参考にすべきCSS

装飾用画像なし

最終更新
2003-09-21T15:06:29+09:00
番長方面
レイアウトに統一感、配色に質感があり、また、コンテンツごとに変えているので飽きさせません。極めて洗練されていると思います。h1のスタイルが個性的ですが、文字数があまり自由でないような気がします。
「言葉 言葉 言葉」ALLNET最終版スタイル
うちのCSSはここのCSSのいくつかの要素を取り入れています。完成度が高く、個人色が無いので様々な方法で再利用可能なCSSです。スクリーンメディア全般に対応。

装飾用画像あり

最終更新
2003-11-24T07:52:22+09:00
娘娘飯店しるきぃうぇぶ
トップページのスタイルが「華やか」ですが、これを眺めるだけでは駄目です。実際にサイトの中身を「読んで」みましょう。オリジナリティを出しつつ、「幅広い閲覧環境に柔軟に対応した読みやすい」スタイルです。配色、フォント、アンカーのスタイル等々すべてに意識的な配慮がされています。多分。特筆すべきは環境依存の「font-family」に頼っていない点です。さすがに真似しろと主張するつもりはありませんが、背景画像(background-image)同様、font-familyはまずスタイルを完成させてから弄るべきプロパティだと思います。
mew
心地よいデザイン。文字が小さめなのに不思議と違和感がありません。(2003-03-04現在)
Azure Cloister
Azureスタイルは背景画像(グリッド)とフォント(私の環境ではMS UI ゴシック)が調和しています。また論理的なスタイルで、読みやすいというか、むしろ読みたくなるスタイルです(個人的な感想)。非個人的な意見を付け加えるなら、背景画像の濃さが心配なところです。閲覧環境によっては文字の可読性を邪魔するかもしれません。しかし私の環境ではちょうど良いので、難しい問題ではあります。(2003-11-23現在)

おまけ:参考にすべきでないCSS

最終更新
2002-08-24T14:13:07+09:00
Sophisme
カーソル変更、(環境によっては)変なグリッドがついてくる、閲覧者には意味不明な仕掛け等々。誰ですか、こんなスタイルを考えたのは。……私です。初めてCSSを弄った記念にそのままにしてあります。また、このサイトとは概ね関係ありません。

つづく

最終更新
更新はありません

次に、海外のCSSに目を移します。