予約について
お電話でのご予約は、1ヶ月前から承ります。
御来店のお客様で、
1ヶ月以上先のご予約を希望なさる方は、
店主までご相談下さい。
また、1ヶ月以上先のご予約を希望なさる遠方のお客様も、
店主までご相談下さい。
COCHI Schdule
諸般の事情により急遽変更となる場合があります。
詳しくはお店にお問い合わせ下さい。


9/3(金) 長山剛士(g) 中村新史(org) 小森耕造(ds)
9/4(土) 近藤和彦(as) 荻原 亮(g) 土井孝幸(b)
9/8(水) Jam Session
9/10(金) 安カ川大樹(b) 海野雅威(p)
9/11(土) 池田 篤(as) 荒巻茂生(b) 横山和明(ds)
9/17(金) 中村誠一(ts) 野本晴美(p)
9/18(土) MAYA(vo) 荻原 亮(g) 嶌田憲二(b) 松尾 明(ds)
9/19(日) 岡崎好朗(tp) 関根彰良(g) 鳥越啓介(b)
9/22(水) 太田 剣(as) 海野雅威(p) 鳥越啓介(b)
9/23(木) 竹内 直(ts) 金子雄太(org)
9/24(金) 松島啓之(tp) 山田 穣(as) 今泉正明(p) 嶋 友行(b) 広瀬潤次(ds)
9/25(土) 井上淑彦(ts) 清水絵理子(p)

10/1(金) 太田 剣(as) 長山剛士(g) 仙道さおり(per)
10/2(土) 池田 篤(as) 関根彰良(g) 荒巻茂生(b)
10/7(木) 古野光昭(b) VS 鳥越啓介(b)
10/8(金) 美山夏蓉子(vo) 田中信正(p)
10/9(土) 吉田 智(g) 井上祐一(p)
10/10(日) 鈴木道子(vo) Q いしかわ(ts) 清水絵理子(p)
10/13(水) Jam Session
10/15(金) 松島啓之(tp) 菅野義孝(g) 小西忠哲(b)
10/16(土) 山田 穣(as) 池田 潔(b) 正清 泉(ds)
10/21(木) 井上淑彦(ts) 吉田 智(g) 鳥越啓介(b)
10/22(金) 川上さとみ(p) 佐々木悌二(b) 原 大力(ds)
10/23(土) 小林香織(as,fl) 西川直人(org)
10/29(金) 未定  荻原 亮(g) 佐藤"ハチ"恭彦(b)
10/30(土) 森下 滋(org) VS 野本晴美(p)


What's COCHI

宮崎マスター略歴
東京生まれ
20代から都内のジャズクラブで
『名物マネージャー』として活躍
97年に独立し
小岩に『COCHI(コチ)』を開店
98年10月より
ジャズライブを開始する。

店の前に立つ、宮崎マスター →


江戸川区南小岩8-12-6マンション中村 II 1F
03-3671-1288
JR小岩駅南口から徒歩4分

月曜日 定休
Live Charge \ 2,500〜

Liveの時はもちろん
Live の無にい時も
遊びに来て下さいね!

『COCHI』の宮崎マスターは無類のジャズ好きである。しかし、レコードを何千枚も持っていて、録音年月日からパーソネルまで、スラスラと答えるというようなタイプでは決してないと思う。略歴からもわかるとおり、彼は、長きにわたって上質のジャズを我々ファンに提供し続けてくれたのである。
 そんな彼が、一時的とはいえ、ジャズライブの現場から遠ざかったことはジャズファン、宮崎ファンには寂しい出来事であった。
 しかし、いよいよ、彼はライブシーンに帰ってきたのである。昨今の厳しい経済状況の下、難しい問題も多々あると思うが、開店1周年を目前にして、岡 淳(ts)トリオによる初ライブを行い、大成功をおさめた。『COCHI』では、今後も週末を中心に、コンスタントにライブを続けて行くという。
 宮崎マスターは、ライブを始めた理由として『今まで世話になったミュージシャンに恩返しをしたい』と語っている。自身がブッキングし、すばらしい演奏を聴かせてくれたミュージシャン達に、少しでも演奏する場所と機会を増やしたいというのだ。それも、出来るだけミュージシャンの立場に立って、採算を度外視するとさえ言い切る。
 そういう話をするとき、いつも笑みを絶やさず、気配りを忘れない、ひょうひょうとした雰囲気の彼はいない。そこには、ジャズを愛し、盛り立てて行こうという、骨太な意志を表情にみなぎらせている男の顔がある。
 では、そういったマスターが始めた『COCHI』とは、いったい、どういった店なのだろうか、宮崎マスターは『この店の売りは俺だけだ』と笑う。照れと自負が同居しているのだろう。もちろん、マスターの人柄を慕って、地元の小岩のみならず、遠方からも足を運ぶお客さんも多い。しかし、それだけではない、手ごろな(むしろ安すぎる!)値段で美人ママの手料理でお酒が楽しめるのだから。
 ライブのないときでも、ぜひ一度『COCHI』に立ち寄ってもらいたい。
そこには、ジャズと酒をこよなく愛する男がいる。