平常重(千葉常重)

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 平常重(千葉介常重)


平常重  (1083?-1180?)

生没年 永保3(1083)年3月29日?~治承4(1180)年5月3日?
別名 経繁(『下総権介平朝臣経繁寄進状』)
千葉次郎大夫常兼
鳥海三郎大夫忠衡女
官位 正六位上
荘官 千葉庄検非違所
官職 下総権介
相馬郡司:天治元(1124)年10月就任
所在 下総国千葉庄
法号 善応宥照院
墓所 阿毘廬山大日寺?

 千葉氏四代。通称は千葉大夫大権介(『桓武平氏諸流系図』)。父は千葉次郎大夫常兼。母は鳥海三郎大夫忠衡女(『桓武平氏諸流系図』)。官位は正六位上、官職は下総権介、荘官としては千葉庄検非違所。永保3(1083)年3月29日誕生と伝えられる(『千葉大系図』)

 母方の鳥海氏は祖の忠頼が「旧敵」としていた平繁盛の子孫であるが、このころには友好的な関係にあったか。または、常陸に勢力をのばしていた清和源氏・佐竹一族との関係上、手を結んだものかもしれない。

■「大椎権介」は「大権介」の誤記か

 常重はもともと上総国大椎を本拠として「大椎権介」を称したとされるが、大椎に常重が住した明確な痕跡は残されていない。これはおそらく系譜の誤記による誤解から生じた伝承と考えられる。鎌倉期成立とみられる『桓武平氏諸流系図』および千葉家系譜の写本『徳島本千葉系図』によれば常重は「大権介」(『桓武平氏諸流系図』)「大椎介」(『徳島本千葉系図』)とある(「権」「椎」の行書体は非常に似ている)。また、この千葉家の伝を引いたとみられる平家物語の異本『源平闘諍録』にも同じく「大権介」とみえる。『桓武平氏諸流系図』では常重の子・千葉介常胤「大千葉介」と記載するなど、「大」は、敬称としての「大」であって、おそらく室町期まで「権」を「椎」として側註に校正者による「権」字が記載された系譜が存在し、これを誤解して「大椎権介」の伝が生まれたものと思われる。この伝を引いて記載されたのが『千学集』の常重の「大椎権介」の記ではなかろうか。

  元永年中(1118-19)には千葉庄の荘官を務めており、承元3(1209)年12月15日、「近国守護補任」について「御下文(政所下文か)」が発せられたが、当時の千葉惣領・千葉介成胤は、

「先祖千葉大夫、元永以後、為当荘検非違所之間」

と言っている(『吾妻鏡』)

 この「千葉大夫」は『千葉大系図』をはじめ諸系譜では常兼の事とされているが、時代的にも常重が相当する。常重は元永年中(1118-19)に千葉郡池田郷・千葉郷一帯を鳥羽院に寄進して「千葉庄」を成立させ、その荘官となった。千葉庄はその後、鳥羽院の皇女・八条院に相伝されていく(『吾妻鏡』)。前述の通り「大椎権介」は誤記・誤伝である可能性が高く、常将、常長、常兼のいずれかの代にはすでに千葉を本拠としていたと考えられる。

相馬郡司職への就任

相馬御厨
布施郷(西)・立花郷(東)の大体の位置

 父・千葉次郎大夫常兼が亡くなる(または隠居)と、長男の常重が惣領を継承するが、天治元(1124)年6月、叔父・相馬五郎常晴常重を養子とした上で、「国役不輸之地」の相馬郡を譲っている。そして同年10月、常重は国判を以って相馬郡司となった。相馬郡を譲った常晴は、おそらく兄・鴨根三郎常房(千葉三郎常房)の旧領であった上総国夷隅郡内の私領を継承し、上総介平氏の礎を築くこととなる。

 なお、常兼の後、弟の常晴が家督を継いだともされるが、その基礎となる『平朝臣常胤寄進状』の上記の記述は、あくまで「相馬郡の継承」についてのものであり、両総平氏の相続についての記述は一切関係がないため、常晴が常兼の跡を継承したと断定することはできない。

●久安2(1146)年8月10日『正六位上平朝臣常胤寄進状』(『鎌倉遺文』)

「……其男常重、而経兼五良弟常晴相承之当初為国役不輸之地、令進退掌之時、立常重於養子、天治元年六月所譲与彼郡也、随即可令知行郡務之由、同年十月賜国判之後、……」

 常重は、相馬郡司となって六年後の大治5(1130)年6月11日、「正六位上行下総権介平朝臣経繁」の署名で、所領の相馬郡布施郷」「伊勢皇太神宮」寄進し、その下司職に就任することを認められた。おそらく「布施御厨」と称したと思われる。

 もともと養父・常晴相馬郡「相承之当初、為国役不輸之地、令進退掌」と、相馬郡を常兼より相続したころ、下総守から相馬郡内に「国役不輸之地」が認められている。ただし、これは相馬郡全体ではなく、大治5(1130)年に平常重布施郷を伊勢内宮へ寄進した際に提出された別添証文『布瀬郷文書注進状写』に見える、「国司庁宣」で「別符」として認められた「布瀬墨埼」の両郷柏市布施~我孫子市我孫子周辺か)を指すと思われ、この両郷は「免除雑公事」とされた。つまり、両郷は常重の「私地」と認められ、常重は開発領主として公事免除されたことを意味する。そして、「前大蔵卿殿布瀬墨埼御厨知時、下総守被仰下消息案在并其返事等」とあることから、常重は布施郷を寄進する以前、天治元(1124)年10月から大治4(1129)年までの間に、相馬郡内の「布瀬郷」「墨埼郷」の別符地二郷を「前大蔵卿殿」を領家に仰いで寄進し、「前大蔵卿殿」から伊勢内宮へ寄進されて「布瀬墨埼御厨」を成立させている。この御厨が「相馬御厨」の前身となる御厨である。

●歴代の大蔵卿(『公卿補任』)

大蔵卿の姓名 就任期間 大蔵卿辞後
藤原為房 天永3(1112)年正月26日~永久3(1115)年4月2日(4月1日出家) 出家、翌日死亡
藤原長忠 永久3(1115)年8月13日~大治4(1129)年11月3日(10月5日出家) 出家、まもなく死亡
源師隆 大治4(1129)年~長承3(1134)年  

 常重が証文を提出した大治5(1130)年6月の大蔵卿は源師隆で、その前は藤原長忠である。長忠は常重が証文を提出した半年前の大治4(1129)年10月5日に大蔵卿を辞して出家しており「前大蔵卿」となった。彼はそのひと月ほどのちに亡くなっているが、常重の証文中に見える「前大蔵卿」は長忠で間違いないだろう。なお、この長忠の娘は参議・藤原忠能に嫁ぎ、藤原長成を生んだ。常盤御前の夫になる人物である。

 藤原道長―+―藤原頼通――藤原師実――藤原師通――藤原忠実――+―藤原忠通
(太政大臣)|(太政大臣)(太政大臣)(内大臣) (太政大臣) |(太政大臣)
      |                         |
      |                         +―藤原頼長
      |                          (左大臣)
      | 
      +―藤原頼宗――藤原能長――藤原長忠――娘
      |(右大臣) (内大臣) (大蔵卿)  ∥―――――――藤原長成
      |                   ∥      (大蔵卿)
      |                   藤原忠能    ∥―――――藤原能成
      |                  (参議)     ∥    (修理権大輔) 
      |                           常盤
      |                           ∥―――――源義経
      |                           ∥    (伊予守)
      |                           源義朝
      |                          (下野守)
      |                         
      +―藤原長家――藤原忠家――藤原俊忠――藤原俊成――――藤原定家
       (権大納言)(権大納言)(権中納言)(皇太后宮大夫)(権中納言)

●「布瀬墨埼御厨」の支配構造

【本家】     【領家】          【下司職?】
伊勢皇太神宮―――前大蔵卿殿(藤原長忠)―――下総権介平常重

 しかし、長忠は大治4(1129)年11月3日に亡くなり、「布瀬墨埼御厨」の領家の存在がなくなったため、散位源朝臣支定を口入人とし、大治5(1130)年6月11日、皇太神宮権禰宜荒木田神主延明を領家として布瀬(布施)郷の再寄進を図ったと思われる。ただし、寄進についての『注進状』は「布瀬郷内保村」のみの注進が認められ「墨埼郷」についての注進はない。墨埼郷についてはこの再寄進時には寄進の対象となっていないのだろう。

 寄進状と別添証文などの附嘱状は散位源支定を通じて口入神主・荒木田神主延明へと渡され、8月22日、延明から禰宜荒木田神主元親へ請文を提出。開発田数に任せて地利上分・土産物等の上納が示され、寄進が成立した。これにより、常重とその子孫は得分として「加地子」を取る権利を得、内宮禰宜荒木田神主元親とその子孫、また、口入神主の権禰宜荒木田神主延明への上納が義務づけられ、12月某日、「領使権守藤原朝臣」の国庁宣によって寄進は公式に認められた。なお、寄進条件は、毎年「供祭料」として「地利上分(田:段別一斗五升、畠:段別五升)」と「土産物(雉佰鳥、鹽曳鮭佰尺)」を口入神主「権禰宜荒木田神主延明」と内宮の「一禰宜荒木田神主元親」に納めることであった。

◎相馬郡布施郷=常重が寄進して成立した布施御厨:大治5(1130)年6月11日寄進

 1.限東…蚊虻境(茨城県取手市小文間)
 2.限南…志古多谷并手賀水海(柏市篠籠田、手賀沼)
 3.限西…廻谷并東大路(千葉県野田市木野崎)
 4.限北…小阿高、衣河流(茨城県筑波郡伊奈町足高、小貝川)

●「布施御厨」の支配構造

【本家】      【領家】       【預所】    【下司・地主職】
一禰宜荒木田元親―――権禰宜荒木田延明―――散位源支定―――下総権介平常重
(伊勢皇太神宮)  (口入神主)     (口入人)

※荒木田元親には、 「供祭料」の半分が上納され、半分は荒木田延明が得る。
※常重は「加持子得分」の権利。

 そして保延元(1135)年2月、布施御厨の「地主職」は十八歳の嫡男・平常胤へと継承された。

 しかし、翌保延2(1136)年7月15日、下総守藤原親通(おそらく知行国主)は、「公田(相馬郡に限ったものではないだろう)」からの税が納入されなかったという理由で、受領である常重を逮捕した。そしてすぐさま常重へ准白布七百弐拾陸段弐丈伍尺五寸の勘負を命じたが、賄えなかったためか、親通は庁目代の紀朝臣季経に指示して11月13日、常重から相馬郷・立花郷の「両所私領弁進之由」の新券(地券・証文)を責め取り、二郷を「私領」化した。この二郷はのちに次男・親盛に譲られている。

 親通が常重から新券を押し取り「妄企牢籠」ていたとき、上総国にいた二十一歳の若者・上総曹司源義朝(源頼朝の父)も相馬郷の領有をめぐって介入する。そして、康治2(1143)年、義朝は上総権介常澄常晴の実子)の「浮言」(常澄が相馬郷、ひいては相馬郡の領有を画策か)を利用して、常重から相馬郷の圧状を責め取った。しかし、親通への新券譲渡は保延2(1136)年であり、常胤が追徴品を納めて「至于相馬地者、且被裁免」たのは久安2(1146)年であるから、実に十年もの間、相馬郷に関する権利は千葉氏にはなかったことになる(親通への新券と義朝への新券の対象地域は同一であり、別の地域を渡したものではない)。それにもかかわらず、常重が義朝へも新券を渡したことに不自然さが残る。

烏森神社(鵠沼神明社)
大庭御厨の鵠沼神明社

 なお、翌天養元(1144)年9月には、義朝はすでに房総を離れて相模国鎌倉郡に移っており、神宮領の大庭御厨に相模国在庁清原安行のほか、三浦庄司義継・義明父子中村宗平らとともに大庭御厨下司職・平景宗の館に押し入って、官物・財物を奪い取るという濫妨を働く。景宗はこの濫妨を神宮に訴え、朝廷は義朝に対して濫妨停止および犯人の逮捕の宣旨を出している。

 その翌年の天養2(1145)年3月11日、義朝は「管相馬郡」の「相伝領知」を伊勢皇太神宮に寄進することとなる。この土地は常重が寄進した布施郷と同一と思われる地域のため、義朝が常重から押し取った圧状に記されていた私領は布施郷だろう。「重又令進別寄文」(永暦2(1161)年2月27日『下総権介平朝臣常胤解案』)「重寄進了」(永万2(1166)年6月18日『荒木田明盛請文写』)など、常重と義朝による二重寄進の実態がうかがえる。

◎天養2(1145)年3月に源義朝が伊勢内宮に寄進した領域

 1.限東…須渡河江口(茨城県取手市小文間の当時の利根川河口)
 2.限南…蘭沾上大路(布施弁天下にあった藺沼に沿った官道)
 3.限西…繞谷、見吹岑(千葉県野田市木野崎、目吹)
 4.限北…阿太加、絹川(茨城県筑波郡伊奈町足高、小貝川)

 しかし「自神宮御勘発候之日、永可為太神宮御厨之由、被令進避文候畢者」とあるように、義朝は神宮から譴責を受け、同年中に「避状」を奉り、一切の権利を放棄したようである。これは、義朝が平治の乱で追捕された後、相馬郡を国衙に没収された際、常胤が「雖然非彼朝臣所知之由、証文顕然候之上」としていることから、証文中に義朝の避状も含まれていたと思われる。

千葉神社
千葉神社(千葉妙見社)

 こののち、常重の子・常胤「上品八丈絹参拾疋、下品七拾疋、縫衣拾弐領、砂金参拾弐両、藍摺布上品参拾段、中品五拾段、上馬弐疋、鞍置駄参拾疋」を国衙に納めたことから、久安2(1146)年4月、下総守は常胤を相馬郡司職に任じた。同年8月10日の時点で常胤「正六位上」相馬郡司、相馬御厨下司職を称しており、家督を継承していたと考えられる。

 その後、常重が文書等に現れることはなく、『千葉大系図』によれば、治承4(1180)年5月3日、千葉猪鼻城で九十八歳の長寿を全うしたというが、永暦2(1161)年4月1日の常胤の申状内に「仍親父当国介常重存日」とある(永暦2年4月1日『下総権介平申状案』)ことから、常重は永暦2(1161)年にはすでに亡くなっていることがわかる。法名は善応宥照院

 久安2(1146)年8月10日『正六位上平朝臣常胤寄進状』では、常胤は「下総権介」の官職を称していないことから、「下総権介」の官途には就いていなかったと思われる。このときの「下総権介」は誰だったのかは不明ながら、やはり先例から千葉一族から出されているだろう。その中で、常重の末弟に「海上与一常衡」がいた。常衡は藤原親通が常重より責め取って私領とした立花庄に隣接する海上郡を領しており、親通との縁下総権介となり、「海上与一介」と名乗った可能性がある。

■大治5(1130)年6月11日『下総権介平朝臣経繁寄進状』(『櫟木文書』:『鎌倉遺文』所収)

 正六位上行下総権介平朝臣経繁解申寄進私領地壹處事

   在下総国相馬郡布施郷
   四至 限東蚊虻境 限南志子多谷并手下水海
      限西廻谷并東大路 限北小阿高衣川流

  右件地 経繁之相伝私領也 進退領掌敢無他妨 爰為募神威
  任傍例永所寄進於伊勢皇太神宮如件 但権禰宜荒木田神主延明為口入神主
  於供祭物者 毎年以田畠地利上分并土産鮭等 可令備進 至于下司之職者
  以経繁之子孫 無相違可令相伝也 仍勒事状以解

       大治五年六月十一日 正六位上行下総権介平朝臣経繁
   (経繁判)

   就寄文案内 以私地貢進神宮 致供祭之勤 先蹤多存
   然則任起請旨 為御厨 以毎年田畠地利上分并土産物等、
   可令備進供 祭御贄之件 如件
      寄文参通 内一通留宮庁 二通返領并口入神主等之

 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 元親
 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 同経仲
 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 同元定
 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 同忠延
 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 同隆範
 禰宜従四位下荒木田神主 (花押) 同忠良


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright©2008 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。