千葉一族の一覧

千葉一族一覧


トップページ > 千葉一族の一覧


【千葉一族の一覧】

千葉宗家とその一族 千葉六党 千葉一族あいうえお順 千葉一族の地図

!平成13年9月25日火曜日更新!

千葉宗家とその一族■

千葉介 両総平氏の一族で千葉氏の宗家。平安時代末期に下総国千葉庄(千葉県千葉市)に発生し、室町時代末期までの約400年間、下総国の大々名として栄えた。
奥州千葉氏 おそらく鎌倉時代初期〜中期に千葉宗家から分かれたと思われる一族。奥州の千葉氏領に下った一族が土着して豪族化したと思われる。中世は葛西氏の家臣となった家が多い。
小城千葉氏 鎌倉時代後期、千葉氏は「元寇」の警戒のために「異国警護番役」を命じられ、肥前小城郡に赴いたのが始まり。肥前有数の大豪族だったが、子孫は肥前佐賀藩の重臣となる。
武蔵千葉氏 室町中期、庶家に敗れて上杉氏を頼った千葉介嫡流の実胤・自胤の末裔。幕府からも千葉介と呼ばれた。下総千葉介と争ったが、のち小田原北条氏に属し、北条氏滅亡後は帰農したとみられる。
葛西氏 千葉氏と縁戚関係にあった。下総国葛西庄が本貫地だが、鎌倉中期に奥州へ下り豪族化、室町時代には戦国大名となったが、秀吉によって滅ぼされた。子孫は仙台、宇和島、盛岡藩士となっている。

■千葉六党+円城寺氏■

千葉氏 千葉介常胤の嫡男・胤正を祖とする。千葉亥鼻城を居城として繁栄するが、鎌倉・室町期に混乱が続き、印旛郡本作倉城に居城を移した。豊臣秀吉に城を落とされ、嫡流は帰農したとみられる。
相馬氏 千葉介常胤の次男・師常を祖とする。子孫は下総と奥州に分かれ、南北朝時代には互いに抗争した。江戸時代、下総流は旗本、奥州流は陸奥中村六万石の藩主となった。
武石氏 千葉介常胤の三男・胤盛を祖とする。子孫は下総と奥州に分かれ、下総流はのち里見氏に仕え、奥州流は亘理を称し、仙台藩一門・涌谷二万石の領主となった。
大須賀氏 千葉介常胤の四男・胤信を祖とする。子孫は下総と奥州に分かれ、下総流は国分氏・東氏らとともに下総に力を振るう。下総流は帰農、奥州流は仙台藩士、出羽亀田藩士となった。
国分氏 千葉介常胤の五男・胤通を祖とする。子孫は大須賀氏・東氏とともに一族一揆を結び、千葉宗家に対抗した。子孫は水戸藩士、古河藩士、多くは帰農したと思われる。
東氏 千葉介常胤の六男・胤頼を祖とする。子孫は下総と美濃に分かれた。美濃流は勅撰歌人の家柄、名跡を継いだ遠藤氏が大名として幕末にいたり、下総流は東総の豪族として続き、江戸期は帰農した。
円城寺氏 千葉介常胤の七男・日胤を祖とするとされるが、実際は原一族。千葉四天王と呼ばれる家老の一家で、小城千葉氏・武蔵千葉氏・千田千葉氏の重臣としても各地に見られる。

千葉氏の一族の氏検索

0千葉一族1 千葉氏・千葉六党 0千葉一族10 【き】〜【け】 0千葉一族20 【ひ】【ふ】
0千葉一族2 【あ】 0千葉一族11 【こ】 0千葉一族21 【へ】【ほ】
0千葉一族3 【い】 0千葉一族12 【さ】【し】 0千葉一族22 【ま】【み】
0千葉一族4 【い】 0千葉一族13 【し】〜【そ】 0千葉一族23 【む】〜【も】
0千葉一族5 【い】 0千葉一族14 【た】 0千葉一族24 【や】〜【わ】
0千葉一族6 【う】〜【え】 0千葉一族15 【ち】〜【と】 0千葉氏掲示板 BBSです〜〜
0千葉一族7 【お】 0千葉一族16 【な】 0千葉氏トップへ トップページ〜
0千葉一族8 【お】 0千葉一族17 【に】〜【の】 0千葉リンク〜 リンクページ〜
0千葉一族9 【か】 0千葉一族18 【は】 0千葉氏顕彰会 顕彰会のご紹介

★千葉氏の一族が領した地域の地図★

地図 奥州葛西氏 奥州葛西氏 奥州武石氏:亘理氏 奥州相馬氏 美濃東氏⇒美濃遠藤氏 九州千葉氏
千葉氏とその一族の所領(■:守護を務めたことのある国


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2008 chiba-ichizoku. all rights reserved
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。