平良文

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 平良文


平良文 (886?-952?)

良文
生没年 仁和2(886)年3月18日?~天暦6(952)年12月18日?
元服 不明
上総介高望王
藤原範世娘(伝)
不明
官位 不明
官職 鎮守府将軍

 父は上総介平高望。母は藤原範世女と伝わる。通称は村岡五郎。平安時代末期成立の『掌中歴』『懐中歴』をベースとする『二中歴』には「武者」の項に「村岡五郎吉文」の名が載っている。どのような経緯で載せられたかは不明。

●『二中歴』より


○武者 田村綿麿 苅田貞兼 六監利仁 貞盛秀郷 貞時吉文 中橘維時 致頼維時 維叙満仲 満正頼光 頼親保昌 頼信維持 忠依忠光 公正公連 文脩千常 致経頼義 義家
説云 大納言大将田村麿 中納言大将綿麿 苅田丸三位 中藤監貞兼 六藤監 将軍利仁 平貞盛字平太 藤原秀郷 胆沢平二貞時 村岡五郎吉文 小矢中橘太 常陸守維衡 平五大夫致頼 維時直方父 維叙貞叙父 多田新発満仲 満正頼光頼親 大和守藤保昌 頼信 余五将軍維持 陸奥介忠依 駿河介忠光忠依弟 武蔵守公正致頼父 公連公正弟 文脩将軍 源藤介千常文脩父 致経右衛門尉致頼子 頼国 伊予入道頼義頼信子 八幡太郎義家頼義子
○勢人 平少弐 文脩将軍

『二中歴』「武者(説云)」項目の分析

人物名 氏名 経歴や官途
大納言大将田村麿                             坂上田村麿 征東副使(のち征夷副使)、陸奥出羽按察使、陸奥守、鎮守将軍、征夷大将軍。
中納言大将綿麿 文屋綿麿 陸奥出羽按察使、征夷将軍。
苅田丸三位 坂上苅田麿 陸奥鎮守将軍。
中藤監貞兼 藤原貞兼? 経歴等不明。
六藤監 経歴等不明。「六」は「陸奥」に通じる。右近将監・鎮守府将軍藤原頼行?
将軍利仁 藤原利仁 鎮守府将軍。
平貞盛字平太 平貞盛 陸奥守、鎮守府将軍。
藤原秀郷 藤原秀郷 鎮守府将軍。
胆沢平二貞時 平貞時? 「膽澤(胆沢)」は陸奥国胆沢郡か。
村岡五郎吉文 平良文 鎮守府将軍と伝わる。
小矢中橘太 経歴等不明。
常陸守維衡 平維衡 陸奥守平貞盛の孫(養子)。道長に仕えた四天王とされる。
平五大夫致頼 平致頼 武蔵守平公雅の子。伊勢国に勢力。伊勢国で平維衡と衝突し流刑。
維時直方父 平維時 陸奥守平貞盛の孫(養子)。上総介。
維叙貞叙父 平維叙 陸奥守平貞盛の子。陸奥守。
多田新発満仲 源満仲 源経基の子。鎮守府将軍。
満正 源満政 源経基の子。鎮守府将軍。
頼光 源頼光 源満仲の子。道長に仕えた四天王とされる。
頼親 源頼親 源満仲の子。
大和守藤保昌 藤原保昌 道長に仕えた四天王とされる。
頼信 源頼信 道長に仕えた四天王とされる。
余五将軍維持 平維茂 陸奥守平貞盛の甥(養子)。鎮守府将軍。
陸奥介忠依 平忠頼 鎮守府将軍平良文の子か。陸奥介。
駿河介忠光忠依弟 平忠光 鎮守府将軍平良文の子か。駿河介。平繁盛と敵対する。
武蔵守公正致頼父 平公雅 下総介平良兼の子。
公連公正弟 平公連 下総介平良兼の子。
文脩将軍 藤原文脩 藤原千常の子。鎮守府将軍。
源藤介千常文脩父 藤原千常 藤原秀郷の子。鎮守府将軍。
致経右衛門尉致頼子 平致経 平致頼の子。
頼国 源頼国 源頼光の子。
伊予入道頼義頼信子 源頼義 陸奥守、鎮守府将軍。
八幡太郎義家頼義子 源義家 陸奥守、鎮守府将軍。

■良文所伝

 仁和2(886)年3月18日に京都で生まれたとされるが不明。千葉氏上総氏、秩父氏、三浦氏、鎌倉氏らの祖といわれる。

桓武天皇―葛原親王―高見王―平高望―+―平国香――――平貞盛
                  |(常陸大掾) (鎮守府将軍)
                  |
                  +―平良持――――平将門
                  |(鎮守府将軍)(小次郎)
                  |
                  +―平良兼――――平公雅
                  |(下総介)  (武蔵守)
                  |
                  +―平良文――――平忠頼
                  |(村岡五郎) (陸奥介)
                  |
                  +―平良正
                   (水守六郎)

 父・平高望は寛平元(889)年5月13日に平朝臣姓を賜った「賜平朝臣姓者五人」(『日本紀略』:『国史大系』所収)のうちの一人とされている。また、『神皇正統録』によれば、平高望は寛平2(890)年5月12日に「平朝臣」姓を賜り、昌泰元(898)年4月に上総介に任じられたという。良文がこれ以前に生まれているとすると「王」号を持っていたことになるが、それは伝わっておらず、兄の国香、良持、良兼らも王号を称していないことから、国香らも寛平以降の生まれではないだろうか。すると、国香は承平5(935)年2月の戦死時の年齢は四十歳あたりであったか。良文の兄には平良持、平良兼、弟に平良正があり、年齢を考えると良文の生年は延喜年中か。

 良文武蔵国大里郡村岡郷(埼玉県熊谷市村岡)を本拠とし、村岡五郎を称した。「村岡」の名字地はさきの相模国高座郡村岡郷(神奈川県藤沢市村岡東)とも言われているが、『今昔物語集』の中で、良文と抗争している箕田宛(源宛)「埼玉県鴻巣市箕田」を本拠としていると思われること(こちら参照)から、良文の本拠は武蔵国村岡であったろうと思われる。良文自身の活躍は、この『今昔物語集』にのみ見られ、そのほかの事歴は不明であるが、天慶2(939)年4月17日、良文は鎮守府将軍に任じられ、乱を鎮圧して鎮守府(胆沢城)にとどまったという。

 たしかに天慶2(939)年4月17日、出羽国の叛乱が朝廷に報告されている(『貞信公記抄』)。出羽の俘囚の軍勢と秋田城司(源嘉生朝臣)の軍勢が戦い、源嘉生の軍勢が敗れた。続いて5月6日着の報告によれば、暴徒は秋田郡に乱入して官舎を襲って納めてあった稲を強奪。百姓家に放火するという暴挙を働いた。朝廷は「陸奥ノ守」にも兵を出すことを命じている。良文は兄の国香や良持と同様、鎮守府将軍として奥州に赴任していたのかもしれない。

 ちょうどこの年、関東では甥の平将門常陸国府(茨城県)を攻撃して「叛乱」を起こした。これを「承平の乱」とよばれている。

 「承平の乱」のもともとのきっかけは、承平5(935)年2月、平将門前常陸大掾源護の子、源扶、源隆、源繁が争い、源氏方が討たれたことに始まった抗争だったが、これに源護の娘婿・常陸大掾平国香(将門の伯父)や平良正(将門の叔父)が源氏方として参戦。さらに同じく伯父の下総介平良兼との間の「女論」も加わり、一族間での泥沼の戦いへなだれ込んだ。将門と良兼は「舅甥」の間柄であり(『将門記』)将門は良兼の娘婿であったという説がある。

 この乱は様々な混乱ののち、将門が常陸国府の襲撃に及んだことから、関東一円を巻き込んだ関東最大の反乱に発展する。朝廷は参議藤原忠文征東大将軍に任じて下向させるが、その到着を待たずして、下野押領使藤原秀郷常陸大掾平貞盛下総国猿島郡で将門と合戦におよび、その首を取った。一説には、良文は将門と同盟関係にあり、息子の忠頼たちをひそかに将門に加担させていたともいわれている。しかし、実際のところ良文と将門に接点があったかどうかは不明である。なお、『将門記』に良文は一度も登場しないが、良文はこのとき鎮守府将軍であった伝があり、奥州にいた可能性も否定できない。

●藤原秀郷系譜(『尊卑分脈』)

⇒藤原鎌足―不比等―房前―魚名―藤成―――豊沢―――+―村雄―――+―秀郷――――+―千晴
(大職冠)          (伊勢守)(下野権守)|(下野大掾)|(鎮守府将軍)|(鎮守府将軍)
                          |      |       |
                          +―秋村   +―宗郷    +―千春
                          |      |       |
                          +―嗣村   +―高郷    +―千国
                                 |       |
                                 +―永郷    +―千種
                                 |       |
                                 +―興郷    +―千常
                                 |
                                 +―友郷
                                 |
                                 +―時郷
                                 |
                                 +―春郷

 天慶3(940)年5月、良文は関東へ帰国し、その後に下総・上総・常陸の三国の介に任じられ、下総国相馬郡を賜ったとされるが、信憑性は不明。ただ、久安2(1146)年8月10日『正六位上平朝臣常胤寄進状』の中で、千葉介常胤相馬郡を「右当郡者、是元平良文朝臣所領」としていることから、良文が下総国相馬郡を領していた可能性は高い。

 将門が良持から伝領した所領は、下総国豊田郡、猿島郡の私領と思われ、史実的にみると将門と相馬郡の接点は見られない。良文が相馬郡を領していたとしても、それは将門の遺領を継承したと見るべきではないだろう。

■伝承上の良文

現在の染谷川

現在の染谷川(左は谷津田)

 伝承によれば、良文四歳のとき、父・平高望「上総介」に任じられて関東へ下ったが、良文は母とともに京都へ留まり、京都で育ったという。高望と母は京都においてともに妙見菩薩を深く信仰し、後の千葉氏の妙見信仰はここからきたという。また、良文はやさしい風貌の勇将として知られ、良文36歳の延長元(923)年、醍醐天皇良文に対して「関東の賊を討伐せよ」との勅命を下し、良文は相模国高座郡村岡郷(神奈川県藤沢市)へ下り、そこを拠点に相模国の盗賊・野盗を滅ぼしたという。

 承平元(931)年、将門・良文と平国香(良文の兄)が上野国府のすぐ近く、上野国花園村(群馬県群馬郡群馬町)の染谷川で戦い(染谷川の戦い)をくりひろげたといわれる。結果として将門・良文は敗れ、わずか七騎で逃れてきたところを妙見菩薩に助けられたという逸話がある(『妙見縁起絵巻』)。この「染谷川」は現在では川幅わずか2mほどの小川であり、この戦い自体も実際にあったかどうか疑問である。将門と国香の常陸国蚕飼川の戦いをアレンジした伝承とも。

良文貝塚傍の豊玉姫神社

良文貝塚傍の豊玉姫神社

 将門亡きあと良文「氏長者」になったとされるが(『千葉大系図』)「平氏長者」は存在しないため、千葉家や良文の末裔と称する家々に伝わっていた伝承であろう。良文の妹は常陸介藤原維幾の妻となって、藤原為憲(遠江介?)の母になったという。為憲の子孫にあたるのが伊豆の伊東氏・工藤氏・狩野氏ら伊豆藤原氏であり、伊東祐親・工藤祐経・狩野親光らも板東平氏の血を引いていることになる。なお伊東氏の末裔で江戸時代の飫肥藩主・伊東家は、月星を定紋として用いている。

 良文は晩年に下総国海上郡大友(千葉県東庄町神代)に移り住み、さらに下総国阿玉郡(千葉県小見川町)へ移って、天暦6(952)年12月18日に没したと伝えられている。没年六十七歳。法名は夕顔観音大士。現在、阿玉には「良文貝塚」という貝塚が残されていて、周辺の方々は風習として夕顔(かんぴょう)を食べないそうである。

◎平氏・工藤氏系図◎

工藤氏系図

●『千葉大系図』良文の項●

「仁和二年丙午三月十八日誕生。母夢日輪入口中成懐孕。此母亦、封三五柱兎、有感生。当家為武臣祖。醍醐天皇延長元年癸未正月、依勅下向東州、討逆賊、顕龍驤鷹揚誉。同九年辛卯、與同族有相戦。此時有妙見擁護。故裔孫世々尊崇、以為鎮守神也。天慶二年巳犬、任陸奥守、補鎮守府将軍。同三年康子五月、賜将門舊領、任下総上総常陸介、子孫繁栄于東州。所謂千葉上総三浦土肥畠山大庭梶原長尾等八平氏也。天暦六年壬子十二月十八日卒。年六十七。言于忠頼、子孫応割見夕顔。即吾正體也。言畢上天。故不知其歿處。彼夕顔変現観音小像。後裔崇号夕顔観音大士。裔孫断食夕顔矣」

●千葉氏の妙見信仰●

妙見寺

三鈷山妙見寺(群馬県)

 妙見神はもともと大陸から伝わってきた神で、「妙見」「北辰」=「北極星」=「尊星王」を神格化したもので、「北斗七星」=「北斗神君(道教で延命を司る)」がともに人の生死に関わる神である事からか、後に同一化され、ともに「妙見信仰」の対象となった。

 この「妙見信仰」は関東に住んでいた大陸からの渡来人が伝えたものと思われる。同時に騎馬民族である高句麗や百済の人々は、馬を育て操る技術や製鉄の技術をももたらしたと考えられる。上総国には「大野馬牧」という官牧が存在したことが確認される(『延喜式』)

 天智天皇2(663)年、百済・倭の連合軍は朝鮮半島の白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗し、百済は滅亡。日本には次々に百済から亡命を求めた人々が押し寄せた。こののちも亡命してくる人々を近畿だけで住まわせることができなくなると、関東各地に次々に移住させることとなった。

(1) 天智天皇5(666)年 百済の男女二千余人 東国
(2) 持統天皇元(687)年 高句麗人五十六人 常陸国
新羅人十四人 下野国
新羅尼僧、百姓等男女二十二人 武蔵国
(3) 持統天皇3(689)年 新羅人 下野国

 そして、和銅4(711)年3月9日、上野国へ移住した半島の人のために「多胡郡」群馬県多野郡吉井町)を新設する詔が発せられ、霊亀2(716)年、駿河・甲斐・相模・上総・下総・常陸・下野に住んでいた高麗人1,799人を武蔵国に移して「高麗郡」埼玉県日高市)を置いた(『続日本紀』)

 このように渡来人は関東各地に移住しており、妙見信仰も関東各地に広くあった可能性も否定できない。千葉氏においては上野国群馬郡府中花園村群馬県高崎市引間町)の七星山息災寺(三鋸山妙見寺)がその発祥とされている。

 現在、妙見神を祀る武蔵国の大社・秩父神社(知々夫神社)は、崇神天皇の御代に、八意思兼命の末裔・知々夫彦命「知々夫国造」とされたとき、「大神」を祀ったことに始まるという、古い伝承を抱く神社である(『国造本紀』)。もちろん崇神天皇や八意思兼命は実在せず、知々夫彦命も伝説上の人物に過ぎないが、古くから存在していた在地の古族であったことは間違いなく、知々夫国造家はこの知々夫神社を祖神として拝した。知々夫神社の妙見信仰は、鎌倉時代の再建後に合祀されたもので古来のものではないが、関東に移住した朝鮮半島の人々によってもたらされたものであろう。

 千葉氏はこの知々夫国造の流れが下総国へ移り住んだ者の末裔という説も提唱されているが、秩父と千葉氏を結ぶ妙見信仰が千葉氏の中に取り入れられたのは千葉介常胤の代と推定される上に、千葉氏と同流の上総平氏に妙見信仰がないこと、千葉氏の妙見伝承の中に秩父からの伝来説話はないことなど、知々夫国造家と千葉氏との間に信仰上の接点はまったくなく、知々夫国造家が千葉氏の直接的な祖となることはあり得ない。

 千葉氏における妙見信仰は、園城寺経由の可能性がある。園城寺は「北辰尊星王」を祀る台密最高修法「尊星王法」を行なっている。千葉氏と園城寺との関係がいつできたのか定かではないが、千葉介常胤の子(末子とされているが疑問)・阿闍梨日胤園城寺塔頭律静房主となっているなど、園城寺とは比較的古くから関係があったことが察せられる。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●良文の兄弟について●

 良文の兄弟は諸書によって記述が異なっている。『将門記』や『今昔物語集』など歴史上に登場する人物は、「国香」「良兼」「良持(良将)」「良文」「良正」である。

(1) 『尊卑分脈』…国香(良望)・良兼良将・良繇・良廣・良文・良持・良茂(8人)

(2) 『千葉大系図』…良望(国香)・良将良兼・良繇・良文(5人)

(3) 『松羅館本千葉系図』…良望・良房・良将良兼良文・良生・良繇・良詮・良持・良廣(10人)

(4) 『神代本千葉系図』…国香・良望・良兼良将・良生・良門・良繇・良廣・良文(9人)

(5) 『千学集抜粋』…良望親王・国香良文良将良兼・良生・良門・良繇・良廣・常辰・駿河十郎(11人)

がそれぞれあげられている。しかし、これに書かれている人物がすべて実在の人物だったわけではないだろう。すこし整理をしてみると、

【A】国香について

・「国香」=「良望」とされている本…『尊卑分脈』『千葉大系図』(『松羅館本千葉系図』では「国香」は見えず)
・「国香」×「良望」とされている本…『神代本千葉系図』『千学集抜粋』(『千学集抜粋』の「良望親王」は明らかに誤記)

【B】良兼について

・『神代本千葉系図』『千学集抜粋』に出てくる「良門」は「ヨシカド」と読むと思われる。
・「良兼」→「良廉」(ヨシカド)→「良門」(ヨシカド)…誤記と誤読であろう
                →「良廣」(字体が似ている)…誤記であろう

【D】良持について

・「良望」は「ヨシモチ」…「良持」「良茂」も「ヨシモチ」と読むことができる。
→3人の「ヨシモチ」は同一人物だろう→このうち実在の人物は「良持」。
 ・将門の父としての「良将」は「良持」が実名である。
  ・『神代本千葉系図』では「良望(ヨシモチ)」の子が「将門」と伝わっている。

【D】良正について

・「良正」は高望王の「妾子」である(『将門記』)。
→「良将」「良正」は「ヨシマサ」で同一人物だろう。

【D】良繇について

・「良繇」は系譜にのみ見られる人物。
→「繇」は「シゲ」と読むため、「良茂」と通じる。

→ABCDで整理すると、良望=良茂(良)=良持=良将で、良兼=良廣=良門となり、史実で見ることができる「国香」「良正」を加え、良文の兄弟は「国香・良兼・良持・良文」となるか。

『松羅館本千葉系図』だけに見られる「良詮」は不明。『千学集抜粋』のみに出てくる「常辰(粟飯原文二郎常時)」については、大治元(1126)年9月、「粟飯原文二郎常時」が千葉介常重に命じられて北斗山金剛授寺の神主となったとあり、「粟飯原文二郎」はその後、妙見神にかかわる行事に顔を出す人物となる。

●高望王の子たち(想像)

<1>国香 <2>良兼 <3>良持 <4>良文 <5>良正

(注)『今昔物語』のなかで良文は源宛(嵯峨源氏。箕田宛)とともに武芸の達人とされている。源宛は良文の武勇を疑って反発していた。ある時、些細なことから両者の間で一騎討ちが行われ、はじめ二人は弓の撃ちあいをしたが互角で決着がつかず、互いの力量を認めて戦いは終わり、以降は無二の親友となった(「今昔物語・巻第25の3」)。この「源宛」は摂津源氏源頼光の四天王の一人と謳われる、渡辺綱の実父である。

 宛の領地の箕田郷「埼玉県鴻巣市箕田」「東京都港区三田」「神奈川県川崎市多摩区三田」のいずれかとされているが、下表のように熊谷市村岡鴻巣市箕田が両者の接点の地としてもっとも近い上に、「箕田宛」の名字「箕田」と同じであることから、この地が妥当か。

村岡郷 直線距離 箕田郷
埼玉県熊谷市村岡 約9.6km 埼玉県鴻巣市箕田
約67km 東京都港区三田
神奈川県藤沢市村岡東 約20km 神奈川県川崎市多摩区三田

闇の日本史】…平将門を詳細に扱うサイトです


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright©2008 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。