(Last Update: 1999/3/27)



97/8/23放送「氷河期到来か?!」(最終回)より
(全エピソードを取り上げています)


OH, IT'S JUST A BUNCH OF BUGS.
WHAT POSSIBLE DIFFERENCE COULD IT MAKE?
たかが虫の大群だ、どうってことないさ
キャスター:Today, May 14, as every school child knows, is the day when each year the bunch beetles return to Pangaea. Yes, the annual migration of billions of these magnificent insects fills the sky with the breathtaking rainbows of color. Now as anticipation builds for the first glimpse of the bunch beetles, anyone with even the smallest appreciation of beauty is gazing skyward. 今日、5月14日は、毎年子供達が楽しみにしている「大群かぶと虫」がパンジアへ舞い戻る日です。年に一度、数十億というかぶと虫軍の移動は、息も止まるような美しいレインボーカラーで空を彩るのです。この光景を一目見ようという期待は高まり、大人から子供までその目は空に釘付けとなっているようです。
アール:Adjust gas for meat to the desired output ... ガスボンべのアジャスターを適度な質量に調整し…。
ベイビー:I'm hungry! Where's the food? 腹減った!早く食わせろ!
フラン:Earl, you've been fiddling with that stupid grill for an hour. あなた、1時間前から説明書読んでるのよ。
アール:Fran, this is no mere grill. This is the state-of-the-art, fuel-injected outdoor meat preparation system. あのなあ、これは普通のグリルじゃないんだよ。最新テクノロジーが生んだアウトドア用バーベキューシステム。
フラン:The bunch beetles will be here any second, so stop this or you'll miss the beautiful display. もういいじゃない。そんなことしてたら、かぶと虫の大群を見損なうわ。
アール:Darn, you wanna talk about beautiful display, look at this searing(?) radiant. んなあ、かぶと虫もきれいだけど、ガスの色も悪くないぞ〜。
エセル:We never had to wait like this long with the old grill. 古いグリルの方が簡単なのにさ。
アール:Oh, there's always resistance in the new, isn't there? Well, I'm not afraid. Modern technology may be daunting to smaller minds. But when I master in this Pyromatic 5000, we'll be eating the future. 新しい物は常に世の反発を受けるもんです。でもわたしは恐れませんよ。新しいテクノロジーを恐れるのは頭が悪い証拠です。このパイロマティック5000を使いこなせば、一歩未来に近づくんです。
グリル爆発:Bang! バ〜ン!
みんな:Ahhhhh! ア〜〜〜!
アール:Yeah, grill to perfection. 見ろ、あっと言う間にウエルダンだ。
エセル:Look, it's starting! ほら、始まったよ。
みんな:Oh, where? Where? どこ?どこなの?
エセル:No, I mean the TV coverage. 違う、テレビ中継のことだい。
男性司会者:Well, Katy, it's mere moments until the bunch beetles return, and what can only be described as a spectacular panoply of color. ハーイ、ケイティ、いよいよ年に一度のかぶと虫によるスペクタクルでカラフルな空のショーが見られますよ。わくわくしますねえ。
女性司会者:And I'll say the most remarkable little fellows, too, returning every year on May 14 like clockwork. かぶと虫ってとっても小さい虫なんでしょ。それがかっきり5月14日に戻るなんて不思議だわ〜。
男性司会者:And another interesting tint bit, bunch beetles eat those pesky cider poppies that grow so abundantly at this time of the year. もっとおもしろいのは、この時期あちこちに生い茂るサイダーポピーをこのかぶと虫が食べてくれるということなんです。
フラン:Goodness! The poppies are thick this year. Looks like the beetles are returning just in time. 今年は特にポピーが茂っているから、ちょうどいい時に戻ってくれるわよ。
みんな:Yeah. ああ。
男性司会者:My director tells me the beetles are expected to arrive just ten seconds from now. Katy, care to join me in the countdown? ディレクターの報告では、あと10秒後に大群が到着するということです。ケイティ、秒読みに参加する?
女性司会者:I would love to. もちろんよ。
みんな:Ten, nine, eight, seven, six, five, four, three, two, one, zero! 10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0!
ベイビー:Are they really really small? 見えないぐらいちっちゃいんだ。
エセル:That's strange. They've never been late like this before. おかしいねえ。今まで遅れたことなんかないんだよ。
男性司会者:And, so, we have an unexpected delay. えっと、どうやら、ちょっと予定よりも遅れてるようですねえ。
フラン:Well, it looks like it may be a while. Why don't we eat? じゃあ、ちょっと時間があるわね。食べましょうっか。
ベイビー:Yeah, yeah, let's eat, let's eat! そうだよ、食べよう、食べよう。
シャーリーン:Gee, I wonder what happened to them? でも、どうしたのかしら?
アール:Oh, it's just a bunch of bugs. What possible difference could it make? たかが虫の大群だ、どうってことないさ。

サイダーポピーを捕食する大群かぶと虫が何故か今年はやってこない。みんな不思議に思っているが、テクノロジーを信奉するアールは虫のことなんか気にしちゃいない。fiddle(時間を空費する)。panoply(盛装、壮観)。like clockwork(規則正しく、正確に)。




THESE POPPIES ARE GROWING LIKE CRAZY.
めちゃめちゃはびこっちまったよ
キャスター:And cider poppies continue to grow in fragrant but annoying profusion, attention turns to the puzzling disappearance of the bunch beetles, who would ordinarily be scoffing down poppies like nobody's business. And so throughout the nation, anyone with even the least awareness of the world around them is asking "What happened to the bugs?" 国内では今、ポピーが芳香を放ちながらまたたく間に生い茂り、かぶと虫の行方を心配する声が高まっています。本来なら彼らがこのポピーを食べてくれるところなのです。というわけで、今やかぶと虫に無関心だった国民までが問いかけています。『虫はどこへ行っちゃったの』と。
アール:What happened to my beer? I set it right down here, and uh. Oh, oh, there it is. ビールはどこへ行っちゃったの?さっきここに置いて、それから、ああ、あった、あった。
シャーリーン:Gee, hey, what do you suppose happened to them? 本当に、どうしたのかしら、かぶと虫。
ロイ:Well, I have a theory. Uh, maybe they were all halfway here, but they realized they left the stove on, and had to go back. I mean that always makes me late. 俺の勘だけど、来る途中でストーブをつけっ放しだったのを思い出して、戻ったんじゃねえかな。俺もよくやるんだ。
アール:That's idiotic. Now stop yapping and help me cut these darn poppies. ばっかばかしい。くだらんこと言ってないで、さっさとポピーを刈り取れ。
ロイ:Oh, yeah. ああ、そうか。
かぶと虫:Hi! What a landing! So, where's baggage claim? ハ〜イ、着陸成功。え〜っと、税関はどこ?
アール:Hey, you're one of those bunch beetles! あれ〜、おまえかぶと虫だろう?
かぶと虫:Yeah, bunch beetles, because we travel in bunches. Where is everybody? そう、大群かぶと虫。大群で移動するからね。
シャーリーン:Where you guys been? みんなはどうしたの?
かぶと虫:Don't understand. I got halfway here, then it hit me. I left the stove on. それがさっぱり。僕は途中で戻ったんだ。ストーブを消しにね。
ロイ:Told you! ほらね!
アール:Yeah, yeah. Well, look, you're here now, so start munching. These poppies are growing like crazy. はいはい、まあとにかく来たんだ。ポピーを食べてくれ。めちゃめちゃはびこっちまったよ。
かぶと虫:Hey, I'm not here to eat. I'm on my way to cruise checks at the big swamp. そんなのいらないよ。僕は沼地の女の子を探しに来たんだもん。
アール:But what about all the poppies? ポピーはどうするんだよ〜?
シャーリーン:Yeah. そうよ。
アール:You guys are supposed to go crazy for these. おまえ達の大好物なんだろ。
かぶと虫:Well, I've got one thing on my mind right now, and it ain't selling. Sashay bowing(?), hello, beautiful! いや、今僕の頭にあるのはただ一つ、それは女の子。わあ〜、きれいじゃん。は〜い、よろしくね!ダーリン。
アール:Hey, hey, hey, that's my daughter. おいおい、これはうちの娘だぞ。
かぶと虫:I'm just saying! ああ、わかってるよ。
シャーリーン:So, the swamp is your mating ground? 沼地がメイティングの場所なの?
かぶと虫:Yeah, baby, I've gotta get there flat out, as bunch beetles have a very short life span. I've gotta get to the swamp, meet a female, and mate. 'Cause in two weeks I'm dead. そういうこと。早く行かなきゃ。僕達かぶと虫は寿命が短いんだ。早く相手を探さなきゃ、2週間でころっと死んじゃうからねえ。
ロイ:Boy, talk about your biological clock. へえ、なんだかあっけないねえ。
かぶと虫:Yeah, but it's OK, because my legacy lives on. Billions of bunch beetles swarm in all over the place, eating cider poppies. はっ、でもいいんだ。子孫は残っていくからね。何十億の子孫が、町中のサイダーポピーを食べに来るんだ。
シャーリーン:Oh, so it's the baby beetles that eat the poppies. あ〜!じゃあ、ポピーを食べるのは赤ちゃん達なのね。
アール:Oh! And will they be here any minute? そうか、じゃあもうすぐ来るんだ。
かぶと虫:Yeah. If I get out of here and do my thing. そう、メイティングをすればね。
アール:Oh, then why are we wasting valuable TV time? Come, Roy. いやあ、よかった。これでゆっくりテレビが見られるよ。来いよ、ロイ。
ロイ:And you doubted my stove theory. なあなあなあ、ストーブの話、本当だっただろ。
アール:Come on! わかったよ。

大群かぶと虫がやってこないのでポピーが大繁殖。みんなでポピー刈りをしているところへ一匹のかぶと虫がやってくる。ポピーを食べる幼虫が生まれるまでもう少しだと知ってアールは一安心。やって来たかぶと虫は同類の女の子がいないので、手近なシャーリーンに目をつけた。in profusion(大量に)。scoff = scarf(がつがつ食う)。like nobody's business(猛烈に)。yap(小犬がキャンキャンほえる、ペチャクチャしゃべる)。munch(ムシャムシャ食う)。like crazy(すごい勢いで)。flat out(全力で、全速力で)。biological clock(生物体内時計)。swarm(群れる)。do one's thing(好きなことをする)。



WELL, I'VE GOTTA SAY THIS IS DISAPPOINTING.
何だよ、ガックリだなあ
かぶと虫:OK, cutie, I'm going. If you want me, I'm in the book. や、もう行くよ。用があったら電話して。
シャーリーン:No, wait, er, Mr. ... ちょっと待って、え〜、名前は?
かぶと虫:Stan. スタン。
シャーリーン:Oh, Stan. Uh, do you even know where the swamp is? あ、スタン。あの、沼地の場所知ってるの?
かぶと虫:You kidding? Bunch beetles have done this for thousands of years. We have finely tuned radar stingers. So, what, it's stool or passkey automat(?)? 当然!何千年って同じこと繰り返してるんだよ。それに高性能のレーダーも持ってるしね。えっと、その椅子の向こうあたり?
シャーリーン:Er, you're lost, aren't you? やだ、やっぱりわかんないんだ。
かぶと虫:I think something has entered(?) my stingers. レーダーが故障したみたい。
シャーリーン:Hey, I'll tell you what, Stan. How about if I take you there myself? いいわ、任せて、あたしが案内してあげるわ。
かぶと虫:You dig me, don't you? Neeeem! Hoooo. What is it? You're afraid I'm too short for you? 僕に惚れたな。ニヒヒヒヒ。おっと〜。どうして?僕が小さいから?
シャーリーン:Look. Stan. You're an insect, I'm a reptile. It's not gonna happen. ねえ、スタン。あなたは虫、あたしは恐竜。種族が違うの。
かぶと虫:So, you're saying, if I convert? だったら僕は変身するよ。
シャーリーン:Ahhh! Look, we came here to find the swamp, OK? And it's just beyond this thicket. あ〜。とにかく沼地に行くのが先でしょ。この向こうだと思うわ。
かぶと虫:Yeah, bring on the honey. いい子がそろってるかな。
シャーリーン:And stop kidding around, will you? Huh! 馬鹿なこと言わないの。あっ!
看板:FRUITCO, Makers of Fine Wax Fruit, A Division of WESAYSO Corporation フルーティコ、ワックス・フルーツ工場、WESAYSO開発事業部
シャーリーン:Where is the ...? Where? This... Uh. こ、これは!どう、な、なに!
かぶと虫:You call this a swamp? あ〜、これが沼地なの?
シャーリーン:It was right here. But they paved rubbles(?) in mating ground and put up a wax fruit factory! 前はそうだったのよ。それを全部埋め立ててワックス・フルーツ工場にしたんだわ。
かぶと虫:Well, I've gotta say this is disappointing. How am I supposed to meet babes without a swamp? 何だよ、ガックリだなあ。沼地なしじゃ女の子とメイティングもできないよ。
シャーリーン:There're no babes to meet. 女の子もいないわ。
かぶと虫:All right. うそ〜!
シャーリーン:Where are all the beetles? 他の仲間はどこへ行ったの?
警備員:Hey. Step aside, sister. Oh, it's another one of those bugs I've. But we killed them all. ああ、さがった、さがった。ああ、もう一匹残ってたか。生き残りだな。
シャーリーン:Oh, stop! This is a bunch beetle. あ、やめてよ。これは大群かぶと虫よ。
警備員:Hey, there's not a bunch anymore. Hahahahaha. もう大群じゃないんだよなあ。はははは。
シャーリーン:You killed them all? 全部殺したの?
警備員:Oh, I had to. しょうがないさあ。
かぶと虫:Oh, this day just keeps getting worse. これは、最悪の事態だねえ。
警備員:Hey, this is a brand-new, state-of-the-art factory. Can't have bugs flying around. They get sucked up in the intake vents. Merci! だってここは最新設備の工場だよ。虫なんかが換気装置に紛れ込んだらどうなる?パニックだよ。
シャーリーン:But, bunch beetles are a critical part of the eco system. We need them. でも大群かぶと虫は大事な生態系の一部なのよ。必要な存在なの。
警備員:Hey, girly, if we need anything, we need this factory. After all, wax fruit does not grow on trees. ねえ、お嬢さん、わたしらに必要なのはこの工場だ。第一ワックス・フルーツは自然にできるもんじゃないんだよ。

かぶと虫のスタンを連れて沼地にやって来たシャーリーン。ところが、ビックリ、沼地は消え、代わりに工場が建っていた。メイティング相手が絶滅した今、スタンはシャーリーンをゲットするのか!book(電話帳)。dig(気に入る:俗語)。thicket(やぶ、茂み)。kid around(からかう)。guesswork(当て推量)。



PROGRESS PUT POTATO CHIPS IN A TENNIS BALL CAN.
ポテトチップをテニスボールの缶に入れたのも進歩だ
フラン:Earl, what are we going to do about all these poppies? They're growing faster than I can pull them off. あなた、このポピーどうにかしないと。抜いても抜いても追い付かないわ。
アール:Well, that's because you're relying on outmoded, hand-based techniques. Bha! Haha. Yeah, relax, the technology clears the way. Here you go. そ〜んな時代遅れのやり方してるから追っ付かないんだあ。だはは。ほうら、最新テクノロジーの威力を見ろ。よ〜し。
ベイビー:Wow! うわあ。
キャスター:Howard Handupme. Chaos reigns throughout the city today as the poppy prey continues to snarl traffic and interfere with daily commerce. ハワード・ハンドアップミーです。ポピーの茂り方はすさまじく、交通は渋滞し、経済活動に支障をきたし、町は混乱状態になっております。
ベイビー:Get away from me! Yeeeeee! 来るな!来るな!来るな!来るな!来るな!
キャスター:This just in. A Pangaean teenager claims to have solved the mystery of the missing bunch beetles. She's standing by right now, so let's talk live with Miss Charlene Sinclare. 次に〜、パンジア在住のティーンエイジャーがかぶと虫失踪の原因を突き止めたそうです。ではさっそく、本人、シャーリン・シンクレアさんにお話をうかがいましょう。
シャーリーン:Hi. ハイ。
アール:Oh, my gosh! That's Charlene! ちょっと!ありゃシャーリンだぞ。
フラン:How exciting! Does she have to wear those earrings? あらま本当。な〜に、あのイアリングは。
キャスター:Miss Sinclare, can you tell us exactly what you discovered? シンクレアさん、何を発見したか話してください。
シャーリーン:Sure. Stan. はい。スタンです。
かぶと虫:How are you doing? Am I on TV? どうも、どうも〜!僕、映ってる?
シャーリーン:Yeah. ええ。
キャスター:And what is your relationship with Miss Sinclare? 君とシンクレアさんの関係は?
シャーリーン:Errr. え〜と。
かぶと虫:Well, that's a very personal question. それはかなり個人的な質問だなあ。
シャーリーン:We're just good friends. ただの友達です。
かぶと虫:She wants me. 僕に気があるんだ。
シャーリーン:Stan is a bunch beetle, in fact he's the last bunch beetle, because all the others were wiped out by the WESAYSO corporation. .... it's a crime against nature. スタンは、大群かぶと虫です。しかもたった一匹の生き残りです。他はWESAYSO開発によって全て殺されました。それは自然への冒涜です。
リッチフィールド:Yes, Mr. Getty, I'm watching it right now. ああ、はい、今テレビ見てるとこです。
キャスター:So, what you're saying is that WESAYSO is ultimately responsible for the current cider poppy crisis? つまり、WESAYSO開発こそ、このポピー問題を起こした張本人であるということですか。
シャーリーン:Yes. Their careless pursuit of profits has resulted in the utter destruction of an entire eco system. はい。あの会社の冷酷な利益第一主義が、自然の生態系を無残に破壊したんです。
かぶと虫:Of which I am a part. 僕もその一部なんだ。
リッチフィールド:Oh, yes, sir, I agree. It is a public relations' nightmare. わたしもそう思います。あれじゃうちのイメージががた落ちです。
シャーリーン:We destroyed their mating ground and alienated an entire species. あたし達はメイティングの場所を奪い、絶滅の危機を招いたんです。
かぶと虫:Talk on. みんな死んだよ。
シャーリーン:And for what? どうしてでしょう?
かぶと虫:What? どうして?
シャーリーン:Wax fruit. ワックス・フルーツです。
アール:Hey, hey, hey, wax fruit's important. The ability to manufacture wax fruit is what separates us from the animals. おおい、ちょっと待った。そりゃあないだろ。ワックス・フルーツを作れることは、俺達が高等動物の証拠なんだぞ。
ベイビー:Nah! どうだか。
アール:She's talking about things she does not understand. She is, she is, in the kitchen! I'm out of my way! あいつは何もわからずしゃべってるだけなんだ。あいつは、あいつは、キッチンにいるぞ。いやあ、どけどけ。
シャーリーン:Oh, what we have here is progress for progress' sake. You see. これは進歩のための進歩にすぎません。なぜなら…。
アール:Hold on, hey, hold on, hey, wait, wait, wait. I wanna say something here. ちょっと待って。待て待て。俺にも言わせてくれ〜。
シャーリーン:Da, Daddy, they are interviewing me. パパ、あたしにインタビューしてるのよ。
アール:Oh, yeah, but it's time for a responsible and opposing viewpoint. わかってるが、反対意見だって必要だろ。
シャーリーン:What? ええ?
アール:You're full of it. おまえは間違ってる!
シャーリーン:Oh! Oh! Did you hear that? ちょっと!冗談じゃないわ。
アール:Progress is good. It's progress that put electricity into a toothbrush. Progress put potato chips in a tennis ball can. 進歩はいいことだ。電動歯ブラシを実現させたのは進歩だし、ポテトチップをテニスボールの缶に入れたのも進歩だ。
かぶと虫:That's true. 言えてる。
アール:Oh, sure, some sacrifices had to be made along the way. 進歩のためには多少の犠牲は付き物さ。
シャーリーン:Great. へえ。
アール:A forest here, a few species there. But in the end wouldn't you trade all that for greater advancement, like, er, like, er, oh, like, like, er, microwave toast? Yeah. 森や動物が消える場合もある。だがその代わりに俺達は便利ですばらしいものを手に入れるんだ。例えば、ん〜、え〜、例えばこのレンジ用トーストだ。ああ!
シャーリーン:Great. だめだ。
アール:Yeah. You wanna talk about progress, this takes all the guesswork out of making toast. Hehehe. つまりこれこそが進歩なんだ。こういう頭を使う物を作るからねえ。ダハハハハハ〜。
リッチフィールド:Hey, wait a second, sir. I'm getting an idea. Now, what if I could find a concerned citizen who believes what we do is all with little heart, and who would voluntarily take this nasty cider poppy problem off our hands. Oh, yes, sir, I agree it will be a rare public-minded citizen (who) would be that gullible, but ... ちょっと待ってくださいよ。名案が浮かびました。我々のしてることに何の疑いももたず、ひたすら信じてる男を探すんです。わたしらの代わりに喜んでポピー問題の責任をしょってくれますよ。そりゃ、そういう騙されやすい男はなかなかいるもんじゃないありませんが、しかし…。
アール:And I'd say keep your spotted owl. Give me a fax machine, I can take it to the beach. 要するにだ、鯨も見たいが、ビーチで便利なファックスも使いたいんだ。
リッチフィールド:But I know where I can find one. Hehehehehe. ぴったりの男を見つけました。ハ〜アハハハ!

大群かぶと虫の運命を知ったシャーリーンはスタンと共にテレビに出演、真実を訴える。それを聞いたアールは激高して「進歩」を擁護。アールにとっての進歩とは、電動歯ブラシ、テニスボール缶入りポテトチップ、レンジ用トーストのこと。そんな男を利用しようとWESAYSOのリッチフィールドが目をつけていた。outmoded(流行遅れの)。clears the way(道を開く、容易にする)。full of it = full of shit(うそ八百、ほら吹き)。gullible(だまされやすい)。



ISN'T THERE SOME SAFER ALTERNATIVE?
もっと安全な方法はないの?
キャスター:As the cider poppy crisis enters its second week, it now appears the solution is at hand. An independent task force of concerned citizens has come forward with a plan to spray the entire super continent with a powerful chemical defoliant. At a press conference held earlier today, Task Force Director, Earl Sinclair, responded to reporters. サイダーポピーの問題発生から2週間にして、やっと解決の道が開けたようです。この問題を憂慮した市民による対策本部が設置され、空中から強力な枯葉剤を散布することが決まりました。さきほど記者会見が行われ、対策本部長のアール・シンクレアさんが質問に応えております。
記者1:Mr. Sinclair, isn't the word defoliant just another name for a poison? シンクレアさん、枯葉剤というのははっきり言って毒薬じゃないんですか?
アール:Errrr, poison. It's such a harsh word. We in the task force prefer to think of it as botanical bye-bye juice. あ〜、毒薬はちょっと言いすぎです。対策本部としては「お花ちゃんバイバイのお薬」と呼びたいですな。
ロイ:Oh, yeah. そうそう。
記者2:Just where's this bye-bye juice come from? その〜「バイバイのお薬」はどこで手に入れたんですか?
ロイ:Er, it was graciously made available to us by a concerned industrialist who stands behind us one thousand percent. これは、俺達の考えに1000%賛同してくれてる企業がぜ〜んぶ無料で提供してくれました。
記者1:And who would that be? どこの企業ですか?
ロイ:Oh, that would be Mr. ... ああ、それは…。
アール:Errr, he prefers to remain anonymous. や〜、それは匿名にしたいということなので。
ロビー:Dad, you're gonna coat the entire continent with poison? Isn't there some safer alternative? ねえ、これじゃ毒を撒き散らすようなもんだよ。もっと安全な方法はないの?
アール:Like what? 例えば?
シャーリーン:Well, like trim back the vines as much as we can, live with a little discomfort and hope that nature eventually restores the balance. 例えば、ポピーの蔓をできるだけ刈り取るとか。不自由をしばらく我慢して自然がバランスを取り戻すのを待つとか。
アール:That's inconvenient and time-consuming. My plan is exciting and flashy and hi-tech. そんな不便で無駄なことできるか。この計画ならハイテクを使ってあって間に解決するんだぞ。
ロビー:Yeah, but have you tested this stuff to be sure it's OK? でも安全かどうかちゃんとテストしてみたの?
アール:Oh, please. Mr. Richfield assures us that used wisely under the controlled circumstances, this defoliant is the safest mother's milk. そ〜んなこと。リッチフィールドさんが太鼓判を押したんだ。きちんと説明書の通り使えば、ママのおっぱいより安全だってな。
ロビー:Well, it's on your hands. I'm out of here. ま、任せるよ。そいじゃあね。
アール:Hey, don't go near that door. おい、ドアに近づくな。
シャーリーン:What? え?
アール:They're spraying tonight. No one leave this house. 散布は今夜だ。誰も家から出るな。
ロビー:Ohhh. なんだよ。
シャーリーン:Ah. Ahh. あ、あ〜。
アール:Hey, helicopter is on top of us now. Hey, listen, they're spraying now. ほら、ヘリが飛んできたぞ。ほら、今薬をまいてるとこだ。
かぶと虫:Ahhhhh! もうだめだ〜。
ベイビー:Oh! Pudding! 見て!プリンみたい!
フラン:Oh, goodness! Maybe I should have taken in the laundry. ああ、大変。洗濯物が出てたのよ。
アール:Well, too late now. Hey, I'm gonna call headquarters, see how these things working. もう手遅れだよ。さて本部に電話するかな。結果を聞いてみよう。
シャーリーン:Come on. 来て。
ロビー:Well, Dad was right. It is killing the plants. あ、本当だ。全部枯れちゃったよ。
シャーリーン:And string beans painted on the patio furniture. 窓のペンキまではげちゃってる。

リッチフィールドに丸め込まれたアールがポピー問題の対策本部長に祭り上げられる。そして「お花ちゃんバイバイのお薬=枯葉剤」を空中から散布することに。そのプリンみたいに不気味な色の液体は「パティオの家具に描かれていたサヤエンドウの絵(string beans painted on the patio furniture)」まで枯らしてしまった。 on one's hands(〜の責任で)。string bean(サヤエンドウ)。



MAYBE WE WENT A LITTLE OVERBOARD WITH THE POISON.
ちょっと多く撒きすぎたかな〜
キャスター:Good morning. Last night's massive aerial spraying has succeeded in destroying all the cider poppies. Unfortunately it has also killed all other forms of plant life on the planet. おはようございます。昨夜の大規模な空中散布によってサイダーポピーは全滅しましたが、残念ながら同時に地上の全ての植物も死滅してしまいました。
かぶと虫:Well, there goes breakfast. 朝ご飯もパアだね。
キャスター:And so it seems the task force's solution to the cider poppy problem has caused an environmental calamity of catastrophic proportions. 結局ポピー問題解決の切り札だった対策本部の計画は、自然のバランスを壊すという深刻な事態をもたらしたのです。
ベイビー:Somebody then troubled! 誰かさんのせいだよ〜。
アール:Good morning, everyone. Isn't it a beautiful day! おはよう、諸君!実にさわやかな朝だねえ!
フラン:Earl, have you looked outside? That spray of yours killed every plant on earth. あなた、外を見てないよ?夕べの散布で木が全部死んでしまったのよ。
アール:No pish posh, Frannie. In an operation of this magnitude there's bound to be some unforeseen casualties. But let's not give in to Wild Hunt verbally. Tututu. Oh-oh! Uh, well, maybe we went a little overboard with the poison. 何を馬鹿なことを言ってるんだ。これだけ大々的にやれば、そりゃ思わぬ被害も出るだろうさ。おおげさな脅しに負けちゃいかんよ。へへへ。んね〜ね。いや〜!こりゃあ、いや〜、ちょっと多く撒きすぎたかな〜。
シャーリーン:A little? Your stupid spray killed all plant life! ちょっとですって!あの薬で植物が全部枯れちゃったのよ。
アール:Hey, what are you complaining about? You never liked salads anyway. おまえが文句たれることはないだろう。野菜嫌いのくせして。
ロビー:You destroyed the global food chain. No plants means no food at all. これで食物連鎖は壊れたんだよ。木がなきゃ食べ物は手に入らないんだよ。
アール:Nonsense! There's a wide variety of commercial snack food that have virtually no natural ingredients. 馬鹿言うな。そんなもんなくっても、自然のものを使ってないスナック菓子がくさるほどあるだろうが。
フラン:Earl, we can't live on ho-hos. お菓子なんかじゃ生きていけないでしょ!
ベイビー:I can. 僕はいけるよ!
アール:Hey, let's not get panicky. Our task force technical adviser will know exactly how to bring back the plants. まあ、そうカリカリしなさんな。うちの技術顧問が元どおりの町に戻す方法を考えてくれるから、安心しろ。

「バイバイのお薬」は地上の全植物を死滅させた。食物連鎖の破壊を招いたアールに家中から非難の声。ベイビーだけが「お菓子」の食事を歓迎。ここではアールはまだ事態を楽観視している。pish、posh(軽蔑の声)。Wild Hunt(幽霊の狩猟:北欧伝説)。go overboard(やりすぎる)。



OUR LAST QUICK FIX SOLUTION SORT OF BACKFIRED ON US.
夕べのやり方も裏目に出たことですし
リッチフィールド:How the heck should I know? I'm a captain of industry, not a gardener. 無茶なこと言うな。わしゃあ企業のトップだ。庭師じゃないんだぞ。
ロイ:Gosh, sir, but we really ought to do something. Folks get a little anxious when they suspect they may never eat again. でも何とかしないとヤバイですよ。食べ物がなくなるんじゃねえかって、みんな心配してるし。
リッチフィールド:Oh, OK. Give me a minute. Arara. All right, all right. We're talking about plants here, right? ああ、わかった。ちょっと待って、え〜と、よしそうか。問題は植物だよな。
ロイ:Yeah. はい。
リッチフィールド:Well, what makes plants grow? さて、植物は何で育つ?
アール:Errrr. Dirt? 土ですか?
ロイ:Er. Talking to them in eleven tones? は〜、やさしく話しかけるとか。
リッチフィールド:Rain. We've gotta make it rain. That's all there is to it. But how? 雨だ。雨を降らせるんだ。それしかないだろ。だが、どうするかだ。
アール:Oh, I know. Tell everyone to go out and wash their cars. That always makes it rain. わかりました。みんなして車を洗うんですよ。すぐ雨が降るから。
ロイ:Hey, we can have everyone take a bath. Uh, no, wait. That makes the phone ring. そうだ。風呂に入るのもいいよ。あ、いや違った。ありゃ電話が鳴るんだ。
リッチフィールド:Oh, shut up! I've already got a plan. If we want it to rain, then we need clouds. And how do we make clouds? やかましいわい!わしの考えをよく聞け。雨を降らせるには雲がいるんだぞ。雲はどうすればできるんだ?
ロイ:Ah? は?
リッチフィールド:Oh, volcanoes, you idiots! They spew a big pumping cloud whenever they erupt. So, all we've gotta do is set off a whole bunch of volcanoes! 火山だよ、馬鹿たれが。火山は噴火すると必ず雲を吐き出すだろ。だから火山を全部片っ端から爆発させりゃいいんだ。
ロイ:But how, sir? でもどうやって?
リッチフィールド:We'll drop bombs in them. Bhahahahaha! 火口に爆弾を落とすんだ。あ〜はははは!
アール:I don't know, sir. It sounds like we'd be declaring war on nature. そりゃあマズイっすよ。自然を相手にけんか吹っかけるみたいで。
リッチフィールド:Exactly! その通りだ。
アール:But, sir, our last quick fix solution sort of backfired on us. Maybe we should think twice before unleashing the unholy fires, or else. だけど、夕べのやり方も裏目に出たことですし。今度もそうならないように、よく考えた方がいいんじゃないですか。
リッチフィールド:Hmm, extreme problems call for extreme solutions. This is no time for you to lose your face in the power of technology. Right, Mr. Task Force Chairman? い〜や、毒は毒をもって制すだ。こんな時にハイテクの威力を信じなくてどうする。そうだろ、対策本部長殿。
アール:Yes, sir. Yeah. Bombs away. Yeah. は、は、は〜い、爆弾ですね。はい。

技術顧問(?)のリッチフィールドは1〜2秒費やしてアール達の訴えを考慮した。「植物を育てるのは雨」、「雨を降らせるのは雲」、「雲を吐き出すのが火山の噴火」という恐るべき三段論法に太刀打ちできないアール達。「そりゃあマズイっす」とは言いつつ、企業のトップに押し切られてしまう。spew(吐き出す)。set off(爆発させる)。quick fix(手っ取り早い、その場しのぎの処置)。backfire(期待はずれ、逆効果、裏目に出る)。unleash(発散する)。unholy(邪悪な、法外な、不自然な)。lose one's face(めんつを失う)。



YOU MIGHT WANNA HOLD OFF ON A VICTORY DANCE, FAT BOY.
その三段腹で勝利のダンスを踊るのはしばらく待った方がいいね
アール:Hoho! Look at those big black clouds. If that doesn't mean right, I don't know what does. Hehehehe. Oh, hey, Frannie, could you turn the heat up here? It's kind of a bit dippy. Frannie? Hey, what's wrong with you, guys? This calls for celebration. へへへ。見ろ、あの黒い雲を。今にバンバン雨が降ってくるぞ〜。へへへ。フラン、暖房の温度を上げて。やけに冷える。フラン。何をむっつりしてるんだ?うまくいったじゃないか。
エセル:You might wanna hold off on a victory dance, fat boy. その三段腹で勝利のダンスを踊るのはしばらく待った方がいいね。
フラン:Earl, I think you'd better have a look at this. あなた、ちょっとこれを見て。
アール:What? な〜に?
キャスター:Unfortunately, once again the task force's latest tactic has gone tragically awry, as thick big clouds of sulfuric gas and soot now shroud the entire planet, blunting the sun from the sky and causing global temperatures to drop precipitously. 残念ながらまたしても対策本部の計画は悲劇的な失敗に終わりました。地上を不気味に覆ったイオウのガスとどす黒い煤によって、太陽の光はさえぎられ、地球の温度は急激に下がっています。
アール:So, maybe we'll get snow instead of rain. What's the diff? Hey, when the sun comes out and melts all the snow, we'll have plenty of water. And all those plants will come up like tanned busters(?). いや〜、雨の代わりに雪が降るんだよ。同じだろう。太陽が出て雪が溶ければ水もたっぷり増える。そうすりゃあ木も草もどんどん生えてくるさ。
キャスター:Considering the thickness of the cloud cover, scientists predicted maybe tens of thousands of years before the sun shines over Pangaea again. この雲の厚さから考えて、パンジアを再び太陽光が照らすのは1万年後というのが専門家の予測です。
アール:Er, would anybody like a refreshing beverage? や〜。誰か冷たいもん飲みたい人いる?

火山の爆破でどす黒い雲に覆われた地球は気温が急降下。再び太陽を拝めるのは数万年(tens of thousands of years)後という事態になった。これが氷河期の始まりか?こんな時に冷たいもの飲みたい人いるやろか?dippy(狂った)。hold off(遅らせる)。go awry(しくじる、つまづく)。shroud(おおい隠す)。blunt(鈍らせる)。precipitously(するどく、急激に)。diff = difference



WHY, THIS SUDDEN COLD SNARL IS A GOD-SEND.
この急激な温度低下は天の賜物だ
リッチフィールド:What are you worrying about now, Sinclair? また泣き言か、今度は何だ?
アール:Bhu. Sir, I think we may have gone just an inch bit too far this time. いえ〜、今回もちょっとだけやりすぎたのではないかなと思いまして。
リッチフィールド:I don't know what you're talking about? Why, this sudden cold snarl is a god-send. Dinosaurs are backing the stores, buying WESAYSO heaters, WESAYSO blankets and WESAYSO old-fashioned hot cocoa mix. Hahahaha. We're gonna have the best third quarter in history! 何がやりすぎだ。この急激な温度低下は天の賜物だ。これでみんなが慌ててWESAYSOの製品を買いに来とる。ストーブに、電気毛布、体を暖めるココアとかな。あ〜ははは。お陰で売り上げは最高記録だ。
アール:Err. Sir, I think this could be the last third quarter in history. いや〜、しかしそれでわが社も終わりになると思いますけど。
リッチフィールド:Oh, don't turn into one of those environmental doomsayers, Sinclair. Boo-hoo, it's raining acid, there's a hole in the ozone, you're hurting Flipper! Bow! A bunch of tree hugging penny waste! They are always standing in the way of progress. And it's our job to pave right over them. おまえも環境がどうのって、めそめそしてる連中の真似をするなよ。大変、酸性雨が降ってきたわ、オゾン層に穴が空いたわ、イルカが絶滅するわ。うえ〜。お願い、木を切らないでちょうだい。進歩を邪魔するのはいつもあいつらだ。今度こそぶちのめしてやる。
アール:Oh, I think you're missing the point, sir. The world may be coming to an end. そんなこと言ってる場合じゃないんです。世界は終わろうとしてるんですよ!
リッチフィールド:Well, that's a fourth quarter problem. We'll drop a bomb on that risk when we come to it. Right now my biggest problem is trying to figure out what to do with all this money! Wahahaha! Wahahaha! 今すぐ終わるわけじゃない。そんなことはそん時になってから考えろ。今のわしにはもっと深刻な悩みがある。この金をどう使うかだ。あ〜はははは!や〜はははは!

さすがにここまで来て進退極まったアールはリッチフィールドに電話をするが、リッチフィールドは金の亡者と化している。「先の問題はその時になってから考えればいい!」snarl(混乱)。doomsayer(災厄予言者)。boo-hoo(ワ〜ン、エ〜ン)。



DADDY WAS PUT IN CHARGE OF THE WORLD
AND HE DIDN'T TAKE REAL GOOD CARE OF IT.
地球をこんな風にしちゃったのはパパの責任だってことだ
アール:Could I have everybody's attention? There is something I have to say. Errrr. First of all, Stan, I have to apologize to you. みんな聞いてくれるか。言っときたいことがある。はじめに、スタン、おまえさんには謝る。
かぶと虫:Yeah, sure, whatever. あ〜、そうだね。
アール:I didn't realize building that wax fruit factory on your mating ground was wrong. Oh, sure, wax fruit's important, but, but so are bunch beetles. メイティングの場所にワックスフルーツ工場を建てたのは間違いだった。確かにワックスフルーツも大事だが、おまえ達も必要だ。
かぶと虫:Gee, that's biggy of you, Earl. But I'm still feeling kind of blue. Maybe if there was someone holding me to her comforting bosom, I'll ... いや〜、うれしいけど、やっぱり孤独ってさみしいよ。誰か孤独な僕をやさしく抱いてくれる人がいればいいんだけどねえ。
シャーリーン:(Bang!) (バン!)
かぶと虫:Oh, er, take it! いて〜!ダメか〜。
シャーリーン:Uhu, uhuhu. えへへへへ。
アール:And, I guess I owe the rest of you an apology, too. You know, for bringing on the end of the world and civilization and everything. それに、みんなにも謝らなきゃな。恐竜の世界や文化をだめにしちまったんだから。
エセル:I always knew you'd screw things up. I just didn't know how bad. きっといつかはドジをやると思ってたけど、ここまでひどいとはね。
フラン:Mother, he said he was sorry. だから謝ってるでしょ。
アール:And I know I put too much faith in progress and technology, and had too little respect for nature. But, it's so easy to take nature for granted, because it's always there. And technology is so bright and shiny and new. それと、進歩やハイテクをあまりにも過信して、自然を甘く見てたよ。けど、自然はいつもそこにあるから、おろそかにしやすいんだな。逆にテクノロジーは新しくて目立つから。
フラン:We understand, sweetheart. ええ、よくわかるわ。
ベイビー:Understand what? わかるって何が?
アール:Yeah. Well, little guy, what happened was.... Daddy was put in charge of the world and he didn't take real good care of it. And now it looks like there won't be much of the world left for you, and your brother and sister to live in. あ〜、そうだな、わかりやすく言うと、地球をこんな風にしちゃったのはパパの責任だってことだ。そして、おまえやお兄ちゃんやお姉ちゃんが住む世界はどこにもないってことだ。
ベイビー:Are we gonna move? じゃあ引っ越すの?
アール:Well, no, there's no place to move to. This is the only one we got. いや、違う。もう行き場所はないんだ。ここにいるしかないんだよ。
ベイビー:But, what's gonna happen to us? じゃあ僕達どうなるの?
アール:Well, I don't exactly know. さあ、パパにもわからない。
ロビー:But, whatever it is, nobody's gonna leave you. どうなっても、おまえとは一緒だよ。
シャーリーン:That's right, little guy. We'll all stay together. そうよ、ベイビー、私達はずっと一緒よ。
アール:Yeah, yeah. And hey! I'm sure it will all work out OK. After all, dinosaurs have been on this earth for 150 million years. And it's not like we are gonna just disappear. ああ、そうなんだよ。きっとうまく切り抜けるさ。だって恐竜は1億5千万年も生きてきたんだからな。いきなり消えるなんてことは、あり得ないよ。
キャスター:And taking a look at a long-range forecast, continued snow, darkness and extreme cold. This is Howard Handupme. Good night. Good-bye. 続いて、今後のお天気の長期予報です。雪は降り続き、暗く、寒い日が続きます。ハワード・ハンダップミーでした。おやすみなさい。さようなら。

アールの遅すぎる後悔と反省。それでも自分の生命が続く限りは最後まで望みを失うことはできない。恐竜も悲しい存在だ。ここでは何の罪もないベイビーが、今までの悪行の限りをすっかり忘れさせるほど、哀れでいとおしい。地球は未来の世代からのあずかりものってこと。スタンはシャーリーンにふられっぱなしだったけど、彼の明るさといさぎよさがこの回の救いだったかな。bring on(もたらす)。screw up(へまをする、台なしにする)。

< THE END >


『恐竜家族97年8月放送分』へ


何か気付いた点がありましたらこちらまでご連絡お願いします!

|アルフ|ブロッサム|フルハウス|奥様は魔女|
|ドラマの紹介|コメディが好き|リンク|ゲストブック|
|インデックス|



電子メール: enjoy_english@jcom.home.ne.jp

Copyright (c) 1996-97 Noriko Kobayashi
All rights reserved.