、なぜそういう主張をする人々は申しわけなさそうな態度を取れないのであろうか。それはもちろん、WWWにしろ何にしろ、自分こそ主役であって、感謝する気持ちなど初めから無いからである。

「誠に申しわけありませんが、これこれこういう特別の事情がございまして、リンクする際にはご連絡いただければ幸いです。自分勝手は承知ですが、よろしくお願いいたします。」

これが、筋というものである。ルールや、理念といったものを打ち破って、尚且つ説得力を持つ、あるいは人の心を動かす主張があるとすれば、その背景には必ず感謝がある。感謝の無い人間に、感謝することを忘れた人間に、人の心を動かすことなどできはしないのである。

日本人の言う「自由」に違和感を訴えるものが多いのは、「与えられた自由」だからではない。その「自由」に誰一人感謝を感じていないからである。先人が勝ち取った自由であれ、与えられた自由であれ、感謝がなければ、全て虚しいのである。敬意と言い換えてもいい。が、依然としてその本質は、感謝の念に違いあるまい。

「情けは人の為にあらず」という。ボランティア同様、感謝も人の為ならず。虚しく日を過ぐことの無いように、生活に意味を与える為、自分の為にすべき事である。

付記12/30

公開
2002年12月30日

IE5.5ユーザー様のご報告で、IE5.5のsans-serif問題を思い出しましたので、よろしくないCSSに加えました。

関連:[IE5]sans-serif を指定した HTML ファイルを表示すると文字化け(microsoft japan)

驚き12/30

公開
2002年12月30日

何通か頂いたご報告のうちのある一通、読み終えてから正字正かなで書かれていたことに気づいた。なんとも自然に読めてしまったことよ。

感謝12/30

公開
2002年12月30日

このところ、頻繁にサイトの不具合のご報告を頂いております。どうも有り難うございます。来年もよろしくお願いします。


CSSに関心のある読者様が多いという印象ですが、私も現在、技術的なことではなく使い易さの観点とはいえ、CSSに特に関心があります。両者の関心が一致するとすれば、これほど望ましい状態はありません。

適当な言葉をでっちあげて検索してみるテスト12/28

公開
2002年12月28日

「リセットボタン症候群」でGoogle検索

一件のみ。定義リストで表現されたへんてこな「詞」がヒット。満足できないので久々infoseekで再検索……しようと思ったらOperaが落ちた。

この件で脱線。

IE6で開きなおしてみると、なにを血迷ったかinfoseek、トップページにて日の出を演出。詳細を見ると、どこかの博士が憤慨のあまり気絶しそうなことをやっている。

現在infoseekでは、皆様がトップページをご覧いただいた時に、トップページの下部より広告が表示されたり、動いたりする新しい広告、フローティングAD(動画広告)を開始いたしました。

「日の出・動画広告」についてのご案内 より

この広告が流行れば、ユーザーは10秒間、コンテンツの閲覧を妨害されることになる。絶滅寸前の生物はその特徴を異常なまでに発達させ、その特徴ゆえに滅びると言うが、まさにWWWの広告業界は、いよいよ末期にさしかかったと言えるであろう。

ところでこの、現在infoseekではの結びが開始いたしましたとなっていることを不快に感じるのは私だけだろうか。

脱線しっぱなしで終了。なんか力尽きました。

普遍的URIとファイルマネージャ12/28

公開
2002年12月28日

jintrick(陣取り + 罠)という造語を誰か使っている人がいないか念のためチェックしてみたら、MK EditorのReverse AccessページにウチのリソースのURLを発見。MKに関心を持ってくれる方がいたということで。

projectマネージャは普遍的なURIを心がける方の強い味方です。それゆえ私はMK Editorを推します。

OperaのCSS関連(普通に日本語使えました)12/28

公開
2002年12月28日

cssファイルの先頭行に、@charset "Shift_JIS";と記述する等、きちんと文字コードを指定してやれば、valueに日本語も使えるようです。link要素のcharset属性では駄目。というわけでエスケープする必要はありませんでした……お粗末。

気をつけるべきこと
IEと違って、@charsetの前に文字列が存在するとCSSを正しく解釈しなくなる(バグではない)。@charsetは文法どおり先頭に記述しなければならない。

というわけで面倒臭がらずに@charsetは書きましょう(自戒)。

CSSファイル12/27

公開
2002年12月27日

今日、あるサイトのCSSを見た。かなりの部分が、CSSファイルを直接見る私のような人への配慮のコメントになっていて、丁寧にJavascriptで読み込むCSSのURIまで書いてある。これは見習わねば。

自分なりの工夫としては、敬語は廃してできる限り簡潔に書く。とか。

年末の大掃除も済んだし、サイトの大掃除でもしますかね。

User-Javascript12/26

公開
2002年12月26日

修正と追加(タイトルとURLをコピー)。

スライドショー12/26

公開
2002年12月26日

先日やろうと決めたスライドショー。UIを考えるのが面倒だ。そもそも、CSSを無効にされるとどうしようもないから、display周りだけで表面的にセクションを見せたり消したりするわけには行かない。となると配列にかなりの情報を格納せねばならず。だめじゃん。作り直し。

でなければ「CSSオフにしないでね宣言」するか、もしくはこちらのCSSを適用していない場合に、発動のスイッチが見えなくなる仕掛けを考えねば。

覚え書き

  • removeChildで消去したノードを再取得しようとして悩まないこと

ユーザフレンドリな装飾12/26

公開
2002年12月26日
  1. 外部CSSを利用して、フレキシビリティを持たせる
  2. 自分が最も見やすいと思えるCSSを作る(努力をする)
  3. 自分と趣向の異なるユーザに配慮した形の代替スタイルシートを用意する

私の場合3.に関して、暗い背景色の代替シートを用意するという選択肢を取ったわけですが、これでもどうしようもない、細かい好みに分かれる部分については、JavaScript for CSS(3)のような方法を使ってみるのも手です。

尚これ↑はサイトマップの表示領域生成用の既存の関数を流用しているので、JavaScript for CSS(3)のものとは異なります(判別が適当)。エラーがあっても苦情はウチにお願いします。

実用的にするには、セレクトボックスを用いて制作者側で用意した限定的なルールを選択させる形がベターで、クッキーの量を考えてもこのまま使うことはできません。

いずれにしろ一番の問題は、CSSなど知らない一般のユーザーが自然に使えるUIを考えることです。

ユーザースタイルシートを使うことを薦めるのは別次元の話ということで。

Page Scroll12/22

公開
2002年12月22日

紙のメディアでは、ページの場所からどこいら邊まで讀んだかが直觀的にわかる。しかし、スクロールの發生するブラウザでは、好い加減にPageUp/PageDownすると、何處まで讀み進めたかがさつぱりわからなくなる事がある。紙メディア以上に、ウェブと云ふメディアでは、めりはりの效いた文章が必要である、と言はれる所以である。

闇黒日記(平成13年12月22日) より

この見識に大いに刺激を受ける。

ひとつ思い出したのは、とある掲示板にて大長文をうまいこと読まされた経験。同じテーマについて長々と論じる際、タイトルに(その1)、(その2)と付け、大きくスクロールしない程度に投稿を区切っていた。

以前、スクロールを発生させない仕掛けをDOMを利用して作成してみたことがある。この場合、制約が2つばかりあって、まず、区切りたい情報の単位を必ずマークアップして明示しておかなければならないということ。次に(これが大問題なのだが)文章の長さをある程度自粛しなければならないこと。

私は後者が絶対に許せずにこの仕掛け、所謂「スライドショー」の採用を止めたのだが、前述した(その1)、(その2)という方法ならば、やってみたくなってきた。量的な制約の中で書いてみるのも意味がありそうだし。

というわけで、デフォルトのフォントサイズ、800×600程度の解像度を想定して、スクロール無しで収まる程度にセクションの量を制限することにした。オーバーするなら(その2)等と新たに見出しをつけて分ける。できる限り簡潔に書くことにも気をつけたい。文章を書くことそのものが目的だからこそ取り得る選択なので、人に薦めたりはしないが。

Christmas Color12/22

公開
2002年12月22日

クリスマスの時期にデパートに行ったとき、店内の装飾が赤と緑だけで装飾されていたらどうだろうか。床は緑。天上は真っ赤。

もちろんそんなことをするデパートは無い。

しかし恐ろしいことに、ウェブでは当然のように行われるのである。

知っていること12/22

公開
2002年12月22日

日本の法律だと、同性に対する痴漢は違法ではないそうです。

Internet Watch 編集後記 より

本当かどうかは知らないが、同性だろうが異性だろうが風呂場を覗けば逮捕されることは知っている。

p要素12/21

公開
2002年12月21日

[形式段落と意味段落。(web)]及び[<p>タグと<br>タグとの狭間で。]を拝見して。

私はpをおおらかに、最小単位の文書構成「節(せつ / paragraph)」と解釈しているため、マークアップで悩むことは滅多にありません。HTMLは特に日本語をマークアップする為の言語ではないのですから、意味段落、形式段落という日本特有の概念と強引に一致させようとするのは無理があります。

で、私ならば、私的にはっきりと認識しているもののHTML要素として存在しない、最小単位の文書構成節(例えば形式段落)があってそれを明示したい場合、p要素としてマークアップします。形式段落の集合としての意味段落をも明示したいなら、「文書構成節」をグループ化するための汎用要素として認識している、div要素としてマークアップします。(例に挙られている(C-1)の方法)

これが気持ち悪いと感じるのは当然です。HTMLで規定されていない要素をdivとしてマークアップしているのですから。しかし(国際的に)独特な書き方をしている以上それくらいのことは仕方ないと考えるべきです。その前に私なら1つの主張の単位について再考しますが。

HTML要素の解釈には色々あると思いますが、少なくとも、マークアップで悩んでしまうような解釈はよろしくありません。本末転倒になり得るからです。また規格の進化は激しいので、細かく考えても無意味になる可能性があり、現時点としては緩やかな解釈が妥当だと思っています。


最新版も要ちぇっく(謎)

面白い文章は良いかも知れません。ただ、HTMLソースもきちんとしていればより良くなります。そして論理的な文章を書き、まともな文献を参考にする限り、きちんとしたHTML文書を書くのは簡単です。しかし妙な文献を参考にしてしまったり、おかしなオーサリングツールを使うのに慣れてしまうとそれは難しくなる、というだけで、よい文章と正しいHTMLのトレードオフというものが最初から無条件に存在するわけではありません。

恐ろしいISP12/21

公開
2002年12月21日

自分のIDとパスワードを入力したにもかかわらず、何故か他人様のメンバーサービスにログインしてしまった。私を犯罪者にするつもりか。>J-COM

と、思ったらアクセスログのページだけだったようで一安心。

それにしても、やはり勝手にアクセスログを取るのは止めて欲しい。たまに気になって仕方がなくなるから。しかも見たところで、わかるのは大体、agenda : Personnel : Sophia's のアクセス数比率が、10 : 5 : 1とかそれくらいだし。仮にブラウザ別の統計があったとして(無いが)、それを見て何か対策を立てられるわけでもなし。仮にホスト名が分かったとして(分からないが)、それを見て何か変るわけでもなし。仮にリファラが取れたとして(取れないが)……、いやこれは有用か。とにかく何の役にも立たないのですよ。J-COMの解析。

box-sizing12/20

公開
2002年12月20日

IEのボックス幅計算の所為でpaddingまわりを全て見直しする羽目に。包括しているブロック要素にpaddingを指定すれば済むところを内容の各ブロック要素ごとに指定しなきゃならない。ちょっと複雑なことをしようとすると必ずこの問題が。以後十分注意しよう。

psp、怪しい挙動をする12/20

公開
2002年12月20日

新しいプログラム、Paint Shop Proがインターネットにアクセスしようとしています。許可しますか?

起動すらしてないのよ。

font-styleとfont-family12/20

公開
2002年12月20日

font-styleプロパティは、normal, italic, oblique, inheritしか値に持てません。serif, fantasy, monospace等の一般フォント名は、font-familyプロパティの値に指定します。


さっきまで「mono-space」だと思っていた。修正修正。

cookieを削除12/20

公開
2002年12月20日

Mozilla / N6ユーザさんでIE用のCSS切替ボタンを押されてしまった方、失礼しました。また、「戻す」ボタンに不備というか気持ちの悪い点がありましたので、スッキリ戻したい方は再度こちらのボタンを押されてはいかがでしょう。


そういえば意外と見かけない「cookieを削除するボタン」。お気に入りに登録ボタンは要らないのに。これはちと考えてみる必要がありそう。

画像検索12/20

公開
2002年12月20日

AllTheWeb.comのimage searchは物凄い量がヒットする。ただ、キャッシュされていないようなのでご本尊を拝めないこともあり。

太陽をモチーフにした抽象的なデザインで参考になるものはないかと調べたら、213,254件ヒット。多すぎるというのも逆に調べる気力を奪うものです。

12/20

公開
2002年12月20日

なんとなく惜しい感じ(謎)の21WebSpiderデッドリンク@2002-09-24T20:10:48+09:00 を拝見して。

Basic - 基本事項と意外にやっているタブー - の箇所に、次の項目を追加することを薦めたい。

  • noframe要素、あるいはiframe要素に、あなたのブラウザには対応していません。等と無意味な記述をし、閲覧者を馬鹿にしてはいけません。代替手段を用意しましょう。

ちなみにimage要素のwidth、height属性の指定などはこれに比べれば瑣末な問題に過ぎない。これが廊下に立ってなさいなら、件は停学処分といったところ。

サイトイメージ12/19

公開
2002年12月19日

やはり大きくイメージを変えてはいけません。反省しつつCSSを改善。

Internet Explorer(5.5以上)をお使いの方へ12/17

公開
2002年12月17日

サイトイメージを激変させてしまってすみません。虚飾については調整中なのでご勘弁下さい。IE未サポートのプロパティを使っていない以前のCSSを適用できるようにしました。

外部javascriptがキャッシュされているとエラー、サクサク切り替えるとフリーズします。

随分前に試作したスクリプトなので恐いです。強烈な不具合などに遭遇された時の罵倒先はw650s@mcn.ne.jpです。よろしくお願いします。

尚、このボタンは当サイトについてにしばらく設置します。

族言葉変換スクリプト12/17

公開
2002年12月17日

最近のおすすめ経由で族言葉変換スクリプトへ。

そふぃあ 改め

訴腐威悪

ますます後悔するはめに。

シンプル化12/17

公開
2002年12月17日

なにやら全て剥ぎ取りたくなる衝動が。画像とかで遊んでみたものの、結局見辛くしかならないんだもの。才能なしか。

ちょっとした発見といえば、背景画像をぼやけさせると、文字が前面に押し出される効果が得られるということくらい。これは文字と背景画像が重なっていても効果あり。うまく使えばより見やすくなると思う。しかし背景が暗くないと相当難しいことも分かった。白背景についてはゆるゆる実験していくことに。

個人的に、シンプルにしただけで悦に入るのは嫌いだ。シンプルであることを自慢する人間は、シンプルではないから。自慢って装飾じゃないか。自慢は肯定する立場だが、シンプルを自慢するのは哀れ。シンプルなのが好きなんですよ?、えへへ。というアレ。芸能人に多い。大抵の場合、シンプルなモノへの執着であり、コンプレックスの現われでしかない。