Green TeaZ資料館

ここは日本初の高校生Show Choirグループ「Green TeaZ」の紹介ページです。
写真をクリックすると他の写真も見ることが出来ます。


Show Choirとは?

Show Choirはショー形式(踊りやフォーメーションを取り入れて)でジャズやポップスを歌うコーラスグループとでも定義づけられます。アメリカでは広く学校教育に取り入れられ、コンクールなどもかなり盛んなようです。全米大会で必ず名を列ねるような学校では歌も振り付けもプロが指導していて、専属のバンドもついています。そうした学校の生徒達の中には将来ブロードウェイで…と目指している子供達もいますので、全国大会クラスのショークワイヤーはまるでプロのミュージカルショーを見ているような感があるそうです。
2002年校内合唱コンクールより


Green TeaZの歩み

2002年1月 ・吹奏楽部員全員を対象に第1回オーディション実施
      2月 ・横須賀米軍基地内のキニック高校のShow Choirメンバーが来校、
          交流授業や、体育館でShow Choirが披露された。
          その後、第1回で落選した部員や全校生徒を対象に第2回オーディション実施。
          部員27人・一般生徒5人からなる第1期メンバー決定。
      4月 ・吹奏楽部定期演奏会にて初ステージ。Sir Duke」「One Small Voiceを披露。
      6月 ・校内合唱コンクールにてSir Dukeを披露。これで3年を中心とした一部メンバーが引退。
         ・第3回オーディション実施
      7月 ・第4回オーディション実施
          部員28人・一般生徒6人からなる第2期メンバー決定
     10月 ・逗子高校創立80周年記念CDの為に「It's Time Start the Show(Green Teazテーマソング)」「逗子高校校歌」を録音。
     11月 ・逗子高校創立80周年記念式典/特別演奏会にて「It's Time Start the Show」「Doctor Biues」
          「Changamano」「Jazzi'n It Up」披露。
2003年2月 ・部員12人・一般生徒2人・OB4人からなる第3期メンバー決定
      4月 ・吹奏楽部定期演奏会にて「It's Time Start the Show」「Doctor Biues」
          「Manha de Carnaval(黒いオルフェ)」「One Voice」を披露。
      9月 ・部員32人・OB1人からなる第4期メンバー決定。
     12月 ・吹奏楽部定期演奏会にて米海軍第七艦隊音楽隊の伴奏で1曲披露予定。


練習風景 02年4月

定期演奏会にて Sir Duke

録音風景 



逗子高校創立80記念特別演奏会より


専属バックバンド 「ぶらっく かうふぃーず」について

吹奏楽部定期演奏会の際に結成された専属バックバンド。
メンバーは吹奏楽部OBを中心に編成によって5〜15人程度で変動する。
結成以来合唱コンクール以外すべての本番で伴奏を担当。

録音風景



Green Teazは、数年前から吹奏楽部と交流のあったWinky Whiteさんにご指導いただいています。

Winky White
在日米海軍司令部セイフティデイレクター。
米海軍横須賀基地内の演劇グループYLTGに所属し「屋根の上のバイオリンひき」を姶め多数のミュージカル、演劇に出演並びにピップバンドとしても参加している。ハイエナジーアンリミテッドに所属しミュージカルコメディ「Ja-Pun」を15年以上公演している。ベース内の教会では聖歌隊、コンテンポラリー福音礼拝ではドラムを演奏している。



ホワイト夫妻と…   80周年終了後ステージ裏にて