message from Mariko マリコさんからのお知らせ

はじめまして、ケーキドマリコの主人の村山真理子です。

若い頃からお料理が大好きで、飯田深雪先生に西洋料理を習いに通っていました。ケーキ作りは、その頃から何度も失敗を重ね(ケーキがふくらみ大喜びでオーブンのドアを開けて、しぼんでしまうという…)、現在に至っております。ケーキ屋さんを始めたのは、四男(5人目の最後の子)が、幼稚園に入園して、家の中に私が1人でいる時間が出来て、何か家で出来る仕事はないものかと考えている時に、お友達から「ケーキを作って下さる?」と頼まれた事がきっかけでした。まさかこんな風になるなど、思ってもいませんでしたし、何の準備もなく、計画性もなく、行きあたりばったりの開始でした。ケーキの箱も買わず、ケーキをお作りして、相手のお玄関に配達し、タッパーのケーキホルダーからお皿に移すという、あやしげなスタイルでした。そのうちにケーキの箱を用意し、リボンで結び、包装紙がないばかりに紙ナプキンを選んでいただくスタイルが、定着いたしました。シールを作ったりしていくうちに、段々本格的にケーキ屋さんっぽくなって来ました。2007年で、もう18年目を迎えております。ここまで続けて来られた事は、私のケーキを支えて下さる多くのお客様はもとより、家族の協力やら辛口のアドバイスの一言なども基本になっております。

また、いくつかの幸運とご縁も、私のケーキのお店を発展させてもらえたと思っています。

まず卵です。お友達から、最初は「おいしい卵よ」と、10個配達していただいておりましたが、こんな優秀な卵でケーキが作ってみたいと、数量を増やしていただく事をお願いして、現在に至っています。(にわとりに、牡蠣殻、にんにく、遺伝子組み換えでない大豆などをえさに与え、抗生物質を飲ませず、白身も黄身も力があります。)その卵を使うことで、ケーキに仕上がった時に、卵の香りがするのです。次に、四つ葉の生クリームと牛乳です。これもお客様のお世話で、毎週配達していただいております。泡立てたばかりの生クリームの味は、どのメーカーの物よりも美味しいと思っています。もちろんガナッシュにしても、つやが違います。そして、フレッシュフルーツのとまとやさんです。フルーツの仕入れに間違いがないので、安心して、全てを買っております。また、今でこそ1000Lの冷蔵庫を備えましたが、昔はカットケーキセールのケーキをとまとやさんの冷蔵庫に入れさせていただいたり、毎年8月の夏祭りに、店頭で私のお菓子を売らせていただいたり、店長さんには大変お世話になっております。

(滝山中央商店街とまとやホームページ→http://www.tomatoya.com)

良い材料の調達に安心があって、初めて私のケーキが出来上がる訳です。まだ言葉に表せない程の多くの方々の、御支援や、暖かい御言葉をいただいて、私も楽しくケーキを作り続けて行こうと思っておりますので、これからもどうかよろしくお願いいたします。

08.2.17 2008年2月のお知らせを掲載しました
08.1.14 2008年1月のお知らせを掲載しました
今月のお知らせ 毎月のお知らせとして配っている広告です。文章を書く事も好きで、少しずつ季節の事なども織り込んでいます。読んでみてね。
バックナンバー 01年1月からのお知らせをまとめました。景気の動向とかわかるかも?