ホーム掲示板アシスタントの世界作品ブログリンクウェブコミックメール

無職の漫画家、奮闘の記録4《2006年-2007年》


アシスタントを続けながら、作品を執筆する生活であります。
幸い必要としてくれる漫画家さんもいて、生活面では何とかなっているのですが、
いざ作品を描き始めると、アシに行けないため、とたんに困窮し始めます。
う〜む…なかなか儲からないな〜。
※このページは下から日付順に並んでおります。

パチスロ漫画・連載の記録1999  
パチスロ漫画・連載の記録2000  
パチスロ漫画・連載の記録2001  
パチスロ漫画・連載の記録2002  
パチスロ漫画・連載の記録2003
無職の漫画家奮闘の記録1《2003》
無職の漫画家奮闘の記録2《2004》
無職の漫画家奮闘の記録3《2005》
無職の漫画家奮闘の記録5《2008》

■最新の情報はブログ「さいきんの流星光」でどうぞ。

これより後の記録

*******************************************

2007年9月23日(
近況はと言いますと…

*******************************************

ま、いろいろ変化はあります

原稿料ページ5,000円の仕事はもうやらない!と宣言をした。
メールではっきり言った。

だからもうあの編集プロダクションからは仕事来ないだろう。

でも、書籍マンガの方は新企画がスタートした。
ま、内容は同じで、書籍の中じゃなく、マンガ自体を小冊子の形にして
お店に来る人に配りたいと、そういう話なんですね。

内容は同じだけど、シチュエーションも登場人物も変えてほしいという要望。
だから全部描き直しです。

でも仕事があるのはいい事です。
途切れなく仕事しないといけない状況は、お金の面で安心です。



新たな仕事依頼がありました

ある出版社さんから仕事の依頼。
ジャンルで分けると「実録モノ」だろう。
いろんな業界のウラの話だ。
原作付き。

編集さんがちゃんと会いに来てくれて、丁寧な対応。
原稿料も5,000円なんて事はない。
引き受ける事にする。

漫画家不足のようで、これからも仕事を頼みたいとおっしゃる。
毎月の決まった額の収入につながるならやりましょう。
買わなきゃならない物もあるしね。

・グラフィックソフト「painter」
・パソコン、増設メモリ
・新しいパソコン
・携帯電話

などなど…

ま、そう挙げて行くとキリないですけど、
仕事があるのは安心します。


□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2007年6月17日(
今度のことを考える…

*******************************************

悩み

さいきんの事について…。

前回ほぼ3ヶ月前の記述と変わらず、まだ漫画・今後の進路について悩んでいる。

ある編集プロダクションからいただいていた仕事…
この仕事は原稿料が1ページ5,000円と非常に安いんだけど、
それでも仕事が無いよりはマシと思って引き受けて
一生懸命やっていた。

するとその編プロからは、どんどん仕事が回ってくるようになった。
普通なら喜ぶべき事なんだけど、稿料5,000円となるとそうも言ってられない。

僕は描くのが遅いという事もあって、稿料5,000円の仕事が連続すると
生活が非常に厳しくなってしまう。

周りの意見を聞いても、
「それは安過ぎる」
「全体の相場が下がるので引き受けるべきではない」
「自分を安売りすべきではない」
などの意見があり、もうその編プロとのお付き合いはやめようかと思っている。

そして、やはり僕は絵を描くのが遅い…というか、
現在のような描き方では遅いので、絵柄も変えようかと思っている。
つまり一部で評判の良かった2頭身キャラで攻めてみようかと思っている。
↓こんなヤツ


そして、企業の業務内容を説明するための漫画も引き受けることにした。
ま、もう書籍一冊分は描いたんだけど。
しかし、そこで自分の中に反論が生まれた。

そういう周りの事情「効率的じゃない」とか「こっちの方が売れそう」
「生活のため」とかで絵柄を変えていいのか?
まず自分がいちばんいいと思う絵を描くべきじゃないのか?

そんなこんなで、あれこれ考えているんだけど…
結局、周りから見ると、何もせずにじっと動かないだけに見える…

そうだな…やっぱりアクションを起こしてみないと
それが正しいのか間違っているのかがわからないだろう。

とりあえず、「こっちか?」と思う方向に、少し大きく踏み出してみる
事が大切なんじゃないか…と思っています。

間違ってる道を探すために動く。

そういう事でしょうか…。
そう。
動かないとマズイね。

周りが悪い、編集が悪い、時期が悪い…
生活が大変だから仕方がない、絵を描くのが遅いから仕方がない…
そういう言葉ばかりが出てくるようになったら終わりだな。

この状況を打開すべく、最大限の努力をしていかなくてはならない。

どんなに点差が開いていても
そのとき出来る最高のプレーをする!


その言葉を忘れずに毎日努力を積み重ねて行くしかないです。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2007年3月9日(
『ZUBA!』原稿やってます!

*******************************************

悩み

さいきん、また仕事のことで悩んでいる。
今やっている仕事は、ワイセツな事件の漫画であって、いちおうエロ系なんだろうけど、担当さんは、「もっとエロく」みたいな事を言ってくるんだけど、要はワイセツな事件の記録漫画なので、レイプや強姦…同じか…売春などが多く、オール原作つき。

こないだもネットで誰かに言われたが、以前のような、僕の持ち味を生かした作品ではない訳だ。
僕の持ち味というのも、ささやかながらあると思っているんだけど、それは、個性的なキャラであったり、変な設定であったり、ストーリー展開であったり…そういう部分ではないかと自分的には思っている。

展開にしても、ギャグ交じりの、ちょっとコメディギャクタッチの方が向いていると思っている。

しかし現在描いている漫画は、バリバリの原作でページ数も少ない。
セリフも
「へへへ…大人しくしろ」
「警察に言ったらこの写真ネットでばら撒くぞ」
的な個性も何もないセリフばかり。

何だか青臭い事を言っているようだけど、このままでいいのだろうか?と考えてしまう。
単行本も出ないこの仕事、果たして自分のためになるのだろうか?

編集部の「言うとおりに描いてくれる漫画家がほしい」という要望に応えているだけではないのか? …まあ、ちゃんと応えられているのか?という不安もあるけど…
コチラが得ている利益は原稿料のみ。

何だか、この愚痴…パチスロ漫画を辞める時にも同じ事を言っていたような気がする。

また嫌になったのか?
嫌になったからという理由で辞めるのか?
それとも、嫌な仕事はやらない方がいいのか?
俺はわがままか?
じゃあ仕事はどうする?

といういろいろな事が脳内をぐるぐるぐるぐる回っている状態です。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年12月9日(
『ZUBA!』「猥褻事件 file.5」原稿アップ!

*******************************************

『ZUBA!』原稿上がる



今回は久々に厳しかった。
久々に頑張りました。そんな感じ…

11月末日まで「坂本龍馬暗殺」の漫画にかかりきり。
11月30日の午前10時に駅の改札前で原稿渡して、寝ずにそのままアシスタントへ。
家に帰ったのは13時間後…。
そのペースで3日連続でアシスタントを頑張る。

徹夜で原稿を上げた後のアシはキツイ。
眠くて大変だった…。

そして12月3日からすぐ「ZUBA!」の6ページ漫画のネームへ。
3、4、5、6、7、8、9日か…
9日の午前11時に完成原稿を渡した訳ですが、実質8日の夜には完成していたので、正味6日間で6ページを完成させたという事です。
ま、早くもないか…
遅いと思う方も多いかも知れませんな。

ま、とにかく上がって良かった。
上がって良かった〜。
これで無事に年が越せるぞ〜っ!

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年11月30日(
「坂本龍馬・謀殺の真実」アップ!

*******************************************

原稿上がる

「坂本龍馬・謀殺の真実」アップ。
17ページの小作品ですが、何か…時間かかちゃいました!

掲載誌はですね…来年、1月中旬発売
『実録 仰天世界事件史 2』
って誌名だと思います。

本屋さんよりも、コンピニの単行本コーナーに置いてると思います。
見かけたら立ち読みでもしてみてください。


今回は、坂本龍馬を殺したのは誰か?ってお話だったんだけど…。
う〜む…、あの結論でいいのだろうか…。
編集部からの原作通り描いた訳ですが、
ネットで調べても、アノ人が犯人だなんて、どこにも書いてないぞ…。

まあ、結局、「わからない」って事なんだろうな。
でもやっぱり、「実は、真相はこれだったのです!」的な感じで誌面に載せる訳だから…
大丈夫か、不安です。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年11月13日(
携帯コミックに関すること

*******************************************

いよいよ訴訟か?

とりあえず法テラスへ電話相談。
法テラスでは、話を聞いてくれて、
簡単な相談に応じてくれる弁護士さんに電話をつないでくれた。
以下、その弁護士さんのアドバイス。

・内容証明郵便を送って請求する方法
・簡易裁判所で支払い命令をしてもらう。
・少額訴訟を行う。

以上三つの道があるらしい。
僕は、とりあえず正式に請求書を送っていなかったので、
内容証明郵便で請求することにした。

文房具屋さんで、内容証明用紙を買ってくる。
封筒と書き方の解説書がセットになっていて630円。

そして「お手本」を見ながら書き、郵便局へ。
1,220円

「今月中に払わなきゃ訴えるぞ」
という内容の文章にしたけど…どうなることやら…。
もちろん今月中に入金が無かったら、12月1日に訴訟を起こすつもりだ。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年10月31日(
携帯コミックに関すること

*******************************************

原稿料の未払いだ〜!

以前やった携帯コミックの原稿料が、いまだ支払われず、どうやらとてもやっかいな方向に向かっているようだ。( ̄д ̄||)
どうやら法的手段に訴えなくてはならなくなりそうだ。
面倒くさいな〜。

実は僕は、行政書士の勉強をしたことはあるけど、ほとんどシロート並みの法律知識しかない。
一からネットなどで調べて相談しに行かなくちゃならんのか〜…。
しかも、漫画業界おなじみの「契約書も何もナシ」という状態なんだけど…大丈夫かな。
とりあえず…原稿を上げよう!

↑って言ってると何も出来ないんだよな。
「とりあえず…原稿を上げよう!」
っていうのは逃げだな。

ま、とにかく、テレビを観ながらボーッとしている時間は無いな。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年9月30日(
猥褻事件 実録マンガ執筆中。

*******************************************

エロ漫画、ネーム完成

とりあえず、ネームは完成。
…って事でいいのかな?

エロ用のペンネームが決まった。
あおぞら椿
なんでこの名前か?
別に深い由来はないっす。

流星光は、「流れ星が光った」という名前なので、
夜空を見上げている訳です。
だから、今度は青空を見上げてみようか…と思ったのです。
「椿」は、「流星光」という名前の名残りを少し残しておきたくて。
「流星光(りゅうせいこう)」という椿の花があるんです。
だから「椿」にしました。
ま、こじつけっぽいですかねー。

エロは難しい。
ほとんどからみのシーンなんだけど、その必然性が大切なんだと思う。
どうしてこの2人はSEXしとるのか?
その流れが、どうも上手くいかなくて、何度も描きなおす。

そして、やっと原稿用紙に枠線を引くまでに至る。

そしてちょうど良い時に原作が来たので
「ZUBA!」用の原稿に入る。
今度は流星光のPN(ペンネーム)でのお仕事。
猥褻な事件の内容を説明する6ページの漫画だ。
これはこれで難しい。
なんたって6ページしかないんだから…。

ああ、とにかく仕事量を増やさなければ…。
頑張りましょう。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年8月31日(
猥褻事件 実録マンガ執筆中。

*******************************************

エロ漫画、始めようかな…

さいきんは、今やってる「ZUBA!」の仕事と、
あとは、友人のアシスタントをちょぼちょぼとやる程度。
月収は本当に少ない。
ワーキング・プアです。
いや、あんま働いてないから……
ノン・ワーキング・プア?
アンチ・ワーキング・プアか?

ニートか!?

どうにもならんという事で…
いよいよエロ漫画に手を染めてみようかと考えています。

エロ漫画を描くのは、イヤじゃないんです。
自分には描けないと思っていたから描かなかっただけなのです。
それでも、何やかんやと微エロ系の仕事も来たりして、
何とかやっていたんだけど、
ちょっと頑張れば、自分にも描けるんじゃないだろうか?と
思えるようになってきたのです。

そんな甘いもんじゃないのは、わかってます。
でも新人になったつもりで、エロ業界に飛び込んでみようかと思っとります。

ペンネームどうすっかな…と考えた訳です。
だって、エロ業界には流星ひかるさんって漫画家さんがいるじゃないすか!
ま、噂では、もの凄い軽いエロみたいですけど。
後から入って行く私としては、紛らわしい名前を名乗る訳にもいかず…。

あと、家族や親戚が目にする事も考えると、
やはりペンネームを変えた方がいいのではないかと思うのです。
エロですから。
近親相姦ネタとか従兄弟(いとこ)といたすとか、
いろんなシチュエーションを試してみる可能性があるのです。
それを読まれて、
「あの人、こんなこと考えてたんだねー」
とか思われるのは、とっても嫌です!
田舎に帰れなくなります!
だからペンネームを新しく考えているのです。
候補はいくつかあるのです。

ま、発表はのちほど。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年8月10日(
猥褻事件 実録マンガ、アップする。

*******************************************

「ZUBA!」の原稿、アップする!

「ZUBA!」という雑誌に毎月描かせていただくことになった。
猥褻事件マンガ…つまり、実際に起こった事件をマンガにして、
これこれこういう事件でした、こういう男が猥褻事件・婦女暴行事件を起こしました的な内容の漫画。

第一話は、マンションの階段の踊り場に女性を連れ込み、
レイプする男の犯行を描きます。

6ページです。

なんだか、やたらに進み方が早いなーと思っていたら、6ページだったのですね。
時間に余裕を持ち過ぎてました。
ペン入れ、ベタ、ホワイト、トーンなど…それぞれの作業が予定より大幅に早く終る。
予定では8日に上げる予定が、2日遅れて10日に上がる。
それでも、締め切り日が10日だったので、問題はない。

う〜ん…さいきん締め切り通りに上げてるなぁ…。
なんとかこのペースで行きたい。
この漫画は連載だからな…気がゆるまないように引き締めていかないといけません。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年7月6日(
久しぶりにアシスタントに行く

*******************************************

ネットで募集

とある掲示板に「臨時アシスタントやります」と書き込む

その掲示板は、漫画家とアシスタントを結ぶ掲示板で…
ま、早い話が「JAC」なんだけどね
でも臨時だと来ませんね〜、アシの依頼が…。

それでもやっと依頼メールが来た。
一日だけの日帰りのお手伝い。
エロ漫画の女体のトーン削り。

まあ、普通にやれば問題ないんだろうと思っていたら、
2時間に一枚仕上げなくてはならず、ぜんぜんスピードが追いつかなくて苦労た。
僕と同じように、その日初めてのアシの人が速い速い。
どんどん上げていくんで、僕もあせって頑張ってやったのだった。
終わってみたら、ものすごい濃い一日。
久々に充実した一日だったな〜。

この日、思ったこと
ヤバイ…俺の時代は終わった…?
俺…、スピード遅くなったのかな〜?
ヤバイな…、こんなんじゃ、アシスタントでも食ってくの大変かも…。
漫画の仕事、何でもいいから選り好みしないで引き受けないと食ってけないな。

え?なんでアシで食っていけないのに漫画で食っていけるの?
と思われるかもしれないけど、実はフリーアシ業界は厳しいのだ。
アシの方が、僕は厳しいと思います。シビアです。
本当に実力勝負。スピード勝負です。

漫画だったら、僕の持っている総合的な力で何とかまだ勝負できそうなんだけど、
フリーアシのような実力勝負の世界では、実力が落ちると顕著に目立つ訳なんです。


う〜ん…とにかく落ち込んだな。
ま、年齢の問題じゃないんだろうけど、なぜか年齢を感じた気がした。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年6月29日(
イラスト3枚、上がる。

*******************************************

織田信長の関連本のイラスト

まあ、イラストっちゅうかカットなんですけど何か?

別冊宝島の本のイラストの依頼。
織田信長の関連本らしい。
信長の戦術や知られざる情報満載の本のようだ。

依頼されたのはカット3枚。
6cm×6cmの小さいサイズ。
6cmなんて大きさじゃ描けないから、14cmくらいで描いた。
ものすごく縮小されてしまうからイメージつかみずらくて苦労した。
それに、縮小率が大きいから、トーンは一切使わなかった。
使わない方がいいんじゃないかと思ったんだよな〜。
50%以下になる訳だから、ぜったいトーン使うと汚くなりそうで…。

でも、そういう絵の仕事って、ほとんど初めてだったから
勝手がわからない…。
終わりがわからない…。
きりがないので、無理やり作業を打ち切った形となりました。
それで完成。
本に掲載されてみないと、感触が掴めないな。
ま、本の発売を待ちましょう。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年6月20日(
剣豪マンガ、上がる。

*******************************************

巌流島の決闘の漫画、上がる

(c)流星光
『巌流島の真実
〜小次郎を殺したのは誰だ?〜

原稿上がる。
締め切り通りに上げる。

締め切り前日にかかってきた電話には、

「大丈夫です。明日上がります」

と答えた。
何を書いとるのか?と思われる方もいるかと思うけど、
これって、大変な事なのだ。
この「大丈夫です。明日上がります」というセリフ、
僕は、おそらく初めて口にしたんじゃないかと思う。

今まで約束の締め切り日に原稿を上げたことがない僕は、
そのセリフを言った事がなかったのだ。
電話を切ってから少し感動した。

健康状態の不安

今回、ランニングで傷めた足の引きずっての仕事となった。
足は動かさないようにしていたら徐々に良くなってきたんだけど、
なぜか両足は極端にむくみ出してきた。
前回、草野球で転倒したあざ(内出血?)も濃くなってきている。
どうしたんだろう?と怖くなる。

原稿が上がって、ゆっくり寝たら、少し良くなる。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年6月14日(
携帯コミック、上がりました。

*******************************************

やっぱりギリギリの僕…(´・ω・)ショボーン


(c)流星光
『稲葉孝太郎でございます。』

ふう…何とか上がった。
上がってヨカッタ。
最後の1日だけ、手伝いの人に来てもらった。
ホワイトとかトーンをやってもらった。
背景は自分で描きました。時間が無かったのでトレースを多用しました。

《そこで気づいたこと》
トレースの方がリアルに描ける。当たり前ですけどね。
でも、そっちの方が、なんか自分的に好ましい。


携帯コミックは、一コマひとコマ表示するので、
PC処理の時に、コマの周りは、全部ベタにするんです。
だから、ワク外のホワイトは必要なし。
楽は楽なんだけど、パッと見、自分の中で「未完成」感が払拭できませんでした。

ワク線の外が、キレイになってないと、すごい気になるな〜。
旧時代の漫画家の特性なのだろうか…。

手伝いのYさんも、やりにくかったかも知れません。
全部ホワイトかけてください!という指示じゃなくて、
コマの中だけホワイトお願いします!って言うのは…
やっぱやりにくいんじゃないでしょうか。

■掲載紙のお知らせ■
僕の描いた『稲葉孝太郎でございます。』は、
携帯コミックのみの掲載となります。
auとVodafoneで読むことができます。
詳しくは月刊ビッグバーンにてどうぞ。


□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年6月10日(
携帯コミック執筆中!

*******************************************

ひ〜!進みが遅い〜!

執筆中の携帯コミック「稲葉孝太郎でございます」(仮題)が
なかなか進んでくれない。

昨日一日は、急きょ別件のネームをFAXしなければならなくなったので、
一日それにかかりきり…。
携帯コミックの下描きは、あと8ページほど残っている。

でも、何としても14日までには上げなくては!
だってこれ、先月、締め切り延ばしてもらった漫画だから。
ネームは、とっくの昔に出来てるのだからね!

くっそ〜!今日から死に物狂いでやります。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年5月23日(
依頼された時代モノの漫画

*******************************************

『巌流島の真実〜佐々木小次郎は誰が殺したのか?〜』

以前、お付き合いのあった編集プロダクションから依頼があった。
まあ、こないだ小さいカットを描いた編プロなんだけど。

何かと思ったら時代漫画!
しかも、佐々木小次郎?武蔵も出てくるのォ?
ひ〜!『バガボンド』を全巻読んでるもんで、あのキャラが頭から離れないよ〜っ!
ま、それを打ち消しながらキャラ設定するのも楽しいんですけどね。

ページ数は短くて、15ページ
コンビニで売られる単行本サイズの廉価本です。

でも、ネーム&キャラ設定は、携帯コミックの方と同時進行してやらなくてはならない感じ…。
大丈夫かな?
よし、寝てない漫画家さんのマネをしよう。

□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□
【流星光/タイムマシーン・ジャーナル】
漫画家・流星光(ながれぼしひかる)の個人サイト。
漫画の描き方
漫画アシスタントの世界
ブログ「さいきんの流星光」
□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□口ロロ□



*******************************************

2006年5月9日(
携帯コミック・第2弾!

*******************************************

落としちゃった?

アシスタントをしながらネームを進めていたんだけど、
なかなか思うように進まなくって…。
けっきょく昨日、ネームをFAXしたのでした。

…が、
編集長からの返事は、
「時間的に間に合わないから締め切りを来月にのばしましょう」

つまり、当初の予定の締め切りには間に合わなかったので、
一号ずらして掲載することにしましょう、という事。

そうか〜。
しまった〜。
でも、ネームが出来たし、
ネームをまた練り直して、絵をちゃんとしっかり入れよう!




*******************************************

2006年4月14日(
雑誌のカットのお仕事、完成!

*******************************************

カット4点、上がる

ちょっと時間かかちゃったけど、
コン詰めてやって終わらせた。

練馬のT先生ばりのコピーをしての汚れのチェックまでやる。
でも、完成度はあまり高くはないかな…。

一枚絵で勝負するのは大変だな〜と感じました。
でも、イラスト、これからちょっと描いていきますよ!
絵を描いて行きましょう。




*******************************************

2006年4月13日(
雑誌のカットのお仕事

*******************************************

なぜかカットの仕事を引き受ける

以前、お付き合いのあった会社からの突然の電話…
カットを4点描いてほしいとおっしゃる。

4枚くらいならすぐ描けるだろうし、と思って引き受けた。

ところがこれが、ちょっと時間かかっとります。
絵だけでお金をもらう訳なので、
ちゃんと仕事しようと思うと時間がかかる…。

しかも、携帯コミックの方のプロットがまだ出来てない。
カット描いてる場合じゃないんだけど。
でも、片付けてしまわないと、没頭できないから
今日中に仕上げてしまおうと思っています。




*******************************************

2006年4月6日(
携帯電話コミック・第2弾!

*******************************************

そろそろ、どお? と連絡入る。

前回の携帯コミックに引き続き、
そろそろ、どうか? と連絡が入る。
あわてる。
頭の中、今のとこ真っ白。
描きたい物がない。
言われてから、あわてて考える。

それでも漫画家か、と言われそうで情けない。

友人と電話した時に聞いてみる。

「描きたいことって、あります?」

その答にビビる…、

描きたいことは、常に10コほどあって、
その中から、その媒体に合ったものを選択して描くのだという。
9コ残るから、それはまた次の機会にとっておく。

のだそうだ…。
そうなんだ。
漫画家って、みんなそうなのかな…。

要するに、自己分析すると、
頭の中で、しばりを作ってしまっている気がするのです。
自由な発想になりきれていない…
アイディアとして出る前に、自分で打ち消してしまっている感覚。

気のせいかも知れないが。

なんか、アタマの中心のあたりで、わだかまっている塊があるような…

うわー、描きたいことをストレートに考えたり、思い描くことすらできなくなってる。
心を解放しなくてはならない。

瞑想とかがいいのだろうか…


*******************************************

2006年3月27日(
人生の棒立ち

*******************************************

わが人生において…

2004年まで、パチスロ漫画をやっていた。
何とかパチスロ漫画に食らいついていたのだった。
でも限界が訪れ、辞意を表明。

急激に仕事がなくなった。
行政書士の勉強をするとHP上で宣言しているためだ、と
思っていたが、実際はどうだったのか…。
事実上、漫画業界で干されていたのかもしれない。

行政書士の試験に落ち、漫画業を再開。
ちらほら仕事の依頼があったりするが、人生において明らかに大きな転機を
迎えている気がしていた。
ナニカガカワッタ…。
大きく何かが変わったのだった。
それは、僕の人生において必然の出来事のようだった。

来るべくして訪れた、言ってみれば階段の踊り場のような時期…

まだ、39歳だ。
これからどっちへ進むのか考えて決めなくてはならない。
生活のためにアシスタントをしているが、
必要以上に多くの金を得るために忙しく働くのは命取り。
いまは、考えるのだ。と自分に言い聞かせる。

まだ考えは稚拙でまとまっていない。
すべてが霧につつまれている。
いま進んではいけない。ともう一人の自分が言うのだった。
ぐずぐずしている間に時間は過ぎる、とも。
その声にごまかされるところだった。

いまは進むべきではない。
考えるのだ。
自然界でのサバイバルでは、考えて考えて、最後まであきらめず
決定をせず、自分のアイディアを疑い続ける人間が最後に生き残るという。

時間が過ぎるのをあせってはいけないのだ。


*******************************************

2006年2月14日(
携帯コミック、アップしました。

*******************************************

携帯コミックの原稿、完成

携帯電話に配信するための漫画が上がった。

他の漫画家さんは、あまり「ケータイ表示」を意識せず、
普通の漫画のように描いているようだけど、
僕は、バリバリ意識して描いたのだった。
メインは携帯電話だと思ったからだ。
でも、成功したかどうかわからない…
完成品を見てみないことにはな〜。

でも、これネ。
他の人がやってないってことは、
僕が、この雑誌の中で唯一ですよ。

そんで、
「月刊ビッグバーン」以外の携帯コミックは、
以前からあった漫画を携帯用に焼きなおした物だから
携帯用のコミックは「ビッグバーン」だけ。

つまり、僕が、この業界唯一です!

…なんて…。

他の人も意識してるのかも知れません。
ただ、PC版でもちゃんと見えるように描いただけかも知れません。
僕はPC版捨てましたからね。
それだけ「携帯コミック」に命懸けました!ってことです。

でも、もっといろいろ出来たな〜。
次はもっとやろう。
すぐ次描こうと思います。


*******************************************

2006年2月3日(
携帯コミック、表紙のみ完成。

*******************************************

携帯コミックの表紙、完成!

作品のタイトルは、『でんしんばしらの幽霊』
できた表紙がこちら。



中身は白黒なんだけど、やっぱ表紙は他の人もカラーなので、
カラーじゃなくちゃダメみたいです。
やっぱりPC作業は時間かかっちゃうな〜。

■この作品は、2月9日(木)auから配信開始の携帯コミック
「月刊ビッグバーン」
創刊2号(3月配信)に掲載されます。

■行き方は…
EZweb→トップメニュー→カテゴリで探す→電子書籍→コミック→月刊ビッグバーン


*******************************************

2006年2月2日(
携帯コミック、ネーム完成。

*******************************************

携帯コミックのネーム、完成!


やっとネーむが出来た。

当初の予定では、1月中には全部原稿を上げて、
アシスタントに復帰することになっていたんだけど…
やっぱり、とんでもなく遅れてしまった。

僕は、ネームを「組み立て」で作れない人間なんだと思う。
何となく、全体的なイメージが固まらないと何も手をつけられない。
だから、出来たネームを見ると、なんてことはないシーンなんだけど
ものすごい時間がかかったりする。
くっそー、やっぱり向いてないのかな〜。

去年、新IQテスト「テスト・ザ・ネイション」をやってみた結果、
僕は「右脳・右脳」型。
右脳で情報をキャッチして、右脳で排出するタイプだ。

向いている職業は、
画家、作曲家、陶芸家、
写真家、スポーツ選手、
イラストレーター、ダンサー。

その中で完全に無理なのは、スポーツ選手、ダンサー。
かなり遠く離れているのが、作曲家、陶芸家、写真家。
そして、いちばん可能性があるのが、画家、イラストレーターだ。

今からでも、ちょっとイラストの方に手を伸ばしてみようか…。
まったく別の世界のことじゃないし、可能性の一つとして
考えてみようと思う。

ちなみに、
漫画家に向いているのは「右脳・左脳」型。
右脳でキャッチして、左脳で組み立てるのだ。


はぁ…、やっかいなテストをやってくれるよな。
ことあるごとに気にしてしまう。


*******************************************

2006年1月24日(
携帯コミック、ネーム中。

*******************************************

携帯コミックのネーム


自分のHPの「漫画の描き方」では偉そうな事を書いているくせに、
いざ自分で描こうと思うと、本当になかなか筆が進みません。
何とも情けない限りです。

う〜ん…ネームは難しいし、時間がかかるな〜。
いや、僕の場合かかりすぎだと思う。

今だに漫画の仕事の進め方がわからない。
やっぱ、要領が悪いのでしょうか…。

ただ一つ間違いのない仕事の進め方と言えば…
毎日、コツコツ!
ですな。

これは、要領がいい方法ではないけど、
行き詰ったときに唯一すがれる方法です。

頑張るしかない…か。



これより前の記録



TOP

HOME 掲示板アシの世界連載の記録プロフィール作品リストコラムリンク集奮闘の記録メール


Copyright (C) 2000-2002 Hikaru Nagareboshi All Rights Reserved.