モンスター辞典

あ行

アーヴァンク、アダンク


Afanc、Adanc、Addanc 魔獣
池に棲む魔獣。土手を壊し、畑を水浸しにし、牛馬を溺れさせては水の中に引きずり込む。乙女に弱く、その膝で寝てしまう。ビーバーとの説も。
出典:ウェールズ伝承

アィー、ハイート、アユティ、アユ


Haiit、Ahuti 魔獣
大型の猿のような獣。全身長い毛に覆われ、人間に似た顔、極端に短い尾を持つ。四肢の先に指は3本で幅広の爪で木に登る。ナマケモノとの説も。
出典:東方地理誌、南極フランス異聞

アウルベア


Owlbear 魔獣
梟頭の熊の姿をした凶暴な魔獣。稀に前足が羽毛に覆われる事も。魔術によって作られた生物で、通常の熊より大きく強く、非常に凶暴。
出典:D&D

アケローオス、アケロオス


Achelous 神族、妖精
海神オケアノスの子、河の神の長男、多くのニンフの父。
雄牛の角、髭と長い髪を持ち、下半身は蛇の様な魚の半人。洪水を起こし、変身術に長け雄牛や大蛇に変身するのが得意。
出典:ギリシャ神話

アスピドケロン、ファスティトカロン


Aspidochelo、Fastitocalon 魔獣
海亀や魚のような姿の島のように大きい怪物。魚を集める甘い匂いを吐き、背中に木々を生やし、浮島のように移動する。「蛇亀」の意。
出典:北欧伝承

アスプ、アスピス


Asp 魔獣
眠りまたは死の視線を持つ、コブラに似た蛇。敏捷で、視線・吐息に毒があるとも。
出典:博物誌

アティアグ、オチュー


Otyugh 魔獣
ゴミや腐肉を食べる、強力な異形の怪物。膨れた体は殆ど口で占められており、三本の足と三本の触手、その内一本の先に目を持つ。ゴミを出す者と共生関係を持つ事が多い。
出典:D&D

アトラク=ナクア、アトラク・ナクア、アトラック=ナチャ、アトラク=ナチャ


Atlach-Nacha 邪神
蜘蛛の女神。人間程の大きさで、黒い毛に覆われた蜘蛛の体に人頭(またはその模様)、小さな赤い目を持つ。深淵に封印されており、広大な深淵に巨大な蜘蛛の巣を延々と張り続けている。
出典:クトゥルフ神話

アハ・イシュケ、アッハ・イーシュカ


Each-uisge、Ech-uskya、Ech-ushkya 妖精、魔獣
海や塩水湖に棲む食人馬。湖の上を跳ね、立派な馬の姿で、背中に不思議な吸着力を持ち、乗った者を引きずりこんで食らう。ケルピーと同一視される。「水の馬」の意。
出典:アイルランド、スコットランド伝承

アビサル・モー


Abyssal Maw 魔獣、デーモン
全身口の下級デーモン。丸い胴体から突き出た太く短い手足と、上下にパックリと裂いた大きな口を持つ。「アビスの口」の意。
出典:D&D

アラクネ、アラクネー


Arachne 魔獣
蜘蛛にされた少女、転じて半蜘蛛半人の女怪。人間の頃は機織が得意。蜘蛛の糸の他、神経毒を持つ事が多い。
出典:ギリシャ神話

アリオク、アリオッチ、アリオッホ、アリヨク


Arioch 悪魔、天使、魔王、邪神
復讐、混沌、剣の悪魔または堕天使。「獰猛な獅子」の意。
出典:旧約聖書、聖書偽典/ヘブライ語

アルゴス


Argos、Argus(英) 巨人、神族
体中に目を持つ、不眠の百眼巨人。エキドナを殺すなどの功をあげた、ヘラの忠臣で強力な戦士。死後悼まれ、孔雀の尾羽に目を飾られた。
出典:ギリシャ神話

アルコン


Archon 天使、神族
天界の(多くは)有翼の人型生物。デヴィルデーモンと戦う上級天使的存在。元々は古代アテネの高級執政官・法の執行官で、グノーシス派での下級デーモンでもある。
出典:D&D

アルラウネ


Alraune 植物
人型の根をを持つ薬草。根が美しい少女や小動物の形をしている。未来や秘密の事を教えてくれる。「謎を書かれたもの」の意。
マンドラゴラの亜種。
出典:ドイツ伝承

アレイオーン、アリーオーン、アレイオン、アリオン


Areion 魔獣
右足が人の足の姿をした、人語を解す神馬。ポセイドンとデメテルが共に馬の姿で交わり生まれた子。
出典:ギリシャ神話

アンタイオス


Antaios 神族、巨人
大地の生命力を持つ好戦的な巨人。地に足が着く限り、無限に再生・復活する力を持つ。ポセイドンとガイアの子。
出典:ギリシャ神話

アンバー・ハルク


Umber hulk 魔獣
類人猿と甲虫のあいの子のような大型人型生物。俗説で、ウルトラマンのアントラーが元ネタという説がある。
出典:D&D

アンフィスバエナ


Amphisbaena 魔獣
前後両方頭の蛇、時にドラゴン。「両方に行くもの」の意。
出典:博物誌

イーヴィルアイ、エビルアイ


Evil Eye 魔獣、ゴーレム、悪魔
邪眼、もしくは邪眼の化け物。視線に様々な魔力を持つ。ゲイザーに同じ。
出典:各地の伝承、またはD&Dのビホルダーから

イエティ


Yeti 魔獣、妖精、巨人
雪男。白く長い毛に覆われ、猿のような顔の巨大な人型の怪物。非常に捕まえにくい場合が多い。
出典:ヒマラヤの伝承

イスバザデン、アスバザデン、イスバザデン・ペンカウル


Ysbaddaden、Yspadaden Penkawr 巨人、亜人
巨人の老王。美しい娘と大きな城塞に住む。陰険で卑怯、油断した相手の背中に石の毒槍を投げつける。
出典:ウェールズ/ケルト伝承

古のもの(いにしえのもの)、エルダー・シング


Elder thing 魔獣、亜人
地球の生物、ショゴスなどを作った異星人の種族。高度な知性と技術力、直立し翼が生えたイソギンチャクのような肉体を持つ。
出典:クトゥルフ神話

イフリート


Efreet 精霊、悪魔
様々な魔術と炎を操るジン。炎属性のジンとされる事が多い。「千夜一夜物語」のランプの精。狡猾で攻撃的な性格の者、壷やランプに封じられている事が多い。
出典:アラブ伝承

インヴィジブル・ストーカー、インビジブル・ストーカー


Invisible Stalker 精霊、魔獣
透明な魔物。人間に良く似た形の透明な肉体を持って敵を襲う。透明な事以外は大した能力は持たない。
出典:D&D(?)

インキュバス、インクバス、インクブス

Incubus 悪魔、妖精
夢魔、淫魔。性的な魅力に溢れた淫乱な男性の魔物。淫乱な夢を見せて人と交わり、サッキュバスが人間の精液を集め、インキュバスが女性を孕ませる。「上にのしかかるもの」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

インプ


Imp 悪魔、妖精
小悪魔、または性悪な小妖精。角、蝙蝠の羽、尖った尻尾を生やした、痩せ捻くれた小人。邪悪な魔法使いや僧侶の使い魔によくなる。「接木」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

ヴァルキリー、ヴァルキューレ


Valkyrie(英)、Walkure(独) 神族、精霊
戦乙女。天馬に乗って戦場を飛び、勇者の魂を集める半神の女神。真の勇者のみを天上の戦場へ招くと云う。「戦死者を選ぶ女」の意。
出典:北欧神話

ヴァンパイア、バンパイア


Vampire アンデッド
吸血鬼。生者の血液を糧とし、血を吸った相手を自分と同じ吸血鬼にしてしまう。動物への変身、恐怖や魅了の視線を持つが、聖印や日光、ニンニクに弱く、流水を渡れない等、弱点も多い。
出典:ヨーロッパ伝承、ドラキュラ

ヴィーヴル


Vouivre(仏) 魔獣、精霊
蝙蝠の翼と宝石(ガーネットまたはダイヤモンド)の瞳を持った巨大なドラゴン。雌しかいないと云う。半人半ドラゴンの美女の姿の場合も。
出典:フランス民話

ヴィゾーヴニル、ヴィゾープニル、ヴェズルフェルニル


Vedrfelnir 魔獣
ユグドラジルの最も高い枝に止まる輝く雄鶏。その輝きから世界中を照らす。レーヴァテインでしか殺せないが、同時に原材料になる。
フレースヴェルグと同一視される。「木の蛇」の意。
出典:北欧神話

ウィル・オー・ウィスプ、ウィルオウィスプ


Will-o-Wisp 精霊、アンデッド
夜にゆらゆら輝く青白い光の塊。鬼火、人魂。森、沼や墓場に現れ、着いていくと底なし沼等危険な場所に迷い込んでしまう。「一掴みの藁(松明持ち)のウィリアム」の意。
出典:イングランド伝承

ウォーグ、ワーグ


Worg、Warg 魔獣
邪狼、魔狼、悪魔犬。邪悪で人に近い知性を持つ少し大きな狼。ゴブリンオークの乗騎。
出典:指輪物語

ヴォジャノーイ


Vodyanoi(露) 妖精
沈没船に住み宝を守り、男性(鬚の老人とも)のような姿で水に人を引き込む。「水のもの」の意。
出典:ロシア民話

ヴリトラ


Vrtra 魔獣
神食いの巨大な悪竜。旱魃の象徴。ヴァジュラ(金剛杵)によって倒された。「障害」「宇宙を塞ぐ者」の意。
出典:インド神話

ウルク


Uruk 亜人
強化オーク。通常より太陽に対する耐性が強く、体が大きく持久力もあった。「体が大きなオーク」の意。
出典:指輪物語/モルドール語

ウルク=ハイ


Uruk-hai 亜人
ウルクの変種(らしい)。ウルクと人間を魔術で掛け合わせたものらしい。
出典:指輪物語/モルドール語

ウロボロス


Ouroboros、Uroboros 魔獣、神族
自身の尾を噛んで輪状になった蛇またはドラゴン。
「死と再生」「全にして一」「無限」「永遠回帰」「完全」「調和」等多くの象徴。「尾を飲み込む蛇」の意。
出典:ヨーロッパ古代思想

ウンゴリアント


Ungoliant 魔獣、悪魔
蜘蛛の悪霊の王。強大な肉体と、光を食べ闇を紡ぎ、魔王や神族に近しい力を持つ。シェロブなどの数多の恐るべき蜘蛛たちの祖。
出典:指輪物語、シルマリル物語

ウンディーネ


Undine 精霊、悪魔
美しい乙女の姿をした水の精霊、エレメンタル。水を操り溺れさせる魔力を持つ。優しく情熱的でよく人間と恋に落ちるが、罵倒・不倫は禁忌で、夫を殺す事も。
出典:妖精の書

エーギル


Agir 巨人、神
海の神、海の巨人の王。ヨトゥンだが神々側に属す。飛沫を思わせる白髪・白髭の姿をしている。「迎え入れる者」の意。
出典:北欧神話

エイトグ


Atog 魔獣
何かを食べる事で一時的に強くなる、蛙頭の怪物。魔法のアイテムや時間などを各々を食べる種がある。名は紙(カード)を食べるヤギgoatのアナグラム。
出典:マジック:ザ・ギャザリング

エキドナ


Echidna 魔獣、神族
魔獣の母。下半身が蛇(または怪物)の美女。テューポーンオルトロスとの間に多くの子を産む。
オルトロス、ケルベロスヒュドラキマイララドンスフィンクスパイアネメアーの獅子等の母。「蝮の女」の意。
出典:ギリシャ神話

エティン


Ettin 巨人
二つの頭を持つ醜く捻じくれた異形の巨人。双頭巨人。知性は低いが狡猾。2つの頭を持つ為優れた観察力を持ち、優秀な番兵となり得る。両手利き。元々はヨトゥンの事。
出典:北欧神話D&D(?)

エルフ


Elf 妖精、亜人
元々は自然と豊穣を象徴する、森や泉や井戸や地下に棲むという美しい妖精、小神族。不死または長命で、魔法を得意とする。ドワーフと仲が悪い。
出典:北ヨーロッパ伝承

エレメンタル


Elemental 精霊
精霊。自然現象の力そのものの具象。元々はノームウンディーネサラマンダーシルフの地水火風の四精霊を言う。
出典:妖精の書

エント


Ent 精霊、妖精、植物
森、樹木を守る大木の姿の精霊、妖精。手足と顔を持つが、一見木にしか見えない。非常に強い力を持ち、一時的に普通の木にも動く力を与える能力がある。
やや衰えた亜種フオルンがいる。
出典:指輪物語

エンプーサ、エムプーサ


Empusa 魔獣、神族
夢魔・食人鬼。青銅の足とロバの足、鷹の爪に蝙蝠の翼を持つ女性の姿。変身能力を持つ。地獄に住み、冥界の女神ヘカテーの従者。「雌蟷螂」の意。
出典:ギリシャ神話

オーガ、オグル


Ogre 巨人、亜人
食人鬼、巨人。知性は低いが、魔法や変身能力を持つ者も。女性形はオーグレス
出典:長靴をはいた猫

オーク


Orc 亜人
豚頭人、もしくは豚のように醜い頭の人型種族。エルフを魔術によって改造したものとも。
出典:指輪物語

オーグレス


Ogress 巨人、亜人
オーガの女性。女食人鬼、女巨人。男より魔法や変身能力を持つ者が多い。
出典:長靴をはいた猫

オートマタ、オートマトン


automata、automaton ゴーレム
自動で動く人形。機械仕掛けで動く人形、モンスターを言う。「自らの意志で動くもの」の意。
出典:実在の自動人形

牡羊の角をもつ蛇、羊角の蛇


Snake,Ram-honed 魔獣、妖精
ケルトの神の力、ドルイドの魔法の象徴。豊穣、富裕、保護、治癒の魔力を持つ。
有角の男神ケルヌンノス、クロウ・クルワッハの化身、シンボル。
出典:ケルト伝承

オルトロス


Orthrus 魔獣
双頭の魔犬。蛇頭の尻尾と背中から七匹の蛇を生やす。ゲリュオネウスの番犬。テューポーンエキドナの子で、 エキドナとの間にネメアーの獅子パイアスフィンクスを作る。
出典:ギリシャ神話


か行

カークス、カクス


Cacus 巨人、神族
三つ首で火を吐く巨人。洞窟に棲み人を害した。火の神ウゥルカーヌスの息子。
出典:ギリシャ神話

ガーゴイル


Gargoyle ゴーレム、デーモン
元々は屋根に設置される有翼の化け物の彫刻。転じて、動く悪魔像の怪物を言う。像に見える能力と、丈夫な石の体を持つ。
出典:ヨーロッパ伝承

ガースト


Ghast アンデッド、悪魔
グールに似た光を嫌い、死体を食らう魔物。醜くやせ細った人間の姿で、生きる者も殺して食べる。グールと別種で愚かで力が強い場合と、魔界に棲み強力になったグールの場合がある。
出典:クトゥルフ神話、D&D

ガウス


Gauth 魔獣
ビホルダーの下位種。球体の体に大きな一つ目と口、小さな6つの目を持つ。ビホルダーと同じく、目から様々な怪光線を発する。
出典:D&D

カトブレパス


Catoblepas 魔獣
死の視線、草木を枯らす毒の吐息を持つ黒い水牛に似た獣。長い首、または重い頭を持ち、なかなか思い通りに動けない。「俯ける者」の意。
出典:博物誌

カムペー


Campe 魔獣、神族
地獄タルタロスの門番、獄吏。女性の上半身に蠍の尾に似た下半身の女怪、雌ドラゴン。強大な神や巨人を閉じ込めていた。
出典:ギリシャ神話

カラドリオス、カラドリウス


Charadrios 魔獣
病を吸い取る白い小鳥。病人から嘴で病を吸い取り、飛び上がって汗のように蒔いてその病を治す。神の使いともされる。
出典:動物誌博物誌など

カリュブディス


Charybdis 魔獣
大食な渦の女怪。大食の罰を受けた娘が変身した怪物で、食事の度に周りの海水を飲み込み吐き出す為、大渦巻きを生む。
出典:ギリシャ神話

カルキノス、化け蟹、巨蟹


Carcinos、Karkinos 魔獣
巨大な化け蟹。飼い主に忠誠心が高く、捨て身の勇気または無謀な愚かさを持ち、ヒュドラの助っ人をした。
エキドナオルトロスの子だが、その中ではかなり弱い。
出典:ギリシャ神話

カンビオン


Cambion 亜人
サッキュバスインキュバスによって生まれた半魔の人間。天使のような美しさと高い知性を持つ。
出典:ヨーロッパ伝承

ギガース、ギガンテス(複数形)


Giga、sGigantes 巨人、神族
巨人。両足が2頭の蛇の事も。複数形ギガンテスで「巨人族」と呼ばれる。ウラノスの切り落とされた男性器とガイアから生まれた。
出典:ギリシャ神話

キマイラ、キメラ


Chimaira、Chimera 魔獣
ライオンの頭、山羊の身体、蛇の尻尾を持ち火を吹く強力な魔獣。他にライオンと山羊の二頭や更にドラゴンの三頭の場合も。複合生物、二面性の象徴。
テューポーンエキドナの子。
出典:ギリシャ神話

キャリオンクロウラー


Carrion Crawler 魔獣
死肉を食らう大芋虫。大きな体躯、口から伸びた麻痺毒を持つ8本の触手と、壁や天井を走る鉤ぎ爪または吸盤の生えた無数の足を持つ。
出典:D&D

キュプロクス、サイプロクス

 イラスト

Cyclops 巨人、神族
一つ目巨人。神々も使う最高の武具を作る鍛冶技術を持つが、末裔は羊飼いで投石で人を殺す蛮族となる。ウラノスとガイアの子。「丸い目」の意。
出典:ギリシャ神話

金羊毛の番竜、コルキスのドラゴン


Colchian Dragon、A dragon that guarded the Golden Fleece 魔獣
黄金の羊の毛皮を守るドラゴン、大蛇。口から火炎を吐き、一睡もせずに見張る。テューポーンエキドナの子
出典:ギリシャ神話

グール


Ghoul アンデッド、亜人、精霊
食屍鬼、屍食鬼。醜くやせ細った人間の姿で、死体を食べる魔物。生きる者も殺して食べる。邪悪で捻くれ者。下級な魔術や変身術を使う場合も。
出典:アラブ伝承

クーン・アンヌン、ハウンド オブ アンヌン、アンヌンの猟犬


Cwn Annwn、Hound of Annwn 魔獣、アンデッド、妖精
異界・冥界(アンヌン)の猟犬。夜に現れて叫び、死を予告する幽霊犬。
小型で、斑混じりの灰色がかった赤い体毛に包まれる。そのまま「異界の猟犬」の意。
出典:ウェールズ/ケルト伝承

クアジット


Quasit 悪魔、妖精
小悪魔。後ろに反った角、蝙蝠の羽、尖った尻尾を生やした、痩せ捻くれた小人。デーモンに作られ、 インプと違いカオティックで契約を重んじない。使い魔によくなる。
出典:D&D

グエルン・アブイ、グエルブナイ、鷲のグエルン・アブイ


Gwern Abwy、Eagle of Gwern Abwy 魔獣
賢者の鷲。最も年経た獣で、旅して回り、広く深く物事、出来事を知る。
出典:ウェールズ/ケルト伝承

クラーケン


Kraken 魔獣、精霊
海の怪物。姿は不明だが、巨大な蛸や烏賊のような頭足類に似る姿が多い。「捻じ曲がったもの」「極北のもの」の意。
出典:北欧伝承

グライアイ、グライア(単数形)


Graiai、Graeae、Graia 魔獣
パムプレードーPemphredo(意地悪、警告)、エニューオーEnyo(好戦、嫌悪)、デイノーDeino(恐怖)三姉妹の総称。
三人で一つの眼と歯を共用する灰色の髪の老婆。一つの眼は遠視・透視能力を持つ場合も。ゴルゴーンたちの姉。「老婆」の意。
出典:ギリシャ神話

グラスランナー


Grassrunner 亜人、妖精
好奇心に満ちた身長1m前後の小人。草原の妖精。一生子供の姿のままで、心の赴くまま放浪する。素早く器用だが、魔法は使えない。「草原を駆ける者」の意。
出典:ソードワールド

グリフォン、グリフィン、グリプス


Griffon、Griffin、Gryps 魔獣
鷲の上半身、獅子の下半身の魔獣。非常に獰猛な肉食獣で、特に馬を好むが、雌馬は犯しヒッポグリフを生す。王権、知識の象徴。
出典:歴史、博物誌

グレンデル


Grendel 巨人
強靭で硬い体の食人巨人。湖または沼の底に棲み、より強大な母を持っていた。ベオウルフに敗れる。
出典:北欧神話

グレムリン

 イラスト

Gremlin 妖精
悪戯好きで、機械を故障させる小柄な妖精、小鬼。
出典:イギリス空軍の噂

クロウ・クルワッハ


Crom Cruach 神族、邪神、魔獣
太陽、戦、死の神格を持つ巨神。羊角の蛇または竜の姿で、多くの生贄を欲したという。
クロウは「三日月」「輪」「頭」、クルワッハは「血まみれ」「山、積み重ね、塚」の意。
バロールが生み出した暗黒竜や、牡羊の角をもつ蛇と同一視される。
出典:アイルランド/ケルト伝承

ゲイザー、ギャザー


Gazer 魔獣、ゴーレム、悪魔
邪眼の化け物。視線に様々な魔力を持つ。「睨むもの」の意。イーヴィル・アイに同じ。
出典:各地の伝承、またはD&Dのビホルダーから

ケトゥス、ケートス


Cetus 魔獣
鯨の怪物。犬のような頭の巨大なアシカのような姿。ポセイドンによって王国を襲ったが、メドゥーサの首を見て石化、鯨座になった。
出典:ギリシャ神話

ゲリュオネウス、ゲリュオン、ゲーリュオーン


Geryoneus、Geryon 巨人、神族
三人が腹部で結合した形の巨人。多くの牛を飼い、オルトロスを番犬とする。
重武装。高貴な性格であった説や女性説、クリューサーオールの子でエキドナと兄弟の説も。
出典:ギリシャ神話

ケリュネイアの鹿、ケリュネイアン・ハインド


Ceryneian Hind 魔獣
黄金の角と青銅の蹄を持ち、矢よりも早く走る巨大な神鹿。アルテミスの戦車を曳く。メス。
出典:ギリシャ神話

ケルピー


Kelpie 妖精、魔獣
川、湖に棲む食人馬。たてがみに緑色のいぐさを生やした立派な馬の姿で、乗った者を引きずりこんで食らう。下半身が魚の倍も。馬勒を付ければ人に従う。 アハ・イシュケと同一視される。
出典:スコットランド伝承

ケルベロス


Cerberus 魔獣
三つ頭~100の首を持つ地獄の番犬。蛇頭の尻尾と背中から無数の蛇を生やす。テューポーンエキドナの子。素晴らしい音楽や、甘いパンに弱い。
出典:ギリシャ神話

ケンダー


kender 亜人、妖精
好奇心に満ちた身長1m前後の小人。一生子供の姿のままで、心の赴くまま放浪し、所有権の概念が無く興味あるものをつい盗んでしまう。素早く器用で、恐怖に耐性を持つ。
出典:ドラゴンランス

ケンタウロス、セントール


Centaurus、Centaur 亜人、魔獣
馬の首部分に人間の上半身が付いた姿の亜人。弓矢を得意とし野蛮で好色だが、極稀に賢者も出る。「半人半獣」の総称でもある。
出典:ギリシャ神話

ゴースト


Ghost アンデッド
現世に残る死者の魂、幽霊。時に幽霊系モンスターの総称。人に布をかけたような形で目と口は空洞。ふわふわと浮遊し、多くは霊体のみで物理干渉出来ず、人に憑依して操る。
出典:ヨーロッパ伝承

ゴーレム


Golem ゴーレム
魔法によって作られた、作成者の命令だけを忠実に実行する自動人形。元々は泥製だが、石から各種金属、肉や骨など様々なタイプが作られた。
「胎児」の意。
出典:ユダヤ伝承

コウォーカー


Co-Walker アンデッド、悪魔など
ドッペルゲンガーのイギリスでの別名。
出典:イギリス伝承

コカトリス、コカトライス


Cockatrice 魔獣
触れたものを石化させる魔力を持つ魔物。主に蛇の胴体を持つ雄鶏の姿で描かれる。雄鶏が産んだ卵をひき蛙が温めると生まれる。バジリスクと同一視・雌雄体とされる事も。
出典:ヨーロッパ伝承

コシュタ・バワー、コシィタバワー


Coite-bodhar 精霊、アンデッド
デュラハンの騎馬、または馬車を牽く首無し馬。
出典:アイルランド伝承

ゴブリン

 イラスト

Goblin 妖精
悪戯好きな妖精、小鬼。緑色の肌を持つ小人。残虐性、嫉妬心が強い。
出典:ヨーロッパ伝承

コボルド


Kobold 妖精
犬頭、または赤い帽子に緑の服、金色の髪の小人の妖精。悪戯好き。銀を粗悪な金属(コバルト)に換える、または銀を腐らせるという。
出典:ドイツ民話

ゴルゴーン、ゴルゴン、ゴーゴン


Gorgon 魔獣
ステンノーSthenno(力強い)、エウリュアレEuryale(遠方への放浪)、メデューサMedusa(支配者)三姉妹の総称。石化の邪眼を持つ。 カトブレパスの別名でもある。「恐ろしいもの」の意。
出典:ギリシャ神話


さ行

サッキュバス、サキュバス、サクブス


Succubus 悪魔、妖精
夢魔、淫魔。性的な魅力に溢れた淫乱な女性の魔物。淫乱な夢を見せて人と交わり、サッキュバスが人間の精液を集め、インキュバスが女性を孕ませる。「下に横たわるもの」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

サテュロス


Satyr 妖精、神族、魔獣
デュオニソスに従う小神、妖精。山羊か馬のような下半身、小さな2本の角、尖り耳を持つ。悪戯好きで享楽的、酒、音楽や舞踊を好む「扇動する者」「種をまく者」の意。
出典:ギリシャ神話

サラマンダー


Salamander 精霊、魔獣
蜥蜴の形をした火の精霊、エレメンタル。炎の中で自由に生き、また火を操る。人間の姿を取ることも。
出典:妖精の書

シー、シード


Sid、Sidhe、Shee 妖精、亜人
妖精、異世界の住人の総称。元々は「妖精の土塚」=地下にある異界、妖精界を意味し、その住人も指すようになった。
出典:ケルト伝承

シーサーペント


Sea Serpent 魔獣
大海蛇。海に現れ船を沈める、巨大な長い生き物。多くは蛇またはドラゴン
出典:ヨーロッパ伝承

シーレーノス、シレノス


Silenus 妖精、神族、魔獣
デュオニソスに従う小神、妖精。馬の下半身と耳を持つ半人半馬。いつもワインを飲んで酩酊しているが、神秘を知り、高い知性を持つ。サテュロスに同一視される場合も。
出典:ギリシャ神話

シェロブ


Shelob 魔獣、悪魔
闇の大蜘蛛。巨大な体躯に堅い外骨格に堅い糸、毒針を持つ強力な魔物。ウンゴリアントの末裔。メス。
出典:指輪物語、シルマリル物語

ジズ


behemoth 魔獣、悪魔、神族
神によって作られた、最も巨大な鳥。空に住む生き物の中で最も巨大。
出典:ユダヤ伝承

ジャイアント


Giant 巨人
巨人。ギガースが変化した言葉。ただ「ジャイアント」と呼ばれる場合、やや愚鈍で大らかな巨人が多い。投石攻撃が得意。
出典:ヨーロッパ伝承

ジャバウォック


Jabberwock 魔獣
正体不明の怪物。森に棲み、強力な爪と顎を持つ。口が突き出ていないドラゴンのような姿で描かれる。
出典:ジャバウォックの詩、鏡の国のアリス

シャンブラー、シャンブリング・マウンド


Shambler、Shambling Mound 植物、魔獣
腐食した蔦・茸類と汚泥が小山のように寄り集まった、知性ある肉食植物。周囲の地形に溶け込んでの不意打ちを好む。「よろよろ歩くもの」の意。
出典:D&D

ショゴス


Shoggoth 魔獣
古のものによって作られた漆黒の粘液状生物。不定形の腐肉の塊のような肉体で、自由に変形できる。本来は無知性だが、脳を成形して知性を持つ事も。
出典:クトゥルフ神話

シルキー


Silky 妖精、幽霊
家人に気づかれずに家事をこなすメイドの妖精、幽霊。侵入者に対しては実力で排除する。「絹の服を着る人」の意。
出典:ケルト伝承

シルフ、シルフィード


Sylph、Sylphid 精霊
美しい少女の姿をした風の精霊、エレメンタル。多くは小さく、背中から虫の羽が生えている。通常は透明で、空を飛び風を操る。「森のニンフ」の意。
出典:妖精の書

ジン、ジニー


Jinn、Jinni 精霊、悪魔
魔人、精霊的存在。「千夜一夜物語」のランプの精。通常では見えず傷付けられない体と様々な魔力を持つ。性格・性質は多様。
出典:アラブ伝承

スードゥードラゴン、ニセドラゴン、ドラゴンモドキ


Pseudodragon 魔獣
ドラゴンの幼生によく似た、1m程の魔物。種としては全く違い、テレパシーで会話し、気分屋な性格。使い魔にもなる。
そのまま「ドラゴンに似たもの」の意。
出典:D&D

スヴァディルファリ


Suadilfari 魔獣
怪力の魔馬。山の巨人に飼われていた牡馬で、神も驚く程の石材を運んだ。スレイプニールの父。
出典:北欧神話

スキアポデス、スキャポデス、モノコリ


Sciapodes、Sciapods、Skiapods、Monocoli 亜人、魔獣
巨大な一本足の亜人。機敏に飛び跳ね、また猛暑の日にはその足を日傘に昼寝をする。「影足」の意。
出典:博物誌

スキュラ


Scylla 魔獣
海岸の洞窟に棲む女怪。美しい女性の上半身、犬頭とその十二本の足という下半身を持つ。ニンフだったが毒物により怪物に変化した。「犬の子」「引き裂くもの」「すさまじいもの」の意。
出典:ギリシャ神話

スクイッグ

 イラスト

Squig 魔獣、植物
お化け茸。人面の球体に2足と尻尾が付いた形の混沌の魔獣。ゴブリンに使役される。
出典:ウォーハンマー

スケイヴン


Skaven 亜人
混沌のネズミ人。混沌の力で変異、生まれた種族で、地下に住み、変異や病の魔力を用いて人類の支配をしようと暗躍する。
出典:ウォーハンマー

スケルトン


Skelton アンデッド、ゴーレム
骸骨。自ら動く骸骨を指す。死者の怨念の一部や雑霊が乗り移ったり、魔法で動かされている最下級のアンデッド。知能は無きに等しい。
出典:特になし

ステュムパーリデスの鳥、ステュムパリデスの鳥、ステュンパリデスの鳥、スチュパリデスの鳥、ステュムパーロスの鳥


Stymphalian Birds 魔獣
青銅の嘴、爪、翼の先を持ち、毒性の糞を放つ怪鳥。森に棲み、群れで人を襲い田畑を荒らす。
出典:ギリシャ神話

スナガ


Snaga 妖精
オークの小型種。ウルク=ハイに蔑称として呼ばれる。「奴隷」の意。
出典:指輪物語/モルドール語

スノットリング


Snotling 妖精
小さいゴブリン。ゴブリンの小型種または子供とされ、ゴブリンより更に愚かでうるさく無分別で、集団で汚い緑色の塊となって人を襲う。
出典:ウォーハンマー

スパルトイ


Spartoi 人、ゴーレム
大地に蒔かれたドラゴンの牙から生まれ、勇者の従者となった人々。転じて蒔かれた竜の牙から生まれる骸骨型ゴーレムの事。「蒔かれた者」の意。
出典:ギリシャ神話、映画アルゴ探検隊の大冒険

スピリット


Spirit 精霊、アンデッド
魂、霊魂、精霊、及びその総称。おぼろげな姿の精霊や、幽霊を呼ぶ場合も。
出典:ヨーロッパ伝承

スピンクス、スフィンクス


Sphinx 魔獣
人頭と獅子の体の神聖な獣。基本は女性で、翼や蛇頭の尻尾を持つ事も。王や神殿の守護する種、旅人に謎々を出して答えられない者を食べる種などがいる。エキドナの子。
出典:エジプト神話、ギリシア神話、メソポタミア神話

スプライト


Sprite 妖精、アンデッド
風の妖精、または幽霊の一種。シルフと同一視される事も。
出典:ヨーロッパ伝承

スプリガン


Spriggan 妖精、巨人
古代の財宝を守る、攻撃的な妖精。巨人と小人、もしくは子供の二つの姿を持ち、財宝を狙う者を攻撃、または罰を与える。
出典:ケルト伝承

スペクター


Specter アンデッド
現世に残る死者の魂、幽霊、亡霊、死霊。ふわふわと浮遊し、零体のみで物理干渉出来ず、人に憑依して操る。おぼろげな姿で、見た者に恐怖を呼び起こす。
出典:ヨーロッパ伝承

スライム


Slime 魔獣、植物、ゴーレム
生きるドロドロの粘液の塊。壁や天井にへばり付いたり滲み出て獲物に襲い掛かり、溶かして食べる。武器などで傷つかず、炎や魔法以外で倒すのが難しい。
出典:D&D

スラル


Thrall アンデッド
供物や生贄用に魔法で作られたアンデッド。死体を繋ぎ合わせて作られ、生贄にする事で特殊な効果を得る。「奴隷」「虜」の意。
出典:マジック:ザ・ギャザリング

スリヴァー


Sliver 魔獣
刃のような頭と鉤爪を持った異形の怪物。個々特異な能力を持った様々な種がおり、更に近距離のスリヴァーにはその能力を共有させ、群れを成すことで強力になる。「断片」「切り裂く」の意。
出典:マジック:ザ・ギャザリング

スレイプニール、スレイプニル


Sleipnir 魔獣、神族
八本足の神馬。オーディンの乗馬で、陸海空を滑るように駆ける。ロキとスヴァディルファリの子。「滑走するもの」の意。
出典:北欧神話

セイレン、セイレーン


Siren 魔獣
船乗りを歌で惑わし、その肉を食らう女怪。美しい女性の上半身に、水かきのある足、または魚や鳥の下半身を持つ。魚の下半身に鳥の翼の場合も。「紐で縛る」「干上がる」の意。
出典:ギリシャ神話

ゼラチン・キューブ、ゼラチナス・キューブ


Gelatinous cube 魔獣
ほぼ透明な強大なアメーバ状の怪物。迷宮の通路などに大体10フィート四方の立方体の形に広がり、掃除しながら移動する。麻痺毒を分泌し、取り込んだ獲物を溶かして食べる。
出典:D&D

ゾンビ、ゾンビー


Zombie アンデッド、ゴーレム
動く死体。元々は死体を動かす力を持つ精霊神。死者の怨念の一部や雑霊が乗り移ったり、魔法で動かされている最下級のアンデッド。知能は無きに等しい。
出典:ブードゥー教、ナイト・オブ・ザ・リビングデッド


た行

ダークエルフ


Dark Elf 妖精、亜人
黒い肌を持つ邪悪なエルフの亜種。毒と弓、魔法を得意とし、魔法にある程度の耐性を持つ事が多い。
出典:D&D

ダイアー・ウルフ


Dire Wolf 魔獣
魔狼、魔性の狼。ゴブリンの乗騎。まれにアンデッドの狼の場合も。元ネタはおそらくウォーグ。古代に実在した最大の狼も同名。「恐るべき狼」の意。
出典:D&D

ダゴン


Dagon 邪神、悪魔
半人半魚の巨大な海神、農耕神。クトゥルフの従属神として、深きものに信奉される。
出典:パレスチナ神話、クトゥルフ神話

タラスク、タラスキュー


Tarasque 魔獣
六本足、甲羅、長い牙のドラゴン。毒の息と炎の糞を撒き散らし人を食う。聖女の祈りと聖水によって鎮められた。
レヴィアタンボナコン、またはロバとの子。
出典:フランス伝承

タロス


Talos ゴーレム、亜人
ヘパイストス製の巨大な青銅製ゴーレム。投石や体を高熱化しての抱きしめが武器。神の血イーコールIchorが体中に流れ、その栓であるくるぶしの釘が弱点。
青銅の人種の最後の生き残りの説も。
出典:ギリシャ神話

チュール


Chuul 魔獣
巨大なロブスターに似た知性種族。厚い鎧のような甲殻と硬い爪、口いっぱいに生えた麻痺毒を持つ触手を持つ。奇襲・待ち伏せが得意で、人並みの知性を持つ。
出典:D&D

ツリーフォーク、ツリー・フォーク


TreeFolk 妖精、亜人、植物
樹人。枝や根が手足のようになった大木の姿の妖精、亜人。一見木にしか見えない。エントに近いが精霊的な魔力は乏しく、非常に強い肉体と腕力を持つ。
出典:マジック:ザ・ギャザリング(?)

デーモン(1)、ダイモン


Daemon 悪魔、神族、精霊
半神、英霊的な守護神。デーモン(2)の語源。「魂」「高い自己」の意。
出典:ギリシャ伝承

デーモン(2)、デモン


emon、Damon 悪魔、神族
悪魔、悪霊。悪意ある自然霊や、異教の神を指す事が多い。デヴィルに作られた下級悪魔を指す場合も。
出典:キリスト教(?)

ティアマト、ティアマット


Tiamat 神族、魔獣
海水の化身、原初の混沌の女神。D&Dでは悪竜の首領、多頭のドラゴンの女神。多くの神と魔物を産む。「苦い水(塩水、海)」の意。
出典:バビロニア神話

ディオメーデースの人喰い馬


Mares of Diomedes 魔獣
巨大で獰猛な人食い馬。4頭一組で暴れまわる。火の息を吐く場合も。主人に対する忠誠心が強く、主人が死ぬと急に弱くなる場合も。
出典:ギリシャ神話

ティターン、ティタン、タイタン


Titan 神族、巨人
巨神。通常の神々の前に生まれた、より自然や大地の力にに近い神々で、美しく巨大な肉体と根源的な魔力を持つ。
出典:ギリシャ神話

ティラノサウルス


Tyrannosaurus 魔獣
最も巨大な肉食恐竜。巨大な顎と牙を持つ。属のレックス(「王」の意)を足してティーレックスT.rexと呼ぶ場合も。「暴君蜥蜴」の意。
出典:実在

デヴィル、デビル


Devil 悪魔、神族
悪魔、堕天使。神に抗い、地獄に落ちた悪魔。
出典:キリスト教

デモゴルゴン、デモゴーゴン


Demogorgon 悪魔、神族
悪魔、異教の精霊、神。名をはばかられたり抽象的な存在の、強力な魔王である場合が多い。
出典:キリスト教社会の悪魔学

テューポーン、テュポン、テュポーエウス


Typhon、Typhoeus 魔獣、神族
神殺しの巨大な悪竜、破壊神。暴風や台風の神。雄雄しい人間の体に肩から百の蛇頭、火を放つ目、腿から下は毒蛇の体を持つ。ガイアとタルタロスの子で、 エキドナとの間に多くの子を作る。
出典:ギリシャ神話

デュラハン、デュラハーン


Dullahan、Durahan 精霊、アンデッド
首の無い妖精、騎士。時に騎士の姿で、片手に自分の首を抱えている。首無し馬コシュタ・バワーに騎乗、または牽かれる馬車に乗る。 立ち止まった家からは近々死者が出るという。
出典:アイルランド伝承

デルピュネー、デルピュネ


Delphyne 魔獣、神族
下半身は蛇またはドラゴンの女怪。神託の地や、力を奪われた神の番をする。テューポーンの味方をする。妹の説も。
出典:ギリシャ神話

テルキーネス


Telchines 亜人、妖精、神族、魔獣
半人半獣の島の精。半魚人や下半身が水蛇の尾などの姿。海の神族に連なり、冶金の術に通じ神の武器を作成したり、神の養育係などをする。
出典:ギリシャ神話

トゥルッフ・トゥルウィス、トゥルフ・トロイト、トロイト


Twrch Trwyth、Troynt、Troit 魔獣
有毒の剛毛に覆われた、魔性の巨大な野猪。七匹の子猪を連れ、土地を荒らし人に害を為す。両耳の間に巨人の王イスバザデンの求める鋏、櫛、剃刀を乗せている。
堕落した王が呪われて猪になったという。
トゥルフ、トゥルッフは「雄豚」の意。
出典:ウェールズ/ケルト伝承

ドッペルゲンガー


Doppelganger アンデッド、悪魔など
特定の人物の生き写しの存在、または特定の人物に変身する魔物。出会った本人は死ぬ、しかし罵倒すれば助かる、などの説がある。「二重の歩く者」の意。
出典:ドイツ伝承

どぶドワーフ


gully dwarf 妖精、亜人
愚かで不潔、臆病で陰険なドワーフの亜種。全く衛生観念が無く、他の多くの種族を高慢と僻む。稀に純真な者も。
出典:D&D

ドラウ、ドロウ


Drow 妖精、亜人
ダークエルフの別称。黒い肌を持ち、邪悪で陰惨、殺戮と陰謀を信奉するエルフの亜種。女性上位で、地底の大帝国を作り世界支配を企む。毒と弓、魔法を得意とし、魔法にある程度の耐性を持つ。
出典:D&D

ドラゴン


Dragon 魔獣、神族、悪魔など
蛇、蜥蜴に似た強力で恐ろしい魔獣。炎や毒の息を吐き、魔力を秘めた宝を集める習性がある。
出典:ヨーロッパ・中東の伝承

ドリアード、ドライアド、ドリュアース、ドリュアス


Dryad 妖精、神族、植物
木のニンフ。特定の一本の木の化身で、その木が枯れると死んでしまう。美しい娘の姿で、気に入った男性を魅了して自分の木に引き込み取り込んでしまう。
出典:ギリシャ神話

ドレイク


Drake 魔獣
ドラゴンの古い呼び名の一つ。ドラゴンの下位種や、古種とされる事が多い。
出典:ヨーロッパ伝承

トレント


Treant 精霊、妖精、植物
森、樹木を守る大木の姿の精霊、妖精、樹の魔物。手足と顔を持つが、一見木にしか見えない。非常に強い力を持ち、一時的に普通の木にも動く力を与える能力がある。 エントのD&D版。
出典:D&D

トロール、トロル


Troll 妖精、亜人
元々は自然霊、妖精の総称。石のような体の愚鈍な巨人。すぐに傷が回復する生命力を持つが日光に弱い(石化する場合も)。魔法が得意な場合も多い。ヨトゥンが原型と云う。
出典:北欧神話

ドローレム


Drolem ゴーレム、アンデッド
ドラゴン型のゴーレム。ドラゴンに形を模しただけの場合や、ドラゴンの骨をゴーレム化した種などがある。火や腐敗ガスの息を吐く。
出典:D&D

ドワーフ


Dwarf 妖精、亜人
地下に住む小人の妖精。強靭な肉体と器用な手先で鍛冶を中心とした職能を得意とし、斧と酒を愛する。髭を伸ばし、その長さや飾り方を誇る。エルフと仲が悪い。
出典:ドイツ・北欧神話


な行

ナイトゴーント、夜のゴーント、夜鬼


Nightgaunt 悪魔、亜人
旧き神ノーデンスに使える無貌の種族。漆黒の肌に顔の無い悪魔のような姿。直接的な攻撃はせず、対象を飛びさらう、尾の先でくすぐるなどする。
出典:クトゥルフ神話

ナズグル、ナズグール


Nazgul アンデッド、悪魔
生来から名のある王、魔術師だった者が、魔法の指輪の力によって不死者となった非常に強力な魔物。指輪を作った魔王に隷属する。
別名指輪の幽鬼(Ringwraith)。
出典:指輪物語

ニーズヘッグ、ニ-ドヘッグ、ニードホッグ、ニドヘグ他


Nidhogg、Nithhogg、Nidhhogg他 魔獣
ユグドラジルの根元(世界の底辺)の湖に住み、三つめの根を齧っている黒い大蛇、ドラゴン
ラタトスクを介し、フレースヴェルグと罵り合う。「怒りに燃えてうずくまる者」の意。
出典:北欧神話

ニクス(男性)、ニクシー(女性)


Nix、Nixie 妖精、亜人
湖川に棲む水の妖精。緑の歯、緑の帽子以外は人と変わらない姿で、人に頼みごとや水中の家に招待などもする。怪力で、美しい歌声を持つ。
出典:ドイツ、イギリス伝承

ニンフ、ニュンペー


Nymph 精霊、神族
女性の精霊、下級神。山や川、森や谷に宿り守る美しい不老の乙女。神々に付き添い、自然の魔力を持つ。元々は「花嫁」「新婦」等の普通名詞。
出典:ギリシャ神話

ネクロゾーン


Nekrozon 魔獣
カトブレパスのクラシカルD&D版。容姿、性格がやや凶暴になっている。
死の視線、草木を枯らす毒の吐息を持つ黒い豚または水牛に似た獣。
出典:D&D

ネメアーの獅子、ネメアの獅子、ネメアン・ライオン


Nemean lion 魔獣
強靭な生命力とほぼ完全な防御力を持つ大型の獅子。皮膚の下に筋肉が変化して出来た甲羅を持ち、矢も打撃も通じない。洞窟に棲み人家を襲う。
エキドナオルトロスの子。
出典:ギリシャ神話

ノーム、ゲノムス


Gnome、Genomus 精霊、妖精、亜人
小さい老人の姿をした大地の精霊、エレメンタル。地中、老木の中に住み、手先が器用で知性も高く、優れた細工品を作る。「地中に住むもの」または「知識」の意。
出典:妖精の書

ノール


Gnoll 亜人
犬またはハイエナ頭の痩身の巨人。邪悪な亜人の一種。群れを作り腕力での略奪を好む。
ノームトロールを組み合わせたという説があるが、特に受け継がれた能力は無い。
出典:D&D

ノスフェラトゥ


Nosferatu アンデッド
ヴァンパイアの別称。
出典:ルーマニア伝承


は行

ハーフリング


Halfling 亜人、妖精
ホビットの別名。牧歌的で芯の強い、身長1m前後の小人。穴を掘って家を作り、食事、喫煙、エールを好む。足の裏が厚く毛が生え、靴を履かない。素早く器用で運が良い。
出典:指輪物語、D&D

パーン、アイギパーン


Pan、Aigipan 妖精、神族
牧羊神。山羊か馬のような下半身、小さな2本の角、尖り耳を持つ。野卑た音楽に通じ非常に好色、性豪。サテュロスと同一視される。「牧夫」から「全ての」の意。
出典:ギリシャ神話

バイアクヘー、ビヤーキー


Byakhee 悪魔、魔獣
空中はもとより星間飛行も出来る翼ある魔物、邪神ハスターの眷族。毛に覆われた馬ほどの体躯に蝙蝠の翼を持ち、形容し難い姿をしている。
よく魔法によって召喚され、乗騎とされる。
出典:クトゥルフ神話

パイア


Phaia 魔獣、神族
雌の大猪の怪物。エキドナテューポーン又はオルトロスの子で、人を害した。別名「クロミュオーンの猪」。
出典:ギリシャ神話

バグベア、バガブー、ボグルボー、バグス


Bugbear、Bugaboo、Bogglebo、Bugs 妖精
全身毛むくじゃらのの悪い妖精、邪鬼。ゴブリンの亜種。奥深い森に棲み、親の言う事を聞かない悪い子を見つけると食べてしまう。
出典:ウェールズ伝承

バックベアード、バグベアード


Bagbeard 魔獣
西洋妖怪の総大将。邪眼の王。漆黒の球体に巨大な一つ目、放射状に伸びる多数の触手を生やしている。視線に気絶・眩暈などの様々な魔力を持つ。
出典:ゲゲゲの鬼太郎

バジリスク

 イラスト

Basilisk 魔獣
睨んだ者を即死または石化する瞳、王冠のような鶏冠、猛毒の血を持つ蛇の王、ドラゴン。自分の住処を不毛の砂漠に変えてしまう。コカトリスと同一視・雌雄体とされる事も。
出典:博物誌

バハムート


Bahamut 魔獣、神族
世界の底を支える巨大な存在の一つ、巨大な聖なる魚。ベヒモスが転じたもの。D&Dでは善竜の首領、天界のプラチナドラゴンの王。
出典:アラブ伝承

ハルピュイア、ハーピー


Harpuia、Harpy 魔獣、神族、亜人
女性の頭に胴体、鳥の翼と下半身、鷲の鉤爪の女怪。神の命により、旺盛な食欲と撒き散らす糞で人を苦しめる。「掠める女」の意。
出典:ギリシャ神話

バルログ、ヴァララウコ、ヴァララカール(複数形)


Balrog、Valarauko、Valaraukar 精霊、悪魔、邪神
魔王に付き従う強力な火の魔神、精霊。巨体に翼、炎の魔剣と沢山の革紐のついた鞭、強力な魔力を持つ。「力の悪鬼」の意。
出典:指輪物語指輪物語/エルフ語

バロール、バラー


Balor 巨人、亜人
フォモールの老王。見た者を殺す邪眼を片目に持つ。
高い戦闘能力と、邪竜を召喚し、嵐を起こし、海を炎の海にする等高い魔力を持つ
出典:アイルランド/ケルト神話

バロウ-ワイト、バロウ・ワイト


Barrow-wight アンデッド
塚人、亡国の悪霊(的存在)。遺跡に住まう戦士の悪霊。ワイトは古ゲルマン語で「人」、バロウ-ワイトで「古い丘(塚)の人」の意。
出典:指輪物語

バロメッツ、プランタ・タルタリカ・バロメッツ、スキタイの羊、ダッタン人の羊


Barometz、Planta Tartarica Barometz、Vegetable Lamb of Tartary、Scythian Lamb、 植物、魔獣
羊の生る低木、またはその生った羊。動物と植物双方の性質を持つ。羊は黄色または金色の羊毛と美味な肉を有する。
出典:ヨーロッパ伝承

バンダースナッチ


Bandersnatch 魔獣
「それを捕らえることは時間の一分を止めることと同じくらい困難な」と云われる怪物。巨大な猟犬や蛇・百足のような姿で描かれる。素早い動きと長く伸ばせる頚部を持つ。
出典:ジャバウォックの詩、スナーク狩り、鏡の国のアリス

バンシー、ベン・シーデ


Banshee、Bean-Sidhe、Ben side 精霊、アンデッド
泣き女。死の精霊、死を呼ぶアンデッド。名のある人間の死が近付くとその家の近くに現れ、金切り声で泣き叫んで悼む。その金切り声には人の心を傷つける魔力も。「女妖精」の意。
出典:アイルランド、スコットランド伝承

ピクシー


Pixie 妖精<
小妖精。一般的な、虫の羽根で飛ぶ小人の妖精。尖り耳にトンガリ帽子、緑色の服で貧者への手助けと悪戯を好む。森や塚に棲み、透明化や悪戯魔法などの魔力を持つ。
出典:コーンウォール伝承

ヒッポカムポス、ヒッポキャンパス、ヒッポカンパス、シーホース


Hippocampus、SeaHorse 魔獣
前半分が馬、後半分が魚の海馬。前足の先は水掻きが付いている。ポセイドーンの戦車を引く馬。「馬の怪物」の意。
出典:ギリシャ神話

ヒッポグリフ、ヒポグリフ


Hippogriff 魔獣
グリフォンと雌馬の子。最も美しい獣と言われる、鷲の上半身、馬の下半身の魔獣。馬肉・人肉を好み気高くやや獰猛なものの扱い易く、最高の騎獣とも。
出典:狂えるオルランド

ビホルダー


Beholder 魔獣、デーモン
球状の体に一つ目と口を持つ強大で邪悪な魔物。上部から小さな目の付いた触手を生やし、目からの様々な魔力の視線を放つ。「見つめる者」の意。
出典:D&D

ピュートーン、ピュトン


Phthon 魔獣
大蛇。口からは炎や毒気を吐く。ガイアの子で眠れる大地の具象であり、ガイアまたはテミスの神託を下す。アポロンに殺され、聖石オンパロスOmphalosの下に埋められた。
出典:ギリシャ神話

ピュグマイオイ、ピグミー


Pygmaioi、Pygmy 亜人、妖精
ずんぐりとした小人族。コウノトリまたは鶴を嫌い、牡牛や山羊に乗って戦う。牡羊への変身術を使う事も。「pygme肘から先の長さ」から。
出典:ギリシャ神話

ヒュドラ、ヒュドラー、ヒドラ、ハイドラ


Hydra 魔獣
9つ(5から100までの異説あり)の首を持つ大水蛇。焼付けないと切っても2本に増えて生える首、猛毒の息と血を持つ大怪物。
テューポーンエキドナの子。クトゥルフ神話ではダゴンの配偶者。
出典:ギリシャ神話

ファイアー・ドレイク、ファイヤー・ドレイク


Fire Drake 魔獣
火のドレイクドラゴン。洞窟や高山に棲み、空を飛び口から炎を吐く。炎を全身に纏っていたり、熱い雲と冷たい雲が交わって生まれるとも。
出典:ケルト、チュートン伝承

ファフニール、ファフニル、ファヴニール、ファヴニル、ファフナー


Fafnir、Fevnir(独) 魔獣
宝物を守る悪竜。元は魔法を使うドワーフまたは巨人、人であったが、指輪の呪いで宝物に固執、悪竜に変じた。シグルドに倒される。心臓の脂に全ての言葉を理解する魔力がある。
出典:北欧神話

ファンガス


Fungus 植物、魔獣
茸の怪物。巨大な茸に手足が生えた姿で、特殊な菌類が人間に寄生している場合が多い。そのまま「菌類」の意。
出典:マタンゴ(?)

ファントム


Phantom アンデッド
現世に残る死者の魂、幽霊、亡霊。幽霊の出没や心霊現象も含む。ふわふわと浮遊し、零体のみで物理干渉出来ず、人に憑依して操る。幻のようにフワフワとした存在。
出典:ヨーロッパ伝承

フィーンド


Fiend 悪魔、アンデッド
悪鬼、悪魔。邪悪な魔物の総称。堕天使やデヴィルデーモンを指す事が多い。
出典:ヨーロッパ伝承

フィルボルグ、フィル・ボルグ、フィボルグ


Firbolg、Fir Bolg 巨人、亜人
狩猟に長ける氷の巨人族。神々と敵対し、後に共存した。フォモールとは別種族だが、こちらとも共存・融合した。
出典:アイルランド/ケルト神話

フェアリー


Fairy、Faery 妖精
最も一般的な妖精、または妖精の総称。虫の羽根で飛ぶ美しい人、特に美しく可憐な少女の姿が多い。悪戯好きだが義理堅い。冷たい鉄や神聖なもの、規律等を嫌う。
出典:ヨーロッパ伝承

フェイ


Fay 妖精、精霊
フェアリーと同義語。妖精の総称。湖の乙女を指す場合も。
出典:フランス伝承

フェニックス、ポイニクス、フィーニクス、フェネクス


Phoenix、Phenex 精霊、魔獣、悪魔
永遠の時を生きる不死鳥、火の鳥。数百年に一度香木に火をつけその中で焼死し、その灰の中から幼鳥となって現れる。その血を口にすると不老不死の命を授かる。
出典:ギリシャ伝承

フェンリル


Fenrir 魔獣、神族
とてつもなく巨大で強大(に成長する)な狼。邪悪で獰猛、神殺しの力を持つ。ロキの子。
出典:北欧神話

フォーン


Faun 妖精、神族
豊穣を司る小神、妖精。鹿の耳と下半身を持ち、似た姿のパーンサテュロスと混同されるが美しく気品があり、人畜無害。笛の達人でニンフの為によく演奏会を行う。
出典:ギリシャ神話

フォモール、フォヴォリ


Fomor 巨人、亜人
魔法に長け、神々と敵対した巨人族。獣頭や邪眼、片手片足など異形が多い。海の底に住み、海賊でもあり農耕をもたらした。悪疫を流行らせる能力を持つ説も。女性の地位が高い。
出典:アイルランド/ケルト神話

フオルン


Huorn 精霊、妖精、植物
森を暴れる大木の精、エントの亜種。言葉を失い、理性と知性が衰えたエントと思われる。柳じじいOldmanWillowもフオルンと思われる。
出典:指輪物語

深きもの、ディープワン


Deep One 亜人
やや両生類的な半人半魚の魚人。クトゥルフの眷属。人と交配して深きものに変身しうる混血児を作る、また混血児らと邪教団を作る等、人間社会を蝕む。
出典:クトゥルフ神話

ブラウニー


Brownie 妖精
一家庭に一人居るという家事手伝いの妖精。くるぶし程の背丈の小人で茶色の服に身を包み、一杯のミルクやクリームを代金に働く。「茶色さん」程の意。
出典:ケルト地方伝承

フリムスルス、フリームスルス


Hrimthurs 巨人
霜の巨人(ヨトゥンは違う場合もある)。原初の巨人ユミルの直系であり、多頭など異形である事が多い。神々の敵対者で、強い力を持つが、神々と交流・結婚もした。
出典:北欧神話

フレースヴェルグ、フレスベルク


Hresvelgr 魔獣、巨人
巨大な鷲、または鷲の姿をした巨人。全ての風はフレースヴェルグの羽ばたきから生まれる。ラタトスクを介し、ニーズヘッグと罵り合う。
ヴィゾーヴニルと同一視される。「死体を飲みこむ者」の意。
出典:北欧神話

ペガサス、ペガスス、ペガソス


Pegasus 魔獣、神族
天馬。鳥の翼を背中から生やす純白の聖馬。泉に集い、気性が荒く英雄以外を背に乗せない。
メデューサとポセイドンの子で、クリューサーオールと兄弟。霊感、不死の象徴。
出典:ギリシャ神話

ヘカトンケイル、ヘカトンケイレス


Hecatoncheir、Hekatoncheir、Hecatonchires、Hekatonchires 巨人、神族
百腕巨人。100本の腕や5つの頭を持つ異形の巨人。50個の頭を持つとも。ウラノスとガイアの子。「百の手」の意。
出典:ギリシャ神話

ベヒモス、ベヒーモス、ベヘモト、ビヒーモス、ビヒモス


Behemoth 魔獣、悪魔、神族
神によって作られた、地上に住む中で最も巨大な怪物。巨大な肉体と無尽の食欲を持つ温和な草食獣。カバや犀、象のような姿が多い。イスラム教ではバハムートに転じる。
出典:旧約聖書

ベルグリシ


Bergrisi 巨人
山の巨人、または石の巨人。硬い石の肉体を持つ者や、変身術を持つ事も。原初の巨人ユミルの血を引く古い巨人の一種。
出典:北欧神話

ヘルハウンド


Hellhound 魔獣、妖精、悪魔
地獄の猟犬、黒犬BlackDogとも。子牛程に大きく、出会った者に死をもたらす恐るべき悪魔犬。悪魔の飼い犬の場合も多く、小さな炎を吹く事も。
出典:イギリス伝承

ボナコン


Bonnacon、Bonaconn 魔獣
砂漠や低木地に棲み、灼熱の糞をまき散らして身を守る魔牛。螺旋状に巻いた角と馬のようなたて髪を持つ。
出典:博物誌

星の精、スター・ヴァンパイア


Star vampire 魔獣、悪魔、精霊
見えざる吸血怪物。異なる物理法則で構成された、2m近い触手の塊。吸った血の赤色によって初めて姿が見える。魔法によって召喚・使役できる。
出典:クトゥルフ神話

炎の精、ファイアー・ヴァンパイア


Fire vampire 魔獣、悪魔、精霊
火の邪神クトゥグァに随伴して現れる炎の塊の魔物。30cm程で、自らの炎で攻撃の他、精神力を吸い取る能力を持つ。
出典:クトゥルフ神話

ホビット


Hobbit 亜人、妖精
牧歌的で芯の強い、身長1m前後の小人。穴を掘って家を作り、食事、喫煙、エールを好む。足の裏が厚く毛が生え、靴を履かない。素早く器用で運が良い。
出典:指輪物語

ホブゴブリン


Hobgoblin 妖精
元々は人間に近しい、悪戯好きだが善良な妖精の事。ゴブリンの大型種で、赤い肌の邪悪な妖精である事が多い。
出典:ヨーロッパ伝承

ホムンクルス


Homonculous ゴーレム、亜人
錬金術によって生み出される人造人間。瓶詰妖精とも。フラスコの中で培養して生成する擬似人間で、瓶に入るままの小さな肉体と高い知性を持つ。
出典:錬金術

ポルターガイスト


Poltergeist アンデッド
家具等が勝手に動いたり飛び回る等の現象、またはこれを起こす魔物。直接物理的な能力は無く、感情や衝動だけが凝り固まった下級な幽霊である事が多い。「騒がしい幽霊」の意。
出典:ドイツ伝承


ま行

マーフォーク、マーマン、マーメイド


MerFolk、Merman、Mermaid 亜人、妖精
人魚。人間の上半身に魚の下半身を持つ。温和で、海中で人間と同じように社会を作る。魂が無く人間を羨む、血肉を食べれば永遠の命を得るという説も。
出典:ヨーロッパ伝承

マインド・フライヤー、マインドフレア


Mind Flayer 魔獣、亜人
蛸のような頭の魔人の種族。邪悪で狡猾、主に幻術や精神に作用する魔術に精通し、脳を食する。別名イリシッドIllithid。「精神を砕くもの」の意。
出典:D&D

マミー、ミイラ


Mummy アンデッド
包帯に身を包んだ、動く古代の死者。内臓が抜かれ乾燥しており火に弱い。王とその家来がなり、自分たちの墓を汚す者を呪い、排除する。
出典:ホラー映画

マンティコア、マンティコラ


Manticore 魔獣
森や砂漠に棲む邪悪で危険な魔獣。獅子の体に老人の顔、皮膜の翼と猛毒の蠍の尾、3列に並ぶ歯を持つ。人の声を真似て旅人を誑かす。「人を食らう者」が語源とも。
出典:インド誌、博物誌

マンドラゴラ、マンドレイク


Mandragora、Mandrake 植物
醜い人型の根をを持つ薬草。その根は様々な薬の原材料になる。人のように動き引き抜くと悲鳴を上げ、聞いた者は発狂、死んでしまう。「愛の野草」の意。
亜種にアルラウネが存在ずる。 出典:ヨーロッパ伝承

ミーミル、ミミル


Mimir 巨人
霜の巨人の一人の賢者の神。秘術で首だけになり、神々の相談役になった。知恵を授ける泉を治めており、水の巨人とも言われる。
出典:北欧神話

ミ=ゴ、ミ=ゴウ


Mi-Go 魔獣、植物
異形の異星人。ユゴスよりの者。体長1.5m程で虫のような羽根と剥き出しの脳のような頭部を持った甲殻類のような体。高い工学・生物学技術を持つ。
出典:クトゥルフ神話

ミノタウロス、ミーノータウロス


Minotaur 魔獣、亜人
牛頭人の怪物。ポセイドンの呪いで牛に恋をした王妃との子。凶暴で怪力な為、迷宮に封じ込まれた。本名アステリオスAsterios。「ミノスの牡牛」の意。
出典:ギリシャ神話

ミミック


Mimic 魔獣、ゴーレム
主に宝箱に擬態する怪物。お化け宝箱。無機物に変身し、油断して近付くものを捕食する。「ものまね」の意。
出典:D&D

ミュルミドン、ミュルミドーン


Myrmidon 魔獣、亜人
蟻人、蟻のような姿の亜人。本来はゼウスによって、英雄の為に民・戦士として蟻を元に作られた人間。
出典:ギリシャ神話

ムーマク、ムマキル(複数形)


Mumak、Mumakil 生物、魔獣
小山のように巨大な象の怪物。非常に勇猛で分厚い皮を持ち、飼いならされれば背中に櫓を載せて動く要塞のように扱われる。
出典:指輪物語

ムシュフシュ、シルシュ


Mushus、Sirrush 魔獣、神族
「怒る蛇」の意。ティアマト神に生み出された首長で蠍尾のドラゴン。マルドゥクに敗れた後は守護獣となる。マルドゥク、イシュタルの騎獣。
出典:バビロニア神話

ムスペル、ムスッペル


Muspell 巨人
炎の巨人。神々の敵対者で、高い戦闘技術や造船技術を持つ。
出典:北欧神話

メアラス、メアラ


Mearas、Meara 生物、神族、精霊
神馬。馬の王と呼ばれる聖獣。神族と王族、英雄の乗馬。人語を解し選んだ騎乗者と心を通わせ、俊足、頑強、恐怖に耐性、人並みの長命など心身共に優れる。
出典:指輪物語

メインズ


Manes 悪魔、神族、精霊
悪魔、または邪悪な異教の神、自然霊。本来は古代の祖先霊だが、デーモンと同じく変じた。「混沌にして悪」のアビスに棲む青白い死体のような姿の下級のデーモン。
出典:キリスト教(?)

メデューサ、メドゥーサ


Medusa 魔獣、亜人
石化の邪眼と毒蛇の頭髪を持つ女怪。翼や蛇の下半身を持つ場合も。ゴルゴ-ン三姉妹の末妹で、一人だけ不死では無かった為ペルセウスに殺される。
「支配者」の意。
出典:ギリシャ神話

モルモー、モルモ


Mormo 魔獣、神族
地獄に住み、エンプーサと共に冥界の女神ヘカテーに仕える吸血鬼。美しい女性の姿をしており、大人しく、親しみやすいお化けの様な存在。
出典:ギリシャ神話


や行

闇の森蜘蛛、マークウッド・スパイダー


Mirkwood Spider 魔獣
人語を話し、集団で人を襲う大蜘蛛。羊ほどの大きさで、凶暴で性悪だが人並みの知識・教養を持つ。ウンゴリアントの末裔の説も。
出典:ホビットの冒険

ユグドラシル


Yggdrasil 植物
世界樹、宇宙樹。世界を内包する、または世界そのものの巨大な樹。巨大なトネリコと言われる。
出典:北欧神話

ユニコーン


Unicorn 魔獣
一角獣、鋭い一本角を持った美しい馬。その角は生命力に満ち、全ての毒を消す魔力を持つ。誇り高く凶暴だが、清らかな乙女にのみ気を許すと云う。
出典:インド誌他

ヨトゥン、ヨートゥン


Jotun 巨人
霜の巨人。ベルグレシなどを含む巨人の総称の場合も(→フリスムス)。 原初の巨人ユミルの直系であり、多頭など異形である事が多い。神々の敵対者で、強い力を持つが、神々と交流・結婚もした。
出典:北欧神話

ヨルムンガンド、ミドガルズオルム(ミッドガルドの大蛇)


Jormungand、Midgardsormr 魔獣、神族
世界を巻く程巨大な蛇。海に棲み、巨大な体による怪力と毒の息で、神殺しの力を持つ。ロキの子。
出典:北欧神話


ら行

ライカンスロープ、リカントロープ


Lycanthrope 魔獣、亜人
獣人。普段は人間だが獣に変身する魔力を持った者。夜、特に月夜に変じ、凶暴化して人を襲う。種族であったり、病気や呪いの説も。元々は狼男の事。
出典:ヨーロッパ伝承

ラスト・モンスター


Rust Monster 魔獣
金属を錆びさせる触覚を持ち、その錆を食べる怪物。アルマジロと蠍をこねくり回したような姿で、子馬程に大きく、2本の触覚に硬い表皮と突起のある尻尾を持つ。
出典:D&D

ラタトスク


atatoskr、Ratatosk 魔獣
ユグドラジルに住むリス。フレースヴェルグニーズヘッグの間で、それぞれの悪口を伝え、両者を対立させる。「走り回る出っ歯」の意。
出典:北欧神話

ラドン、ラードーン


Ladon 魔獣
百頭の蛇。不眠で、あらゆる国の言葉を発し、黄金の林檎の木を守護する。蜂、またはヒュドラの毒で死んだ。テューポーンエキドナの子。
出典:ギリシャ神話

ラミア、ラミアー、レイミア


Lamia 魔獣、亜人
美女の上半身に蛇の下半身の女怪。洞窟、森に棲み、男や子供を誘惑しては喰らう、または血を吸う。魅了する声と、人間に変身する魔力を持つ。
出典:ギリシャ神話

リザードフォーク、リザードマン


LizardFolk、Lizardman 亜人
蜥蜴人。蜥蜴と人間のあいのこのような姿で、全身鱗に覆われ長い尻尾を持つ。水辺を好む。人間に近い能力と、根源的に違う精神性を持つ。ドラゴンの亜種であることも。
出典:(名称は)D&D

リッチ


Lich アンデッド
恐るべき死者の王、最高位のアンデッド。高位の魔術師または僧侶が自らアンデッドに転生した存在で、骸骨の姿に豪奢なローブを好む。元々は「屍」の文語の一つ。
出典:D&D

レディ オブ ザ レイク、湖の乙女


Lady of the Lake 妖精、精霊
精霊界や深い森の泉に棲む美女の精霊。永遠の美装と高度な魔術を持ち、誇り高い騎士を助け、またその死を見守る。
出典:イギリス、フランス伝承

レイス


Wraith アンデッド
生霊、時に恐るべき死霊。生者から抜け出た魂だが、見た者に不幸や死をもたらす。邪悪な魔術師が変じた幽霊の場合もあり、魔法と恐怖を振り撒く恐ろしい存在。
出典:スコットランド伝承

レヴィアタン、レヴィヤタン、リヴァイアサン


Leviathan 魔獣、悪魔、神族
海中に住む巨大な怪物、神によって作られた最大の生物。途轍もなく巨大な肉体と強靭な体皮を持つ。姿は鰐、鯨、海蛇、ドラゴンと様々。
出典:旧約聖書

レオクロコタ、リュークロッタ


Leocrota 魔獣
最も俊足な獣。ロバ程の大きさ、臀部は牡鹿、首・尾・胸はライオン、頭は穴熊、割れた蹄、耳まで避けた口を持つ。人の言葉を真似るという。
出典:博物誌

レプラコーン、レプラホーン、レプラカーン、ルブラホーン、ルプラホーン、ルホルバン


Lepracaun、Leprachaun、Leprechaun 妖精
片方の靴を作る妖精。赤い帽子と服を着た老人の姿のひざ程の小人。地中の宝物に詳しい、または勤勉で宝を貯め守る。「片足の粗い革靴」の意。
出典:アイルランド/ケルト伝承

レムルース、レムレー


Lemure アンデッド
幽霊、悪霊。生前とほぼ同じか、半分崩れた肉塊のような姿で生者を憎んで害を為す。悪魔に気に入られ地獄に棲み、悪魔に変じる場合も。
出典:ローマ伝承

ローパー


Roper 生物、魔獣
ダンジョンに棲む巨大な石筍やイソギンチャクのような怪物。腕力を奪う毒を持った、6本の触手をしならせて攻撃する。「投げ縄手」の意。
出典:D&D

ロック、ルフ


Lrokh、Ru 魔獣
象を持ち去って食す程、途轍もなく巨大な鳥。暑熱な気候の山岳地帯に棲む。
出典:中東伝承


わ行

ワー・クリーチャー


Were Creature 魔獣、亜人
獣人。ライカンスロープの事。ワー○○で○○に変身するモンスターの名前になる。ワー・ウルフ=狼男など。
出典:ヨーロッパ伝承

ワーム(1)、ウォーム


Worm 魔獣、生物
長虫、蠕虫、芋虫。モンスターの場合、大抵は人より遥かに巨大。本来は「にょろにょろした長いもの」の総称で、蛇型ドラゴンであるワーム(2)(3)も含む。
出典:ヨーロッパ伝承

ワーム(2)


Wurm 魔獣
蛇型ドラゴン。角の生えたドラゴンの頭に太い蛇の胴体を持つ。通常はWormでドラゴンの古い種・呼び方。長虫との差別化の為このスペルがよく用いられる。
出典:ヨーロッパ伝承

ワーム(3)、ワイアーム、ウィルム


Wyrm 魔獣
ドラゴンの古種。ワーム(2)、翼の生えたワーム(2)、年経て強大になったドラゴン等を言う。通常はWormでドラゴンの古い種・呼び方。
出典:ヨーロッパ伝承

ワイト


Wight アンデッド
ワイトは古ゲルマン語で「人」。バロウ-ワイトを元ネタとする、古代の亡霊。黄色に光る死体を乗り移る幽霊、または古代の戦士のアンデッド。殺した者をワイトにする魔力を持つ。
出典:D&D

ワイバーン、ワイヴァーン


Wyvern 魔獣
飛竜。前足が無く尾に毒針を盛るドラゴン。知能は獣並みで、ドラゴンと比べると小型で弱い。飛行速度が速く、騎獣に好まれる。
出典:ヨーロッパ伝承