手作り年賀状を作りませんか


 牛乳パックをリサイクルして手作りの年賀状を作りませんか。少し手間はかかりますが、心のこもった暖かみのある年賀状ができると思います。(本当に心がこもるかどうか判りませんが…)


《用意するもの》
カーソルを持っていくと使用する道具についてのワンポイントがポップアップされます。
もっと詳しい注意を見るには、道具をクリックしてください。

おろし金→ステンレス製を使ってください 金網→1o弱のメッシュのものです 木枠→捨て看はこんなところにリサイクルしましょう ミキサー→普段は野菜ジュースを作ってもOK アイロン→あまり熱くしすぎないでね タオル→水を吸うだけだからボロでOK 牛乳パック→きれいに洗ってためておきましょう 洗濯糊→スプレー式でなく、溶かして使うタイプ 干し網→セーターとか洗ったときに使う平干し用のネットです

 そのほか、洗い桶圧力鍋(又は大鍋)などを使います。大体はその辺で売っていますが、金網と木枠は売っていないので、作り方を紹介しておきます。   金網と木枠の作り方

※写真つきでわかりやすい作り方実況編も参考にしてください
  若干内容が違いますが、実況編の方が新しい内容です


《準備編》

  1. 牛乳パックをためる 
  2. 牛乳パックは洗って、切り開いてためておきます。

  3. コーティングを取る 
  4. たまったパックをたらいなどに張った水に数日漬け、パックの表側と内側の両方に貼られたポリエチレンフィルムを剥がします。
    水に漬ける期間が短いと、水が浸透していないので、剥がし難く、フィルムが途中で破れたり、フィルムと一緒に紙が付いてきて、歩留まりが悪くなりがちです。

     水に漬けておいて浸透させる方法は、環境にはよりよい方法ですが、浸透するのには結構時間がかかります。そこで、パックを圧力鍋で煮ると、大変効率的にコーティングを剥がすことができます。

  5. 粗パルプの製造 
  6. フィルムを剥いだ牛乳パックを水に漬けてふやかしておきます。適当に畳んだ状態で、おろし金でおろします。
    面倒ですが、これをやらずにミキサーにかけると機械が壊れます。


    ここまでやったら、パルプ団子にでもして、ためておくとよいでしょう。
    長期保管してパルプが褐変した時は、抄紙の直前によく洗うか漂白します。

     パルプが長い間湿っているとかびやすいので、よく絞っておきます。団子にするよりも、下の木枠と金網を使って、粗パルプ厚板を作っておくと、乾燥も速く、収納性も向上して一石二鳥です。



《抄紙編》

さあ、いよいよ紙抄きです。


  1. 糊液の作成 
  2. 洗い桶などに、水又はぬるま湯を張り、標準濃度の倍くらいに洗濯糊を溶かします。

  3. パルプの叩解 

  4. と、いうと難しそうですが、
    上のパルプ団子を水で戻したやつを1カップほどと、@の液を7〜8分目くらいまで入れてミキサーをかけます。
    均一にほぐれてパルプができるとミキサーの音が軽くなるので判ります。
    パルプ団子を入れ過ぎると失敗します。
    余談ですが、10年位前に初めて手抄き葉書を作ったとき、この工程を適当にやったため、随分汚い葉書になりました。

  5. パルプ液の調整 
  6. 桶に適当な量のパルプを加えてパルプ液を作ります。最初はカップ3杯くらいは入れた方がよいでしょう。
     

    ※2回目以降は、ミキサーからカップに軽く1杯のパルプを足して、パルプを補給します。

  7. 抄き 
  8. 木枠1に金網1を乗せ、木枠2を更に乗せて、(金網をサンドイッチにするわけです)両脇を押さえて、桶に沈め、動かして、パルプ液をすくいます。
    よくテレビで手抄き和紙のおじさんがやっている要領ですが、あそこまでチャポチャポやらなくて大丈夫です。


    いろいろパルプ量を変えて抄いて見て、パルプ量を調節してください。

    抄くときに、葉っぱとか花とか虫とかを抄き込む、しゃれた人もいますが、
    虫なんか抄き込んでいる人いないですか
    そういうのも一趣向かも知れません。

  9. 脱水 
  10. 枠を桶から引き上げたら、木枠2を外して、替わりに金網2を乗せます。木枠1も外して、パルプが挟まった2枚の金網を両手で挟み、柏手を打つようにして、力を入れて絞ります。平らな台の上に畳んだタオルを置き、金網セットを上に乗せ、上からもう1枚タオルを乗せて、上から手で押さえてタオルで水を吸収します。
     

  11. 乾燥 
  12. 金網から葉書を剥いで、平干しネットの上に並べて乾燥します。
     

  13. 仕上げ 
  14. 乾燥したらアイロンを掛けて平らに仕上げます。
     念のため言っておくと、あまり高い温度でアイロンを掛けると焦げます。洗濯糊の種類によりますが、洗濯糊が濃いため焦げやすいです。



《印刷その他編》

印刷は好きにやって大丈夫ですが、注意点だけ挙げておきます。

  1. 葉書の表側には郵便はがきと書きます。書かないと葉書でなく、封書扱いされ、料金を余計に取られることがあります。郵便はがきの判子は判子屋さんに200か300円で売っています。

  2. 筆記はボールペンなどでよいですが、水性のインクだと滲むことがあります。書き損じたとき、修正液は吸収されてしまって役に立ちません。見苦しいですが、適当に塗りつぶして誤魔化しましょう。

  3. 切手を唾液とかで適当に貼ると、途中で剥がれて戻ってきたり、先方に迷惑を掛けることがあります。糊でしっかり貼っておきましょう。

  4. 葉書用プリンタがないので、私は今のところ宛名は手書きしていますが、インクジェット方式のプリンタだったら、きれいに印刷できます。紙粉は出ませんが、急いでいても半乾き状態でプリンタに掛けるのはやめておいた方が賢明です。

  5. 書き損じの葉書や誰かからもらった手抄き葉書は、再度パルプ原料として活用できます。パルプ団子と同様に扱って大丈夫です。インクの残ったやつが点状に残りますが、それもまた一興です。


    付録 おすすめポイント最後にしつこいようですが、「面倒だな〜。やっていいことあるの?」という人に


    網プレゼントは終了しました。 

    Enjoy your ecological life!