Dulce Hogar

ペルー好き・ペルー人をパートナーに持つ人の情報サイト
Dulce Hogar > 国際結婚INDEX> 結婚後の姓の変更





結婚後の姓の変更


夫婦別姓が認められていない今、日本人同士の結婚の場合は夫か妻どちらかの氏に統一する必要がありますが、外国人との婚姻の場合は申請しなければ夫婦別姓になります。
相手の姓または自分の姓に統一、複合姓を希望する場合は手続をする必要があります。

 



夫婦別姓
お互いにそのままの姓でいいという場合は、特に届出に必要はありません。

しかし相手の母国訪問をする場合に「自分のパスポートに相手の姓が入っているとうれしいなぁ」という場合は、パスポート取得の際に申請することによって相手の姓を括弧書きで入れてもらえます。(申請時に外国人配偶者の旅券または外国人登録証、結婚証明書、出生証明書のいずれかを持参のこと)


EX) Yumiko Kawaguchi (Sanchez) サンチェスさんと結婚した川口由美子さんの場合


相手の姓に統一
婚姻届と同時または婚姻後6ヶ月以内に相手の姓に統一
相手の姓に統一したい場合は「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出しなくてはなりません。
この届出ができるのは、婚姻後6ヶ月以内に限られています。(婚姻届提出と同時に行うことも可能です。)
届出は日本人配偶者が行いますが、この届出に関して外国人配偶者の承諾や同意はいらないそうです。
自分ひとりで届け出て、ある日突然「今日から私、あなたと同じ苗字になったわ。」っていうのもありなんだそうです。(ちょっと怖いかも)

手続に必要な書類
・外国人との婚姻による氏の変更届
・戸籍抄本(婚姻届と同時の場合は省略可)

*申請先は市町村役場です。


婚姻後6ヶ月以上経過している場合
婚姻後6ヶ月が過ぎた後に氏の変更を希望する場合は、最寄の家庭裁判所での手続が必要となります。
変更後、「やっぱり旧姓に戻したい・・」と言っても簡単には戻せません。家庭裁判所での手続きが必要ですので、氏の変更はよく考えて行ったほうがいいでしょう。

手続に必要な書類
・氏の変更申立書
・外国人登録証
・婚姻届の記載事項証明書
・戸籍謄本
・氏の変更を行うやむをえない事情を証明する資料
・手数料(収入印紙:800円)
・返送用封筒と切手料金

*場合によっては、その他の資料が必要な場合もあります。詳細は最寄の家庭裁判所にお問い合わせください。
(各地の裁判所のホームページ:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_home.nsf

上記の書類を持って、家庭裁判所で手続きをします。
申請すると、出頭日の連絡が来るのでその日に出頭して面談を受けます。
しばらくして「氏の変更の申し立てが認められた」という内容の許可審判の紙が送られてきます。
これから2週間後に「確定証明書」が送られてきますので、許可審判書と確定証明書を持って市町村役場へ行き、「氏の変更手続」を行います。


外国人配偶者の氏に統一する場合の注意
表記はアルファベットではなくカタカナとなります。(中国や韓国の方との場合は、漢字ですが)相手の方に、発音をよく聞いておいたほうがいいでしょう。
スペイン語は基本的にローマ字読みですが、LLはリャとかジャの行の発音で、Yはジャ、イャの行、Zはサ行の発音となりますので、ご注意ください。

自分の姓に統一
相手の方が、ペルー総領事館に届け出る必要があります。
詳細は、ペルー総領事館にお問い合わせください。
複合姓
相手の姓も名乗りたいけど日本に住むのなら日本の苗字も持っておきたい・・というときにオススメなのが複合姓です。
複合姓は相手と自分の苗字をくっつけて、ひとつの姓とします。ふたつでひとつの姓なので、分割して使うことができません。
また、ふたつの姓を点やハイフンなどで区切ることはできません。
姓の順序は、どちらの姓が先に来てもかまいません。


*川口さんと、サンチェスさんの複合姓の場合

戸籍への記載 ローマ字表記
川口サンチェス Kawaguchisanchesu
サンチェス川口 Sanchesukawaguchi

ここで「あれ?」と思った方も多いかと思いますが、複合姓の相手の氏の部分をローマ字で表す場合は読み方をヘボン式ローマ字で表します。(SanchezでなくSanchesu

ただしこのような表記だと不都合が出る場合は、交渉次第では正しい綴りに変更(SanchesuでなくSanchez)してくれる可能性があります。

手続は家庭裁判所で行いますが、姓の変更理由について書かれた申述書の内容を重視するので、申請した人すべてに許可がおりるとは限りません。


手続に必要な書類
・氏の変更申立書
・外国人登録証
・婚姻届の記載事項証明書
・戸籍謄本
・氏の変更を行うやむをえない事情を証明する資料
・手数料(収入印紙:800円)
・返送用封筒と切手料金

家庭裁判所に確認を取ったところ、「初回申請時には3,000円程度のお金を、一応持ってきてください。」と言われました。

*場合によっては、その他の資料が必要な場合もあります。詳細は最寄の家庭裁判所にお問い合わせください。
(各地の裁判所のホームページ:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_home.nsf)

上記の書類を持って、家庭裁判所で手続きをします。
申請すると、出頭日の連絡が来るのでその日に出頭して面談を受けます。
しばらくして「氏の変更の申し立てが認められた」という内容の許可審判の紙が送られてきます。
これから2週間後に「確定証明書」が送られてきますので、許可審判書と確定証明書を持って市町村役場へ行き、「氏の変更手続」を行います。

スペイン語圏の名前の構成
スペイン語圏での姓名は、このような構成になっているのはご存知ですか?

例)ホセ・イグナチオ・サンチェス・バルガス
ホセ ファーストネーム
イグナチオ セカンドネーム
サンチェス 父方の姓
バルガス 母方の姓

*ペルーでは従来使用されてきたキリスト教に由来する伝統的な名前のほかに、外国風の名前も多く見られるようになりました。
ただ綴りはその国のものではなく、あくまでも読みにこだわって付けられています。

例)ジャンピエール(フランスではJean Pierre) →Gianpierre



結婚をした場合の姓名の変化

(結婚前)
(夫) ホセ・イグナチオ・サンチェス・バルガス Jose Ignacio Sanchez Valgaz
(妻) ロサ・マリア・バスケス・メンドーサ          Rosa Maria Vasquez Mendoza

(結婚後)
(夫) ホセ・イグナチオ・サンチェス・バルガス ・・変化なし
(妻) ロサ・マリア・バスケス・デ・サンチェスまたは、ロサ・マリア・バスケス・サンチェス
Rosa Maria Vasquez de Sanchez     Rosa Maria Vasquez Sanchez

結婚すると妻の母方の姓は消失し、サンチェスさんの奥さんのロサ・マリア・バスケスさんと言ったような意味合いのデ・サンチェスまたは夫の姓を付け加える形となります。

このカップルから生まれた子供の姓名は、ビクトル・ウーゴ・サンチェス・バスケス Victor Hugo Sanchez Vasquezといったように、父親の父方の姓・母親の父方の姓の順になります。













Copyright (C) 2003-2005 Catalina , All rights reserved.