こんにゃくレシピ集

<突き蒟蒻の炒め煮>


<作り方>

突き蒟蒻1袋を湯がきます。
厚手の鍋(中華鍋)に、油を大さじ1入れ、湯がいた突き蒟蒻を入れて炒めます。
蒟蒻に油がまわり表面がちぢれて来たら、大さじ3の出し汁と、砂糖と醤油を各大さじ2入れます。(出し汁を入れる時、はねますのでご注意ください。)
汁気がなくなる寸前に胡麻をふり、汁気がなくなりましたら出来上がりです。
(最初から、最後まで強火で一気に調理して下さい。)

お好みで、一味や七味唐辛子を添えていただいても、おいしくお召し上がり戴けると思います。

<蒟蒻のステーキ>


<作り方>

板蒟蒻の厚さを2等分にしてください。
2等分にした蒟蒻の両面に、細の目にすじを入れ、食べやすい大きさに切ってから湯がいて下さい。
フライパンにオリーブオイルとにんにくの薄切り、タカの爪を入れ香りが出るまで弱火で炒めます。
オリーブオイルに香りがついたら強火にし、蒟蒻を入れ両面に焦げ目が付いたら、大さじ2杯のお醤油とバターをお好みで入れ、からめたら出来上がりです。

タカの爪はお好みの量でどうぞ・・・・。

<味噌おでん>


<作り方>

蒟蒻をお好みの大きさに切り、湯がきます。
大根もお好みの大きさに切り、米のとぎ汁又はお米を一つまみ入れた中で軟らかくなるまで、茹でます。
里芋は厚めに皮をむき、軟らかくなるまで茹でます。

味噌だれは、味噌、砂糖、みりんの割合が、1:1:0.5になるように鍋の中に入れ、火にかける前によく混ぜてから火にかけ、よく練り艶が出てきたら出来上がりです。

土鍋にだし昆布を一切れ入れ、上記のように下準備した材料をそれぞれ串に刺し、写真のようにセットし食べる前に弱火でユックリと温めてから、アツアツをどうぞ・・・。

 味噌だれはお使いの味噌の塩加減によってだいぶ違ってきますので、お好みで加減して下さい。

<こんにゃくの昆布醤油漬け>


<作り方>

だし昆布をキッチンバサミなどで、細切りにします。
次に漬け汁を作ります。

細切りにしただし昆布と、醤油 100cc、出し汁 1カップ、みりん 大さじ1、たかの爪少々を鍋に入れ火にかけ、沸騰させないように加熱した後、粗熱を取って下さい。(タカの爪の量はお好みで加減して下さい。また、辛いのが苦手な方は漬け込む前にタカの爪を取り除いておくとあまり辛くならずに出来上がります。)
こんにゃくを食べやすい大きさに切り、湯がいたら、粗熱を取り、冷ましておいて下さい。

密閉容器などに、粗熱を取り冷ました蒟蒻と漬け汁を入れ、冷蔵庫で半日(5〜6時間位)漬けたら出来上がりです。

こんにゃくと細切り昆布を小鉢に盛れば、お酒のおつまみにもなります。

<蒟蒻の中華風炒め>


<作り方>

突き蒟蒻を湯がいて、水気を切ります。

豚ばら肉は食べやすい大きさに切り、甜麺醤(てんめんじゃん)とXO醤を、各 小さじ1、お酒、大さじ1の中に豚ばら肉を揉みこむように10分ほど漬け、下味をつけます。

長ネギを縦半分に包丁を入れ、3センチほどの長さに切ります。

よく熱したフライパンに豚ばら肉を入れよく炒め、肉全体に火がとおったところで突き蒟蒻、長ネギを入れ、さらによく炒め、仕上げにお醤油を大さじ1をまわし入れ、出来上がりです。

XO醤が無い場合は、オイスターソースや、お醤油で代用できます。

<蒟蒻サラダ>


<作り方>

板蒟蒻を薄い削ぎ切りにし湯がいた後、氷水で粗熱を取り、よく水気を切ってから冷蔵庫で冷やしてください。

きゅうり、赤かぶも薄切りにし、氷水に入れ野菜をパリッとさせて下さい。

味噌だれを作ります。
味噌 ・ 砂糖 各大さじ 1/2  甜麺醤 ・ 練り胡麻 各小さじ 1  
酢 大さじ 1 胡麻油 小さじ 2 醤油 少々  を、よく混ぜ合わせタレを作ります。

食べる直前に野菜と蒟蒻を盛り付け、味噌だれをお好みでかけながらご賞味ください。

野菜は、大根や独活(うど)でもお試しください。

<マーボー風こんにゃく>


<作り方>

蒟蒻をさいの目に切り、湯がいた後、水気をよくきって下さい。
長ネギ一本分、生姜少々をみじん切りにして下さい。

合わせ調味料を作ります。
酒・オイスターソース・醤油 各大1  甜麺醤 小1  砂糖少々 を合わせておきます。

熱した中華鍋に胡麻油少々を入れ、ネギと生姜を炒め、香りが出てきたら、豚のひき肉を炒めて下さい。
豚のひき肉に火が通ったら、湯がいた蒟蒻を入れさらに炒め、鶏がらスープを100cc入れ、
ひと煮立ちさせ、あくを取ってください。

あくを取り除いた後、合わせ調味料を入れ、汁気がなくなる少し前に水溶き片栗粉をまわし入れて下さい。
最後にラー油を小さじ1(お好みの辛さになるまで)入れ、出来上がりです。

そのままでも、ご飯にかけても、レタスなどで巻いても・・・お好みでどうぞ・・・。

<豚 汁>


<作り方>

蒟蒻をちぎり蒟蒻にし、湯がいてください。

大根、里芋、ニンジン、牛蒡、ネギを食べやすい大きさに切ります。
出し汁の中に、上記の野菜をすべて入れ、出し汁が沸騰してきた所で、豚ばら肉を切ったものを入れ、アクを取りながら野菜が軟らかくなるまで弱火で煮て下さい。

湯がいておいた蒟蒻を入れ、、味噌をお好みの量入れてください。

お好みで、仕上げにみりんと醤油を少々入れると、コクが出ます。

<蒟蒻の豚巻き中華風>


<作り方>

蒟蒻を1センチ角の棒状に切り、湯がきます。
水分を良く切ってから、出し汁1/2カップ 砂糖、醤油 各大さじ 1 の中で絡めるように煮て下さい。火力は中火から強火で水分を飛ばしながら、焦がさないように煮詰めたら、粗熱を取っておきます。

豚ばら肉を広げ、上記の味付けした蒟蒻に巻きつけていきます。

よく熱したフライパイに、巻き終わりを下にして焼き、両面焼いた所で、鶏がらのスープ1/2カップを入れ、オイスターソース 大さじ 1、砂糖 小さじ 1を入れ、中火から強火で絡めるように煮詰めたら出来上がりです。

<蒟蒻のしゃぶしゃぶ>


<作り方>

蒟蒻を薄い削ぎ切りにし、湯がいて下さい。
あとは、普通にしゃぶしゃぶの要領で、土鍋に出し昆布を入れ、
適量の水を入れて沸騰させ出汁を取り、お好みのお肉や野菜といっしょに蒟蒻もしゃぶしゃぶにしてお召し上がり下さい。

万能ネギやみず菜と一緒にお好みのポン酢、またはゴマダレでお楽しみください。
(濃い目の味のタレのほうが、合うようです。)

☆写真は白い蒟蒻を使いましたが、普通の黒い蒟蒻や、青海苔入りの蒟蒻でも美味しくお召し上がりいただけます。

<さしみ蒟蒻のネギ油合え>


<作り方>

さしみ蒟蒻を流水で洗い、よく水気を切った後、冷蔵庫に入れ冷やしておいてください。
ネギ油を作ります。
長ネギを2本から3本粗いみじん切りにし、深めの耐熱容器に入れ塩大さじ1と砂糖小さじ1を入れ和えておきます。

サラダ油カップ1を深めの鍋に入れ、煙が出るまで熱します。
熱した油を、耐熱容器に入れた長ネギの中に入れ、さっと和えたらネギ油の出来上がりです。

食べる直前に冷やしたさしみ蒟蒻にネギ油を合えて出来あがりです。
ネギ油を別の器に取り、さしみ蒟蒻をつけながら食べても、美味しく召し上がっていただけると思います。

ネギ油は、粗熱を取り冷ました状態でお使いください。

ネギ油を作る時、油がとてもはねますので耐熱容器を流しの中に置いて油を入れると、飛び散った油の掃除が楽になります。

<蒟蒻のエスニック風>


<作り方>

タレを作ります。
XO醤・酒・醤油各小さじ1 砂糖・酢各小さじ2をよくあえて下さい。(量を増やす場合は等倍して下さい)
蒟蒻を縦半分に切り、薄切りにし、湯がいて下さい。
湯がいた後、ザル等にあけ水気をよく切り、さらにペーパータオルなどで水気を取って下さい。
蒟蒻が熱いうちに(やけどに注意!)胡麻油少々とお醤油小さじ1で合え、粗熱を取って下さい。

次に、牛もも肉の薄切りを湯通しし、細切りにしてから胡麻油少々とお醤油小さじ1で合え、粗熱を取って下さい。

レタス、きゅうり、茹でたいんげん等々、お好みの野菜を食べやすい大きさに切って下さい。
プチトマトもスライスし、お好みの野菜と蒟蒻と牛もも肉をタレでよく合え、炒り胡麻をふって出来上がりです。

<肉味噌こんにゃく>


<作り方>
弊社特製の手綱蒟蒻を一袋湯がき、水気を切っておきます。

次に肉味噌を作ります。
お好みのお味噌大さじ3・砂糖大さじ3・みりん大さじ1を鍋に入れ木ベラやスプーン等で砂糖をとかすように練ってから、中火にかけ、焦がさないように味噌を練りながら火を通します。
味噌につやが出てきたら、とりの挽肉を100g入れ、さらに混ぜ、とりの挽肉によく火が通ったら肉味噌の出来上がりです。

熱した中華鍋に胡麻油を少々入れ、湯がいた手綱蒟蒻を炒めます。
蒟蒻に油がまわったら、肉味噌を大さじ3入れ、蒟蒻とからめるように炒め合わせます。(味噌がはねますのでやけどにご注意ください。)
蒟蒻と肉味噌がからんだら出来上がりです。
最後に万能ネギのみじん切りをかけお召し上がり下さい。

☆ 肉味噌を作る時、味噌の種類によってお好みでお砂糖の量を加減して下さい。(あまり甘くなりすぎない方がこんにゃくと相性が良いようです。)
☆ 残った肉味噌は、茄子の焼いたものやふろふき大根等にご利用いただいても、美味しくお召し上がりいただけます。

<蒟蒻のマヨネーズソース焼き>


<作り方>

蒟蒻を5ミリ幅に切り、湯がいて水気を切っておきます。

マヨネーズソースを作ります。
マヨネーズ 大さじ3・生クリーム 大さじ2・からし 小さじ1・牛乳 大さじ1・味噌 小さじ2・醤油 小さじ1・卵黄1個分をボールに入れ、味噌を溶かすようによく混ぜておいてください。

耐熱容器に蒟蒻を並べ、上記のマヨネーズソースをたっぷりかけ、200度のオーブンで約10分。
マヨネーズソースにこんがり焦げ目がついたらオーブンからだし、仕上げに万能ネギ又は、浅葱の小口切りをちらして出来上がりです。

焼き立てアツアツでも、冷めてからでも・・・。

<けんちん汁>


<作り方>
こんにゃくをスプーン等でちぎり、湯がいてザルにあげてください。

大根・里芋・にんじん・ごぼう等々、すべて皮をむき、いちょう切りにします。
昆布だしの中に野菜をすべて入れ、大体火が通ったところへ、一口大にした鶏肉をいれ、あくを取りながら更に煮てください。

野菜が柔らかくなったら、こんにゃくを入れ、塩・お醤油・みりんを入れ、おすましより濃い目の塩加減で味を調えたら出来上がりです。

味がしみているほうが美味しいので、以前「言葉綴りで」お話させていただいた方法でおなべを保温し、3〜4時間置くと更に美味しくなります。

<こんにゃくの肉詰め>


<作り方>

板こんにゃく両面にさいの目にスジを入れ、半分に切ります。
半分のこんにゃくを更に三角形になるように4等分します。(全部で三角形を8個作ります)
三角形の底辺の部分に切込みを入れてください。

切込みを入れたこんにゃくを、湯がいて水気をよく切り、切込みを入れた部分もキッチンペーパーなどで水気をしっかり取ってください。

鳥のひき肉50gに塩・こしょう・醤油・片栗粉を少々入れ、粘り気が出るまでよくこねて下さい。
こねたお肉を8等分にし、こんにゃくの切込みを入れた部分につめます。

テフロンのフライパンにごま油を少々ひき、お肉を詰めた方を下にして焼いてください。
底の部分が焼けたら、同じように両面を焼きます。
その時にネギのぶつ切りも一緒に焼いて、焼き色がついたらネギだけ取り出しておいて下さい。

そのフライパンに、だし汁2カップ・砂糖・醤油各大匙2杯を入れて下さい。
途中でネギを戻しいれ、キッチンペーパーなどで落し蓋をしながら、煮汁が半分くらいになるまで弱火で煮込んでください。

食べる直前に煮汁に水溶き片栗粉を加え、とろみを付けネギと一緒に盛り付けてください。

煮込むとき、お肉を詰めた部分を下にしておくと仕上がりが綺麗になります。

<胡麻たっぷりこんにゃく>


<作り方>
板こんにゃくを薄切りにしてから、棒状に切り(突きこんにゃくで代用もOKです)湯がきます。
水気を切ったこんにゃくをなべに戻し、から煎りしてください。
その中にだし汁 200CC 砂糖 大さじ1 醤油 大さじ1と1/2をいれ、中火でだし汁とからめるように煮て下さい。
だし汁が半分ぐらいになったら、練りゴマ大さじ1をいれ、残りのだし汁の中で練り胡麻を溶かしながら、こんにゃくとからめてください。

最後に白ごまをふって出来上がりです。
さめても美味しいお惣菜です。

<こんにゃくと大根の味噌煮>


<作り方>
大根半分を5センチほどの厚さに切り、皮をむいて4等分してください。
大根を米のとぎ汁で竹串が通るまで湯がき、流水ですすぎ、ザルに上げます。
こんにゃく1枚は、少し大きめのちぎりこんにゃくにし、湯がいて水気を切ってください。

出汁 カップ6杯・塩 小さじ2・みりん 大さじ3 を鍋に入れ、上記の大根とこんにゃくを30分ほど弱火で煮て下さい。
赤味噌・みりん・砂糖をボールに同量(おたまに各1杯)入れ、大根とこんにゃくを煮ている出し汁で少しづつのばして下さい。
味噌が溶けたら、ボールの味噌ダレを鍋に入れ、更に弱火で30分ほど煮込みます。
火を止め、味を染み込ませたら出来上がりです。
お好みでネギや七味唐辛子を添えてお試し下さい。

☆ 赤味噌やお好みによって砂糖・みりんの量は加減してください。

<マヨネーズ味噌のこんにゃくサラダ>


<作り方>
マヨネーズダレを作ります。
マヨネーズ 大さじ2・味噌 大さじ1・だし汁 大さじ1・醤油少々を和えておいて下さい。

こんにゃくを薄いそぎ切りにし湯がき、よく水気を切り冷たく冷やしておいて下さい。
新玉ねぎを薄切りに、きゅうりを千切りにして、冷水にさらして下さい。

食べる直前にこんにゃくと野菜をあえて、マヨネーズダレを掛けてお召し上がり下さい。

<こんにゃくの焼肉のタレ焼>


<作り方>

手綱こんにゃくを湯がいてください。
長ネギを2〜3センチのぶつ切りにします。

熱したフライパンにごま油少々を入れ、こんにゃくを炒めてください。
長ネギを入れさらに炒めたら、お好みの焼肉のタレを大さじ3〜4入れ
酒少々を入れ、タレをからめる様に炒めたら出来上がりです。

焼肉のタレは残ったタレなど、お好みのものでOKですが、甘口のものより辛口のタレのほうが合うようです。

こんにゃくは手綱こんにゃくを使用しましたが、味がしみ込むように細工したものなら美味しくお召し上がりいただけます。

<こんにゃくのホイル焼>


<作り方>

こんにゃくをそぎ切りにし、湯がいて下さい。
さらにから煎りし、水分を飛ばしておいて下さい。

中辛味噌を同量のみりんでのばし、よく練り味噌ダレを作ってください。
長ネギ2本分は斜め切りにして下さい。

適当な大きさにきったホイルに上記のこんにゃくを並べ、味噌ダレをこんにゃくの上にかけ、
斜め切りにした長ネギをたっぷりのせ、ホイルに包んで200度のオーブンで7〜8分焼いてください。

味噌ダレの味噌は、お好みのものをお使い下さい。
お好みで七味をかけても美味しくお召し上がり頂けます。
オーブンではなく、トースターや魚焼器でも大丈夫ですが、その時は焼き時間等をご注意下さい。

<手綱こんにゃくと鶏肉の旨煮風>


<作り方>

手綱こんにゃくを湯がき、ざるに揚げ水切りをしておきます。

鶏肉を薄めのそぎ切りにします。

フライパンに(サラダオイルを少々引いてもOK)切った鶏肉を皮面から入れ、両面焼き目をつけて下さい。
その後、よく水切りした手綱こんにゃくを入れ、こんにゃくも両面焼き色を少々つけて下さい。
そこへだし汁 大さじ・3 酒 大さじ・2 砂糖 大さじ2 醤油 大さじ2強 を入れ、全体が良く混ざるように炒め
さらに煮汁がなくなるまで、絡めるように炒めたら出来上がりです。


<こんにゃくの梅オクラ>


<作り方>

こんにゃくを薄い削ぎ切りにし、湯がいたら氷水で冷してください。

塩もみしたオクラを茹で、小口切りにしてからたたいて下さい。
梅干2個の種を取り除き、オクラと一緒にたたいて下さい。
梅干とオクラをたたいた物に、だし汁 大さじ2 ・ 醤油 大さじ1 を入れよくまぜてください。

冷たく冷したこんにゃくに、上記の梅オクラをかけ、お好みで万能ネギや大葉をかけお召し上がり下さい。

<こんにゃくの南蛮漬け>


<作り方>
漬け汁を作ります。
だし汁 1カップ ・ 醤油 大さじ3 ・ 砂糖 大さじ3 を鍋に入れ、砂糖が溶ける程度に火にかけ、酢 大さじ4 ・ 小口切りにしたタカのツメ 適量を入れ火からおろしてください。

玉ねぎ、人参等、お好みの野菜を千切りにしてください。

こんにゃくの厚さを半分にして、両面に切り込みをいれ、一口だいに切り、深めの鍋で湯がいてください。
湯がいたこんにゃくの水気を切り、深めの鍋で乾煎りしたこんにゃくの中にごま油 大さじ 2 を入れ、両面をしっかり焼き付けてください。
こんにゃくを漬け汁の中にいれ、千切りした玉ねぎと人参も一緒に入れ、2時間から4時間程度冷蔵庫にて漬け込んでください。

 タカのツメの量は、お好みで加減してください。

<突きこんにゃくの酢味噌あえ>


<作り方>
突きこんにゃくを湯がき、水をよくきって下さい。
鶏のささ身で蒸し鶏を作り、細切りにして下さい。
万能ねぎを2〜3センチの長さに切っておいて下さい。

酢味噌を作ります。
ボールに白味噌 大さじ2 ・ 砂糖 大さじ2 ・ 酢 大さじ1 ・ 塩 少々 をよく混ぜ、上記の突きこんにゃく、蒸し鶏、万能ねぎを入れ、よくあえて下さい。

<こんにゃくのカレー焼き>


<作り方>

こんにゃくを5ミリ幅ぐらいの薄切りにし、湯がいて水気を切ってください。

室温で柔らかくなったお好みのカレールーをひとかけ、コンソメスープでねり、ケチャップ大さじ1・生クリーム大さじ3を入れ、さらに練って、チョット固めのカレールーぐらいになるまでコンソメスープでのばしカレーソースを作ります。

豚バラ肉を食べやすい大きさに切り、熱した鍋で炒めお肉の色が変わってきたら、水気を切ったこんにゃくを入れ更に炒めて下さい。

こんにゃくに少し焦げ目がついたら、上記のカレーソースを入れ、あえながら炒めカレーの良い香りがしてきたら出来上がりです。

 カレーソースを作るときのケチャップと生クリームはお好みで加減してください。


<蒟蒻のピカタ風>


<作り方>
蒟蒻を5ミリほどの幅に切り、湯がいてください。
熱いうちに、ニンニク醤油(お醤油やお好みで焼肉のたれなどでもOK)に2時間〜半日ほど漬けて下さい。

卵2個を割りほぐし、塩・コショウをして卵液を作っておきます。
ニンニク醤油に漬け込んだ蒟蒻に薄く小麦粉をまぶしてください。
フライパンに薄く油を塗り、卵液をつけた蒟蒻を両面焼き、さらに卵液をつけまた焼きます。
これを3〜4回繰り返すとしっかり卵がついたピカタ風蒟蒻ができます。


<こんにゃくのコチジャン炒め>


<作り方>

こんにゃくをちぎりこんにゃくにし、湯がいてザルにあげておいてください。
はすをこんにゃくと同じくらいの大きさに切り、水につけておきます。

熱したフライパンに胡麻油を少々いれ、こんにゃくとはすを炒めてください。
はすが透き通ってきて火が通ったら、だし汁と酒・各大さじ2、砂糖小さじ1・コチジャン小さじ1・醤油大さじ2を入れ、調味料がよく混ざったら出来上がりです。

 コチジャンと砂糖の量はお好みで加減してください。

<こんにゃくの豚バラ巻き>


<作り方>

こんにゃくを幅1センチほどの棒状に切ってください。
上記のこんにゃくを湯がいて、乾煎りしたあと、大さじ1のお醤油をまわし掛け漬けて置いてください。

豚バラ肉の長さを半分に切り、お醤油に漬けておいたこんにゃくを豚バラ肉に巻いて、巻き終わりを下にしておいて下さい。
塩コショウをしてから、巻き終わりを下にしてよく熱したフライパンでこんがり焼き目がつくまで両面焼いて下さい。

たっぷりの大根おろしを添えて、お好みのゆずしょうゆやポン酢醤油でさっぱりお召し上がり下さい。

<こんにゃくのカルパッチョ風サラダ>


<作り方>

こんにゃくを薄いそぎ切りにし、湯がいたら水気をよく切り、冷たく冷しておいてください。
玉ねぎを薄くスライスし塩でもみ冷水にさらし水気をよく切ってください。
きゅうりも薄くスライス・プチトマトはくし切り・万能ネギは小口切りにしてください。
オリーブオイル 大さじ3 に、塩小さじ1 粒コショウ 少々を入れ、よく混ぜ合わせてください。
その中に玉ねぎ・きゅうり・プチトマトを入れ、さらによく混ぜ合わせ冷蔵庫で冷しておきます。

お皿にこんにゃくの薄切りを並べ、その上にオリーブオイルで合えた野菜をひろげ、万能ネギを散らしてください。

<冷たい味噌おでん>


<作り方>

こんにゃくを薄切りにし、湯がいてよく水切りをしたら、冷たく冷しておいてください。

肉味噌を作ります。

熱したフライパンに胡麻油を少々入れ、豚又は牛の挽肉200gを入れ炒め、ネギのみじん切り一本分を入れ、豆板醤小さじ半分、甜面醤小さじ2、赤味噌大さじ1、砂糖大さじ1、を入れ軽く炒めたら、チキンスープをカップ1杯半いれ、強火で少し煮詰めてください。
水分量が半分ぐらいになったら、片栗粉と水同量で作った水溶き片栗粉をまわし入れ、とろみがついたら、最後に胡麻油を回しいれ出来上がりです。
肉味噌も冷ましてから、こんにゃくにつけてお召し上がり下さい。

<おでん>


<作り方>
お鍋に1リットルの水、だし昆布1かけ、だしパックに鰹節を入れ弱火にかけてください。

里芋、じゃがいもを茹でてください。
大根は米のとぎ汁又はお米を一掴み入れた鍋で茹でてください。
卵を茹で、殻剥きしてください。
こんにゃく、しらたきは、湯がいてあく抜きしてください。
お好みの練り製品をザルに並べ、熱湯でさっと油抜きしてください。

出汁の鍋に塩 大さじ3 ・ 醤油 大さじ3 ・ みりん大さじ3を入れ沸騰直前に弱火にし、上記の材料を入れひと煮立ちさせてください。

練り製品から、塩や甘味が出てきますのでお好みで加減してください。

一晩置くと味がしみ美味しくなりますが、半日くらい鍋をタオルや毛布にくるんでおいても、味がしみ込み美味しくお召し上がりいただけます。

<こんにゃくの味噌ダレ和え>


<作り方>

味噌 大さじ2 ・ 砂糖 大さじ2 ・だし 大さじ1をあわせて味噌ダレを作っておきます。

手綱こんにゃく(板こんにゃくをちぎりこんにゃくにしたものでもOK)を湯がいて水気を良くきり、鍋に胡麻油少々、タカノツメを少々入れこんにゃくを炒めて下さい。
炒めたこんにゃくに味噌ダレをからめるように火を通し、仕上げに醤油少々と胡麻をふって下さい。


<蒟蒻の土佐煮>


<作り方>
手綱こんにゃくを湯がいて、よく水を切って下さい。
出し汁 50CC ・ 砂糖 大さじ1 ・ 醤油 大さじ2を合わせておいてください。

よく水気を切った手綱こんにゃくを胡麻油少々で焼き色がつくまで炒めて下さい。
焼き色がついたら、合わせておいた調味料を入れ、からめるように強火で煮て下さい。
出し汁が半分くらいになったら、鰹節を入れからめたら出来上がりです。

<こんにゃくのから揚げ>


<作り方>

こんにゃくを薄切りにし、湯がいてください。
乾煎りし、水分を良く飛ばしたら小さじ1の醤油を入れ冷ましておきます。

ビニール袋に片栗粉 大さじ 1  カレー粉 大さじ 1 をあわせて入れ、中にこんにゃくを入れて、粉をしっかり付けてください。
高めの温度の油でからっと揚げたら出来上がりです。

<こんにゃくとうずらの卵の旨煮>


<作り方>

うずらの卵をゆでて、殻をむいておいて下さい。
こんにゃくを味が良くしみるように、手でちぎり、ちぎりこんにゃくにし、湯がいて水気をよくきってください。
鍋に胡麻油少々、タカノツメ少々を入れた中にこんにゃくを入れ、焼き目がつくまで良く炒め、だし汁 1カップ ・ 醤油 大さじ 3 ・ 砂糖 大さじ 3 を入れ煮立ててくだい。
さらにうずらの卵を入れ、汁気が無くなるまで煮てください。

仕上げに、お好みで万能ねぎや七味唐辛子を掛けてお召し上がりください。

<こんにゃくの照り焼き>


<作り方>

こんにゃくの両面にさいの目状の切り込みを入れ、1センチ幅ぐらいに切り、湯がいておいてください。

きゅうり、大葉、万能ねぎなどお好みの薬味を千切りにし、冷水にさらし、よく水気を切っておいてください。

砂糖大さじ 2 ・ 醤油大さじ 4 ・ みりん大さじ 4 ・ 酒大さじ 2 を合わせておきます。

熱したフライパンに胡麻油を少々入れ、こんにゃくの両面に焦げ目がつくまでしっかり焼き、合わせ調味料をまわし入れ、からめる様に焼きつけ、照りととろみが出てきたら出来上がりです。

お皿にこんにゃくを盛り、薬味を添えてお召し上がりください。
お好みで大根おろしや七味を添えても美味しくお召し上がりいただけます。