神奈川県・横浜の丘陵地に夢の国があった

赤と白と青にに塗られた3両編成のスマートなモノレールに乗って
到着したのは夢の遊園地

21階建てのホテルを眺めながら凱旋門のアーチをくぐると
そこは誰も見た事のなかった夢の世界
イギリスの衛兵のパレード
外周列車や潜水艦
冒険の国や丘の上の不思議な形の観覧車

朝の10時から夜の10時まで、開園していたその世界は1日いても遊びきれないほどだった
お腹が空いたら、園内のいろんな国のレストランで食事をして
夢が覚める帰り頃にはたくさんのおみやげを買ってもらった

かつてその夢の国はこう呼ばれていた

「横浜・ドリーム・ランド」と







 ドリちゃん:1964年8月1日、日本中のちびっこたちは深い眠りにつきました。

 ランちゃん:そしてちびっこたちは夢を見たのです。その夢はドリームランドのとっても楽しい夢でした。
 ドリちゃん:37年間僕とランちゃんはちびっこたちにその楽しい夢を与え続けてきました。
 ランちゃん:そして2002年2月11日の今日、ちびっこたちは楽しい夢を見終えて永い永い眠りから目を覚まします。
 ドリちゃん:現実に戻るとちびっこたちは自分がもう大人になっている事に気が付くでしょう。
 ランちゃん:楽しかったあの夢はもう2度と見ることはできません。
 ドリちゃん:その夢を思い出に変え、その思い出はいつまでも心の中に大切にしまっておいて下さい。
 ランちゃん:そして、時々でいいから・・・思い出して下さい。

(2002年2月11日:ステージでのドリちゃんとランちゃんのあいさつより)





2002年2月17日:横浜ドリームランドは37年の歴史に幕を閉じました

子供の頃に親に連れて行ってもらった記憶は、かすかにありましたが

車で30分と近い場所に住んでいながら、ここ20年はドリームランドを訪れることもありませんでした
たまに近くを通っても「いつまでもあるだろうから、いつか行けばいい…」と、
入園しようという想いさえ頭をよぎらなかったのです

閉園が決まった2001年の秋
自分が親となり、数十年振りに家族で訪れた園内は、寂れてはいましたが、どこか懐かしさの漂う場所でした

それからは閉園の日まで毎月のように通いました
園内に貼られていた昔の写真は、華やかだった頃のドリームランドの姿を思い出させてくれました

「開園した頃は、今よりもずっと広かった」
「モノレールで、大船から行けた」
「高層ホテルのある日本初のテーマパークだった」

今まで断片的な資料や言葉でしか伝わっていなかった多くの事が
ドリームランドを懐かしむ方々が、たくさんの写真や資料をアップして下さったおかげで再び明らかになってきました

私も、そんな皆様のお手伝いになれば…と思い、このページを開設しました
その後入手しました古い資料や、その後のドリームランドの姿などを順次アップしてゆきたいと思っています


ドリームフォトギャラリー(不定期更新)



「ドリームランドへようこそ!」(ドリーム写真コンテスト作品より)


2007年1月21日更新

お知らせ
長らくお待たせいたしました
いろいろありましたが、身辺も落ち着いてきましたので
HPを再開したいと思います
あまりまめに更新は出来ないと思いますが
暖かくお見守りいただければ幸いです





横浜ドリームランドのページです
下のバナーをクリックしてね


ドリームランドの古い写真や資料のページです


ドリームランド閉園前の写真です(準備中)


ドリームランド閉園後の写真のページです


ドリームランド社内報より


ドリームモノレールのページです





(実はこちらが本業?だったりします)
博物館

ご意見・ご連絡などはこちらまで