常衡流海上氏

海上氏

■海上氏■

千葉宗家トップページへ千葉氏の一族リンク集掲示板東氏歴代当主下総東氏歴代当主
海上氏1海上氏2海上氏3本庄海上氏森山海上氏

 海上(うなかみ)氏は千葉介常胤の六男・東六郎大夫胤頼を祖とする千葉一族である。鎌倉時代から室町時代を通じて下総国海上庄を中心に繁栄し、東総地方の旗頭となった。

トップページ海上氏【1】


1.海上氏について

 海上氏は下総国海上郡を発祥地とする房総平氏の一族である。その出自は千葉介常胤の叔父・海上与一介常衡を祖とする一族と千葉介常胤の六男・東胤頼を祖とする一族の二流があり、海上常衡の子孫が滅亡したのち、頼朝から千葉介常胤が東庄周辺の地頭職を給わり、常胤から胤頼へとその地頭職が継承された。その中に海上郡内の地頭職も含まれており、その子・東重胤が受け継ぎ、さらにその子・次郎胤方、五郎胤有、七郎胤久が海上郡内を分割して領し、発展していった。

2.常衡流海上氏

 下総平氏惣領・千葉介常兼の子、海上常衡が平安時代後期に下総国海上郡を領して海上を名字とした。なお、彼の通称は鎌倉時代成立とされる系譜『桓武平氏諸流系図』『徳嶋本千葉系図』によれば「餘一介(余一介)」とあり「下総権介」に任官していたと思われる。

 常衡は常陸平氏や海東平氏、ひいては奥州藤原氏とも何らかの接点を持っていたと思われ、その諱には「衡」「幹」が用いられている。常衡の孫・片岡常晴の妻は佐竹忠義娘とされ、これを理由に常晴は源頼朝に佐竹氏への内通を疑われ、常衡流海上氏は所領を没収された。

-千葉・海上・佐竹・常陸大掾氏周辺系図-

        +―千葉介常重――――千葉介常胤
        |(下総権介)   (下総権介)
        |
  平常兼―――+―海上常衡―――――海上常幹―――片岡常晴
 (上総権介)  (下総権介)   (介太郎)  (太郎)
                          ∥
   佐竹義業           +―佐竹忠義―――娘
 (進士判官代)         |(太郎)
   ∥             |
   ∥――――――佐竹昌義―――+―佐竹隆義―――佐竹秀義
   ∥     (相模三郎)  |(四郎)   (太郎)
   ∥             |
+―吉田清幹           +―佐竹義季
|(多気権介)           (八条院蔵人)

+―多気致幹――――大掾直幹
 (多気権守)  (常陸大掾)
          ∥
          ∥――――――――大掾義幹
          ∥       (常陸大掾)
  千葉介常胤―――娘
 (下総権介)

海上氏系譜1


海上氏系譜2(????-????)

 千葉介常兼の長男。養父は千葉介常長(『徳嶋本千葉系図』)。母は不明だが、海鳥三郎大夫忠平女?通称は余一。官職は兵衛尉、下総権介

 彼の具体的な活躍は不明であるが、鎌倉期成立の『徳嶋本千葉系図』『桓武平氏諸流系図』によれば、常衡(常平)はいずれも千葉介常重よりも輩行が前にあり、常兼の長男であったと思われる。しかし、常兼の長男でありながら、祖父・千葉大夫常長の十一男に擬されており(実常兼子)、父・常兼亡き後、いまだ生存していた祖父常長の養子とされ、常兼に次いで下総権介を継承した可能性があろう。また、「与一平」ともあることから、兵衛尉任官の経歴もうかがえる。

●『桓武平氏諸流系図』(中条家文書)

 千葉常永―+―千葉恒家
(千葉大夫)|
      |       
      +―千葉恒兼―――+―千葉常平
       (千葉次郎大夫)|(余一介
               |
               +―千葉常重――千葉常胤
               |(大権介) (大千葉介)
               |
               +―相馬常晴
                  恒兼為子実弟也

●『徳嶋本千葉系図』

 千葉常長――+―千葉常兼――+―海上常衡
(千葉介)  |(千葉介)  |(与一介
       |       |
       +―千葉常房  +―千葉常重――千葉常胤
       |(鴨根三郎)  (大権介) (千葉介)
       |
       +=常衡
       |(与一平、実常兼子
       |
       +―相馬常晴
        (上総介)

■千葉氏・常陸大掾氏関係系図

 千葉常長――+―千葉常兼――+―千葉常衡―――娘
(千葉大夫) |(千葉大夫) |(海上余一)  ∥
       |       |        ∥―――――吉田盛幹
       |       |        ∥    (太郎)
       |       | 多気重幹―+―吉田清幹 
       |       |(常陸大掾)|(常陸大掾)
       |       |      |      
       |       |      +―多気致幹――――――――――――――多気直幹
       |       |      |(多気権守)            (常陸大掾)
       |       |      |                   ∥
       |       |      +―石毛政幹――娘           ∥――――――多気義幹
       |       |              ∥           ∥     (常陸大掾)
       |       |              ∥―――――千葉常胤――娘
       |       |              ∥    (下総権介)
       |       +――――――――――――――千葉常重
       |                     (下総権介)
       |
       +=海上常衡――――海上常幹
        (下総権介)  (介太郎)

 それ以降の常衡については不明ながら、常衡の次弟と思われる常重が下総権介に就いたのは、大治5(1130)年6月11日以前(『下総権介平朝臣経繁寄進状』)であることから、常衡はこれ以前には亡くなっていたのだろう。

 娘は常陸大掾吉田清幹に嫁ぎ、吉田太郎盛幹の母となったという(『系図纂要』)

 常衡の母については伝わらないが、輩行次弟の常重の母は「海鳥三郎大夫忠平女」とある(『桓武平氏諸流系図』)。常衡が常重と同母兄弟であったとすると、常衡は母方の鳥海氏(海東平氏)から「衡」字を受けている可能性があろう。なお「海鳥三郎大夫忠平」は高久三郎忠衡とされる(1)


海上常幹(????-????)

 海上常衡の嫡男。通称は介太郎

 具体的な活躍は不明だが、「幹」という字から常陸平氏との関わりが窺える。


片岡常春 (????-????)

 海上介太郎常幹の次男。通称は太郎(『桓武平氏諸流系図』)。妻は佐竹太郎義政娘。兄に小大夫常親岩瀬太郎幹景が、弟には片岡三郎常永海上五郎重常の名がそれぞれ見える(『桓武平氏諸流系図』)

 「片岡」は常陸国鹿島郡片岡(鹿嶋市宮内)とされるが、鹿嶋社神前地であり社領であろうことから疑問である。下総国三崎庄・舟木郷・横根郷を領しており、おそらく片岡もこの中の地名であろう。

 治承5(1181)年3月、頼朝は常春が「有謀叛之聞」によって、雑色を常春の下総国の領所に派遣した(『吾妻鏡』治承五年三月二十七日条)。ところが常春は「乱入領内」として雑色を乱暴する。これに頼朝は厳罰で臨み、罪科重畳であるとして「被召放所帯等」った。この謀叛とは、舅の「佐竹太郎」と共謀したという疑いであったと思われ(『吾妻鏡』文治元年十月二十八日条)、召し放たれた領所は「彼領所三崎庄」であろう。この「佐竹太郎」とは、五か月前の治承4(1180)年11月4日に源頼朝によって国府東の大矢橋にて討たれた「太郎義政」とは世代的に合わない。

 元暦2(1185)年10月28日、頼朝は千葉介常胤「被感勤節等」により、常春から没収した「三崎庄」を給わった(『吾妻鏡』文治元年十月二十八日条)

 しかし、四年後の文治5(1189)年3月、頼朝は常春が「依有奇謀之聞、雖召放領所等」も、「領所等下総国三崎庄、舟木、横根「如元被返付」こととした。すでに常胤へ給わっているはずの三崎庄を常胤から引き上げることはなかなか考えにくいものの、前月の2月30日、「安房、上総、下総」の国々は耕作が進まずに荒野が多いことは公私にわたって益がないとして、浪人を集めて開発させるよう命じたことと関係があるのかもしれない。ところが、常春のもとへ沙汰人が赴いたところ、常春が沙汰人を軽んじたため3月10日、所領返付の停止が指示された。その後の常春の動向は不明である。

-千葉・海上・佐竹・常陸大掾氏周辺系図-

        +―千葉介常重――千葉介常胤
        |(下総権介) (下総権介)
        |
  千葉常兼――+―海上常衡―――海上常幹――――――――――――片岡常晴
 (下総権介)  (下総権介) (介太郎)           (太郎)
                                 ∥
          佐竹義業         +―佐竹忠義――――娘
         (進士判官代)       |(太郎)
          ∥            |
          ∥――――――佐竹昌義――+―佐竹隆義――――佐竹秀義
          ∥     (相模三郎) |(四郎)    (佐竹冠者)
          ∥            |       
+―吉田清幹――――娘            +―佐竹義季  
|(多気権介)                 (八条院蔵人)

+―多気致幹――――多気直幹
 (多気権守)  (常陸大掾)
          ∥
          ∥――――――多気義幹
          ∥     (常陸大掾)
  千葉介常胤―――娘
 (下総権介)

【参考文献】

(1)野口実「中世東国武士団の研究」高科書店1994所収


千葉宗家トップページへ千葉氏の一族リンク集掲示板東氏歴代当主下総東氏歴代当主
海上氏1海上氏2海上氏3本庄海上氏森山海上氏

copyright(c)1997-2014 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。