Homepage of Toshiaki Gotou
Contents
サイトマップ Saitemap ← 友人リンク Friendlink  メール Mail ←

◆◇◆ようこそ!あなたは 番目の訪問者です◆◇◆

このページは文字サイズ[中]でご覧になるのが最適です。

My audio room

Google Tradutor English
Googleを開き、黄色帯をクリックすると、下位の画面が見れます。
あのとき、このとき ~最近のオーディオルームから~
◇左の写真・イメージ (写真クリック)
ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート(その4)
 コンデンサーにも、エージング効果があると聞いたことがありますが、「C4,C5のタイ・バンド巻き」においても、SOLENの47μF 630Vにそれを感じました。
すなわち、使っているうちに、音がよくなるわけです。
理由の一つは、外装を形成している堅い樹脂も、タイ・バンドによりじわじわと変形し、箔とフィルムは時間とともに、締め付けられて、音を出さないようになって行くように思います。
いずれにしても、音を出さないコンデンサーは、フィルムが厚く、固く巻ける高耐圧のものがベストです。

ディジタル・チャンネル・ディバイダー 新しい展開 CDの音
・パワーアンプの見直し 帰還減らし
  ・新型アンプ 利得の見直し 
中低音ホーンGaos100 ・幻の音を求めて
  FET12パラ低域用新型アンプ ・FET10パラ低域用新型アンプ2号
  ・新型アンプの帰還減らし ・横穴掘り2号機
  ・横穴掘り3号機 横穴掘り4号機
  ・フェライト・クランプの見直し 絶縁トランス ・200V/100V 3kVA
  アッテネーターの見直し ・帯域幅の見直し
  ・帯域比の検討 ・ピアノと帯域バランス
・高域感 ドライバーのオーバーホール
・晩年のオーディオ・マニア ・筋力向上サイクリング
  ・パワー・チェック ウーファーーの再着磁
  ・Gaos-400 ホーン C4,C5のタイ・バンド巻き
ベルリン・フィル ディジタル・コンサートホー フェライト・クランプとアルミ箔
音を出すコンデンサー アンプの音の経年変化