ホーム
Inmos社について
occam
Transputer
並列Java/C
営業品目
コンタクト

CSP

まずoccamについて知るためにはその背景にあるCSP理論を勉強された方がより 深く理解できます。もっともこれが必要という訳ではありません。


CSP.JPG (81566 バイト)
CSPはプロセス代数で通信と並列システムを数学的に記述することができます。つまり論理的に検証できると言うことはシステムが安全に動作するかどうか検証することができます。CSP検証ツールはFDRとよばれFormal Systemsから発売されていす。

Bill Roscoeが用意したCSPトレーニング資料は基礎理論を理解するのに大変役に立ちます。大学でのセミナーに使用できます。このサイトにはCSPの検証ツールの紹介もありますので是非ご覧下さい。筆者は1992年にFormal SystemsFDRのデモを見ましたが、まだ初期の頃でした。今は完成度も高く幅広くデッドロックの検証に採用されています。

 (Prentice-Hall International, ISBN 0-13-153271-5)Company logo

日本語版は丸善から出版されています。
(ホーアCSPモデルの理論 吉田信博訳 ISBN4-621-03683-1

この本は既に古典化しつつあり、最近ではHoare教授の弟子が書いた2冊の本があります。Bill Roscoeは従来のCSPの本の内容を更新しているのに対してSteve SchneiderTimed-CSPについて述べています。


Theory_and_Practice_of_Cuncurrency.JPG (129277 バイト)The Theory and Practice of Concurrency     
A.W. Roscoe
Prentice Hall 
ISBN 0-13-674409-5 





Concurrent_and_Real-time_Systems.JPG (234952 バイト)Concurrent and Real-time Systems
The CSP Approach
Steve Schneider
Wiley
ISBN 0-471-62373-3

 

 

occamの悲運

Ian_Barron.JPG (56261 バイト)
occamは先に述べましたようにInmos社で開発されました。バージョンはoccam, occam2, occam2.1, occam3とありましたが製品化されたのは2.1迄です。しかし1989年のSTとの吸収合併に伴い悲しい運命をたどる事となりました。

その3年後に突如
STの牙はInmos解体に向けられました。Newport の工場の閉鎖、occamコンパイラーの開発中止、更にTransputerだけでなく最後の頼みのC104 Routing Switchまでも製造中止に追い込まれた。丁度その頃にTransputerの後継機ST20が開発されることになったが、これは社内の組込み用途で使われる32bitMPUであっても単体で外販されることはなかった。

今でも記憶にあるが
David Mayは急にoccamコンパイラーの開発中止を発表した。その理由はSTはシリコンの製造会社でありソフトウェアは開発しないということであった。199237日の新聞記事を見るとIan Barronの怒りが紙面に現れている。

   
Inmos is the victim of bad takeovers, poor investment and major technical problems, according to the firm's co-founder.  And with the 450-job hi-tech Newport plant facing closure, founder Ian Barron claims a Japanese firm became a multi-national by making an Inmos chip when lack of cash stopped the British company producing it themselves.
    Inmos, launched 14 years ago, is threatened with closure because it needs investment to update production.  The firm is asking the government to help it put together a £50m rescue package.
    But, according to this week's The Engineer, the Conservatives have been reluctant to pump money into the firm, which was set up as a long-term investment to boost Britain's computer innovation.
 
    Professor Barron said in The Engineer that Inmos was a victim of its own success, developing new equipment but not having the resources to pursue them.


彼はこの後
Inmosを去りImperial Collegeに行った。

David Mayはこの後PACTと呼ばれるESPRITの研究機関をBristol大学の近くに設立しChameleonプロジェクト(64bit CPU)を指揮する。その後又STに帰ってくるが結局社内のマネージメントに嫌気をさし1995年(?)にSTを去りBristol大学 の教授に迎えられた。


結局行く場を失った
occamのコンパイラーは有償で外部に公開することにな りました。これを聞きつけたKent大学のPeter Welch教授は早速Occam Re-Targetting Systems Workshop1992/09/15に開催した。筆者もこの会議に駆けつけた。参加者は80人程であった。InmosからはGeoff Barrett, Andy Sturgesoccamコンパイラーの構造を説明した。occamの今後のあり方についての概要をご覧になって下さい。

この会議のあと
Kent大学ではoccamTransputer以外の異なったプラットフォームに移植するプロジェクトをスタートさせた。これは後になって考えると大変正しい判断であったと思っている。さもなければ英国のコンピュータ技術はSTによってごみ箱に捨てられるだけであったであろうと想像できる。

Peter Welchは以前よく「occam/Transputerは産業革命以来の偉大な発明だ」と意気込んでいました。その意味はKRoC(Kent Re-targeted occam Compiler)プロジェクトの成果をみればよく分かります。InmosにいたMichel Pooleはその後KRoCプロジェクトに参加しInmos occam  Toolsetをもとにoccamは幾つかのマイクロプロセッサーに移植されています。

John_Galletly.JPG (290844 バイト)occam2に関する本は数多くありますがBuckingham大学のJohn Galletlyの本が分かりやすいです。これにはoccam2.1(Record)が含まれています。日本語版では初版本が日刊工業新聞から翻訳しました。
(山本正樹、丸山公雄 訳 並列処理言語occam2)

occam2
についてのプログラミング言語の紹介はGeraint Jonesの書いた本の内容がWebに公開されています。さらに簡潔にまとめられた資料Bucknell大学のDaniel C. Hydeによって用意されています。


(occam2 2nd Edition, John Galletly, UCL Press, ISBN 1-85728-362-7)

occam
Tutorial資料はFred Barnesがまとめたサイトがあります。簡単ですがアイデアを 得るにはこれで十分です。彼はKent大学の学生でKRoC occamコンパイラーの保守作業をしています。



occam/Transputer/1355モデルが継承された技術

bullet

Atlas: Universal Digital Signal Computer + RTOS  EONIC SYSTEMS 資料 

bullet

DSP real-time system 

bullet

DIPSAP-II (Flexible DSP for Space and Automotive Application Pilot)

bullet

occam compilation to FPGA Celoxica Ian Pageの資料

bullet

Para PC

bullet

ARMプロセッサー  ARM社

bullet

SpecC   HDL

bullet

SpaceWire  宇宙産業

bullet

Concurrent Java JCSP/CTJ 並列Java

bullet

1355 Chips (DS-Link, HS-Link)

bullet

富士通論理LSI設計用エキスパート・システム(日経エレクトロニクス記事 1985.11.4

bullet

STSoCの内部バス構造 -- 1999年電子ジャーナル「システムLSI技術大全」 、筆者投稿記事

bullet

Grid Computing!! (Fortran M, CC++)の通信チャネルに採用されている -- Notes, Ian Foster

occam compilerは以下のサイトからダウンロードできます。
(注意:但しこの趣旨は教育が主で商用には使えません。)
bullet

Kent大学 KRoC occamコンパイラー

bullet

Southampton大学 SPoC occam コンパイラー