ウクレレ各部の名称と役割り
by Acousphere Toshi

Acousphere Toshiです!
ウクレレ本体の各パーツについて説明します!
パーツの名前と役割りを覚えて、更に楽しくウクレレを弾いてくださいね〜!



<ボディ&サウンドホール>
ウクレレ本体のことを「ボディ」、ボディのまん中に大きく開いている穴を「サウンドホール」といいます!

サウンドホールはボディ内部で反響している音を外に出す役割をしています。
ライブやレコーディングなどでマイクを立てるときには、サウンドホールを基準に良い音を拾える場所を探します。
形は丸が一般的ですが、メーカーによってイルカや銀杏の葉の形をしたユニークなものもあります。

補足:
サウンドホールの周りにある飾りのことを「ロゼッタ」といいます。
アバロンや寄木細工などを使って凝った作りになっているものもあり、見ていてとても楽しいですね!

<サドル&ブリッジ>
弦を適正な弦高とテンションで張るためのパーツが「サドル」です。(写真の白い棒状の部分)
このサドルを高くすると弦高が上がってテンションが強くなり、低くすると弦高が低くなりテンションが弱くなります。
サドル調整は音色と弾き心地に大きく影響するので、大切にしたい作業です。

サドルと弦の片方の端を固定しているのが「ブリッジ」です。
ブリッジには硬い木材が使われていて、弦の張力に耐えられる工夫がされています。
ピエゾピックアップを取り付けるときには、サドルとブリッジの間に埋め込みます。


<ナット>
フィンガーボードのヘッド側の端にあるパーツが「ナット」です。
ペグに向かって弦の角度を付けるのと、弦と弦の間隔を適正に保つ役割をします。
ナットの高さを変えることで弦高を変えることができます。
しかし一度低く削ってしまうと元に戻せないので注意が必要です。
また弦と弦の幅(弦間)を変えたいときもナットを調整します。
このときは普通新しくナットを作り直して、好みの弦間になるように溝を彫ってもらいます。

補足:
ナットにはいろいろな材質のものがあります。
普通は牛骨が使われていますがブラス、カーボン、プラスチックなどもあります。
材質によって音色の特徴があるので、そこにこだわってみるのも面白いと思います!


<ネック&フィンガーボード>
左手で弦を押さえるときに握る部分であり、木材を棒状に削り出しているバーツを「ネック」といいます。
ネックの形状は弦の押さえ心地と演奏性にすごく影響しているので、新しいウクレレを買う時は必ずチェックしておきたいですね!
またネックは気温や湿度の変化で形が歪みます(ネックが反る、といいます)。
軽い反りであればすぐに直りますが、ず〜っと反ったままで放置しておくと直らなくなる場合もあるので注意してください!

ネックの弦側表面部分の板を「フィンガーボード」といいます。
写真だと茶色い木材の部分ですね。
ローズウッドやエボニーなどの木材がよく使われています。
・ローズウッド=柔らかめで優しい音色
・エボニー=固めで音抜けの良いはっきりした音色
と覚えておくと新しい楽器を買う時の参考になるでしょう!


<フレット&ポジションマーク>
フィンガーボードの上に規則的に並べて埋め込まれている鉄のパーツが「フレット」です。
フレットにもいろいろなサイズがありますが、ある程度高さがあってチューニングの安定するものであれば問題ありません。
僕個人的にはネックの両サイドにバインディングが施されてあって、フレット両端のささくれが手に当たらないものが好みです。
でもそういうウクレレは実際少ないですね〜。

左の写真をみると、フィンガーボード表面に白くて丸いマークがいくつもありますね。
これを「ポジションマーク」といいます。
普通は3、5、7、9(or10)、12...というふうに付けられていて、自分がどのフレットを弾いているのかがすぐ分かるようになっています
コードを覚えるときにはとても役立ちますよ!

<ヘッド&ペグ>
ネックのいちばん先端の部分を「ヘッド」といいます。
各ウクレレメーカーでデザインが違うので、ヘッドを見ればどこのメーカーだとすぐに分かります!
ウクレレはボディが小さくて軽いので、楽器全体の重量バランスを考えてヘッドは小さく作られているものが多いようです。

ヘッドに付けられていて、弦を巻取っているパーツが「ペグ」です。
チューニングをするときに必ず使う大切なパーツです!
ペグの種類によってはおおざっぱなチューニングしかできないものもあるので、そんなときには精密なチューニングができるペグに付け替えた方がよいでしょう。


<カッタウェイ>
ボディとネックの付け根のところで、ボディが大きく削られているところを「カッタウェイ」といいます。
これはハイポジションでも高いフレットに指が届いて演奏しやすいようにしてある工夫です!
メロディやアドリブ中心のスタイルの人はカッタウェイがある方が何かと便利でしょう。

補足:
カッタウェイで削られている部分は、実は楽器の中で低音域を出している部分にあたります。
ですのでカッタウェイのある楽器は低音があまり聞こえなくて、中〜高音域がはっきり聞こえてくる傾向にあります。
この辺の音色の違いはどちらが良い悪いではなく、好みだと思います。
弾きやすさや演奏性で楽器を選ぶのか、それとも音色で選ぶのか、悩むところですね〜。
できれば両立しているものを見つけたいですね!


Written by Acousphere Toshi Shimizu
All rights reserved by Acousphere
http://www.acousphere.net